コンセプトのある組み換え事案を承りました

浜松在住のアンディー・ゴー・ホール氏から組み換えのご依頼を承りました。
ロードバイクをスーパーレッジェーラ化してほしい、とのことで。

???

初めはなんのこっちゃ?と思ったのですが、浜松の王者「浜王」の称号をほしいままにするゴー氏。
浜王である彼が依頼してくる自転車の改造なわけですから、そこにリスペクトがないはずはありません。


e0154650_17190846.jpg


そしたら、こんな投稿を目にしました。

@bonsaicycleworks でSVをアストンマーチン的スーパーレッジェーラ化。
スーパーレッジェーラとは超軽量を意味し、V12に並ぶ神がかった言葉。
でも待てよ、スーパーレッジェーラと名乗りながら、そう名乗ってる車は特別軽い訳じゃない。
スーパーレッジェーラはただの言葉だって事に気付く。
バガボンドで柳生石舟斎が天下無双はただの言葉じゃよと言い放ったのと同じように。多分。
言葉通りのスーパーレッジェーラが重要ではなくて、そのスーパーレッジェーラへの道程のストーリーこそが重要で、そこに夢と浪漫を感じる。


e0154650_17194847.jpg


ゴー氏いわく、アストンマーチンのスーパレッジェーラというクルマは単純に軽量化されたクルマではなく、そのカッコよさや高級感、そして実際にクルマを走らせてみても最高のバランスで纏まっているようで。
そういったコンセプトでご自身の自転車もカスタムされたいとか。

ほーほー。
ナルホド。
それならよくわかります。
なんせコンセプト的に私のロードレーサーと同じです。

単なる「軽量化」を達成したいだけならば、これだけコンポーネントの純正化が進んだ中でもまだまだいくらだってヘンテコリンなパーツが出てきます。
いわゆるサードパーティーという類い。
そういうパーツを組み込んだ自転車は単なる「軽量化」は達成できていても、カッコ良いカッコ悪いは個人の趣味の判断でともかくとして、見た目に統一感を欠きますし、最悪の場合は「軽量化」をしても剛性などの他の部分で性能低下しているようではよろしくない。
つまり、あくまで走る性能というのを極限まで高める目的で、見た目の統一感も損なうことなく、最高のバランスで軽量化をするという行為。
それはクルマの世界でも同じようで。
そういう無骨さとか、気持ち悪さを排した上での軽量化ということなんですね。
そこにリスペクトがあります。


e0154650_17195114.jpg


フツーに組んだだけで軽量に仕上がるカーボンフレームのロードバイクが全盛の中で「軽量化」なんてイマドキ流行らないかもしれませんが。
ことメタルフレームにおいては事情が違ってくると思います。

フレーム重量の差でカーボンフレームとメタルフレームでは500g近いこともある事情の中。
走りに軽快感を求めるのであれば、フツーに組むだけではなく軽量化を意識したパーツ選びとカスタムが必要になってきます。
剛性や耐久性を落とすことなく軽量になるのであればそちらの方が走りは良くなります。
その中でスタイリングも悪化させることなく、むしろカッコよくなる方向でまとめることに経験やセンスが問われてくるのではないでしょうか。


e0154650_18560557.jpg



カスタム前のゴー氏の自転車。
浜王のバイクは、SPEEDVAGENのスチール製。
しかも、サイズは日本人離れした大きなサイズです。
こちらを量りにかけると。


e0154650_17185991.jpg


7.7kgありました。
スチールバイクにハンドルやサドルにステムはカーボンですし、ホィールもカーボンですからこのビッグサイズとはいえ8kg以下を達成してしまいます。
シートチューブのカーボンパイプがフレームの軽量化に寄与しているのでしょうか。
今回はこちらをさらに軽量化しようということです。


e0154650_17195426.jpg



軽量化のために集めましたパーツはコチラ。


e0154650_17201883.jpg


クランクは。
2世代前のインパワーを。


e0154650_17202246.jpg


現行モデル最軽量のALDHUに交換。
マイナス108g。
パワーメーターと、非パワーメーターというだけでも重量差は大きいのですが。
最新の軽量クランクALDHUということも軽量化に寄与しています。
ALDHUは軽量かつ高い剛性。
ダイレクトマウントのチェーンリングの変速性能は良いですし。
さらに見た目もカッコいいという。


e0154650_17202531.jpg


ただでさえ軽いSRAM REDのスプロケットですが。


e0154650_17203342.jpg


ROTORのスプロケットはアルミ素材のパートが増えまして。
さらに軽量になります。
同じ11-28の歯数構成で32gのマイナスに。


e0154650_17203683.jpg


さらにリムを、2世代前のENVE SES3.4から、SES2.2に交換。
リム重量の差だけで108gのマイナス。
ただし、リムハイトの違いや組み方の違いでスポークの長さによる重量差で若干相殺されてきて、ホィールセットでの重量差は93gになりました。

ただ、リムを最新のSES 2.2にすることによりタイヤをチューブレスレディのタイヤにすることができます。

以前、ゴー氏が愛用されていたタイヤは、パナレーサーグラベルキングの25CとRエアーの組み合わせ。
クリンチャーなのでタイヤとチューブのセットでこれくらいの重量になるわけですが。


e0154650_17204453.jpg


チューブレスレディだとタイヤだけなので、こんなに重量差ができてしまいます。
もちろん、チューブレスレディの場合はこれにシーラントを追加するのですが、それはクリンチャーのインナーチューブ以下の重量になりますし、リムテープの重量差、バルブの差を入れても全体ではチューブレスレヂの方がかなりの軽量化になります。

ホィールの最も外側の重量がここまで違うと走りにもかなりの差が出てきます。
そして、チューブレスレディタイヤの方がクリンチャーよりも一般的にパンクしにくいのでメリットしかないカスタムと言えるでしょう。


e0154650_17204414.jpg


今回はここまで。
完成しました。
7.29kgまで減量できました。

作業前ですでに完成度が高かった自転車でしたが。
ここまでの軽量化をすることができました。
しかも、ヘンテコリンなパーツを使用することなく、スタイリングは良いままに。
そこにリスペクトがあります。

盆栽屋のロードレーサーに施してあるヘッド部分の魔改造とペダルの全チタン化改造をすれば、さらに90gの軽量化が可能です。
これで、もうほぼやるところが無い状態まで仕上げることができます。


e0154650_17210524.jpg


さっそく、ホームタウンの浜松にてお乗りいただいてます。

月並みの言葉になりますが、上りの軽さと、加速する時の軽快さが印象的でした。
今までより1枚もしくは2枚程度重たいギアを踏めるようになり、踏むと言うより回せる感じが気持ちが良かったです。
また、新しいリムになり耐熱とブレーキの性能が上がったとの事でしたが、急な下りを下ったあと、リムを触ってみると、旧モデルのリムの時に比べて発熱の少なさに感動しました。
今まで長い下りでかなり神経質になっていたので、その悩みが体感出来るレベルで、しかも大幅に解消されたのが嬉しいです。
何よりスッキリした見た目が気に入ってます。
そんなこんなで残った課題のコラムカットとペダルの軽量化が楽しみです。
ありがとうございました。

リスペクトありがとうございます。

e0154650_17210592.jpg


今週末は浜王が主宰されてます #ridetenryu にカスタマーの皆さんとお邪魔する予定です。
楽しみですね〜。












4月20、21日(土、日曜日)は、#ridetenryu を走るため自転車営業は臨時休業とさせていただきます
カフェは通常通り営業いたします

こころにはいつも自転車とリスペクト盆栽自転車店です
■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■OPEN ~ CLOSE
08:30〜17:00 Cafe(Friday) 
10:00〜17:00 Cafe(Saturday & Sunday & 祝日)
13:00〜21:00 Cycle Works
15:00〜20:00 Cycle Works (Sunday & Shop Ride Day)
■Wednesday is every closing
■AD 151-0051 4-11-8 Sendagaya Shibuya Tokyo
■WebShop https://bonsaicycleworks.com/


.


# by bonsai-astn | 2019-04-18 12:00 | 盆栽屋仕事録

BONSAI Bluet Socks 登場!!

いよいよ来ました。
The Athletic Community とのコラボレーションソックス第2弾です。


e0154650_14361650.jpg


自転車界にソックスムーヴメントを持ち込んだThe Athletic Community。
創業以来から輸入していた盆栽自転車店とのコラボレーションが実現したのは自然な流れでそれは2017年のこと。

The Athleticの創業モデルであるPDXカーペットソックスの色違いをオーダーさせていただいたのでした。


e0154650_14362806.jpg


こうして「モノ」を作るということは、それ即ち商品であるわけですから。
もちろん、セールスという意味合いも重要視されるわけですが、そこはThe Athleticとのコラボレーションですからそう単純にはいきません。
このソックスがお店から売れていき。
完売して。
店頭から無くなって。
そこで文字通り旅立って。
サイクリストひとりひとりの足元で活躍することで。
生まれたストーリーがいくつもあるんじゃないかと思うんです。

そこにリスペクトがある。

例えば、
ポートランドを拠点にするBREADWINNERのCXチームの皆さんが揃って履きこなしてくれてたり。


e0154650_14362536.jpg


旧チームのテツーーージ選手はレースではいつもこのソックスだったように思います。
(ちなみにわたしはこのソックスをレースで一度も使ったことがない)


e0154650_15463397.jpg

北海道のササーキ氏は奥様と選挙に行く道すがらで、このソックスのことに思いを寄せていただいたお話をブログにアップしてくださいました。



e0154650_14363160.jpg

そのタイミングがちょうどこの新しいソックスがお店に届くか、届かないかというタイミングだったのですごく奇遇だなぁと思っていたところ。

こうしてみなさんの足を包むだけではない存在感を発揮している(?)PDX BONSAI SOCKS。
数々のストーリーを生み出してくれています。


e0154650_14363515.jpg

さて、
この新しいソックスにはどんなストーリーが待ち受けているのでしょうか?



e0154650_14362049.jpg

今回はThe Athletic の新しい定番である、3 Bolt Socksをベースにカラーリングを盆栽自転車店仕様に別注させていただきました。

「カスタム」や「限定品」=「柄物」になりがちで食傷気味だった盆栽屋。
柄物ではない単色ベースの3 Bolt Socks は、シンプルながらも、しっかりThe Athleticの個性がわかるデザインになっておりまさに今の気分に合致します。

ソックスの名前にあるBluet というのはフランス語でブルーという意味?みたいです。
ネイビーカラーに盆栽自転車店のコーポーレートカラーを稲妻に配色しています。


e0154650_14362026.jpg

BONSAI Bluet Socks は薄手のウール。
適度な保温性があり、やわらかな生地が特徴です。
The Athletic といえばDefeet製のソックスが特徴でしたが、最近はイタリア製に切り替えておりさらにクオリティが向上しました。
イタリア製のほうが履き心地に優れています。
このBONSAI Bluet Socks も、もちろんイタリア製になります。

e0154650_14362184.jpg
足裏のダブルネームがコラボレーションの証。

底にリスペクトがあります。


e0154650_14362085.jpg


通信販売をご希望の方はコチラからどうぞ
☞ https://bonsaicycleworks.com/products/bonsai-bluet


他にもThe Athleticの個性的なソックスが同時に入荷していますのでチェックしてみてください!
e0154650_14484278.jpg
e0154650_14484499.jpg




















4月20、21日(土、日曜日)は、#ridetenryu を走るため自転車営業は臨時休業とさせていただきます
カフェは通常通り営業いたします

こころにはいつも自転車とリスペクト盆栽自転車店です
■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■OPEN ~ CLOSE
08:30〜17:00 Cafe(Friday) 
10:00〜17:00 Cafe(Saturday & Sunday & 祝日)
13:00〜21:00 Cycle Works
15:00〜20:00 Cycle Works (Sunday & Shop Ride Day)
■Wednesday is every closing
■AD 151-0051 4-11-8 Sendagaya Shibuya Tokyo
■WebShop https://bonsaicycleworks.com/


.


# by bonsai-astn | 2019-04-15 12:00 | 盆栽オリジナル商品

盆栽新着情報 4・14

GIROから限定シューズ出ました。

先日ご紹介したJeremiah Kille Collection同様に特別なお店でしか売っていないシューズになります。


e0154650_19111826.jpg


Midnight / Iceberg というスペシャルカラーです。
ネイビーに見えるけれど。
単純にネイビーではないという複雑な色をしています。
シックでリスペクトがあります。



e0154650_19023991.jpg



ニット素材を採用したサイクリングシューズとして革命を起こしたこのシューズ。
ニットなので通気性がよく、柔軟性にも優れます。
優しい風合いなので街乗りにも違和感なく馴染みます。


e0154650_19023704.jpg


ソールはEC70 カーボンソールです。
上位モデルよりも優しいカーボンソールになっています。



e0154650_19023894.jpg
外に出るとこんな感じ。
ネイビーやブラックのソックスが似合いそうですね。


e0154650_19023803.jpg
e0154650_19023841.jpg


シューレースにはネイビーカラーが付属してきます。
スペアのシューレースはスカイブルー。
とにかくブルー系なシューズです。


e0154650_19113845.jpg

コチラの限定シューズは通信販売可能です

☞ https://bonsaicycleworks.com/products/giro-empire-e70-knit-midnight-iceberg












4月20、21日(土、日曜日)は、#ridetenryu を走るため自転車営業は臨時休業とさせていただきます
カフェは通常通り営業いたします

こころにはいつも自転車とリスペクト盆栽自転車店です
■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■OPEN ~ CLOSE
08:30〜17:00 Cafe(Friday) 
10:00〜17:00 Cafe(Saturday & Sunday & 祝日)
13:00〜21:00 Cycle Works
15:00〜20:00 Cycle Works (Sunday & Shop Ride Day)
■Wednesday is every closing
■AD 151-0051 4-11-8 Sendagaya Shibuya Tokyo
■WebShop https://bonsaicycleworks.com/


.

# by bonsai-astn | 2019-04-14 12:00 | 盆栽新着商品情報

癒しライドというライドイベントをやってます

今年の春は寒い日が多い気がしますが。
今日は久々のぽかぽか陽気でよかったですね。
ライド日和というやつで。
そこにリスペクトがあります。


e0154650_21140705.jpg


都心では散った桜も。
埼玉ならまだ咲いてました。
満開。
癒しライドらしく、満開の桜を見つけた地点でちょっと小休止。

それにしても埼玉までくるとここまで桜が満開なのにお花見をしている人が皆無なのはなぜでしょうか?



e0154650_21140854.jpg
e0154650_21140876.jpg










4月20、21日(土、日曜日)は、#ridetenryu を走るため自転車営業は臨時休業とさせていただきます
カフェは通常通り営業いたします

こころにはいつも自転車とリスペクト盆栽自転車店です
■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■OPEN ~ CLOSE
08:30〜17:00 Cafe(Friday) 
10:00〜17:00 Cafe(Saturday & Sunday & 祝日)
13:00〜21:00 Cycle Works
15:00〜20:00 Cycle Works (Sunday & Shop Ride Day)
■Wednesday is every closing
■AD 151-0051 4-11-8 Sendagaya Shibuya Tokyo
■WebShop https://bonsaicycleworks.com/


.

# by bonsai-astn | 2019-04-13 09:00 | 盆栽屋サイクリング倶楽部

盆栽新着情報 4・12

GIROが本拠を構えるサンタクルーズのアーティスト Jeremiah Kille氏とのコラボレーションモデルが限定入荷です。

Jeremiah Killeの創作のテーマは自然との共生。
これまた同じくサンタクルーズを拠点にするカフェチェーンVerve Coffee の店内に作品が飾られています。
日本でも新宿や鎌倉に店舗があるのでチェックしてみると彼の作品を見ることができるかもしれません。
(だいぶ前に新宿のお店に行った時はありました)


e0154650_17503528.jpg






ヘルメット、シューズ、グローブが今回のコレクション内容ですが。
盆栽自転車店にはヘルメットとグローブのみ入荷しています。


e0154650_17505895.jpg


ベースはSYNTHE MIPS。
残念ながら最近発売以来大好評のアジアフィットではありません。


e0154650_18130240.jpg


見るからに限定というデザインのヘルメット。
左右非対称で、カラフルな部分も自然と馴染む独特の雰囲気です。
今回のコレクションの中で最もJeremiah Killeの世界観を表現しているといえるかもしれません。


e0154650_18130459.jpg

通常のSYNTHE MIPSよりもちょっと高価な限定プライスになっていますが。
Jeremiah Killeのアート作品がこの価格で手に入ると思えば断然安いと言えるのではないでしょうか。
Mサイズを1つだけ在庫しています。


e0154650_18125078.jpg


グローブはブラックにシルバーの模様が独特の雰囲気を醸し出します。
蛍光ピンクのアクセントがとても特徴を出しています。


e0154650_17505335.jpg



グローブはWEB SHOP のラインナップに加えましたので、こちらからもご購入いただけます。

☞ https://bonsaicycleworks.com/products/giro-x-jeremiah-kille-dnd-gloves


e0154650_17505318.jpg
e0154650_17503318.png














4月20、21日(土、日曜日)は、#ridetenryu を走るため自転車営業は臨時休業とさせていただきます
カフェは通常通り営業いたします

こころにはいつも自転車とリスペクト盆栽自転車店です
■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■OPEN ~ CLOSE
08:30〜17:00 Cafe(Friday) 
10:00〜17:00 Cafe(Saturday & Sunday & 祝日)
13:00〜21:00 Cycle Works
15:00〜20:00 Cycle Works (Sunday & Shop Ride Day)
■Wednesday is every closing
■AD 151-0051 4-11-8 Sendagaya Shibuya Tokyo
■WebShop https://bonsaicycleworks.com/


.




# by bonsai-astn | 2019-04-11 12:00 | 盆栽新着商品情報

SRAM FORCE eTAP AXS 登場

いよいよ発表になりました。

FORCE eTAP AXS です。



e0154650_15574594.jpg


RED eTAP AXSから搭載された機能。
12SPEED。
ダイレクトマウントのフロントギア。
スマートフォンで設定できるアクセス機能。
新開発の12SPEED専用チェーン。
油圧ダンパーが組み込まれたリアディレーラー。

などなど。
すべての新機能をFORCE eTAPにも搭載しています。


e0154650_15574634.jpeg

RED eTAPと同じように。
リムブレーキ版もございます。

e0154650_15574611.jpg

リムブレーキから、油圧ディスクブレーキ。
TTバイクにグラベルロード。
フロントシングルのシクロクロスなどなど。
様々な自転車に対応出来るラインナップになっています。

e0154650_15574542.jpg

スプロケットも一体型。
葉数構成もREDと全く同じようですね。


e0154650_15574503.jpeg

チェーンはREDと共用なのかな?と思ってたのですが。
こちらもFORCEグレードで用意されるようです。


e0154650_15574559.jpg



RED とFORCE の違いは、ほとんど見た目の仕上げの違い、素材の違いなどによる重量差のみ!
もちろん、変速性能もちょっと変えてきてるかもしれませんけど。

価格のほうもREDよりも手に届きやすい価格になっています。
リムブレーキのフルセットで、299,800円という30万円を下回る価格。
ディスクブレーキのフルセットは、326,100円です。

このForce eTAPの展示会が来週の水曜日に開催されますので、水曜日以降に改めて詳細をご報告できると思います。

ご予約お待ちしてます。



e0154650_16124590.jpg








4月9日(火曜日)は、所用により20時前までの営業とさせていただきます

こころにはいつも自転車とリスペクト盆栽自転車店です
■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■OPEN ~ CLOSE
08:30〜17:00 Cafe(Friday) 
10:00〜17:00 Cafe(Saturday & Sunday & 祝日)
13:00〜21:00 Cycle Works
15:00〜20:00 Cycle Works (Sunday & Shop Ride Day)
■Wednesday is every closing
■AD 151-0051 4-11-8 Sendagaya Shibuya Tokyo
■WebShop https://bonsaicycleworks.com/


.


# by bonsai-astn | 2019-04-05 12:00 | 盆栽新着商品情報

BONSAI x ENVE カスタマーY氏の場合

BONSAIxENVEを納品させていただきました。

カスタマーY氏のENVEは5.6。
ディスク。
納期が早いという情報が採用されて完組仕様をオーダーしていただきました。
そこにリスペクトがある。



e0154650_14520651.jpg


■リム:ENVE SES5.6
■ハブ:DT 240S
■スポーク:SAPIM CX-RAY Black

□組み方:フロント=クロス リア=クロス
□デカール:ブルー蛍光イエロー



e0154650_14520297.jpg


完組ということで。
ENVEの工場から組まれて出荷されたホィールになります。
もちろん、ちゃんと組まれたホィールなのですが。
入荷次第、盆栽自転車店で要チェック。
さらなる振れ取り作業を施しましてBONSAI x ENVE水準まで引き上げます。

もちろん、デカールもカスタム。
今回はフレームのカラーリングに合わせてこのカラーが採用されました。


e0154650_14520298.jpg


そんなホィールを合わせる自転車は。
サーヴェロのS5。
最新のエアロロードになります。


e0154650_14520187.jpg



ひと昔前の単純な翼断面のエアロロードフレームとは違って、なんというか肉肉しいマッチョなエアロフレームです。
専用のハンドルステムと相まって、サイズ以上に大きく見えるフレーム。
こんなマッチョなフレームに合わせるホィールということになれば、やはり5.6くらいのリムハイトがマッチングとして最適解になるでしょう。
それは、ルックス的にももちろん、性能もマッチングすると思います。
パッと見で、「専用ホィール?」っていうくらい似合っている佇まい。
一体感がハンパないです。
カスタムデカールの効果も大きいでしょう。



e0154650_14520635.jpg


ROTORのスプロケット。
超軽量なSRAM REDのスプロケットよりも軽い超超軽量なスプロケットなんです。
見た目もスペシャル感あります。


e0154650_14520150.jpg

ENVE 5.6は54mmと63mmの前後リムの組み合わせ。
リムハイトは高めですが、ロードレースに使うには十分な高さのリムハイト。
ディスクブレーキ用のリムにすれば、この見た目ですがリムは軽量です。
ENVEはちゃんとリムブレーキ用と、ディスクブレーキ用のリムを分けて作られているので、ディスクブレーキ用リムのメリットをちゃんと享受できるのがポイントです。

そこにリスペクトがあります。



e0154650_14520543.jpg













こころにはいつも自転車とリスペクト盆栽自転車店です
■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■OPEN ~ CLOSE
08:30〜17:00 Cafe(Friday) 
10:00〜17:00 Cafe(Saturday & Sunday & 祝日)
13:00〜21:00 Cycle Works
15:00〜20:00 Cycle Works (Sunday & Shop Ride Day)
■Wednesday is every closing
■AD 151-0051 4-11-8 Sendagaya Shibuya Tokyo
■WebShop https://bonsaicycleworks.com/


.

# by bonsai-astn | 2019-04-01 12:00 | BONSAI x ENVE

盆栽自転車店の現場から

盆栽自転車店の現場。
それは。
つまり。
作業場なわけで。
ENVEやオーダーの自転車以外にも。
色々な作業を承っているわけで。
そういう作業の数々を。
写真撮っていたものだけ。
こうして紹介できるわけで。


e0154650_18471613.jpg


カスタマーY氏のホィール。
これは盆栽屋の中古なわけで。
カスタマーY氏にとってはロードデビューのホィール。
中古だから、それなりのヤレ感とかは予想されたわけで。
それに盆栽屋の中古は程度が良いという評判があるわけで。
でも。
なぜか。
カスタマーY氏に譲ってみると。
ロードバイク初めてというのもあって、何度かコケられたのも影響してしまったのか。
スポークがポキポキ。
え?っていうくらい折れていったわけで。
半年で3本。


e0154650_18471950.jpg


そういうわけでホィールの完全オーバーホール。
スポークから交換です。
今回はスポークの種類もライダーに合ってないかと思って、そこも換えさせてもらいました。



e0154650_18472295.jpg


SRAM REDで使っていたからフリーボディには全く食い込みがない状態でしたが、カスタマーY氏はシマノのスプロケットだからこうして顕著に食い込みがつきました。
シマノのスプロケット用に作られたフリーボディなのに、シマノのスプロケットを使うとフリーボディに食い込んで跡が付くなんて。
なかなか考えさせられます。


e0154650_18472141.jpg


完全オーバーホールだから、リアハブの深部もバラします。
これがリアハブの心臓部なわけで。
古いハブや環境が悪かったハブはオイルがダマになってフリーと引っかかりの切り替えが悪くなってしまうしまうことがあります。
そういったことを未然に防ぐためのメンテナンスが必要ですね。



e0154650_18472316.jpg


傷がついたデカールもお直しさせていただきました。
このホィールをお譲りさせていただいてから、何度か落車されてデカールにも傷が残っていますが。
リムには何も傷すらありません。
ENVEのリムは本当に丈夫だと思います。
そこにリスペクトがあります。



e0154650_18473206.jpg


さて、こ
ちらはカスタマーI氏の自転車のオーバーホール。
日頃のレバー操作で剥げてしまったデカールも。
盆栽自転車店なら朝飯前の起きる前のレヴェルで修理完了です。


e0154650_18473378.jpg


カスタマーW氏の自転車のオーバーホール。
お持ち込みの際には、ちょっとぐちゃぐちゃだったように見えるケーブル周りも。


e0154650_20001057.jpg


作業後はこんなにスッキリに。
リスペクトがあります。

オーバーホールは単純に整備だけではありません。



e0154650_20001072.jpg


カスタマーM氏の自転車は事故でリムを破損されたので、ホィール修理です。

事故でぐちゃぐちゃポテトチップ状態になってしまったリムと折れ曲がったスポークを交換です。
クリスキングのハブはシャフトに欠けているものがありましたけど、それを交換すればまだ使えるレベル。
基本的にハブは真ん中にあるので事故や落車で壊れることはほぼありません。
手組ホィールはこうした修理ができるのが良いですね。


e0154650_18480497.jpg


新しいリムは、MAVIC OPENPRO UST。
そうです。
盆栽自転車店でもMAVIC のお取り扱いが始まりましたので、伝説のオープンプロもお取り扱いができるようになりました。
しかも、最新のオープンプロはチューブレスレディに対応しています。


e0154650_18480440.jpg


BONSAI CLASSICS 用のリムとして新たな選択肢としてご検討していただけると思います。



e0154650_18480419.jpg


ENVEからは新しいエアロ形状のステムが登場しています。

入荷してすぐにカスタマーY氏が組み込んでくださいました。
コラムの部分でスペーサーを入れ替えることにより、ステムの角度が7°、12°、17°に可変できるステムです。


e0154650_18482283.jpg


昨今のエアロロードはステムもフレームにセットされた専用品を使わないといけない場合が多いわけですが、そうではないフレームのステムの選択肢として思います。

もちろん、
エアロでは無いフレームにも、この独特なツルンとしたフォルムが良い感じハマります。
とくにエアロ形状のハンドルとの組み合わせが良いですね。

ハンドルポジションを下げたい場合に使いたい良いカーボンステムの選択肢は他にはなかなか無いと思いますので、そういったご要望にも対応できます。

100mm、110mmを現在在庫しています。


e0154650_18482207.jpg


来月からは新しい代理店さんに交代するENVEの国内取り扱い。
ずっと品薄だった状況が解消されると良いのですが、、、。
前の前の代理店さんの時代から数回の値上げから高止まりしてた価格も見直されると良いですネー。
今後の動向をご期待ください。


e0154650_18483885.jpg


カスタマーK氏からはオーバーホールのご依頼を頂きました。
クラシックなIFのスチールフレームはとても大事に乗られており。
とてもキレイ。
なので、ご来店の他のお客さんの皆さんも口々に「新車ですか?」と言う具合で。


e0154650_18483847.jpg


とはいえ、
1年以上お乗りになられていた自転車ですので、パっと見ではわかりづらい部分はしっかり消耗していました。
1年から1年半でのオーバーホールをオススメしています。


e0154650_18483961.jpg


オーバーホールの作業はいつでも受け付けていますのでお気軽にどうぞ。


e0154650_18483934.jpg









こころにはいつも自転車とリスペクト盆栽自転車店です
■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■OPEN ~ CLOSE
08:30〜17:00 Cafe(Friday) 
10:00〜17:00 Cafe(Saturday & Sunday & 祝日)
13:00〜21:00 Cycle Works
15:00〜20:00 Cycle Works (Sunday & Shop Ride Day)
■Wednesday is every closing
■AD 151-0051 4-11-8 Sendagaya Shibuya Tokyo
■WebShop https://bonsaicycleworks.com/


.

# by bonsai-astn | 2019-03-31 12:00 | 盆栽屋仕事録

癒しライドというライドイベントをやってます

今日の癒しライドはお試しコース。
お肉屋さんで惣菜を購入して、ナツキのパンで挟んで食べるという趣向。
いつもは決まったメンチカツだったけれど。
お肉屋さんならいろいろな種類があるし。
個性のあるサンドイッチができるかなぁという楽しみ。
そして、そこに向かうまでの道もお試し。
今までに走ってないルートをいろいろ試させてもらいました。
癒しライドを兼ねて、今後のライドに活かせそうな道も探索するという。


e0154650_18414415.jpg










また、3月末まで在庫限りの ENVE Complete Wheel SALE やってます


こころにはいつも自転車とリスペクト盆栽自転車店です
■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■OPEN ~ CLOSE
08:30〜17:00 Cafe(Friday) 
10:00〜17:00 Cafe(Saturday & Sunday & 祝日)
13:00〜21:00 Cycle Works
15:00〜20:00 Cycle Works (Sunday & Shop Ride Day)
■Wednesday is every closing
■AD 151-0051 4-11-8 Sendagaya Shibuya Tokyo
■WebShop https://bonsaicycleworks.com/


.

# by bonsai-astn | 2019-03-30 09:00 | 盆栽屋サイクリング倶楽部

Independent BONSAI 号に乗る

ミーのアイエフ。
永遠のフラッグシップ。
そのカラーリングは盆栽自転車店のコーポレートカラーで構成されていまして。
手持ちの5台の自転車の中では「旗艦」というポジションを築いています。
旗艦というだけあっていつもお店の窓に展示されている自転車。
まさに象徴のような存在。
いつ見てもキレイに掃除されており。
いつの間にか床の間バイクみたいになってしまっている?
あまりに乗らなさすぎてショーバイク的ポジションを確立しかけていたところに。
唐突な出撃指令が発令。
昨年の大晦日から乗っています。


e0154650_19153705.jpg



大晦日の緊急出撃から新しいTiバイクでありますリアルボンサイキングギドラ号が完成するまでの間。
1月いっぱいとちょっとを乗っていました。

あまりに急な出撃でしたが。
もちろん完璧に整備されていますのでしっかり動きます。
充電が必要な電動メカではこうはいきません。
その日の気分で乗り出せる利便性も必要な性能でしょうか。



e0154650_21031160.jpg

この画像の頃からはだいぶ変わりました。

ホィールが一新されたのは一見してわかりやすいところ。
ENVEをよく販売しているお店にありがちな(?)変則的な仕様になっています。
前輪は新型のSES42mm。
後輪は旧型のSES45mm。
どちらも後輪用なのでスポーク数は前後ともに24本。
誰にも勧めないし、きっと誰も望まないであろう組み合わせ。
後輪用のリム同士なんですけれど。
新型が前に来ることで、前輪のリムが低くて幅が広いというSMART SYSTEMの理にはギリでかなっているという。
ハブもChrisKingのマットパンチで新しく鮮やかなカラーリングを放っています。
この方がフレームのワンポイントのホットピンクの塗装に合うんですよね〜。
新型旧型が織り混ざっているために前後同時にチューブレスレディのタイヤを装着できないのが微妙なところですが、均整のとれたスタイルは純正の組み合わせには無いところなのかと思って、まぁまぁ気に入っているところです。


e0154650_20580918.jpg

チェーンリングもVYNLで初導入したQ-XLを装備。
キモはOCPポジションをしっかり合わせるということなんですが、それのおかげでペダリングと楕円の波長が良い感じに。
スイスイ漕げちゃいます。
キングギドラが完成するときにはXLが廃盤になってしまったために装備できなかったのが残念なくらいXLのチェーンリングを気に入っている盆栽屋。


e0154650_21121184.jpg


ただし、このクランクのサイズである130PCDに合うチェーンリングの歯数はラインナップ上限られており、53x41のみ。
まじか。
41のインナーなんてイマドキ使っているヒト居るのでしょうか?
男ギアとかノンキな事言ってる場合ではありません。
とはいえ、この自転車はロングツーリング&クルージング用として製作しましたので、インナー41Tでもまぁいっかと切り替えました。
この41T。
使ってみるとなかなか良いです。
当たり前ですけど、インナー走行でもかなりの速度で巡行ができます。

BBもクリスキングに組み替え。


e0154650_20580959.jpg


インナー41Tの登りに対する不安を解消するために。
リアディレーラーはロングを取り入れました。
おかげで32Tまでのワイドレシオを使うことができます。
41x32だったら、39x28よりも計算上ではギア比は軽いことになります。

本格的な外洋ロングな航海に出撃する場合は32Tを組み込む事もあるかもしれません。
そのための保険的なロング。

現状は11-26のギアがついています。
リアディレーラーのプーリーケージのカラーリングもカスタムして色を合わせています。


e0154650_20580838.jpg

手持ちの他のロードバイクは電動のコンポーネントになってしまっているわけですが。
こちらは機械式コンポーネント。
全時代的と言えるかもしれませんけど。
これがなかなか調子が良い。
ボタンを押すだけで変速完了してしまう電動コンポも良いですが。
やはり指を動かして、そのストロークのぶんギアが変わるという行為もまた良いものです。


e0154650_20572573.jpg


■フレーム

Independent Fabrication SSR

■スペック

レバー:SRAM Red 22
Fメカ : SRAM Red 22
Rメカ:SRAM Red 22
クランク:ROTOR 3D Plus
ブレーキ : SRAM Red
BB : Chris King

ヘッドパーツ:Chris King Stainless
ハンドル:Cinelli RAM2
バーテープ:Fizik
シートピラー:ENVE
サドル:Fizik Ariante Carbon
ペダル : Speedplay ZERO Stainless

ホイール:ENVE
リム : ENVE SMART SYSTEM 4.4
ハブ : Chris King R45
スポーク : SAPIM CX-RAY
タイヤ:Michelim POWER ALL SEASON


e0154650_21121115.jpg


自転車自体は他の軽快仕様のロードバイクと違って、スペヒャルな軽量化工作もしていませんし。
ホィールもカーボンリムにしては軽くはないし。
さらには、SILCAのカスタムポンプ(300g)が付いてたりして、まぁとにかくロードバイクにしては重いほうというわけですが。
走りは良好です。
自分が乗る上での適正重量の範囲内で重い分には、重いということの良さもあったりして。

それは走行安定性だったり路面の追従性だったりするわけです。
もともとはロングの巡行、快適なクルージングバイクとしてジオメトリーも他の2台のレーシーロードとは全く違った味付けジオメトリー)になっているこの自転車。
重い重量感も、また良しと思わせてくれる懐の深さがあります。

ステンレスというロードバイクの素材では比較的新しい素材。
カスタマーの皆様にもご感想をいただいてますが、剛性のあるしなやかさはスチールでは味わえない質感と言えます。


e0154650_21121190.jpg

さらに特筆すべきは、この自転車を所有してもう6-7年は経過しようというのに。
まったく古さを感じさせないどころか。
愛情は深まるいっぽうと言えることなんです。
自分だけのカスタムバイクの醍醐味はそんなところにもあります。














また、3月末まで在庫限りの ENVE Complete Wheel SALE やってます


こころにはいつも自転車とリスペクト盆栽自転車店です
■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■OPEN ~ CLOSE
08:30〜17:00 Cafe(Friday) 
10:00〜17:00 Cafe(Saturday & Sunday & 祝日)
13:00〜21:00 Cycle Works
15:00〜20:00 Cycle Works (Sunday & Shop Ride Day)
■Wednesday is every closing
■AD 151-0051 4-11-8 Sendagaya Shibuya Tokyo
■WebShop https://bonsaicycleworks.com/


.

# by bonsai-astn | 2019-03-29 12:00 | Indyfab

盆栽新着情報 3・28

Vanquish MIPSの2019カラーが入荷してきました。
こちらもアジアンフィットです。
GIROのハイエンドクラスに位置するヘルメットでアジアンフィットを採用したのは、このVanquish MIPSが初めてのことでした。

e0154650_19432869.jpg
ニューカラーはMid-Night Blue。
ツヤ消しのネイビーと、ツヤありブルーの組み合わせです。
いい感じです。


e0154650_19493400.jpg


一見、暑そうに見えるヘルメットですが。
空気穴が大きく、被ってみると空気が良く抜けて涼しいのが特徴です。


e0154650_19493460.jpg


ストラップ類の小物類もネイビーで統一されています。
まるで限定カラーのような配慮がされています。
こういうところもポイント高いです。
リスペクトがあります。


e0154650_19493578.jpg


ロードレースはもちろん。
タイムトライアルからトライアスロン。
空力の良さを活かしてロングツーリングにも高評価のヘルメットです。


e0154650_19433962.jpg
e0154650_19432866.jpg

マットグレーファイアクロームというカラーも在庫しています。

どちらのカラーも通信販売可能です。


e0154650_19433194.jpg


3月17日の販売からほぼ2週間です。
おかげさまでたくさんの方にご購入いただきまして約3割が旅立って行きました。
ありがとうございます。

e0154650_19434333.jpg


少量しか作ってなかったXLサイズは完売しました。
Sサイズに思いのほか人気が集中しまして、残り8ペア程度になってます。
Sサイズの方は無くなってしまわないうちにお求めください。

MLサイズはまだまだ在庫はございます。
まだご購入していただいてない方や、もう1ペアあってもいいな!という方はお忘れないようにお願いします。


e0154650_19434315.png
e0154650_19434390.png













また、3月末まで在庫限りの ENVE Complete Wheel SALE やってます


こころにはいつも自転車とリスペクト盆栽自転車店です
■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■OPEN ~ CLOSE
08:30〜17:00 Cafe(Friday) 
10:00〜17:00 Cafe(Saturday & Sunday & 祝日)
13:00〜21:00 Cycle Works
15:00〜20:00 Cycle Works (Sunday & Shop Ride Day)
■Wednesday is every closing
■AD 151-0051 4-11-8 Sendagaya Shibuya Tokyo
■WebShop https://bonsaicycleworks.com/


.


# by bonsai-astn | 2019-03-28 12:00 | 盆栽新着商品情報

Fizik ALIANTE R1 REGULAR GOLD CUSTOM サドル

次を見つけてしまった盆栽屋。
過去では次が未来。
次が今となっている状況では。
あのときは未来であったかもしれないけれど。
今となっては過去になってしまった思いに別れをつげるほかない。
自転車は前にしか進むことができないとでも云うように。
トランクを抱えて家を出た。


e0154650_20020065.jpg


今や、過去形になったのは、

Fizik ALIANTE R1 レギュラー サドル

旧アリアンテカーボンから乗り換えようとした盆栽屋。
だから当然のようにレギュラーサイズを選んだのですが。
ここでなんと!合わない!痛い!!
カラダがサドルを受け付けないというアレルギー反応を示してしまいました。
旧アリアンテが合っていて新アリアンテに乗り換えるなら、まずレギュラーで大丈夫だろうと思うのがフツーでしょう。
当店のカスタマーの皆様もそれで問題があった方はいらっしゃいませんでしたし。
それが自分はイレギュラー。
旧型からレギュラーに乗り換えられないという。
まさに「アリアンテ詐欺」と言っても良いのではないでしょうか、これは。


e0154650_19282805.jpg


とはいえ、まぁパーツの被害者意識はそこまでとして。
レギュラーではなく、ラージサイズに落ち着きを得た盆栽屋。

しかし、レギュラーサイズはもちろん余る。
せっかくゴールドカラーにカスタムオーダーしたというのに。
これもパーツとの一期一会でしょうか。
合わないことがわかっただけでもありがたいと思へ、、、、か。

というわけで使ってくださる方がいらっしゃいましたらよろしくお願いします。


e0154650_19282756.jpg


3回しか乗っていません。
総走行距離200km弱でしょうか。
ほぼ新品といっても過言ではないかもしれません。

200km弱しか乗っていませんが。
ちょいと扱いをミスって革のフチの一部にちょこ〜〜っと傷がございます。


e0154650_19282616.jpg


さて、気になるお値段は、

Fizik ALIANTE R1 カスタムカラー GOLD 2o,ooo円 

店主の中古品ですので気になる方はご遠慮ください。
ノークレームノーリターンでお願いします。

盆栽自転車店で販売しています。
取り置きは受け付けません。
早い者勝ちの店長の中古品です。
実物をご覧いただき納得したうえでご購入していただくのがオススメです。
よろしくお願い致します。


今回のアリアンテ詐欺には続きがございまして。
慎重派の盆栽屋はスペアーのサドルも、もちろん準備していました。
それがコチラ。


e0154650_19282720.jpg


2018年の限定カラーのTEAM EDDITION ホワイトです。
発売後すぐに完売になったのはレギュラーのほうでしたが、自分に合うのは余っていたラージのほうだったという。
そんなラージもすでに完売。
ラージが合うのがわかってからでは時すでに遅しというわけで。
とりあえず、こちらのレギュラー限定カラーは完全無欠の新品、通常の品物ですので店頭にて販売(通常価格23000円)しています。

ラスト1個ですのでお早めにどうぞ。



さて、
ここからは完全に余談。

ALIANTE乗りには今更なハナシで、常識の範囲ではありますが。

今や、Fizikのサドルラインナップの中でアリアンテシリーズにしか付属しなくなてしまいましたSCUFF GUARDS。



e0154650_20014975.jpg


アリアンテよりも古いサドルにはよくよくこのSCUFF GUARDS が標準装備されていました。
もう15年くらい前になりますね。
しかし、Fizikサドルの新しい歴史を創ったARIONEから、このSCUFF GUARDSはつかなくなりまして。
そのあとに登場したANTARESにもこのパーツが付つくことはもちろんなく。
その後のモデルにも特になくなってしまいました。
そんな流れの中、モデルチェンジの際にSCUFF GUARDS を廃止しなかった新しいアリアンテ。

しかも、新型サドルに付くSCUFF GUARDS は左右でツヤあり、ツヤ消し仕様に成っており、無駄に?コストがかかっている印象。


e0154650_20355304.jpg


このプラスチックパーツ。
本来的には、その名前の通り、サドルの革を守るものなわけですが。
落車すれば、プラスチックですからすぐになくなって傷は革まで到達しますし。
言うほど効果はありません。
そんな機能というよりは、色変えで見た目の効果が大きかった印象です。

このプラスチックのパーツとそれを固定するネジが鉄製のため、むしろ外して使ったほうが軽くなるということで。
わたしは旧型のALIANTE CARBONの時はこのパーツを外して使っていました。
旧型の時はこのパーツを外すと軽量化が出来、見た目もスッキリして一石二鳥になります。
しかし、新型になったサドルでこのパーツを外すと、外した跡が残りデザイン的に外した状態では成立しないということで外して使わないほうが良いでしょう。


e0154650_19312314.jpg

というわけで、新型はSCUFF GUARDS をつけたままが良いわけなのですが。
新型になってこの部分のパーツ販売が開始されました。

旧型の時も一時期だけこのパーツが販売されていた時期があったのですが、こうして正規販売のルートで売っているのは初めてではないでしょうか。


e0154650_20015315.jpg

これはお店目線からすると、とても売りづらい商品です。

小さな巾着袋に入っており。
まず、中身が何かわかりにくい。

そして、中身を出してみると。
あら。
これは。


e0154650_20014921.jpg


そうです。
3色セットです。
これが正真正銘の抱き合わせ販売。

これじゃあ買う人はほとんど居ないんじゃない?
e0154650_19281768.jpg

そんな3色セットは、2パターンもあったりして。
e0154650_19281698.jpg
酔狂最前線でさらにアリアンター(アリアンテユーザー)にやさしいお店を気取る盆栽屋としてはここでバラ売りを敢行しようと思います。

WebShop はコチラ ☞ https://bonsaicycleworks.com/wp-admin/post.php?post=2183&action=edit

補修やカラーカスタムにご活用ください。
こういう事情の商品ですので個別の取り寄せはできかねますのでその点ご理解ください。



このパーツを部分的に変えて愉しむという遊びは。
もはやアリアンターだけの特権になりました。
特権階級のみなさまだけに許された遊びなのです。
せっかくなので愉しみましょう。


e0154650_20020808.jpg


先日、アメリカンなIFを納車させていただきましたカスタマーW氏
さっそくサドルもカスタムさせていただきました。
こうして左右で色を変えるのも。
完全にアリアンターだけの愉しみに他なりません。

そこにリスペクトがある。









また、3月末まで在庫限りの ENVE Complete Wheel SALE やってます


こころにはいつも自転車とリスペクト盆栽自転車店です
■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■OPEN ~ CLOSE
08:30〜17:00 Cafe(Friday) 
10:00〜17:00 Cafe(Saturday & Sunday & 祝日)
13:00〜21:00 Cycle Works
15:00〜20:00 Cycle Works (Sunday & Shop Ride Day)
■Wednesday is every closing
■AD 151-0051 4-11-8 Sendagaya Shibuya Tokyo
■WebShop https://bonsaicycleworks.com/


.


# by bonsai-astn | 2019-03-25 12:00 | 店主のスペヒャルディール品のコーナー

Cycle Sports 5月号 2019

Cycle Sports さんの5月号にて取材を受けました。

オーダーメイドへの誘いというコーナーでご紹介していただいてますので是非ご覧ください。



e0154650_19593198.jpg
e0154650_19592310.jpg
e0154650_19592380.jpg


記事中、いろいろ書いてありますが。
ちょっと補足。

大事なのは、「自転車の組み付け」も含めてオーダーメイドであると盆栽屋は考えています。
フレームだけ、パーツだけ、というこだわりやカスタムではないんですね。
全体的なバランスと、仕上がりの完璧さ。
それはもちろん、カスタマーの方にとってお乗りいただいた上でも最高のものでないといけないと考えています。

そこにリスペクトがあるのです。















また、3月末まで在庫限りの ENVE Complete Wheel SALE やってます


こころにはいつも自転車とリスペクト盆栽自転車店です
■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■OPEN ~ CLOSE
08:30〜17:00 Cafe(Friday) 
10:00〜17:00 Cafe(Saturday & Sunday & 祝日)
13:00〜21:00 Cycle Works
15:00〜20:00 Cycle Works (Sunday & Shop Ride Day)
■Wednesday is every closing
■AD 151-0051 4-11-8 Sendagaya Shibuya Tokyo
■WebShop https://bonsaicycleworks.com/


.

# by bonsai-astn | 2019-03-23 12:00 | 盆栽メディアジャック

BONSAI x ENVE カスタマーI氏の場合

BONSAIxENVEを納品させていただきました。

カスタマーI氏のENVEは2.2。
ハブのカラーリングを選び。
スポークのカラーと組み方を選び。
盆栽屋のスペヒャルカスタムメード。
そこにリスペクトがある。


e0154650_17264545.jpg



リムデカールはシルバーベースにメタリックのマゼンダライン。
このラインデカールは盆栽自転車店のオリジナルパターンです。


e0154650_17264349.jpg


■リム:ENVE SES2.2
■ハブ:CHRISKING R45 MattePunch
■スポーク:SAPIM CX-RAY Black

□組み方:フロント=ラジアル リア=クロス
□デカール:シルバー&クリアマゼンダ



e0154650_17264130.jpg


このホィールが装着されるのはCOLNAGOのM10。
新品のホィールを取り付けるに当たって、ついでにオーバーホールのご依頼を頂きました。

カスタマーI氏は走りの幅も広がりグラベルライドも、このフレームでガンガンやられてます。
そういう意味では今回のホィールはかなり合ってますね。

頑丈なENVE。
MTBの世界でも定評があるカーボンリムです。
ロードのグラベルくらいはへっちゃらです。
チューブレスレディのタイヤを装備すればさらにしなやかにグラベル上を快適ライドができるでしょう。
もちろん、舗装路の性能も文句なし。
ロープロファイルでマニア向けな印象があるSES 2.2ですが、高い性能を誇ります。


e0154650_17264048.jpg












こころにはいつも自転車とリスペクト盆栽自転車店です
■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■OPEN ~ CLOSE
08:30〜17:00 Cafe(Friday) 
10:00〜17:00 Cafe(Saturday & Sunday & 祝日)
13:00〜21:00 Cycle Works
15:00〜20:00 Cycle Works (Sunday & Shop Ride Day)
■Wednesday is every closing
■AD 151-0051 4-11-8 Sendagaya Shibuya Tokyo
■WebShop https://bonsaicycleworks.com/


.



# by bonsai-astn | 2019-03-22 12:00 | BONSAI x ENVE

GIRO x BONSAI DND NAVY GLOVES

時が来た。

ついに来た。
待ちに待っていた。
春が来る前に来た。

そんなモノにはいつも。
リスペクトがある。



e0154650_19322976.jpg


それはコレです。
グローブです。
指付きグローブです。

今回はGIROのグローブをカスタムさせていただく機会を得た盆栽屋。
というか、自分からカスタムさせてくれと相談していた盆栽屋。
そんな数年越しの希望がかなってここに実現したこのプロダクツ。
GIROのグローブカスタムは日本初です。
なかなか良い出来になったと思います。


e0154650_19312862.jpg


このDND。
盆栽屋個人的にも愛用しているグローブです。
たくさん持っています。
MASH SFや、The Athleticに、Red Hook Critなど。
限定グローブが出るたびに仕入れ半分、私用半分に数が多くなっていきました。

指付きのグローブなので。
寒い時のロードライドはもちろん。


e0154650_19431154.jpg


シクロクロスのレースまで。
使うシーンを選びません。
いつもこのグローブばっかり使っていました。

フィット感が良いグローブなのでレバー操作の邪魔にならないのが良いですね。
いろんなデザインがあるので気分によって着替えられるのも良いところ。


e0154650_19431156.jpg


そんなDNDのヴァリエーションに盆栽自転車店のオリジナルカラーが加わりました。
カラーリングはネイビー。
DNDというグローブは今まで様々なカスタムデザインを受け入れてきたGIROのグローブなのですが、意外とこのカラーのグローブは存在しません。
そういう意味でもレア物だと言えるのかもしれません。


e0154650_19312914.jpg


手のひら側はシンプルに。
滑りにくく丈夫なスエード調の生地が使用されています。
e0154650_19312902.jpg


サイのプリントには若干のツヤがあって。
生地はツヤ消し。
同じカラーですが素材違いのコントラスト。
このツヤ感のコントラストが革のグローブにも見えなくもない。
ハードコアーな仕上がりです。



e0154650_19322998.jpg


こちらのグローブは通信販売もしています。
☞ https://bonsaicycleworks.com/products/giro-x-bonsai-dnd-navy-gloves


e0154650_19312831.jpg


そして。

コチラのグローブも合わせて入ってきました。
それはZERO CS。
盆栽自転車店で唯一在庫しているこの指切りグローブ。
いつも、真夏前には品薄になってしまうグローブです。
お早めの確保がオススメです。



e0154650_19314080.jpg

手のひらの生地が本革ではなくなって、耐久性や洗濯しやすさが改善。
さらに完成度が上がっています。

ラックとホワイトがございます。

e0154650_19314128.jpg

コチラのグローブも通信販売でもご購入いただけます。
☞ https://bonsaicycleworks.com/products/giro-cs-gloves









3月21日(木曜日祭日)はグルメライドのため15時頃からの営業になります
木曜日なので自転車営業になります



また、3月末まで在庫限りの ENVE Complete Wheel SALE やってます


こころにはいつも自転車とリスペクト盆栽自転車店です
■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■OPEN ~ CLOSE
08:30〜17:00 Cafe(Friday) 
10:00〜17:00 Cafe(Saturday & Sunday & 祝日)
13:00〜21:00 Cycle Works
15:00〜20:00 Cycle Works (Sunday & Shop Ride Day)
■Wednesday is every closing
■AD 151-0051 4-11-8 Sendagaya Shibuya Tokyo
■WebShop https://bonsaicycleworks.com/


.


# by bonsai-astn | 2019-03-18 12:00 | 盆栽オリジナル商品

癒しライドというライドイベントをやってます

春も近づいて冬眠から目覚めたサイクリストも居るとか居ないとか。
今日はいつもよりも多めの特濃メンツでお送りした癒しライド。
なんだけど、今日はルートを選択ミスしてしまったのか進みが悪くて踏切には何箇所も引っかかるし、信号もとにかく運に見放されるというようなスムースさに欠けてしまった進行になってしまいました。
でも、それはそれで癒されるのが癒し仲間。
そこにリスペクトがある。


e0154650_20274200.jpg
e0154650_20275063.jpg



場所によっては桜が開花してました。



e0154650_20273971.jpg











3月21日(木曜日祭日)はグルメライドのため15時頃からの営業になります
木曜日なので自転車営業になります



また、3月末まで在庫限りの ENVE Complete Wheel SALE やってます


こころにはいつも自転車とリスペクト盆栽自転車店です
■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■OPEN ~ CLOSE
08:30〜17:00 Cafe(Friday) 
10:00〜17:00 Cafe(Saturday & Sunday & 祝日)
13:00〜21:00 Cycle Works
15:00〜20:00 Cycle Works (Sunday & Shop Ride Day)
■Wednesday is every closing
■AD 151-0051 4-11-8 Sendagaya Shibuya Tokyo
■WebShop https://bonsaicycleworks.com/


.

# by bonsai-astn | 2019-03-16 09:00 | 盆栽屋サイクリング倶楽部

盆栽新着情報 3・15

Cinelli MIKE GIANT キャップが再入荷しました。
フリーメイソンみたいなロゴもかわいく。


e0154650_21044599.jpg


このGOLD 人気です。
ゴールドいいです。
派手そうに見えて案外シックに決まると思います。


こちらのキャップも通信販売可能です。
e0154650_21044717.jpg
さらに!
AETHER MIPS の他のカラーも入荷してきました!

マットホワイト&シルバーに。
e0154650_17582355.jpg
ブラックフラッシュ!
ブラックフラッシュは見た目はマットブラックに見えますが。

e0154650_21110267.jpg
暗いところで光が当たると反射するという特殊なカラーリングです。
これも良いと思います。
e0154650_21110238.jpg
今季から日本人のアタマに合うように設計されました。
アジアンフィット。
ほとんどの方がMサイズでイケると思います。
最高です。

リスペクトがあります。


e0154650_17541857.jpg










また、3月末まで在庫限りの ENVE Complete Wheel SALE やってます


こころにはいつも自転車とリスペクト盆栽自転車店です
■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■OPEN ~ CLOSE
08:30〜17:00 Cafe(Friday) 
10:00〜17:00 Cafe(Saturday & Sunday & 祝日)
13:00〜21:00 Cycle Works
15:00〜20:00 Cycle Works (Sunday & Shop Ride Day)
■Wednesday is every closing
■AD 151-0051 4-11-8 Sendagaya Shibuya Tokyo
■WebShop https://bonsaicycleworks.com/


.

# by bonsai-astn | 2019-03-15 12:00 | 盆栽新着商品情報

TIME ALPE D'HUEZ 01 を納車させていただきました

TIME ALPE D'HUEZ 01 を納車させていただきました。

2018年ニューモデルとして登場したこのTIMEラインナップ史上最軽量のフレーム。
クライミングバイクとしてまさにラインナップの頂点に君臨しようというフレームです。


e0154650_17585942.jpg



比較的短期間にTIMEのフレームを数多く(サイズを試されていたというのもあり)乗り継いで来られたカスタマーY氏にとって、乗らない選択肢はなかったのでしょう、さっそくオーダーをいただいたのが、2018年2月のことでした。
それから納車までほぼ1年。


e0154650_18033452.jpg


特にこのXXSというサイズがなかなか来なくて参りました。
フレームが来たら、ステムを塗装ということで塗装のお時間も頂戴しました。
なぜ、TIMEこのカラーのステムを販売しなかったのでしょうか。
カタログにはこのカラーで組まれているというのに。
そういう色々があってかなりお時間かかってしまいました。

こうして無事に納車できる日をお迎えすることができまして本当にありがたいなぁと感慨深い気持ちです。


e0154650_17473917.jpg



カスタムヒーローというカラーリングです。
シルバーがいい感じ。
良い色してます。

ステムは塗装屋さんに調色して色合わせをしてもらいました。
一見、フツーに売ってそうなフレームとセットのステムですが、それが売ってない。
まさに平凡なる非凡という感じでしょうか。
フツーに見えて、フツーではない。
まさにスペヒャルなんですね。

リスペクトがあります。



e0154650_17473928.jpg



パワーメーターはパイオニア党のカスタマーY氏。
新作のパイオニアのメーターも装備してくださってます。



e0154650_18182797.jpg


リアディレーラーにはCERAMIC SPEED のビッグプーリーを搭載。
なんだか、シマノのデュラエースにはとても似合いますね。
BBもCERAMIC SPEED が搭載されて、とても戦闘力の高い自転車に仕上がっています。




e0154650_17473626.jpg


■フレーム

TIME ALPE D'HUEZ 01 クラシックフォーク

■スペック

メインコンポーネント:SHIMANO Di2 9170
クランク:SHIMANO 9170

ハンドル:TIME ERGO DRIVE
ステム:TIME
バーテープ:Fizik
サドル:SPECIALIZED POWER
ペダル:SPEEDPLAY STAINLESS

ホイール:MAVIC COSMIC PRO CARBON SL UST
タイヤ:MAVIC



e0154650_17473072.jpg


さっそくお乗りいただいてます。
さっそくご感想もいただきました。

この自転車は登りで真価を発揮するとおもいます!
世間で見聞きしていたインプレッションの印象よりはしなやかで、平坦は最近のタイムフレームというよりもVXRSに近いと思います!

Active フォークにしなくて正解でした。
平坦路をジェントリーにクルーズしたい方はActive フォークが良い感じがしますが、そうでなくともそれなりにしなやかさはあります。


とのこと。
TIMEフレームをそれこそ10本くらいは乗り継いで来られたであろう氏による貴重なインプレッションをいただきました。
リスペクトがあります。


e0154650_17473434.jpg














また、3月末まで在庫限りの ENVE Complete Wheel SALE やってます


こころにはいつも自転車とリスペクト盆栽自転車店です
■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■OPEN ~ CLOSE
08:30〜17:00 Cafe(Friday) 
10:00〜17:00 Cafe(Saturday & Sunday & 祝日)
13:00〜21:00 Cycle Works
15:00〜20:00 Cycle Works (Sunday & Shop Ride Day)
■Wednesday is every closing
■AD 151-0051 4-11-8 Sendagaya Shibuya Tokyo
■WebShop https://bonsaicycleworks.com/


.

# by bonsai-astn | 2019-03-14 12:00 | TIME