もしも…Independent Fabricationに乗るなら、盆栽屋の場合

もしも…。

IF。
Independent Fabrication。
自分の自転車にするのであるならば。
さて。
どうしようか。

盆栽屋の新しい自転車はロードレーサー。
といってもピュアレーサーではなく、ちょっとリラックス寄りで安定志向。
でも、性格上ゆったりのんびり過ぎるのもチョット違う。
ときには太めのタイヤを装着して遠出してみたり、なんなら帰りは輪行してみたり。
そんなプランにも対応できる自転車。

ブレーキシステムはディスクブレーキで。
新しいENVEのエアロステムも使ってみたい。
予算的には高価になり過ぎないスチールフレームで。
コンポーネントは余っている11Sのモノを使いまわしたい。

いろいろな自分の理想をまとめてみたら、そういう1台が出来ました。
こうした種々のプランをまとめて総合的にデザインして、具現化していくのがオーダーフレームの醍醐味。

そこにリスペクトがある。

もしも…Independent Fabricationに乗るなら、盆栽屋の場合_e0154650_18555787.jpg


というわけで、フレームは昨年夏には出来上がっていました。
しかし、盆栽屋の求めるカラーはこれではない。
オーダーしといてこれではないとは何事か?というわけですが。
単なるワガママというわけではなく、ちゃんとした理由があるのです。

諸事情により、ステムの塗装は国内の塗装屋さんに塗っていただいてました。
今回のフレームはつや消しクリアー。
フレームとステムでつや消しクリアーの明度に差が出ると問題なので、出来上がっているフレームを一目見て素早く検品したのちに国内の塗装屋さんに発送したのでした。

文字どおりの二度手間です。
これはカスタマーのみなさまにはオススメしませんが。
盆栽屋には通過儀礼のようなものです。
こうしない限り欲しいモノが実現しないのですから仕方ないのです。

もしも…Independent Fabricationに乗るなら、盆栽屋の場合_e0154650_18555804.jpg


(シルバーヘッドバッヂ無し)

そうしてツヤ消しになったフレームは完璧なイメージ通りでした。
塗装屋さんには最近のフェラーリのフォーミュラカーと同じツヤ消し加減で、というオーダーでしたが完璧な仕事をしてくださいました。

もしも…Independent Fabricationに乗るなら、盆栽屋の場合_e0154650_19084416.jpg

そして、今回の自転車のキモとも言えるパーツも同時に塗りあがってきました。
それがコチラ。

もしも…Independent Fabricationに乗るなら、盆栽屋の場合_e0154650_18555732.jpg

のっけからステムが主役みたいなハナシですが。
このパーツが自転車に組み込まれて目立たないわけがないでしょうよ。

盆栽屋のロードバイクでは大定番のシャークマウスです。
いつもはTIMEのステムに描いていましたが、今回からは野心的に新しいステムに描いてみました。
ENVEのエアロステムです。
エアロステムのつるんとした形状が、サメというよりはヘビに近いのかもしれません。
まぁどちらでもいいんです。
ポイントは上から見てもキャラクターのお目目がパッチリ見えること。
前歯もちゃんと描かれていること。
そして、舌が伸びてそこにメーターが鎮座。
まるで生き物であるような存在感です。
わたしが求めた質感とストーリーが実現しています。

そこにリスペクトがあるのです。

もしも…Independent Fabricationに乗るなら、盆栽屋の場合_e0154650_18555863.jpg

今回、パーツ集めは困難を極めましたが。
業界歴15年超の知識と経験を活かしてなんとか地球の果てからでもかき集めてきました。
このコ◎ナ禍だというのになんとか集めることができました。
もしかしたら幸運だったのかもしれません。

もしも…Independent Fabricationに乗るなら、盆栽屋の場合_e0154650_18555885.jpg


ホィールを静かに組み
ENVEのディスクブレーキのロードレーサー用リムとしては最も軽量な、3.4 Discです。

もしも…Independent Fabricationに乗るなら、盆栽屋の場合_e0154650_18555867.jpg


2020年内に乗ることはできず完成しないまま年を越し。

もしも…Independent Fabricationに乗るなら、盆栽屋の場合_e0154650_18560734.jpg


最終的に足りなかったパーツを追加して。

もしも…Independent Fabricationに乗るなら、盆栽屋の場合_e0154650_18555889.jpg


何度となく乗っては調整。
乗っては調整を繰り返し。
仕上げました。

もしも…Independent Fabricationに乗るなら、盆栽屋の場合_e0154650_18560782.jpg


最近ではこのロードレーサーでの積算距離も1000kmに到達してきて、かなり良くなってきました。
乗り出しが完成ではありません。
日々乗っていくなかで自転車と自分の相性を突き詰めていく行為が絶対に必要だと思います。
ぜひ納車されたカスタマーのみなさまも遠慮なく微調整にお持ち込みください。

もしも…Independent Fabricationに乗るなら、盆栽屋の場合_e0154650_19234549.jpg

■フレーム

Independent Fabrication Steel Crown Jewel Disc

■スペック

レバー:SRAM Red eTAP
Fメカ : SRAM Red eTAP
Rメカ:SRAM Red eTAP
クランク:ROTOR ALDHU
ブレーキ : SRAM Red eTAP AXS
チェーン:Campagnolo Record
BB : CHRISKING Thread Fit 30 Turquoise
スプロケット:TNI クロモリコグ

ヘッドパーツ:Chris King Inset8 Turquoise
ハンドル:3T Rotundo Team Stealth
バーテープ:Fizik
シートピラー:ENVE
サドル:Fizik Aliante
ペダル : SPEEDPLAY ZERO Titanium Custom

ホイール:BONSAIxENVE
リム : ENVE SMART SYSTEM SES 3.4 Disc
ハブ:CHRISKING R45 Disc Turquoise
スポーク : SAPIM CX-RAY
タイヤ:ENVE

もしも…Independent Fabricationに乗るなら、盆栽屋の場合_e0154650_19234525.jpg


カラーリングはかつて乗っていたCROSS BONSAI号とまったく同じです。
ホットピンクのメインカラーに、クリスキングはターコイズの組み合わせ。

しかし、そのままもう1台ということにはせずツヤ消しクリアーにすることでまったく別の1台になりました。
クリアコートだけでも自転車の印象は変わるわけです。

もしも…Independent Fabricationに乗るなら、盆栽屋の場合_e0154650_19234664.jpg


新しいフレームはセカンドボトルの位置もかなり低くていい感じ。
低重心を実現しています。
これはディスクブレーキの自転車のコンセプトに合致しますね。

もしも…Independent Fabricationに乗るなら、盆栽屋の場合_e0154650_19234501.jpg


さらにこのフレームの野心的な取り組みとして、サードボトルを採用しました。
もしも長旅に出かける場合は、ここにツールケースを搭載してみたり、輪行袋を積載することもできるのです。
もちろん、シンプルにボトルを配置することも可能です(飲み口が相当汚れてしまいますが)。

もしも…Independent Fabricationに乗るなら、盆栽屋の場合_e0154650_19234671.jpg


スチール製のディスクブレーキロードバイクなので、重量面ではカーボンフレームにはかないません。
この仕様で8kgちょっとでした。
でも、8kgちょっとであればカーボンフレームでもディスクブレーキの自転車では存在します。

なのでそこまで激重というわけではないのかもしれません。
現実的に操作するぶんにはとても乗りやすいのです。
高速区間でも自転車がブレることなく路面に追従してくれる安定した走りをしてくれます。
重量がメリットとして作用しています。

スチールバイクのしなやかな乗り味も健在。
伸びるようなスピード感は気持ちいい!のひとこと。

スチール製のディスクブレーキのロードバイクはIndependent Fabrication のなかではエントリーに位置するわけですが。
その走りはエントリーにとどまらない性能を見せてくれるのです。

こちらのフレームの気になるお値段は、360,000円〜。
カスタムフレームなので仕様によりお値段は変化しますが、走りが良くて美しく飽きがこない自転車としてはとても魅力があるフレームなのではないかと思います。

先日ご紹介させていただきました当店在庫のクリスキングのレアカラーセットもご活用いただけるこのフレーム。
ハッキリ言ってオススメです。

もしも…Independent Fabricationに乗るなら、盆栽屋の場合_e0154650_19234559.jpg














こころにはいつも自転車とリスペクト盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■OPEN ~ CLOSE
08:30〜17:00 Cafe(Friday)2020年10月12日からしばらくのあいだカフェは休業とさせていただきます
10:00〜17:00 Cafe(Saturday & Sunday & 祝日)
13:00〜20:00 Cycle Works
■Wednesday is every closing
■AD 151-0051 4-11-8 Sendagaya Shibuya Tokyo
■WebShop https://bonsaicycleworks.com/

□より深淵な世界は個人ブログのほうをご覧ください

.

by bonsai-astn | 2021-02-18 12:00 | Indyfab
<< 癒しライドで癒された気分 盆栽新着情報 2・15 >>