<   2018年 04月 ( 9 )   > この月の画像一覧

3月の盆栽屋仕事録

3月もアッという間に過ぎていきました。
月の初めに応援に行ったシャンルーの千葉シクロクロスが遠い過去のようです。
3月も色々とお仕事のご依頼ありがとうございました。
e0154650_20090176.jpeg
癒し仲間のマナミックス氏はオーバーホールのご依頼。
基本的にForceで組み付けてあるコチラの自転車。
ついでにブレーキをRedに交換。
リアディレーラーとスプロケットをワイドレシオにしていただきました。
e0154650_20090593.jpeg
リアディレーラーはコチラの旧モデルの特価品。
Wi-Fliで32Tまで対応します。
Redですが、自転車に合わせてBlueになりました。
コチラの特価品のリアディレーラーはまだ在庫ございますのでご興味のある方は是非どうぞ。
https://boncycle.exblog.jp/27097127/
e0154650_20161908.jpeg
e0154650_20090798.jpeg
ブレーキキャリパーも、以前まで装備していたForceよりも効きが良くなったとのことでマナミックス氏にもお気に入りいただけました。
重量が軽くてブレーキのタッチも軽くなるRed。
制動力が低いという評判も少なく無いのですが、そのインプレッションも使う人によるのかなぁという印象です。
ブレーキもなかなか奥が深いものです。

ここでお知らせ!

5月1日よりSRAM製品の値上げが発表されています。
コンポーネントを中心に約5%ほどの値上がりになります。
SRAM製品のご用命はお早めにお願いします。

e0154650_20091075.jpeg
カスタマーエイジ氏は新品のフレームをお持ち込みいただきまして、フロントシングルのロードバイクの組み付けのご依頼をしていただきました。
コチラは塗装のおかげで謎のフレームになっていますが。
元はスコットのフレームなんだそうです。
e0154650_20091200.jpeg
軽量なカーボンフレームで、どちらかというとコンフォートモデル。
太い異形のダウンチューブに比べて、細〜いシートステーが特徴があります。
ワイヤー類は内臓仕様で外見がスッキリ。
フロントシングルということでシフトワイヤーが1本存在しない影響でさらにスッキリ。
e0154650_20091473.jpeg
e0154650_20091690.jpeg
一見変わりダネに見えるフロントシングルというスタイル。
ロードバイクの選択肢として確実に定着していくと思います。
e0154650_20091831.jpeg
3月の中頃は東京エンデューロに出店したカフェに遊びに行ったけど、あの日は寒かったなぁ。
東京エンデューロというイベントに行くのが初めてだったのですが、結構盛り上がってましたね〜。
e0154650_20101496.jpeg
自分のタイヤもチューブレスレディにしてみたりして。
これは良いです。
圧倒的な軽さとしなやかさ。
問題なのはイマイチ掴みどころがないセッティングの問題があるということでしょうか。
e0154650_20101706.jpeg
カスタマーI氏にはオーバーホールのご依頼をいただきました。
世界的にも珍しいと思いますSPEEDVAGENの2014年のサプライズカラー。
サプライズカラーはカラーを知らない状態でオーダーして、何が出てくるのかわからないという酔狂仕様。
なかなか少ないSPEEDVAGENというフレームでさらに少ないカラーというわけです。
e0154650_20102384.jpeg
組みつけをさせていただいてすでに3年が経過しようかというところでしたのでワイヤーやら消耗品の劣化が心配でしたが、致命的な損傷はなかったので安心しました。
無事に何事もなくオーバーホール作業も完了させていただきまして、新品のような動きを取り戻したのではないかと思います。
e0154650_20102825.jpg
そして、カスタマーD氏からはこれまた珍しいフレームをお持ち込みいただきました。
その名もBIXXIS。
もともとはDe Rosaで主にチタニオを製作していたDe Rosaの次男であるドリアーノ氏が独立して起こしたブランド。
こちらのD氏のフレームはスチール製です。
e0154650_20103720.jpeg
BBはクラシックなネジ切り仕様なわけですが。
なんとイタリアン!!
今時珍しい。
珍しいけれど、ちゃんと作業はできますよ。
盆栽自転車店ではイタリアンでもフェイスカットの切削工具が用意してあります。
e0154650_20102037.jpeg
ヘッドパーツはインテグラル仕様です。
ダウンチューブやチェーンステーはスチールにしては太め。
特にチェーンステーは独特な曲げ加工がされており、そこもBIXXISのブランドアイデンティティなのかな?と思わせてくれる特徴のある造形です。
こういう一見すると見慣れたフレームでも、ちょっとした違いがあるのがスチールフレームなどのハンドメードフレーむの面白さだと思います。
e0154650_20103911.jpeg
e0154650_20104195.jpeg
コンポーネントはカンパニョーロ。
ペダル以外はほぼイタリアンで統一されています。
純イタリアンロードレーサーと言ってよいでしょう。
アズーロな青が爽やかです。
e0154650_20104778.jpeg
KASKのPROTONEヘルメット。
セール価格はまだ継続中です。
おかげさまで残りがマットブラックが1つ。
ツヤありブラックが1つという具合です。
このセール品に限りカスタムサービスさせていただいてます。

通信販売でもご注文お受けしてます。

☞ https://bonsaicycleworks.com/products/kask-protone-helmet
e0154650_20104371.jpeg








4月21日(土曜日)〜4月24日(日曜日)はツアーオブフクオカのため臨時休業とさせていただきます

こころにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■OPEN ~ CLOSE
08:30〜17:00 Cafe(Weekday) 
10:00〜17:00 Cafe(Saturday &amp; Sunday)
13:00〜21:00 Cycle Works
■Wednesday is every closing
■AD 151-0051 4-11-8 Sendagaya Shibuya Tokyo
■WebShop https://bonsaicycleworks.com/


.
[PR]
by bonsai-astn | 2018-04-19 12:00 | 盆栽屋仕事録

SHARK-ATTACK JERSEY

新作ジャージができました。
SHARK-ATTACK。
そこにリスペクトがあります。
e0154650_19162053.jpg

Shark-Team Jerseyは懐かしの時代のアイコンになっていたチームジャージをネタに現代に甦らせたジャージです。
第三弾のShark-Teamはご存知有名なあのチーム。
もともとはスポンサーが持っている子供服ブランドのロゴが配された元ネタのジャージ。
なのでポップな可愛らしいロゴがとても印象的でした。
そんな可愛いジャージを屈強な男たちが身にまとって北の地獄やツールを走って優勝していました。
グレッグレモンやデュクロラサール。

e0154650_19163366.jpg
e0154650_19164048.jpg
とくにパリルーベで強さを発揮したデュクロラサール。
まさに屈強を絵に描いたような無骨な男にはこの可愛らしいロゴのジャージがなんともミスマッチ。
でもカッコいい。
まさにリスペクトがあります。
e0154650_19164004.jpg
そんなサイクリング史上に燦然と輝く伝説のジャージを盆栽屋流にアレンジ。
パープルカラーが新鮮なシャークアタックジャージに生まれ変わりました。
e0154650_19165853.jpg
今回も〝スペヒャル!〟MAAP Apparel謹製になっています。
おかげで今までの盆栽自転車店オリジナルウェアーにはないハイクオリティなジャージになりました。
それは発色の良さから縫製、そして着心地に至るまで。
背中はメッシュ生地になっておりまして夏季でも涼しい仕様になってます。
e0154650_19165588.jpg
このスプレーで描いたかのような粒子状のグラデーション加減。
Z-TEAMのレプリカジャージは数あれどここまで再現性を重視したジャージはあまりないのではないかと個人的には認識しています。
e0154650_19170252.jpg
SHARK-ATTACK キャップとの相性ももちろん抜群です。
お揃いでどうぞ。
e0154650_19170524.jpeg
ジャージが出来上がってすぐにXSサイズとLサイズが完売してしまいました。
完全に発注数量を間違えてしまったかもしれません。
SサイズとMサイズはまだ在庫がありますのでよろしくお願いします。

e0154650_19171356.jpg
SサイズとMサイズは在庫あり〼(4/15現在) 
☞ https://bonsaicycleworks.com/products/law-racing-jersey-wave


e0154650_20470964.jpg
このSHARK-TEAM JERSEYに合わせるレーサーパンツはやはりMAAPのレーサーパンツがオススメ。
つや消しの生地にシンプルなロゴ配置。
それだけでもうオールマイティーなレーサーパンツです。
今回はネイビーでもブラックでも合わせるレーサーパンツの色を選ばないデザインかと思います。
このたびMAAPのTEAM BIB SHORTがバージョン2に進化しています。
主にパッドが改良されていまして、ロングライド時のスレや疲労が軽減されています。
かなりオススメの履き心地になりました。
ジャージと合わせてどうぞ。

通信販売はコチラ ☞ https://bonsaicycleworks.com/products/maap-team-bib-short-2-0-black-white
e0154650_19172056.png
このジャージのデザインでシクロクロスのワンピースをお作りするプロジェクトもあります。
そのプロジェクトが実現するためには10着ぶんの希望者の方が必要です。
今のところは2名様ですのでプロジェクトはまだ夢の状態。
「我こそも!」という酔狂な方がいらっしゃいましたらご連絡ください。










4月21日(土曜日)〜4月24日(日曜日)はツアーオブフクオカのため臨時休業とさせていただきます

こころにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■OPEN ~ CLOSE
08:30〜17:00 Cafe(Weekday) 
10:00〜17:00 Cafe(Saturday &amp; Sunday)
13:00〜21:00 Cycle Works
■Wednesday is every closing
■AD 151-0051 4-11-8 Sendagaya Shibuya Tokyo
■WebShop https://bonsaicycleworks.com/


.
[PR]
by bonsai-astn | 2018-04-15 12:00 | 盆栽オリジナル商品

癒しライドというライドイベントをやってます

本日の癒しライド。
今日はいつもと事情が違って撮影サイクリング。
新作ジャージがほやほや状態で昨日届いたので宣材として使う写真を癒し仲間に撮影していただこうという意欲的なライドになりました。
撮影ポイントを巡って、ポイントを見つけては撮影、撮影してはポイントに走る、という具合で。
友情出演ならぬ友情撮影ですね、これは。
癒やし仲間にこそお願いしやすいというわけで。
リスペクトがあります。
そしたら、のん気に撮影ごっこをしている間にもう完売してしまったサイズがあるとか、ないとか。
「え?」
SサイズとMサイズはまだ在庫ありますので以下のリンクからよろしくお願いします。

新作ジャージはコチラからご覧ください ☞ https://bonsaicycleworks.com/products/law-racing-jersey-wave

e0154650_18504823.jpg






4月21日(土曜日)〜4月24日(火曜日)はツアーオブフクオカのため臨時休業とさせていただきます

こころにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■OPEN ~ CLOSE
08:30〜17:00 Cafe(Weekday) 
10:00〜17:00 Cafe(Saturday &amp; Sunday)
13:00〜21:00 Cycle Works
■Wednesday is every closing
■AD 151-0051 4-11-8 Sendagaya Shibuya Tokyo
■WebShop https://bonsaicycleworks.com/


.


[PR]
by bonsai-astn | 2018-04-14 09:00 | 盆栽イベント情報

Sour Apple あります

2014年のクリスキングの限定カラーでした。
サワーアップル。
Sour Apple。
青りんごのような爽やかなカラーリング。
盆栽自転車店にはヘッドセットの各サイズで在庫があります。
もしかしたらお探しになられている方もいらっしゃるのでは?と思いましてこの度Web Shopの方に載せてみました。
全国のSour Appleファンのみなさま、ぜひ見つけてください。

通信販売はコチラ 
☞ https://bonsaicycleworks.com/products/chrisking-sour-apple-head-set
e0154650_19060993.jpeg
Inset7は残り2コ。
e0154650_19060980.jpeg
Inset8も残り2コ。
e0154650_19061004.jpeg
ノーマルヘッドセットに関しては、BoldとSotto Voceが各1コづつございます。
限定品なので売り切れ次第終了です。
e0154650_19061054.jpeg
e0154650_19061031.jpeg
そして。
これからフレームをオーダーしようという方にお得な情報です。
当店在庫品のSour Appleのヘッドセットを採用してくださった場合は、ヘッドセット分のお値段はサービスさせていただきます。
Sour Appleの在庫品がなくなり次第このキャンペーンは終了になります。

VYNLのシクロクロスの場合はInset7が必要ですし。
e0154650_19190797.jpg
VYNLのロードバイクの場合は、Inset8が必要です。
e0154650_19190763.jpg
アイエフで標準的なロードバイクをオーダーする場合は、1-1/8サイズのヘッドパーツが必要です。
e0154650_19190751.jpg
この機会に、今まで盆栽自転車店でSour Appleをオーダーしてくださったカスタマーの方がいらっしゃったかを振り返ってみました。
まずはアイエフのシクロクロスをオーダーしてくださいましたカスタマーM氏。
カンチブレーキなのでノーマルサイズのヘッドセットです。
最後のお台場シクロクロスでポディウムをゲットされたのも記憶にあたらしいところ。
e0154650_19185283.jpg
そして、チーム員のてっちゃんさん。
今はもうブランドとして休眠中のCieloにSour Apple。
ディスクブレーキ仕様のシクロクロスフレームなので1.5インチサイズのInset7を装備しています。
e0154650_19350011.jpg
そんなふたりは同じクリスキングのカラーなんですが、フレームに対しては対照的なカラーセレクトなのが特徴的。
Sour Appleに対して同系色のカスタマーM氏。
対して、Sour Appleに対してコントラストがある色のてっちゃんさん。
自転車のオーダーによって色の使い方も様々で面白いところです。
e0154650_19185981.jpg
もはやグリーン系のカラーリングは常に限定カラー扱いになってしまったクリスキング。
Sour Appleも自転車への愛着が増す良い色です。
まだ入手できるうちにゲットよろしくお願いします。













こころにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■OPEN ~ CLOSE
08:30〜17:00 Cafe(Weekday) 
10:00〜17:00 Cafe(Saturday &amp; Sunday)
13:00〜21:00 Cycle Works
■Wednesday is every closing
■AD 151-0051 4-11-8 Sendagaya Shibuya Tokyo
■WebShop https://bonsaicycleworks.com/


.

[PR]
by bonsai-astn | 2018-04-12 12:00 | いつもありがとう

ここにきてチューブレスタイヤはどうでしょうか

突然ですが。
みなさんのロードバイクにお使いのタイヤは何でしょう?
ほとんどの方がクリンチャー?
もはやチューブラーの方は少ないのでは。
そして、もっと少数派なのはチューブレスではないでしょうか。
かつてCampagnoloの完組ホィールで2Way-Fitという設定を生み出してロードバイクのチューブレスタイヤが誕生して一気に広まろうとしたことがありました。
調べると2008年ごろのようですのでロードバイク用のチューブレスタイヤも誕生から10年が経過しようというところなんですね。
当時のロードバイク用のチューブレスタイヤは、まさにタイヤとチューブを合体させたような感じでブ厚く重い。
リムにタイヤをはめる作業もブ厚いタイヤなのでやりにくく。
走りもそれなりにしなやかだけどモッサリもする印象で、結局はそれほど定着しないまま時は流れたという記憶。
そんなロードバイク用のチューブレスタイヤでしたが、さすがに10年も経過するとさすがに進化していました。
タイヤのメーカーもかつてはハッチンソンとIRCだけだったのに。
今ではヴィットリア、シュワルベなどのブランドからもリリース。
MAVICからもホィールとセットで発売されたのは記憶に新しいところ。
チューブレスの方式自体もシーラントを併用するのが前提のチューブレスレディという名前に変えてほぼ生まれ変わったカタチです。
確実に進化を遂げています。
e0154650_19393279.jpeg
その進化はタイヤを手に取った瞬間に分かりました。
まず、え?これチューブレス?ってくらい薄い。
クリンチャータイヤとあまり変わりません。
これをチューブ無しで使っても大丈夫なのか、、、。
特に超軽量モデルでは無いのに明らかに薄い。
これで走れば明らかにしなやかなのは想像がつきます。
重量を量ってみれば。
一目瞭然。
そりゃあ軽いです。
私が普段使いにしていたクリンチャータイヤよりも20gは余裕で軽い。
クリンチャータイヤの場合はさらにチューブが追加されるのでもっと重くなります。
もちろん、チューブレスレディもシーラント併用ですから、シーラントの重量が追加されますけどそれはお好みで30〜40gでしょうか。
これは一般的なチューブの半分以下くらいの重量です。
e0154650_19393226.jpeg
いまやフツーに組んでも軽いロードバイクはあまり軽量化を謳ったパーツは目立たない存在ですが。
車輪の外周部は別でしょう。
軽いほうがいいに決まっています。
もちろん、軽いばかりでパンクしまくるタイヤはイヤよというわけなんですが。
チューブレスレディであればシーラント併用ですから刺さりパンクには強く、チューブが無いのでリム打ちパンクも理論上は無し。
ちょっとセッティングが面倒というかクセがあるのですがそれを乗り越えれば、ロードバイクの走りを進化させるタイヤとしてここまでの存在感を誇るパーツはなかなか無いのでは無いかと思います。
e0154650_19393359.jpg
たかがタイヤ。
されどタイヤ。
ロードバイクのタイヤ。
タイヤは重要です、やっぱり。
ロードバイクの中で唯一路面に触れているパーツなのはタイヤだけ。
空気圧を変えるだけでも走りが変わるタイヤというパーツですから。
タイヤ自体を変えてあげると乗り味はそれは変わります。
ロードバイク用のチューブレスタイヤが登場した頃から言われていたのが、チューブとタイヤの摩擦が無いので走行抵抗が低いということ。

運用面は、圧倒的に便利でカンタンなのはクリンチャーだと思います。
ただしチューブラータイヤよりはロードチューブレスの方が交換やパンク修理などはやりやすいと思いますし、ライド中に万が一複数回パンクしてしまった場合にもチューブレスの場合は予備のチューブを持っていれば対応ができますが、チューブラーはスペアタイヤがなくなった時点でアウトということでロングライドの適正もあるのかなと思います。
e0154650_19393369.jpg
ENVEのクリンチャーリムはモデルチェンジをしている2.2、3.4、7.8がチューブレスレディに対応しています。
今までに納車させていただきましたカスタマーの方にも数名の方にチューブレスレディを装備させていただきました。
それを見ていてわたしもやってみたいなと思ったのです。
2.2を持っているので使わないテはありません。
使ってみたのはお店に在庫してたハッチンソンの旧モデルであるFUSION5 チューブレスレディ。
旧モデルですが10年前のハッチンソンとは明らかに違います。
まるで浦島太郎にでもなったかのような気分を味わうことができました。
サイクリングロードのような綺麗な舗装路での巡航時は快適な路面インフォメーションを提供してくれまして、未舗装路でも乗り心地が良く、とはいえしなやかすぎて腰砕けな印象は皆無。
漕ぎ出しの軽さというのはすぐには感じにくかったけれど、二漕ぎ目、三漕ぎ目というようなサクサクと加速する気持ちの良いフィーリングがありました。
このタイヤは最近「ストーム」と名前を変えてモデルチェンジ。
コンパウンドがさらに良くなっているようなのでそれも試したいところです。
でも次はヴィットリアのタイヤを使ってみようと思います。
なんでも市場にあるタイヤの中でいちばん走行抵抗が少ないんだとか。
個人的には久々のヴィットリア。
評判を見聞きするとヴィットリアはかなり変わっているようなのでそれも楽しみです。
e0154650_19393212.jpg
画像はタイヤに釘を刺しても平気だよ〜というデモンストレーションの様子です。









こころにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■OPEN ~ CLOSE
08:30〜17:00 Cafe(Weekday) 
10:00〜17:00 Cafe(Saturday &amp; Sunday)
13:00〜21:00 Cycle Works
■Wednesday is every closing
■AD 151-0051 4-11-8 Sendagaya Shibuya Tokyo
■WebShop https://bonsaicycleworks.com/


.


[PR]
by bonsai-astn | 2018-04-09 12:00 | 盆栽屋仕事録

盆栽トレーニングライド 怪我からの復活なるか

チャッターバー落車から10日くらいが経過して。
擦過傷はなかなか治ってきました。
今日は寒くてタイツが必要なくらいだったので、日焼けがヤケドみたいになってしまう治ったばかりの赤ちゃんお肌にはちょうどよい気候。
とはいえ手首はまだ痛い。
ハンドルを握ると痛い。
ダンシングの時がまだ痛い。
ということで参謀クリハラに無理を言って今日の練習は短縮ルートにさせてもらいました。
久々に乗る自転車はやっぱりスピード感が気持ちよかったなぁ。
そこにリスペクトがあります。
e0154650_19544584.jpg







こころにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■OPEN ~ CLOSE
08:30〜17:00 Cafe(Weekday) 
10:00〜17:00 Cafe(Saturday &amp; Sunday)
13:00〜21:00 Cycle Works
■Wednesday is every closing
■AD 151-0051 4-11-8 Sendagaya Shibuya Tokyo
■WebShop https://bonsaicycleworks.com/


.



[PR]
by bonsai-astn | 2018-04-08 12:00 | TEAM BONSAI 活動記録

BONSAI x ENVE カスタマーオガッチョ氏の場合

BONSAIxENVEを納品させていただきました。

カスタマーオガッチョ氏のENVEはMTBリムのM50 Fifty。
すでにモデルチェンジ済みのMTBリム。
旧モデルであるM50の最後の最後の出物をゲットしていただきました。
本来はMTBのクロスカントリー用のモデルですが、29erサイズはシクロクロスにもいけますよね、ということで採用。
チューブレスレディ専用のリムですのでタイヤも自ずとチューブレスレディに。
そこにリスペクトがある。
e0154650_16353042.jpeg
■リム:ENVE M50 Fifty 29er
■ハブ:ChrisKing R45 Disc Matte Jet
■スポーク:SAPIM CX-RAY Black

□組み方:フロント=クロス リア=クロス
□デカール:3段階グレー
e0154650_16353055.jpeg
デカールはオマカセということで。
地味めか派手めか、どちらがお好み?かを伺うと地味めということに。
ですのでグレー。
単なるグレーもツマラナイのでグレーの3段階のグラデーションでやらせていただきました。
e0154650_16353018.jpeg
さて、このホィールを装備するバイクはAppleman。
フルオーダーのフルカーボンバイク。
これはシクロクロスかな??
オールロード的に遊ばれているようです。
e0154650_16353006.jpg
九州にお住いのオガッチョ氏。
阿蘇の雄大な大自然の中でシェイクダウンしてくださいました。
嬉しい感想もいただいてます!

始めの一踏み目が軽くてとにかく驚きました。
これからオンロードもオフロードもガツガツ乗りたいと思います!
e0154650_16352969.jpg
Photo by @e_climber
e0154650_16584565.jpg










こころにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■OPEN ~ CLOSE
08:30〜17:00 Cafe(Weekday) 
10:00〜17:00 Cafe(Saturday &amp; Sunday)
13:00〜21:00 Cycle Works
■Wednesday is every closing
■AD 151-0051 4-11-8 Sendagaya Shibuya Tokyo
■WebShop https://bonsaicycleworks.com/


.


[PR]
by bonsai-astn | 2018-04-05 12:00 | BONSAI x ENVE

盆栽新着情報 4・2

意外と探していているヒトも多い?
SRAMのレバーフードをWeb Shopに載せました。
全国津々浦々のSRAMユーザーでそろそろレバーのゴムを換えたいけれど、どこにも売ってないなぁという方。
盆栽自転車店にありますよ。

https://bonsaicycleworks.com/products/sram-lever-hoods
e0154650_13183893.jpeg
現行モデルの機械式はもちろんのこと。
e0154650_13183851.jpeg
eTAPもあります。
e0154650_13183870.jpeg
もちろん、油圧の機械式のレバー用も。
e0154650_13183924.jpeg
さらには旧型のレバーまで網羅しています。
e0154650_13183971.jpeg
特にピンクは絶版になっていますので在庫限りです。
e0154650_13183979.jpeg
人気のENVEのホィールバッグも再入荷してきました。
ホィール2本が丸々入るホィールバッグ。
ショルダーストラップもついて便利です。
大切なホィールの運搬はもちろん、保管にもどうぞ。

https://bonsaicycleworks.com/products/enve-wheel-bag
e0154650_13184844.jpg








こころにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■OPEN ~ CLOSE
08:30〜17:00 Cafe(Weekday) 
10:00〜17:00 Cafe(Saturday &amp; Sunday)
13:00〜21:00 Cycle Works
■Wednesday is every closing
■AD 151-0051 4-11-8 Sendagaya Shibuya Tokyo
■WebShop https://bonsaicycleworks.com/


.
[PR]
by bonsai-astn | 2018-04-02 12:00 | 盆栽新着商品情報

盆栽トレーニングライド チーム練とは

お恥ずかしいお話で恐縮ではありますが。
休日の水曜日に単独落車してしまいまして負傷。
ロードバイクで練習はおろか、それに乗ることすら怪しくなってしまった盆栽屋。
この乗りやすい時期に落車してしまうとは!なんとももったいないハナシですが、もちろんチーム練には参加できそうにはありません。
すぐさま参謀クリハラにモールス信号を打ちました。
ツツツー。
もうツーカーでございます。
アトハマカセタヨロシクタノム
そこにリスペクトがある。
e0154650_18474850.jpg
e0154650_18474879.jpg
今日はカスタマーK氏が参加してくださったようですが、全行程をトラブルなく走破。
私が居らずとも日常のようにチーム練習ができる環境こそチーム。
普遍的価値。
平凡なる非凡。
怪我してしまったからこそ気がつくことがありますね。
そこにリスペクトがあります。
e0154650_18474847.jpg









こころにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■OPEN ~ CLOSE
08:30〜17:00 Cafe(Weekday) 
10:00〜17:00 Cafe(Saturday &amp; Sunday)
13:00〜21:00 Cycle Works
■Wednesday is every closing
■AD 151-0051 4-11-8 Sendagaya Shibuya Tokyo
■WebShop https://bonsaicycleworks.com/


.
[PR]
by bonsai-astn | 2018-04-01 12:00 | TEAM BONSAI 活動記録