カテゴリ:TEAM BONSAI 活動記録( 306 )

サイの角のようにただ独り走る男

集合地点に向かってみると、おっと誰もいない。
強制参加ではないし、そもそも忙しいヒトが多い盆栽屋CC。
こういったこともしばしばで、集合場所に独りポツンとなるとモチベーションもダウンして帰ってしまうことが少なくなかった盆栽屋。
しかし、そんなだから自転車も弱くなっちゃったのよ、ということで今日は独りでも走るぞボンバイエ。
練習だ練習。

そこにリスペクトがある。

サイの角のようにただ独り走る男_e0154650_18154439.jpg


今シーズンの冬から新たに構築したルート。
都心を抜けてしまえば、信号が極端に少なくなる魔法のルート。
そもそも信号があってもすべてにタイミング悪くひっかかるわけではないので少ない信号を確実にパスできればさらに快走ルートになる。
ドがつくほどの平坦だけど。
ずっと止まらないのでけっこうキツい。
途中に石畳や酷道、グラベルに小さなサイクリングロードなどなど。
道の変化がとにかくハゲしく。
飽きさせない。
単なるサイクリングロードやまっすぐの道を走るだけの平坦走とはまるで違う世界。
さらに、ルートの走り方もメインでバチっと決まっているものの、工夫次第でちょっとショートカットや信号を回避できる道があったり、そういうところの芸術点も高く、個人的に気に入っているルート。


サイの角のようにただ独り走る男_e0154650_18292422.jpg

そんな自慢のルートなのでクラブのみなさんにもぜひ楽しんでもらいたいと毎週末のように予定に入れていたんだけど。
まだ一度も完走できていないという、、、。
いつも前半のユリカモメスポットで足止めという内容が多かった。

そういえば。
今日はそのユリカモメスポットに、ユリカモメが全然居なかった。

ユリカモメが居ないから先に行けたのか?
ユリカモメがつくる結界が解けたとか、解けてないとか、そもそもそんなものがあるとか、ないとか。


サイの角のようにただ独り走る男_e0154650_18154153.jpg


北風に立ち向かいつつも気持ち良い天気の中クルージング。
まさにLSD。
これは昭和スタイルのトレーニング。
スイスイいければ25分前に到着できるみたい。
行列も無し。
でも、25分も待つのもアレなので食べないで帰ることにしよう。
お店の営業もあるしね。


サイの角のようにただ独り走る男_e0154650_18153713.jpg


グラベルはこんなスムースな箇所もある。


サイの角のようにただ独り走る男_e0154650_18155256.jpg


地方からご来店の方に「東京に住んでて走るところあるんですか?」とか聞かれることがしばしばあるけれど。
ちゃんとルート組めば信号のロスタイムを回避できてけっこう延々と走り続けることができる。
もちろん、有名なサイクリングロードを真っ直ぐとか、そういう単調なものではない。
GPSメーターにあらかじめルートを入れてないとクリアーできないような迷路みたいなルート。
メーターを見ながら走るという新種のスキルが問われる。
もちろん、ルートを覚えてしまえば問題ない。

こういう複雑なルートが組めてしまえるのは、もしかすると都心をはじめとした関東圏ならではなのでは?と思っていたり。
なんせ選べる道が多いから。
地元の福岡でいろいろ描いてみたけれど同じようなことはできない。
とにかく道が少ない印象。
関東圏に作られた数多くの道から自転車に合う道をチョイスして何度も実走して造り上げたルート。

変化に富んだルートは自転車とのシンクロ感もとても気持ち良いものにしてくれます。
ということで自分の愛車のことがさらに好きになった1日。


サイの角のようにただ独り走る男_e0154650_18153963.jpg








2月のカフェ営業予定
サイの角のようにただ独り走る男_e0154650_19194485.jpg


こころにはいつも自転車とリスペクト盆栽自転車店です
■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■OPEN ~ CLOSE
08:30〜17:00 Cafe(Friday) 
10:00〜17:00 Cafe(Saturday & Sunday & 祝日)
13:00〜21:00 Cycle Works
13:00〜20:00 Cycle Works (Sunday)
■Wednesday is every closing
■AD 151-0051 4-11-8 Sendagaya Shibuya Tokyo
■WebShop https://bonsaicycleworks.com/


.

by bonsai-astn | 2020-02-02 08:30 | TEAM BONSAI 活動記録

野辺山グラベルチャレンジを走る男

野辺山シクロクロスに行ってきました。

例年2日にわたって開催されていたシクロクロスレースでしたが。
今年は1日だけになりました。

なので今年は盆栽屋もカフェ出店に最大限にお手伝いをさせていただきました。
会場のみなさまにたくさんコーヒーを飲んでいただいて、お菓子もたくさん購入していただいたおかげで完売になりました。
ありがとうございます。




野辺山グラベルチャレンジを走る男_e0154650_15250276.jpg

カフェでのお手伝い販売業務に徹していたがゆえに今年はシクロクロスのレースには参戦しなかった盆栽屋。


野辺山グラベルチャレンジを走る男_e0154650_20170770.jpg

クラブメンバーのなかではレースに参戦された方も多く。
北海道にもいっしょに行ったモト☆ヒコもレース参戦。
レース後はご覧のようにドロドロのドロドロに。


野辺山グラベルチャレンジを走る男_e0154650_15250180.jpg


ジャージも穴が空いちゃったけれど。
この爽やかさ!
そこにリスペクトがあります。


野辺山グラベルチャレンジを走る男_e0154650_15250834.jpg


野辺山シクロクロスは出店がいろとりどりなのもおもしろさのひとつ。
おかげで観戦だけ、会場に居るだけでも満足できるのですが。
今回のピックアップブースはこちら。
NB君が出店してたフレンチフライのお店。

本場ベルギーのポテトを直輸入、それを現場で揚げてこれまた現地のマヨネーズを添えて販売してました。
ベルギーでのシクロクロスのレース観戦のお供として欠かせないフレンチフライ。
NB君の情熱のおかげで本場の味を食べることができました。


野辺山グラベルチャレンジを走る男_e0154650_15251448.jpg


さて、
そんなNB君が現地で撮影してきたシクロクロス世界選手権のフォトブックを盆栽自転車店でも販売させていただけるように仕入れてきました。
とりあえず店頭で販売しますのでよろしくお願いいたします。


野辺山グラベルチャレンジを走る男_e0154650_15251180.jpg




翌日。
今年の野辺山は2日目の日程がグラベルレースになっていました。

それが今年の盆栽屋的にメインイヴェント。
野辺山で初開催のグラベルレース。
その名もグラベルチャレンジ。
意欲的な試みです。
まさにチャレンジ!
乗ってやろうじゃないの!ということで今回のグラベルに向けて新しいホィールまで用意しましたよ。

そこにリスペクトがある。


野辺山グラベルチャレンジを走る男_e0154650_15253872.jpg


わたしのシクロクロスバイクにはボトルケージを取り付けられるネジ穴がありませんので、その部分はステム横のボトルバッグで補いました。
そして、いつもはメーターもつけないけれど。
この日のためにマウントを用意して装備。
さらに後ろの大型サドルバッグには着替えを入れて。
フロントのハンドルバッグにはポンプやチューブ、補給食類を詰め込みました。
こんなに荷物がついた状態で「レース?」というのは正直違和感がありましたが。
準備万端です。


野辺山グラベルチャレンジを走る男_e0154650_15253677.jpg


Stage1とStage2の合計2ステージで約50kmのグラベルレース。
Stageごとにひと区間だけレースセグメントがあり、タイム計測をして順位を決めるというシステム。
なので、セグメントではない区間は速く走っても、遅く走っても自由。
途中でのんびりするのも。
パンク修理で焦ることもない。


野辺山グラベルチャレンジを走る男_e0154650_15254398.jpg


ほぼフリーペースなんだけど。
登りはなんとなく頑張って登って。
Stage1の山頂に到着です。

スタート時に降っていた雨も山頂に着く頃にはやんで、しかも季節外れの暖かさで最高の天気に。

野辺山の壮大な景色と雄大なフィールドに浜松の王者「浜王」も満足げ。


野辺山グラベルチャレンジを走る男_e0154650_15254690.jpg


野辺山らしく?インターナショナルな山頂。


野辺山グラベルチャレンジを走る男_e0154650_15254981.jpg


国際交流も楽しい。
元々知り合いのドイツの方です。


野辺山グラベルチャレンジを走る男_e0154650_15255254.jpg


登ってすぐに下る必要もないので頂上でのんびりしていたらだいぶ時間が経ってました。
たまにはこういうノリもいいですね。


野辺山グラベルチャレンジを走る男_e0154650_15255693.jpg


このあとのグラベルの下がサイコーに楽しかったです。
思えば、ここが走るコースとしては今回のハイライトだった、、、。


野辺山グラベルチャレンジを走る男_e0154650_15255538.jpg


下りきってスタート地点に戻るとStage1は終了。


野辺山グラベルチャレンジを走る男_e0154650_15262629.jpg


会場に戻るとコーヒー飲んだり、飲食できるのでついつい食べちゃいます。
しばらく休憩したらまた出発。


野辺山グラベルチャレンジを走る男_e0154650_15262929.jpg


Stage2はクラブメンバーのO夫妻を加えて4人で走ります。


野辺山グラベルチャレンジを走る男_e0154650_15262884.jpg


Stage2はスタート後しばらく舗装路ばかりを走るので「グラベルはまだ〜?」となっていたところにありました。
グラベルの登りが。
これがなかなかキツい泥の登り。


野辺山グラベルチャレンジを走る男_e0154650_15263424.jpg


でも頑張って登ると頂上付近にご褒美スポットがありました。
普段は自転車で走ることができない牧場の中なんだそうです。
むちゃくちゃ開けてて気持ちいい!
天気が良くてよかった。



野辺山グラベルチャレンジを走る男_e0154650_15263691.jpg


ここでものんびり休憩していたら希少なBONSAI x ENVEのMTBホィールお持ちのカスタマーI氏が登ってきてくれました。
いろいろな自転車のイベントに参加されているI氏ですが、シクロクロスはやられないので今まで野辺山シクロクロスには参加されていなかったわけですが、こうしてグラベルチャレンジができたおかげで晴れて野辺山に参加してくださってます。

グラベルのイベントって、グラベルバイクはもちろんのこと、わたしのようなシクロクロスや、I氏のようにMTBなどというふうに自転車の幅がひろがるので参加者の方も自転車の制約感なく自由に参加出来る感覚があっていいなぁと思います。
これがグラベルイベントのポテンシャルなのかもしれません。


野辺山グラベルチャレンジを走る男_e0154650_15263751.jpg


Stage2はのんびり走ってゴール。
グラベルの割合が少なく、半分以上が舗装路。
もうちょっとグラベルがあってもよかったのかなーと思いましたけど。
イベントの成長とともに来年以降に期待ですね。


野辺山グラベルチャレンジを走る男_e0154650_15264285.jpg


とりあえずコケることなく走り終えられてよかったな。
シクロクロスの機材のままでも難なく走れるコースでしたが、グラベル専用に太い40Cのタイヤにしてきてよかったなぁと思います。
そのおかげで乗り心地が良くなりますし、下りの余裕が全然違いました。
シクロクロスとは違って、グラベルのイベントだと下りの速度もかなり出るので安定感がある太いタイヤのほうが安心感があってよいです。
天候と泥の影響もあってディスクブレーキもマストな装備なのかなと。
とにかく下りが楽しい自転車になりました。


野辺山グラベルチャレンジを走る男_e0154650_15264246.jpg


来年のグラベルチャレンジは夏から秋頃にシクロクロスレースとは別開催される予定のようです。

バイクロアの蓼科、大人気だったGrinduro。
グラベルレース、グラベルイベントもいろいろ出てきました。
走り方、遊び方の自由度が高いグラベルイベント。
参加者の思い思いの遊び方で得られる感動も変わるマルチなイベントだと思います。
今後も楽しみですね〜。


野辺山グラベルチャレンジを走る男_e0154650_15264827.jpg










こころにはいつも自転車とリスペクト盆栽自転車店です
■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■OPEN ~ CLOSE
08:30〜17:00 Cafe(Friday) 
10:00〜17:00 Cafe(Saturday & Sunday & 祝日)
13:00〜21:00 Cycle Works
13:00〜20:00 Cycle Works (Sunday)
■Wednesday is every closing
■AD 151-0051 4-11-8 Sendagaya Shibuya Tokyo
■WebShop https://bonsaicycleworks.com/


.


by bonsai-astn | 2019-11-24 07:00 | TEAM BONSAI 活動記録

自転車で走ることがつまり旅ならば

旅は道連れ
世は情け。

このルートは当店クラブ向けのライドとして昨年来からたびたび企画していたのですが。
そのたびに天候不順で行けず仕舞い。
せっかくなので自分独りだけで行ってみることにしました。

ときには独り旅もいいもんです。
サイの角のようにただ独り走れ。

そこにリスペクトがある。


自転車で走ることがつまり旅ならば_e0154650_16113319.jpg


今回の目的地は伊豆。
伊豆にある
なにせランチしかやっていないとんかつ屋さんなのでコチラを早朝に出ないと、開店アタックなんて夢物語。
ランチ営業にすら間に合いません。

かつてJCRCなどで早めにレースが終わった時はここにお昼を食べにいったものです。
シャンルーとイチリューは覚えてるでしょうか。
彼らとは伊豆の合宿のときにも行きましたからきっと覚えてるんじゃないかなぁ。

伊豆の小さな町にひっそりとあるとんかつ屋さん。
行くとご家族で経営されてるのがすぐわかるとても雰囲気の良いお店で。
わたしは行ったその日からそのお店のことが大好きになりました。


自転車で走ることがつまり旅ならば_e0154650_16113347.jpg


けれども、修善寺にもなかなか行かなくなってしまったし。
往復で自転車で行くには270kmオーバーで遠すぎるし。
休日のレジャーになんて、もっと行かないし。

そこで、日帰りの輪行ライドだったらアリかもと思ったのです。

そこにリスペクトがある。




自転車で走ることがつまり旅ならば_e0154650_16113363.jpg
(シャンルー痩せすぎ)



奇跡的に早朝に起き。
246を抜け。
小田原厚木道路脇を抜け。
海岸線には出ず内陸の今回のために用意したルートを抜ける。

時計を見ながら走る。
なにせランチタイムに間に合わないといけないというのが今回の絶対条件のひとつ。
箱根に11時くらいには着きたいな、なんて思ってたら30分前に到着。
これは良いペェースやなと思ったのもつかの間。
箱根の旧道で大ブレーキ。
もう登り始めからおかしかった。
盆栽屋も衰えの時か、怠惰な日常がそうさせたのか。
信じられないくらい登れなくなってました。
そもそも、小田原から海岸ルートを伝っていけば簡単にとんかつ屋さんにたどり着くわけですが。
そうは盆栽屋がおろさない。
海岸ルートは走ったことある方ならおわかりと思いますが交通量は多く、自転車のスペースもとても狭い、まさにクルマの道なんですね、なので今回は意欲的な内陸ルートを構築してみたのですが、これが大失敗というか今の身体には鞭打ちレヴェルで効きまして、ひとつの登りで全脚の筋肉が痙攣してしまいました。
これはヤヴァイ。
完全に脚のチカラを消費しているということでリルート。
熱海峠まではなんとか走って、そこからは熱海に下って海岸線に逃れることにしました。
勇気ある撤退。
ヤマにこだわってランチタイムを逃すようでは元も子もないのです。


自転車で走ることがつまり旅ならば_e0154650_16101953.jpg


伊豆半島のヤマは標高が低いと急勾配で、頂上に行くほど勾配が楽になる印象があります。


自転車で走ることがつまり旅ならば_e0154650_16102229.jpg


熱海からは海岸線。
内陸の山岳地帯に比べればクルマの多さが比にならないくらい多いし、自転車の走るスペースが狭いのもここの道路の特徴。
だからこそ避けてきたわけですが、作戦変更した身分には受け入れるほかありません。
海岸沿いでヤマではなくなったものの、まったくの平坦では無いのがツライところ。

あ、おサカナのトンネル。
もうすぐだ。
おなかはペコペコ。
でも補給食には手が伸びない。
もうすぐおサカナにありつけるから。


自転車で走ることがつまり旅ならば_e0154650_16101543.jpg


来ました。
これがわたしのアナザースカイ。
#outside伊豆free


自転車で走ることがつまり旅ならば_e0154650_16101208.jpg


そして、
個人商店の恐怖「臨時休業ショック」もなく営業しててくれました。
前もって電話とかすればいいわけですが、、、、

気づけばはじめて来た時からこればっかり食べてます。
「エビフライ重」。
そこにリスペクトがあります。


自転車で走ることがつまり旅ならば_e0154650_16102862.jpg


今回はおまけで魚のフライもセットに。


自転車で走ることがつまり旅ならば_e0154650_16102544.jpg


これが大正解の大当たり!
まじウマ。
雑味のないクリアーで新鮮なお味。
最高です。


自転車で走ることがつまり旅ならば_e0154650_16103089.jpg


さて、
満腹に近づいたあとは少しだけ自転車で移動。
伊東駅に行くわけですが、伊東駅まで移動すれば特急に乗ることができてラクなんですね。
輪行する身としてはできるだけ乗り換えを避けたいところ。

駅についたらすぐに特急電車のチケットを購入することをお勧めします。
田舎なので特急は40~60分に1本程度の本数なので抜群のタイミングで乗れるほうが珍しいわけです。
でもね、待ち時間をつぶすのにぴったりのお店があるんですよ。
そうそう、伊東駅に行けばこれまた個人商店のちいさなジェラート屋さんが。
そういうわけで駅に着いてもまだ輪行はしないでおいて、自転車でジェラート屋さんまでチョロっと走って食後のデザートタイム。
休憩もできて最高です。

あ、
なんだかプランとして最高になってきたなぁ。
天気で流れなければいけたのになぁ。


自転車で走ることがつまり旅ならば_e0154650_16103474.jpg


さてさて、
伊豆を満喫したあとは輪行をして帰ります。
輪行のコツは素早く的確に。
なんでもそうですね。


自転車で走ることがつまり旅ならば_e0154650_16103819.jpg


今回はこの自転車で旅をしてきました。
ミーのVYNL RINKOHスペヒャルです。

eTAPからケーブル式に組み替えまして100gの軽量化。
いいつでも正確な変速。
シートピラーはアルミになっています。


自転車で走ることがつまり旅ならば_e0154650_16182928.jpg


■フレーム

VYNL Bikes ROAD RINKOH スペヒャル

■パーツ仕様

メインコンポーネント:SRAM Force 22

レバー:SRAM Force 22
FD:SRAM Red 22
RD:SRAM Red 22
ブレーキ:SRAM Red
クランク:ROTOR 3DPLUS
BB:ChrisKing
スプロケット:SRAM RED

ヘッドパーツ:Chris King
ハンドル:3T ROTUNDO TEAM STEALTH
ステム:ENVE
バーテープ:Fizik
シートピラー:Thomson
サドル:Fizik Aliante
ペダル:SPEEDPLAY ZERO Stainless

ホイール:BONSAI x ENVE
リム:ENVE SES 2.2
ハブ:CHRISKING R45
スポーク:SAPIM CX-RAY

タイヤ:CONTINENTAL GP5000 25C


自転車で走ることがつまり旅ならば_e0154650_16183091.jpg


デカールもヘアラインシルバーに貼り替え。
いい感じです。

伊東駅からスーパービュー踊り子号に乗ってラクチンのまま帰宅。
このスーパービュー踊り子号にははじめて乗ってみたんですけど、座席が広くて最高でした。
平日午後の上り電車ですから激空きなのも最高だったんですけど。
さすがに土日の帰りはこうはいかないでしょうね。
でも、中央線よりは空いてるのかな〜?

おかげさまで休日の過ごし方として、とても良い感じに過ごすことができまして、すっかりリフレッシュできました。
帰りが輪行のライドはいつもよりも遠くに行けるぶん世界が広がるのでオススメです。
盆栽屋CCでも逐次企画していきます。


自転車で走ることがつまり旅ならば_e0154650_16103618.jpg












10月5、6日(土日)はグランフォンド八ヶ岳出店のためカフェ営業はお休みとさせていただきます
自転車営業は通常通りです

こころにはいつも自転車とリスペクト盆栽自転車店です
■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■OPEN ~ CLOSE
08:30〜17:00 Cafe(Friday) 
10:00〜17:00 Cafe(Saturday & Sunday & 祝日)
13:00〜21:00 Cycle Works
13:00〜20:00 Cycle Works (Sunday)
■Wednesday is every closing
■AD 151-0051 4-11-8 Sendagaya Shibuya Tokyo
■WebShop https://bonsaicycleworks.com/


.

by bonsai-astn | 2019-10-03 12:00 | TEAM BONSAI 活動記録

癒しライドで癒された気分

タイフーンの影響で雨の予報だった3連休も?
なんだか走れそうですね。
よかったです。

なので行ってきました。
癒しライドは昭和方面にワープ。

都心でも走りやすいすり抜けワープロードを使って。
探せば都心でも走りやすい道はいくらでもあるよ、というわけでね。

そこにリスペクトがある。



癒しライドで癒された気分_e0154650_21020023.jpg


昭和最高です。
たまにこういうパン屋を挟みたくなります。









9月23日(月曜日)はロングライドのため自転車営業はお休みとさせていただきます
カフェは通常通り営業です
雨天時は営業します


こころにはいつも自転車とリスペクト盆栽自転車店です
■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■OPEN ~ CLOSE
08:30〜17:00 Cafe(Friday) 
10:00〜17:00 Cafe(Saturday & Sunday & 祝日)
13:00〜21:00 Cycle Works
13:00〜20:00 Cycle Works (Sunday)
■Wednesday is every closing
■AD 151-0051 4-11-8 Sendagaya Shibuya Tokyo
■WebShop https://bonsaicycleworks.com/


.

by bonsai-astn | 2019-09-21 08:30 | TEAM BONSAI 活動記録

群馬でライドする男

群馬のカスタマーI氏からのお誘いで。
もとい、クラブメンバー理事長のお誘いで群馬ライドに行ってきました。


群馬でライドする男_e0154650_18460427.jpg


群馬でも郊外の走りやすいエリアに移動してライドスタート。
ここまでくるとどこを走っても何者にも影響されにくい快適なロードに。


群馬でライドする男_e0154650_18460835.jpg


のどかな景色を走ります。
それにしても、軽井沢に行かなくてもすでに涼しいお天気。
天気予報では雨だったけれど、なんかと降らずにもってくれています。


群馬でライドする男_e0154650_18461103.jpg


途中で野生のイノシシを見ました。
写真を撮ろうと思ったのですが、本物の迫力に気圧されましてまったくシャッターをきることができませんでした。
けっこう小型で若い個体だったように見えたわけですが。
まさにハードコアーです。


群馬でライドする男_e0154650_18480263.jpg


碓氷峠で軽井沢へ。
10kmほどある長い峠なんですが。
勾配がとにかくゆるくて最高な峠。
どんなレヴェルのサイクリストでも楽しめる峠ではないでしょうか。


群馬でライドする男_e0154650_18461478.jpg


それにしても、群馬でも盆栽自転車店のオリジナルジャージ。
盆栽の輪が確実にひろがっています。
ありがたいですね〜。

軽井沢に上がってみると。
この霧。
そもそもかなり寒い。
さすがは避暑地!
全然見えなくてヤヴァイ。
遠くが全く見えません。
20m先も怪しいくらい。


群馬でライドする男_e0154650_18461760.jpg


軽井沢から下り。
下りに入る頃には霧から雨に。
かなり降ってきました。
安全のために各自のマイペースで下ります。

そういえば、みなさんリムブレーキでしたね。


群馬でライドする男_e0154650_18462054.jpg
群馬でライドする男_e0154650_18462365.jpg


雨が降っても楽しいのが自転車。

雨の日だからこその自転車を操る感覚の楽しさがあると思います。
こういうみんなで集まったときじゃ無いとなかなか雨では乗りませんからね。
ある意味貴重な楽しみです。


群馬でライドする男_e0154650_18462630.jpg


わたしとしては新しいENVEリムの下りでのブレーキングチェックができました。
独自のザラザラなブレーキトラックのおかげで雨でもブレーキが効く。
確実に効きます。
安全性能も高いENVE。

リスペクトがあります。


群馬でライドする男_e0154650_18462973.jpg


さて、
楽しいライドのあとは理事長の御宅でBBQ。

このたび新しく自転車部屋を増築されたという理事長。
かなりヤヴァイ
当店で納車させていただきました自転車たちがきれいに展示されてます。

自転車業界人では思いつかないような展示方法に注目しました。
とてもミニマムかつ確実に自転車を抱えることができる方法。
すばらしいです。
リスペクトがあります。

群馬でライドする男_e0154650_18464991.jpg


盆栽屋スペヒャルディールのヴィンテージポスターもサイズピッタリのフレームに入って鎮座してました。
1980年モスクワオリンピックの洒落たポスター。

盆栽自転車店に飾ってある同じポスターを見つけてくれた理事長のリクエストにお応えしたものです。
個人的に「もう無いかな?」と思ってたらまだ手に入りました。
Campagnoloのポスターは写真がとても良いものが多いです。
そもそも自転車のポスター自体が希少な現在。
スペヒャルディールの時価商品になりますが、ご興味ある方は盆栽屋まで聞いてみてください。


群馬でライドする男_e0154650_18465150.jpg


盆栽自転車店のポストカードも飾ってくださってました。
ありがたいですね〜。


群馬でライドする男_e0154650_18465446.jpg


イギリスのアーチストであるRichMitchの作品もちゃ〜んと立派なフレームに入って展示してあります。


群馬でライドする男_e0154650_18465731.jpg


素敵なライティングによりわたしの自転車の雰囲気もさらによく見えてしまうような、、、?
理事長の自転車へのリスペクトが生んだ素敵な空間。
まさにリスペクトがありますね〜。


群馬でライドする男_e0154650_18465989.jpg








9月7・8日は蓼科バイクロアにカフェ出店のためカフェ営業はお休みさせていただきます
自転車営業は通常通り営業いたします

9月10日(火曜日)健康診断のため15時以降の開店になります

9月12日(木曜日)所要のため臨時休業とさせていただきます


こころにはいつも自転車とリスペクト盆栽自転車店です
■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■OPEN ~ CLOSE
08:30〜17:00 Cafe(Friday) 
10:00〜17:00 Cafe(Saturday & Sunday & 祝日)
13:00〜21:00 Cycle Works
13:00〜20:00 Cycle Works (Sunday)
■Wednesday is every closing
■AD 151-0051 4-11-8 Sendagaya Shibuya Tokyo
■WebShop https://bonsaicycleworks.com/


.

by bonsai-astn | 2019-09-04 10:30 | TEAM BONSAI 活動記録

早起きは三文の得もあるが脚力のエネルギー切れを確実に教えてくれると知った男

早朝5時に集合してシャーのカーで移動後相模湖を6時前に出発。
そこにリスペクトがある。


早起きは三文の得もあるが脚力のエネルギー切れを確実に教えてくれると知った男_e0154650_19421430.jpg

いつ何時誰とでも走る。
そんなストロングスタイルを標榜している盆栽屋。
今回はとあるカスタマーの息子さん(高2)と、そこの社員の方といっしょに走るという感じになりまして。
ニセコクラシック前にしかり登ってしっかり走れるルートをよろしくというわけでルートから作らせてもらいました。

相模湖〜鶴峠〜松姫トンネル〜大月〜道坂峠〜道志みち〜ゼブラ
という具合で。
120km程度で2500mの獲得標高という。

わたしは昼から営業があるのでそれまでには帰れればいいなぁと思ってたらちょうどそんな時間になりました。
全員走れるメンツというか、むしろわたしが脚を引っ張ってしまったくらいでかなり苦しいトレーニングセッションにしなりました。


早起きは三文の得もあるが脚力のエネルギー切れを確実に教えてくれると知った男_e0154650_19421577.jpg


高校生と走るのって、かなり久しぶりではないでしょうか。
終始ヨユーそうだったガッくん。
社員のモリタ氏はさらに速く、登りも平坦も下りもヤヴァかった。

思えば、
自分よりも速い人といっしょにグループライドするのってかなり久々なような、、、
しかもここまで圧倒されるのは、もしかしたら初めての経験かも?
思えば、ここまで弱っていたとは。

お二人の練習相手としてはまったく不足していた盆栽屋だったかもしれませんが。
わたしとしては自転車との向き合い方を見つめ直す良いきっかけになりそうです。

そこにリスペクトがある。

早起きは三文の得もあるが脚力のエネルギー切れを確実に教えてくれると知った男_e0154650_19421545.jpg


余談ですが、
松姫峠にトンネルはじめて通りました。
北から南に抜ける際に使うとトンネル内の下り区間が長いので良いと思います。


早起きは三文の得もあるが脚力のエネルギー切れを確実に教えてくれると知った男_e0154650_19421559.jpg


ニセコクラシックがんばってね〜。


早起きは三文の得もあるが脚力のエネルギー切れを確実に教えてくれると知った男_e0154650_19421505.jpg


いやぁ、疲れた。
そして、AETHERは涼しいサァ〜。










6月29日(土曜日)は18時閉店とさせていただきます

こころにはいつも自転車とリスペクト盆栽自転車店です
■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■OPEN ~ CLOSE
08:30〜17:00 Cafe(Friday) 
10:00〜17:00 Cafe(Saturday & Sunday & 祝日)
13:00〜21:00 Cycle Works
15:00〜20:00 Cycle Works (Sunday & Shop Ride Day)
■Wednesday is every closing
■AD 151-0051 4-11-8 Sendagaya Shibuya Tokyo
■WebShop https://bonsaicycleworks.com/


.

by bonsai-astn | 2019-06-23 05:55 | TEAM BONSAI 活動記録

傷だらけの心をシャモスープで治癒するためのラーメンライド

いやぁ。
それにしても艱難辛苦を一身に受けてほとほと堪えた土曜日。
今年は独りでも予定通りのルートを消化すると天地神明に誓ったかどうかは不明だけど、とりあえずこのブログには書き込んだ盆栽屋。
とりあえず無理です。
朝コンビニで集合した参謀クリハラにはその思いを打ち明けた。
もちろん、彼は理解してくれた。
昨日のトラブルもよく知った仲だ。
先週の日曜日だってチェーンリングに引っかからない様を見ている。
と言っても、今日はもちろんその自転車ではなく。
違う自転車。
走り出せば違う自転車のはずなのに。
インナーロー恐怖症みたいな神経になっていた。
これはヤヴァイ。
とりあえず、今日乗ってきた旗艦のステンレスは大丈夫のようだ。
当たり前だ。
ずっと前から大丈夫だった。
あまりないトラブルに精神が蝕まれている。
そこにリスペクトはない。


傷だらけの心をシャモスープで治癒するためのラーメンライド_e0154650_15042995.jpg



そういうわけで。
荒んだ心をこの美しいシャモスープにつけてきました。
シャモといえば。
鶏とは違う、漢字で書けば軍鶏。
獰猛で荒々しい鳥。
戦う鳥なんですね。
その闘争心で血湧き肉躍るカラダから抽出されたスープを飲めば。
わたしの闘争心もきっと回復するであろう。
回復してくれよ。
とりあえず、早く交換品来いよ。
という感じで英気を養いました。



傷だらけの心をシャモスープで治癒するためのラーメンライド_e0154650_15043185.jpg











3月3日(日曜日)、4日(月曜日)はBONSAI Fit-Tour(稲妻の納車編)のため臨時休業とさせていただきます

カフェは千葉シクロクロスに出店いたします
出場、ご来場される方はご利用よろしくお願いいたします


こころにはいつも自転車とリスペクト盆栽自転車店です
■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■OPEN ~ CLOSE
08:30〜17:00 Cafe(Friday) 
10:00〜17:00 Cafe(Saturday & Sunday & 祝日)
13:00〜21:00 Cycle Works
15:00〜20:00 Cycle Works (Sunday & Shop Ride Day)
■Wednesday is every closing
■AD 151-0051 4-11-8 Sendagaya Shibuya Tokyo
■WebShop https://bonsaicycleworks.com/


.

by bonsai-astn | 2019-02-24 08:10 | TEAM BONSAI 活動記録

新者で4時間半は走る男

しれーっと組み上がっている新車。
新参者。
そのように見えて。
以前まで生まれ変わりのような。
色は変えたけれど。
塗装のパターン同じだし。
そこにリスペクトがある。



新者で4時間半は走る男_e0154650_19220589.jpg


新者は明らかに前機のTi Factory LightWeightよりも柔らかいのだけど。
それでも自分が持っているどのロードバイクよりも硬い。
それがちょうど良いのかはこれから乗り慣れてからの回答になるのだけど。
とりあえずよく進む、スピードに乗りやすいのは確か。
そんな新者と、参謀クリハラとでいつものルートを4時間30分のノンストップ。
ノンストップと言い切りたいところだけど。
4時間30分超のライドで、とりあえず新しいサドルがお尻に合わないのがわかったし。
新品のはずのフロントギアは初期不良?みたいなのを抱えていることがわかった、マジかよ!
やはり、作業台だけではわからないことがある。
そこにリスペクトがある。












こころにはいつも自転車とリスペクト盆栽自転車店です
■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■OPEN ~ CLOSE
08:30〜17:00 Cafe(Friday) 
10:00〜17:00 Cafe(Saturday & Sunday & 祝日)
13:00〜21:00 Cycle Works
15:00〜20:00 Cycle Works (Sunday & Shop Ride Day)
■Wednesday is every closing
■AD 151-0051 4-11-8 Sendagaya Shibuya Tokyo
■WebShop https://bonsaicycleworks.com/


.

by bonsai-astn | 2019-02-17 08:10 | TEAM BONSAI 活動記録

ついにカレー休憩をしなくなった男

集合場所に行くと。
ナンダ?
誰も居ないじゃないか。
参謀のクリハラすら居ない。
インフルエン座にでもなったかしら?
まじかよ。
いつもはここでココロが落車してしまう盆栽屋であるが。
今日は違った。
サイの角のようにただ独り走れ。
そこにリスペクトがある。


ついにカレー休憩をしなくなった男_e0154650_17174551.jpg


開店当時はたまに集合場所に誰も居ないことがあって、それでもちゃんと独りで予定を消化していた。
それが自分の人間性がどんどんだらしなくなってきて、集合場所に誰も居なかったり、人数が少ないとイージーな方向に予定変更することがしばしばあった。
そうしたことを積み重ねて自分のことを振り返るとどうだろうか。
とりあえず脂肪は厚くなったな。
そこにリスペクトはない。

さいわいなことに今走っているルートは独りでも淡々と消化できてしまうLSDルート。
せっかく独りなので途中のカレー屋をスルーして通しで走ってみた。
相変わらず効率が良い。
ほとんど止まらない。
途中、コンビニ休憩くらいはするかと思ったけれど。
背中ポケットの補給食もボトルの水もじゅうぶんにあったし、蓄えた皮下脂肪もこれまたじゅうぶんにあったからぶっ通し。
と言っても4時間半くらいか。
あまりに止まらないので最後の方は信号ストップが恋しくなってしまったほど。
やっぱり、トレーニング効果は止まらないほうが高い印象。
もう次回からはカレー休憩無しにしようかな。
帰るのも遅くなっちゃうし。
インドカレーはアブラ多いから練習してもダイエットになっている感じがしなくて。
美味しいお店なんだけど。









2月7日(木曜日)は臨時休業とさせていただきます

2月10日(日曜日)は前橋シクロクロス参戦&カフェ出店のため臨時休業とさせていただきます

こころにはいつも自転車とリスペクト盆栽自転車店です
■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■OPEN ~ CLOSE
08:30〜17:00 Cafe(Friday) 
10:00〜17:00 Cafe(Saturday & Sunday & 祝日)
13:00〜21:00 Cycle Works
15:00〜20:00 Cycle Works (Sunday & Shop Ride Day)
■Wednesday is every closing
■AD 151-0051 4-11-8 Sendagaya Shibuya Tokyo
■WebShop https://bonsaicycleworks.com/


.

by bonsai-astn | 2019-02-03 08:10 | TEAM BONSAI 活動記録

週替わりのはずがメニュウが変わっていなかった男

今日も寒い。
今期最大の寒波はこのトーキョーシティーにも襲来。
しかし、東京特有の冬空。
つまり快晴ということで勇敢なわたしはベストで外に出ました。
MAAPのベストは、他のブランドであるようなペラペラベストではないので真冬でも晴れの日なら大丈夫だという認識。
走りも寒さを吹き飛ばすべくキレキレのスタイルで臨む。
ちょうど先週はレースだったからでしょうか。
脚がよぉく回りました。
シャキシャキとキレよく廻って。
難解なルートも、1か所だけ間違えてしまいましたけどほぼ完璧にトレースして気持ちいい。
体調不良で途中で遅れた参謀クリハラもカレー屋のオープン前に到着。
いつものインドカレーはメニュウが週替わりかと思いきや変わっておらず。
マトンが喰えない盆栽屋はまたしてもほうれん草チキン。
食べてみたらメニュウは変わっていないけど、辛さは増していたという。
そういう変わり方?


週替わりのはずがメニュウが変わっていなかった男_e0154650_20122303.jpg
週替わりのはずがメニュウが変わっていなかった男_e0154650_20122296.jpg


12月に国際派サイクリストであるわたくし盆栽屋がおもてなしライドをさせていただきましたMAAPアンバサダーつながりのマシュー氏からお礼でしょうか、ギフトが届きました。
エェ〜そんなのいいのにぃ〜って遠慮しちゃいますが。
届いたものは頂かない盆栽屋は無し。
LAにある地元のロースターのコーヒー豆です。
ホォ〜これがLAの香りでございますかぁ。
洒落とるなぁ〜。
癒しメンバーの皆さんと一緒にコーヒータイムを過ごさせてもらいました。
まさにリスペクトがあります。


週替わりのはずがメニュウが変わっていなかった男_e0154650_20122312.jpg











こころにはいつも自転車とリスペクト盆栽自転車店です
■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■OPEN ~ CLOSE
08:30〜17:00 Cafe(Friday) 
10:00〜17:00 Cafe(Saturday & Sunday & 祝日)
13:00〜21:00 Cycle Works
15:00〜20:00 Cycle Works (Sunday & Shop Ride Day)
■Wednesday is every closing
■AD 151-0051 4-11-8 Sendagaya Shibuya Tokyo
■WebShop https://bonsaicycleworks.com/


.

by bonsai-astn | 2019-01-27 08:00 | TEAM BONSAI 活動記録