カテゴリ:BONSAI x ENVE( 99 )

ENVEリム 新商品のお知らせ

ENVEからお知らせ。
この秋に新しいリムが登場することになりました。
それは「5.6」。
フロント54mmとリア63mmというリムハイト。
まさにロードバイクで通常に使用するならこれくらいまでが限度かなと思われる高めのリムハイトのセットです。

e0154650_16581245.jpg


すでにディスクブレーキ用のリムとして存在してます「5.6」のリム。
こちらが好評ということで、リムブレーキ対応のモデルが出ることになりました。
このモデルチェンジにより人気モデルでした「4.5」は廃盤になりまして
※訂正 「4.5」は今後も継続するらしいです
「5.6」がロードバイク用のディープリムを引き継ぐ形になりました。
そういうわけで、リムブレーキ用のリムは、「2.2」、「3.4」、「5.6」、「7.8」というラインナップになりまして数字の重複もなく字の並びが良くなりましたね〜。

そして、
これらのリムはクリンチャー仕様の場合はチューブレスレディのタイヤにも対応します。
そこにリスペクトがある。



e0154650_16581817.jpg
e0154650_15470409.jpg
e0154650_15470489.jpg
e0154650_15470561.jpg

かつてはロードのチューブレスタイヤに対しては特段のメリットがないと思われて歴史の中で風化しそうになっていたロードチューブレスタイヤという規格でしたが。
技術の進化でさいきんはチューブレスレディのタイヤで良いものがポコポコと販売されまして、使用したサイクリストからもれなく幸せになっているという現実があります。
そんなチューブレスレディ激推しなんですけど。
もしも、チューブレスにお気に入りのタイヤが無い、使用に抵抗がある場合でもクリンチャータイヤようとして使用できますからね。
選択肢があるというのは良いことでは無いでしょうか。



e0154650_16582313.jpg


さて、
気になるお値段は他のリムと同じかと思いきや。
クリンチャーのリムが1本、132,ooo円。

そうなんです。
リム1本あたり1o,ooo円高くなっています。

え?
他のリムの値上がりしちゃうのかな?
そう思いまして代理店に問い合わせてみましたところとりあえず、この「5.6」リムだけに適用される価格ということらしいのです。
でも、いずれはこの価格が他のリムへと波及してしまうかもしれませんね〜。
いつかはENVEとお考えの方はお買い得なうちにお早めにどうぞ。




e0154650_16582053.jpg

そういうわけで、
この「5.6」のリムだけ1o,ooo円ぶんお値段が高いということになってしまいました。
前後で購入される方がほとんどでしょうから。
前後で2o,ooo円ぶん高くなってしまうわけですね。


これではせっかく新しい「5.6」が欲しいという方がいらしても価格という壁を感じてしまうかも。
と思いまして、

盆栽自転車店では「5.6」のお買い得キャンペーンを開催します。

期日までに「5.6」のリムのご予約をいただけましたカスタマーの方には、他のリムと同じ価格1本あたり1o,ooo円安いお値段で販売させていただきます。
前後の場合は2o,ooo円ぶんお買い得になります。
御新規で、BONSAI x ENVEホィールセットをご注文の場合も、リム交換組み換え作業の場合でも、リムのみを販売する場合でもこの「5.6」キャンペーン価格は適用させていただきます。
リム自体は10月下旬以降の入荷予定になっています。
このご予約キャンペーンは10月10日まで受け付けていますのでよろしくお願いいたします。

余談ですが、上の表によると完組ホィールのクリンチャー&ChrisKing仕様の価格が45o,ooo円(5.6以外のリムハイトでは43o,ooo円)になってますが、BONSAI x ENVEのクリンチャー&ChrisKing仕様の価格は392,ooo円(キャンペーン価格も同じ)になります。
他のリムハイトであってもすでにお買い得なんですね〜。


e0154650_16581532.jpg


さて、
ハナシは変わりますが、
新しい「5.6」のリムは上記の通りすでにディスクブレーキ用のリムが存在しています。
ディスクブレーキ用のリムは他に「3.4」も存在しています。
リムブレーキ用とディスクブレーキ用のリムに違いを設けないメーカーも少なくないなか。
ENVEは真面目なので、リムブレーキ用のリムとディスクブレーキ用のリムが違います。

ディスクブレーキの場合はリムでブレーキングをしないのでその部分の厚みが変わってくるわけで。
ですから大概の場合はディスクブレーキ専用のリムの方が、リムブレーキ用のリムよりは軽量になります。
メーカーの都合で多く販売されて実績もあるリムブレーキ用のリムがディスクブレーキ用のホィールに使い回されてしまっている場合は、ディスクブレーキがそこそこ流通してきた昨今でもまだ見受けられます。
そういった使い回しの製品よりは、ディスクブレーキ専用設計のリムの方が気持ちよいですよね。

そういうわけでディスクブレーキもリムブレーキもENVEがオススメですよ!!

e0154650_16582606.jpg
e0154650_16584035.jpg











こころにはいつも自転車とリスペクト盆栽自転車店です
■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■OPEN ~ CLOSE
08:30〜17:00 Cafe(Weekday) 
10:00〜17:00 Cafe(Saturday & Sunday)
13:00〜21:00 Cycle Works
■Wednesday is every closing
■AD 151-0051 4-11-8 Sendagaya Shibuya Tokyo
■WebShop https://bonsaicycleworks.com/


.

by bonsai-astn | 2018-08-23 12:00 | BONSAI x ENVE

BONSAI x ENVE カスタマーA氏の場合

BONSAIxENVEを納品させていただきました。

カスタマーA氏のENVEは3.4。
ハブのカラーリングを選び。
スポークのカラーと組み方を選び。
盆栽屋のスペヒャルカスタムメード。
そこにリスペクトがある。


e0154650_18503891.jpg

■リム:ENVE SES3.4
■ハブ:GOKISO クライマーS-Spec マットネイビー
■スポーク:SAPIM CX-RAY Black

□組み方:フロント=ラジアル リア=クロス
□デカール:マットホワイト


e0154650_18504319.jpg

最近はクリスキングよりもコチラという方が多くなりました。
GOKISOハブ。
A氏はすでにGOKISOハブのホィールをお持ちで今回はENVEとセットアップしたGOKISOをご希望ということでご注文をいただきました。
ハブだけで持ってもズッシリと手応えがある重量ではありますが、くるくると永遠に廻り続けるのではないかと思われる回転性能は他の製品では味わうことができないまさにハードコアー。
それにENVEのリム。
完組にはできない性能。
スペヒャルカラー。
究極の手組ホィールを完成させたい方にオススメです。

e0154650_18504614.jpg
e0154650_18505094.jpg

ホィールが組み上がって納品。
自転車に組付けるまでを作業させていただくのがBONSAI x ENVEのスタイル。
というわけで自転車をお持ちいただいたのですが、「ついでに」ビッグプーリーにしたいというA氏からのリクエストを受けまして、取り寄せました。
それは、Ceramic Speeedだ!
デカ!

e0154650_18505335.jpg

ちょっと目をはなしているうちにビッグプーリー業界も拡大しています。
かつては、Bernerくらいしかパーツの選択肢がなかったわけですが。
今ではリーズナブルなものから、高品質なモノ、上下プーリーの歯数のバリエーションなどいろいろ選択肢ができました。
たくさんブランドがビッグプーリーを出してきたということで、この辺のカスタムが身近になってくるわけですが、もちろんハズレの製品もあったりして注意が必要ですね。
わたしもその中で失敗の製品をつかまされてしまったことがありました。
そんな中ではこのCeramic Speedはかなり良いレヴェルです。
これはリスペクトがあります。
Ceramic SpeedはSRAM用も出してますのでご興味がある方是非お声がけください。

e0154650_19053942.jpg

A氏にお持ちいただきました自転車にインストール。
すごいです。
この存在感。
リアディレーラーがむちゃくちゃデカくなってます。
そして。
ビッグプーリーは見た目の変化だけが効果にあらず。
アウターローのギアの位置の時に抜群の滑らかさを発揮します。
組み付けさせていただくときからわかる性能です。

e0154650_18505691.jpg


BONSAI x ENVEとCeramic SpeedのインストールでかなりアップデートされてしまったA氏のビアンキ。
しかも、タイヤはチューブレスレディに。

e0154650_18510743.jpg

ネイビーブルーのハブ。
ゴールドのプーリー。
チェレステカラーに溶け込みます。
一見、カラーコディネートが難しそうなチェレステカラーは何にでも合う伝統のカラーと言えるのかもしれません。


e0154650_18511033.jpg

A氏から嬉しいご感想も届いています!

一言で言うと全然違うマシンに生まれ変わりました!という感じです。

踏み出しはENVEリムのおかげでゴキソリムモデルより軽く、空力も良くて巡航性も抜群です。
ビッグプーリーも本当にスムースで、アウターローで全くストレスがありません。
気持ち良いです。
ゴキソハブは、昔のモデル(初期型)に比べるとスムーズさ(ヌルヌル感)がなくなったように思いますが、アタリが出てないせいかもしれません。

ありがとうございました。
これから毎回乗るのが楽しみです!

インプレッション追記(8/19)

ENVE+GOKISOホイールですが、初のヒルクライムも経験しまして、やはり予想以上に軽い踏み出しでヒルクライムでも十分イケることがわかりました!
6%くらいまでの勾配だとENVEの空力面も貢献している気がします
下りはGOKISOの真骨頂ですが、スムーズにスピードが出すぎて怖いくらいですが 乗り心地の良いタイヤのおかげで安心できますね。



e0154650_18511411.jpg

お気に入りいただけたようで嬉しいです!
自転車のカスタムのテーマとして軽量化だけではなく。
ENVEリムの高いエアロ性能。
GOKISOハブの止まらない回転性能。
チューブレスレディタイヤの乗り心地と高いグリップ性能。
ビッグプーリーの駆動ロス低下。
こういった性能を向上させた自転車の質の向上を目指すカスタム。
そこにリスペクトがある。











真夏のメンテナンスフェアー開催中 8月31日まで受付中です

13日のカフェの営業時間は、15時30分まで
14日、16日のカフェは臨時休業とさせていただきます
自転車営業は通常通りさせていただきます


こころにはいつも自転車とリスペクト盆栽自転車店です
■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■OPEN ~ CLOSE
08:30〜17:00 Cafe(Weekday) 
10:00〜17:00 Cafe(Saturday & Sunday)
13:00〜21:00 Cycle Works
■Wednesday is every closing
■AD 151-0051 4-11-8 Sendagaya Shibuya Tokyo
■WebShop https://bonsaicycleworks.com/


.


by bonsai-astn | 2018-08-16 12:00 | BONSAI x ENVE

BONSAI x ENVE カスタマーH氏の場合

BONSAIxENVEを納品させていただきました。

カスタマーH氏のENVEは3.4。
ハブのカラーリングを選び。
スポークのカラーと組み方を選び。
盆栽屋のスペヒャルカスタムメード。
デカールはオマカセ。
そこにリスペクトがある。

e0154650_20370521.jpg

■リム:ENVE SES3.4
■ハブ:ChrisKing R45ハブ NAVY
■スポーク:SAPIM CX-RAY Silver

□組み方:フロント=クロス リア=クロス
□デカール:ノームグリーン&シルバーメタリック


e0154650_20370508.jpg
デカールのカスタムは今回はH氏のご意向でオマカセにしていただきました。
事前にこの車輪を合わせるフレームを見せていただきまして、ハブのカラーとスポークに合ったものをさてどうしようかと思案させていただくわけですが。
しばらく考えて決まりました。
ハブと同じ感じでいきましょう。
ということでメタリックブルー。
これはシルバーのデカールにクリアブルーのデカールを重ねることによって完成したスペヒャルなカラーリングです。
e0154650_20370671.jpg
今回は通信販売ということで納品は発送になりました。

そして、到着してすぐに嬉しいご感想をいただきました。

本日ホイール受け取りました。
デカールも、私の目的であった、自分の好み、発想では、出来ないエッセンスを自転車に取り込む事を達成でき、非常に満足しております。
早速、装着して、短時間ではありますが、ライドしてきました。素晴らしい性能でした。
e0154650_20371126.jpg
グリーンのTONICにお乗りのH氏。
もともとのフレームやヘッドパーツにはNAVYカラーは存在していない状況で、NAVYのハブとリムのデカール。
けれども、何の違和感もなく実に「自然に」おさまっています。
これが盆栽屋の「オマカセ」カスタムクオリティ〜。

H氏からはさらにご感想をいただきました。

ハブの色に合わせるという選択、簡単なようで、自分では選択できない、やはり『おまかせ』にして良かったです。

いやぁ〜ありがたいですね〜。
このBONSAI x ENVEホィールがH氏のこれからの楽しいライドの下支えになってくれることを願ってやみません。

e0154650_20371273.jpg









こころにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■OPEN ~ CLOSE
08:30〜17:00 Cafe(Weekday) 
10:00〜17:00 Cafe(Saturday & Sunday)
13:00〜21:00 Cycle Works
■Wednesday is every closing
■AD 151-0051 4-11-8 Sendagaya Shibuya Tokyo
■WebShop https://bonsaicycleworks.com/


.

by bonsai-astn | 2018-06-21 12:00 | BONSAI x ENVE

BONSAI x ENVE カスタマーY氏の場合

BONSAIxENVEを納品させていただきました。

カスタマーY氏のENVEはM525。
昨年からフルモデルチェンジをしたMTB向けのリムで最も軽量なM525。
その重量はロードレーサー用のリムよりも軽く、まさに超軽量と言えます。
MTBで言えばクロスカントリーの競技用のモデルなわけですが、今回はグラベルロードに合わせます。
そこにリスペクトがある。
e0154650_20194058.jpg
■リム:ENVE M525 27.5
■ハブ:DT 250 Straight
■スポーク:SAPIM CX-RAY Straight

□組み方:フロント=クロス リア=クロス
□デカール:ノームグリーン&シルバーメタリック

e0154650_20200100.jpg
ハブはY氏のご希望でDT350のストレート。
ストレートスポーク仕様でセンターロック、スルーアクスル。
さらにXDのフリーボディ。
超々スペヒャルなハブ。
もう、ここまでくるとかなりロードバイクの仕様にはない設定になってます。
とはいえ、このSRAMのXDのフリーボディは今後のディスクロードが普及してくるにあたってロードバイク乗りにも馴染みあるパーツになってくるのではないでしょうか。
e0154650_20200122.jpg
リムのデカールも、カスタム。
MTBのリムらしくENVEのロゴがが半分で割れたスタイル。
今回はオマカセのご指示をいただきましたので、フレームのデザインに合わせてカスタムさせていただきました。
e0154650_20194900.jpg
リムのサイズは27.5。
ロードの700Cよりも少し小さなサイズになります。
CANYONはシクロクロスもそうですが、いちばん小さなサイズは27.5サイズを積極的に採用しています。
これにより小さなサイズでも無理のないジオメトリーを設計することができまして、乗りやすい自転車になるということなんですね。
こういう設計思想はどんどん他のメーカーも取り入れていってほしいところ。
オーダーバイクでも面白いのでは!?
e0154650_20200597.jpg
今回はフロントシングルギアのコンポーネントなので、スプロケットはとてつもなく大きいスプロケットがつきました。
SRAMボディ専用です。
e0154650_20200884.jpg
この超軽量グラベルホィールが装着されるのは、このたび新発表されましたCANYONのグラベルバイクであるGRAIL。
前述の通り、一番小さいサイズのみ27.5インチサイズのホィール専用になっています。
ホィールサイズが小さいことで違和感があるかと思いきや、そうでもないように思えますし。
むしろ自転車の見た目のバランスも良いかと思います。
e0154650_20201695.jpg
二階建てハンドルが独特な自転車。
このバイクの第一の特徴であり、象徴的とも言えるポイント。
e0154650_20202083.jpg
e0154650_20202353.jpg
さて、このバイクのオーナーでいらっしゃるカスタマーY氏。
CANYON JAPANのシャッチョーさんなんです。
思へば以前の代理店にお勤めの頃から毎度お世話になっております〜という具合で。
今ではシクロクロスのレースも一緒に走れせてもらってますし。
一緒に走らせてもらった大阪は界のステージは自分のことよりもわたしのパンクに心配してくださったり、四国の高知では友情出演でわたしの命を助けてくださったり、、、。
とても優しいシャッチョーさん。
リスペクトがあります。
そして、この自転車は先日の白州バイクロアでめでたくお披露目&デビュウ。
e0154650_20203035.jpg
様々なイベントで試乗ブースを出展されてますCANYONさん。
このGRAILが気になる方は是非試乗してみると良いと思いますよ。
運が良ければこの超軽量ENVEが付いたバイクに試乗できるカモ!!?
ストレートスポークで組まれたENVEと言うだけで珍しいですからね〜。

乗ってみると感じていただけると思うのですが、違和感のある見た目とは裏腹に、至極まっとうな自転車と言いますか。
グラベルバイクというよりは、安心感の高いロードバイクとしても存在感が高いと思います。
アップグレードしたくなったら、こんなENVEリムがありますし。
その際はゼヒとも盆栽自転車店までご連絡ください。
e0154650_20202773.jpg
追記 インプレッションいただきました

ホイールの性能が試されるような走りはしていませんが、軽さと頑丈さは正義といった感じで良く進んでくれます。
今度チューブレスにしようと思うので、そうするとさらに印象が良くなってくれるのではと期待しています。
ストレートプルの雰囲気も、カーボンの最新バイクにはマッチするような気がするのでお願いして良かったです!











6月9日(土)は富士ヒルクライムに出店のためカフェ営業はお休みです
自転車店は通常通り営業いたします

6月10日(日)は自転車営業はお休みとさせていただきます
カフェは通常通り営業いたします
雨天の場合は休まず営業いたします

こころにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■OPEN ~ CLOSE
08:30〜17:00 Cafe(Weekday) 
10:00〜17:00 Cafe(Saturday & Sunday)
13:00〜21:00 Cycle Works
■Wednesday is every closing
■AD 151-0051 4-11-8 Sendagaya Shibuya Tokyo
■WebShop https://bonsaicycleworks.com/


.

by bonsai-astn | 2018-06-04 12:00 | BONSAI x ENVE

BONSAI x ENVE カスタマーW氏の場合

BONSAIxENVEを納品させていただきました。

カスタマーW氏のENVEは2.2のクリンチャー。
ENVEのキャリパーブレーキ用のクリンチャーリムとしてはラインナップ中最軽量の2.2。
ヒルクライムにはもちろんのこと。
普段乗りから軽快。
ストップアンドゴーが多い場合は立ち上がりが軽快になるリムです。
ローハイトなのにエアロリムという特殊なモデル。
タイヤはクリンチャーだけではなく、チューブレスレディにも対応します。
そこにリスペクトがある。
e0154650_17445870.jpg
■リム:ENVE SES2.2
■ハブ:GOKISO Climber S-Spec カスタムカラー
■スポーク:DT AERO-LITE Black

□組み方:フロント=ラジアル リア=クロス
□デカール:カスタムなし

e0154650_17445872.jpg
最近GOKISOの完組ホイールから組み換え、GIKISOハブでオーダーという方が多くなっています。
最高のハブに最高のリムで、ということでしょうか。
プロ選手が使いたくても使えないという究極仕様が仕上がります。
しかも、W氏のGOKISOはカスタムカラー。
GOKISOはカスタムオーダーで色々なカラーを受け付けてくれます。
e0154650_17445825.jpg
自転車に組み付けて完成。
フレームはVYNL。
フレームカラーと揃ったハブカラー。
自転車の色気が増しました。
e0154650_17445703.jpg
タイヤはチューブレスレディを採用。
これで、リムも軽く、タイヤも軽いという相乗効果で軽量体験。
W氏にもお気に入りいただいてます!

早速嬉しいご感想が!

いやー、ホント素晴らしいですね。。
皇居周回する時にちょっとした登りがあるのですが、普段ならたまにダンシングしていたところも、スルスル登れます。
e0154650_17445740.jpg









5月26日(土)は白州バイクロアにカフェ出店させていただきますので、千駄ヶ谷の店舗では自転車営業のみ
5月27日(日)はカフェ営業は引き続き白州バイクロアにて出店、自転車営業は臨時休業とさせていただきます

こころにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■OPEN ~ CLOSE
08:30〜17:00 Cafe(Weekday) 
10:00〜17:00 Cafe(Saturday & Sunday)
13:00〜21:00 Cycle Works
■Wednesday is every closing
■AD 151-0051 4-11-8 Sendagaya Shibuya Tokyo
■WebShop https://bonsaicycleworks.com/


.

by bonsai-astn | 2018-05-24 12:00 | BONSAI x ENVE

BONSAI x ENVE カスタマーオガッチョ氏の場合

BONSAIxENVEを納品させていただきました。

カスタマーオガッチョ氏のENVEはMTBリムのM50 Fifty。
すでにモデルチェンジ済みのMTBリム。
旧モデルであるM50の最後の最後の出物をゲットしていただきました。
本来はMTBのクロスカントリー用のモデルですが、29erサイズはシクロクロスにもいけますよね、ということで採用。
チューブレスレディ専用のリムですのでタイヤも自ずとチューブレスレディに。
そこにリスペクトがある。
e0154650_16353042.jpeg
■リム:ENVE M50 Fifty 29er
■ハブ:ChrisKing R45 Disc Matte Jet
■スポーク:SAPIM CX-RAY Black

□組み方:フロント=クロス リア=クロス
□デカール:3段階グレー
e0154650_16353055.jpeg
デカールはオマカセということで。
地味めか派手めか、どちらがお好み?かを伺うと地味めということに。
ですのでグレー。
単なるグレーもツマラナイのでグレーの3段階のグラデーションでやらせていただきました。
e0154650_16353018.jpeg
さて、このホィールを装備するバイクはAppleman。
フルオーダーのフルカーボンバイク。
これはシクロクロスかな??
オールロード的に遊ばれているようです。
e0154650_16353006.jpg
九州にお住いのオガッチョ氏。
阿蘇の雄大な大自然の中でシェイクダウンしてくださいました。
嬉しい感想もいただいてます!

始めの一踏み目が軽くてとにかく驚きました。
これからオンロードもオフロードもガツガツ乗りたいと思います!
e0154650_16352969.jpg
Photo by @e_climber
e0154650_16584565.jpg










こころにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■OPEN ~ CLOSE
08:30〜17:00 Cafe(Weekday) 
10:00〜17:00 Cafe(Saturday & Sunday)
13:00〜21:00 Cycle Works
■Wednesday is every closing
■AD 151-0051 4-11-8 Sendagaya Shibuya Tokyo
■WebShop https://bonsaicycleworks.com/


.


by bonsai-astn | 2018-04-05 12:00 | BONSAI x ENVE

BONSAI x ENVE カスタマーO氏の場合

BONSAIxENVEを納品させていただきました。

カスタマーO氏のENVEはSMAERT SYSTEM 3.4のクリンチャー。
現在のENVEが誇るラインナップ中では最も人気のモデル3.4。
それに最新モデルのGOKISOハブを合わせた希有なホィールがここに完成しました。
そこにリスペクトがある。
e0154650_19541824.jpg
GOKISOの最新ハブと言いますのは。
S-Spec。
ベアリングの数は減らす事無く軽量化。
通常モデルとクライマーハブの中間といったところでしょうか。
回転性能を犠牲にすることなく、極力軽くしようというモデルです。
そして、コチラのカラーはカスタムカラーです。
まさに酔狂領域。
e0154650_19542317.jpg
■リム:ENVE SES3.4 クリンチャー
■ハブ:GOKISO S-Spec カスタムカラー
■スポーク:SAPIM CX-RAY Black

□組み方:フロント=ラジアル リア=右クロス 左クロス
□デカール:ホワイト 文字レッド
e0154650_19541570.jpg
撮影中にもハブは余韻を残すかのように廻り続けてブレて写ってしまいます。
そんなハブがかつてあったでしょうか。
それくらいGOKISOの回転性能はズバ抜けていると言えます。
e0154650_19541116.jpg
e0154650_19542755.jpg
デカールはホワイトにレッドのシンプル。
これはトリコロール。
そういうわけで合わせる自転車はというと。
e0154650_19543169.jpg
ジャーン。
TIMEのSCYLONのフレンチカラーです。
これくらいのシンプルな感じが自転車の佇まいとして良いですね。
真横からはモノクロームなわけですが。
ちょっと見る角度を変えてあげるだけで、アラ!トリコ!な感じです。
e0154650_19550263.jpg
こちらの自転車は木曜日に続きます







1月14日(日)はシクロクロスレースのため、自転車営業は臨時休業とさせていただきます
カフェは通常通り営業いたします


こころにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■OPEN ~ CLOSE
08:30〜17:00 Cafe(Weekday) 
10:00〜17:00 Cafe(Saturday & Sunday)
13:00〜21:00 Cycle Works
■Wednesday is every closing
■AD 151-0051 4-11-8 Sendagaya Shibuya Tokyo
■WebShop https://bonsaicycleworks.com/


.



by bonsai-astn | 2018-01-09 12:00 | BONSAI x ENVE

BONSAI x ENVE カスタマーアンディ・ゴーホール氏の場合

BONSAIxENVEを納品させていただきました。

カスタマーアンディ・ゴーホール氏のENVEはMTBリムのM50 Fifty。
本来はMTBのクロスカントリー用のモデルですが、29erサイズはシクロクロスにもいけますよね、ということで採用。
チューブレスレディ専用のリムですのでタイヤも自ずとチューブレスレディに。
そこにリスペクトがある。
e0154650_20035719.jpg
■リム:ENVE M50 Fifty 29er
■ハブ:ChrisKing R45 Disc Matte Slate
■スポーク:SAPIM CX-RAY Black

□組み方:フロント=クロス リア=クロス
□デカール:ミラーシルバー
e0154650_20035738.jpg
デカールはオマカセということで。
盆栽屋の独断専行ミラーシルバーに。
一見すると派手に見えるこのクロムシルバーですが、ミラーなだけあって外に出ると景色が映り込んであまり目立ちません。
今回はホィールはあくまで脇役。
フレームのマルチカラーが主役でございましたのでこういう設定にさせていただきました。
e0154650_20035749.jpg
M50 Fiftyは超軽量のリム。
ENVEのロード用リムのどのリムよりも軽量なんです。
ですからDISC仕様のヒトは使わない理由が無いと思うんですが、このタイミングで絶版に。
新しい後継リムはディスクロードではちょっと使えないくらいリムの幅が太くなってしまいました。
そんなM50の最後の特価品をバツグンのタイミングでゲットしていただきましたラッキーゴー氏。
欲しかったリムがお買い得になって、まさにラッキー。
そして、アンディ・ゴーホール氏に名前を変えました。
e0154650_20120689.jpg
シクロクロスのチューブレスははじめて装着したんですけれど。
これがまぁとても簡単に装着できました。
IRCのタイヤがいいのか。
ENVEのリムがいいのか。
おそらくどちらも良いということなんでしょうけれど。
チューブレスもいいかもって思わせてくれる組み付けの簡単さです。
e0154650_20035847.jpg









年末は30日(土)まで
年始は4日(木)から営業させていただきます


こころにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■OPEN ~ CLOSE
08:30〜17:00 Cafe(Weekday) 
10:00〜17:00 Cafe(Saturday & Sunday)
13:00〜21:00 Cycle Works
■Wednesday is every closing
■AD 151-0051 4-11-8 Sendagaya Shibuya Tokyo
■WebShop https://bonsaicycleworks.com/


.


by bonsai-astn | 2017-12-26 12:00 | BONSAI x ENVE

BONSAI x ENVE カスタマーO氏の場合

BONSAIxENVEを納品させていただきました。

カスタマーO氏のENVEはSMAERT SYSTEM 3.4のクリンチャー。
現在のENVEが誇るラインナップ中では最も人気のモデル3.4。
とにかく人気で品薄なこのリムだったのですが、O氏はグッドタイミングのオーダーでちょうど入荷時期。
まるで旬の時期を逃さないかのような趣きがあったのでした。
そこにリスペクトがある。
e0154650_20355827.jpg
ハブはGOKISO。
GOKISOの完組ホィールから流用です。
リムをENVEにアップグレードというのが正しい表現かもしれません。
GOKISOの完組ホィールから組み替えは可能でしょうか?というお問い合わせがさいきんほんとうに多いです。
もちろん組み替え可能です。
完組と称しても、結局は「手組」方式なGOKISOの完組ホィール。
手組なのでENVEのリムで組めてしまいます。
逆に言うと、ENVEのリム以外で魅力のあるリムがそんなに無いと言えますので、消去法でもENVEになるのではないかと。
ENVEのリムにすることでホィールとしての価値が格段に上がる事は間違い無いと思います。
リムは品薄な場合が多いのでお待たせしてしまう事がほとんどですがお気軽にどうぞ。
e0154650_20355984.jpg
スポークはSAPIMのCX-RAY。
デカールは無加工のノーマル。
e0154650_20355958.jpg
自転車に取り付けていただいた写真をいただきました。
白いフレームに黒いホィールが似合いますね。
走行性能もアップグレードできていると思います。
e0154650_20360372.jpg
e0154650_20360324.jpg







こころにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■OPEN ~ CLOSE
08:30〜17:00 Cafe(Weekday) 
10:00〜17:00 Cafe(Saturday & Sunday)
13:00〜21:00 Cycle Works
■Wednesday is every closing
■AD 151-0051 4-11-8 Sendagaya Shibuya Tokyo
■WebShop https://bonsaicycleworks.com/


.


by bonsai-astn | 2017-12-21 12:00 | BONSAI x ENVE

BONSAI x ENVE カスタマーW氏の場合

BONSAIxENVEを納品させていただきました。

カスタマーW氏のENVEはSMAERT SYSTEM 4.5のクリンチャー。
ENVEのラインナップ中でロードバイクでの実用域ではいちばん使いやすいと思われるディープリム。
フロント48mmとリア56mmの組み合わせで記憶力にも挑んで来る感じがマニアックな前後の組み合わせ。
それがENVEの研究の成果で、最適解とあればリスペクトしないわけにはいきません。
e0154650_18345430.jpg
■リム:ENVE SES4.5 クリンチャー
■ハブ:ChrisKing R45 Matte Slate
■スポーク:DT AERO-LITE Black

□組み方:フロント=ラジアル リア=右クロス 左ラジアル
□デカール:ブライトマゼンタ
e0154650_18345749.jpg
ハブは信頼のChrisKing。
カラーはマットシリーズでは一番人気のMatte Slate。
マットなリムとハブに黒のスポークでダークな雰囲気のなかで、デカールはブライトマゼンタで華やかに。
蛍光色にも見えるビビッドさが際立ちます。
e0154650_18350079.jpg
そして、このホィールを装備するのはコチラ。
VYNLでございます。
W氏いわく、4.5でもまったく重さを感じない、軽快に走ってくれる、とのこと。
空気を切り裂くような深いディープリムが長距離の巡航性をラクにしてくれるはずです。
e0154650_18350810.jpg
この自転車は明日に続きます。











こころにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■OPEN ~ CLOSE
08:30〜17:00 Cafe(Weekday) 
10:00〜17:00 Cafe(Saturday & Sunday)
13:00〜21:00 Cycle Works
■Wednesday is every closing
■AD 151-0051 4-11-8 Sendagaya Shibuya Tokyo
■WebShop https://bonsaicycleworks.com/


.



by bonsai-astn | 2017-12-18 12:00 | BONSAI x ENVE