ENVEニュース!! ポガチャルとENVEの秘密

今シーズン。
プロツアーチームの「UAE Team Emirates」が、ENVEホィールを使用しているのはみなさんご存知のことだと思います。

そして、
そのチームの看板選手であるポガチャル選手が今シーズンの北のクラシックで大活躍したのは記憶に新しいところだと思います。
さらに、
昨日で幕を閉じたジロ・ディタリアでは若手のホープであるジョアン・アルメイダ選手が総合表彰台と、新人賞を獲得する活躍を見せました。

そこにリスペクトがあります。

ENVEニュース!! ポガチャルとENVEの秘密_e0154650_20155361.jpg

わたしも、きっとみなさんもこのUAEチームがENVEホィールを使っているのは。
「ENVEがこのチームのスポンサーになったから」だと当然のように思っていると予想しますけど。

わたしはとある情報筋(代理店)から衝撃的な情報を得てしまいました。

実は昨シーズンオフに機材の大幅な変更を計画していたコチラのチーム。
最強のエースであるポガチャル選手を中心に来季(今季のことですネ)使用するホィールを、実際に使用して検討したのだそうです。
そこで、
ポガチャル選手が気に入って「使いたい!」となったのがなんとENVE !!

これがリスペクトだ、そう思いませんか?
わたしはこの情報を知った時に、わたしも知ってるこの良さがトップレーサーも共感するものだったのかと震えて涙(こゝろの)が止まらなくなってしまいました。

いやぁ、すごいことです。
もちろん、この世のすべてのホィールを試したわけじゃないでしょうし(ROVAL等のフレームメーカー準拠のホィールは初めから候補ではなかったはず)、いろいろな条件があらかじめあったと思います。
しかし、そんな中でもENVEが選ばれたという事実とリスペクトに驚きと感動しかないわけです。

で、
そんなUAEチームは、ENVEの本拠であるユタ州オグデンまで来季使用するホィールセットを購入するため、大量の使用ホィールを確保するために向かうそうなんですが。
さすがにこれは、ENVE的にも光栄だということで、ホィールを提供させていただくことになったみたいなんです。
つまり、御カネを払って機材を使ってもらうというスポンサーではなく。
モノを無償提供するサプライヤーということなんですね。
インフルエンサーみたいな?

ほんとにすごいです。
近年のプロロード界に醒めた視点しか持てなかった自分にとっては、目の覚めるニュースでした。


ENVEニュース!! ポガチャルとENVEの秘密_e0154650_20154216.jpg

そんな自分でも使いたいホィールを手に入れたポガチャル選手の活躍はみなさんご存知の通り。
ロンドヴァンフランデレンにでは、本来ホームゲームであるはずのマチュー選手やワウト選手を押しのけて圧倒的な独走勝利を遂げてしまったのです。

まさに水を得たサカナならぬ、
ENVEを得たポガチャルなわけです。

ロンドでのポガチャル選手の使用ホィールは、リムハイトが高めのSES 4.5だったのが個人的に意外だったわけですが。
いちおう、チームでは以下のような使い分けがなされているようです。

SES 4.5 平均スピードが高く、勾配のキツい山岳がない場合(斜度15%)

SES 3.4 上り下りが多く、中高速域の平均スピードが予想される場合

とくに、
ワイドリムの安定感。
28Cのチューブレスタイヤを使用することで、低圧の乗り心地と走行抵抗の少なさが選手に好評なのだとか。

ということで。
チームトラックには、3.4と4.5のホィールセットが常備されているそうです。

ENVEニュース!! ポガチャルとENVEの秘密_e0154650_20154545.jpg


上記のような条件はありますが。
19ステージの超級の山岳ステージでも、4.5を使用していることから、ホィールの選択は基本的に選手に一任されているのでは?と思います。

ENVEのホィールは、なにかと「高い!高い!」と言われてしまう事も少なくないですけど。
そりゃ「高いわ」と思わせてくれるこの情報。
だってプロツアーが自腹で欲しがったホィールなんですから。
そんなホィールを他に聞いた事ありますか?


ENVEニュース!! ポガチャルとENVEの秘密_e0154650_20155011.jpg


実際、結果も出しちゃったしなぁ。
しかもシーズン早々に。。。
ポガチャル選手は残念ながらアルデンヌクラシックにて骨折をしてしまいましたけど。
きっとツールのスタートにはつくでしょう。
そこでも、ENVEを得たポガチャルとなり、昨年優勝のヴィンゲゴー選手とのライバル関係に一矢報いることができるのか?
今から楽しみです。

ENVEニュース!! ポガチャルとENVEの秘密_e0154650_20155754.jpeg


ポガチャル選手も認めるENVE。
イイですよ。
ENVEホィールの良さを享受できるのはプロ選手だからでしょ?なんて言うザ・アマチュアな感想はやめましょう。

アマチュアだってこの良さは絶対に実感していただけると思います。
実際、ENVEを購入してくださったカスタマーの皆様は、ほとんどの方が他のホィールへの興味を失ってしまうくらいの魅力があるわけです。
その同じ感覚を、あのポガチャル選手も持ってくれていたことに感動したわけです。

そこにリスペクトがある。

こんなニュースを知って。
新型を投入しない盆栽屋はナシ。
旧型の3.4でじゅうぶん満足しているツモリチサトでしたけど。
ポガチャル選手が買ってまで欲しがった4.5にしてみたくなり、ハブ交換で組んだばかり(ほぼ2か月)のホィールをバラして組み替えましたヨ。


ENVEニュース!! ポガチャルとENVEの秘密_e0154650_20433342.jpg


コチラのインプレッションはまたのちほど記事にさせていただきます。











盆栽自転車店 在庫リスト(6月現在)

潤沢にあったリムの在庫も少なくなってきました。

SES 2.3 リムのみ、またはホィールキット(クリスキング、ENVEハブに出来ます) (店頭に在庫あります)

SES 3.4 リムのみ、またはホィールキット(クリスキング、ENVEハブに出来ます) (店頭に在庫あります)

G23 リムのみ、またはホィールキット(クリスキング、ENVEハブに出来ます) (店頭に在庫あります)

シマノ、SRAM XDRボディあります

商品の売れ行き次第で在庫は変更になります
ブログを閲覧される場合は記事の日付にご注意ください














6月11日(日)まで
SIN x BONSAI サマーテーシャツのご予約を受付中です

こころにはいつも自転車とリスペクト盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■OPEN ~ CLOSE
11:00〜15:30 Cafe(Saturday Only 不定期営業 カフェの営業日はカフェ部門のInstagramをご確認ください)
13:00〜20:00 Cycle Works (Wednesday Close)
■Wednesday is every closing
■AD 151-0051 4-11-8 Sendagaya Shibuya Tokyo
■WebShop https://bonsaicycleworks.com/

□より深淵な世界は個人ブログのほうをご覧ください

.

by bonsai-astn | 2023-05-29 12:00 | BONSAI x ENVE
<< REAL BONSAI TRU... 癒しライドで癒された気分 >>