甲州マスカットライドを走る男

シャインマスカットに出会って。
わたしはすっかりブドウが好きになってしまった。
それは皮ごとタネなしでパクパクイケることが最大の要因。
育ちが良過ぎてクチに含んだモノを「ぺっ」て出すのが体質的に苦手なわたし。
思えば、チキンも骨なしがいいし、アイスも棒がないほうが好み。

そんなシャインに覚醒されたヨシダに。
「これはどうだ?」とマスカットを差し入れてくれた男がサイのツノのようにただ独り。
山梨から来てくださるコミュニティー会員のミキヲ氏。
関東のフルーツ県といえば山梨県。
そこからお店に来てくれたついでに差し入れてくださったマスカットがわたしを変えた。
それがハードコアーとの出会い。
この物語のはじまり。

そこにリスペクトがある。

甲州マスカットライドを走る男_e0154650_16482909.jpg


ホンモノはまず見た目から違う。
わたしが摂取していたシャインマスカットは実家の親が送ってくれる福岡産や、スーパーで買うようなモノだったのだが。
それと比べてこの立派過ぎる実の成り立ち。
すこし楕円形のような豊かで大きな実。
このカタチだけで美味そうというか、贅沢な気持ちにさせられる。
そんな逸品。
さらにその実をひとくち食べてみればみずみずしいゼリーのような果肉とマスカット特有のさわやかな風味。
「こ、これは、、、」

もうこれしか喰えない。
そうさせられるシャインマスカット。
そこにはリスペクトしかなく。


甲州マスカットライドを走る男_e0154650_16555106.png


だからよく年である今年。
マスカットのシーズンまで静かに待ち。
わたしは自転車を走らせた。
サイの角のようにただ独り。

普段は独りだとモチベーション低下しがちなわけであるが。
今日はそうならない理由があった。
山梨県産のハードコアーシャインマスカットを買い付ける必要があった。
それは、お世話になった方々やたくさんお買い物をしてくださったお客さんに贈るため。

自転車屋は贈答品も自転車で買い付けに行く。
そこにリスペクトがある。


甲州マスカットライドを走る男_e0154650_16451249.jpg

そして、ロスタイムが無いライドを提示する必要もあった。

停まらない、休憩しない。
食事は手持ちの補給食のみ。
ワンボトルなので飲み物は峠を下るたびに途中にある自販機で補給したけど、飲んだらすぐ出発。
走りながら休む。
そんな逆説的なことができると自転車レヴェルも少し上がるとか上がらないとか。


甲州マスカットライドを走る男_e0154650_16450132.jpg

そんなこんなで6時出発で、12時前には笹子峠の頂上でミキヲ&ミキご夫妻に合流。
ここからは地元のおふたりのご案内によりあらかじめ予約してあった葡萄園に向かいます。


甲州マスカットライドを走る男_e0154650_16450290.jpg


今回、案内していただいた葡萄園。
わたしの「お客様向けにブドウを贈りたい」というリクエストに見合った葡萄園をミキヲ氏が事前に探してくださいました。

確かに、今まで気にもしなかったけれど。
目線をブドウ目線にしてみると勝沼周辺はこんなにも葡萄園があるのかと驚かされてしまいます。

街道沿いに大きな看板とノボリを立てた葡萄園。
大型の観光バスが停まっているような葡萄園。
ぶどう狩りがウリの葡萄園。
いろいろあるわけです。


甲州マスカットライドを走る男_e0154650_16445508.jpg

そして案内していただいた葡萄園。
静かな場所にあり、とても整頓されており綺麗。
もちろんブドウも綺麗。
まさに贈答用にぴったりな葡萄園なわけです。
しかも、当日は「ご予約のお客様のみ」という。
初見で行って入ることは許されない。
まさにハードコアーな葡萄屋さんに案内していただくことができました。


甲州マスカットライドを走る男_e0154650_16451211.jpg


こんな感じで、ブドウの樹の下。
大量のブドウにかこまれながらゆっくりとブドウを買い付けます。
けっしてブドウ狩りをしてきたわけではありません。

その間にさまざまな品種のブドウの食べ比べができ、ブドウマスターであるおじいちゃんから説明も受けられる という環境のなかで少しはブドウに詳しくなったかもしれません。


甲州マスカットライドを走る男_e0154650_16451303.jpg


さて、満足いくまでブドウを買い付けたあとは地元のローカルフードを食べに行きます。
地元ならではのお寿司があるということで案内されたのがコチラ。


甲州マスカットライドを走る男_e0154650_17443790.jpg


甲州寿司というらしく、寿司の起源である屋台寿司の名残を残す大きなサイズ。
かつては静岡で獲ったマグロを甲府に運搬するのに1日かかってしまうので、鮮度が落ちてしまったために味の濃い甘だれをつけたのが「甲州にぎり」の始まりなんだとか。

ちょっとおにぎりっぽくて美味しいです。
150kmを走ってきた肉体に吸い込まれるようにペロリと平らげてしまいました。


甲州マスカットライドを走る男_e0154650_17444098.jpg


盆栽屋の旅はいつもそうですが。
地元のハードコアーの方々のおかげで常に最短距離のアクセスが取れてしまいます。
今回もそうでした。
ご夫妻のおかげで未体験ゾーンのシャインマスカットワールドに光がさしました。
そもそも、ご夫妻の差し入れがないとこのハードコアーに到達していなかった。

山梨県は東京都のお隣。
江戸時代は幕府の領地だったことからも関係性は浅くは無いわけです。
シクロクロスのレースや遠征でしばしば行くことや、ロングライドで現地まで走ったことは数多いわけですが、まだまだ知らないことがたくさんあるなと痛感させられてしまいました。


甲州マスカットライドを走る男_e0154650_17444240.jpg

帰りは輪行です。
電車で2時間弱。
巨大で立派なシャインマスカットは持ち帰るには3箱が限界値。
いやぁ、いい買い物ができました。

贈った先のみなさまに喜んでいただけるといいわけですが。
すでに万物のグルメというグルメを食べ尽くされているみなさまだと思いますが、、、。
きっと喜んでいただけるでしょう。

そこにリスペクトがあります。












こころにはいつも自転車とリスペクト盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■OPEN ~ CLOSE
11:00〜15:30 Cafe(Saturday Only 不定期営業 カフェの営業日はカフェ部門のInstagramをご確認ください)
13:00〜20:00 Cycle Works (Wednesday Close)
■Wednesday is every closing
■AD 151-0051 4-11-8 Sendagaya Shibuya Tokyo
■WebShop https://bonsaicycleworks.com/

□より深淵な世界は個人ブログのほうをご覧ください

.

by bonsai-astn | 2023-09-17 06:00 | 盆栽屋コミュニティ
<< サイのツノのようにただ独り先頭... 癒しライドで癒された気分 >>