<   2018年 07月 ( 13 )   > この月の画像一覧

VYNL Bikes を納車させていただきました カスタマーI氏の場合

VYNL Bikesを納車させていただきました。

カスタマーI氏のVYNLは。
WILD FUCHSIA。
ワイルドフクシアです。
ホットピンクの趣。
そこにリスペクトがある。

e0154650_18540692.jpg

ふと思ったんですが。
VYNL Bikesはフレームからの自転車への組み付けをする流れの中で、かなり確認要素、作業要素が多いフレーム。
ヘッドは圧入方式ですし。
まぁこの辺はハンドメイド系のフレームなら当然の景色ですがほとんどのフレームには無い仕様です。

e0154650_18541499.jpg

そして、BBはネジ立てとフェイスカット切削しなければいけません。
そもそも、ネジ切りBB自体が珍しい昨今。
最近ではイオン対策で見直されてきてはいますけど、カーボンフレームはほとんど圧入系のBBでしょう。
だからこの工具を使う機会は限りなく少ないわけですが、盆栽自転車店ではVYNLを作業させていただく際に登場します。

ネジ切りBBであっても。
この作業をしなくても良い、もしくは切削しないで!という指定のフレームもあったりして。
でも場合によっては切削は必要だったり?
そういう知識や経験が必要とされるフレームになっています。
カンタンそうに見えて、簡単ではない。
そこにリスペクトがあります。

e0154650_18541088.jpg

さて、
下処理の作業をしっかりと施した後は。
パーツ類の組み付けをさせていただきます。
今回はENVEとSRAMを中心に。
ハンドルは3Tの新型。
このハンドルはErgo NOVAの後継になるわけですが、Ergo NOVAではハンドルにワイヤー類を内蔵しないエアロハンドルだった部分が改善されまして、このハンドルではちゃんと内蔵するようになりました。
ロゴもシンプルになっておりどんな自転車に合わせても邪魔しないスタイル。
これは良いです。

e0154650_19192720.jpg
e0154650_19192744.jpg
e0154650_18543204.jpg

ワイヤーのラインも整えて。
自転車は美しくキレイに組んであると正しく動作するという。
美観と性能の方向性が同じベクトルで一致するまさに機能美を追求する存在だと思います。

e0154650_18545596.jpg
I氏のリクエストにより、ステムとフォークのENVEロゴにデカールのカスタム。
デカールを元々あるロゴの大きさにピッタリ合わせて作って貼っています。
これもカンタンそうで簡単ではないカスタムのひとつです。

e0154650_18542916.jpg

そして、こちらも。
ヘルメットも合わせてワンポイントカスタムをしていただきました。
ワンポイントでそのモノが持つ表情が様変わりしますね。
リスペクトがあります。

e0154650_18542532.jpg

そういうわけで完成〜。
ホィールはお持ち込みいただきましたVisonのカーボンリムが装着されています。
このロードバイクは平坦用とおっしゃるI氏。
ですのでかなりのディープリム。
とりあえず少しだけお乗りいただいた感想は、「乗り心地がソフト!」とのことでした。
そうです。
かつてのアルミフレームの見方を一変させてくれるフレーム!
アルミフレーム新時代へようこそ!

e0154650_19370822.jpg
e0154650_18542286.jpg

■フレーム

VYNL Bikes ROAD WILD FUCHSIA

■パーツ仕様

メインコンポーネント:SRAM Red

FD:SRAM Red
RD:SRAM Red
ブレーキ:SRAM Red
クランク:ROTOR ALDHU
BB:ChrisKing
スプロケット:SRAM Red

ヘッドパーツ:Chris King
ハンドル:3T SUPER ERGO TEAM STEARTH
ステム:ENVE
バーテープ:Fizik
シートピラー:ENVE
サドル:Fizik Aliante OPEN R1
ペダル:TIME GIRO Limited

ホイール:VISION METRON 55SL













こころにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■OPEN ~ CLOSE
08:30〜17:00 Cafe(Weekday) 
10:00〜17:00 Cafe(Saturday &amp; Sunday)
13:00〜21:00 Cycle Works
■Wednesday is every closing
■AD 151-0051 4-11-8 Sendagaya Shibuya Tokyo
■WebShop https://bonsaicycleworks.com/


.


by bonsai-astn | 2018-07-30 12:00 | VYNL Bikes

6月の盆栽屋仕事録

6月の盆栽自転車店。
先月もお仕事のご依頼、誠にありがとうございました。

6月の前半は昆虫のチェックに夢中だった日々。
幼虫が近くの壁に蛹を作りまして、それをナツキと日々観察してました。

e0154650_18074019.jpg

ちょうど2週間くらいで飛び立つ蝶々。
とても綺麗ですね。

e0154650_18054199.jpg

さて、6月に納品させていただきましたカスタマーH氏のBONSAIxENVE。

e0154650_18090358.jpg

お任せデカールだったわけですが。
我ながら今見ても良い感じに。
実際、H氏にもお気に入りいただけましたし。
良い仕事をさせていただいたなぁとありがたく思います。


e0154650_19301204.jpg

カスタマーN氏からはオーバーホールというか組み換えのご依頼。
実は5年ぶりのオーバーホールということで。
でしたらコンポーネントも消耗してますし、コンポーネントを変えた方が格段に良くなりますよということで組み換えをご提案させていただきました。
二世代前の105でしたら、今のアルテグラにすれば5倍は気持ち良くお乗りいただけるでしょう。
これは自信があります。

e0154650_18061189.jpg

そして、生まれ変わったバイク!
リアスプロケットは10枚から11枚に。
ホィールもフルクラムのゼロナイトにスーパーグレードアップ。
これで500g超の軽量化に。
まさに生まれ変わってます。

e0154650_18064035.jpg

カスタマーS氏のロードバイクはオーバーホール。
組み付けて1年以上経過してますので定期的なオーバーホールにお持ちいただけました。
お預かりしたついでに痛んだホィールのデカールもお直し。
これがまさにBONSAI x ENVEならではのサーヴィスになります。
カスタマーS氏が、BONSAI x ENVEをオーダーしてくださった際に自転車をお持ちいただいたときはトライアスロンを走られてたのですが、最近は輪行してツーリングされることが多いとか。
そういう用途に応じて組み付けのニュアンス、味付けを変えるのもカスタマーの方とのセッションによって生み出される安心の性能になります。

e0154650_18075459.jpg

盆栽自転車店のオリジナルキャップ。
世界的にも人気(?)です。
世界じゅうのサイクリストたちにかぶっていただいてます。
e0154650_18080188.jpg

この方はオーストラリアで有名なサイクリストの方。
かつてNorth Side Wheelersという伝説的なショップを経営されていました。

e0154650_18080151.jpg

ちなみにこの波のデザインはもう完売してしまいました。
というか紫のシャークアタック以外は完売しています。
そして、もうすぐニューデザインが来るとか?来ないとか?
売り切り終了、完売御礼スタイルの盆栽キャップ。
新しいデザインもシャークアタックも在庫があるうちにお買い求めください。
e0154650_18080138.jpg









7月29日(土)は「街乗りサイクルフェスタ2018in大宮」にカフェ出店のためカフェ営業はお休みとさせていただきます
自転車営業は平常通り営業いたします



こころにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■OPEN ~ CLOSE
08:30〜17:00 Cafe(Weekday) 
10:00〜17:00 Cafe(Saturday &amp; Sunday)
13:00〜21:00 Cycle Works
■Wednesday is every closing
■AD 151-0051 4-11-8 Sendagaya Shibuya Tokyo
■WebShop https://bonsaicycleworks.com/


.

by bonsai-astn | 2018-07-27 12:00 | 盆栽屋仕事録

夏だ暑いぜ!真夏のメンテナンスフェアー開催します

ついさいきん。
自転車で走っていて気づいたことがありました。

先週末の林道はサイクリストの気配なし…。
e0154650_16572519.jpg
都内のサイクリングロードも…。
平日とはいえ。
これわ…。
e0154650_16572643.jpg
みなさん。
乗ってますか?
e0154650_16572523.jpg
え?
こんなに外が暑いんじゃぁ乗れないって?

だったらこの機会に自転車預けて集中メンテナンスをしちゃいましょう!!

つい先ほど、この先2週間はこの気候が続きそうと気象庁から発表がされたばかり…。

乗りやすい季節に気持ち良くお乗りいただくためにメンテナンス。

そういうわけで真夏のメンテナンスフェアーを開催します。
8月いっぱいまでやらせていただきますのでよろしくお願いします。
e0154650_16572678.jpg

この期間にオーバーホールのご依頼を頂いた方には店頭に在庫してますバーテープ(Fizikが多い)をサービスさせていただきます。
バーテープをお持ち込みするという方はご相談ください。

販売に関しては取り扱いブランドの可能不可能がございますが。
オーバーホールには特にブランド関係ありません。
トレックキャンノンデールスペシャライズドからキャニオンまで。
ロードバイクとシクロクロスバイクであればお持ち込みでもなんでも可能な範囲でやらせていただきます。
シマノ、カンパ、スラム、油圧に機械式なんでもどうぞ。
お気軽にお持ち込みください。

e0154650_16580128.jpg

1年以上自転車の消耗部分を交換していなかったり、チェーンの注油や掃除以外のメンテナンスをしていないという方は特に要注意。
オーバーホールをすれば自転車もリフレッシュ。
さっきまで謎の音鳴りやイオンを発生していた問題もサヨウナラ。
自転車メンテナンスの基本であり究極であるオーバーホール。
この機会を是非ご活用ください。

e0154650_16580272.jpg
e0154650_18031294.jpg

盆栽自転車店のオーバーホールコースの工賃はコチラ。

基本オーバーホール 28,000円 納期 1週間程度

ワイヤー類、チェーン、バーテープ、ブレーキシュー交換。
パーツ類はすべてフレームから外して、洗浄注油を行う基本的なオーバーホールです。
オーバーホール後は新車のように生まれ変わります。
1年に1回は行うようにしましょう。

引き続きご依頼いただいた場合、2回目以降から工賃25,000円になります。
初回よりも手直し箇所が少ないからです。


ワイヤーだけ交換しちゃうコース 6,000円 納期 即日〜1週間

自転車の神経系統であるワイヤーのアウター&インナーを全交換。
ついでにバーテープも交換します。
ワイヤー内蔵ハンドルの場合は程度により工賃が追加になります。


ホィールのオーバーホールしちゃうコース 7,000円 納期 即日〜1週間

前後ハブのグリスアップ、タイヤを外してホィールふれとり。
決戦用ホィールのメンテナンスや日頃お使いの練習ホィールの回復にご活用ください。
ハブの仕様によって工賃は前後します。









こころにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■OPEN ~ CLOSE
08:30〜17:00 Cafe(Weekday) 
10:00〜17:00 Cafe(Saturday &amp; Sunday)
13:00〜21:00 Cycle Works
■Wednesday is every closing
■AD 151-0051 4-11-8 Sendagaya Shibuya Tokyo
■WebShop https://bonsaicycleworks.com/


.


by bonsai-astn | 2018-07-23 12:00 | いつもありがとう

癒しライドというライドイベントをやってます

7月で一旦休憩に入る癒しライド。
8月は暑すぎで癒されないからという理由からそうしているのだけど。
どうやら昨今の異常気象で季節が前倒しされて8月は7月よりも涼しいとかナントカ。
そうはトモカク。
目的地はココ。
吉祥寺でいつも並んでる肉屋のメンチカツ。
あの行列に食い込んで並んで買おうなんて思ってもみなかったけれど。
並ばずに同じものが買えるなら行かない盆栽屋は無し。
系列店やチェーン店なる響きには警戒する傾向にあるのだけれど、こういう場合は都合よく軟化させようホトトギス。
e0154650_21065659.jpg
本日は場所を変えれば行列で有名なこのメンチカツを持ち帰って、ナツキ新開発のパンに挟んで食べちゃおうという変則志向。
夏の暑いのにアブラモンを買うなんてどうかしてるのかもと思ったけれど。
美味い。
しかし、やはり。
メンチカツだけで食べるのはアブラっ濃いだろう。
ナツキ新開発のパンがこのアブラを程よく吸収してちょうど良い塩梅になっている。
それにしてもこのメンチカツ。
これは確かに並ぶのもワカル。
でも場所を変えれば並ばないという不思議。
そこにリスペクトがある。
e0154650_21065525.jpg
というわけで、
ナツキのサンドイッチのパンを変えてリニューアルしました。
以前はイタリアンスタイルのカチカチでしたけれど。
これからはふわふわもっちり山型イングランドスタイルになりました。
なんと!食べてびっくり自家製のパンです。
ですので数量にかなり限りがございますが、運が良ければこのレア物のサンドイッチを食べられるかもしれません。
※メンチカツサンドは通常お出ししていません
e0154650_21065609.jpg
お知らせ
足首骨折から復活したマナミックスの快気祝いをするので8月は1回だけ癒します。
よろしくお願いします。












こころにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■OPEN ~ CLOSE
08:30〜17:00 Cafe(Weekday) 
10:00〜17:00 Cafe(Saturday &amp; Sunday)
13:00〜21:00 Cycle Works
■Wednesday is every closing
■AD 151-0051 4-11-8 Sendagaya Shibuya Tokyo
■WebShop https://bonsaicycleworks.com/


.


by bonsai-astn | 2018-07-21 09:00 | 盆栽イベント情報

ギャリーの友達と走るライド

オーストラリアを代表するシクロクロッサーGarry Milburn選手。
今年のシーズンもUCIレースを中心に来日してくれるそうですが、そんなハナシをしているなかで、こんな質問をされました。
今度、友達が来日するんだけど、一緒に走ってもらってもいいかな?
もちろんオッケー。
そこにリスペクトがある。
e0154650_21134203.jpg
激アツの東京。
ギャリーの友人であるダン氏に観光ライド、ポタリング、トレーニングといろんなライドができるけれど、どんなライドがご希望かを聞くと。
まさかのトレーニングライド一択。
まじか。
そんなこんなで宿泊先の都心の高級ホテルまでお迎えに行きまして、もちろん初対面だったわけですが、予想していたよりも年配の方が登場。
ジャージはなんと今シーズンGarryが走るMAAPxENVEチームのもの。
自転車はスペシャライズドのディスク。
お互いのバイクチェックや自己紹介もそこそこに早速走り出します。
e0154650_21134257.jpg
たまに海外の方と走るといつも思うのは。
みなさん初対面で一緒に走るのが初めてなのに、全くストレスなく一緒に走ることができることが多いなぁと思います。
そして、そのダン氏はかなり速い。
真冬のオーストラリアから来日したばかりだから、この暑さは堪えるかなと思いきや、この暑さにノックアウトしたのはわたしの方でした。

よくよくお話を聞くと、ダン氏はIT系の会社を経営されていて、さらに自転車ショップのオーナーなんだとか。
でも、その自転車ショップはスペシャライズド系でギャリのジャージはキャノンデール。
ジャージのキャノンデールの肩のロゴの下にあるのがダン氏の会社なんだとか。
なるほど、ギャリーに接待ライドをお願いされたのかとここで納得できました。
接待と言いつつも、ダン氏はギャリーと普段からトレーニングしているのでむちゃくちゃ強いんですけどね。
e0154650_21150481.jpg
帰り道。
ダン氏が信号ストップごとに忙しく何かケータイをいじりだしたので何事かと思ったら、この後マリオカートに乗るのを忘れていたんだとか。
時間を聞くと結構ギリギリっていうか間に合うの?っていう感じ。
そこで盆栽屋の東京案内ということで即席の快速ルートでホテルまでご案内したのでした。
マリオカートにはギリギリ間に合ったとか、間に合わなかったとか。
e0154650_21134304.jpg











こころにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■OPEN ~ CLOSE
08:30〜17:00 Cafe(Weekday) 
10:00〜17:00 Cafe(Saturday &amp; Sunday)
13:00〜21:00 Cycle Works
■Wednesday is every closing
■AD 151-0051 4-11-8 Sendagaya Shibuya Tokyo
■WebShop https://bonsaicycleworks.com/


.

by bonsai-astn | 2018-07-20 09:00 | TEAM BONSAI 活動記録

盆栽新着情報 7・19

全国8千万人の猫好きのみなさん。
お待たせしました。
レイザーキャットのソックスが入荷です。

e0154650_20384902.jpg

いつも抽象的なデザインが多かったレイザーキャットですが。
今回のデザインは思いっきり猫がわかるデザインに。
思いっきり猫を感じていただけるデザインになりました。

e0154650_20384811.jpg
e0154650_13482800.jpg


ソックス自体はいつものDefeet製です。
いつものサイズでオッケーということで。
リスペクトがあります。

e0154650_20384942.jpg

ホワイトがかわい過ぎるという方には。
こちらのネイビーはいかがでしょうか?
コチラのデザインでもつま先にはネコ!!
シューズの中に思いっきりネコを感じていただけます。

e0154650_20384940.jpg
e0154650_13483149.jpg

通信販売可能です。



e0154650_20384884.jpg

ボトルも少量ですがございます。
ボトルは店頭のみの販売とさせていただきます。
e0154650_20384841.jpg













こころにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■OPEN ~ CLOSE
08:30〜17:00 Cafe(Weekday) 
10:00〜17:00 Cafe(Saturday &amp; Sunday)
13:00〜21:00 Cycle Works
■Wednesday is every closing
■AD 151-0051 4-11-8 Sendagaya Shibuya Tokyo
■WebShop https://bonsaicycleworks.com/


.


by bonsai-astn | 2018-07-19 12:00 | 盆栽新着商品情報

夏だから暑いけど遠くても食べたくなって、夏

いやー毎日暑いです。
暑いから短距離の効率の良い練習やライドにまとまりがちですけれど。
でもね、夏になると遠くに行きたくなるのはなぜでしょう。
そういうわけで海の日はお休みをいただきましてヤマに。
目指したのは。
埼玉県を代表する林道。
しかし、いつも見かけるサイクリストやトレランの人らが全く見当たらない、、、。
ガラ空きの極上ラインを走ります。
e0154650_21040866.jpg
下りは新開拓の道で快適を狙ったものの。
グラベルの下り。
しかもその先も舗装はあってもガタガタ道で急峻な下り。
かなりヤヴァメ。
もう二度と通ることはないでしょう。
今回はミスったわけですが。
こうして道を開拓していくこともロングツーリングの意義かと思います。
e0154650_21040980.jpg
下り途中で一息。
本当にヤヴァい下りでした。
怪我しなくてよかったね。
e0154650_21041086.jpg
下った先は極上のうなぎで栄養補給です。
焼き手が三代目の大将から息子さんに継承されたという情報はキャッチしていた盆栽屋。
新しいうな重はなんだか上品さが増しているような?
ボリュウムも満点。
暑いけれどもたれることもなく。
ペロリと食べられちゃいました。
リスペクトがあります。
e0154650_21041890.jpg
ギリギリセーフ。
e0154650_21041444.jpg
さて。
帰り道はどうしようか。
こうも暑いと、灼熱の昼間は避けた方が良いだろうということで輪行袋は携えてきていました。
川越で甘味はどうか。
でも結構遠いかも。
じゃあ、小川町でビールかな。
そういうわけで小川町まで快速走行。
テキトールートでしたけど、いい感じに走りやすい。
後で見直してみてもなかなか創造性のあるルートでした。
e0154650_21042063.jpg
香り高いクラフトビールで乾杯。
e0154650_21042349.jpg

帰りは輪行でクーラーが効いた車内の中で快適移動で帰ることができました。
たまには輪行もいいですね。
e0154650_21042610.jpg











7月16日(月)はロングライドのため臨時休業とさせていただきます

こころにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■OPEN ~ CLOSE
08:30〜17:00 Cafe(Weekday) 
10:00〜17:00 Cafe(Saturday &amp; Sunday)
13:00〜21:00 Cycle Works
■Wednesday is every closing
■AD 151-0051 4-11-8 Sendagaya Shibuya Tokyo
■WebShop https://bonsaicycleworks.com/


.

by bonsai-astn | 2018-07-16 07:00 | TEAM BONSAI 活動記録

MAAP DAY 開催します!

この夏もやります。
MAAP DAY。
3か月ごとに新しいコレクションを発表するMAAP。
最新のコレクションをご試着してお選び頂けます。

e0154650_17155588.jpg
e0154650_17155514.jpg
e0154650_17155577.jpg
e0154650_17161816.jpg
e0154650_17245907.jpg

普段は在庫していないレディースサイズもレディースモデルもバッチリ。
サイズも色も実物をご確認していただけます。


e0154650_17161829.jpg
e0154650_17161823.jpg
e0154650_17161934.jpg

MAAP DAYは7月22日(日曜日)まで。
この貴重な機会を逃さないようにお願いします。

会期中に15,ooo円以上のご注文をしてくださった方にはカフェのドリンクを一杯サービスさせていただきます。
さらにMAAPのステッカーも差し上げます。

この機会をどうぞご利用ください。

e0154650_17164790.jpeg













7月16日(月)はロングライドのため臨時休業とさせていただきます
カフェ部門はタイムトライアルのレースが開催される下総フレンドリーパークにカフェ出店いたします
会場にお越しのみなさまご利用お待ちしてます


こころにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■OPEN ~ CLOSE
08:30〜17:00 Cafe(Weekday) 
10:00〜17:00 Cafe(Saturday &amp; Sunday)
13:00〜21:00 Cycle Works
■Wednesday is every closing
■AD 151-0051 4-11-8 Sendagaya Shibuya Tokyo
■WebShop https://bonsaicycleworks.com/


.

by bonsai-astn | 2018-07-15 12:00 | いつもありがとう

癒しライドというライドイベントをやってます

灼熱のコンクリートジャングル。
癒しを求めて彷徨うプロトン。
本日の癒しはロシアワールドカップにちなんでピロシキ。
世田谷の奥地にある工場直売案件を狙ったものの。
「イマハヤッテマセン」
ツレない回答。
結局その工場が卸しているレストランに直行。
ザギンにロングボール一閃。
カウンター。
7階までのエレベーターで上昇。
ゴール前は空中戦でキメました。

e0154650_17030231.jpg










7月16日(月)はロングライドのため臨時休業とさせていただきます
カフェ部門はタイムトライアルのレースが開催される下総フレンドリーパークにカフェ出店いたします
会場にお越しのみなさまご利用お待ちしてます


こころにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■OPEN ~ CLOSE
08:30〜17:00 Cafe(Weekday) 
10:00〜17:00 Cafe(Saturday &amp; Sunday)
13:00〜21:00 Cycle Works
■Wednesday is every closing
■AD 151-0051 4-11-8 Sendagaya Shibuya Tokyo
■WebShop https://bonsaicycleworks.com/


.

by bonsai-astn | 2018-07-14 09:00 | 盆栽イベント情報

究極のホィールとは?

究極のホィールとは?

何でしょうか。

盆栽自転車店の開店以来。
予想に反して手組のお仕事をご依頼していただくことが多く。
今では世間的に手組のお店。
みたいなご理解になっているのではないでしょうか。
実際、カスタマーに納品させて頂くホィールのほとんどは手組ですし。
おかげさまでホィールに関してかなり勉強させていただきました。
リスペクトがあります。


e0154650_20283811.jpg

手組ホィールはカスタマーのオーダーにより完成します。
リムは何にするのか?
ハブは何にするのか?
スポークは、、、?
カスタマーにあわせて色々と調整できるのがオーダーメイドのホィールの利点のひとつであり絶対的な価値であると思います。

e0154650_20290768.jpg


最近、ご依頼いただくオーダーのなかでも多くなってきたのが。
GOKISOハブ x ENVEリムの組み合わせ。
これ以上ない究極の回転性能と。
高い精度と剛性アンドエアロ性能を誇るENVEリムの組み合わせ。
そこには重量は?なんていうある意味でのネガな質問は置いてけぼりなわけです。
“究極のオーダーメイドホィール”としてのひとつの回答になっていると思います。
そこにリスペウトがあります。

e0154650_20284264.jpg


それでは。
究極のオーダーメイドホィールの対極に位置するであろう究極のレディメイドホィールとは?
それは何でしょうか。

いわゆる完組ということなんですけど。

ボラ?
Lightweight?
Zipp?
まぁいろいろ思い浮かぶのではないかと思います。


e0154650_21275316.jpg

手組のホィールと違って。
完組ホィールはトータルの設計を独自に追求することができます。
だから手組ホィールでは使うことができないスポークやリムが存在します。
それは極端に太いエアロスポークや、エグザリットのような特殊な加工が施されたリムなど。
オリジナルの設計ができるのでハブのフランジ形状やオフセットされたリムなど、ホィールの全体の最適化を図ることができるのです。
しかし、そららの最適化の中にはメーカー都合のコスト面での最適化も大いに反映されてしまうので、手組ホィールのように時にはコストを度外視して隅々までこだわった究極のホィールというものが生まれにくいのも事実。


e0154650_20344319.jpg


そう思ってたら。
出ました。
究極のレディメイド。

というか出ます。
これからしばらくは間違いなくコレです。
COSMIC ULTIMATE UST
そこにリスペクトがあります。


e0154650_20295436.jpg

そうです。
MAVICです。
このホィールのニュースを知った時はMAVICのお取り扱いがありませんでしたので、指をくわえてこのニュースを眺めていたのですが。
来季からなんとかなりそうです。
それにこのホィールはわたしも欲スィ!!

そういうわけで盆栽自転車店でもMAVICのお取り扱いを本格的に開始します!!!!!


e0154650_20344458.jpg


COSMIC ULTIMATE と言えば。
個人的にリカルド・リッコが思い出されます。
ツールで衝撃的な新人賞。
このホィールはとにかく軽快に走るリッコが似合っていました。
あの当時が2008年。
わたしのムカシのブログにもこのホィールへの想いがありました。
当時は要らないタイヤが付いてくるようになった年。
今ではありがたいくらい高性能になって付属するようになったMAVICのタイヤ。
全ては10年の年月が解決してくれるようです。


e0154650_20300729.jpg

もちろん、ホィール自身もこのたびのフルモデルチェンジで完全に生まれ変わりました。
前モデルは、当時の究極のホィールであるLight Weightを劣化コピーしたという面が否めませんでしたが。
10年の時を超えて。
本家を超えるスペックになって生まれ変わっています。
そこに究極がある。


e0154650_22384915.jpg

前作のネガだった部分と言えば。
リアの左側のスポークが振れ取りができる仕様になっていたこと。
おかげで製品上フレが出ないはずのコンポジットホィールの良さが半減してしまっていました。
そんなネガティブな面が新作では完全に改良されています。
完全にくっつけてしまっただけなんですけど。
これだけならまだLight Weight。



e0154650_20302067.jpg

ハブのフリーボディも10年前と違って進化を遂げています。
DTやクリスキングも採用するリング式のラチェット機構。
40ノッチもの細かい刻みで、足を止めた状態から漕ぎ出しまでのタイムラグを極限まで小さくしています。


e0154650_21551853.jpg


スポークの数は前後ともに20本。
カーボン製のスポークはリムを通過してブレーキ面まで届いています。
ハブに巻きつくようにして切れることなく反対側のリムの端まで。
これによりホィールのさらなる一体感と剛性感が高まるのです。
これは手組ホィールでは絶対にできない性能になります。
スポークの形状は翼断面に改良されておりエアロ効果も向上しています。



e0154650_20301797.jpg
e0154650_20301464.png


そのエアロ性能は、ENVEのSES4.5よりも優れるということで、、、、。
SES4.5よりも低い40mmのリムハイトでこの成績とは。
高い巡行性能が期待できるというものです。


e0154650_20301212.jpg


そして、タイヤはチューブレス対応に。
昨年登場したMAVICのUST式チューブレスレディの評判は市場ですでにかなり高評価を得ているのは皆様ご存知の通り。
カンタンなセッティングが従来のチューブレス観を一新してくれました。
もちろんタイヤの性能も高評価。
著名な市民レーサーの方々にも愛用されているレースで使える性能です。

前作のCosmic UltimateやLightWeightなどのホィールはどのインプレを見ても硬い硬いと言われてるのが目立ちますが。
このチューブレス対応になって硬さはメリットだけになってくれるのではないかと予想しています。



e0154650_20300413.jpg



そして、毎年のように変わるMAVICのデザインはもしかすると来年が一番の当たりなのでは?
なぜならこのシンプルさ。
リムとハブとクイックに線が1本入っただけです。
おかげで軽量化にもつながりますし、どんな自転車でも似合うというもの。
もちろん、このラインを自転車のキャラクターラインに合わせてカスタムするのも盆栽自転車店であれば朝飯前の夜食前というわけです。

MAVICのホィールは無料の補償制度もありますのでご安心してお使いいただけます。
やはり正規取り扱い代理店でご購入いただくのがご安心ですね〜。


e0154650_22304015.jpg


さて、
そんな究極のレディメイドホィールは。
価格も究極そのものです。
タイヤ付きで50ペソ。
50ルーブル?
違います。
ごじゅうまん円です。

LightWeightよりも安い!!!


e0154650_20295436.jpg
さて、
8月中旬までに盆栽自転車店にてご予約いただけた場合。
ご予約いただけた方にはお得なスペヒャルリスペクトマヴィックスタート価格をご案内させていただきます。
このホィールに関しては入荷はかなり先の1月になりますけど。
究極なホィールを履いて走る日を心待ちにする特別なお時間をお過ごしいただけるのではないかと思います。

ほかのMAVICのホィールに関してもスペヒャルリスペクトマヴィックスタート価格のご案内ができますのでぜひよろしくお願いします。











7月16日(月)はロングライドのため臨時休業とさせていただきます

こころにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■OPEN ~ CLOSE
08:30〜17:00 Cafe(Weekday) 
10:00〜17:00 Cafe(Saturday &amp; Sunday)
13:00〜21:00 Cycle Works
■Wednesday is every closing
■AD 151-0051 4-11-8 Sendagaya Shibuya Tokyo
■WebShop https://bonsaicycleworks.com/


.





by bonsai-astn | 2018-07-10 12:00 | いつもありがとう