究極のホィールとは?

究極のホィールとは?

何でしょうか。

盆栽自転車店の開店以来。
予想に反して手組のお仕事をご依頼していただくことが多く。
今では世間的に手組のお店。
みたいなご理解になっているのではないでしょうか。
実際、カスタマーに納品させて頂くホィールのほとんどは手組ですし。
おかげさまでホィールに関してかなり勉強させていただきました。
リスペクトがあります。


e0154650_20283811.jpg

手組ホィールはカスタマーのオーダーにより完成します。
リムは何にするのか?
ハブは何にするのか?
スポークは、、、?
カスタマーにあわせて色々と調整できるのがオーダーメイドのホィールの利点のひとつであり絶対的な価値であると思います。

e0154650_20290768.jpg


最近、ご依頼いただくオーダーのなかでも多くなってきたのが。
GOKISOハブ x ENVEリムの組み合わせ。
これ以上ない究極の回転性能と。
高い精度と剛性アンドエアロ性能を誇るENVEリムの組み合わせ。
そこには重量は?なんていうある意味でのネガな質問は置いてけぼりなわけです。
“究極のオーダーメイドホィール”としてのひとつの回答になっていると思います。
そこにリスペウトがあります。

e0154650_20284264.jpg


それでは。
究極のオーダーメイドホィールの対極に位置するであろう究極のレディメイドホィールとは?
それは何でしょうか。

いわゆる完組ということなんですけど。

ボラ?
Lightweight?
Zipp?
まぁいろいろ思い浮かぶのではないかと思います。


e0154650_21275316.jpg

手組のホィールと違って。
完組ホィールはトータルの設計を独自に追求することができます。
だから手組ホィールでは使うことができないスポークやリムが存在します。
それは極端に太いエアロスポークや、エグザリットのような特殊な加工が施されたリムなど。
オリジナルの設計ができるのでハブのフランジ形状やオフセットされたリムなど、ホィールの全体の最適化を図ることができるのです。
しかし、そららの最適化の中にはメーカー都合のコスト面での最適化も大いに反映されてしまうので、手組ホィールのように時にはコストを度外視して隅々までこだわった究極のホィールというものが生まれにくいのも事実。


e0154650_20344319.jpg


そう思ってたら。
出ました。
究極のレディメイド。

というか出ます。
これからしばらくは間違いなくコレです。
COSMIC ULTIMATE UST
そこにリスペクトがあります。


e0154650_20295436.jpg

そうです。
MAVICです。
このホィールのニュースを知った時はMAVICのお取り扱いがありませんでしたので、指をくわえてこのニュースを眺めていたのですが。
来季からなんとかなりそうです。
それにこのホィールはわたしも欲スィ!!

そういうわけで盆栽自転車店でもMAVICのお取り扱いを本格的に開始します!!!!!


e0154650_20344458.jpg


COSMIC ULTIMATE と言えば。
個人的にリカルド・リッコが思い出されます。
ツールで衝撃的な新人賞。
このホィールはとにかく軽快に走るリッコが似合っていました。
あの当時が2008年。
わたしのムカシのブログにもこのホィールへの想いがありました。
当時は要らないタイヤが付いてくるようになった年。
今ではありがたいくらい高性能になって付属するようになったMAVICのタイヤ。
全ては10年の年月が解決してくれるようです。


e0154650_20300729.jpg

もちろん、ホィール自身もこのたびのフルモデルチェンジで完全に生まれ変わりました。
前モデルは、当時の究極のホィールであるLight Weightを劣化コピーしたという面が否めませんでしたが。
10年の時を超えて。
本家を超えるスペックになって生まれ変わっています。
そこに究極がある。


e0154650_22384915.jpg

前作のネガだった部分と言えば。
リアの左側のスポークが振れ取りができる仕様になっていたこと。
おかげで製品上フレが出ないはずのコンポジットホィールの良さが半減してしまっていました。
そんなネガティブな面が新作では完全に改良されています。
完全にくっつけてしまっただけなんですけど。
これだけならまだLight Weight。



e0154650_20302067.jpg

ハブのフリーボディも10年前と違って進化を遂げています。
DTやクリスキングも採用するリング式のラチェット機構。
40ノッチもの細かい刻みで、足を止めた状態から漕ぎ出しまでのタイムラグを極限まで小さくしています。


e0154650_21551853.jpg


スポークの数は前後ともに20本。
カーボン製のスポークはリムを通過してブレーキ面まで届いています。
ハブに巻きつくようにして切れることなく反対側のリムの端まで。
これによりホィールのさらなる一体感と剛性感が高まるのです。
これは手組ホィールでは絶対にできない性能になります。
スポークの形状は翼断面に改良されておりエアロ効果も向上しています。



e0154650_20301797.jpg
e0154650_20301464.png


そのエアロ性能は、ENVEのSES4.5よりも優れるということで、、、、。
SES4.5よりも低い40mmのリムハイトでこの成績とは。
高い巡行性能が期待できるというものです。


e0154650_20301212.jpg


そして、タイヤはチューブレス対応に。
昨年登場したMAVICのUST式チューブレスレディの評判は市場ですでにかなり高評価を得ているのは皆様ご存知の通り。
カンタンなセッティングが従来のチューブレス観を一新してくれました。
もちろんタイヤの性能も高評価。
著名な市民レーサーの方々にも愛用されているレースで使える性能です。

前作のCosmic UltimateやLightWeightなどのホィールはどのインプレを見ても硬い硬いと言われてるのが目立ちますが。
このチューブレス対応になって硬さはメリットだけになってくれるのではないかと予想しています。



e0154650_20300413.jpg



そして、毎年のように変わるMAVICのデザインはもしかすると来年が一番の当たりなのでは?
なぜならこのシンプルさ。
リムとハブとクイックに線が1本入っただけです。
おかげで軽量化にもつながりますし、どんな自転車でも似合うというもの。
もちろん、このラインを自転車のキャラクターラインに合わせてカスタムするのも盆栽自転車店であれば朝飯前の夜食前というわけです。

MAVICのホィールは無料の補償制度もありますのでご安心してお使いいただけます。
やはり正規取り扱い代理店でご購入いただくのがご安心ですね〜。


e0154650_22304015.jpg


さて、
そんな究極のレディメイドホィールは。
価格も究極そのものです。
タイヤ付きで50ペソ。
50ルーブル?
違います。
ごじゅうまん円です。

LightWeightよりも安い!!!


e0154650_20295436.jpg
さて、
8月中旬までに盆栽自転車店にてご予約いただけた場合。
ご予約いただけた方にはお得なスペヒャルリスペクトマヴィックスタート価格をご案内させていただきます。
このホィールに関しては入荷はかなり先の1月になりますけど。
究極なホィールを履いて走る日を心待ちにする特別なお時間をお過ごしいただけるのではないかと思います。

ほかのMAVICのホィールに関してもスペヒャルリスペクトマヴィックスタート価格のご案内ができますのでぜひよろしくお願いします。











7月16日(月)はロングライドのため臨時休業とさせていただきます

こころにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■OPEN ~ CLOSE
08:30〜17:00 Cafe(Weekday) 
10:00〜17:00 Cafe(Saturday & Sunday)
13:00〜21:00 Cycle Works
■Wednesday is every closing
■AD 151-0051 4-11-8 Sendagaya Shibuya Tokyo
■WebShop https://bonsaicycleworks.com/


.





by bonsai-astn | 2018-07-10 12:00 | いつもありがとう
<< 癒しライドというライドイベント... サメは煮干しのラーメンをすする >>