<   2017年 11月 ( 14 )   > この月の画像一覧

BONSAI x ENVE カスタマーY氏の場合

BONSAIxENVEを納品させていただきました。

カスタマーY氏のENVEはSMAERT SYSTEM 3.4のクリンチャー。
いちばん人気の3.4。
新しい設計になって品薄のコチラ。
Y氏のこの車輪も他のパーツから遅れること数ヶ月。
とりあえず他の車輪でお乗りいただいていたのですが、こうしてようやく完成しました。
e0154650_14281631.jpg
■リム:ENVE SES3.4 クリンチャー
■ハブ:ChrisKing R45 Pink
■スポーク:DT AERO-LITE Black

□組み方:フロント=ラジアル リア=左右クロス
□デカール:シルバーオンクリアマゼンダ
e0154650_14280995.jpg
ハブのカラーは絶版のPink。
デカールはオマカセスペヒャルのメタリックピンクに。
このカラーは2枚のデカールを重ねる事により実現した、まさにスペヒャルカラーになっています。
e0154650_14281330.jpg
ということで、無事に納車。
自転車の本体から遅れること数ヶ月を経過してしまいましたが。
こうして付きました。
フレームのキャンディー塗装を意識して揃えたこのデカール。
なかなかの一体感を醸し出しているのではないかと思います。
e0154650_14280321.jpg
e0154650_14275909.jpg
さっそくお後頂いてます。
実は、前モデルの3.4もお持ちのY氏。
新旧の3.4を両方同時体験できる人すらそんなに居ないかなに、両方お持ちということでその違いってなんでしょう?とうかがってみると、

新しい3.4のほうが断然イイ!!です!!
良くなってます!
なんだかとっても良く廻ります
とくにわたしの苦手な平坦路でスイスイ走ってくれて買って良かった〜って思いました〜

という感じで、嬉しいインプレッションをいただきました。
e0154650_18273764.jpg

さて。
いつもは在庫の無い店の盆栽自転車店。
現在、奇跡的に3.4のクリンチャーリムが1セットあります。
まぁ、これだけ品薄で人気モデルとなれば在庫しない盆栽屋は無しというものです。
というわけで、1名様限りでお待たせせずに組み付けることができる状態です。
お早めにどうぞ。
e0154650_14332042.jpg





12月3日(日)はシクロクロスレース参加のため自転車店は臨時休業とさせていただきます
カフェは通常通り営業いたします


こころろにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■OPEN ~ CLOSE
08:30〜17:00 Cafe(Weekday) 
10:00〜17:00 Cafe(Saturday &amp; Sunday)
13:00〜21:00 Cycle Works
■Wednesday is every closing
■AD 151-0051 4-11-8 Sendagaya Shibuya Tokyo
■WebShop https://bonsaicycleworks.com/


.




by bonsai-astn | 2017-11-30 12:00 | BONSAI x ENVE

Rapha Super Cross Nobeyama に参戦する男

今年も野辺山シクロクロスに行ってきました。
もはや日本最大のシクロクロスレースイベントと言っても過言ではなく。
観戦だけという観客の方も珍しくなく、またそういったみなさんのためにブース出店が多いのも特徴のひとつです。
盆栽自転車店もカフェ出店させていただきまして多くのみなさんにご利用いただき無事に完売御礼させていただきました。
ありがとうございます。
e0154650_15355178.jpg
八ヶ岳の大自然が美しく、ときに過酷な野辺山シクロクロス。
今年は両日ともに晴天で、名物の「泥」によるダメージもほどほどに。
けれど、まとわりつく粘土質の泥が自転車に影響してRDを壊していた方もしばしば見受けられました。
e0154650_15353484.png
2日にわたるこのレースイベント。
個人的にあまり得意ではないこのレース。
なので、1日目はピットクルーとしてサポートにまわりました。
癒し仲間のモト氏にも協力していただいて、SVxMAAPのFionaとGarryにはそれなりのサポートができたのではないかと思います。
e0154650_15360401.jpg
マキノのようにピット交換や機材不調に悩まされることがなかった今回の野辺山でしたけど、選手の緊張感を同時に味わえるのもピットクルーの仕事の魅力のひとつ。
間近で応援と観戦もできますし、なによりも選手のために何ができるかどうか考えて行動することでレースに貢献できたと思えるとうれしい気持ちになれます。
e0154650_15354362.jpg
さて、2日目は自分のレース。
前日に普段用のサングラスをなくし、当日にズボンを破き、もってきたスペア車輪はパンクしているという。
なにか気の流れが悪い、自分の不注意が全てなんだけれど、不吉な予感満載ななかでスタートした100人超のレース。
しばらくは数珠つなぎのようにレーサーの行列になるかと思ったらもう実力差がクッキリ。
あっという間に置いて行かれてキツイ、キツ過ぎる状況に。
苦手と言うのは簡単で、苦手とわかっているならなにか改善するための準備や努力をしなさいよ、ということになるけれど。
それが自分で理解できる範囲で不足なものだから走りも自然とついていきません。
e0154650_15353565.png
もっと自信をつけて来年に臨みたい。
コーステープの中の住人としてレースに参戦できているだけでも誇らしいことなのかもしれませんが。
やはりやるならもっとがんばりたいと思います。
例年そう思ってこれなのでまったく実現性に乏しいわけですが。
今年もやはりそう思いました。
もっとがんばりたいなぁ、、、。
e0154650_15360939.jpg
1.9/24 茨城CX #1城里町ステージ C1,22/25位 リタイア
2.10/9 茨城CX #2小貝川ステージ UCI,65/86位 75%
3.10/15 中国CX #1中央森林公園 C1,25/35 71%
4.10/29 東北CX #1さがえラウンド UCI,59/63 93%
5.11/4 スターライトクロス幕張 UCI,77/87 88%
6.11/12 富山CX #1朝日町ステージ C1,1/1 100% フルラップ
7.11/26 Rapha Super Cross Nobeyama Day2 UCI,94/105 89%
e0154650_15355970.jpg
2日目はGarryが表彰台をゲット。
月曜日の夜にはオーストラリアに帰国して、2週間後にはオーストラリアナショナルチームのメンバーとしてベルギーに行くそうです。
日本でも野辺山の2週間後には全日本選手権が開催されて、シーズンも一区切り。
中盤を過ぎました。
でも、クロスシーズンはまだまだ続きます。










12月3日(日)はシクロクロスレース参加のため自転車店は臨時休業とさせていただきます
カフェは通常通り営業いたします


こころろにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■OPEN ~ CLOSE
08:30〜17:00 Cafe(Weekday) 
10:00〜17:00 Cafe(Saturday &amp; Sunday)
13:00〜21:00 Cycle Works
■Wednesday is every closing
■AD 151-0051 4-11-8 Sendagaya Shibuya Tokyo
■WebShop https://bonsaicycleworks.com/


.

by bonsai-astn | 2017-11-26 14:45 | TEAM BONSAI レース編

レース後とレース前

マキノのレース後。
FionaとGarryの自転車を積んでお店に戻った盆栽屋。
現地で洗車はしたけれど、まだ完璧にキレイとは言えないレースで使った自転車。
メンテナンスの基本とは掃除というわけでキレイにしました。
e0154650_17062607.jpg
ふたりの自転車はSPEEDVAGENのスペヒャルなシクロクロスバイク。
昨年のフィットツアーで盛況だったおかげでしょうか、国内自転車シーンにおいてSPEEDVAGENの自転車もけっして珍しくない存在になりましたけれど、シクロクロスのSPEEDVAGENはまだまだ珍しい、というか生産本数の割合的に世界的に珍しいのではないでしょうか。
そんなSPEEDVAGENのシクロクロスの最新も出るであるDiscシクロクロスを乗っているFionaとGarry。
FionaはシマノのDi2、GarryはSRAMのCX-1で組まれています。
フロントはスルーアクスルだけど、リアはクイック式ということでこのへんもメーカーの意向が反映されている仕様です。
BBはオーバーサイズなんですね〜。
e0154650_17062793.jpg
Garryの自転車は車輪込みで8kgをきっており、スチール製のシクロクロスバイクとしては非常に軽量。
e0154650_17063554.jpg
e0154650_17062775.jpg
組み付けもなかなか個性的でした。
シフトアウターが劇的に短い!
実用可動域しか考えていないセッティングになっています。
e0154650_17063568.jpg
Garryのリアディレイラーはプーリーが純正ではないものにカスタムされていました。
あ、こんなのあるんだ、ということではじめて知りましたけど。
調べてみるとこのパーツはいろいろあるんですね。
SRAMとしてはすでにMTBのコンポーネントとして実績のあるフロントシングルのこの機構。
だからでしょうか、MTB兼用としてこのパーツがサードパーティーからたくさん出ているようです。
わたしの自転車は純正の樹脂製プーリーのままですが、とある雨のハゲしいレースでプーリーとチェーンの関係に異常があったのかプーリーがズル剥けになってしまったことがありまして樹脂よりは削れにくいであろう金属製のプーリーに変えるというのはアリだとおもいました。
GarryのこれはCeramic Speedかな?
だとしたら異様な金額になっちゃいます、チタンプーリーでお値段54,ooo円也。
まぁ、自分の自転車もすでにいじるところが無くなってますからこれを買って付けてみよっかなー。
e0154650_17063596.jpg
さて、翌日はふたりと東京をぶらっとライドしてきました。
お揃いのウェアーがシューズからヘルメットまで揃っており、キマっていてカッコいいです。
やはりチームきっとはいいですね。
そんな気持ちの良い朝。
Fionaはこの夏にMAAP Field Tripにてユタ州でもいっしょに走りましたけど、高速のローテーションにも加わってくるような脚力と走り方のうまさがある女性なんです。

e0154650_17064759.jpg
e0154650_17065119.jpg
ライド後はカフェで一服。
オーストラリアの自転車シーンや、シクロクロスのトレーニングについていろいろとお話が聞けておもしろかったです。
e0154650_17064736.jpg
e0154650_17065142.jpg
そういうわけで、今週末いよいよ野辺山シクロクロスです。
会場ではカフェ出店もさせていただきますのでよろしくおねがいいたします。









11月25-26日(土日)は野辺山シクロクロス参加のため臨時休業とさせていただきます
会場にてカフェ出店しますのでご来場のみなさまはぜひともご利用ください


こころろにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■OPEN ~ CLOSE
08:30〜17:00 Cafe(Weekday) 
10:00〜17:00 Cafe(Saturday &amp; Sunday)
13:00〜21:00 Cycle Works
■Wednesday is every closing
■AD 151-0051 4-11-8 Sendagaya Shibuya Tokyo
■WebShop https://bonsaicycleworks.com/


.

by bonsai-astn | 2017-11-23 12:00 | 盆栽屋的自転車研究所

BONSAI x ENVE カスタマーK氏の場合

BONSAIxENVEを納品させていただきました。

カスタマーK氏のENVEはSMAERT SYSTEM 3.4のクリンチャー。
いちばん人気の3.4。
新しい設計になって品薄のコチラ。
K氏も漏れ無くお待たせをしてしまっていたわけですが、ちょうど納品希望の前に入荷のラッキームードに。
仙台にお住まいのK氏ですが、東京にご出張の折に納品させていただきました。
そこにリスペクトがある。
e0154650_20070931.jpg
■リム:ENVE SES3.4 クリンチャー
■ハブ:ChrisKing R45 Pewter
■スポーク:SAPIM CX-RAY Black

□組み方:フロント=ラジアル リア=左右クロス
□デカール:ホワイト&クリアマゼンダ
e0154650_20070632.jpg
ハブのカラーはもはや絶版のPewter。
最後の1セットを確保していただきましたK氏。
リムのデカールは盆栽屋のオマカセ仕様ということで。
とはいえ、あまり変わった仕様にしてもこのシンプルなデザインには調和しないということで、かなりシンプルにホワイトを選択してSESのロゴだけ特徴のあるピンクで仕上げさせていただきました。
e0154650_20071483.jpg
合わせるのはホワイト基調のアイエフのフレームです。
職業デザイナーでいらっしゃるK氏。
シンプルに見えるホワイトのフレームのなかにも随所に個性が散りばめられています。
そこにBONSAI x ENVEが加わったということで見事に完成に至ったK氏のアイエフ。
ご満悦のK氏は、千駄ヶ谷駅から輪行のご予定だったのですが、乗りたい欲求を抑える事ができず東京駅まで自走で走って帰っていかれました。
楽しいホィールがそこにはある。
まさにリスペクト。
e0154650_20072023.jpg
e0154650_20072376.jpg
e0154650_20072743.jpg
e0154650_20070076.jpg
さっそくお乗りいただいてます。
キレイな写真付きでホィールをふくめたインプレッションを送ってきてくださいました。
e0154650_14404601.jpg
週末実走しまして、bonsai×enve体験しました。
乗り心地最高に良かったです。
特に35kmを超えたあたりからの高速域で、いつもなら
出にくいスピードが楽に出る上にスピードも落ちにくく、
乗り心地も最高でした。
全く別なバイクに乗っているかのようでした。

このルックスでこの性能となると。。
すっかりENVE信者になってしまいそうです(汗

私のバイク計画の最後、ヨシダさんにbonsai×enveを
付けて頂くことができて本当に良かったです。
これからの自転車ライフがさらに楽しみになりました。

いや〜ありがたいですね。
ENVEリムが持つ高い性能と。
BONSAI x ENVEの持つ自転車との高い親和性が上手く出たと思います!
e0154650_14404647.jpg









11月25-26日(土日)は野辺山シクロクロス参加のため臨時休業とさせていただきます
会場にてカフェ出店しますのでご来場のみなさまはぜひともご利用ください


こころろにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■OPEN ~ CLOSE
08:30〜17:00 Cafe(Weekday) 
10:00〜17:00 Cafe(Saturday &amp; Sunday)
13:00〜21:00 Cycle Works
■Wednesday is every closing
■AD 151-0051 4-11-8 Sendagaya Shibuya Tokyo
■WebShop https://bonsaicycleworks.com/


.


by bonsai-astn | 2017-11-20 12:00 | BONSAI x ENVE

関西CXマキノにサポート参加する男

行くぞ行くぞ。
いつかは行きタイ。
そのいつはいつ?
っていうことで社交辞令になりかけてた誰かとのヤクソク。
そんな感じの放置プレイだった関西シクロクロス参戦がようやく実現の芽を見たとき。
わたしはエントリー遅れという実にマヌケな理由で参戦できず。
こ、、これが関西シクロクロス峠なのか、、、、いやいや、オノレがマヌケなだけなのじゃ。
とはいえ、行くことは決まっていました。
なぜならMAAPのライダーがオーストラリアから来るって言うんですから、少々のお世話はしないわけにはいきません。
参戦できないっていうんですから、こりゃもう完全サポートフルコースですね?っていうハナシにもなります。
そこにリスペクトがある。
e0154650_21443636.jpg
そういうわけで女子エリートのレースからサポ開始。
フィオーナのレース前アップをテントで見守り。
なぁるほど!アップってこんな感じでするのか!
そこからわたしのスタートライン。
指定空気圧を聞きまして、タイヤをセット。
案外高いのね、って驚かされたけど、海外からおみえですから、まぁそういうカルチャーショックもあるのかもしれませんよ。
e0154650_21443619.jpg
スタートも悪天候でしたから傘をさして待って見守ります。
ガッツリサポート。
そして、スタートしたら今井選手がズバ抜けて先頭へ。
するどい走りだ、これはイイ!
いつも爽やかな今井選手。
応援している選手がトップを独走してくれるとうれしいもんですねぇ〜。
フィオーナも4-5番手をキープ。
なんとなくサポートは必要そうでもなく、普通の観戦者気分でスマホで撮影してたりしてました。
e0154650_21443636.jpg
そしたら、今井選手がなんか遅れ出す。
あれ?
っと思ってたら、今井選手の異変に察知した中里選手がバイクを用意。
さっそくわたしも助太刀に参加しまして今井選手のバイクを受け取る係をやりました。
このパンクのダメージが大きかったのか大差を埋められてしまって今井選手は2位でゴール。
フィオーナは終始安定した走りを見せてくれまして4位でした。
惜しくもポディウムを逃したものの、野辺山ではもっとイイリザルト出してくれるんじゃないかなぁ。
e0154650_21443554.jpg
さて、こんどは男子エリートのレースです。
Garryは野辺山でも勝ってるだけに、もちろんこのレースでも勝ちを狙っている(ハズ)。
だから、こっちの緊張度もちょっとクルものがありまして。
でもリラックスムードでローラーを廻すGarry。
そのとなりでローラーの位置が落ち着かないと、まさに落ち着かないラッキーモー。
すでにこのへんに差を感じてしまったのはわたしだけでしょうか。
八ヶ岳CC、SVfamily Racingの面々で総勢6名が一斉にアップしているのは壮観ですね。
クロスのタイヤでローラーしてる、あの独特の音もいい感じ。
スタートではレースを終えたフィオーナがギャリーについてくれたのでわたしはひと足先にピットに向かおうとすると、フィオーナが今回のピット作戦を打ち明けてくれます。
え、マジ?基本的にバイク交換しないで見守っているつもりだったわたしはここでチョット焦りました。
そしたらスタート。
e0154650_21443590.jpg
ホールショットをとってグイグイ先頭で走るギャリーは野獣のようだ。
眼の前を過ぎて奥に走って行ったと思ったら、あ、数名に抜かれている、よく見たら手を挙げてるぞ。
というわけでバイク交換のタイミングが早くもやってきます。
八ヶ岳CCのハタヲさんと連携して難なくパス。
後輪がべこべこにパンクしてました。
ピットでホィール交換。
そのあいだギャリーはフィオーナのバイクで走っていますから、もちろん受け取ったギャリー専用のバイクが良いに決まってますから、次の機会ですぐにバイクを交換。
ちょっとひと息つけるかなと思ったら、こんどは前輪がパンク。
また交換。
そしてホィール変えて。
って都合よく前後輪で良かったなと思いました。
もうホィールのスペアがありませんでしたからね。
その間にもSVFamily Racingの中里選手がパンク。
バイク交換のお手伝い。
メカ調整なんかしたりして、エリート男子のときはまったくのんびりできず、写真撮影すらできないあいだに終了。
サポート対象であるギャリーと中里選手に気を取られ過ぎて、ラッキーモーの行方をあまり終えなかったのですが、走っている位置は悪くなかったはず、残留したかな?と思ったけどギリダメだったようです。
e0154650_21443496.jpg
お台場では2年間ピットクルーさせてもらってますけど、バイク交換ってあまり機会がありませんでした。
今回は何度も交換したり、選手が周回しているあいだに車輪も変えたり、自転車直したりいろいろ大変なんだけど、その面白さというのが感じられて良かったです。
たまにはピットクルーも良いなぁなんて思いました。
来週はいよいよ野辺山です。











11月25-26日(土日)は野辺山シクロクロス参加のため臨時休業とさせていただきます
会場にてカフェ出店しますのでご来場のみなさまはぜひともご利用ください


こころろにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■OPEN ~ CLOSE
08:30〜17:00 Cafe(Weekday) 
10:00〜17:00 Cafe(Saturday &amp; Sunday)
13:00〜21:00 Cycle Works
■Wednesday is every closing
■AD 151-0051 4-11-8 Sendagaya Shibuya Tokyo
■WebShop https://bonsaicycleworks.com/


.

by bonsai-astn | 2017-11-19 12:00 | TEAM BONSAI レース編

BONSAI Winter Hat 誕生

もー寒いです。
今週末は12月下旬並とか言われてますよ、天気予報。
そんなタイミングで出ました。
BONSAI Winter Hat。
e0154650_20424726.jpg
イタリア製。
8,2oo円(税抜)
ツバにはナント!刺繍でロゴ入りです。
防風生地にニット付き。
あたたかいです。
ライドのときでも。
オフバイクのときも活躍してくれるでしょう。
普通のサイクルキャップのように前後逆に被ってもいい感じになるんですよねぇ。
e0154650_20424639.jpg
限定50個。
お早めにどうぞ。
e0154650_20424582.jpg










11月18-19日(土日)はシクロクロスレース参戦のため臨時休業とさせていただきます
カフェは通常通り営業させていただきます

こころろにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■OPEN ~ CLOSE
08:30〜17:00 Cafe(Weekday) 
10:00〜17:00 Cafe(Saturday &amp; Sunday)
13:00〜21:00 Cycle Works
■Wednesday is every closing
■AD 151-0051 4-11-8 Sendagaya Shibuya Tokyo
■WebShop https://bonsaicycleworks.com/


.

by bonsai-astn | 2017-11-16 12:00 | 盆栽オリジナル商品

BONSAI x ENVE カスタマーN氏の場合

BONSAIxENVEを納品させていただきました。

カスタマーN氏のENVEはSMAERT SYSTEM 2.2のクリンチャー。
リムハイトが低く軽量で扱いやすい、最もベーシックな性能を持ったリムであるSES2.2。
いまやチューブレスレディのタイヤにも対応して、あらゆるタイヤから選ぶ事ができるのも魅力的。
関西方面のお住まいのN氏から通信販売ということでオーダーいただきました。
そこにリスペクトがある。
e0154650_20551058.jpg
■リム:ENVE SES2.2 クリンチャー
■ハブ:ChrisKing R45 Pewter
■スポーク:SAPIM CX-RAY Black

□組み方:フロント=ラジアル リア=左右クロス
□デカール:ミラーシルバー&ネイビー
e0154650_20551169.jpg
デカール部分は盆栽屋のオマカセ仕様のご依頼をいただきました。
ありがとうございます。
合わせる自転車を見てピンときたのはミラーシルバー。
ロゴの部分はネイビーにさせていただきました。
ミラーシルバーは一見派手なデカールなように見えて、実はおとなしめ。
ミラーですので鏡のように景色を吸収してしまいあまり目立たないという効果があります。
e0154650_20551011.jpg
そして、合わせる自転車はコチラ。
IFのTi Factory Lightweightだ!!
チタンの無塗装のカラーリングにポリッシュとそのままでコントラストをつけた「通」なデザイン。
e0154650_20552087.jpg
さっそくお乗りいただけました。

まだわずかしか乗れてないのですが、道路の突き上げがソフトになり、良く進み、上る様になったと思います。
ホイールのマークを含めたシルバーのグラデーションが綺麗なため
か、あちこちでお褒めの言葉を頂くようになりました。これから乗り込んで楽しませて頂きます。

BONSAIxENVEで楽しいライドをしていただけてうれしいです!
ありがとうございます!
e0154650_20552123.jpg









11月18-19日(土日)はシクロクロスレース参戦のため臨時休業とさせていただきます
カフェは通常通り営業させていただきます

こころろにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■OPEN ~ CLOSE
08:30〜17:00 Cafe(Weekday) 
10:00〜17:00 Cafe(Saturday &amp; Sunday)
13:00〜21:00 Cycle Works
■Wednesday is every closing
■AD 151-0051 4-11-8 Sendagaya Shibuya Tokyo
■WebShop https://bonsaicycleworks.com/


.



by bonsai-astn | 2017-11-13 12:00 | BONSAI x ENVE

富山シクロクロス第1戦朝日町ステージに出る男

シクロクロスをしに富山まで。
かつてはシリーズ戦として存在していた富山シクロクロス。
このたび数年振りに復活ということで行ってみました。
クルマで行くと遠い日本海側の富山ですけれど、すべての交通機関を駆使した遠征が盆栽チーム流ということで新幹線でビューンと行ってきました。
同日には東海シクロクロス、富山から比較的近所でJCX飯山が開催されていたせいで参加者が少ないだろうと読んだ盆栽屋。
チームメートのラッキーモーをはじめ強豪たちはJCXに自ずと出場するということでチームは分かれて活動です。
これはJCX飯山参戦中のラッキーモー。
前日の雨でドロドロになったコースにかなり苦戦をしいられたのではないでしょうか。
キツそう、、、。
e0154650_21292952.jpg
強豪たちが列挙するJCXを避けた富山は残留の線が見えやすいかと思った盆栽屋。
そしたらエントリーリストを見ると2人参加。
これでヤケに緊張したわけなんですが。
スタートラインに並ぶとサイのツノのようにただ独りのC1。
少ないのでC2とCM1のみなさんと混走になりました。
同時スタートです。
e0154650_20423683.jpg
こんなことがあるのも小規模な大会ならではと言えます。
残念なことに勝負することもなく残留切符を得る事はできなかったのですが、普段はいっしょにレースすることができない楽しい面々とレースができるというだけでもお楽しみ要素があったように思います。
C2は40分で終了。
後半はヤマノハの走りを見守って、彼の残留切符獲得を見届けたのでした。
e0154650_20424019.jpg
そして、残りの3周回はサイのツノのようにただ独り。
観客のみなさんもしきりに応援してくださいますし、例えるならマラソンの最後のランナー状態でしょうか。
勝負の結果もわかっているけれど、気が抜けません。
レースは自分との闘いと言われる事もありますが。
今回はまさにそうだったと言えるでしょう。
独りで黙々とラインをトレースして、コースの攻略方法を練って、最後のラップほど調子良く走る事が出来ました。
スタート前に、ある方からは「今日は練習だね」と言われたのですが、まさに練習では出来ないレースのなかでスキルアップを図れたのではないかと思います。
e0154650_20422665.jpg
1.9/24 茨城CX #1城里町ステージ C1,22/25位 リタイア
2.10/9 茨城CX #2小貝川ステージ UCI,65/86位 75%
3.10/15 中国CX #1中央森林公園 C1,25/35 71%
4.10/29 東北CX #1さがえラウンド UCI,59/63 93%
5.11/4 スターライトクロス幕張 UCI,77/87 88%
6.11/12 富山CX #1朝日町ステージ C1,1/1 100% フルラップ
e0154650_20423114.jpg
そういうわけでわたしのキャリアにシクロクロスでのC1カテゴリーでの優勝が加わりました。
とはいえ、未だ残留切符が1枚も無し。
頑張らないといけません。








11月18-19日(土日)はシクロクロスレース参戦のため臨時休業とさせていただきます
カフェは通常通り営業させていただきます

こころろにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■OPEN ~ CLOSE
08:30〜17:00 Cafe(Weekday) 
10:00〜17:00 Cafe(Saturday &amp; Sunday)
13:00〜21:00 Cycle Works
■Wednesday is every closing
■AD 151-0051 4-11-8 Sendagaya Shibuya Tokyo
■WebShop https://bonsaicycleworks.com/


.



by bonsai-astn | 2017-11-12 11:00 | TEAM BONSAI レース編

MADison 2.4 Jersey

MADison 2.4 Jerseyができました。

コチラはMADison 2 Jerseyの色違いになります。
MADison 3 Jerseyのアイスグレーを基調にして、ピンクとブルーのグラデーション。
MADisonシリーズではかつてないほど華やかなデザインになっています。
e0154650_16284025.jpg
現在、長袖のメンズSMLサイズを在庫しています。
ほかにも半袖からフリースの長袖にシクロクロス用のワンピースまで特別注文にてご注文承ります。
初回の締め切りは11月20日まで。
納期は1か月程度かかります。
e0154650_16283904.jpg
e0154650_16284081.jpg
バックポケットの右側にはファスナー付きのポケットがありクルマのキーなどを収納するのに丁度良いということでなかなかご好評をいただいてます。
e0154650_16284099.jpg












11月12日(日)はシクロクロスレース参戦のため臨時休業とさせていただきます
カフェは通常通り営業させていただきます


こころろにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■OPEN ~ CLOSE
08:30〜17:00 Cafe(Weekday) 
10:00〜17:00 Cafe(Saturday &amp; Sunday)
13:00〜21:00 Cycle Works
■Wednesday is every closing
■AD 151-0051 4-11-8 Sendagaya Shibuya Tokyo
■WebShop https://bonsaicycleworks.com/


.

by bonsai-astn | 2017-11-10 12:00 | 盆栽オリジナル商品

もしも…Independent Fabricationに乗るなら、カスタマーO氏の場合

もしも…。
IF。
Independent Fabrication。
自分の自転車にするのであるならば。
さて。
どうしようか。
カスタマーO氏のアイエフはロード。
スチールのクラウンジュエル。
自転車人生ではじめてのスチール。
そこにリスペクトがある。
e0154650_21461584.png
そういうわけで、O氏のアイエフ計画が盆栽自転車店のテーブル上にあがったとき。
まずは色の相談になりました。
すでに10年来のお付き合いをさせていただいてますカスタマーO氏。
わたしのご提案としましては、ここでグリーンはどうでしょう?という感じでO氏としては意表を突かれたのではないかと思います。
O氏はいままでモノトーンな自転車にしかお乗りではなかったからです。
e0154650_21461965.jpg
とはいえ、アイエフのコーポレートカラー的にはまさしくグリーン。
自転車業界ではとにかく不人気色のグリーンですが、アイエフという自転車をリスペクトしていただいて、それを存分に楽しもうというならこの色以外には無いでしょう。
O氏としてもいままでのカーボンから、スチールにお乗り換えになるということで素材的に画期的な変化になります。
だからこそ、スチールの細身のフレームだからこそ映える色ということでこのグリーンを提案させていただきました。
ダウンチューブロゴはデカロゴ仕様でシンプルななかにも個性を。
フレームの色が強烈なだけにほかをシンプルにまとめましょうということで、ChrisKngのカラーもSilverに。
e0154650_21472808.jpg
3か月弱でフレームが届きました。
じゃーん。
おお、いい色です。
なんで今まで誰もオーダーする方が居なかったのでしょう?
それくらいにいい色をしています。
e0154650_21293088.jpg
組みつけの際はご覧になられたいということで、ご本人の前で組み付け作業をさせていただきました。
終始順調だった組み付け作業だったのですが、1か所だけフレーム都合で苦戦するカ所があって焦りましたね〜。
まぁそういうこともあります。
さいきんはあまりご希望いただいてませんでしたが、組み付け作業に関してなんら隠すことはしてませんので自転車をオーダーの際にご希望とあればお申し付けください。
e0154650_21455762.jpg
出来上がった自転車はまさに異彩を放っています。
とってもクリーンでプレーンな印象。
スチールの真っすぐなフレームと、eTAP仕様のスッキリ感が効いているのでしょうか。
最小減のロゴの配置とバランス。
これ以上もこれ以下も無い完成度で出来上がりました。
適切なステム長に、コラムスペーサーの少なさも以前までのお乗り頂いてました自転車とは変わっているところです。
これがまさにオーダーフレーム。
e0154650_21460180.jpg
■フレーム

Independent Fabrication Crown Jewel

■スペック

レバー:SRAM Red eTAP
Fメカ : SRAM Red eTAP
Rメカ:SRAM Red eTAP
クランク:ROTOR InPower
ブレーキ : SRAM Red
BB : Chris King

ヘッドパーツ:Chris King
ハンドル:3T ErgoSam Stealth
バーテープ:Fizik
シートピラー:ENVE
サドル:Fizik Ariante
ペダル : Speedplay ZERO

ホイール:BONSAI x ENVE
リム : ENVE SMART SYSTEM 3.4
ハブ : ChrisKing R45
スポーク : SAPIM CX-RAY
タイヤ:Hutchinson Fusion5 TubelessReady
e0154650_21460549.jpg
さっそくお乗り頂いてます。

今回はSES 3.4がチューブレスレディに対応しているということで、O氏にはチューブレスにも初体験していただいたのですが、しなやかで上々とのこと。
なにより安定感と路面をしっかりと追従するかのような前に進む感覚がクセになるということです。
せっかくこの自転車に乗って外に出たいのに、この秋の長雨に阻まれてしまい悲しい思いをされているそうで。
それくらいに楽しい自転車ということなんですね!
まさにリスペクトがあります。
e0154650_21460897.jpg











11月12日(日)はシクロクロスレース参戦のため臨時休業とさせていただきます
カフェは通常通り営業させていただきます


こころろにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■OPEN ~ CLOSE
08:30〜17:00 Cafe(Weekday) 
10:00〜17:00 Cafe(Saturday &amp; Sunday)
13:00〜21:00 Cycle Works
■Wednesday is every closing
■AD 151-0051 4-11-8 Sendagaya Shibuya Tokyo
■WebShop https://bonsaicycleworks.com/


.


by bonsai-astn | 2017-11-07 12:00 | Indyfab