<   2014年 12月 ( 15 )   > この月の画像一覧

盆栽新着情報 12・29

2014年もあとわずか。
寒い日々が続いていますけれど。
盆栽自転車店にはホットなアイテムが入荷してきています。
まずはコチラ!
Rouleur最新号の51。
お正月休みの暇つぶしにサイコウですね。
表紙はランス・アームストロングです。
e0154650_2042217.jpg
仕入れるとすぐに売れてしまいます人気のKing Cageのチタンが入荷です。
チタン製のボトルケージは手造りで無骨な雰囲気が意外とどんなフレームにも合うなんていう。
クラシックな形状なので使い易さも歴史が保証しています。
e0154650_20422386.jpg
しばらく欠品していましたDefeetのシューズカバーのオレンジカラーが入荷です。
元気なHi-Vizカラーにも選択肢が増えたこのシーズン。
人とは違ったカラーリングで差をつけましょう。
e0154650_20421970.jpg
そして、人気のレッグウォーマー。
実際に使ってみましたが、今年のモデルはしなやかさがさらに出まして伸縮性に富み、自然な使い心地が良いです。
例年、売り切れ御免になることが多いこの商品。
ぜひともお試しください。
WebShopからもご購入していただけます。

☞WebShop http://bonsaicycleworks.com/
e0154650_20422555.jpg










年末は30日まで営業させていただきます
年始は4日から営業させていただきます




こころにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■TEL 03-3497-8885
■FAX 03-3497-8886
■OPEN ~ CLOSE
08:30〜17:00 Cafe(Weekday) 
10:00〜17:00 Cafe(Saturday & Sunday)
13:00〜21:00 Cycle Works
■Wednesday is every closing
■AD 151-0051 4-11-8 Sendagaya Shibuya Tokyo
■WebShop http://bonsaicycleworks.com/
[PR]
by bonsai-astn | 2014-12-29 12:00 | 盆栽新着商品情報

寒風を切り裂く男

今日は寒い。
走り出しからイヤな空気感。
寒い寒い。
なんてったってメーターの表示は0℃から上がる気配を見せず。
川を越えても、都会を抜けても依然と0℃。
集まったメンバーはアマノくんにクリハラ。
3人居ても寒い。
みんなウインドブレーカーを着たままの進行になるわけだが。
クリハラは要所の前でしっかり脱いでいた。
リスペクトがある。
e0154650_2065847.jpg
途中で居なくなったアマノくんも追いついてきて最後は3人で仲良くゴール。
やっぱり冬場の寒い時は寒い下りのない平坦コースに決まりだね。










年末は30日まで営業させていただきます
年始は4日から営業させていただきます




こころにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■TEL 03-3497-8885
■FAX 03-3497-8886
■OPEN ~ CLOSE
08:30〜17:00 Cafe(Weekday) 
10:00〜17:00 Cafe(Saturday & Sunday)
13:00〜21:00 Cycle Works
■Wednesday is every closing
■AD 151-0051 4-11-8 Sendagaya Shibuya Tokyo
■WebShop http://bonsaicycleworks.com/
[PR]
by bonsai-astn | 2014-12-28 08:30 | TEAM BONSAI 活動記録

TIME ZXRSを納車させていただきました

TIMEのZXRSを納車させていただきました。

K氏のTIMEはZXRS。
惜しくも2014年限りをもちましてカタログ落ち。
絶版になってしまったフレームです。
そのヒコーキのようなフレーム形状とTIMEが長年守ってきたラグドチューブのスタイルにロードバイクファンであれば無視できない、一部に憧れ、熱狂の的になっていたモデルです。
盆栽自転車店でもたまたま在庫していた時期がありましたが完売御礼です。
e0154650_13203286.jpg
ある日の盆栽自転車店のドック。
K氏のZXRSを組み上げるには特別な「仕事」が必要でした。
それはブリーディング。
油圧のブレーキを組み付ける際には欠かす事のできないこの仕事。
SRAMの油圧ブレーキシステムは組み付けるフレームを選ぶわけですが。
ZXRSは通常の取り回しで組み付けることが可能です。
e0154650_13195581.jpg
e0154650_13195518.jpg
以前はCampagnoloのEPSをお使いだったK氏。
新車のこちらはじわじわと気にしていただいてましたSRAMになりました。
しかも油圧ブレーキ仕様。
クランクセットはROTORですが、チェーンリングはSRAMという酔狂な仕様に。
e0154650_13142724.jpg
さっそくお乗り頂いてます。
ときに盆栽人会のライドにもご参加いただいてますK氏。
盆栽人会のTIME率は周囲の認めるところなのですが、K氏もご自身がそのフレームにお乗りになって、「みんなこんないいフレームに乗ってたんだ…」とひと言。
しなやかだけど柔らかすぎることなく、そのフレームのしなりが確実に推進力になってスピードの伸びを感じるとおっしゃってくださいました。
それは玄関を出た走り出しからメリットを体感できるそうです。
さらに足回りはENVEの6.7で空気抵抗を低減。
減速には油圧ブレーキでよく効くという…。
まさに万能マッスィーンが組み上がってしまったのです。
e0154650_13135551.jpg
さて。
完璧に仕上がったかに見えるK氏のZXRS。
しかし、まだまだ乗り込んでいただいて見える景色があるはずです。
これからエイジングを重ねて頂けることでしょう。
そこにリスペクトがある。
e0154650_13135481.jpg











年末は30日まで営業させていただきます
年始は4日から営業させていただきます




こころにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■TEL 03-3497-8885
■FAX 03-3497-8886
■OPEN ~ CLOSE
08:30〜17:00 Cafe(Weekday) 
10:00〜17:00 Cafe(Saturday & Sunday)
13:00〜21:00 Cycle Works
■Wednesday is every closing
■AD 151-0051 4-11-8 Sendagaya Shibuya Tokyo
■WebShop http://bonsaicycleworks.com/
[PR]
by bonsai-astn | 2014-12-26 12:00 | TIME

2Daysシクロクロスレースに出る男

クロスシーズンまっただ中。
野辺山で幕を開けた今シーズンの盆栽人会のクロス活動。
全日本やらいろいろで2週間が空いて次の闘争はやってきた。
20日は湘南クロスの平塚競輪場ステージ。
21日は信州クロスの富士山ステージ。
という具合に連戦だ。
この連戦というまるでステージレースのような具合は。
2日にわたって開催される野辺山でも体感することができたけど。
それを実行して走ったのはヤマノハだけ。
だけど2日にわたって機材を周到に準備しておくというノウハウは確実に掴んだ気がする。
携帯する工具類にケミカル類。
遠征時間が少なく済む近所で開催されるレースであれば繋いで連戦にするメリットは大きく。
レースに出れば出るほど、無いノウハウは蓄積されて。
昇格と残留のチャンスは増えていく。
それをしない盆栽屋は居ないというわけだ。
そこにリスペクトがある。
e0154650_18402295.jpg
さて。
クルマで遠征する事、1時間半で到着する場所で開催される湘南クロスの平塚ステージ。
競輪場と言うから、競輪場の外周でも回るのかと思いきや、行ってみれば河川敷。
見るかぎりはオールフラットでショートコース。
これは、、、と「イケるかも」と俄然色気が出た盆栽屋。
けれども練習してないヤツにマグレはないよとお天道様は見ているのか。
昼過ぎの盆栽屋のレース前にはしっかりと雨が降って苦手なウェットコンディションに。
しかも、最前列の絶好位置からのスタートを失敗して最後尾スタートになるという振り出しからスタート。
鍛えられたぜ!!
e0154650_14242873.jpg
唯一ドライコンディションで走れたオーモト(会場のアナウンス通り)。
ドライでもスタートしてすぐにコケたのは密集状態が苦手か!?

C3午前で11位

e0154650_14241283.jpg
オーモトのレースから2時間以上もあとに開催されたヤマノハのレース。
野辺山のときに魅せたキレのある走りがいまいち無かったぜ!!

C3午後で16位

e0154650_14241787.jpg
なぜか最終レースだったC2は最終なので路面もいちばん滑る感じになっていた。
スーパー苦手な弱点をさらけだしてそれでもサイのツノのようにただ独り歩む盆栽屋。

C2で16位

e0154650_14242332.jpg
レースを終えてイマイチなリザルトに悲しんでいるヒマは無く。
洗車に車載に移動に風呂に食事に奔走になる。
とにかく雨のレースのあとは時間がかかって仕方ないってわけ。
こういった時間の蓄積は確実に次の闘いや次のシーズンに活かされるはずだと信じている。
実際、クロス初心者だったぼくらがここまで着実に経験者へとノビノビしてるのはこうしたレース外の行動によるところが大きいわけだから。
そこにリスペクトがある。
e0154650_18402749.jpg
2日目のレースは信州クロスの富士山ステージ。
名前のとおり富士山が臨める朝霧高原の道の駅で開催される。
宿も近くだったからホテル朝食を優雅にいただいて会場入りしてやろうというわけなんだけど。
クルマのドアが凍結で開かなくなっていて少しだけ焦る。
新種クロスのコースは自然そのもの。
雰囲気としては去年に出場させてもらった韮崎ステージに似ているけれど。
それよりも広大。
基本的にはパワーコースなんて言うヒトが多かったえれど、アップダウンで泥もフカフカで、地面はデコボコで。
C1のトップだった山本カズ選手はスイスイ走ってたけれど、それが忍者の走りに思えたほど。
e0154650_14242138.jpg
八ヶ岳バイシクルスタジオの方々が驚くほどの爆発力の無いスタート見せたキモト。
2日目で疲れがあったのか!?

C3先発で14位

e0154650_18143664.jpg
前半から青色吐息の走りだったけれど、落ちきらないタフさ?を見せた。
後半はそれなりに抜かして順位を上げた盆栽屋。

C2で18位









12月23日(火)は19時30分までの営業とさせていただきます



こころにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■TEL 03-3497-8885
■FAX 03-3497-8886
■OPEN ~ CLOSE
08:30〜17:00 Cafe(Weekday) 
10:00〜17:00 Cafe(Saturday & Sunday)
13:00〜21:00 Cycle Works
■Wednesday is every closing
■AD 151-0051 4-11-8 Sendagaya Shibuya Tokyo
■WebShop http://bonsaicycleworks.com/
[PR]
by bonsai-astn | 2014-12-22 12:00 | TEAM BONSAI 活動記録

盆栽新着情報 12・19

The Athleticの新作が入荷しました。
Black Fridayからみで登場したJulieK Collectionの新色はブラックのキャップ。
元選手のJulieちゃんがデザインしたアートピースのようなキャップです。
e0154650_1357616.jpg
同じデザインのボトルも入荷しています。
こちらはロングタイプ。
冬場はロングで。
これで休憩時間を少なくできますね。
e0154650_1357892.jpg
さらに。
Tigreチームのボトルも入荷です。
e0154650_13571728.jpg
MASHとのコラボレーションで話題になったT4のソックスも入荷しています。
コチラは、SML各サイズを在庫しています。
e0154650_1357490.jpg
e0154650_1357296.jpg
これはレース会場に向かうJulie選手。
背中のサコッシュにはちょっとした小物を携帯しているのでしょうか?
って、これはオリジナル?
そういうわけで、問い合わせてみると売ってくれるというので買いました。
いわゆるサコッシュよりは、造りがしっかりとしているバッグの感じです。
ポートランドの女性が1つ1つ手作りをしているサコッシュです。
2色とも極少量ですのでお早めにどうぞ。
e0154650_13571158.jpg
e0154650_13571332.jpg
e0154650_13571665.jpg









12月20日(土)、21日(日)はシクロクロスのレース参戦のため、自転車営業はお休みです カフェのみの営業になります



こころにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■TEL 03-3497-8885
■FAX 03-3497-8886
■OPEN ~ CLOSE
08:30〜17:00 Cafe(Weekday) 
10:00〜17:00 Cafe(Saturday & Sunday)
13:00〜21:00 Cycle Works
■Wednesday is every closing
■AD 151-0051 4-11-8 Sendagaya Shibuya Tokyo
■WebShop http://bonsaicycleworks.com/
[PR]
by bonsai-astn | 2014-12-19 12:00 | 盆栽新着商品情報

盆栽新着情報 12・18

KASKのヘルメットが入荷しました。
ロゴが変わって心機一転。
エアロヘルメットのInfinityが入荷しています。
カラーはブラックとホワイトの2色。
開閉式のバイザーを搭載するInfinity。
比較的、日本人向けのKASKのフィット感で使い心地も良いと思います。
e0154650_196117.jpg
e0154650_1961318.jpg
e0154650_1961526.jpg
ENVEのソックスが極少量(2足)だけ入荷しました。
Mサイズのみです。
お早めにどうぞ。
e0154650_1961721.jpg
極少量といえばコチラも。
EMPIREのVR90。
MTB版のEMPIREは今まで限定のみの存在でしたが、完成度を上げて通常モデルとして誕生しました。
ソールがVibramソールになって滑りにくく、丈夫になっています。
シクロクロスやオフロードに使うのに掃がカンタンなアッパー。
ベルクロだと泥が付いたら固定できなくなってしまうところも、ヒモは関係無し。
靴ヒモというとレトロフューチャーな味がありますが。
しっかり機能的なシューズなんです。
とりあえず入荷したサイズは限られていますが早くゲットしたい方にオススメです!!
e0154650_1961910.jpg







12月20日(土)、21日(日)はシクロクロスのレース参戦のため、自転車営業はお休みです カフェのみの営業になります



こころにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■TEL 03-3497-8885
■FAX 03-3497-8886
■OPEN ~ CLOSE
08:30〜17:00 Cafe(Weekday) 
10:00〜17:00 Cafe(Saturday & Sunday)
13:00〜21:00 Cycle Works
■Wednesday is every closing
■AD 151-0051 4-11-8 Sendagaya Shibuya Tokyo
■WebShop http://bonsaicycleworks.com/
[PR]
by bonsai-astn | 2014-12-18 12:00 | 盆栽新着商品情報

こんなオーバーホールも承ります

ミーのアイエフ。
壱号機はご存知ステンレス製のロードレーサーSSR。
参号機であるTi Factory Light Weightの配備に伴いドッグで整備されることになりました。
俗に言うオーバーホールです。
e0154650_13295597.jpg
私事で恐縮ではありますが。
自分の自転車をオーバーホールするなんて久々、もしかしたら初めての事なのかもしれません。
今まで自転車の業界人として、もとい趣味人として興味関心のあるものには率先して向き合ってきました。
全部をバラすということはもちろんありましたが、それが即ち「組み替え」を意味していた事は否めないのです。
それに日常的にメンテナンスをしていれば一気全交換のオーバーホールの機会はなかなかありません。
そんなタイミングでしたが今回はオーバーホールというわけなのであります。
e0154650_13295286.jpg
なぜなら、ミーのSSR。
キズだらけになってしまいました。
日常的にグラベルにも入っていきましたし。
九州の小国では落車もしてしまいました。
レース機材である参号機を待つがために旗艦であるこの壱号機の出動が8月の末までは絶え間なく続きました。
本来、優雅に海沿いを流すような、、、。
そんなクルージングバイクの設定でオーダーした壱号機。
乗ればしなやかで、見ればキレイ。
コーポレートカラーを身に纏ってまさに威力を放つ存在が旗艦に間違いない存在だったわけですが。
e0154650_1330432.jpg
長期に渡る酷使とトレーニングに使うはずではなかったのにトレーニングしてしまったがためにキズが出来ました。
旗艦に一寸の隙が生じてしまったのです。
キズはモノに機材には付き物ではございますが、キズの箇所も増えてきましたので塗装の補修に出す事にしました。
アイエフの場合はビルダー系のフレームでありますから。
そこのファクトリーで直々に補修も可能ですし。
塗り替えも出来てしまいます。
とはいえ、ちょっとした小キズだらけでした。
さすがにアメリカまで送り返すほどではないのです。
今回は盆栽自転車店が提携させていただいてます塗装屋さんにお願いしました。
e0154650_13304482.jpg
いくつかあったキズの部分。
気になるところだけ補修していただきました。
直していただいた部分は、ここにキズがあったの?というくらいに直していただいてます。
こころなしか、全体的にもクリアーがかかっているような、、?
かなり美しくなって。
リフレッシュをして戻ってきたのです。
納期はだいたい1か月ちょっと。
e0154650_1330437.jpg
フレームを預けているあいだにパーツもリフレッシュしました。
オーバーホールで新品にする部分といえば、チェーンにバーテープ、ワイヤー類にブレーキシューなど。
さらに今回はBBとサドルは新品にしました。
他の部分はキレイに磨いて汚れを落としました。
e0154650_13463270.jpg
e0154650_1330299.jpg
e0154650_13303271.jpg
早速、組みました。
元々、大事にキレイに乗っていたSSRですが。
タッチアップペイントによるフレームのリフレッシュに。
サドルとバーテープが新品になって全体的に輝きを取り戻しました。
旗艦の威風は堂々たるものです。
これはやってヨカッタ!!
自己満足ですが、満足度が高いですコレ。
このサービスは通常のオーバーホールよりはお時間がかかってしまいます。
2台所有の方だったり、しばらく乗らなくても良いという方向きになります。
酔狂なオーダーになります。
リフレッシュ度は非常に高いのでオーバーホールの際にフレームのタッチペイントもご希望の際はお申し付けください。
お問い合わせは店頭でお願いします。
e0154650_21163478.jpg









12月20日(土)、21日(日)はシクロクロスのレース参戦のため、自転車営業はお休みです カフェのみの営業になります


こころにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■TEL 03-3497-8885
■FAX 03-3497-8886
■OPEN ~ CLOSE
08:30〜17:00 Cafe(Weekday) 
10:00〜17:00 Cafe(Saturday & Sunday)
13:00〜21:00 Cycle Works
■Wednesday is every closing
■AD 151-0051 4-11-8 Sendagaya Shibuya Tokyo
■WebShop http://bonsaicycleworks.com/
[PR]
by bonsai-astn | 2014-12-16 12:00 | いつもありがとう

REAL BONSAI Thermo Bib Shorts

盆栽自転車店オリジナルのビブショーツが出来ました。
第二弾になります。
フリース生地で作られたサーモビブショーツです。
かつてジャパンカップ帰りに知り合いの方が選手から未使用のレーサーパンツを購入してきたのですが、それが冬用の生地なのにショーツという当時では珍しい仕様。
そんなところに本場のレースシーンを感じたわけですが。
数年が経ってアソスが商品化。
さらにはRaphaもこの冬生地のレーサーパンツを定番化しています。
e0154650_189374.jpg
わたしはアソスがこのアイテムを商品化したときにすぐに飛びつきました。
冬のライドは今まではタイツの出番だったわけですが。
のっぺりとした見た目と、ヒザのツッパリ感が気になっていたのです。
それに東京にライドの拠点があるうちは厳冬用のタイツもそうそう出番はありません。
そうして、冬期のライドは総てサーモビブショーツでライドするようになりました。
e0154650_1831226.jpg
サーモビブショーツの良いところは。
なんといっても。
気温に応じて、ニーウォーマーとレッグウォーマーと組み合わせる事で3段階で使用できることでしょう。
春先や秋のはじめなどにショーツだけの状態でもけっこう出番があるのです。
そうして夏用のレーサーパンツとの使い分けができてしまいます。
e0154650_1893995.jpg
オリジナルのサーモビブショーツはシンプルデザイン。
ブラックのボディにダークグレーのラインが入ります。
ロゴはホワイトで今までの盆栽自転車店のどのジャージとも相性は抜群です。
そこにリスペクトがあります。

コチラは、WebShopでも販売しています。
http://bonsaicycleworks.com/real-bonsai-thermo-bib-shorts

e0154650_1894154.jpg
e0154650_1894423.jpg
e0154650_189479.jpg
e0154650_1895472.jpg
合わせるレッグウォーマーはしなやかさが抜群でゴムで痛くなったりすることがない、Defeetがオススメです。
ビブショーツとセットでどうぞ。

http://bonsaicycleworks.com/defeet-legwarmer

e0154650_1831518.jpg












こころにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■TEL 03-3497-8885
■FAX 03-3497-8886
■OPEN ~ CLOSE
08:30〜17:00 Cafe(Weekday) 
10:00〜17:00 Cafe(Saturday & Sunday)
13:00〜21:00 Cycle Works
■Wednesday is every closing
■AD 151-0051 4-11-8 Sendagaya Shibuya Tokyo
■WebShop http://bonsaicycleworks.com/
[PR]
by bonsai-astn | 2014-12-14 12:00 | 盆栽オリジナル商品

ウインドーブレイカーを脱がない男

寒波襲来。
カンパならいいんだけど。
寒波は御免。
でも、来るモノは拒まずが盆栽屋のマナーであれば。
来るなら来い。
走ろうというわけ。
そこにリスペクトがある。
e0154650_22465295.jpg
集いしリスペクトはヨシムラ氏にクリハラのぼくで3人。
寒い日。
こういうときはRaphaのウインドージャケットが手放せない。
このウインドージャケットはスグレモノで。
薄っぺらのペラペラなんだけど。
しっかりと防風性能があって。
よくあるウインドブレイカーみたいに空気抵抗がガンガンにあるわけでもない細身のシルエット。
だから、しばらく脱がない。
脱がなくてもいいし。
寒いから脱げないとも言える。
e0154650_22465449.jpg
そしたら練習コースは中盤の勝負所に差し掛かる。
ぼくはメーターに表示させている温度計をちらちら見た。
日陰では6°C中盤、日なたでは7°C台にはいくな。
8°C台までいけば脱いでも平気だけれど、7°C台はまだ寒いかも。
なーんて思っていたけれど、勝負所が来ればウインドブレイカーは脱がなければならない。
勝負所でウインドブレイカーを着ているクラシックレーサーなんて見たことないし。
ウインドブレーカーが無いほうがやっぱり軽快だと思う。
それはウインドージャケットがいかに高性能であろうともだ。
e0154650_2352033.jpg
ぼくが脱ぐか脱がないかの葛藤を続けているなか。
ヨシムラもクリハラも脱ぐ様子が無い。
カレラは走りながら脱ぐことができないのをぼくは知っているから。
最後の信号が過ぎるまでには脱ぐかなと思って見ていた。
でも、最後の信号は運良く青でパス。
カレらはどうやら脱がないらしい。
ぼくはそれを見届けて、サイのツノのようにただ独り脱ぐ。
カレらは脱がないのか、脱げないのか。
ぼくは考えた。
とりあえず、結論としては勝負所でウインドブレーカーを着ているヤツには負けられないなということ。
そこにリスペクトがある。
e0154650_2352242.jpg
何度とないやり取りのあとに。
ぼくは独走に入った。
ワット数はいい線をキープ。
できるだけ起伏なく心臓と脚への負担をおさえる。
ウインドブレーカーを着ていたらどうだろうか。
暖かい以上に暑かったのではないだろうか。
それ以上に空気抵抗のパタパタふが気になったに違いないと思うよ。
ウインドブレーカーを無し状態で走ったぼくは。
上着が1枚少ないというだけなのに軽快に余裕を持ってコースを走り終えた。
ロードレースは単純明快な脚力差という勝敗もあるけれど。
こういった上着1枚の差という勝敗もある。
手持ちの作戦は多いほうがいいし。
考えられるだけのアイデアと走行中の余裕は安全にもつながる。
そこにリスペクトがある。














こころにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■TEL 03-3497-8885
■FAX 03-3497-8886
■OPEN ~ CLOSE
08:30〜17:00 Cafe(Weekday) 
10:00〜17:00 Cafe(Saturday & Sunday)
13:00〜21:00 Cycle Works
■Wednesday is every closing
■AD 151-0051 4-11-8 Sendagaya Shibuya Tokyo
■WebShop http://bonsaicycleworks.com/
[PR]
by bonsai-astn | 2014-12-14 08:30 | TEAM BONSAI 活動記録

ROTOR POWER LT

やってきました。
さいきんは2015年モデルといっても2014年のうちにやってくることが多い。
これはROTORの新しいクランク。
パワーセンサー付きです。
ROTOR POWER LT。
通常のROTOR POWERの左クランクのみにセンサーが付いたモデルです。
e0154650_153470.jpg
片側にセンサーが付いているモデルのため。
パワーの左右バランスは計測できないわけですが。
センサーがひとつなので軽量です。
電池交換の手間も半分ですし。
そういえば電池代も半分ですね。
とりあえずパワーの値を知りたい。
パワートレーニングを初めてみたい。
というパワトレ入門の方にも。
左右差よりもパワーの値が出ればいいよというパワトレの酸いも甘いもご存知の方にも。
幅広い層の方にオススメです。
e0154650_153922.jpg
e0154650_153686.jpg
ルックス的にも。
レッドブラックのROTOR POWERよりも。
シルバーブラックのROTOR POWER LTのほうが自転車にも合わせやすいはず。
真円のチェーンリング〝Non-Q〟が付属してお値段は15万円を切ります(税抜)。
クランク方式のパワーメーターではかなりお値打ちな価格帯といえるのではないでしょうか。
現在、170mmの110PCDを在庫しています。
e0154650_153158.jpg











こころにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■TEL 03-3497-8885
■FAX 03-3497-8886
■OPEN ~ CLOSE
08:30〜17:00 Cafe(Weekday) 
10:00〜17:00 Cafe(Saturday & Sunday)
13:00〜21:00 Cycle Works
■Wednesday is every closing
■AD 151-0051 4-11-8 Sendagaya Shibuya Tokyo
■WebShop http://bonsaicycleworks.com/
[PR]
by bonsai-astn | 2014-12-13 12:00 | 盆栽新着商品情報