<   2018年 03月 ( 14 )   > この月の画像一覧

ROTOR ALDHUクランクを組み付けました

カスタマーT氏からのオーバーホール作業のご依頼をいただきました。
いつもで定期的にオーバーホール作業をご依頼くださってましたT氏ですが。
今回のご依頼はひと味違ってクランク交換も、、、。
そうです。
ROTORのALDHU。
ROTORの放つ新製品。
そこにリスペクトがある。
e0154650_16134388.jpg
e0154650_16092856.jpeg
クランク交換を含め、オーバーホール作業を無事に終えたT氏のTIME ZXRS。
ツヤ消しブラックのALDHU。
クランクは自転車の中新部分に配置されるので何かと目立つもの。
ALDHUは何と言っても軽量。
さらに組み付けてみてわかるその変速性能。
楕円リングの中では圧倒的と思えるほどスパスパ変わります。
まぁ、それは作業台の上だったので実際に乗ってみるとどうなんだろうと思ってはいましたが、、、。
e0154650_16092894.jpeg
e0154650_16092860.jpeg
早速、T氏にお乗りいただいてます。
こんな嬉しいコメントもいただきました。

オーバーホールありがとうございました。定期的なメンテナンスによって本来の性能が引き出されることが、今回のオーバーホールでも実感出来ました。
後、Rotorの新しいクランクとても良いです。
変速性能は楕円率が高まっているにも関わらず、圧倒的に向上しています。
良い買い物となりました!

やはり、実際にお乗りいただいても体感できるほどの変速性能の違い。
T氏は今までは通常のQ-Ringをお使いになっていました。
e0154650_16093725.jpg
そんな変速性能に優れるダイレクトマウントのチェーンリングが付いたパワーメーターも発表されました。
2 InPowerで出ます。
170mmはもうじき入荷予定なんだそうで、ご予約お待ちしてます!
ノーマルのALDHUのクランクも現在品薄です。
確実に入手していただく場合はご予約いただく方が良いと思いますのでよろしくお願いいたします。

e0154650_16093745.jpg
e0154650_16093766.jpg






☆☆ MAAP DAY 開催中です ☆☆

2018SSのニューコレクションが一同に揃っています。
ご試着も可能です。
まさに最新のMAAPを体感できる展示会。
期間中に15,ooo円分のご注文をしてくださった方にはドリンク1杯サービスさせていただきます。
MAP DAYは4月5日まで。
e0154650_15502352.jpg











こころにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■OPEN ~ CLOSE
08:30〜17:00 Cafe(Weekday) 
10:00〜17:00 Cafe(Saturday &amp; Sunday)
13:00〜21:00 Cycle Works
■Wednesday is every closing
■AD 151-0051 4-11-8 Sendagaya Shibuya Tokyo
■WebShop https://bonsaicycleworks.com/


.




by bonsai-astn | 2018-03-29 12:00 | 盆栽屋仕事録

在庫ヘルメットのその後

先日来から売り出し中のKASKのヘルメット。
在庫品の5個。
恐ろしいことに1個も買い手が現れず。
e0154650_16041423.jpg
え、
1個も売れない。
どなたも買ってくださらないの、、、。
このまま凍えてしまう、、、マッチ売りの盆栽状態。
e0154650_15502081.jpg
こうなったら次なる手段。
1個も売れてないということで軌道修正もやりやすいわけです。
というわけで。
お値引きします。
在庫ヘルメットに限り 29800円(税抜)でいかがでしょうか。
もちろんカスタムご希望の方はカスタムチャージもサービスさせていただきます。
スペヒャルサーヴィスはそのままです。
e0154650_16041462.jpg
通信販売のページにも載せました。
全国津々浦々に散らばるリスペクト。
盆栽ファンのみなさまからのご注文をお待ちしてます。
https://bonsaicycleworks.com/?post_type=product&p=1442&preview=true

カスタムロゴをご希望の際はメッセージ欄にご希望の色のご記入をお忘れなく。
e0154650_15503115.jpg


☆☆ MAAP DAY 開催中です ☆☆

2018SSのニューコレクションが一同に揃っています。
ご試着も可能です。
まさに最新のMAAPを体感できる展示会。
期間中に15,ooo円分のご注文をしてくださった方にはドリンク1杯サービスさせていただきます。
MAP DAYは4月5日まで。
e0154650_15502352.jpg









こころにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■OPEN ~ CLOSE
08:30〜17:00 Cafe(Weekday) 
10:00〜17:00 Cafe(Saturday &amp; Sunday)
13:00〜21:00 Cycle Works
■Wednesday is every closing
■AD 151-0051 4-11-8 Sendagaya Shibuya Tokyo
■WebShop https://bonsaicycleworks.com/


.

by bonsai-astn | 2018-03-26 12:00 | 盆栽新着商品情報

盆栽トレーニングライド 風を見て平坦に繰り出す男

花粉症なのに山岳練。
まるでスギ花粉のアジトに突撃をかましてるみたいでィヤになっちゃいますが。
それでもヤマがミーを呼んでいる、的な。
これをしないと自転車上の強化はありえないのではないでしょうか、ナンテ。
そんな基本に立ち返ろうよというのが実は今年のテーマだったりする。
それは3か月遅れの今年度のテーマになったりもする。
そこにリスペクトがある。
e0154650_14561816.jpg
さて。
はじめのソコソコの峠を越えて少し下った分岐地点で待っていると、最後尾にいるはずのシャンルーがなかなか来ない。
10分は経過したでしょうか。
まさか、、、、。
イヤな予感がありつつ、下ってきた峠を登り返すと居ました。
とりあえずひと安心。
パンクしていたようです。
日本の林道になかなか馴染めていないのか、シャンルー。
なんとなくカレのパンクしては修理している姿を何度となく撮影しているような、、、、デジャヴ?
e0154650_14561978.jpg
修理したはずのタイヤはまたシューシューしまして。
わたしの緊張感もまた気が抜けて。
これはいけないことですけれど、繊細んわたしのやる気はちょっとやそっとですぐ折れる。
厳しい登りに行っても集団に悲劇的な崩壊をもたらすだけだろうと判断しまして、林道の奥まで入らずに低い山をこなして休憩をとることにしました。
するとやっぱり何かもの足りない。
失ったはずだったやる氣がふつふつと煮えたぎっているのに気がついた盆栽屋。
以前よく通っていたルートで帰ることに。
このルートは南風をモロ受けのために季節を選ばなければいけないわけですが、その季節を選んでいるうちに何かとラクなルートを探して見つけてそればかりを選んでしまっていたのも事実。
そんな懐かしい平坦ルートを帰ってきました。
距離も長めになったので良い練習になったかな。
e0154650_14561928.jpg











こころにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■OPEN ~ CLOSE
08:30〜17:00 Cafe(Weekday) 
10:00〜17:00 Cafe(Saturday &amp; Sunday)
13:00〜21:00 Cycle Works
■Wednesday is every closing
■AD 151-0051 4-11-8 Sendagaya Shibuya Tokyo
■WebShop https://bonsaicycleworks.com/


.




by bonsai-astn | 2018-03-25 08:00 | TEAM BONSAI 活動記録

癒しライドというライドイベントをやってます

冬眠から目を覚ました「癒しライド」。
前回は東京エンデューロの会場に行くというイレギュラーな目的がありましたが。
今回からは通常営業。
原点回帰を目論みます。
つまり癒しは癒しでも癒しの底なしの究極系にチャレンジ。
極み癒しとでも申しましょうか。
そこには新しい未知との出会い。
新しい土地の出会い。
ほとんど23区内で済ませてしまうことが多い癒しライドの範囲ではありますが。
まだまだ知らないところがいっぱいあるぜということで、今日は北東方向へライドオン。
そこにリスペクトがある。
e0154650_14300470.jpg
リーバーサイドでは少年サッカーを眺めて前夜の日本代表選に思いを馳せます。
ハリルがどうした、ホンダがどうだ、とか。
天気がポカポカ陽気の時はこういうストップするタイミングがあってもいいかもしれません。
これは新たなる癒しを発見してしまいました。
次回はヤクルトの二軍球場観戦でしょうか。
e0154650_14300709.jpg
肝心のパン屋さんは。
名物の「ちくわパン」を求めて行ってきました。
癒しライドでは忘れてはならない昭和のお店です。
コチラは昭和と言いましてもネオクラシックの部類。
懐かしさの中に都会の風がありますた。
パン類のお持ち帰りはもちろん。
e0154650_14301000.jpeg
そうです。
当店のオリジナルサコッシュができましたから。
癒し仲間の皆さんは必携の品物ですよね。
そこにリスペクトがあります。
e0154650_20103501.jpg
先日、ご近所でENNEスポーツマッサージ治療院を営まれてます中野さんがご来店してくださった時も、当店のサコッシュを手にとっていただき「本物!!」の称号をいただきました。
中野さんと言えば、世界のトップチームのマッサージ師としてご活躍されてるハードコアー。
サコッシュといえば今やアパレルブランドからおしゃれポーチも販売されている世の中ではありますが、世界広しといえどもサコッシュを仕事道具に使っていたという人は自転車プロチームのマッサージ師かそれを受け取るプロ選手のみ。
そんな中野さんなだけにサコッシュという話のタネでここまで会話になるのか!?というくらい楽しいお話をしてくださいました。
まさにリスペクトがあります。
e0154650_18163347.jpg
さて、
そんな「本物!!」の盆栽自転車店のオリジナルサコッシュ。
ロードバイクに乗っていても前に下がってこないように
胸の前でヒモを結んであげるのが荷物をうまく背負うコツです。
e0154650_14301382.jpg
こんな感じで背中にフィット。
ロードレーサーの前傾姿勢でも前に落ちてこないようにしっかりとヒモを結ぶと良いでしょう。
e0154650_14301485.jpg
都心は一部のサクラが満開状態。
まだまだ蕾のサクラもおおかったので場所によっては来週〜再来週もサクラが楽しめそうですね。
e0154650_14301693.jpg











こころにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■OPEN ~ CLOSE
08:30〜17:00 Cafe(Weekday) 
10:00〜17:00 Cafe(Saturday &amp; Sunday)
13:00〜21:00 Cycle Works
■Wednesday is every closing
■AD 151-0051 4-11-8 Sendagaya Shibuya Tokyo
■WebShop https://bonsaicycleworks.com/


.

by bonsai-astn | 2018-03-24 09:00 | 盆栽イベント情報

MAAP DAY 開催します!

今年もやります。
MAAP DAY。
2018 SS。
最新のコレクションをご試着してお選び頂けます。
e0154650_18263871.jpg
普段は在庫していないレディースサイズもレディースモデルもバッチリ。
サイズも色も実物をご確認していただけます。
e0154650_18263700.jpg
MAAP DAYは4月5日まで。
この貴重な機会を逃さないようにお願いします。

会期中に15,ooo円以上のご注文をしてくださった方にはカフェのドリンクを一杯サービスさせていただきます。
e0154650_20063548.jpg
今シーズン。
特にオススメなジャージがコチラ。
M-Flag Ultra Light Jerseyです。
e0154650_20014451.jpg
極薄メッシュ生地が見るからに涼しそう…。
ネイビーのカラーリングも涼しげな雰囲気を演出してくれますから、これは「良いモノ」です。
盆栽自転車店のオリジナルウェアーで人気があったSeersuckerシリーズ。
かなり人気でファッションサイクリストたちの夏の定番ウェアーだったわけですが、残念ながら新たに作ることができなくなってしましました。
そのSeersucker Jerseyの進化版(?)と言っても良いこのジャージ。
オススメです。
季節が逆のオーストラリアでは真夏に販売されて即完売したこのジャージ。
それから再生産を経て日本の夏にも間に合いました。
新たにBlack & Blueのカラーも追加されています。
完売してしまわないうちにお早めにどうぞ。
e0154650_20014456.jpg






こころにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■OPEN ~ CLOSE
08:30〜17:00 Cafe(Weekday) 
10:00〜17:00 Cafe(Saturday &amp; Sunday)
13:00〜21:00 Cycle Works
■Wednesday is every closing
■AD 151-0051 4-11-8 Sendagaya Shibuya Tokyo
■WebShop https://bonsaicycleworks.com/


.



by bonsai-astn | 2018-03-22 12:00 | いつもありがとう

パープルキャップとサコッシュ出来ました

盆栽自転車店オリジナルキャップもついに11代目が出来ました。
今回のカラーはシクロクロスのスキンスーツに使用しましたパープルが好評でしたのでキャップにしてみました。
e0154650_20161684.jpg
紫と言っても色々あって。
赤味が強い色から青味が強い色、さらにはラベンダーのように薄くなったりと本当に色々あるなぁと、この紫色をサッカーのレアルマドリードを見ててなんとなくコレ!と選んでみてそう思います。
この紫は青味が強い紫。
ちょっと和風っぽくもありますし、とても気に入っています。
e0154650_20404398.jpg
キャップの方はと言いますと。
もはや定番と言っても良いでしょう。
ストライプデザイン。
過去には、ブラック、ベージュ、スカイブルー、ピンクがありました。
まさに盆栽ストライプ。

e0154650_20102406.jpg
ツバの裏はホットピンクです。
e0154650_20102756.jpg
サイドにはシャークアタックのロゴが!

特集記事
サイクルキャップは永遠のアイテムなのか 
☞ http://astnastn.exblog.jp/18080452/
e0154650_20103027.jpg
お値段 3,ooo円

限定数量200個です。
通信販売ご希望の方はこちらからどうぞ。
☞ https://bonsaicycleworks.com/products/shark-attack-wave-cap
e0154650_20103220.jpg
そして、今回は初めてのこころみ!!
サコッシュの登場です。
e0154650_20103501.jpg
ロードレースシーンでプロのレーサーたちが補給時に使う機能的バッグであるサコッシュ。
では、一般サイクリストにとってはどういうモノなのか?というと。
携帯に便利なバッグだと言えるでしょう。
バックポケットに一つ忍ばせておけば、お買い物をした帰りにそのモノを簡単に持ち帰ることができます。
最近ではファスナーが付いたり、生地が地厚になったり、ヒモが調整できるようになっていたりするサコッシュが登場してきてオフバイク時にも何かともてはやされているサコッシュですが。
盆栽自転車店のオリジナルのサコッシュは極めてシンプルなロードレーサー仕様の簡素極まるサコッシュです。
もちろんイタリア製。


e0154650_20103711.jpg
どちらがウラでオモテというわけではないんですが。
両面でデザインが違うようになっています。
e0154650_20103950.jpg
お値段 2,6oo円

コチラも限定数量200個です。
通信販売ご希望の方はこちらからどうぞ。
☞ https://bonsaicycleworks.com/products/bonsai-musette










こころにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■OPEN ~ CLOSE
08:30〜17:00 Cafe(Weekday) 
10:00〜17:00 Cafe(Saturday &amp; Sunday)
13:00〜21:00 Cycle Works
■Wednesday is every closing
■AD 151-0051 4-11-8 Sendagaya Shibuya Tokyo
■WebShop https://bonsaicycleworks.com/


.


by bonsai-astn | 2018-03-15 12:00 | 盆栽オリジナル商品

シクロクロスマッスィーンの17-18シーズン

このあいだの日曜日で今クロスシーズンの全日程が終了。
個人的には土浦でシーズン終了。
今シーズンは全14戦にエントリー、出走。
全国津々浦々をクロスバイクで行脚したと言ってしまっても過言ではないシーズンだった。
なにせ北海道シクロクロスと、湘南シクロクロス以外のシリーズ戦以外はすべて出場してるというのだから。
まさに旅。
別にスタンプラリーとかそういう目的ではないんですけどね、結果的にそうなってしまいました。

それではシーズンを振り返ってみましょう。
e0154650_20061962.jpg
Photo by 岡元さん
初戦は9月。
茨城CX城里。
シクロクロスのレースを走るには熱過ぎた一日。
同行の方のレースが早朝だったので、レース会場から遠く離れてツーリングしに行く余裕を見せるものの、春からの乗り込みが足りなさ過ぎることを実感していたため付け焼き刃的な走行距離稼ぎをしたというのが偽らざる事実。
もちろん、レースも撃沈。
っていうか、コースが厳しい、まったく楽しめないコース。
しかもスタート前からスローパンクの疑惑があり、やっぱりパンク終了というオマケ付き。
とはいえ40分くらい走ったでしょうか。
交換の車輪を持っていってなかったくらい気持ちが緩んでいたレースだったと言えるでしょう。

1.9/24 茨城CX #1城里町ステージ C1,22/25位 リタイア
e0154650_20062266.jpg
Photo by KeiTsuji
2週間後のレースは第ニ戦。
茨城CX小貝川。
これは毎年出てる楽しいコース。
平坦路メインでパワーコースという定評がUCI基準により、さらにパワーコースに変身していました。
ここ走れなかったらロードレーサーとして微妙でしょ、、、なんて思いつつも、練習しなさ過ぎで当たり前のようにリザルトは良くならず。
80%ルールで早々に降ろされてレース終了。

2.10/9 茨城CX #2小貝川ステージ UCI,65/86位 75%
e0154650_20062537.jpg
翌週は広島で。
中央森林公園はロードレーサー的にも西日本実業団などで馴染みある場所。
もちろんシクロクロスではロードレースで使われるようなアスファルト路面は少ししか使用しません。
J-CXというランキングに影響するレースであるにもかかわらず広島まではなかなか強豪は来ないというのがポイントで、同じJ-CXの小貝川よりもポイントが多く望めるうえに、66%の残留ラインも同時に獲得できる可能性が高いのではないかという狙い、というか期待。
天気が悪くて寒過ぎのアメの中を走って、このレースからシーズン入りしたてっちゃんさんや後藤のこーちゃん、マスケンさんなどにも負けずにそこそこ悪くない印象でしたけど、走っている順位を勘違いしてしまって66%ラインのつもりがそうではなく、追い込みミス。
結局弱いっていうことなんですけど。
今回は泊まりでレース遠征したのでその後の広島観光を楽しむことができたのは良かったです。

3.10/15 中国CX #1中央森林公園 C1,25/35 71%
e0154650_20062927.jpg
広島観光から2週間後は山形へ。
これもJ-CX。
まだまだポイントへの執着を見せてみました。
でも、ローラーを持っていけない最低限度荷物の新幹線輪行ではアメの寒いレースは厳しかったか。
そもそも泥のキャンバーを走るスキルがまったく無い。
ほぼ最下位付近で降ろされてしまいます。
レースをする以前にコースを走れなさ過ぎというコースとの相性に影響されやすい盆栽屋がしばしば陥るサイアクパターンのレースに。

4.10/29 東北CX #1さがえラウンド UCI,59/63 93%
e0154650_20063314.jpg
雨の山形から1週間後。
もう雨は勘弁してくれ…。
そう祈っていたら、祈りが通じたのか雨は降らなかったけれど、長く続いた秋雨が染み込んだ地面がドロドロになって水が抜けていないカ所も数多くあるという例年とは違った味わいのコースに。
もちろん苦手。
先頭とのスキル差がありすぎて今シーズン最速で降ろされる結果に…。

5.11/4 スターライトクロス幕張 UCI,77/87 88%
e0154650_20063760.jpg
ドロドロの幕張から一週間。
そろそろ残留切符獲得に向けた遠征の季節がやってきました。
というわけで少人数レースを狙って富山まで。
そしたら人数が少なさ過ぎてエントリーは2人。
当日会場にたどり着けば出走は1人という…。
優勝できたけど、残留はできないというあまりありがたくない展開に。
まぁ、シクロクロスはこういうこともあるよ。
ということで貴重なC1優勝体験ができたレースになりました。

6.11/12 富山CX #1朝日町ステージ C1,1/1 100% FullLap
e0154650_21033245.jpg
Photo by Kikuzo Photo
富山CXでの優勝から翌週はJ-CXマキノ。
しかし、エントリーワスレという痛恨のミスを犯してしまいレースには出られず。
でも、チームメートのてっちゃんさんとMAAPのGarryとFionaのレースサポートのために会場には行ってきました。
ここでGarryがパンクしまくってピットが大忙しだったわけですが、それなりに感謝されてGarryはあれだけトラブルしてたのに2位。
メカニック冥利を感じる一日に。
e0154650_20064049.jpg
マキノから野辺山。
泊まりの遠征が続きます。
その気になれば2日連日でレースを走る事ができる野辺山。
けれども、自信の無さかニヒリズムか、、、2日走ってもなぁ、、ということで2日目にエントリー。
1日目はGarryとFionaのメカニックをしてました。
好きなコースなんだけど初めて走ったとき以外は全部撃沈というコース。
もちろん鍛え方が足りないということなんでしょうけれど。
もしかしたら高地にカラダが順応していないのかも!とか思ったりして。
そうこう考えていたら、なるほど走れるヒントを思いつきました。
来年も1日だけのエントリーになる可能性は高いですけど違う走りができるようにしたいです。

7.11/26 Rapha Super Cross Nobeyama Day2 UCI,94/105 89%
e0154650_20064334.jpg
野辺山が終わると残留への危険信号もパッパッと点灯してくると言う事で。
レースカレンダーを血眼になって残留への適正を選りすぐってレースをセレクトする月曜日。
適正が合うってことは、つまり脚質も合っていてレースも楽しめる傾向にあるということなんですけど。
そういうわけで、エントリー締め切りが優しい翌週の信州クロス上山田に急遽エントリー。
川沿いの平坦コース、しかもアスファルト多め。
試走からRaphaの矢野さんの薫陶を受けて、レースではどこまでついていけるかと思っていたものの、はじまると2周目でお別れ。
でも、それなりに走れて残留切符も1枚ゲットできたレースに。
信州上田地方を走るということで真田幸村リスペクトの赤揃えのキットにしたのが良かったのではないかと本気で思っています。

8.12/3 信州クロス #7上山田 C1,6/14 42% FullLap 残留1枚目
e0154650_20065571.jpg
Photo by Gotoさん
毎週のようにレースやサポートでの遠征に出ていた10月後半から11月。
さすがに土日休みまくりはよくないだろうということで調整にはいっていたら、他のレースでは自分と同じような位置を走っていた面々が次々と残留を決めている。
それを見て、あぁ、きっと自分も残留できるはずだろうとロクに練習をすることもなく思ってしまう盆栽屋。
我ながらなんというのんびり屋さん思考でしょうか。
イメージって怖いですね。
年が明けてニューヘルメットのヴァンキッシュを投入!
のんびり思考で臨んだシクロクロス千葉は撃沈もいいところ。
スタートで4位の位置までジャンプするものの、砂浜ランニングでゴボウ抜きの連続を味わうことになりました。
残留切符を獲れるつもりで出てるのに、やっぱり砂のランニングが弱点でなにも言えねーという感じで終わりです。
砂浜の適正があるのは高知だけというのがわかっただけでも良かったと言えるのかもしれません。
まだマイアミとWNPを走ったことがありませんけれど。

9.1/7 シクロクロス千葉 #1 C1,35/35 100%
e0154650_20065985.jpg
Photo by コルピー
惨敗の千葉からはじまった後半の6周連続レース。
あいかわらず練習は満足にできていないものの、どこか大丈夫だろうという妙な自信があったのも事実。
その自信を確信に変えるためにも行くべき土地だった堺。
前評判から盆栽屋はイケるコースと関西の方によくよく聞いていたこの堺。
シクロクロス界隈にリスペクトが轟く関西シクロクロスに初めて出場するならばコレ!
マキノはエントリーミスったし!
しかし、行ってみたら試走の段階で股関節を痛め、痛いなかを我慢しながら走っていたらパンクでヂエンド。
カスタマーT氏からの手厚いサポート、関西カスタマーのみなさん、さらに多くの知り合いのみなさんに囲まれて、まるで関東で走るよりもホームコースのような感覚を得たのは新鮮でした。

10.1/14 関西シクロクロス #8堺 C1,60/60 リタイア
e0154650_20070369.jpg
Photo by Toshiki Sato
堺の翌週は愛知に。
愛知と言ってもコッチよりなので岐阜よりの開催よりは比較的に行きやすいか。
ミーのカーを持っておらず、場合によってはヒコーキや新幹線遠征を駆使する盆栽屋にとって、ドライブ時間の長い東海シクロクロスは近いようで遠かった。
でも、行った。
残留するために。
行ってみたら聞いていたのと違ってた。
コースが聞いていたよりも3倍はハゲしい。
でも合ってることもあった。
それは泥が無い!
野辺山の反省から2日開催の場合は1日目と決めた自分ルールに倣って、J-CXではない1日目にエントリー。
ちょっとした贅沢でレンタカーを外車にして快適なドライブを楽しみつつ、オシャレ気分で会場入り、東海も知り合いがおかげさまで多く、アンディ氏に手厚いサポートをしてもらい、応援もたくさんしてもらって、コースと自分の相性の良さを感じながらも順位は思うような位置にならず惜しいかな〜と思ったらそうでもなくハッキリ残留できていない順位でゴール。
マジか。
千葉、堺、愛知牧場のいずれかで2枚の残留切符を獲って残留をキメる予定が台無しに。
マジでヤバイ状況になりました。

11.1/20 東海シクロクロス #6愛知牧場 C1,24/29 82% FullLap
e0154650_20070710.jpg
Photo by 高知シクロクロス実行委員会
見込みが甘かったのか。
残留をキメてしまって高知ではその疲れた心身を癒す旅をおくるつもりだった。
けれど現実は違うよ、ボンバイエ。
ここでも走らなければいけない。
高知はキズを癒す場所のはずなのに。
ここでも闘わなければならない。
富山の辛酸を味わいたくないのでエントリーしている知り合いにはレースに来てくれるのか、まるでタモリのように「来て〜くれるかなっ?」って確認したりしてモンモンとした不安な夜を過ごした1週間。
ヘルメットもゲンを担いでSYNTHEに戻す。
もはや何者かに取り憑かれたように準備をする盆栽屋。
レースのほうはまさかの運と仲間の情に助けられ、しかし、情け容赦ないてっちゃんさんには最後まで追いたてられるかたちでゴール。
まさかの優勝というカタチで1発残留。
やばい最高。
高知最高。
もう知ってる。
そこにリスペクトあるの。
知ってる。

12.1/27 シクロクロス四国 #1高知 C1,1/6 16% FullLap 1発残留!!

e0154650_20071140.jpg
Photo by Yukigumo先生
高知の優勝で緊張の糸が切れたと言いますか。
膨らんだ風船がしぼんだようになってしまったのは事実。
でもチームメートはまだ残留をキメてない、シクロクロスはロードレースとは違うもののアシストできることがあるはずだ!
ということで行ってきました前橋。
まずは前橋はコースが面白い!
レースはスタートで飛び出すものの、すぐにタレ。
でもスタートが得意というのが自分で認識できた好レースだったように思う。
てっちゃんさんへのレース中のアシストが出来たかどうかは不明だけれど。
残留キメられたし、よかったね。

13.2/4 前橋シクロクロス #2 C1,23/30 76% FullLap
e0154650_20071567.jpg
Photo by 岡元さん
中国から日本に一時出張で来日しているシャンルーになったヤマノハをサポートするべく出場した土浦。
もちろん、自分としても良いシーズンの締めくくりができればなぁと思っていたのですけど、やっぱり修練の足りなさが露呈します。
あとは、コースへの理解とラインを読むテクニックでしょうか。
カンタンなように見えるコースでも走り方によって成績が前後するという。
それを痛感させられた良いレースでした。

14.2/25 茨城シクロクロス #4 C1,20/28 71%
e0154650_21392831.jpg
今シーズンが終わっての感想としましては。
今シーズンも昨シーズンと同じようなシーズンを送ってしまったということです。
C1に残留するために走っているというのがシーズン後半まで続いて、走りたくて走っているレースなのに、何故かやらされていると言いますか、こころから楽しめてないというか。
残留するためにレースに出ている。
生き残ることも生きていることの証明ではあるわけですが生き生きとした感じが不足気味。
まぁ、
残留するための走りとか、そういうギリギリの感覚も振り返ってみればひとつの達成感があったりして楽しいと言えば楽しいわけですが、もうシクロクロスのC1に上がって3シーズンが経過、もうちょっと違った楽しみ方がしたいなぁという感覚があります。
そのためには実業団のロードレースに出ていた頃のように日々のフィジカル的な積み重ねはもちろんのこと、シクロクロスに特化したトレーニングを積まなくてはと思います。
幸運なことにシクロクロスの諸兄先輩方から教えていただける機会に恵まれてきましたし、海外のプロのレーサーのみなさんから教わる機会もありました。
そういったノウハウを自分のなかで記憶として留めるだけではなく、ちゃんとレース結果に活かしてこそ自分がシクロクロスレーサーとして3皮くらい剥けるのではないかと思います。
来シーズンはユニフォームの色が変更する予定はありませんが、中身はまったく違った盆栽屋でお会いできることをここにお約束します。
また来シーズンみなさんにお会いできることを楽しみにしています。










3月31日(土曜日)までフレームオーダーキャンペーンを開催中

こころにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■OPEN ~ CLOSE
08:30〜17:00 Cafe(Weekday) 
10:00〜17:00 Cafe(Saturday &amp; Sunday)
13:00〜21:00 Cycle Works
■Wednesday is every closing
■AD 151-0051 4-11-8 Sendagaya Shibuya Tokyo
■WebShop https://bonsaicycleworks.com/


.

by bonsai-astn | 2018-03-13 12:00 | TEAM BONSAI レース編

盆栽トレーニングライド 久々の峠を越える男

今日で正真正銘シクロクロスシーズンも終わり。
わたしも来シーズンのために気持ちを切り替えてトレーニングしていこうと思った。
だから行き先を変えた。
気候的には最高な今。
ロングを走るのにちょうど良い季節。
この季節にロングを走らない盆栽屋は無し。
ということで行ってきました246から宮ヶ瀬湖〜牧馬峠〜大垂水峠という峠を3本も走る意欲的なルート。
もちろん、ロードレーサーで。
そこにリスペクトがある。
246はやはり都心を抜ける道路としては最高だと改めて感心し。
土山峠はカスタマーY氏の全牽きでペースを作っていただいて湖周りも休むことなく最後の坂まで追い込むことに成功。
牧馬峠は前半の激坂区間は流して後半追い込んで、さらにピクニックランドまでも追い込むことに成功。
大垂水峠はカスタマーY氏のペースで付かせてもらうものの、工事区間で我慢できずに筋肉悶絶登りを経験。
こんなに脚が重い相模湖側は久々では、、、。
おかげでかなり追い込むことに成功。
来週はさらに仕上がった走りができることでしょう。
e0154650_18172903.jpg

★盆栽人ニュース★

シクロクロス最終戦。
泣いても笑ってもシーズン最後のレース。
単騎参戦のシャンルー。
思いをぶつけました。
e0154650_18173321.jpg
e0154650_18173530.jpg
e0154650_18173790.jpg
リザルトは、66%以内の残留切符を獲得。
しかし、それは3枚必要ですから2枚しか獲得できていないシャンルーは来シーズンにはC3に自動降格。
来シーズンはC2に復帰するのはもちろんの事、C1に昇格できるように自分を鍛え直す良い機会になったと思います。
わたしも今日から乳酸溜めまくりました。
乳酸溜めまくるくらい一緒に練習しないといけませんね。
e0154650_18173954.jpg
そんななか朗報も!
カスタマーK氏が見事にC4クラスで優勝!!
来シーズンから念願のC3ですね。
ますますシクロクロスが面白くなってくるのではないでしょうか。
オーガナイザーの影山さんお写真ありがとうございました!
e0154650_18212605.jpg









こころにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■OPEN ~ CLOSE
08:30〜17:00 Cafe(Weekday) 
10:00〜17:00 Cafe(Saturday &amp; Sunday)
13:00〜21:00 Cycle Works
■Wednesday is every closing
■AD 151-0051 4-11-8 Sendagaya Shibuya Tokyo
■WebShop https://bonsaicycleworks.com/


.
by bonsai-astn | 2018-03-11 08:00 | TEAM BONSAI 活動記録

癒しライド 復活!!

1か月のブランクを経て帰ってきました。
癒しライド。
厳冬期にゆっくり走るのは寒いですからね〜。
そしたら、土曜日は寒の戻りでさみーっての。
ちょっと春の装いで外に出ちゃいましたよ。
やっぱりネックウォーマーがあるとないとでは違いますね。
さて、今回の癒しライドが向かった先は東京エンデューロというイベント。
ナツキがカフェ出店してるので視察ライドです。
今日からカスタマーI氏も復活。
久々に行ってみると意外と遠かった彩湖まで向かいます。
東京エンデューロの場合は秋ヶ瀬橋よりも笹目橋から向かった方がアクセス良さそうですね。
ちょっと余計に走ってしまいましたけど、おかげで北側のサイクリングロードも走れたので良しとしましょう。
案外、北側はサイクリストに知られていないぶん穴場と言えるかもしれませんね。
次回の癒しライドからは当店のオリジナルサコッシュで癒しライドができるとか、できないとか。
盆栽自転車店はじめてのオリジンルサコッシュは来週入荷予定です。
e0154650_18005951.jpg
e0154650_18010213.jpg
e0154650_18010421.jpg










こころにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■OPEN ~ CLOSE
08:30〜17:00 Cafe(Weekday) 
10:00〜17:00 Cafe(Saturday &amp; Sunday)
13:00〜21:00 Cycle Works
■Wednesday is every closing
■AD 151-0051 4-11-8 Sendagaya Shibuya Tokyo
■WebShop https://bonsaicycleworks.com/


.


by bonsai-astn | 2018-03-10 09:00 | 盆栽イベント情報

盆栽新着情報 3・8

春の陽気が心地よかったここ数日でしたが、今日は寒の戻りが厳しく寒い東京地方。
皆様いかがお過ごしでしょうか。
暖かくなるとシューズカバーをしなくてよくなりますし、せっかくカッコ良いシューズですから、軽快に履いていきたいところです。
盆栽自転車店にはそんな軽快でカッコいいGIROシューズが揃っています。
e0154650_15274895.jpeg
ロードシューズでの盆栽屋のオススメはなんといっても、Empire SLX。
今季は渋目のカラーリングが追加になりました。
メタリックチャコール。
まるで宇宙空間を思わせてくれるかのようなスペーシーな漆黒のメタリックが特徴。
地味目な中にも個性があって。
ファッションサイクリストの皆さんにもきっと気に入っていただける一足だと思います。

e0154650_15275148.jpeg
e0154650_15275323.jpg
そして、今シーズンから登場のニット製のシューズも在庫しています。
ソールが通常のEmpireよりもグレードダウンしているEC70ソールなので、レースでの使用というよりは、ロングライドやブルベなどで活きるのではないかと思います。
ニットの雰囲気的にもそんな味わいがありますね。
レーサーウェアーだけではなく、普段着にも合わせやすいのも特徴の一つかもしれません。
e0154650_15275622.jpeg
先日から入荷してますGrindulo限定シューズ。
41サイズは早々に完売してしまいましたが。
まだ40、42、43、44サイズは在庫がございます。

e0154650_15275890.jpg
このパープルカラー。
限定な訳ですが。
限定にしちゃうのが勿体無いくらい良い色です。
NIKEのACGなんかで見かけたようなトレッキング系の発色が良いけどツヤ消しでアースカラーという感じの絶妙なカラーリング。
こちらもサイクルジャージに合わせても、普段履きにしてもサマにんる色味してます。
e0154650_15325061.jpg
我がチーム員のシャンルーが早くもレースに投入してくれてますが、使い心地も上々のようです。
EC70ソールなので、EC90ソールのEmpire VR90よりもシクロクロスの降車時のランニングに良いのだとか。
自転車にも乗るけれど、自転車から降りて散策したり、駅の中を歩いたりすることも多い輪行サイクリストの方にもオススメの一足です。
e0154650_15280277.jpg
さて、今週末の土曜日は東京エンデューロにカフェ出店します。
春色の抹茶ブラウニーも焼上がりました!
天気予報も心配された雨も上がって晴れのようです!
店舗でのカフェ営業はお休みですが、東京エンデューロが開催されています荒川沿いの彩湖に出店してますので、お近くをサイクリングされる方は是非ご利用よろしくお願いします。
e0154650_15280704.jpeg










3月10日(土曜日)は東京エンデューロに出店のためカフェ営業はお休みです
自転車営業は通常通り営業いたします


3月31日(土曜日)までフレームオーダーキャンペーンを開催中

こころにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■OPEN ~ CLOSE
08:30〜17:00 Cafe(Weekday) 
10:00〜17:00 Cafe(Saturday &amp; Sunday)
13:00〜21:00 Cycle Works
■Wednesday is every closing
■AD 151-0051 4-11-8 Sendagaya Shibuya Tokyo
■WebShop https://bonsaicycleworks.com/


.
by bonsai-astn | 2018-03-08 12:00 | 盆栽新着商品情報