オレはRapha Prestige KUJU に行く

オレはRapha Prestige KUJUに行く。
久住に走りに行く。
Rapha Prestige。
かつてはGentlemen's Raceと言われていたものだ。
それは美しい。
チーム5人でチカラを合わせてアドベンチャーな初めて走るルートを走りきる。
e0154650_22304182.jpg
考えてみてほしい。
そんな自転車のイベントが他にあるだろうか?
あまり知らない。
例えばロードレースであってもチーム力を発揮できているチームがあるだろうか?
ホビーレーサーは全員がエース。
そんなホビーレースレベルでは皆無ではないだろうか?
あったとしても、チームで出場するエンデュランスがせいぜいってところじゃないだろうか。
そういうなかでPrestigeは特異な存在である。
まさにチーム力が試されようというイベントである。
だから美しい。
そしてリスペクトがある。
e0154650_22314130.jpg
わたしはかつてRapha Prestigeが、Rapha Gentlemen's Raceという名前だったころに2回出させてもらったことがある。
1回目の野辺山と。
2回目の京都
そのうちチームで出場できたのは京都だけ。
1回目には適わなかった自分のチームでの出場ができたのだ。
だから自分でも相当な気合いを入れていたと思う。
それはそれはもう大変なものだった。
振り返ればそんな気合いが空回りすることも多分にあったと思うし。
チーム員のみんなのなかでもいろいろと紆余曲折があったはず。
それは、とにかく、Rapha Gentlemen's Raceという巨大な存在にチームが呑み込まれてしまった瞬間だったのかもしれない。

「浮ついてはいないか?」

楽しかったけれど。
う〜ん。
楽しいだけでは終わらせてくれなかったGentlemen's Race。
それはチームの完成度があまりにもわたしの理想と違っていたから。
あとから気付いたことなんだけど、このイベントはチームを成長させてくれるイベントである。
当時からそう思っていられれば少しは気がラクになったのかもしれないけれど。
あのころはそういう思考になることができなかった。
e0154650_22294264.jpg
そして、それ以降はというと?
Prestigeはお休み期間にはいった。
実は、本当は、Prestigeに出たかったけれど、出たくて出たくてたまらなかったけれど敢えて申し込む事はしなかった。
わたしはチームが成長したときに、機が熟したときにまた出させてもらおうと思っていた。
あのあいだに、Gentlemen's RaceはPrestigeと名前を変えて。
招待制から応募制に変わり。
「レース」から「イベント」にという具合にスタイル的にも変身していった。
開催場所も
八ヶ岳。
小国にニセコ。
上勝。
そして、那須。
e0154650_22301104.jpg
そのあいだ。
女性のPrestigeを中心にナツキに出場してもらっていた。
男性も出場可能だった上勝には、当時テツーージを名乗っていたラッキーモーをチームから派遣したものの、完走できず。
わたしが1回目に出たときのように、そのときだけの急造チームがめずらしくないPrestigeだけれど。
やはり、普段から活動してるチームがいいんだろうなと思いを深めてくれることになった。
それを横目に。
我々はGentlemen's Raceにおおいに触発された冒険的ライドを繰り返すようになる。
それは各地で。
北海道や沖縄ではレース後に走り。
いろいろな土地に行くことでその土地のハードコアーたちとの出会い、チームの交流、そうして自分の距離感覚というか、距離への障壁がどんどんと無くなっていく感覚を得る。
e0154650_22311284.jpg
そして、今になってあの京都を振り返ってみると。
チームは成長したのだろうか。
思えばたしかにクリハラは京都でのあの日、あのイベントを境に変化した。
京都では、パンク修理に苦戦して大きな遅れをとってしまったり、下りでボトルを落としたり、最速だったトレックチームに付いて走れば真っ先にちぎれたり。
それが今はどうだ。
レースに出るようにもなったし、練習では持ち前の地理能力の高さに加えて走力が上がったことによりレースをやっているチーム員にも負けないようになった。
そんなGentlemen's Raceをキッカケにして自転車力を底上げしたチーム員を見て、リスペクトしない盆栽屋は無し。
そうだ!
このイベントは、そういうチームを成長させてくれるイベントなんだ!!
e0154650_22325069.jpg
ある日の午後。
上勝のムービーを静かに見ていた。
そしたらいっしょに見る男がサイのツノのようにもう独り。
アメリカから留学で日本に来ているタイラー。
Prestigeに行きたい?と聞いたら、いいね!ということになった。
昨年からお店にちょくちょく来てくれていたなかで今年の5月にはアメリカに帰ってしまうというので日本の思い出作りとしては丁度いい。
それから、タイラーはチーム練習に来てくれるようになり、我がチームの穴を完全に埋めてくれそうである。
e0154650_19111715.jpg
さて。
ともかく。
我々は久住に向かう。
もしかするとまた浮ついているのかもしれない。
まぁいいだろう、大目に見ておくれ。
申し込みも前のめりでやりきって。
スタートは最後をお願いした。
目標は完走。
久々のPrestigeだから骨の髄まで楽しませてもらおうと思う。
美しいイベントがそこにあることを信じている。
そこにリスペクトがある。






4月21〜23日は自転車営業はRapha Prestige Kuju参加のためお休みさせていただきます
カフェは通常通り営業します


こころにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■OPEN ~ CLOSE
08:30〜17:00 Cafe(Weekday) 
10:00〜17:00 Cafe(Saturday & Sunday)
13:00〜21:00 Cycle Works
■Wednesday is every closing
■AD 151-0051 4-11-8 Sendagaya Shibuya Tokyo
■WebShop http://bonsaicycleworks.com/ サイトリニューアル中


.
[PR]
# by bonsai-astn | 2017-04-21 12:00 | TEAM BONSAI 活動記録

作業場のカウンタースツールが新しくなりました

盆栽自転車店の作業場にある大きなテーブルのイスが3脚あたらしくなりました。
自転車オーダーや作業中にしか座る機会が無いというようなコチラのイス。
もはや常連用のイスと言っていいのかもしれません。
そういえば、自転車屋の作業場でイスが向かい合わせに置いてあるというのも珍しいのかもしれません。
e0154650_19432126.jpg
新しくなったイスはスチール製の脚で、座面はウッド。
インダストリアルな作業場の雰囲気に合い過ぎなくらいに合っていると思います。
元々あったイスも良かったのですが、テーブルに比べてちょっとイスの高さが高いのが気になっていたところでした。
盆栽自転車店の顧客筋のみなさまにその件を聞いてみると、みなさん別に気にされてなかったそうで。
まぁ、低くなりましたのでぜひ座ってお試しください。
e0154650_19432447.jpg
今回も高知のUDATSU IRON WORKSさんにお願いしました。
作業場の棚、カフェのテーブル、傘かけに続いて4作目。
いやぁ〜まるでコレクションみたいに増えてうれしいですね。
今週末はRapha Prestige Kujuで不在にしてますので、顧客筋のみなさまにおかれましては来週の月曜日から座ってみてください。







4月21〜23日は自転車営業はRapha Prestige Kuju参加のためお休みさせていただきます
カフェは通常通り営業します


こころにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■OPEN ~ CLOSE
08:30〜17:00 Cafe(Weekday) 
10:00〜17:00 Cafe(Saturday & Sunday)
13:00〜21:00 Cycle Works
■Wednesday is every closing
■AD 151-0051 4-11-8 Sendagaya Shibuya Tokyo
■WebShop http://bonsaicycleworks.com/ サイトリニューアル中


.
[PR]
# by bonsai-astn | 2017-04-20 12:00 | いつもありがとう

アシストの証明をする男

やっとこさチームで揃って練習ができた。
Prestigeは今週の土曜日。
なんだ1回だけか、って言っても我がチームは普段から?いっしょに?よく?走ってる?から問題無い(そう思いたい)。
実際、出だしは良かった。
はじめの上りまではかなり快調。
さすがは普段から?いっしょに?走ってるだけはある。
まるで購入したてのパソコンみたくサクサク進む。
そして、上りに入ると脚色が見えてきた。
e0154650_17431120.jpg
2回目の長くて急な登りでヤマノハが遅れ出す。
今日はPrestigeライド。
だから置き去りにしない。
一番遅いヤマノハのテンポ、スピードで脚を合わせて上って行く。
いくつかの上りをこなして、さて残りは平坦だけですよ、という感じで楽勝ムードになるかと思いきや。
今度は絶望的に遅れ出す。
これがPrestige。
e0154650_1743891.jpg
平坦は上りよりもスピードが出ているせいか、全体的にぎくしゃくとした動き。
そんななかで遅れるヤマノハを待つわたし。
前に出て引くこともあれば。
後ろから背中を押す事もあったし。
さらに、全身がツッタと嘆くヤマノハに持っていたヒデキのラムネも差し出した。
そういうことをこなしてわたしはアシストとして走れることも証明した。
e0154650_17431391.jpg
かつて2000年のジロ・デ・イタリア。
序盤から遅れたパンター二は総合成績で上位につけていたガルゼッリのためにアシストとして走る事になる。
すでにツールもジロも制していた偉大なるカンピオニッシモパンターニは、この後輩選手のために終盤のステージでアシストをやってのけシモーニとカーサグランデを脱落させガルゼッリのジロ制覇につなげるのだった。
そこでパンターニは、「わたしは偉大なるアシストもできることを証明した」と言い残したのだ。
そう、わたしも気分はパンターニ。
完全に浮ついているが悪くない。
e0154650_1743145.jpg
Prestigeでも盆栽屋のアシスト出動となるか。
そんなPrestige KUJUは今週の土曜日だ。







4月21〜23日は自転車営業はRapha Prestige Kuju参加のためお休みさせていただきます
カフェは通常通り営業します


こころにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■OPEN ~ CLOSE
08:30〜17:00 Cafe(Weekday) 
10:00〜17:00 Cafe(Saturday & Sunday)
13:00〜21:00 Cycle Works
■Wednesday is every closing
■AD 151-0051 4-11-8 Sendagaya Shibuya Tokyo
■WebShop http://bonsaicycleworks.com/ サイトリニューアル中


.
[PR]
# by bonsai-astn | 2017-04-16 08:00 | TEAM BONSAI 活動記録

シクロクロスマッスィーンの16-17シーズン

クロスシーズンも終了。
シーズンを締めてもう2か月が経過。
今シーズンは昨年昇格したカテゴリー1を維持するのに苦戦してドッと疲れたシーズンという印象。
シーズンがはじまって練習を始めたところで遅い遅い。
もっと気合いを入れて取り組まないといけないなと思わされたシーズンになりました。
そう思わせてくれるシクロクロスがたまらなく楽しいぜ。

そういうわけでシーズンを振り返ってみましょう。
e0154650_20391074.jpg
初戦は9/25の茨城CXの城里七会中学校ステージ。
そろそろ秋の風を感じ始めた涼しくなってきたころに異常気象で暑さがぶり返して、マジでシクロクロスすんの?ってぐらいに灼熱になった一日。
半袖のワンピースを作ってて大正解というわけだったんですが。
ギアの選択を間違え、そしてちょっと熱中症気味に陥りながらなんとか走りきったなかではビリという成績。
まーまだはじまったばかりだから
この日は終日サポートしてくれたモトヒコ氏に感謝!

e0154650_20431769.jpg
2戦目はJCXレースの茨城CX小貝川。
10/10でした。
このレースもまったく走れずという感じで、練習の足りなさを痛感させられる感じ。
いよいよヤバいかという風向きになってきます。

e0154650_20453959.jpg
3戦目は懲りずにJCXレース白樺湖。
もう悲惨なくらいに走れなかったレース。
撃沈というよりはプロトンから消去されそうな怖れを感じた1日。
JCXのレースというのはそもそもポイントを稼ぐべく出ているのに、こんなことでは残留が危うい。

e0154650_2048194.jpg
11月になって4戦目。
近所のレースが続きます。
幕張でのナイトレース。
スターライトクロス。
スタートは成功するけれど続かない。
しかも無難にこなせばいいところをチャレンジしてミスして大幅な遅れを取り替えずことができないという。
今シーズンを象徴するようなレース。

e0154650_20521524.jpg
そして、やってきました野辺山。
今年は今まで自分のなかでは禁じ手にしていた2日連続の参戦。
やっぱり粉々になりました。
白樺湖もそうでしたけれど、標高が高いせいなのか、単に下手なのか、う〜ん。
悪い中でも1日はスタートに大成功。
一時は20番手以内ではじめて走る事ができたのではないでしょうか。
あそこで継続して走り続けるには???
e0154650_20521836.jpg
さて、野辺山というと、なかなか普段は会う事が出来ない海外からお越しのみなさんとコミュニケーションとれたのは最高の思い出になりました。
野辺山はレースがダメでも必ず良い事があるレースと言えます。

e0154650_20564538.jpg
野辺山が終わり。
ひと段落。
エリートレーサー達は全日本に向けての調整へ。
下層のレーサーはレーサーとしての身分を賭けてドサ回り巡業へと出かけます。
思えば、今シーズン。
何ヲ思ったのかJCXばかりのレースに出てました。
成績から言えば高望みだったとしか言えないのでしょうけれど、ポイントを取りに行く機会すら失うわけにはいきません。
とはいえ、残留すら危うくなってきたのでここでローカルレースにシフト。
ここで盆栽屋残留遊戯がスタートしました。
それが信州クロスの南信州。
そして、見事に残留切符を獲得できました。
内容としてはずっと付き位置走行でインデュラインにおけるブリュイネールのような不格好な走りだったわけですけれど。
はじめてのフルラップ完走ということも相まって少しだけ自信を取り戻すキッカケになったのは間違い無いところだったのです。

e0154650_212078.jpg
そして、今度は東北へ。
といっても福島だったらまだ近い。
郡山ステージ。
ここでもギリでなんとか残留切符をゲット。
3枚獲得しなければいけない残留切符をローカル戦線にシフトチェンジして直ぐに年内に2枚獲得できたことでわたしの安堵感はすでに3枚を獲得した気分になってしまうのです。

e0154650_2163893.jpg
年が明けて。
福岡出身のくせにあまり行ったことがない山口へ。
シクロクロス遠征はロードムービーのように。
思えば遠くにやってきた。
ヤマノハ氏とナツキと旅してきました。
ここにきてシーズンはじめての飛行機輪行。
クルマのみならずすべての移動手段を駆使して遠征に繋げるのもまた楽しいものです。
e0154650_2154668.jpg
レースのほうはというと、予想外の雨泥で苦戦して残留は逃してしまったものの。
後半には元気が戻って何人かを抜く事が出来たのが良かった事か。
SPEEDVAGEN Family Racingのヒロさんが優勝したことにリスペクトがありました。
レース後の翌日には福岡でもマボロシとされ、地元民もあまりその存在に気付いてない透明なトンコツラーメンが旨かったということも追記しておきましょう。
e0154650_2111205.jpg


e0154650_21122514.jpg
結果的に今シーズン最後のレースになってしまった高知シクロクロスはとある高知のカスタマーの方に呼ばれて飛び出て行ってきたレース。
四国ですらはじめての盆栽屋。
けれども、すべて案内していただいたカスタマーS氏のおかげで、わたしは高知通になりましたよ。
とにかくうな重がサクサクで美味く、お酒は日本酒が美味しいということで。
前日の酒盛りも逃げるように就寝してレースに備えました。
なんせ、残留をキメなければいけません。
レースに出たのは知り合いばかりということで、若干の千秋楽感を味わいつつゴール。
これで残留コンプリート。
もう今シーズンはこれだけで疲れてこれだけで終わった印象。
こんなシーズン送りたくない。
ということで来シーズンは頑張りたい。
e0154650_2112517.jpg
そんなわたしをツンツンする要因としてテツーージあらためラッキーモーが昇格してきました。
このレースで1位。
勝って昇格なんてカッコいい。
まわりでは、欲しいモノは総て手に入れた男なんて言われてますけど。
来シーズンはわたしは枠外だったチーム内抗争に組み込まれてしまう事になるでしょう。
ヤマノハさんもはやく昇格して来なさい。

来シーズンに向けて、練習よりもまずは自転車ということで新しい自転車をすでにオーダーしています。
もちろん前後ともディスクブレーキで新車はスルーアクスルになる予定です。
e0154650_21132144.jpg
Pinkのアイエフもすでに4シーズンいっしょに闘いました。
新しいシーズンは何色のアイエフになるのでしょうか?
お楽しみに〜。
アイエフのシクロクロスをご検討されている方はそろそろオーダーしないとシーズン間に合いませんのでご注意ください。
VYNLであれば前後ディスクブレーキ&スルーアクスル標準でお買い得な仕様になってますのでそちらもどうぞ。
















こころにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■OPEN ~ CLOSE
08:30〜17:00 Cafe(Weekday) 
10:00〜17:00 Cafe(Saturday & Sunday)
13:00〜21:00 Cycle Works
■Wednesday is every closing
■AD 151-0051 4-11-8 Sendagaya Shibuya Tokyo
■WebShop http://bonsaicycleworks.com/ サイトリニューアル中


.
[PR]
# by bonsai-astn | 2017-04-10 12:00 | TEAM BONSAI レース編

BONSAI x ENVE カスタマーM氏の場合

BONSAIxENVEを納品させていただきました。

カスタマーM氏のENVEはSMAERT SYSTEM 2.2のチューブラー。
ヒルクライムレースでの決戦用としてのホィールということでハブも珍しいGOKISOのクライマーハブ。
そこにリスペクトがある。
e0154650_17465111.jpg
■リム:ENVE SES2.2 チューブラー
■ハブ:GOKISO クライマーハブ
■スポーク:SAPIM CX-RAY Black

□組み方:フロント=ラジアル リア=左右クロス
□デカール:ツヤ消しブラック
e0154650_17465651.jpg
なんといっても珍しいGOKISOハブ。
その回転性能の良さはホィール組み立て作業中にくるくる廻していても実感できるほど。
GOKISOの最大のデメリットである重量化もクライマー仕様で涙ぐましい軽量化がなされています。
とくに前ハブのフランジ部分の肉抜きは見た事ないような不思議な方法で肉抜き。
ある種の美しささえたたえています。
e0154650_17465892.jpg
e0154650_1747331.jpg
e0154650_1747683.jpg
オーダーしてくださったカスタマーM氏も「GOKISOなのに軽い!」と大感動していただきました。
そして、2.2のリムもチューブラーとなればこの重量です。
抜群の強度と耐久性でこの軽さであればかなり良いほうなのではないでしょうか。
そしてワイドリムですし。
リムブレーキ仕様のENVEリムのなかでは最軽量を誇ります。
e0154650_17471149.jpg
デカールはステルス仕様になりました。
ローハイトなのにエアロリムという無いモノねだりを実現させた2.2。
乗ったヒトからその外見には見えないエアロ性能を体感されています。
カスタマーM氏もそのひとり。
e0154650_17471428.jpg
ホイールですが、登り坂で、一歩一歩の踏み込みが軽くスムーズに進む感じがします。
平坦道では、リムハイトが低いのにハイトの高いホイールと同様にエアロ効果が感じられます。
登りも平坦もこのホイールでオールラウンドに使えます。

というご感想をいただきました。
わたしも2.2のクリンチャーを愛用してますが、まさに同じ思いです!
e0154650_17471682.jpg










こころにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■OPEN ~ CLOSE
08:30〜17:00 Cafe(Weekday) 
10:00〜17:00 Cafe(Saturday & Sunday)
13:00〜21:00 Cycle Works
■Wednesday is every closing
■AD 151-0051 4-11-8 Sendagaya Shibuya Tokyo
■WebShop http://bonsaicycleworks.com/ サイトリニューアル中


.
[PR]
# by bonsai-astn | 2017-04-06 12:00 | BONSAI x ENVE

冒険に出かける男 #rpkuju

4月といえば?
花粉症も落ち着いてきた今日このごろ。
22日にはRapha Prestige Kujuが控えている。
久々のPrestige。
前回は京都以来だから本当に久々。
じつに3〜4年振り?
メンツは1人変わって4人は変わらずで。
まさに気心知れた仲間と言える。
そこにリスペクトがある。
e0154650_14174219.jpg
チーム員はというと自称忙しい病にでもかかってしまったのか集まりが悪い。
お恥ずかしいことに最近は一度も出場メンツが揃った状態で走れていない。
だからといって何か問題あるのかといったら。
おそらく無いわけなんだけど。
なにせもう4〜5年は自転車上の苦楽を共にしてきたのだから大丈夫。
っとまぁ、このわたしですらそう思えてしまうくらいには油断しているのでそれが一番不味いのでは?と思ってみたり。
そんな自信と、そのせいで生まれる隙やら油断が交錯する。
e0154650_14174149.jpg
今日はそんな5人のうちの3人が集合したけれど。
相変わらず全員揃わないので気分転換にショートコースで知らない道を開拓することにした。
こうして来ない人間に気持ちを後ろに引かれてしまうのは良くないが。
知らなかった道が知る道となってひろがっていくのは良いことだと思う事にしよう。
サイの角のようにただ独り歩め。









こころにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■OPEN ~ CLOSE
08:30〜17:00 Cafe(Weekday) 
10:00〜17:00 Cafe(Saturday & Sunday)
13:00〜21:00 Cycle Works
■Wednesday is every closing
■AD 151-0051 4-11-8 Sendagaya Shibuya Tokyo
■WebShop http://bonsaicycleworks.com/ サイトリニューアル中


.
[PR]
# by bonsai-astn | 2017-04-02 08:00 | TEAM BONSAI 活動記録

BONSAI x ENVE カスタマーT氏の場合

BONSAIxENVEを納品させていただきました。

カスタマーT氏のENVEはSMAERT SYSTEM 4.5のクリンチャー。
県内にお取り扱いのお店が無いということで通信販売させていただきました。
そこにリスペクトがある。
e0154650_1718856.jpg
■リム:ENVE SES4.5
■ハブ:ChrisKing R45 Black
■スポーク:SAPIM CX-RAY Black

□組み方:フロント=ラジアル リア=左ラジアル
□デカール:Blackツヤありツヤなしコンビネーション SESホワイトロゴ
e0154650_17181993.jpg
4.5のリムはいわゆるディープリムですのでロゴが大きく迫力が出せます。
そこでT氏のデカールカスタムはツヤありのブラックとツヤけしのブラックのコンビネーション。
一見すると目立たなそうですが、しっかりとしたコントラストの明暗がついて美しく仕上がりました。
e0154650_17181229.jpg
e0154650_17181431.jpg
自転車に装着した画像をカスタマーT氏より送っていただきました。
フレームはTyrellというブランドのもの。
ハンドルやシートピラーもENVEでまとめられているのにも注目です。
ホワイト&ブラックに少しレッドを効かせた非常にシンプルでクリーンな仕上がりになってます。
そして、T氏からホィールに関して「いいホィールですね」というシンプルでうれしい!回答を頂戴しています。
これからもレースに、ライドに重宝していただけることでしょう。
そこにリスペクトがあります。
e0154650_17182443.jpg








こころにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■OPEN ~ CLOSE
08:30〜17:00 Cafe(Weekday) 
10:00〜17:00 Cafe(Saturday & Sunday)
13:00〜21:00 Cycle Works
■Wednesday is every closing
■AD 151-0051 4-11-8 Sendagaya Shibuya Tokyo
■WebShop http://bonsaicycleworks.com/ サイトリニューアル中


.
[PR]
# by bonsai-astn | 2017-03-31 12:00 | BONSAI x ENVE

eTAPにするなら〝今でしょ〟のお知らせ

SRAM製品の価格改定の連絡が届きました。
新価格は5月から適用されます。
4月30日までのオーダーであればバックオーダーになっても旧価格のまま販売させていただきます。
価格改定の波はとくにハイエンドモデルに押し寄せました。
これからSRAMに組み替えようという方は今がそういう機会ですし。
現在お使いのみなさまにおきましてはスプロケットなどの消耗品を抑えておいても損はないぜよと宣言しておきます。
e0154650_1642337.jpg
さて、気になるところでeTAPも価格改定になります。
ノーマル、ロングケージ、TT用、そして油圧レバーといろいろセットがございますが、軒並み1マン円のアップです。
ほぼ5%の差になります。
これを誤差ととるのか、大きな差ととるのか。
1マン円あればいろいろできることがあるのは大人たちの共通の理解であると思います。
衝動買いはしてないか?
e0154650_16423581.jpg
わたしも使ってます。
使い始めて4か月使ってますが。
今は思いっきりハッキリ「オススメ」と言いきることができます。
理由はいろいろありますが。
とにかくシンプル。
シンプルイズベスト。
そういった生活志向のヒトには間違い無くマッチすると思います。
当店にて組み替えていただいたカスタマーのみなさま、新車に搭載してくださったカスタマーのみなさまにおきましても、もう全員(え!?そうじゃない?)幸せな自転車生活を送っていただいてるのではないかという自負さえあります。
そんなパーツはそう多くはないです。
e0154650_16423864.jpg
そういうわけで、値上がり前にお求めいただくとお得ですよ、というお知らせでした。
ご注文は盆栽自転車店までよろしくお願いいたします。









こころにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■OPEN ~ CLOSE
08:30〜17:00 Cafe(Weekday) 
10:00〜17:00 Cafe(Saturday & Sunday)
13:00〜21:00 Cycle Works
■Wednesday is every closing
■AD 151-0051 4-11-8 Sendagaya Shibuya Tokyo
■WebShop http://bonsaicycleworks.com/ サイトリニューアル中


.
[PR]
# by bonsai-astn | 2017-03-30 12:00 | 盆栽新着商品情報

ショップサイトリニューアルのお知らせ

いつも盆栽自転車店のご利用ありがとうございます。
通信販売のWebShopのサイトがリニューアルすることになりました。
新しくなったショップは4月中旬ころにオープン予定です。
お楽しみにお待ちください。
e0154650_1401425.png
MADison4 Jerseyご予約の方は入荷次第発送いたしますのでお楽しみにお待ちください。









こころにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■OPEN ~ CLOSE
08:30〜17:00 Cafe(Weekday) 
10:00〜17:00 Cafe(Saturday & Sunday)
13:00〜21:00 Cycle Works
■Wednesday is every closing
■AD 151-0051 4-11-8 Sendagaya Shibuya Tokyo
■WebShop http://bonsaicycleworks.com/ サイトリニューアル中


.
[PR]
# by bonsai-astn | 2017-03-26 12:00 | いつもありがとう

癒される男

無類の海好きのモト氏を連れて海にかこまれた場所へ。
なにかとループしたルートを好むわたしたちですが。
道なりにもう一本鎗のルートしか組めないルートもたまにはイイナと思うのです。
しかもこの界隈は休日人口が少ない?
とにかく走りやすいです。
晴れた冬に良いでしょう。
e0154650_18285029.jpg
e0154650_18285267.jpg
e0154650_18285497.jpg
無類の昭和好きの参謀クリハラのために。
目的地のパン屋さんは人形町というこれまた昭和タウンにある昭和なお店。
もちろんクリハラも大満足。
個人商店の洗礼もしっかり受けて大勉強に大満足。
帰りには後輪のハブも変わって大安心。
癒し度の高い一日になりました。









こころにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■OPEN ~ CLOSE
08:30〜17:00 Cafe(Weekday) 
10:00〜17:00 Cafe(Saturday & Sunday)
13:00〜21:00 Cycle Works
■Wednesday is every closing
■AD 151-0051 4-11-8 Sendagaya Shibuya Tokyo
■WebShop http://bonsaicycleworks.com/


.
[PR]
# by bonsai-astn | 2017-03-25 09:00 | 盆栽イベント情報

盆栽新着情報 3・23

Lezyneがブランド創設10周年を記念に世に問う新モデルが入荷しました。
それはメーター。
GPSのサイクルコンピューターです。
Lezyneの推しポイントはなんといってもその価格設定。
すべてのメーターが2マン円を切っているという事実。
そこにリスペクトがあります。
e0154650_176167.jpg
ハイエンド機種であるSUPER GPSでお値段なんと16,8oo円。
スピード、ケイデンス、パワーメーターの表示に対応するのは当然で。
標高、勾配、方向などのGPSメーターらしい機能もございます。
スマホと同期させてeメールの通知や電話の着信まで表示しちゃう、ってライド中にはあまり見ない方がいいかも。
そんなわけで記録&計測できる機能もじゅうぶん過ぎるほどに豊富です。
地図は表示しませんが、ルートを線で表示することはできます。
e0154650_176183.jpg
さらに小さいサイズもあります。
MINI GPSは簡素なモデルでGPSメーターははじめてという方やセカンドメーターとしても良い12,ooo円。
気圧計を搭載していないということで勾配がわからないくらい。
他はサイクルコンピューターとしてじゅうぶん過ぎるほどの機能を小さなボディに搭載しています。
MICRO C GPSはSUPER GPSをカラーにして小さくしたモデルというような位置づけ。
e0154650_1761468.jpg
SUPER GPSにスピードケイデンスセンサーと心拍バンドが付属したオトクなセットもございます。
別売りで購入するよりも7,ooo円ほどオトクになります。
e0154650_17203232.jpg
マウントは通常はゴムバンドで固定するタイプが付属。
ステム前に設置できるマウントは別売りにて販売しています。
コチラも在庫していますのでゼヒどうぞ。












こころにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■OPEN ~ CLOSE
08:30〜17:00 Cafe(Weekday) 
10:00〜17:00 Cafe(Saturday & Sunday)
13:00〜21:00 Cycle Works
■Wednesday is every closing
■AD 151-0051 4-11-8 Sendagaya Shibuya Tokyo
■WebShop http://bonsaicycleworks.com/


.
[PR]
# by bonsai-astn | 2017-03-23 12:00 | 盆栽新着商品情報

盆栽新着情報 3・21

先日のMAAP Field Tripの様子がMAAPのブログにてストリー付きで公開されています。
どうぞチェックしてみてください。

☞ http://blog.maap.cc/in-the-field-part-1
e0154650_15461159.jpg
そして、MAAPのライドを終えた最終日に立ち寄ったのはENVE10周年のパーティー。
翌日から近所のソルトレーク市内で開催されていたNAHBS2017(North American Handmade Bicycle Show)の前夜祭的なパーティーでした。
あとから有識者に聞いたのですが、どうやら新しい工場&社屋に引っ越したお披露目だったようです。
e0154650_15294289.jpg
業界人で賑わうなか、そこにはNAHBSには出展しないVanilla Work Shopの2017年モデルの新車をはじめ、ENVEと協力関係にあるアメリカを代表する工房の自転車たちがズラリと展示してありました。
コチラはポートランドのサイクリストJake氏が乗る予定という2017年スキームのロードフレーム。
e0154650_1546854.jpg
そしてコチラはENVEのマーケティング担当のJake Pantone氏の実車。
ディスクロード。
そのまま乗ってきた使っている自転車といった雰囲気が単なるお飾りではない〝リアル〟を感じさせてくれました。
e0154650_1683067.jpg
玄関先にはカーボンフレーム工房であるARGONAUTのフルカーボンフレームが。
日本で乗っているヒトは居るのか?
まだ見た事ありません。
珍しいフレーム。
しかもディスクブレーキ仕様です。
新しいカラーのChris Kingのヘッドセットにハブ、BBで組まれていますが、このカラーはまだ受注できないそうです。
e0154650_1683156.jpg
もちろん、他の新色が付いた自転車もありました。
このCieloに付いているのはMatte Black。
今季からの新色になります。
定番カラーです。
e0154650_15295344.jpg
定番のカラーにはもう1色ありまして。
それが左側のMatte Slate。
ツヤ消しグレーですね。
e0154650_15294733.jpg
そして限定カラーも追加されました。
それがMatte Emerald。
ミドリ系のカラーは全部無くなってしまいましたので希少といえます。
このMatte Emeraldのみ今年の6月12日までが受注期限になります。
この機会をお逃しになられないようにお願いします。
e0154650_15294950.jpg










こころにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■OPEN ~ CLOSE
08:30〜17:00 Cafe(Weekday) 
10:00〜17:00 Cafe(Saturday & Sunday)
13:00〜21:00 Cycle Works
■Wednesday is every closing
■AD 151-0051 4-11-8 Sendagaya Shibuya Tokyo
■WebShop http://bonsaicycleworks.com/


.
[PR]
# by bonsai-astn | 2017-03-21 12:00 | 盆栽新着商品情報

GARMINが吹き飛ぶ男

昨日ミラノサンレモが開催されて。
これからはじまる怒濤のクラシックシーズン。
なんといっても石畳。
わたしもちょいとガタガタ道をビューンと走ろうかと思いましたらば。
メーターが爆発。
ガタガタの振動に堪えられず飛んでいってしまいました。
ちゃんと回収できたのはヨカッタんですけど。
電源が入らないし。
もちろんツメが割れてるしで完全に臨終のメーター。
帰ってみてパソコンに繋げてみるとバッテリーが0%なんですね。
落下の衝撃で一気にバッテリーが無くなったとか。
世にも奇妙な事件なんですけど。
もうツメも無いんで。
これは本体交換かツメの修理か悩みましたけど。
新たに820にするタイミングかと思いましてね。
オーダーしました。
在庫もありました。
月曜日が祭日ですから。
ちょっと遅くはなるんですけど。
木曜日には届くと思います。
これでわたしのeTAPのギヤポジションも見れるようになりますしね。
Prestigeに向けて地図の無いメーターなんて考えられませんしね。
いいんですよ。
まぁ、それにしてもガタガタ道を走り過ぎなのかもしれません。
アスファルトだって細かな微振動きますから。
見るからにガタガタの道は、それはもうガタガタですね。
メーターにも良くない環境でしょうし。
ガーミンのメーターのツメの部分が改良される日は来るのでしょうか。
e0154650_1939715.jpg

e0154650_19391048.jpg
帰りに参謀のクリちゃんが新しいシューズを予約してくれました。
あ。
そうそう。
なかなか入荷してこないSLXのヴァイオレットなんですけど。
来月には来るとか。
来ないとか。
ご予約いただいてるカスタマーのみなさまはお待たせしてます。
在庫分もどれだけ来るか不明ですけど。
入荷したらいつものお約束。
お早めにどうぞ。








こころにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■OPEN ~ CLOSE
08:30〜17:00 Cafe(Weekday) 
10:00〜17:00 Cafe(Saturday & Sunday)
13:00〜21:00 Cycle Works
■Wednesday is every closing
■AD 151-0051 4-11-8 Sendagaya Shibuya Tokyo
■WebShop http://bonsaicycleworks.com/


.
[PR]
# by bonsai-astn | 2017-03-19 08:00 | TEAM BONSAI 活動記録

盆栽新着情報 3・16

EMPIRE VR90が入荷しました。
今回はVermillion/Blackというオレンジカラー。
日本国内では基本的に流通しないカラーになります。
盆栽自転車店の抜け駆け発注の成果がここに出ました。
以前も限定であったこのカラー。
今回はアッパーの素材が標準仕様になり色味も蛍光が強くなっています。
とりあえず41.5サイズが1足だけ入荷しています。
e0154650_18441177.jpg
そして、やっと来ました。
Empireの靴ヒモ。
色味が名前の印象と異なる場合があるかもしれませんのでご注意ください。
e0154650_18433550.jpg
Turquoiseはまさにチェレステカラー。
e0154650_18434050.jpg
Black/Refrectiveは標準仕様のシューズには付属してこないカラーリング。
これはイイゾ!!
e0154650_18435087.jpg
Mil Spec Greenという渋いカラーも。
e0154650_18434886.jpg
Coral Pinkはみんな好きそうなカラー。
ホットピンクです。
e0154650_18434493.jpg
Puke Greenは、蛍光イエローという色味です。
e0154650_1843556.jpg
Blue Jewel。
e0154650_18435823.jpg
Purpleは、ほぼ濃紺ですね?
e0154650_1844417.jpg
Bright Redはそのまんまの赤です。
明るめの赤。
e0154650_1844615.jpg
靴ひもはWebShopでもご購入いただけます。

☞ http://bonsaicycleworks.com/











こころにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■OPEN ~ CLOSE
08:30〜17:00 Cafe(Weekday) 
10:00〜17:00 Cafe(Saturday & Sunday)
13:00〜21:00 Cycle Works
■Wednesday is every closing
■AD 151-0051 4-11-8 Sendagaya Shibuya Tokyo
■WebShop http://bonsaicycleworks.com/


.
[PR]
# by bonsai-astn | 2017-03-16 12:00 | 盆栽新着商品情報

MAAP Field Trip

旅をしている。
ヒトによっては旅ということがそのヒトのなかで重要な要素を占めることもあるらしい。
そこでわたしはどうかと言えば。
ひきこもり。
ローカル各駅停車。
旅が人生の一部と思った事もないけれど。
自転車に乗っていることが即ち旅に繋がっているものだ。
そうだ。
旅をしている。
自転車に乗っている。
そこにリスペクトがある。
e0154650_118351.jpg
e0154650_1182149.jpg
おはよう!

旅の玄関口を開ければ異空間への導きのはじまり。
成田空港から9時間の空の旅を経てポートランドでトランジット。
ユタ州ソルトレークシティ行きの飛行機に乗り換えたときにはすでに自分は異国の人。
アメリカの深部に分け入っているような感覚。
これは冒険だ。
呼ばれて飛び出たとはいえ冒険。
単独登頂。
酸素はあるよ。
そして、クルマに乗り換えてMoabという目的の街まで4時間超のドライブ。
すでに異空間の絶景ははじまっており自分のローカル空間では見ないものばかりで車窓は飽きることがない。
e0154650_11817100.jpg
シアトル、ニューヨーク、オレンジカウンティにコロラド。
オーストラリアはシドニーとメルボルン。
イタリアとスウェーデン、ドバイ。
そして、日本。
文字通り世界じゅうから集まったサイクリストたちと会う。
そして、走る。
共通言語は英語になるけれど。
走る際は車輪を交えることこそが共通言語。
これはナツキに言われて気がついたんだけど。
はじめて会って誰も一度もいっしょに走った事がない10名以上の集団でキレイにダブルペースライン。
これが共通言語。
リスペクトがある。
e0154650_1181237.jpg
ローテーションも、なんら男女差なく先頭交代する。
それは40km超の高速ローテーションであっても変わる事は無い。
目的は撮影なんだけれど。
けっこう気にせず自然に走っている場面が多かった。
そして、アメリカの大自然のなか。
レッドロックの絶景のなか。
黙々と走るだけでは勿体ない。
走りながら思った。
自転車で走るのがいちばん景色を眺めるのにはいいのではないか。
それは眺めるだけにあらず。
自然と一体になる感覚。
大地を捉えて。
スピードがあるがクルマとは違う。
人力だけれど徒歩とも違う。
風を感じながら自然と一体になれる感覚を再確認できる。
自転車特有の感覚。
e0154650_118864.jpg
e0154650_11162244.jpg
e0154650_1175996.jpg
そして、世界のトビラはまた開かれた。
世界じゅうから集まったサイクリストたちと走って。
行くべき場所。
走ってみるべき場所がまた増えた。
旅が人生の一部と思った事もないけれど。
自転車に乗っていることが即ち旅に繋がっているものだ。
そうだ。
旅をしている。
自転車に乗っている。
そこにリスペクトがある。
e0154650_117472.jpg
e0154650_1175410.jpg











3月14日(火)はカフェが臨時休業
自転車営業のみとさせていただきます


こころにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■OPEN ~ CLOSE
08:30〜17:00 Cafe(Weekday) 
10:00〜17:00 Cafe(Saturday & Sunday)
13:00〜21:00 Cycle Works
■Wednesday is every closing
■AD 151-0051 4-11-8 Sendagaya Shibuya Tokyo
■WebShop http://bonsaicycleworks.com/


.
[PR]
# by bonsai-astn | 2017-03-13 12:00 | いつもありがとう

日本食に吸い寄せられる男

時差の影響で早起き。
これはいい。
なんならずっとこのままだったらいいのに。
早起きは三文の徳と言うし。
そこにリスペクトがある。
e0154650_2193756.jpg
チーム員には帰国後にすっかりMAAP化したことを報告。
そして、いずれはチミたちも。
話に続きがあるのはいつものこと。
そのためにはもうちょっと気を引き締めて行きたいと思う。
クリートのネジの緩みは気の緩み。
花粉症が復活して苦しみつつも。
そう思った。
勝ってもないが兜の緒を締めよ。
そこにリスペクトがある。








3月14日(火)はカフェが臨時休業
自転車営業のみとさせていただきます


こころにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■OPEN ~ CLOSE
08:30〜17:00 Cafe(Weekday) 
10:00〜17:00 Cafe(Saturday & Sunday)
13:00〜21:00 Cycle Works
■Wednesday is every closing
■AD 151-0051 4-11-8 Sendagaya Shibuya Tokyo
■WebShop http://bonsaicycleworks.com/


.
[PR]
# by bonsai-astn | 2017-03-12 08:30 | TEAM BONSAI 活動記録

海外出張のため11日までお休みのお知らせ

3月5日(日曜日)から3月11日(土曜日)まで出張のため自転車営業はお休みとさせていただきます。
目的地はアメリカ。
ソルトレークシティです。
2度目の海外出張もご縁があってアメリカになりました。
しかも今回は単独の出張。
成田からサイのツノのようにただ独り。
しかも、人生初のトランジットも予定されており。
当地では会ったこともない海外のサイクリストたちと空港で落ち合って目的地に向かうという指令じみた内容で不安しかないわけですが、とりあえず「行けばわかるさ」のイノキイズムで行ってみようと思います。
e0154650_2323974.jpg
さて、なんでまたアメリカ?ということなんですが。
今回はMAAPというアパレルブランドのお誘いがあってアメリカに行くことになりました。
MAAPは2014年にオーストラリアでスタートしたサイクルアパレルブランド。
MAAPはまだ起業して2年そこそこなわけですが、ファッションサイクリスト界隈に与えているインパクトはなかなかのものでして名前だけなら聞いたことある方も少なくないと思います。
e0154650_2317115.jpg
MAAPと言えば様々なブランドとのコラボレーションに積極的。
サイクリングケースをアメリカの革小物メーカーであるBellroyとコラボして販売してたり。
エンブロケーションに関してはかなりマニアックだと思われるMadalckemyとコラボしてオリジナルを製作していたりします。
とくに有名なのは、ポートランドのフレームとコラボしているSPEEDVAGEN x MAAPではないでしょうか。
e0154650_23173185.jpg
略してSV x MAAPは、去年開催されたRapha Super Cross NOBEYAMAにも参戦していたのでシクロクロスファンにとっては記憶に新しいところ。
とくに2日目のエリートレースで、Garry Millburn選手がこのあとに全日本選手権で優勝する沢田時選手を破って優勝したシーンは、Lee Basford氏の写真も相まって強烈なインパクトになったのではないかと思います。
e0154650_2317146.jpg
e0154650_23173471.jpg
日本でMAAPの代理店をされてるDanny氏もいっしょに同行してくれるのかなと思っていたら、Danny氏は用事で行けないとわかり、盆栽屋独りでアメリカに突入することになって不安しか無い旅への前兆になってしまったのです。
世界中から10名程度集るサイクリストのなかに英語もおぼつかないアジア人は盆栽屋だけでサイのツノのようにただ独り。
これは不安しかないわけなのですが、ちょっとマテ、自転車という共通語があるじゃないですか。
そして、今まで培って来たサイクリング能力が無言の言語力として活かされることをノンキに期待して海を渡ろうと思います。
e0154650_23174317.jpg
そういうわけで盆栽自転車店でもMAAPのお取り扱いを開始しています。
まだまだアンダーウェアしか無い地味な在庫状況ですが。
これから独自の展開をしていく予定です。
ぜひお楽しみにしててください。
e0154650_2317282.jpg
現地では地元のサイクリストの案内?で3日間のロードライディングをする予定です。
道中では主にInstagramにて更新していきますのでソチラをご覧ください。
あと、いっしょに居るであろう方達もフォローしておくと盆栽屋が少しは写っているかも?しれません。

https://www.instagram.com/maap.cc/?hl=ja ☜ MAAPオフィシャル

https://www.instagram.com/olliecuz/?hl=ja
☜ MAAPの共同経営者のひとりであるOliver氏のアカウント

https://www.instagram.com/jakeszy/?hl=ja ☜ ポートランド在住のMAAPライダー。彼は多分来るはず。

https://www.instagram.com/montytheheron/?hl=ja ☜ ドバイのMAAPサイクリスト。

https://www.instagram.com/ianhunterelliott/?hl=ja ☜ MAAPの中のヒト??


それでは、また来週お会いしましょう。
お土産話と刺激的なファッションサイクリストたちとの思い出をたくさん持って帰れるようにがんばってきます。

















3月5日(日曜日)〜3月11日(土曜日)までの期間は盆栽屋単独海外出張のため自転車営業はお休みとさせていただきます
カフェは通常通り営業させていただきます


こころにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■OPEN ~ CLOSE
08:30〜17:00 Cafe(Weekday) 
10:00〜17:00 Cafe(Saturday & Sunday)
13:00〜21:00 Cycle Works
■Wednesday is every closing
■AD 151-0051 4-11-8 Sendagaya Shibuya Tokyo
■WebShop

.
[PR]
# by bonsai-astn | 2017-03-04 12:00 | いつもありがとう

クリスキングにBSA30

こんなブログ記事を見て。
こゝろは高鳴り。
ある日は自分を落ち着かせるのに必死になった。
Chris KingのThread Fit30が発表されたのである。
ネジ切りBBのフレームにROTORの30mmシャフトを組み合わせるとなると必要になるこのサイズのBB。
今まではROTORの純正しか無かったと思う。
だからわたしは脊髄反射でオーダーした。
だって自分の自転車は3台分すべてROTORクランク。
衝動買いはしてないか?
e0154650_21411919.jpg
1か月くらいが経ってパーツが代理店に入荷。
そしたら担当の方から連絡が。
「ヨシダさん、これはロードのフレームでROTORクランクに使うんですよね?」と。
そして、担当の方は続ける「このBBの対応規格のなかにロードのBSA30は含まれてませんのでもう一度メーカーに確認してみます」しばらくしてまた連絡があって「このBBはMTB規格のクランク用のものでロードのフレームでROTORクランクを使うためにはできてないそうです」と。
e0154650_19423529.jpg
えー、マジで。
それにしてもネットの情報ってアテになりませんね〜。
ホントに。
誰だよ、こんなブログ書いたの、ってオレだよ。
e0154650_19424950.jpg
いや〜自分のせいでこんな売れなさそうなパーツが大量に不良在庫になってしまうのは代理店に申し訳ないし。
ネットに嘘情報バラ撒いたみたいであと味悪いし。
そして、どう見ても使えそうだし。
e0154650_19423212.jpg
なので慎重な担当氏に無理を言って1個だけ売ってもらうことにした。
専用工具とともに届いたBB。
キレイなアルマイトには眼もくれずに各所の寸法をノギスチェックで測りまくってどうやらイケそうなのを確認して組み付けてみる。
e0154650_1943031.jpg
e0154650_2150523.jpg
そういうわけで無事にシクロクロスマッスィーンからこのBBにチューンナップ完了。
スチールフレームの薄いBBシェルから比較するとベアリング部分の張り出しが大きいのが気になるヒトも居るかもしれないけれど。
カラーマッチングが出来るという点では見た目上のメリットがあるわけで。
なにより回転性能がよくなるのがリスペクトがあるところ。
耐久性も元々のBBよりかなりよくなっていることでしょう。
なんせ専用のツールでグリスアップもできますす。
そういうところがChrisKing品質なわけ。
e0154650_21505138.jpg
このBBは高知シクロクロスでデビュー。
するするの回転でわたしのC1残留をアシストしてくれましたとさ。
e0154650_214812100.jpg
そんな試用期間を経て。
メーカー保証は無いわけだけど。
とりあえず使えることは自分のなかで証明できた。
「メーカー保証ありませんよ」って言われてしまうと一瞬身構えてしまうわけですが。
現状の手持ち自転車を見てもメインコンポはスラムだけどチェーンとクランクはスラムじゃないし。
そういう適応外使用というのはカスタマイズの途中でかならず遭遇するものです。
パワーメータークランクもやっとシマノから発売されるという具合。
それまではどうだったのか?という理解。
なので、カスタムやチューンナップはそういう境界線の先にある場合もおおいにあるよなと思うときもあるわけです。


さて、
使えるという認識が出来ましたってことで代理店にて停めてもらってましたBBが入荷してきましたよ。
自分のモノだけでもこんなに大量に。
e0154650_19422734.jpg
今度はシャーク号を手術。
このフレームはPressFit30のBBなんだけど。
そのままPressFit30のBBを使うとフレーム=BB=クランクの相性が悪いのか所有1年を経過したあたりから謎のイオンの発生。
なかなか収まらないという迷宮のBBを抱えていたのです。
そこに来てこの規格外のBBがまさかの救世主になってしまうのか。
PressFitなのにネジ切りのBBがセットされてるのが実は違和感あるのに、見た目はむしろ違和感が無い。
これで治ってくれるといいなぁ〜。
それにしてもプレスフィットに付けるとフチのサイズがピッタリだ。
見た目はいいな、とりあえず。
e0154650_19425565.jpg
そういうわけでネジ切りBB規格のフレームにROTORのBB30が組み付けられている方はこのBBに交換することも可能です(メーカー保証外ですが)。
ヘッドやハブと同じようにChrisKingのパーツとカラーマッチングができて。
より良く廻って堅牢なBBに交換したいという方はご注文ください。


お店のブログという立ち位置でこういう適応外使用を宣伝するのは個人的な趣味ではないのですが、個人のブログのほうに「このパーツ使える!」と発売前に書いてみたら見事にメーカー指定では「ハズレ!」という回答になりましたので、パーツの発売後に自身で検証したうえでこうしてブログ記事として書かせていただきました。












3月5日(日曜日)〜3月11日(土曜日)までの期間は盆栽屋単独海外出張のため自転車営業はお休みとさせていただきます
カフェは通常通り営業させていただきます


こころにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■OPEN ~ CLOSE
08:30〜17:00 Cafe(Weekday) 
10:00〜17:00 Cafe(Saturday & Sunday)
13:00〜21:00 Cycle Works
■Wednesday is every closing
■AD 151-0051 4-11-8 Sendagaya Shibuya Tokyo
■WebShop http://bonsaicycleworks.com/

.
[PR]
# by bonsai-astn | 2017-02-27 12:00 | 盆栽屋仕事録