2018年 01月 13日 ( 1 )

12月の盆栽屋仕事録

12月もいろいろ作業のご依頼をいただきましてありがとうございました。
やはり冬場のシーズンということでオーバーホール作業を数多く頂戴した記憶があります。
自転車のオーバーホールは自転車のほとんどを分解&洗浄するサービスです。
すんなり作業できれば1週間から10日程度でお渡し可能です。
これは自転車の状況にも依りますのでやってみなければわからないという都合もあります。
実際、12月にお預かりしたオーバーホール作業の自転車で、分解を進めて診てみるとスモールパーツを交換しなければいけないカ所がいくつも出て来て越年してしまったオーバーホールもありました。
e0154650_18270716.jpg
H氏のBONSAI x ENVEはデカール交換です。
デカール交換はもちろんBONSAI x ENVEだけ!
そして、点検も少々。
ENVEリムはタイヤを外した状態でないとフレ取り作業ができませんので、タイヤを外して来てくださいました。
チューブラータイヤの場合はとくにタイヤ交換のタイミングでこうして点検をしたほうが、常に良い状態でホィールをお使いいただけると思います。
e0154650_18270789.jpg
Y氏のSPEEDVAGENはオーバーホール。
いつもキレイにお乗りいただいてますY氏の自転車なだけに、一見では新車と間違えられる事が多くオーバーホールの必要があるのかと思われがちな雰囲気ですが、やはり経年劣化と使用による劣化は防ぎようがありません。
e0154650_18270737.jpg
そういうわけで、分解洗浄。
ワイヤーやチェーン、バーテープは新品に。
そして、今回はついでにコラムスペーサーもChris Kingにセットアップ。
Goldカラーは絶版カラーで代理店も在庫限りですからギリギリセーフのタイミングでした。
ヘッドスペーサーの色を変えるだけで「グッ」と引き立つまとまり感。
そこにリスペクトがあります。
e0154650_18270713.jpg
カスタマーO氏もオーバーホール。
シーズン途中のCX車です。
Independent Fabrication。
サイズの大きなO氏の自転車ですが、やはりカンチブレーキの自転車なので軽量ですね。
軽さを求めるのであれば、カンチに分があるのかもしれません。
e0154650_18270658.jpg
BONSAI x ENVEでハブ交換をご希望のカスタマーY氏。
お預かりしてみると、タイヤが裂けておりましてチューブが中からコンニチハ。
これは危ない、危機一髪。
前輪でしたので余計に発見できて良かったです。
別の内容の作業御依頼でも機材を診させていただくことで思わぬところに交換必要カ所が見つかったりするのです。
e0154650_18270754.jpg
シクロクロス熱中時代のC1選手てっちゃんは代車をオーバーホール。
なんとこの代車に手をかけることによりあらたなる役目を吹き込むという狙いがあるそうですから、さすが国立大ご出身で一流企業にお勤めの方は考えていることが違います。
珍しいTIME製のシクロクロスフレーム。
しかもISPのシートピラー。
軽量カーボンフレームでカンチブレーキのこの代車は、砂用のチューブラータイヤを装着することで平坦や砂仕様のレースにご使用になるとか。
狙い通りにレースがいったのかは1月のレースであきらかになっていることでしょう。
e0154650_18270660.jpg








1月14日(日)はシクロクロスレースのため、自転車営業は臨時休業とさせていただきます
カフェは通常通り営業いたします


こころにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■OPEN ~ CLOSE
08:30〜17:00 Cafe(Weekday) 
10:00〜17:00 Cafe(Saturday & Sunday)
13:00〜21:00 Cycle Works
■Wednesday is every closing
■AD 151-0051 4-11-8 Sendagaya Shibuya Tokyo
■WebShop https://bonsaicycleworks.com/


.

by bonsai-astn | 2018-01-13 12:00 | 盆栽屋仕事録