<   2018年 05月 ( 13 )   > この月の画像一覧

盆栽新着情報 5・31

MAAPから新しいベースレイヤーが誕生しました。
TEAM BASELAYER。
MAAPおなじみのNAVYカラーのKITにはコチラのベースレイヤーが無条件に馴染みます。
e0154650_19141757.jpg
厚みが非常に薄い生地を使用しています。
真夏から冬まで季節を選ばず自転車用の肌着として常にご使用していただけるパフォーマンスがあります。
e0154650_19141372.jpg
e0154650_19142102.jpg
サイドパネルに大胆にプリントされたロゴが特徴。
この感じがMAAPらしいところ。

こちらは通信販売もしています。

e0154650_19143469.jpg
MESH BASELATERは超定番。
サイズが揃っています。
伸縮性にとても優れますのでサイズはS/MとL/XLの2つしかありません。
カラーはホワイトとブラックがございます。
e0154650_19143946.jpg
e0154650_19144244.jpg
見るからに涼しそうなメッシュの大穴。
メッシュの跡が肌に残りにくいお肌にも優しいソフトな生地になっています。

こちらも通信販売しています。

e0154650_19144615.jpg
これから暑くなる季節。
真夏でもベースレイヤーを着用した方が涼しく、急に寒くなっても快適です。
MAAPの高性能なベースレイヤーで一段階快適レヴェルの高いライドをしましょう。









こころにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■OPEN ~ CLOSE
08:30〜17:00 Cafe(Weekday) 
10:00〜17:00 Cafe(Saturday &amp; Sunday)
13:00〜21:00 Cycle Works
■Wednesday is every closing
■AD 151-0051 4-11-8 Sendagaya Shibuya Tokyo
■WebShop https://bonsaicycleworks.com/


.


by bonsai-astn | 2018-05-31 12:00 | 盆栽新着商品情報

盆栽新着情報 5・28

ハッチンソンのチューブレスレディのタイヤの在庫を始めました。
ここ数ヶ月はチューブレスレディ生活ですが。
チューブレス対応のリムなら、クリンチャーで使うのはもったいない!と思うほどチューブレスレディが調子良いです。
ハッチンソンならハメやすく、外しやすい。
リスペクトがあります。
e0154650_19445952.jpg
ENVEの現行モデルのクリンチャーで、2.2、3.4、7.8はチューブレスレディに対応しています。
チューブレスレディ、マジでオススメですよ〜。
異次元の軽い走行感としなやかさを味わってみてください。
e0154650_17445870.jpg



ここで、現在盆栽自転車店にて在庫してますカーボンハンドルを見てみましょう。

カーボンハンドルと言えば20年前は飛び道具の印象がありましたが、昨今では一般的になっているのではないでしょうか。
カーボンハンドルによって軽量化になるのはもちろんなのですが、ハンドリングの印象も軽くなります。
さらに、カーボンハンドルにすると振動吸収性が良く乗り心地が良くなるとかひと昔前は言われたものですが、ENVEのハンドルはじめ、さいきんのカーボンハンドルは並のアルミハンドルよりも剛性が高いので、ちょっと手に振動くるかなぁという感じです。
個人的には3Tあたりがアルミよりも硬く、乗り心地も気にならないちょうど良いところかなぁと思って使っています。
e0154650_19451974.jpg
ロードバイクのハンドル形状はさいきんかなり落ち着きを見せていまして、ほとんどのハンドルはニューシャローと言われていたアップライトなシャローハンドルではないかと思います。
アナトミックシャローとか、コンパクトシャローとか言いますね。
そんな中で過去の遺産的ポジションとして残っていますシャローハンドル。
わたしも、もう10年くらいこのハンドル形状です。
軽い転倒が多いシクロクロスはDEDAのアルミハンドルにしていますが。
ロードはやはり軽快なカーボンが良いでしょう。
そして、3Tはカーボンハンドルのシャロー形状をラインナップしてくれている珍しいメーカー。
それくらいシャローのカーボンハンドルって珍しい存在だと思います。
レバーをハンドルに取り付けた時に根元に握りやすい、なんとなく落ち着く「くぼみ」ができるのがポイント。
e0154650_19451042.jpg
リーチ:82.6mm
ドロップ:139mm

シャローと言えば小さなハンドル形状を指していたのですが、ここ数年でハンドル形状がコンパクト化してまして、シャローでも大きな部類になってます。
どのカラーリングにも合わせやすいステルスカラーを在庫しています。
e0154650_19452426.jpg

そして、
盆栽自転車店にとっては定番のENVE。
ENVEはハンドルも高品質です。
そんなENVEのハンドルはカーボンハンドルのなかでもかなり高剛性なのではないでしょうか。
強度も抜群に高いと思います。
ちょっとコケたくらいでポキっと折れちゃうヤワなカーボンハンドルとは一線を画します。
なかなか壊れません。
エアロと、コンパクトの2種類を在庫しています。
どちらもアナトミックシャロー形状のコンパクトなドロップです。
他にスタンダードという形状もラインナップに存在しますが大柄な方向けのとても大きなドロップハンドルなので在庫していません。

e0154650_19484683.png
e0154650_19454012.jpg
リーチ:79mm
ドロップ:127mm

ドロップ形状はエアロ、コンパクトともに同じ。
e0154650_19454137.jpg
エアロ形状はその強烈なエアロ形状のため前面投影面積がとっても薄くなっています。
バーエンドの形状が独特で、エアロ、コンパクトともにエアロダイナミクスを意識した
エアロはワイヤー内臓ハンドル。
9000以降のシマノレバーにも対応しています。
コンパクトはシンプルな外出しのハンドルです。
e0154650_19484767.jpg



TIMEのハンドルも在庫しています。
このハンドルをお店に在庫しているのは珍しいと思います。
生産数量が少ないレア物であるTIMEのハンドル。
それもそのはず。
TIMEフレームと同じ製法であるRTM製法で作られたほかとは違うカーボンハンドルになります。
なのでTIMEフレームのようなしっかりした硬さと、でも不快な振動は除去してくれるような不思議な乗り味が期待できると思います。
モデル名はERGO DRIVE。
ハンドル上部は持ちやすいセミエアロ形状。
ドロップ部分はニューシャローの中では大きめという感じです。
e0154650_19454677.png

リーチ:79mm
ドロップ:136mm

420mm(外ー外)を在庫しています。
2018年モデルはオールブラックのカラーリングでTIMEのロゴが目立たない仕様。
TIMEではないブランドのフレームにも装着しやすいかと思います。
e0154650_19463157.jpg
ハンドル交換の作業は絶賛受付中です。
オーバーホールのついでにハンドル交換もオススメです。
在庫にないハンドルもお取り寄せできますのでお気軽にお問い合わせください。
ご注文お待ちしてます。













こころにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■OPEN ~ CLOSE
08:30〜17:00 Cafe(Weekday) 
10:00〜17:00 Cafe(Saturday &amp; Sunday)
13:00〜21:00 Cycle Works
■Wednesday is every closing
■AD 151-0051 4-11-8 Sendagaya Shibuya Tokyo
■WebShop https://bonsaicycleworks.com/


.


by bonsai-astn | 2018-05-28 12:00 | 盆栽新着商品情報

マグロライドをする男(MAAPライド)

日曜日に臨時休業をいただきまして。
マグロライドしてきました。
マグロといえば三浦半島。
関東のサイクリストにとっては欠かせない走行ルートになるわけですが。
冬に行くことの方が多く、夏はあまり行くことがありませんでした。
その思考をちょっと変えてこの初夏の季節にアタックしてみることに。
e0154650_21232992.jpg
抜けるような青空。
海もいいけど、内陸部分の陸地も面白い道がたくさんあります。
三浦半島は走っていて面白いけれど、ちょっと遠いのでなかなか行く機会がないのが残念なところです。
e0154650_21280527.jpg
今回はカスタマーM氏も同行してくれました。
小径車でそこそこロングをこなしていたとはいえ、ロードバイクを始めてすぐに150km超のライドにそんなに遅れず付いてくるとは。
これからの進化が楽しみな人物が現れてしまいました。
e0154650_21280488.jpg
目的地はコチラ。
サイクリストにとっても優しいお店です。
e0154650_21241191.jpg
e0154650_21280440.jpg
e0154650_21242538.jpg
帰り道は横浜によってちょっと休憩。
天気良すぎでかなり暑くなりました。
暑いせいでちょっとクラクラしてきます。
そこで休憩時間を長く取ったおかげか、帰りもシャキッとして帰ることができました。
家に無事に帰るまでがグルメライド。
そこにリスペクトがある。

165km 6時間38分
e0154650_21233078.jpg









こころにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■OPEN ~ CLOSE
08:30〜17:00 Cafe(Weekday) 
10:00〜17:00 Cafe(Saturday &amp; Sunday)
13:00〜21:00 Cycle Works
■Wednesday is every closing
■AD 151-0051 4-11-8 Sendagaya Shibuya Tokyo
■WebShop https://bonsaicycleworks.com/


.

by bonsai-astn | 2018-05-27 07:00 | 盆栽イベント情報

BONSAI x ENVE カスタマーW氏の場合

BONSAIxENVEを納品させていただきました。

カスタマーW氏のENVEは2.2のクリンチャー。
ENVEのキャリパーブレーキ用のクリンチャーリムとしてはラインナップ中最軽量の2.2。
ヒルクライムにはもちろんのこと。
普段乗りから軽快。
ストップアンドゴーが多い場合は立ち上がりが軽快になるリムです。
ローハイトなのにエアロリムという特殊なモデル。
タイヤはクリンチャーだけではなく、チューブレスレディにも対応します。
そこにリスペクトがある。
e0154650_17445870.jpg
■リム:ENVE SES2.2
■ハブ:GOKISO Climber S-Spec カスタムカラー
■スポーク:DT AERO-LITE Black

□組み方:フロント=ラジアル リア=クロス
□デカール:カスタムなし

e0154650_17445872.jpg
最近GOKISOの完組ホイールから組み換え、GIKISOハブでオーダーという方が多くなっています。
最高のハブに最高のリムで、ということでしょうか。
プロ選手が使いたくても使えないという究極仕様が仕上がります。
しかも、W氏のGOKISOはカスタムカラー。
GOKISOはカスタムオーダーで色々なカラーを受け付けてくれます。
e0154650_17445825.jpg
自転車に組み付けて完成。
フレームはVYNL。
フレームカラーと揃ったハブカラー。
自転車の色気が増しました。
e0154650_17445703.jpg
タイヤはチューブレスレディを採用。
これで、リムも軽く、タイヤも軽いという相乗効果で軽量体験。
W氏にもお気に入りいただいてます!

早速嬉しいご感想が!

いやー、ホント素晴らしいですね。。
皇居周回する時にちょっとした登りがあるのですが、普段ならたまにダンシングしていたところも、スルスル登れます。
e0154650_17445740.jpg









5月26日(土)は白州バイクロアにカフェ出店させていただきますので、千駄ヶ谷の店舗では自転車営業のみ
5月27日(日)はカフェ営業は引き続き白州バイクロアにて出店、自転車営業は臨時休業とさせていただきます

こころにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■OPEN ~ CLOSE
08:30〜17:00 Cafe(Weekday) 
10:00〜17:00 Cafe(Saturday &amp; Sunday)
13:00〜21:00 Cycle Works
■Wednesday is every closing
■AD 151-0051 4-11-8 Sendagaya Shibuya Tokyo
■WebShop https://bonsaicycleworks.com/


.

by bonsai-astn | 2018-05-24 12:00 | BONSAI x ENVE

盆栽新着情報 5・21

GIROのVanquishが再入荷です。
GIROの新しいエアロヘルメット。
日本人仕様のワイドフィットがこのモデルには採用されています。
安全性の高いMIPSも搭載。
簡単に取り外し可能なゴーグル付きです。
ハイエンドモデルとして文句のない装備です。
再入荷してきたのはとくに人気が高かったブラックカラー。
Mサイズです。
シンプルイズベストということでしょうか。
そこにリスペクトがあります。
e0154650_20201735.jpg
Blackカラーはカスタムのベースとしてもおすすめです。
ロゴの色を変えるだけでガラリと印象変わります。
カスタムは当店ご購入のヘルメットのみ対応してるサービスになります。
カスタムご希望の方はヘルメットのご購入時にお気軽にどうぞ。
e0154650_20201897.jpg
他にもこのカラーが在庫ございます。
よく見ると、グレーでグラデションになっているマットグレーファイヤクローム。
こちらはMサイズを在庫しています。

e0154650_20201894.jpg
そして、こちらも人気のカラー。
マットダズル。
ダズルとは船舶用の迷彩柄のことを指します。
海岸線で海をバックに走る際は目立ちにくいカモ!!
e0154650_20201865.jpg
当店では指切りグローブとして唯一の在庫品でありますZERO CS。
人気のブラックカラーのSサイズが再入荷です。
次回はいつになるかわからんと言われています。
本皮仕様の旧モデルから、革ではなくなりまして耐久性がアップしました。
そして見た目真っ黒な無印感も良いかと。
デザイン性が良いのはもちろんですが、装着感が素晴らしいのが良いのです。
おすすめのグローブです。
e0154650_20203064.jpg
こちらのグローブは通信販売でご購入可能です。

☞ https://bonsaicycleworks.com/products/giro-cs-gloves

e0154650_20203196.jpg










5月26日(土)は白州バイクロアにカフェ出店させていただきますので、千駄ヶ谷の店舗では自転車営業のみ
5月27日(日)はカフェ営業は引き続き白州バイクロアにて出店、自転車営業は臨時休業とさせていただきます

こころにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■OPEN ~ CLOSE
08:30〜17:00 Cafe(Weekday) 
10:00〜17:00 Cafe(Saturday &amp; Sunday)
13:00〜21:00 Cycle Works
■Wednesday is every closing
■AD 151-0051 4-11-8 Sendagaya Shibuya Tokyo
■WebShop https://bonsaicycleworks.com/


.



by bonsai-astn | 2018-05-21 12:00 | 盆栽新着商品情報

癒しライドというライドイベントをやってます

雨予報だったけれど晴れ男たちは気にしない。
予報なんて見ない。
だから雨なんて降らない。
こころの根っこから晴れ晴れ。
この清々しさはあの風が運んでくれた。
いつの間にか追い風になって。
目指すべきパン屋さんは板橋に。
そこにリスペクトがある。
e0154650_20125339.jpg
ちょっと遊びすぎたでしょうか。。
後輪からシュー。
チューブレスだったので、「あ、もしかしてタイヤずれた?」とか思ったら裂けてました。
がーん、パンクと言うよりバースト。
マジかよ。
まぁいいか。
チューブレスというと修理に構えちゃう向きもあるかもしれませんが。
クリンチャーとして直せばいいわけです。
とはいえ、今回は勝手が違いました。
なんせ3cmくらいは裂けちゃってるタイヤ。
タイヤブートで裏からふさいでも心もとない大穴。
表側からチューブ用のイージーパッチで貼りまくりで穴を覆います。
本来、チューブ用のパッチですし、タイヤの表面に貼ってもすぐに路面との摩擦で剥がれそうですが、、、それが案外剥がれないんです、超緊急事態にオススメの処置ですよ。
イージーパッチのタイヤ貼り。
さて、仕上げはSILCAの携帯ポンプで空気圧を爆上げ。
最高です。
このポンプ。
ロードで走るのに心配ない空気圧が簡単に入ります
これはいいものです。
さて、わたしのバーストでご参加の皆さんにご迷惑をおかけしてしまいました。
板橋は遠い。
今回はアッサリとルート変更して。
浅草のパン屋さんに滑り込んだとさ。
e0154650_20125391.jpg






5月26日(土)は白州バイクロアにカフェ出店させていただきますので、千駄ヶ谷の店舗では自転車営業のみ
5月27日(日)はカフェ営業は引き続き白州バイクロアにて出店、自転車営業は臨時休業とさせていただきます

こころにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■OPEN ~ CLOSE
08:30〜17:00 Cafe(Weekday) 
10:00〜17:00 Cafe(Saturday &amp; Sunday)
13:00〜21:00 Cycle Works
■Wednesday is every closing
■AD 151-0051 4-11-8 Sendagaya Shibuya Tokyo
■WebShop https://bonsaicycleworks.com/


.


by bonsai-astn | 2018-05-19 09:00 | 盆栽イベント情報

カスタマーバイク紹介 COLNAGO C60

カスタマーY氏からフレーム持ち込み組み付けのオーダーを承りました。
そのフレームは?
はい、C60です。
世界的に著名なブランドの名作ということで、もちろん目にしたことはあったわけですが。
個人的に初めて整備させていただく自転車でしたので、いくばくかのキンチョウがありましたけれど、ひとたび触れてみれば素直で組みやすいフレームで、まさに世界を代表するフレームであり、自転車はオンナなわけですからこのフレームは「イイオンナ」と気づかせてくれるわけです。
そこにリスペクトがある。
e0154650_19440512.jpg
まさにCOLNAGOらしい1台。
エアブラシの細かい仕事で塗り上げられたそのペイントスキームは、真似をしてしまうと、すぐにパクリのそしりは免れない、まるでCOLNAGOが商標登録でもしているかのように象徴的なデザインになっていると思います。
そのフレームに、eTAPとENVE。
クランクは最新のROTOR。
アルドゥー!!
ということで、一見カタログのCOLNAGOでは見慣れないスタイルですが、どんなパーツを組もうとも自由な自転車の世界。
こうしてまた新しいスタイルのCOLNAGOが生まれたわけです。
e0154650_19484124.jpeg
今回、塗装屋さんにENVEステムをフレームと同色に塗装してもらったわけですが。
これですよ。
この仕上がり。
フレームのこの輝くメタリックに全く違和感なく同じのメタリックな赤。
これは素晴らしい。
カスタマーY氏もこれには大変ご満足していただけたようで良かったです。
e0154650_19484509.jpeg
今までは小径車でサイクリングをお楽しみになってたというカスタマーY氏。
ロードレーサー初号機はなんとC60。
というわけで、さらに妥協のないパーツ群が選ばれましてここに完成しました。
構想から1年くらいは経過しているのでしょうか?
私にお問い合わせいただいてから半年くらい?
思えば長かった。
長かったけれど。
初めからここまでキマっていればご購入後の迷いみたいなものもないでしょうから、そんなコストパフォーマンスもあるなぁと納得させられてしまいます。
e0154650_19484929.jpeg
e0154650_19485110.jpeg
そんなカスタマーY氏。
早速お乗りいただいてます。

”ヤバイ、コレ!”
朝初めて多摩サイを走った時、思わずつぶやいていた。

クラシックとモダンが融合した、
美しくクールなこだわり抜いたパーツと、
絶対的に信頼する技術で組み上げられたコルナゴ。
なぜか、血が通っているものに乗っている感覚。
自転車は最高だけど、でもやっぱり肝心なのはエンジンを鍛えること。
それでもスピードが35kmを超えたくらいからすべての抵抗が減って、
ツヤ感のある軽さといった表現が合うような、
地上を滑るような感覚を感じる。
あれ、もしかして浮く?

”ステムをフレームと同じ色に出来ますよ”なんて酔狂なこと、
日本広しといえど、盆栽自転車以外に言ってくれるところがあるだろうか?
いや、ないな。しかも、あんな微妙なメタリックレッドに。
ステムを夜眺めているうちに、
Beetohbenn:PianoConcerto/No.5のAdagioが聴こえてくるような、
郷愁の中できらきら輝いている光を見ているようだった。
やっと、本当にやっと完成したんだと実感した瞬間。

人馬一体には程遠いけれど、走り込んで、
いつかコルナゴの潜在的なパフォーマンスが垣間見えたらいい。
この先どこまで行けるのか、なにが見えるのか、
本当に楽しみだ。

ボンサイ、バンザイ!
e0154650_19485316.jpeg
※カスタマーバイク紹介のコーナーでは盆栽自転車店にて大なり小なりなにかしらの作業をご依頼いただいてますカスタマーの自転車を紹介させていただいてます







こころにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■OPEN ~ CLOSE
08:30〜17:00 Cafe(Weekday) 
10:00〜17:00 Cafe(Saturday &amp; Sunday)
13:00〜21:00 Cycle Works
■Wednesday is every closing
■AD 151-0051 4-11-8 Sendagaya Shibuya Tokyo
■WebShop https://bonsaicycleworks.com/


.






by bonsai-astn | 2018-05-17 12:00 | BONSAI BIKE CHECK

盆栽新着情報 5・15

いつ来るかと待ってましたけど。
やっと来ました。
ENVEの新しいクイックリリースです。
これで3世代目。
e0154650_16111347.jpeg

軽量志向に振っていた過去2モデルとは違って。
見た目も大きな感じ。

e0154650_16111394.jpeg
ほとんどMAVICです。
というかMAVICです。
e0154650_16111216.jpg
チタンシャフトでツヤ消しのブラックであり、黄色が無い!という点が細かい違いでしょうか。
そもそもMAVICのクイックリリースといえば、10年以上前からサイクリストの中では定評があるクイックリリース。
そのテクノロジーを丸々継承して、ENVEのルックスで登場したと見ればなかなかリスペクトがあると思います。
e0154650_16111338.jpg
重量も超!軽量というわけではなく。
それなりに軽量というクラス。
確実にしっかり固定の安心のクイックリリースと言えるでしょう。
e0154650_16111300.jpeg
コチラの商品は通信販売でもご購入可能です。












こころにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■OPEN ~ CLOSE
08:30〜17:00 Cafe(Weekday) 
10:00〜17:00 Cafe(Saturday &amp; Sunday)
13:00〜21:00 Cycle Works
■Wednesday is every closing
■AD 151-0051 4-11-8 Sendagaya Shibuya Tokyo
■WebShop https://bonsaicycleworks.com/



.


by bonsai-astn | 2018-05-15 12:00 | 盆栽新着商品情報

昼から雨よ、だからルート変更したよという男

昼から雨の予報。
なんだかすっきりしない日が続きます。
低気圧の曇り空で低血圧のやる気は下降気流に。
あー、もう短縮サイクリング平坦ルートかなと思ってたけど。
練習に参加してくれたY氏が上りへのモチベーションを見せてくれたおかげで、ひと山くらいは越えておきますかという折衷案で変更。
ライドリーダーたるもの予定を立てたところで、予定は未定で決定ではなく、常に決断に迫られるというわけです。
そこにリスペクトがある。
というわけで、ひと山をなつかしのルートを使ってじんわり登り、後半も休まず走ってゴール。
そしたらしばらくして雨。
いやぁ、雨が振る前にしっかり走れてなんだか勝ち組になれた一日だったなぁ。
短縮ルートなんだけど。
達成感あります。

115km 4時間6分
e0154650_23193175.jpg
※画像はイメージです










こころにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■OPEN ~ CLOSE
08:30〜17:00 Cafe(Weekday) 
10:00〜17:00 Cafe(Saturday &amp; Sunday)
13:00〜21:00 Cycle Works
■Wednesday is every closing
■AD 151-0051 4-11-8 Sendagaya Shibuya Tokyo
■WebShop https://bonsaicycleworks.com/


.


by bonsai-astn | 2018-05-13 07:30 | TEAM BONSAI 活動記録

カスタマーバイク紹介 CANYON TT

カスタマーY氏から組み換えのご依頼をいただきました。
それは珍しい。
テーテーバイク。
アルテグラの機械式コンポーネントから、SRAMのeTAPに組み換えです。
電動にすることにより変速位置が増えますし、TTバイクにはメリットが倍増ではないかと。
さらに無線式のeTAPということで無駄な配線が無い、つまり無駄な空気抵抗が極力無いということに繋がります。
そこにリスペクトがある。
e0154650_19105081.jpeg
後輪はなんとLightWeight。
かつてはコンタドールやカンチェッラーラも契約外使用で愛用していたこのディスク。
価格はディスクホィールのなかでも一番高級の部類なわけですが、他製品と比べると圧倒的な軽さを誇ります。
値は張るけれど、単に高いだけではないコスパが良い製品です。
しかも形状的に単なる板状ではなく、鉢のような形状なのでエアロ性能も良いと思います。
e0154650_19105411.jpeg
妥協の無いY氏には、せっかくなのでこの秘蔵の車輪をお貸出ししました。
前輪だけ余っていたのでちょうど良いということで。
カンパニョーロの完組車輪の旧型ZONDAをいきなりバラしてハブだけ抽出したモノにCULTベアリングを加えまして、CX-RAYのストレートスポークとENVEの旧型65mmリムで組み上げたモノになります。
この旧型リムは世代的にはEDGE時代のモノでありましてリムの重量はなんと300gを切るという軽さ。
とはいえ、現行のSESのようなホンモノのエアロ性能は持っていないのでまっすぐ走行が得意で、横風耐性は無いというのが弱点がありました。
ただ、風が無い日は究極の回転性能と軽さ、まっすぐ走るぶんにはエアロというわけで、まさにTT向きでは無いですか!
今回のお貸出しに伴いまして重量バランスもとって、さらにデカールもオリジナルで作りました。
ENVEロゴを横切るようなこのラインが回転した時に一直線に回っているように見えるんですね。
これからSES用にもデカールを用意しようと思います。
e0154650_19105830.jpeg
ハンドルとブレーキが間に合わず、、、、。
結局それらは元のままでレースに間にあわせるために組み付け。
この前面投影面積の少なさ。
これがTTバイクですよ。
このCANYONのフレームは、CANYONのラインナップの中では中級のグレードにあたります。
おかげでブレーキは汎用モデルが使えるということで安心安全のブレーキ性能に繋がります。
それなりのお値段で最新に近い性能。
技術革新があると一気に古臭く見えてしまうTTバイクの世界はまるでMTBとも趣を同じくするところ。
そんななかにあってCANYONのTTバイクは、現行でツールなどのTTで使われているトレンドを盛り込んでおり、その中でも一番入手しやすい価格帯なのではないでしょうか。
e0154650_19110239.jpg
直線で構成されたTTバイクはカッコ良いですね。
e0154650_19110541.jpg
公式レースを前に足慣らしに草レースにご参加のカスタマーY氏。
ここでも好成績を叩き出すわけですが。
e0154650_19111029.jpg
e0154650_19111449.jpg
そこから数日後の実業団のTTレースでなんと優勝!
E3クラスでいきなり昇格ですね。
E1クラスのレーサーと比較しても3位に入賞するタイムということで。。。
ここにドゥムラン安田氏が誕生しました。
素晴らしい。
まさにリスペクトがあります。
e0154650_19111785.jpg
届いていないハンドルと、ブレーキを搭載すればさらに進化する自転車。
ドゥムラン安田氏の進化に置いて行かれないように、機材面でもしっかりサポートさせていただこうと思うのでした。
e0154650_19112088.jpg
※カスタマーバイク紹介のコーナーでは盆栽自転車店にて大なり小なりなにかしらの作業をご依頼いただいてますカスタマーの自転車を紹介させていただいてます





12日(土)は下総クリテリウムにカフェ出店のためテンポでのカフェ営業はお休みです
自転車営業は通常通り営業させていただきます


こころにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■OPEN ~ CLOSE
08:30〜17:00 Cafe(Weekday) 
10:00〜17:00 Cafe(Saturday &amp; Sunday)
13:00〜21:00 Cycle Works
■Wednesday is every closing
■AD 151-0051 4-11-8 Sendagaya Shibuya Tokyo
■WebShop https://bonsaicycleworks.com/


.

by bonsai-astn | 2018-05-10 12:00 | BONSAI BIKE CHECK