カテゴリ:展示会に行ってきました( 52 )

展示会に行ってきました LOOK編

展示会に行ってきました。
LOOKといえば、ユーロスポーツインテグレーションさんですね。

LOOKといえば、エアロロードの最先端を走ってた時期がありました。
なのである意味でブっ飛んだ独特なフレームの造りが特徴だったわけで、それがLOOK独特のシルエットにも繋がり、魅力でもあり、だけどちょっとオススメするかどうかを迷わせてしまうところでもありました。
ところが昨年あたりからそのトンガリ具合が修正されてきていまして。
785 Huezのようないたってノーマルな造りのフレームが登場。

なによりもデザインが良い。
カッコよくなってます。
しかもお値段もこなれてまして。
これはもうオススメ!!
リスペクトがあります。

そこで2019モデル新作はコチラ。
795 BLADE RS。


e0154650_20171182.jpg


ステム、シートピラーは専用のモノ。
ケーブルも内装仕様というエアロロードフレームです。

しかも、シートポストの前後を帰ることによりTTバイクに変身。
トライアスロンバイクにもなっちゃう。
マルチユースフレームなんです!


e0154650_18160095.jpg
e0154650_19360986.png


フレームセットの重量はフォークとフレームを合わせて1250gほど。
これはエアロロードフレームとしては最軽量の部類に入ります。


e0154650_19314821.png


キャリパーブレーキの場合は、リアブレーキの台座部分がかなり独特な形状に。
このことから、このフレームはディスクブレーキをかなり意識したようなフレームのように見えてしまいますが。
どちらのブレーキシステムにせよ同じような快適性と剛性を得られるための設計なんだとか。


e0154650_19400494.jpg

同じシルエットでディスクブレーキ仕様も用意されています。
しかも、リムブレーキ仕様とディスクブレーキ仕様の価格は変わりません。
このスペシャル感のある仕様で、41o,ooo円!!

このフレームはディスクブレーキ仕様のほうがより美しく組みあがりそうなので、盆栽屋的にはディスクブレーキのフレームがオススメです。


e0154650_19383539.png


さて、
注目は785 Huez。

昨年リリースされて大人気。
予約完売だったようです。
やはりベーシックなフォルムからくるとっつきやすさがウケている要因のようです。

e0154650_18480391.jpg


LOOK特有のZED2クランク専用のモデル(48o,ooo円)と、
シマノなどの通常のクランクが使いやすいモデル(38o,ooo円)の2種類がございます。
ZED2クランク専用のモデルも別売りのアププターを取り付けることにより、シマノなどをはじめとした一般的なクランクを使うことが可能です。


e0154650_18484790.jpg

フツーのステム。
27,2mmのフツーのシートピラー。
LOOKが自ら失って久しいこんなフツーのパーツ仕様がこのフレームで復活。

このほうが嬉しいというサイクリストが多いはず。

パイプ極太というほどではなく。
と言っても頼りないほど細くもない。
スローピングしたトップチューブも程よく傾き。
LOOKが放つ最適な形状と最適なバランス。

それは見た目のバランスの良さにも反映されています。
プロチームホワイト、プロチームブラック。
どちらも良いカラーリングですよね〜。


e0154650_18481476.jpg


ZED2クランク仕様も、ノーマル仕様もディスクブレーキ対応フレームのご用意がございます。
こんな超軽量フレーム(フレーム&フォークで1010g)ですからリムブレーキ仕様だと完成車重量が場合によっては軽すぎちゃうかも??
5kg台も現実的なフレームです。

そこでこの超軽量のフレームセットに、ディスクブレーキ仕様は重量バランスに優れるロードバイクになるでしょう。
超軽量ヒルクライム自転車にする場合はリムブレーキ。
ブルベやロングライドには安定志向のディスクブレーキというのが良いのではないでしょうか。

e0154650_18481682.jpg
e0154650_18481145.jpg
e0154650_18481121.jpg
e0154650_18483077.jpg


コチラのマットグレーカラーは785 Huezにラインナップされているカラーです。
785 Huezは、RSよりもカーボンのグレードを落としたモデル。
フレームで、299,8oo円です。
シンプルで良い感じですね。


e0154650_18495821.jpg
e0154650_18495998.jpg


785 Huezには完成車のセット仕様もあるんです。
シマノのアルテグラでパーツ構成されています。
リムブレーキ仕様は、44o,ooo円。
ディスクブレーキ仕様ですと、499,8oo円です。
なかなかお買い得だと思います。


e0154650_20195684.jpg


個人的に気になったのは隅の方に展示してありましたLOOKの本。
LOOKのファクトリーを撮影した写真集になってます。
開けていきなりフレームに貼り付けるカーボンプリプレグたち。
ひとつのフレームにこんな枚数のカーボンが使われているんですね〜。
LOOKは、TIMEと同じく自社工場でフレーム製造をしている自転車フレームメーカーとしては非常に珍しいメーカーです。


e0154650_18504344.jpg


ちなみに、フレームを購入することで付属してくる御本です。
オマケが豪華です。


e0154650_18504422.jpg


コチラのTour De France限定フレームのオマケです。


e0154650_18504690.jpg


なかなか魅力的なラインナップになっています。
とくに人気モデルの785 Huezに関してはご予約しない限り入手が難しいかもしれません。
10月末までにご予約いただけた場合はお買い得なご案内もできますのでよろしくお願いいたします。















9月29日(土曜日)はツールド八ヶ岳にカフェ出店いたしますので、カフェは臨時休業とさせていただきます
自転車店は通常通り営業させていただきます

9月30日(日曜日)はツールド八ヶ岳にカフェ出店いたしますので、カフェは引き続き臨時休業とさせていただきます
自転車店はライドイベントのため臨時休業とさせていただきます

10月2日(火曜日)〜10月4日(木曜日)はツアーオブフクオカのため臨時休業とさせていただきます


こころにはいつも自転車とリスペクト盆栽自転車店です
■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■OPEN ~ CLOSE
08:30〜17:00 Cafe(Friday) 
10:00〜17:00 Cafe(Saturday & Sunday)
13:00〜21:00 Cycle Works
15:00〜20:00 Cycle Works (Sunday & Shop Ride Day)
■Wednesday is every closing
■AD 151-0051 4-11-8 Sendagaya Shibuya Tokyo
■WebShop https://bonsaicycleworks.com/


.

by bonsai-astn | 2018-09-29 12:00 | 展示会に行ってきました

展示会に行ってきました ROTOR編

展示会に行ってきました。

ブランドごとに展示会をされてるダイアテックさん。
個人的に楽しみにしていました。
そうです。
IN POWER のダイレクトマウントチェーンリング仕様もついにデビュー。
そこにリスペクトがある。

e0154650_17094107.jpeg


2 IN POWERに関してはすでにダイレクトマウントの製品が販売されているのですが。
クランク片側のみで計測する製品化が遅れていました。
このモデルチェンジでしっかりと問題点も改善されています。
それは電池交換するときのフタ。
以前までのモデルはこの部分が渋くて開閉しにくいことがありましたが、開閉方式を変えてその作業をしやすくなっています。
e0154650_17094015.jpg

個人的に待ってました!とばかりに早速オーダーしました。
クランクアームは削り出しから鍛造に変わってしまっていますが、それでも従来モデルより軽量です。
ダイレクトマウントの調子良いチェーンリングが使えるのが何よりメリットなのかなと思います。

お値段は、クランクとBBシャフトで1oo,ooo円ちょうど。
これにダイレクトマウントのチェーンリング(29,6oo円)を追加しても従来モデルよりもお買い得になっていると思います。
こちらはご予約受付中です。



e0154650_17061412.jpg


ALDHU ですでに多くのサイクリストに受け入れられた感のあるROTORのダイレクトマウントのギア。
楕円チェーンリングとしてはかなり変速がよくなっています。
ここにきてラインナップも豊富になりました。
チェーンリングのギア比は、従来までの、53/39、52/36、50/34に加えまして。
48/32、46/30というギアが登場します。
ツーリング仕様や、ヒルクライム仕様に嬉しいギア比ですね。

e0154650_17061539.jpg


クランク長も、150mm、155mm、160mm、165mm、170mm、172,5mm、175mmという。
かなり豊富なラインナップを誇ります。
とくにショートクランクが豊富なラインナップ。


e0154650_17061604.jpg


BBシャフトも24mmサイズが登場。
これでTREKなどにもALDHUクランクをインストールすることができるようになりました。


e0154650_17061414.jpg


人気のALDHUクランクですが、ここにきて値上がりのお知らせです。

今までは59,8oo円ということで、ROTORの他のクランク、チェーンリングセットと比較してもかなりお得感が高かったALDHUだったのですが、新価格は69,2oo円ということで約1o,ooo円近くの上昇になります。

9月18日までのご注文までこの旧価格が適用されます。
それ以降は新価格になってしまいお値段上がりますのでご注文はお早めにどうぞ。



e0154650_17065750.jpg












こころにはいつも自転車とリスペクト盆栽自転車店です
■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■OPEN ~ CLOSE
08:30〜17:00 Cafe(Weekday) 
10:00〜17:00 Cafe(Saturday & Sunday)
13:00〜21:00 Cycle Works
■Wednesday is every closing
■AD 151-0051 4-11-8 Sendagaya Shibuya Tokyo
■WebShop https://bonsaicycleworks.com/


.


by bonsai-astn | 2018-08-27 12:00 | 展示会に行ってきました

展示会に行ってきました Campagnolo 12 Speed

Campagnoloのテクニカルセミナーに行ってきました。

Campagnoloのホットニュースといえば?
ハイ!
もちろん、12Speedですよね?
え?
12枚も要らない?
まぁまぁそう言わずに見ていってくださいよ。
e0154650_15441245.jpg
という具合で。
最近では盆栽自転車店の界隈ではあまりCampagnoloの話題を聞くことが少なくなりました。
思えば、わたしも盆栽自転車店の開店当時は俗に言うカンパユーザーでした。
いろいろなコンポミックスをして使っていました。
ケーブルをNOKONにしてみたり。
当時は比較対象がシマノしかなく、シマノはすでに完成度の高い電動コンポーネントを販売していたのですけど、機械式のカンパを使っていても全く劣等感とか、そういう引け目を感じることは無かったナー。
e0154650_15523383.jpg
しばらくしたら、待望のEPSが登場。
変速自体は非常に良かったものの、全体の完成度やシステム的な融通がなんとなくストレスを感じさせるような、そんな思い出がありました。
こうして自分の昔乗ってた自転車を見てると今でもイケるなと思ったりして。
という具合で、昔話ばかり。
で、今はどうなのよ?ということですが、12 Speedになって、単純に12枚になっただけではないというのがセミナーを聞いてきてよくわかりました。
とはいえ、マイナーチェンジに近い感じは否めませんが。
e0154650_15523353.jpg
そのマイナーチェンジ感を呼び起こしてくれるのはレバーの見た目が相変わらずだからなのかも。
とはいえ、完成度が高いと言われてしまえばそんな印象もオシマイです。
確かに握りやすいのは間違いない!!
そして、ハナシを聞けば見た目はソックリですけどちゃんと変わってました。
以前までは直線的に真下に伸びていたレバーが、他ブランド(シマノ、スラム)のように「ハの字」になっているそうです。
過激に「ハの字」になっていないのはCampagnoloの良心なのかもしれません。
このレバーからリーチアジャストも可能になりまして、それは他ブランドと違って工具無しでできるというある意味画期的な仕様になっています。
他に、シフトアップのレバー、シフトダウンのレバーも押す面が大きくなって押しやすくなっているとのことです。

e0154650_15441252.jpeg
そして、コンポーネントの顔と言われるクランクは、クランクボルトが塞がりまして。
左側からの作業になりました。
4アーム。
スーパーレコードだけ4アームの先がつながっています。
これはなんとなくエアロっぽいし、あくまで高級感の演出かと思いきや、チェーンリングを補強しているらしく、そのおかげでSuper RecordとRecordのアウターチェーンリングは別物になるそうです。
e0154650_15441277.jpeg
そして、12 Speedの肝と言ったらスプロケットですが、ここにもしっかり新機構がありました。
このスプロケットは従来通りのフリーボディに装着できるがポイント。
ですから1枚1枚の隙間も、1枚の厚みも薄くなってプラス1枚追加することを可能にしているのですが。
ですからスプロケットの歯がすぐになくなっちゃうんじゃないの?っていう心配が巻き起こりそうですが。
ご安心ください。
耐久性の高い鉄製になりました。
ロー側は色が変わっており、あくまで今まで通りのチタン製に見えますが。
なんとスチール。
スラムと一緒で鉄の塊がら削り出しているそうです。
e0154650_15463769.jpg
しかも、最大ローギアの歯の外側にギミックが仕込んであって、万が一の整備不良時にチェーンが車輪側に落ちた時にハブフランジに引っかかるダメージを軽減してくれるような仕掛けが搭載されています。
これはアイデア商品!!
e0154650_15463793.jpg
唯一、気になったのはリアディレーラーのプーリーが上下ともにブッシュになったこと。
え?
11Sになった時にSuper Recordの下プーリーだけボールベアリング仕様に成ったのは記憶に新しいところでした。
それなのに、またブッシュに。
何十年ものCampagnoloのブ厚い歴史書をめくりますと、かつてはブッシュどころか、上下ともにボールベアリング仕様で、さらにプーリーの玉当たり調整まで出来ちゃというRDもあったそうですから、この現在のRDのアッサリ加減はどうなのよと思ってしまいます。
でもね、
これにはCampagnolo現在進行形の考えがあるのでしょう。
その代わりと言ってはなんですが、ワイヤーケーブルはここにきて初めてコーティング仕様になりました。
おそらくカンパニョーロ純正のケーブルとしては初めて?コーティング仕様です。
これはちょっと使ってみたいところだなと気になるところです。

e0154650_15441257.jpg
気になる価格は、Super Recordでセットで40万円をちょいと超える感じに。
おっと。
そりゃすげえわ、なんせこれは機械式ですぜ、となってしまいますが。
ご安心ください、代わりにRecordがおやすくなっています。
27万円台ということで。
11 SpeedのRecordよりもお安い価格なんです。
素晴らしいです。
リスペクトがあります。
Super Recordと、Recordの差が明確になったほうがいろいろな方面で都合が良いのかもしれませんね。
最高の性能をお求めの方はSuper Record。
12 Speedを使ってみたいという方はRecord。

いろいろ好き勝手に書かせていただきましたが。
Campagnoloのパーツに触れることは自転車100年の歴史に触れられるということですので、1度は使ってみて損はないと思います。
組み換え、組み付けご注文は盆栽自転車店までよろしくお願いします。











6月9日(土)は富士ヒルクライムに出店のためカフェ営業はお休みです
自転車店は通常通り営業いたします

6月10日(日)は自転車営業はお休みとさせていただきます
カフェは通常通り営業いたします
雨天の場合は休まず営業いたします

こころにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■OPEN ~ CLOSE
08:30〜17:00 Cafe(Weekday) 
10:00〜17:00 Cafe(Saturday & Sunday)
13:00〜21:00 Cycle Works
■Wednesday is every closing
■AD 151-0051 4-11-8 Sendagaya Shibuya Tokyo
■WebShop https://bonsaicycleworks.com/


.

by bonsai-astn | 2018-06-08 12:00 | 展示会に行ってきました

展示会に行ってきました ミズタニ自転車編

展示会に行ってきました。

今回はミズタニ自転車さん。
はいってすぐのところにオリジナルブランドの自転車が復活するにあたって名前の経緯が書いてあるところにかつて実業団チームの活動をされていた頃の写真が。
よくよく見ると、東京ー大阪(!?)プロロードレース(??)と書いてあります。
うーん、ムカシの方がロードレース環境が良かったのかなぁ、、なんて。
どんな感じでレースが展開されていたのか気になりました。
e0154650_14384431.jpg
ChrisKingの新色のマットパンチが展示してありました。
おお〜、なかなかいい色です。
合わせる自転車のカラーリングを選びそうですが、そうはいっても良い色です。
発色の良いカラーリングは見ていて元気になれますね。
e0154650_14385061.jpg
e0154650_14385368.jpg
Thomsonからは新作のアルミハンドルが登場。
カーボンハンドルはすでに存在していたのですが、アルミハンドルがこのたびあらたに登場しました。
エアロタイプと標準的なタイプ。
ハンドルの曲がりはもはや定番になったカタチ、アナトミックシャローです。
とはいえ円弧が小さすぎないのは良いかと。
幅は380mmから存在するので良いと思います。
e0154650_14385684.jpg
e0154650_14385931.jpg
カーボンシートピラーも参考展示ありましたけど。。。
そういえば昨年の展示会で参考展示されていたアイテムがまだ製品化されてないことを考えると望みは薄いのかなぁ。
とはいえ、Thomsonの製品は質実剛健でオススメですよ。
e0154650_14390292.jpg













こころろにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■OPEN ~ CLOSE
08:30〜17:00 Cafe(Weekday) 
10:00〜17:00 Cafe(Saturday & Sunday)
13:00〜21:00 Cycle Works
■Wednesday is every closing
■AD 151-0051 4-11-8 Sendagaya Shibuya Tokyo
■WebShop https://bonsaicycleworks.com/


.


by bonsai-astn | 2017-10-19 12:00 | 展示会に行ってきました

展示会に行ってきました シマノ-トライスポーツ-ゼータトレーディング-フタバ商店-カワシマサイクル編

展示会に行ってきました。

いつもいつも業界の展示会が集中開催してくれたらなー、なんて思ってたらついに来ました。
今回はなんと5社。
みなさんがまとまってくださったおかげで水曜日の使い方が有意義になるというものです。
いやーありがたい。

さて、一発目は業界の雄、巨人、リーダー、シマノさん。
アルテグラの展示会は以前やったから今回はなにか飾るものあんのかな?と思ったら目玉はe-bikeということで。
e0154650_20283153.jpg
主にMTB規格のe-bikeですが。
これからもしかするとひろがってくるのかもしれません。
自力で走る、走破するのが自転車のスポーツとしての魅力ではありますが。
登りをラクにアシストしてくれるe-bikeであれば、とくに下りを楽しむMTBにとってはありがたいというわけで。
e0154650_20282334.jpg
e0154650_20283510.jpg
さて、盆栽屋の展示会はサクサク行きます。
要点を確認したら直ぐ移動です。
とくにこんなに集中する日はそういう段取りが重要です。
会場に居るよりは移動のほうが長い。
シマノさんの会場から品川駅を横断した西口にあるビルの一室で開催されてましたトライスポーツさんの展示会。
トライスポーツさんが展示会をしてくれるなんて珍しい。
かつてはそんなことありませんでした。
e0154650_20291498.jpg
ありましたよ。
まさにトライスポーツ的なパーツ。
っていうか、このステムどこかで見た事あったなぁ、、、
こんな珍しいパーツを知り合いが使ってるって珍しい。
展示品をまじまじと見ると、持って軽いのはもちろんですが、中身の部分が薄い、、、、
e0154650_20292166.jpg
お値段もギョっとする感じで。
まさに泣く子も黙るとはこのことでしょうか。
最狂ステムです。
e0154650_20291747.jpg
こういうローギアだけ交換っていいですね。
なかなかアリだと思いました。
e0154650_20292527.jpg
カンパ用のバーナーもいまやケージのみの販売があります。
ちょっと遅かったかなー。
もうちょっと早かったらなぁ。
e0154650_20293799.jpg
さて、品川駅から田町まで徒歩移動して着きましたのはゼータトレーディングさん。
実は山手線で一番駅間が長いんですよね、一駅だけだから歩いちゃえって思惑が甘かった。
タクシー使えばきっとツーメーターくらいで済んだろうに。
この経験は次回に。
とりあえず、ゼータトレーディングさんの展示会ではアランデルのサドルバッグの新色を確認。
グレーです。
コチラは近日入荷予定に付。
e0154650_20294478.jpg
ゼータさんらしいオモシロアイテムもありました。
ベル付きのガーミンマウント。
現状では最もスマートなベルと言えるのではないでしょうか?
ベルを鳴らすための手の動きがちょっと微妙か。
e0154650_20300120.jpg
同じビルの違うフロアではフタバ商店さんが。
最新のBMCフレームを眺めます。
こうして取り扱いの無いフレームをまじまじと眺めることができるのも展示会の魅力のひとつ。
最先端はこうなってるのねー、的な。
コラムの形状もこんな感じで。
すでに丸断面ではなくなってしまっています。
e0154650_20301463.jpg
フタバ商店さんの展示会では画像にはおさめませんでしたけど、なかなかおもしろ小物を見つけました。
これは年内発売予定だそうなので発売次第仕入れますのでお楽しみにどうぞ。
e0154650_20301678.jpg
残すところはカワシマサイクルさん。
カワシマさんといえばフィジーク!
なんと穴開きサドル登場。
そういや無かったな、というわけで衝撃のデビューです。
他は黒ばっかりのくせに、この穴開きは気合いが違うのか、白と黒のラインナップがございます。
あー、白さドル復活してほしいですよね。
e0154650_20303326.jpg
いままでフィジークの穴開きサドルポジションを担ってきたバーサスは、完全に左右に別れまして、モーセか、一休さんのようなサドルになりました。
真ん中にクッションがないベースのみの構造のため、しなりが凄いのではないかと予想します。
e0154650_20303666.jpg
こんな謎のハンドルも某社より。
この短い距離を内装して一体どうなるというのか。
出ては消えていく、そういうパーツの誕生の瞬間に早い段階で立ち会えるのも展示会の魅力です。
e0154650_20305365.jpg
ピナレロのパーツブランドのモストに良いボトル型の工具入れありました。
こういう脇役は脇役らしく。
主張しないのが一番いいですよね、まじで。
そこにリスペクトがあります。
e0154650_20305897.jpg







こころにはいつも自転車とリスペクト<br>盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■OPEN ~ CLOSE<br>08:30〜17:00 Cafe(Weekday) 
10:00〜17:00 Cafe(Saturday &amp; Sunday)
13:00〜21:00 Cycle Works
■Wednesday is every closing
■AD 151-0051 4-11-8 Sendagaya Shibuya Tokyo
■WebShop https://bonsaicycleworks.com/

.


by bonsai-astn | 2017-09-14 12:00 | 展示会に行ってきました

展示会に行ってきました 日直商会、インターマックス編

展示会に行ってきました。

日直商会さんで入って直ぐに要チェックしたのがKASKの新作。
e0154650_1529312.jpg
ツールドフランスでもTEAM SKYの面々が被っているのをみなさんご覧になっているとは思いますが、ちょうどフルームが被っているモデル。
これはProtoneの軽量版という位置づけのようです。
実際に選手によってはProtoneも使われてますし。
もうひとつのProtoneをさらにエアロ仕様にしたモデルも見たかったのですが、あれは発売予定はまだ無いのかな?
e0154650_15293547.jpg
やけにコンパクトに見えるのはサンプルがSサイズのせい。
持ってみても、Protoneより若干軽いかな〜という感じですが。
まぁ、Sサイズですからね。
とにかく穴が多くて涼しそうではあります。
入荷はまだ来年ということですからお楽しみにお待ちください。
価格もどんなカラーで発売されるかもすべて未定です。
e0154650_15293855.jpg
e0154650_15294140.jpg
e0154650_15294415.jpg


Campagnoloのディスクブレーキを搭載した展示車もありました。
ライバルメーカーのなかでは最後発モデルということで、他と比較すると先進的な部分もいくつかありました。
クラシックなCampagnoloのクイックリリースロゴが最新モデルにプリントされているのを見るとなんともミスマッチな感じはありますが、ロゴの収まりは良いです。
e0154650_1529506.jpg
ブレーキキャリパーはフラットマウント1択。
とはいえ、フラットマウントだとフロントはかならずアダプターを併用することになるのでCampagnoloは前後異形状でフロントはポストマウントのような固定方式を採用しており、こうして文章にするだけでややこしいわけですが、モノとしては賢いと言いますか、スマートな外観に寄与する方式を採用していると思います。
e0154650_1529537.jpg
油圧式のエルゴパワーは通常のエルゴパワーと見た目の変化が小さく、どのメーカーと比較しても美しい外観ではないのかなと個人的には思います。
もしかすると、前回のモデルチェンジの際に未来の油圧ブレーキ化を予見していてツノが伸びたようなエルゴパワーのデザインになったのではないかと妄想してしまいますが。
e0154650_1532555.jpg
展示車はディスクブレーキ仕様のBORAが装着されていました。
今回、チューブラーのリムに限ってはディスクブレーキ専用のリムを新たに用意しているということですからCampagnoloのディスクブレーキ関係に対しての並々ならぬ意欲を感じてしまいます。
リムの表面はクリアー塗装のように見えますが、この新しいリムはエポキシ樹脂がそのままクリアーになっているそうで無塗装なんだとか。
これで軽量化にも寄与するわけですし。
リアホィールのブレーキ側がラジアルになっていましたけれど、これは大丈夫なんだそうです。
e0154650_15295998.jpg
e0154650_153044.jpg


さて、場所を変えてインターマックスさんの展示会へ。
ここでは新たにモデルチェンジしたSciconのバッグを要チェック。
フレームを見直した事により劇的に軽量化を果たしたニューモデルはスルーアクスルの自転車にも対応できるようになったとかでシクロクロスでヒコーキ遠征しちゃう盆栽屋的にはちょっと気になる存在なんですよねー。
e0154650_15301922.jpg
e0154650_1530265.jpg
e0154650_1530243.jpg
キャスターもちょっと良くなってます。
ちゃんとベアリングが入ったモノになり1つにつき2輪仕様になって丈夫になっていると思われます。
個人的にはこの端の部分が硬く補強されて垂れにくくなってるのがポイント。
ここが垂れるとローラーに絡んで方向転換などの動きをジャマしちゃうんですよねー。
Sciconはお取り寄せ品になりますが、入荷次第送料サービスで配送させていただきますのでご注文は盆栽自転車店までぜひよろしくお願いいたします。
e0154650_15301799.jpg










こころにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■OPEN ~ CLOSE
08:30〜17:00 Cafe(Weekday) 
10:00〜17:00 Cafe(Saturday & Sunday)
13:00〜21:00 Cycle Works
■Wednesday is every closing
■AD 151-0051 4-11-8 Sendagaya Shibuya Tokyo
■WebShop http://bonsaicycleworks.com/ 


.
by bonsai-astn | 2017-07-21 12:00 | 展示会に行ってきました

展示会に行ってきました ポディウム編

展示会に行ってきました。

ポディウムさんといえば盆栽自転車店的にやはり「TIME」なんですよね。
ロシニョールに買収されたりといろいろあるTIMEではありますが。
基本的にキープコンセプト。
独特な製造方法は、もはやマスプロメーカーでは唯一というフレームの造りをしています。
塗装というか、フレームデザインは2018年モデルになってガラリと変わってます。
e0154650_19293224.jpg
自転車のフレームというと、ダウンチューブの両サイドにブランドロゴが入るのが定型なんですが、来年のTIMEはガラリと変わって、一見するとTIMEとわからないデザイン。
今までのTIMEのデザインからいくと革命的な変化になりました。
トップチューブにはTIME自慢のカーボン編み目が見える小窓が配されました。
画像はエアロカテゴリーのSCYLONです。
e0154650_19293431.jpg
e0154650_19293667.jpg
そして、カスタムカラーも選択できます。
こうしてはじめからカラーを豊富に選択できるのはうれしいですね。
e0154650_19303010.jpg
e0154650_19303382.jpg
e0154650_19303560.jpg
e0154650_19303721.jpg


ちなみに2017年カラーのSCYLON。
ガラリと変わったデザインにチョット受け入れられないわ〜という方のために盆栽自転車店には在庫で1本とってありますよ
サイズはSで、トランスリンクのノーマルフォーク仕様になってます。
残り1本だけですのでお早めにどうぞ。
e0154650_193051.jpg


さて、
新しいSCYLONには見慣れぬコンポーネントが付いてました。
そうです。
FSAのWEです。
WEとは、Wireless Electronicの略なんだとか。
ポディウムさんで新しく取り扱いがはじまったFSA。
展示会でプレゼンしてくださったメーカーの担当者いわく。
110PCDのコンパクトサイズ(いまとなってはノーマル仕様ですが)のカーボンクランクを市場にはじめて投入したのはFSAが最初。
コンパクトサイズのカーボンハンドルを市場に投入したのも最初なんだそうで。
革新的なことをやってきたということです。
e0154650_19293894.jpg
個人的なFSAの印象としては、やはりカーボンクランクを流行らせた中心的存在というイメージです。
それは、15年前くらいでしょうか。
当時はシマノもカンパニョーロもシルバーのアルミクランクがハイエンドモデルだったのですが。
FSAの黒いカーボンクランクは軽量でカッコよく、多くのサイクリストが導入しました。
その後にカンパニョーロがカーボンクランクを製品化し、SRAMも登場したときはカーボン素材のクランク。
コンポーネントメーカーが次々と変速性能が良いチェーンリング付きのカーボンクランクを出していくことによって、FSAの存在感は薄れていってしまうのですが、FSAがつくったカーボンクランクブームが、自転車の顔と言われているクランクのカラーを黒く変えてしまったのです。
アルミクランクのシマノも今となっては黒いクランクですし、ROTORもアルミだけど色は黒。
ファッションサイクリスト的視点としてはここに一番大きな影響力を発揮したと思うのです。
e0154650_19382655.jpg
さて、そんなFSAが放つ電動コンポーネント。
レバーはワイヤレスで、前後の変速機は電池にケーブルで繋がっています。
フレームメーカーは星の数ほどありますが、コンポーネントはFSAでようやく4つ目ですか?
新しいモノが好きな方にはたまらない選択肢になるのではないでしょうか。
e0154650_1932747.jpg

e0154650_19321343.jpg
チェーンリングも進化している様子。
e0154650_19321129.jpg
パワーメーターの発売も予定されています。
そういえば、SRMやPower2 MAXの土台としてのパワーメータークランクとしては存在していましたが、FSAのオリジナルという意味では初めてですね。
パワーメーターとしては後発になりますから、価格面でかなり勝負できるような値段にするとのことでした。
現在では価格未定です。
e0154650_1932948.jpg

e0154650_19321544.jpg










こころにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■OPEN ~ CLOSE
08:30〜17:00 Cafe(Weekday) 
10:00〜17:00 Cafe(Saturday & Sunday)
13:00〜21:00 Cycle Works
■Wednesday is every closing
■AD 151-0051 4-11-8 Sendagaya Shibuya Tokyo
■WebShop http://bonsaicycleworks.com/ 


.
by bonsai-astn | 2017-07-02 12:00 | 展示会に行ってきました

展示会に行ってきました インターマックス編

展示会にいってきました。

すでにはじまっている展示会シーズン。
7月のツールで新作を画面越しに探して。
9月のユーロバイクでまた画面越しに新発売を確認するという風情はもう過去のハナシ。
6月には2018年の予定を探らなければいけないという具合。
とはいえ、誰よりも先に情報を仕入れることができるのはありがたいでことで、それが本質だということに業界全体も気付きはじめたということなのかもしれません。

※そういうわけで無闇に公開できない来季の情報が各メーカーありますのでぜひ店頭までひっそり聞きにきてください(インターマックスさんだけに限らず)

さて、インターマックスさんでは新しい機材のセミナーでした。
すでに人気で入荷待ちのeTAPに油圧システムを導入したコチラ。
単純に油圧ブレーキになっただけではなく、ちゃぁ〜んと新しい機構を採用していましたから、製品の進化は一歩一歩進んでいるんだなと感心させられるわけです。
e0154650_175297.jpg
新しくなったのは、
ブリーディング(ブレーキホース内の空気抜き)の方法と、
ブレーキのかかり具合調整が付いたところ。
これってワイヤー式のブレーキではカンタンにできることだったのですが油圧システムのディスクブレーキには無い機能でした。
e0154650_1753070.jpg
無線のシフトの電動油圧はひときわ未来感を漂わせてくれます。
ディスクブレーキのロードバイクや、フロントダブルのシクロクロスバイクにも良いと思います。
現在ご予約受付中ですのでぜひよろしくお願いします。









6月16日(金曜日)はカフェは12時オープンとさせていただきます

6月24-28日(土-水曜日)はツアーオブフクオカのため臨時休業とさせていただきます


こころにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■OPEN ~ CLOSE
08:30〜17:00 Cafe(Weekday) 
10:00〜17:00 Cafe(Saturday & Sunday)
13:00〜21:00 Cycle Works
■Wednesday is every closing
■AD 151-0051 4-11-8 Sendagaya Shibuya Tokyo
■WebShop http://bonsaicycleworks.com/ 


.
by bonsai-astn | 2017-06-15 12:00 | 展示会に行ってきました

展示会に行ってきました ダイアテックプロダクツ編

展示会に行ってきました。

というよりは今回はセミナー。
お勉強です。
ROTORパワーのアプリの使い方や、ROTORのパワーメーター、Q-Ringsの優位性の講義を受けてきました。
ROTORは保証も良くなって質も実も備える良いブランドに成長しています。
e0154650_197489.jpg
ROTORの新しいBBも見る事が出来ました。
センター部分にネジが切ってあり、異音対策と精度向上を狙ったモデルになります。
まだ工具が安定供給されていないそうなので入荷は先になりそうです。
e0154650_1975117.jpg
e0154650_19244063.jpg
そして、朗報です!
とくにパワーメーターを自転車に取り付けてもパワーメーターの活用方法がわからないから不安だという方。
8月31日までに、2 INPOWERまたは、INPOWERをご購入の方には、Peaks Training Group Japanの中田氏の製作した4週間プログラムを受け取ることができる特典ができました。
購入、導入を迷っていた方はぜひこの機会をお見逃し無くお願いいたします。









25,26日(木、金曜日)はカフェは臨時休業とさせていただきます
自転車営業は通常通りです


こころにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■OPEN ~ CLOSE
08:30〜17:00 Cafe(Weekday) 
10:00〜17:00 Cafe(Saturday & Sunday)
13:00〜21:00 Cycle Works
■Wednesday is every closing
■AD 151-0051 4-11-8 Sendagaya Shibuya Tokyo
■WebShop http://bonsaicycleworks.com/ 


.
by bonsai-astn | 2017-05-26 12:00 | 展示会に行ってきました

展示会に行ってきました シマノ、インターマックス編

展示会に行ってきました。

シマノさんが開催するセミナーです。
デュラエース9100に関してくわしいお勉強ができました。
こういうセミナーは自営業者にとって非常にありがたいところ。
とくにシマノのパーツはハイエンドからローエンドまで広範囲で互換性も複雑になっているのでこうしたセミナーで確認作業をさせてもらえるのはありがたいです。
e0154650_167798.jpg
そして、なんといっても注目は〝FC-9100-P〟がデビュー。
シマノのパワーメーター付きのクランクです。
もうシマノのコンポーネントを使っているヒトは黙っててもコレっていう感じになるんじゃないでしょうか。
互換性とか変速性能とか気にせずインストールできるのが最大の魅力でしょう。
純正はなによりも強い。
外観は「パワーメーター使ってます」感の無い主張のないデザインもある意味では好印象と言えますし、コンポーネントメーカーが作っているからこそ。
e0154650_1671255.jpg
日本に1つだけとかいうサンプルも会場にありました。
パワーメーターと普通のクランクで外観上の違いといったら充電のポートがあるくらいなくらいシンプル。
つまり充電式。
左右独自で計測してバランス表示可能。
ベクトル表示が欲しいヒトはPioneer。
Dura-Aceだけが持っている独自の機能やサービスというのは特になさそうですが、シンプルイズベストといったところ。
税抜143,662円。
受注は開始されています。
7月以降の入荷になるそうです。
e0154650_1671542.jpg
左クランクのコードは間違って切ってしまいそうなくらいコードが危うい位置に。
もうテスト済みなんで大丈夫なんでしょうけれど。
e0154650_1671974.jpg
そして、うれしいカスタムパーツも出ました。
以前、この画像を見た時に海外の電気工作に強いひとの自作かと思ったら純正パーツ。
Di2のステム下のジャンクションをバーエンドに収納してしまうというすっきりアイテムです。
これはいい。
穴開きの対応ハンドルか、ハンドルに穴を空ける作業が必要になりますけどこれはいいですね。
カスタムのご依頼お待ちしてます。
e0154650_17453160.jpg





場所を変えてインターマックスさんへ。
そしたらここにもパワーメーターありましたよ。
SRAMブランドのQuarqを開始です。
価格のほうも聞けば15万円代とか。
悪くないんじゃないでしょうか。
SRAMユーザーにとっては純正仕様でパワーメータークランクを使えることになりました。
BB30とGXPがあります。
e0154650_16211094.jpg
こちらはボタン電池式の電源。
左右にセンサーは付いていませんが、左右の値も表示するQuarq。
e0154650_16211332.jpg
電池キャップのシールでカスタマイズもできるようになったんですね。
これはいいと思います。
e0154650_16211660.jpg
e0154650_16212069.jpg
新発売のsTAPのMediumケージのリアディレイラー。
これで最大ローギア32Tを実現しました。
Shortケージからすると長いプーリーケージに付け替えただけかと思いきや、フレームに付けるボルトのアーム部分の長さが違います。
ちゃんと最適化されてるんですね〜。
かつては品薄状態が続いてましたeTAPも今なら在庫ありますのでそんなにお待たせせずに組み替え可能です。
ご注文お待ちしてます。
e0154650_1621186.jpg














こころにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■OPEN ~ CLOSE
08:30〜17:00 Cafe(Weekday) 
10:00〜17:00 Cafe(Saturday & Sunday)
13:00〜21:00 Cycle Works
■Wednesday is every closing
■AD 151-0051 4-11-8 Sendagaya Shibuya Tokyo
■WebShop http://bonsaicycleworks.com/


.
by bonsai-astn | 2017-02-16 12:00 | 展示会に行ってきました