海外出張のため11日までお休みのお知らせ

3月5日(日曜日)から3月11日(土曜日)まで出張のため自転車営業はお休みとさせていただきます。
目的地はアメリカ。
ソルトレークシティです。
2度目の海外出張もご縁があってアメリカになりました。
しかも今回は単独の出張。
成田からサイのツノのようにただ独り。
しかも、人生初のトランジットも予定されており。
当地では会ったこともない海外のサイクリストたちと空港で落ち合って目的地に向かうという指令じみた内容で不安しかないわけですが、とりあえず「行けばわかるさ」のイノキイズムで行ってみようと思います。
e0154650_2323974.jpg
さて、なんでまたアメリカ?ということなんですが。
今回はMAAPというアパレルブランドのお誘いがあってアメリカに行くことになりました。
MAAPは2014年にオーストラリアでスタートしたサイクルアパレルブランド。
MAAPはまだ起業して2年そこそこなわけですが、ファッションサイクリスト界隈に与えているインパクトはなかなかのものでして名前だけなら聞いたことある方も少なくないと思います。
e0154650_2317115.jpg
MAAPと言えば様々なブランドとのコラボレーションに積極的。
サイクリングケースをアメリカの革小物メーカーであるBellroyとコラボして販売してたり。
エンブロケーションに関してはかなりマニアックだと思われるMadalckemyとコラボしてオリジナルを製作していたりします。
とくに有名なのは、ポートランドのフレームとコラボしているSPEEDVAGEN x MAAPではないでしょうか。
e0154650_23173185.jpg
略してSV x MAAPは、去年開催されたRapha Super Cross NOBEYAMAにも参戦していたのでシクロクロスファンにとっては記憶に新しいところ。
とくに2日目のエリートレースで、Garry Millburn選手がこのあとに全日本選手権で優勝する沢田時選手を破って優勝したシーンは、Lee Basford氏の写真も相まって強烈なインパクトになったのではないかと思います。
e0154650_2317146.jpg
e0154650_23173471.jpg
日本でMAAPの代理店をされてるDanny氏もいっしょに同行してくれるのかなと思っていたら、Danny氏は用事で行けないとわかり、盆栽屋独りでアメリカに突入することになって不安しか無い旅への前兆になってしまったのです。
世界中から10名程度集るサイクリストのなかに英語もおぼつかないアジア人は盆栽屋だけでサイのツノのようにただ独り。
これは不安しかないわけなのですが、ちょっとマテ、自転車という共通語があるじゃないですか。
そして、今まで培って来たサイクリング能力が無言の言語力として活かされることをノンキに期待して海を渡ろうと思います。
e0154650_23174317.jpg
そういうわけで盆栽自転車店でもMAAPのお取り扱いを開始しています。
まだまだアンダーウェアしか無い地味な在庫状況ですが。
これから独自の展開をしていく予定です。
ぜひお楽しみにしててください。
e0154650_2317282.jpg
現地では地元のサイクリストの案内?で3日間のロードライディングをする予定です。
道中では主にInstagramにて更新していきますのでソチラをご覧ください。
あと、いっしょに居るであろう方達もフォローしておくと盆栽屋が少しは写っているかも?しれません。

https://www.instagram.com/maap.cc/?hl=ja ☜ MAAPオフィシャル

https://www.instagram.com/olliecuz/?hl=ja
☜ MAAPの共同経営者のひとりであるOliver氏のアカウント

https://www.instagram.com/jakeszy/?hl=ja ☜ ポートランド在住のMAAPライダー。彼は多分来るはず。

https://www.instagram.com/montytheheron/?hl=ja ☜ ドバイのMAAPサイクリスト。

https://www.instagram.com/ianhunterelliott/?hl=ja ☜ MAAPの中のヒト??


それでは、また来週お会いしましょう。
お土産話と刺激的なファッションサイクリストたちとの思い出をたくさん持って帰れるようにがんばってきます。

















3月5日(日曜日)〜3月11日(土曜日)までの期間は盆栽屋単独海外出張のため自転車営業はお休みとさせていただきます
カフェは通常通り営業させていただきます


こころにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■OPEN ~ CLOSE
08:30〜17:00 Cafe(Weekday) 
10:00〜17:00 Cafe(Saturday & Sunday)
13:00〜21:00 Cycle Works
■Wednesday is every closing
■AD 151-0051 4-11-8 Sendagaya Shibuya Tokyo
■WebShop

.
[PR]
# by bonsai-astn | 2017-03-04 12:00 | いつもありがとう

クリスキングにBSA30

こんなブログ記事を見て。
こゝろは高鳴り。
ある日は自分を落ち着かせるのに必死になった。
Chris KingのThread Fit30が発表されたのである。
ネジ切りBBのフレームにROTORの30mmシャフトを組み合わせるとなると必要になるこのサイズのBB。
今まではROTORの純正しか無かったと思う。
だからわたしは脊髄反射でオーダーした。
だって自分の自転車は3台分すべてROTORクランク。
衝動買いはしてないか?
e0154650_21411919.jpg
1か月くらいが経ってパーツが代理店に入荷。
そしたら担当の方から連絡が。
「ヨシダさん、これはロードのフレームでROTORクランクに使うんですよね?」と。
そして、担当の方は続ける「このBBの対応規格のなかにロードのBSA30は含まれてませんのでもう一度メーカーに確認してみます」しばらくしてまた連絡があって「このBBはMTB規格のクランク用のものでロードのフレームでROTORクランクを使うためにはできてないそうです」と。
e0154650_19423529.jpg
えー、マジで。
それにしてもネットの情報ってアテになりませんね〜。
ホントに。
誰だよ、こんなブログ書いたの、ってオレだよ。
e0154650_19424950.jpg
いや〜自分のせいでこんな売れなさそうなパーツが大量に不良在庫になってしまうのは代理店に申し訳ないし。
ネットに嘘情報バラ撒いたみたいであと味悪いし。
そして、どう見ても使えそうだし。
e0154650_19423212.jpg
なので慎重な担当氏に無理を言って1個だけ売ってもらうことにした。
専用工具とともに届いたBB。
キレイなアルマイトには眼もくれずに各所の寸法をノギスチェックで測りまくってどうやらイケそうなのを確認して組み付けてみる。
e0154650_1943031.jpg
e0154650_2150523.jpg
そういうわけで無事にシクロクロスマッスィーンからこのBBにチューンナップ完了。
スチールフレームの薄いBBシェルから比較するとベアリング部分の張り出しが大きいのが気になるヒトも居るかもしれないけれど。
カラーマッチングが出来るという点では見た目上のメリットがあるわけで。
なにより回転性能がよくなるのがリスペクトがあるところ。
耐久性も元々のBBよりかなりよくなっていることでしょう。
なんせ専用のツールでグリスアップもできますす。
そういうところがChrisKing品質なわけ。
e0154650_21505138.jpg
このBBは高知シクロクロスでデビュー。
するするの回転でわたしのC1残留をアシストしてくれましたとさ。
e0154650_214812100.jpg
そんな試用期間を経て。
メーカー保証は無いわけだけど。
とりあえず使えることは自分のなかで証明できた。
「メーカー保証ありませんよ」って言われてしまうと一瞬身構えてしまうわけですが。
現状の手持ち自転車を見てもメインコンポはスラムだけどチェーンとクランクはスラムじゃないし。
そういう適応外使用というのはカスタマイズの途中でかならず遭遇するものです。
パワーメータークランクもやっとシマノから発売されるという具合。
それまではどうだったのか?という理解。
なので、カスタムやチューンナップはそういう境界線の先にある場合もおおいにあるよなと思うときもあるわけです。


さて、
使えるという認識が出来ましたってことで代理店にて停めてもらってましたBBが入荷してきましたよ。
自分のモノだけでもこんなに大量に。
e0154650_19422734.jpg
今度はシャーク号を手術。
このフレームはPressFit30のBBなんだけど。
そのままPressFit30のBBを使うとフレーム=BB=クランクの相性が悪いのか所有1年を経過したあたりから謎のイオンの発生。
なかなか収まらないという迷宮のBBを抱えていたのです。
そこに来てこの規格外のBBがまさかの救世主になってしまうのか。
PressFitなのにネジ切りのBBがセットされてるのが実は違和感あるのに、見た目はむしろ違和感が無い。
これで治ってくれるといいなぁ〜。
それにしてもプレスフィットに付けるとフチのサイズがピッタリだ。
見た目はいいな、とりあえず。
e0154650_19425565.jpg
そういうわけでネジ切りBB規格のフレームにROTORのBB30が組み付けられている方はこのBBに交換することも可能です(メーカー保証外ですが)。
ヘッドやハブと同じようにChrisKingのパーツとカラーマッチングができて。
より良く廻って堅牢なBBに交換したいという方はご注文ください。


お店のブログという立ち位置でこういう適応外使用を宣伝するのは個人的な趣味ではないのですが、個人のブログのほうに「このパーツ使える!」と発売前に書いてみたら見事にメーカー指定では「ハズレ!」という回答になりましたので、パーツの発売後に自身で検証したうえでこうしてブログ記事として書かせていただきました。












3月5日(日曜日)〜3月11日(土曜日)までの期間は盆栽屋単独海外出張のため自転車営業はお休みとさせていただきます
カフェは通常通り営業させていただきます


こころにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■OPEN ~ CLOSE
08:30〜17:00 Cafe(Weekday) 
10:00〜17:00 Cafe(Saturday & Sunday)
13:00〜21:00 Cycle Works
■Wednesday is every closing
■AD 151-0051 4-11-8 Sendagaya Shibuya Tokyo
■WebShop http://bonsaicycleworks.com/

.
[PR]
# by bonsai-astn | 2017-02-27 12:00 | 盆栽屋仕事録

メカトラが起きるものの、今日でヨカッタねと言う男

我らは4月に大分の久住で開催されるPrestige KUJUに申し込んだ。
シクロクロスシーズンを終えた今。
次なるチーム的目標のひとつはPrestige KUJUになるだろう。
とはいえ、そのイベントはレースではない。
チーム全員でトラブル無く、またはトラブルを乗り越え。
Prestige特有の冒険的で野心的なルートを堪能したうえでキッチリと完走して仕上げてやろうという目論見と気合い。
そこにリスペクトがある。
e0154650_19253443.png
そのためにチームは何ヲするのか。
イベントまでの数ヶ月間の活動日はそれについて深く追求していきたいところ。
そんななかで今日の練習。
前半でPrestige参加予定のタイラーのペダルが崩壊。
TIMEペダルなので修理とか屋外で出来るレベルじゃないのでリタイヤ。
これはイベント当日じゃなくてヨカッタね〜ということに。
そして、盆栽屋も後半にパンク。
さいきんお気に入りのPOWER Enduranceをアメリカ出張用に交換したてでいきなりカット。
けっこう頑丈だと思ってこれでPrestigeも走っちゃおうと思ってたけれど、Prestigeレベルのグラベルは何があるかわからないから、ミシュランだとALL Seasonなのか、信頼の性能のパナDか。
これも今わかってヨカッタね〜ということに。
e0154650_19195590.jpg
さて。
パンクついでに盆栽屋携帯のサドルバッグの中身をおさらいしてみましょう。
左上から時計まわりに、
①LEZYNE チェーン切り付き携帯工具
②バルブコア外し工具
③ミッシングリンク
④ZEFAL タイヤレバー2本
⑤ENVE 中継ぎ式バルブエクステンダー
⑥かぶせ式バルブエクステンダー
⑦LEZYNE イージーパッチ
⑧80mmバルブ長チューブ
⑨42mmバルブ長チューブ(バルブコアが外せるもの)
⑩SPEEDPLAY クリートバネ
⑪PARK TOOL TB-2 タイヤブート
これらをArundelのDUALサドルバッグに全て詰め込んで携帯しています。
e0154650_19195463.jpg
いや〜11種類も持って走ってるんですね〜。
Prestigeに出る!からといって装備品を増やすことはしなくて良さそうです。
あと、チューブ1本を追加するくらいでしょうか。
その1本はジャージのポケットの底に突っ込んでおきましょう。

携帯のポイントとして、チューブは購入時からさらに空気を抜いてキレイに折り畳んでビニールやラップに包んで携帯するようにしましょう。
チューブが全部ダメになってもイージーパッチで直すことができる穴であればイージパッチの数だけチューブh復活できます。
タイヤが裂けてもタイヤブートで塞ぐ事ができるサイズであれば裏から貼ってまた走れます。
そのためにボンベは卒業して何回でもエアを入れることができるハンドポンプを携帯しています。
あまりサイクリストが寄り付かないようなグラベルや荒れた道を走るようになって携帯装備も変わってきました。
以前は最低限のモノしか持たないコンパクト主義だったのですが、今はチューブ2本は絶対に持ちますし、イージーパッチにタイヤブートも1枚だけというようなことはありません。
余計に持っても重くなくかさばらないものは持って、仲間のアクシデントにも備えられるようにしておくのです。













3月5日(日曜日)〜3月11日(土曜日)までの期間は盆栽屋単独海外出張のため自転車営業はお休みとさせていただきます
カフェは通常通り営業させていただきます


こころにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■OPEN ~ CLOSE
08:30〜17:00 Cafe(Weekday) 
10:00〜17:00 Cafe(Saturday & Sunday)
13:00〜21:00 Cycle Works
■Wednesday is every closing
■AD 151-0051 4-11-8 Sendagaya Shibuya Tokyo
■WebShop http://bonsaicycleworks.com/

.
[PR]
# by bonsai-astn | 2017-02-26 08:00 | TEAM BONSAI 活動記録

BONSAI SHALL CASE 誕生

出来ました。
いまや説明不要?のライド用ケース。
お財布に、携帯ケースに携帯工具入れに。
いろいろ使えて便利なこのケース。
このたびFairFaxさんとコラボレーションということで盆栽自転車店のオリジナルサイズ、カラー、規格で商品化になりました。
e0154650_19482847.jpg
ケースの中心にはギドラのロゴを型押し仕上げ。
素材は本牛革仕様です。
ウォッシャブルの本革を使用してますのである程度の防水性能も期待できます。
e0154650_19483518.jpg
ファスナーを開けると片方はカードホルダー。
もう片方はフラップ付きの大きなポケットになっています。
フラップポケットのおかげで小銭をこぼさないで、さらに大きなサイズで小銭が見やすい。
現金主義仕様のケースになってます。
e0154650_1948301.jpg
サイズは実測95mm x 155mmでi-Phone6も収納できます。
e0154650_19483325.jpg
今回、わたしが一頭買いした牛革にキズなどの使えない部分が多くて、見積りでは70個ぶんは作れたのではないかという予測をはるかに下回る36個限定。
かなり少なくなってしまいましたけど。
生き物から頂いた本革ですので仕方ありません。
e0154650_1949316.jpg
さっそくお買い上げいただいた常連筋のみなさまの評判によると「使いやすい!」というリスペクトをいただいてます。
ライド時に携帯するお財布を探していた方にオススメです。
もう残り少ないのでお早めにどうぞ。
ウォッシャブルの本革製ですが、白いジャージと合わせるときは色移りしてしまう可能性があります。
お気をつけて御使用ください。
e0154650_19483727.jpg
通信販売も可能です。

☞ http://bonsaicycleworks.com/












3月5日(日曜日)〜3月11日(土曜日)までの期間は盆栽屋単独海外出張のため自転車営業はお休みとさせていただきます
カフェは通常通り営業させていただきます


こころにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■OPEN ~ CLOSE
08:30〜17:00 Cafe(Weekday) 
10:00〜17:00 Cafe(Saturday & Sunday)
13:00〜21:00 Cycle Works
■Wednesday is every closing
■AD 151-0051 4-11-8 Sendagaya Shibuya Tokyo
■WebShop http://bonsaicycleworks.com/

.
[PR]
# by bonsai-astn | 2017-02-23 12:00 | 盆栽オリジナル商品

TIME SCYLON Sサイズ トランスリンク クラシックフォーク

盆栽自転車店に珍しく在庫のフレームが!!
そうです。
TIMEのフレームを在庫しています。
フラッグシップモデルの〝SCYLON〟。
e0154650_19432151.jpg
カラーは2017年でいちばんカッコよいと思われるホワイト&レッド。
サイズはSサイズ。
トランスリンクでクラシックフォークという仕様になっています。
この1本しかありませんので売り切れ次第の完売になります。
e0154650_19432272.jpg
SCYLONは電動式のコンポーネントでも機械式のコンポーネントでも組み付けることが可能です。
他のサイズ、カラーに仕様の違いなどは別途オーダー受け付けてます。
とはいえ、TIMEは早い段階で受注を打ち切ってしまうブランド。
いつまでもオーダーできるというわけではありません。
例年ではだいたい春頃には受注終了になってますので早めのオーダーをよろしくお願いします。
このカラーでSサイズでしたら即納できますのでよろしくお願いします。
e0154650_19432773.jpg
組付例。
SRAMのeTAPで組まれてます。
ロゴのはいり加減もシンプルになって好印象です。
ハイテクノロジーなカーボンフレームの世界ではやはりTIMEがダントツで抜けている存在だと思います。
なんといっても自社生産。
そこにリスペクトがあります。
e0154650_19432513.jpg
e0154650_19432935.jpg



そして、今年もフレンチカラーが好評に付き生産されるようです。
数量限定で受注を受け付けます。
受注量に限りがありますのでお早めにご予約ください。
e0154650_19433849.png
SCYLON シートポスト アクティブフォーク フランスエディション XXSサイズ 680,000円(税抜き定価) 6本のみ
SCYLON シートポスト アクティブフォーク フランスエディション XSサイズ 680,000円(税抜き定価) 1本のみ
SCYLON シートポスト アクティブフォーク フランスエディション Sサイズ 680,000円(税抜き定価) 2本のみ

IZON シートポスト アクティブフォーク フランスエディション XXSサイズ 600,000円(税抜き定価) 1本のみ
IZON トランスリンク アクティブフォーク フランスエディション XSサイズ 629,000円(税抜き定価) 3本のみ

FLUIDITY シートポスト アクティブフォーク フランスエディション Sサイズ 550,000円(税抜き定価) 1本のみ
e0154650_1943358.jpg
e0154650_19433468.jpg










こころにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■OPEN ~ CLOSE
08:30〜17:00 Cafe(Weekday) 
10:00〜17:00 Cafe(Saturday & Sunday)
13:00〜21:00 Cycle Works
■Wednesday is every closing
■AD 151-0051 4-11-8 Sendagaya Shibuya Tokyo
■WebShop http://bonsaicycleworks.com/

.
[PR]
# by bonsai-astn | 2017-02-21 12:00 | 盆栽自転車店在庫フレーム

強風に吹かれる男

今日は西風が強かった。
走り慣れたルートを東に向かえば。
帰りは自ずと向かい風になる。
ラッキーモーと中盤につば競り合いをしていたら。
モーはふと見ると居ない。
得意のルートミスか。
休憩場所にもしばらく来ないのでどうしたものかと思ったが。
どうやらパンクしていたらしい。
e0154650_2045859.jpg
そうだな。
やおらリムを段差に打ち付けた場面があった。
あそこは何度も通っているのにミスしてしまったか。
わたしは先に行くことにした。
敢えて待たず。
この向かい風区間を待たずにサイの角のようにただ独り走ることにした。
前半はカスタマーY氏もふくめていっしょに走った。
いまは別々でもいいだろう。
こうして別々に風をかきわけるように走って鍛えるということも必要。
サイの角のようにただ独り。
そうしてまた集団になったときにチカラを発揮すればいいのだから。
そこにリスペクトがある。









こころにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■OPEN ~ CLOSE
08:30〜17:00 Cafe(Weekday) 
10:00〜17:00 Cafe(Saturday & Sunday)
13:00〜21:00 Cycle Works
■Wednesday is every closing
■AD 151-0051 4-11-8 Sendagaya Shibuya Tokyo
■WebShop http://bonsaicycleworks.com/

.
[PR]
# by bonsai-astn | 2017-02-19 08:00 | TEAM BONSAI 活動記録

BIKE CHECK!! Jeremy PowersがCX東京に持ち込んだ自転車編

気まぐれ更新のBike Checkコーナー。

Jeremy PowersがCX東京のために持ち込んだ自転車を見逃すわけにはいきません。
フレームはFOCUSのフルカーボンシクロクロスフレーム。
この画像の自転車とタイヤだけ違う仕様を2台持ち込みました。
e0154650_1423640.jpg
この自転車はシクロクロスレーサーの未来を予見するパーツ構成になっています。
①ディスクブレーキ
②油圧制動のeTAP
③スルーアクスル
といった具合です。
しかもこれらのパーツ規格はシクロクロスというよりは、今後のロードディスクにも影響が大きいのではないかと思います。
e0154650_14231545.jpg
FMBのチューブラータイヤは〝PROTO TYPE〟という刻印がなにやら怪しげな雰囲気。
オレンジのように見えるタイヤサイドはコーティングしてるけれど従来よりも薄めという軽量かつしなやかな仕様。
以前までのコーティングモデル(サイドがミドリのヤツ)よりもJ-POWは調子が良いみたいです。
e0154650_14231774.jpg
油圧のeTAPはとりあえずフロントダブル仕様しか存在しないので、漏れなくこの自転車もフロントダブル仕様。
なので変速時のチェーン脱落を嫌ってか、異様とも言えるチェーンウォッチャーが装備されます。
もはやチェーンシールドといった様子です。
e0154650_14232053.jpg
さて、ここからは余談。
2台の自転車は空輸してきてますので輪行バッグに詰める際に、eTAPのバッテリーは外して、ディスクブレーキのキャリパーにはブレーキが閉まってしまわないように付属のプラスチックを挟みます。
J-POWは変速機のカバーは持ってきていたんですけど、バッテリーはカバーしてませんでした。
e0154650_1423882.jpg
さらに、自分宛のバッテリーを入れ忘れないようにというメモ。
このストライプのテープは、バーテープのエンドやシートポストの高さの目安に使っていました。
e0154650_14231146.jpg
そして、2台の自転車はもちろん選手自らで運んできます。
しかも、1つの輪行袋に2台の自転車を詰めてくるのです。
しかもこの小ささ。
シートピラーを抜いて、ハンドルをステムごと外しただけでこの輪行袋にホィール4本とともに収納されるのです。
e0154650_14232259.jpg
それを可能にするのがPIKAの輪行袋
自転車2台を海外に空輸輪行するなんて人はなかなか居ないかもしれませんが。
お仲間やご夫婦でいっしょに輪行なんていうときはいいかもしれませんね。
ふたりぶんのチャージがひとりぶんで済む?かもしれませんので。










こころにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■OPEN ~ CLOSE
08:30〜17:00 Cafe(Weekday) 
10:00〜17:00 Cafe(Saturday & Sunday)
13:00〜21:00 Cycle Works
■Wednesday is every closing
■AD 151-0051 4-11-8 Sendagaya Shibuya Tokyo
■WebShop http://bonsaicycleworks.com/

.
[PR]
# by bonsai-astn | 2017-02-18 12:00 | BONSAI BIKE CHECK

盆栽新着情報 2・17

ある日の盆栽自転車店のスモールパーツコーナー。
ご覧のとおりSRAMのスモールパーツが勢力を拡大してきました。
赤がSRAM。
青がシマノ。
黒がカンパという具合です。
他にチェーンリングも何枚か在庫してます。
SRAMの細かいモノでお困りの際もぜひご利用ください。
e0154650_1745112.jpg
さりげなく。
スパカズのバーテープの取り扱いを開始しました。
ハデ目でグリップ感があるのがここのテープの特徴。
珍しいパープルの色もあります。
今季からの追加カラーなんだそうです。
e0154650_1745466.jpg
Fizikの新型のライトが入荷しました。
ちょっとボンヤリとした優しい明るさが特徴。
L1とL5というモデルがあってL1のほうは夜間緊急時に手元を照らしてくれる白色LEDも装備します。
e0154650_1745554.jpg
Fizikなだけにもちろんサドルにフィットします。
そうでなくともこのライトは使えるのですが、やっぱりFizik製のサドルとの相性が良さそうです。
アランデルのサドルバッグとも干渉せずに使えますので良いです。
e0154650_1745775.jpg










こころにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■OPEN ~ CLOSE
08:30〜17:00 Cafe(Weekday) 
10:00〜17:00 Cafe(Saturday & Sunday)
13:00〜21:00 Cycle Works
■Wednesday is every closing
■AD 151-0051 4-11-8 Sendagaya Shibuya Tokyo
■WebShop http://bonsaicycleworks.com/


.
[PR]
# by bonsai-astn | 2017-02-17 12:00 | 盆栽新着商品情報

展示会に行ってきました シマノ、インターマックス編

展示会に行ってきました。

シマノさんが開催するセミナーです。
デュラエース9100に関してくわしいお勉強ができました。
こういうセミナーは自営業者にとって非常にありがたいところ。
とくにシマノのパーツはハイエンドからローエンドまで広範囲で互換性も複雑になっているのでこうしたセミナーで確認作業をさせてもらえるのはありがたいです。
e0154650_167798.jpg
そして、なんといっても注目は〝FC-9100-P〟がデビュー。
シマノのパワーメーター付きのクランクです。
もうシマノのコンポーネントを使っているヒトは黙っててもコレっていう感じになるんじゃないでしょうか。
互換性とか変速性能とか気にせずインストールできるのが最大の魅力でしょう。
純正はなによりも強い。
外観は「パワーメーター使ってます」感の無い主張のないデザインもある意味では好印象と言えますし、コンポーネントメーカーが作っているからこそ。
e0154650_1671255.jpg
日本に1つだけとかいうサンプルも会場にありました。
パワーメーターと普通のクランクで外観上の違いといったら充電のポートがあるくらいなくらいシンプル。
つまり充電式。
左右独自で計測してバランス表示可能。
ベクトル表示が欲しいヒトはPioneer。
Dura-Aceだけが持っている独自の機能やサービスというのは特になさそうですが、シンプルイズベストといったところ。
税抜143,662円。
受注は開始されています。
7月以降の入荷になるそうです。
e0154650_1671542.jpg
左クランクのコードは間違って切ってしまいそうなくらいコードが危うい位置に。
もうテスト済みなんで大丈夫なんでしょうけれど。
e0154650_1671974.jpg
そして、うれしいカスタムパーツも出ました。
以前、この画像を見た時に海外の電気工作に強いひとの自作かと思ったら純正パーツ。
Di2のステム下のジャンクションをバーエンドに収納してしまうというすっきりアイテムです。
これはいい。
穴開きの対応ハンドルか、ハンドルに穴を空ける作業が必要になりますけどこれはいいですね。
カスタムのご依頼お待ちしてます。
e0154650_17453160.jpg





場所を変えてインターマックスさんへ。
そしたらここにもパワーメーターありましたよ。
SRAMブランドのQuarqを開始です。
価格のほうも聞けば15万円代とか。
悪くないんじゃないでしょうか。
SRAMユーザーにとっては純正仕様でパワーメータークランクを使えることになりました。
BB30とGXPがあります。
e0154650_16211094.jpg
こちらはボタン電池式の電源。
左右にセンサーは付いていませんが、左右の値も表示するQuarq。
e0154650_16211332.jpg
電池キャップのシールでカスタマイズもできるようになったんですね。
これはいいと思います。
e0154650_16211660.jpg
e0154650_16212069.jpg
新発売のsTAPのMediumケージのリアディレイラー。
これで最大ローギア32Tを実現しました。
Shortケージからすると長いプーリーケージに付け替えただけかと思いきや、フレームに付けるボルトのアーム部分の長さが違います。
ちゃんと最適化されてるんですね〜。
かつては品薄状態が続いてましたeTAPも今なら在庫ありますのでそんなにお待たせせずに組み替え可能です。
ご注文お待ちしてます。
e0154650_1621186.jpg














こころにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■OPEN ~ CLOSE
08:30〜17:00 Cafe(Weekday) 
10:00〜17:00 Cafe(Saturday & Sunday)
13:00〜21:00 Cycle Works
■Wednesday is every closing
■AD 151-0051 4-11-8 Sendagaya Shibuya Tokyo
■WebShop http://bonsaicycleworks.com/


.
[PR]
# by bonsai-astn | 2017-02-16 12:00 | 展示会に行ってきました

シクロクロス東京を手伝う男

怒濤の週末が終了。
J-Powの自転車のレースバイクのパッキングを済ませました。
そうです。
週末といえばお台場でシクロクロスのレースが開催されていました。
例年はレースに参戦していた盆栽屋。
今年は昨年とおなじくJeremy Powers選手のメカニックをRapha Japanさんに依頼されたので土日ともにメカニックに専念させてもらったのです。
e0154650_16293236.jpg
チームからはナツキ、ヤマノハ、そして先日の高知シクロクロスにて国内最高カテゴリーのC1に昇格を決めたテツーージ改めラッキーモーが参戦しました。
お台場特有の砂地獄に自転車のテクニックよりもランニング能力とあきらめない根性みたいなものが試されたレースだったのではないでしょうか。
e0154650_1631731.jpg
ナツキは初レースにしては上々の順位。
ヤマノハは今シーズン最後のレースをラッキーモーに追いつくためにも勝ちしか無い状況でした。
けれども、お台場は厳しい。
来シーズンには早くに昇格を決めて同じ土俵で闘えるように頑張って欲しいところです。
e0154650_16325716.jpg
C1昇格後の初レースだったラッキーモー。
お台場でのランニングを想定してか、日曜日のチーム練習にも来ないでランニングに打ち込んでいた成果が試されるところでした。
そんなラッキーモーのC1初レースは真ん中くらいのリザルト。
最後尾スタートの不利な状況のなかで最終的な順位を上げる事ができたわけですからモーの前途は明るいのではないでしょうか。
そんなラッキーモーは月末の茨城CXでシーズンを締めくくるそうです。
e0154650_16354635.jpg
お台場のレースではたくさんのサイクリスト達の参戦があるのも特徴のひとつ。
北海道からおこしのジェイ氏。
試走しようと思ったら前輪のタイヤにトラブルを抱えていまして空気が抜けていってしまいます。
そんな前輪を時間のないなかでチョイ焦りながらの作業だったわけですがなんとか直すことができてレースではC3で2位。
すばらしいお土産を自分のチカラでつくってくれたのでした。
リスペクトがあります。
e0154650_16374598.jpg
あと、面白かったのはC2カテゴリーでのTeam Blue Lugの走り。
3人が同じような位置で競り合っていたのはもちろんのこと。
揃えたジャージが揃って走っているのは壮観でした。
さらにC1に出走されてたコッシーさん。
このお台場のレースでは相当狙っているらしくレース前から表彰台狙いを公言されてました。
結果はそうならなかったけれど、そうやってレースというゲームを楽しんでいる感じが伝わってきてとても感動したのです。
わたしももっと楽しみタイ!
楽しみタカバイ!そう、思うんです。
e0154650_16443656.jpg
e0154650_16443847.jpg
そんなみんなが発散する良質なヴァイブスを浴びに浴びて観戦だけでも楽しめたシクロクロス東京でした。
わたしも来シーズンはもっと頑張りたいなー。
来シーズンは好評でしたグリーンのチームキットに別れを告げてしまいます。
チームキットも変われば、わたしの自転車も変わる予定ですのでご期待くださいませ。
ついに2台体制に突入です。
e0154650_16445174.jpg


日曜日は本番のエリートレース。
ここで走る招待選手のJ-powと、Raphaのヒロさんのメカニックとして準備と待機をするだけでしたから午前中はリラックス。
e0154650_16532079.jpg
今シーズンはSPEEDVAGEN FAMILY RACINGとして覚醒のシーズンを過ごしたヒロさん。
下関でのJ-CXで優勝。
前橋CXも第ニ戦で2位。
いまやポディウムハンターとして獅子奮迅の活躍を見せてくれました。
同じ自転車業界人でありアマチュア選手としてとっても刺激になりました。
e0154650_16531748.jpg
J-Powの走りはというと、今シーズンの不振を感じさせないような走り。
ディフェンディングチャンピオンだったのが2位でしたから悔しさが残ったかもしれません。
自転車のほうもなにもトラブルがなくて良かったです。
e0154650_16532377.jpg
e0154650_16532582.jpg

肝心のサポートのほうはというと、もうちょっとコチラのほうで工夫や積極的に動けたら良かったなと思う事が何度かありました。
昨年はJ-Powの奥さんがやってくれてたことが今年は来てなかったのでそういった面でも気付けなかったなと反省が残りました。
来年も依頼をいただけるようでしたらそのへんをがんばりたいです。






こころにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■OPEN ~ CLOSE
08:30〜17:00 Cafe(Weekday) 
10:00〜17:00 Cafe(Saturday & Sunday)
13:00〜21:00 Cycle Works
■Wednesday is every closing
■AD 151-0051 4-11-8 Sendagaya Shibuya Tokyo
■WebShop http://bonsaicycleworks.com/


.
[PR]
# by bonsai-astn | 2017-02-12 12:00 | TEAM BONSAI 活動記録

MADison 4 Jersey再生産のお知らせ

MADison 4 Jerseyの再生産分のオーダーを募集します。
プレオーダーにてご注文を承ります。
締め切りは、2月21日(火曜日)です。
入荷は締め切りから4~6週間後の3月下旬以降になると思います。
この機会をお逃しになられないようによろしくお願いします。
e0154650_20275257.jpg
e0154650_20341544.jpg
e0154650_20341720.jpg
このジャージの色はチャコールグレーなんですが。
ほとんどブラックに見えます。
MADison 4 Jersey。
盆栽自転車店のオリジナルジャージでも最もシンプルといえるデザインになるでしょう。
半袖ジャージはもちろん。
長袖ジャージ。
冬場にオススメのフリースライトジャージ。
さらには、シクロクロススキンスーツまで。
ご注文はWeb Shopか店頭にてお願いいたします。
e0154650_20342584.jpg
e0154650_20342254.jpg
e0154650_20342726.jpg
e0154650_20343015.jpg
e0154650_20341255.jpg
このジャージはプレオーダーになります。
店頭もしくは、Web Shopからご注文をどうぞ。
オーダー時にご決済をしていただくことになります(代金前払い)。
レディースサイズまたはシクロクロススキンスーツをご注文の方は支払い時のコメント欄にサイズのご指定をお願いします。

他の商品と合わせてご購入していただいた場合は、その商品を取り置きさせていただきましてジャージの入荷に合わせていっしょに発送をさせていただきます。

2月21日の締め切りから4~6週間で商品が入荷する予定です。

締め切りは2017年2月21日23時59分まで
締め切りに間に合わない場合は次回の生産分とさせていただきます。











2月11日(土曜日)12日(日曜日)はシクロクロストーキョーのため臨時休業とさせていただきます
両日とも会場内のRaphaブース内にてメカニックサービスをしてますのでよろしくお願いいたします
J-Pow選手のためのメカニックになりますので限界はありますが試走中にどうにかなってしまったりレース前に不安な自転車は直せるところは直しますのでお気軽にご利用ください



こころにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■OPEN ~ CLOSE
08:30〜17:00 Cafe(Weekday) 
10:00〜17:00 Cafe(Saturday & Sunday)
13:00〜21:00 Cycle Works
■Wednesday is every closing
■AD 151-0051 4-11-8 Sendagaya Shibuya Tokyo
■WebShop http://bonsaicycleworks.com/


.
[PR]
# by bonsai-astn | 2017-02-06 12:00 | 盆栽オリジナル商品

BONSAI x ENVE カスタマーM氏の場合

BONSAIxENVEを納品させていただきました。

カスタマーM氏のENVEはSMAERT SYSTEM 3.4。
チューブラーなのはシクロクロスのレース用として使うため。
そこにリスペクトがある。
e0154650_13427100.jpg
■リム:ENVE SES3.4
■ハブ:ChrisKing R45 Sour Apple
■スポーク:DT Competition Black

□組み方:フロント=ラジアル リア=左右クロス
□デカール:特注のオレンヂ
e0154650_134254.jpg
職業デザイナーのM氏。
特注お取り寄せのこちらのオレンヂデカールはフレームとのピッタリマッチング。
さすがですね。
e0154650_13422100.jpg
ところで、先日のこと。
通りすがりの方に「シクロでもENVEって使えるんですね」。
と聞かれましたので「はい、クロスでも、もちろん使えますよ」とお答えさせていただいたことがありました。
ディスクブレーキ仕様ですとシクロクロス専用のリムまでラインナップするENVEですが。
国内のシクロクロスシーンに限ってみるとENVEを使っているひとってあまり見かけません。
それこそ、SPEEDVAGEN FAMILY RACINGのおふたりと、盆栽屋くらいか??
e0154650_13494268.jpg
シクロクロスで使う場合はチューブラーのリムになるので、超軽量。
ENVEのリムの強度の高さのおかげで真っすぐ転がる芯の出た車輪に仕上がります。
さらに悪路走行が前提のシクロクロスで使う場合でもENVEリムの頑丈さが活きるのです。
インターナルニップルでタイヤを貼った状態での振れ取り作業ができないのが一点だけ心配ということになっていますが。
わたし個人で使ってまして、ほとんど振れなんて出ませんし。
元々、ENVEは振れが出にくいリムとしての信頼性が高いのでそういうご心配は無いのかなぁと思います。
e0154650_13494080.jpg
そういうわけで、先日の前橋クロスがこのホィールのデビュウになりました。
自転車のほうは、Independent FabricationのCX
ご覧のとおりのカラーマッチング。
アルミリムのときも見てたわけですが。
カーボンリムのほうが真っ黒のホィールになって、格好良いのはロードバイクと同じ原理でしょうか。
リスペクトがあります。
e0154650_1342126.jpg
気持ち良さそうに快走するM氏。
レースは楽しく。
これが最高です。
良い機材だともっと楽しくなるでしょう。
ということでシクロクロスもENVEのリムで。
いつでもご注文お待ちしてますのでよろしくお願いいたします。
e0154650_13421096.jpg









こころにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■OPEN ~ CLOSE
08:30〜17:00 Cafe(Weekday) 
10:00〜17:00 Cafe(Saturday & Sunday)
13:00〜21:00 Cycle Works
■Wednesday is every closing
■AD 151-0051 4-11-8 Sendagaya Shibuya Tokyo
■WebShop http://bonsaicycleworks.com/


.
[PR]
# by bonsai-astn | 2017-02-02 12:00 | BONSAI x ENVE

BONSAI x ENVE カスタマーA氏の場合

BONSAIxENVEを納品させていただきました。

カスタマーA氏のENVEはMシリーズの50。
ENVEのラインナップではMTB用の下りが50%のライドに適したリム。
サイズがいろいろあるなかで使用したのは29er。
本来はチューブレスレディ推奨のリムでMTB用らしいスタイルですが、今回はディスクロードに組んでみました。
そこにリスペクトがある。
e0154650_14515349.jpg
■リム:ENVE M50 Fifty 29er
■ハブ:ChrisKing R45 Disc Pink
■スポーク:DT Competition Silver

□組み方:フロント=クロス リア=左右クロス
□デカール:スペヒャル
e0154650_14515635.jpg
ゴールドのホローテキスト。
いやぁ、貼るのが大変でしたがなんとかできました。
カスタマーにもご満足いただけたようで良かったです。
e0154650_14515867.jpg
この珍しいホィールがセットアップされるのはKUALISのディスクロード。
今回のホィールを装着するにあたってハンドルまわりも癒し系のパーツからソリッド仕様に組み替えて、それだけでもスピード感が上がった印象。
e0154650_1452569.jpg
リムは実測で重量が377g。
これはあらゆるロード用のENVEクリンチャーリムよりも軽い重量になります。
さすがはディスク用といったところ。
ディスク用はリムでブレーキをかけないので、リムブレーキのリムとは基本的な設計が異なります。
ディスクブレーキとリムブレーキが混在している現在では、リムブレーキ用のリムをそのままディスクブレーキのホィールに仕上げたものもありますが、せっかくなのでこういったディスク用のリムを使いたいところ。
ディスクにするなら油圧一択で。
e0154650_1452873.jpg
さて、この超軽量なリムを装備して走りがさらに軽快になったこのKUALIS。
戦闘力を増したこの自転車で、A氏の走りもさらに加速していくことでしょう。
そこにリスペクトがある。
e0154650_14521164.jpg












こころにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■OPEN ~ CLOSE
08:30〜17:00 Cafe(Weekday) 
10:00〜17:00 Cafe(Saturday & Sunday)
13:00〜21:00 Cycle Works
■Wednesday is every closing
■AD 151-0051 4-11-8 Sendagaya Shibuya Tokyo
■WebShop http://bonsaicycleworks.com/


.
[PR]
# by bonsai-astn | 2017-01-31 13:00 | BONSAI x ENVE

盆栽新着情報 1・30

LEZYNEから携帯ポンプの新しいカタチ。
デジタルゲージを備えた携帯ポンプの登場です。
e0154650_16461113.jpg
小さな液晶ですが、クリアーで見やすいのが特徴。
大きさもコンパクトで使いやすくなっていると思います。
なにより高圧もちゃんと入れられるのがLEZYNEポンプの特徴です。
ゲージがデジタルであってもポンプの基本がしっかりしていなければいけません。
e0154650_1646829.jpg
Knogからはかわいいライトが入荷しました。
小さなマメライトのような風貌ですが、しっかり明るく光ります。
被視認性も高いです。
そして、USB充電機能。
小さいけれどできるライトです。
e0154650_1646410.jpg
e0154650_1646747.jpg


ロードシーズンが今年も開幕。
南半球では季節が逆なのでそちらでレースやってますね。
ENVEの機材を今年も使用するプロチームはDimention Data。
ENVEのファクトリーで組まれたホィールとハンドルステムを装備しています。
e0154650_16573814.jpg
プロチームのスポンサードは広告として捉えるのはもちろんのこと。
ENVeの場合は製品開発の現場として確実に活かされています。
そして、トッププロの過酷な現場で使われる事により元々優れた性能を持っていた製品であることが明らかになっています。
それは石畳のクラシックレースを走っても割れる事が無いリム。
そこにリスペクトがある。
e0154650_16574177.jpg
プロ用はロゴがホワイトのカラー。
これって以前までの市販品のカラーなんですが。
さいきんの市販品はすべてブラックxブラックになりました。
これに関しては歓迎の方も少なくなかったと思いますが、ブラックxホワイトを探している方もいらっしゃるのではないでしょうか?
e0154650_16463851.jpg
盆栽自転車店の倉庫を探してみたところ。
かつてのブラックxホワイトのロゴのステムとピラーを1点ずつ発見しましたので在庫限りでの御紹介をさせていただきます。
e0154650_16462517.jpg
ステムは11omm。
箱無しです。
もちろん、未使用新品です。
箱が無いので特別サービスでENVEのヘッドキャップをお付けしましょう。
フルカーボンステムで最も細身の形状と言えるのではないでしょうか。
ですから細身のメタルフレームとのマッチングも最高なENVeなのです。
e0154650_1646227.jpg
そして、シートピラーは径が27.2mmで25mmセットバックのモノが1点。
旧型のクランプなのでシンプル構造。
実は旧型であるコチラのほうが軽量なんです。
e0154650_16462960.jpg
いずれも1点限りの品物になります。
値段はどちらも34,ooo円です。
お早めにどうぞ。









こころにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■OPEN ~ CLOSE
08:30〜17:00 Cafe(Weekday) 
10:00〜17:00 Cafe(Saturday & Sunday)
13:00〜21:00 Cycle Works
■Wednesday is every closing
■AD 151-0051 4-11-8 Sendagaya Shibuya Tokyo
■WebShop http://bonsaicycleworks.com/


.
[PR]
# by bonsai-astn | 2017-01-30 12:00 | 盆栽新着商品情報

盆栽屋残留遊戯 高知クロス第1戦 ヤシィシクロクロスに参戦する男

そのリスペクトは黒潮に乗ってやってきた。
高知で1月29日にシクロクロスのイベントがあります。
今年からajoccに登録できましたのでご参加いかがですか?
え?遠征はともかくとして、其所は高知。
四国に足を踏み入れたことが無かった盆栽屋。
すこし躊躇していると。
その方は旅のすべてを案内してくださると言う。
そこで断るような盆栽屋は無し。
身を任せることにした。
そこにリスペクトがある。
e0154650_1458167.jpg
旅はイノキのように。
つまり行けばわかるさ。
ありがとー!
盆栽人会はCXチームの三人で乗り込んだ。
飛行機で龍馬空港に降り立つ。
高知といえば、土佐。
土佐と言えば数ある歴史上の人物のなかでも筆頭格の坂本龍馬。
大河ドラマの龍馬伝を欠かさずに見ていた盆栽屋にとっては感慨深い土地。
そこにリスペクトがある。



今回、声をかけてくださったカスタマーS氏は空港まで迎えに来てくれた。
盆栽人会の3人はS氏が用意してくださった大船に乗って身を任せれば良いということに。
はじめはわたしのリスペクトで龍馬像のある桂浜に。
地元の人が行かないようなベタな観光地でありつつも。
オキナワよりもキレイな海が眼の保養になる。
確実に遠くにキタ。
けれども、はじめてキタ場所だとは思えない。
坂本龍馬の誕生日がわたしの夫婦の誕生日で新婚旅行の行き先がたまたまいっしょだったことはあながちたまたまではなかったのではないか。
e0154650_15404820.jpg
N先輩のクルマで移動。
昼食はうなぎで。
そう言われてしまうと、なんとなく四万十川の天然モノを想像してしまうけれど。
地元ではそんなに流通しないらしい。
それでは高知のうなぎはどういうものなのか。
焼きに特徴があってサクサクのカリカリ。
関東風のふんわりとはまた違って美味しい。
食べる前から山椒をドバドバ投入するチーム員を横目に、わたしはいつもよりもゆっくりと味わいながら食べました。
聞けば山椒も高知の特産品なのだとか。
e0154650_14581367.jpg
さぁ、お昼ゴハンも食べて幸福感に満たされた。
これからコースをチェックしようと試走の準備して向かうと道がない!
これはテレビのCMでも見た動く橋なのでは?


e0154650_14585737.jpg
さて。
会場に着くと高知に来たにもかかわらずいつもの仲間たち。
前日入りは余裕があるね。
ポカポカ陽気で自転車談義にも花が咲く。
コースは走れる砂浜を含んだパワー系なコース。
テクニカルな区間もあってシクロクロスの楽しさを多分に含んだコースだと言える。
お台場にマイアミ、ワイルドネイチャーというふうに日本にも砂のコースはあるしお台場以外は走ったことないけれど、ここが一番走りやすい砂のコースと言ってもいいのではないか。
e0154650_15405163.jpg
潮の満ち引きによって走れる区間が変わって来るというのもイイネ!
しかも、シーワンが走る時間帯が一番走れる区間が広がるって言うから、もっとイイネ!
e0154650_1458429.jpg
試走を終えて汗を洗い流したあとは待ってました夕食。
宴会のスタート。
レースの実行委員、お手伝いをされているみなさんと宴会させていただきました。
高知は全国有数の酒どころ。
そして、酒好きの県民性があるらしく昼から呑んだくれてるのが当たり前?らしい。
そこで「おきゃく」という飲み文化に触れさせてもらったわけだけど。
お酒を呑むということにも美学があると言いますか。
土地の文化を感じさせてくれるのが良いですね。
盆栽屋は6ラウンドKOでダウン。
9時にはおやすみということになりました。
e0154650_153062.jpg



翌日曜日はレース。
アルコールレースにはダウンを喫した盆栽屋だけど。
こちらのレースはダウンするわけにはいかない。
早々にダウンしたおかげで昨日のダメージも感じない。
二日酔いに至るまで呑めない自分のシステムに感謝。
e0154650_16113157.jpg
レースのほうはなんとC1とC2、そしてCM1にジュニアが4カテゴリーの混走のスタート。
C1に上がって混走というのははじめてなので心配になったけれど自分のレースの参加者は9人でしかも知り合い多数なので順位を数え間違うということはなさそうだ。
スタートして2周ほどしたときにノドがカラカラになりノドの表面がくっつきそうな不快感に襲われる。
さっき食べた参加賞の食事が戻ってきそうだ。
いよいよヤヴァイ。
レース中にまさかの停車。
そしたら吐くまでにはならずにレースに復帰できたけど、大勢に抜かれてしまい6位の位置に。
そのなかで追い抜いて行ったなかC1選手にまじってジュニアの選手たち、さらにテツーージが居るではないか。
見るかぎりテツーージはC2のトップか。
ぐんぐん差を広げて行く。
もちろんわたしとの差も。
5位6位の残留ギリギリ水域を保ちながら走る盆栽屋。
40分の時計が過ぎてC2のテツーージがゴール?多分勝った!!
次はミーの番。
勝ちは無いにせよ、残留を決めたい、それを決めに来た。
我慢の走りの甲斐あって5位でゴール。
これで来シーズンもC1で走れるのか。
来シーズンはもうちょっとレベルアップしないとな。
e0154650_1458732.jpg
1.茨城CX #1城里七会中学校ステージ C1,17/22位 77%
2.茨城CX #2小貝川リバーサイドステージ C1,56/75位 74%
3.信州CX #2白樺湖ステージ C1,72/75位 96%
4.弱虫ペダル STARLIGHT CROSS in CYCLE MODE C1,00/00位 00%
5.Rapha Super Cross Nobeyama UCI Day1,00/00位 00%
6.Rapha Super Cross Nobeyama UCI Day2,00/00位 00%
7.信州シクロクロス #8南信州ステージ C1,8/16位 50% FullLap チケット1枚目
8.東北シクロクロス #2郡山ステージ C1,7/12位 58% FullLap チケット2枚目
9.中国シクロクロス #5下関ステージ C1,21/26位 80% FullLap
10.高知シクロクロス #1ヤシィシクロクロス C1,5/9位 55% FullLap チケット3枚目
e0154650_14581967.jpg
見事優勝を飾ったテツーージ。
ヤマノハは悔しい3位。
奇しくも、C1との混走でこのコース内でのレベルが分かったテツーージ。
C2ではダントツの速さ。
C1のレース集団に食込む走りで仮想4位を走っていたのだからズバ抜けていた。
この調子ならC1でもやっていけそうな希望と自信がついたんじゃないかな。
同じレースを走っていた選手にも好感を持たれていたから良かったんじゃないかな。

テツーージの歓喜のレポートはコチラからどうぞ ☞ http://tetsubuild.exblog.jp/


レースを終えてヒコーキの時間までは高知の市街で最後の宴会。
ちょいと洒落たお店で地元のグルメをご馳走になりました。
カツオのタタキ。
さらに高知以外ではなかなか食べられない塩タタキ。
ちゃんばら貝にうつぼの唐揚げ。
酢みそににんにくの葉のペーストを加えた土佐風のぬた。
そして、地元の銘酒がテツーージの勝利を祝してくれました。
e0154650_16295371.jpg
地元の方の案内のおかげでカンペキな旅がはじめから出来ちゃったなぁ〜。
高知のみなさんの歓待のおかげ。
ありがたい。
来年ももちろん行きタイ。
そこにリスペクトがある。






こころにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■OPEN ~ CLOSE
08:30〜17:00 Cafe(Weekday) 
10:00〜17:00 Cafe(Saturday & Sunday)
13:00〜21:00 Cycle Works
■Wednesday is every closing
■AD 151-0051 4-11-8 Sendagaya Shibuya Tokyo
■WebShop http://bonsaicycleworks.com/


.
[PR]
# by bonsai-astn | 2017-01-29 12:30 | TEAM BONSAI レース編

BONSAI x ENVE カスタマーO氏の場合

BONSAIxENVEを納品させていただきました。

カスタマーO氏のENVEは3.4のクリンチャー。
もはや、BONSAIxENVEの大定番で超オススメである3.4。
エアロ性能と軽量性がベストバランスなのはオーナーのみなさんなら全員が頷いてくださる性能であるところ。
そこにリスペクトがある。
e0154650_20283282.jpg
■リム:ENVE 3.4 WO
■ハブ:ChrisKing R45 Pewter
■スポーク:DT AEROLITE Black

□組み方:フロント=ラジアル リア=左右クロス
e0154650_20283546.jpg
ハブはもはや絶版カラーになろうとしているPewter。
人気カラーだったのに、クリスキングはどうしたことでしょうか。
残り1ペア分材kおしてますのでお早めにどうぞ。
リムのデカールはシンプルにシルバー。
そしてSESのロゴはあの色に。
そうです。
あの自転車に合わせるわけなんです。
e0154650_20283713.jpg
e0154650_2028413.jpg
それがビアンキ。
まさにカラーマッチ大成功。
これぞBONSAIxENVE冥利に尽きるというものでしょうか。
そして、お乗り頂いてもご満足いただけると思うのがBONSAIxENVE。
カスタマーO氏もさっそくお乗り頂きまして、元々装備されてました某ラ35mmのクリンチャーよりもコチラということにしていただけたようです。
リムの形状からも最新設計のスマートシステム。
カーボンリムの成形精度と硬さに定評があるENVEですので、そこにリスペクトがあります、というわけです。
e0154650_20284275.jpg







1月28日(土曜日)と1月29日(日曜日)はシクロクロスレース参戦のためカフェのみ営業とさせていただきます

こころにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■OPEN ~ CLOSE
08:30〜17:00 Cafe(Weekday) 
10:00〜17:00 Cafe(Saturday & Sunday)
13:00〜21:00 Cycle Works
■Wednesday is every closing
■AD 151-0051 4-11-8 Sendagaya Shibuya Tokyo
■WebShop http://bonsaicycleworks.com/


.
[PR]
# by bonsai-astn | 2017-01-27 12:00 | BONSAI x ENVE

展示会に行ってきました アメアスポーツジャパン編

展示会に行って来ました。
昨年の秋から代理店が変わったENVE。
アメアスポーツがENVEのブランドを買収したため日本での流通もアメアスポーツジャパンさんを通しておこなわれるようになりました。
アメアスポーツといえばサイクリストにとってMAVICのイメージが強いかもしれません。
e0154650_16563345.jpg
ですので、今日のセミナーもほぼMAVICが中心になってしまいます。
MAVICの取り扱いは無い盆栽屋。
うわのそらでハナシを聞いているかと言うと、そんなつもりはありません。
そしたらMAVICのほうもホィールとヘルメットの保証制度を設けたらしく今年からMAVIC CAREなるサービスがスタートしたとのことでした。
詳細を知ると、MAVICよりもENVEのほうが期間も金額も手厚い保証内容だったのです。
そもそも、市場にはカーボンホィールがあふれていますが、明確に保証内容があるブランドって珍しいのかもしれません。
値段を言えば高い高いと言われがちなENVEですが、こういうところもコストに含まれていると考えると、あとあと買ってヨカッタになると思います。



さて、そんなENVEは、いわゆるディスクロード向けの製品が充実してきました。
新製品のSES 4.5ARはエアロディープのディスクロードホィール。
太いタイヤを装備させるためにリムのワイド化が進んだ製品になります。
e0154650_16563692.jpg
製品紹介のムービーにもあるように。
サイクリストはクルマの多い道を避けるようになると様々な路面状況が待ち受けています。
実際、わたしもクルマどころかサイクリストも寄り付かないような道を選んで走っているのが日常になってしまいましたが、自然と舗装状態の良い路面は減りましたし、ですのでパンクの機会も増えました。
装備もタイヤが太くするようになり、ボンベから携帯ポンプに切り換えました。
もしかしたら、ロードであらゆる道を走ろうとしたときに、こうしたディスクロード化への過程があるのかもしれません。
e0154650_16563842.png
先日の南米のレースでボーネンがディスクブレーキ仕様のロードバイクで勝利しています。
保守的なヨーロッパのレースシーンでも一石を投じる結果になったのではないでしょうか。
e0154650_1658870.jpg
シートポストも最新のものからDi2バッテリー用の小物が付属するようになったそうです。
このシートポスト。
とくにシクロクロスのような路面状況が悪い時でもサドルがグラつくことなくしっかり固定できて良いです。
盆栽自転車店では常に在庫しています。
ステムもハンドルも剛性と信頼性が高くて、まずENVE製品の良さを知っていただく入り口としてもオススメです。
e0154650_16581167.jpg










1月28日(土曜日)と1月29日(日曜日)はシクロクロスレース参戦のためカフェのみ営業とさせていただきます

こころにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■OPEN ~ CLOSE
08:30〜17:00 Cafe(Weekday) 
10:00〜17:00 Cafe(Saturday & Sunday)
13:00〜21:00 Cycle Works
■Wednesday is every closing
■AD 151-0051 4-11-8 Sendagaya Shibuya Tokyo
■WebShop http://bonsaicycleworks.com/


.
[PR]
# by bonsai-astn | 2017-01-26 12:00 | 展示会に行ってきました

BONSAI x ENVE 盆栽屋の場合

BONSAI x ENVEを組みました。
おや、この見慣れないリムはなんでしょう。
そうです、本来はMTB用のリムになります。
Mシリーズというやつです。
e0154650_18454944.jpg
すでにシクロクロス車用に2ペアのホィールセットを用意している盆栽屋。
どちらも決戦用のチューブラータイヤが装着されているホィールですので、普段乗り用と言いますか近所への練習にもなかなか走って出られないなんていうことになっていました。
だから使えるリムがどこかにないかなと探していたんです。
レースではチューブラーだけど、普段乗りというか移動用としてシクロクロス車を活かすためにもクリンチャーのホィールセットの必要性を常々思っていたのです。
e0154650_18525816.jpg
そしたら、ある日のInstagram画像に眼が留まりました。
それは昨年のことなんですが、ChrisKingの社員レーサーでもあるJosh Kelly氏が来日していた際に装備していたホィール。
出場した野辺山のレースでは、当時の最新モデルであったENVEのCXチューブラーモデルで走っていたのですが、この画像はオフ時間のライド用。
見辛いですけど、よくよく見ればリムの部分に〝CX〟ではなく、〝50〟の文字が見えるではありませんか。
しかも、けっこう細いタイヤが付いている。
え、コレいけんのか?
e0154650_1845426.jpg
疑問に思ったので直接Josh氏に聞いてみました。
そしたら、「クリンチャーでイケるぜ!!」との回答。
マジかぁ。
そういうわけで、わたしのクリンチャー問題に光明が差し込んだわけです。
e0154650_18452857.jpg
しかし、MシリーズはそもそもMTB用のリム。
基本的にはチューブレスレディ用としてラインナップされているこのシリーズ。
実際使っている人にクリンチャータイヤはイケる、しかもMTBのような太いタイヤではなく、クロス用のそれなりのサイズでもイケちゃうと言われたけれど、やっぱり自分で試してみないと納得がいかないもんです。
なんせビードフックが無いこのリムのデザイン。
フツーのリムに慣れている身からしてみるとこの部分が無いだけでチョット怖い。
50とか60とかの数字もイマイチ謎ですし。
調べてみるとこの数字はライドにおける下りの割合のことを指しているらしく、50はほぼクロスカントリー、90になると完全なダウンヒルということなんだとか。
e0154650_18453139.jpg
なので数字が大きくなるにしたがってサイズ展開もそういった自転車の規格に合ってきて、頑丈になるため重くなっていくという感じ。
ロードに比べると豊富に思えるラインナップ数はMTBのホィールサイズがいまや直径で3種類存在するのと、遊び方もいろいろ混在しているから、それに合わせた展開をしているということのよう。
YouTubeで見る事ができるENVEがMシリーズを紹介するムービーにもMTBで疾走し続けるシーンばかり。
まさかシクロクロスバイクで疾走しているシーンはいっさい登場してきません。



シクロクロスにはJosh氏も使っていたいちばん細いサイズのM50が良さそうなんですけど、M50には32Hのラインナップが無く、わたしは泣く泣くM60に。
ちょっと重くなってしまうのと、リムがさらに太くなってしまうのでタイヤ問題が心配。
完全に人柱ポジションになるのか。
そんなこんなしているあいだにENVEは代理店が変わって、このリムはファーストオーダーにコッソリと加えたのでした。
e0154650_18453541.jpg
リムの入荷を待っているあいだに去年の野辺山がやってきて。
そこで2日目に優勝したGarry Millburn選手。
このLee Busford氏が撮影した写真がとっても印象的だったこのレース。
まるで地獄の黙示録のカーツ大佐を殺しに行くシーンのような。
そんな彼がオーストラリアに戻ってトレーニングライドの画像を発信しているのを見ると、やはりM50が装備されているのです。
彼にはそのタイヤがクリンチャーかどうかまで確認しませんでしたけど。
かなり細めのロードタイヤかと思わしきタイヤが装着されています。
やはり、ディスク仕様でENVEのリムを選ぶとなるとこのリムになるんだなと確信したわけです。
e0154650_18453783.jpg
MAAPのサイトにもこの自転車と、MAAP x SPEEDVAGENのコラボレーションのいきさつが書かれていますが、このページに掲載されている自転車にもM50が装備されています。
タイヤもチャレンジのようなのでチューブレスではないでしょう。
e0154650_19285976.jpg
そして、野辺山が終わってしばらくした12月にリムがやってきました。
うひょー、見たことも無い実物。
なかなかのハイボリュームでホントにクロスのタイヤは付くのかな?と心配になってしまう見た目です。
リムは本当にチューブレス前提なのか、クリンチャー用のリムテープすら付いてきません。
心配なのでリムだけでタイヤをはめてみました。
そして、空気を入れて。
空気圧をいろいろ調整。
うん、問題なさそう。
そこに研究成果がある。
e0154650_1845539.jpg
ハブは元々アンブロッシオのチューブラーリムで組んでいたChrisKingのR45Disc。
だからスポーク本数が32本になってしまって、M60のリムしか選択肢がなかったわけですが。
このハブにこだわらなければ、28HのM50リムを使えてたと考えるとこの文章を書きながら微妙な気持ちになってきました。
まぁ、いいんです。
M60でもいいじゃないですか。
下りが60%って。
ロードレーサーのように使う事になるだろうからあまり意味の無いスペックになりそうですが、見た目にも本当に頑丈そうなホィールに仕上がりました。
そういえば、32本のスポークで組んだカーボンリムってかなり珍しいです。
個人的にははじめて乗ることになります。
e0154650_19212239.jpg
そして、組んで。
いつものようにデカールを貼り変えて。
e0154650_19212417.jpg
Mシリーズは、デカールの色を数字とENVEのところに変化を持たせても良いし、揃えてもいいし。
いろいろ考えさせられておもしろいです。
デカールの面積がリムの半分以上になるのでタイヤを装着する際に気をつけないとデカールを剥いでしまう怖れがあります。
だけど、BONSAI x ENVEならデカール補償付き。
安心ですね。
あ、デカールカスタムだけは承ってませんのであらかじめご了承ください。
e0154650_19212860.jpg
1月の福岡ではツーリングスペヒャルにカスタムして走りました。
このホィールを装備してメーターマウントとサドルバッグを付けたらツーリングスペヒャルの完成。
フロントシングルのシクロクロッサーでロードレーサーに乗るみなさんにどこまでいっしょに走る事ができるかの実験でもありました。
e0154650_19214214.jpg
フロントシングルと言っても40T。
いつものロードレーサーのギア比39Tとあまり変わりありません。
そして、リアは11-32のワイドレシオ。
ロードレーサーのインナー縛り走行よりも幅広く使えてワイドレシオ。
ですからとくに問題ありませんでした。
もしかしたら福岡のみなさんは格別にわたしに優しくしてくださいますから、わたしが気付かないところで加減してくださっていたのかもしれません。
遅れるなら下りかな、と思いきや下りは太いタイヤ33Cとディスクブレーキで超安定で気持ち良いくらいに下れます。
その代わりに長い上りで遅れてしまいました。
軽いギアはロードレーサーのときよりも軽いわけですが、車体の重さか、前日のレースで疲弊してたのか、シンプルに盆栽屋が弱いのか。
e0154650_19214640.jpg
33Cの太いタイヤも思いのほか重さを感じず、快適さや安心感のメリットが大きかった印象です。
空気圧は3.5Barという、ロードタイヤでは走れないような空気圧でもイケちゃう。
かなり印象良いです。
そしてこのハイボリュウム過ぎるリムとタイヤは、まさかの空気抵抗も良さそうな雰囲気。
あとはボトルケージを付けられるようにすれば完全なるツーリングスペヒャルの完成になるのか。
そのためにはフレームへの加工が必要になるわけですが。
e0154650_19213495.jpg
バイクパッキンング的な大きめのバッグを付ければかなり雰囲気出そうです。















1月28日(土曜日)と1月29日(日曜日)はシクロクロスレース参戦のためカフェのみ営業とさせていただきます

こころにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■OPEN ~ CLOSE
08:30〜17:00 Cafe(Weekday) 
10:00〜17:00 Cafe(Saturday & Sunday)
13:00〜21:00 Cycle Works
■Wednesday is every closing
■AD 151-0051 4-11-8 Sendagaya Shibuya Tokyo
■WebShop http://bonsaicycleworks.com/


.
[PR]
# by bonsai-astn | 2017-01-23 12:00 | BONSAI x ENVE