<   2014年 05月 ( 19 )   > この月の画像一覧

盆栽新着情報 5・31

アランデルのサドルバッグ。
TUBIが入荷しました。
今ならピンクにホワイト、さらにはブラッックから選べます。
チューブラータイヤを入れることができて、コンパクト感のある見た目のサドルバッグはなかなか希少です。
人気です。
e0154650_147661.jpg
ボンクブレーカーに新しい味が登場。
ココナッツカシュー。
夏場にすっきりしたココナッツの味が補給にもってこいです。
e0154650_14718.jpg
オリジナルウェアーのLAW Racing Jerseyが入荷してきました。
いまなら、半袖でS、M、L、XLがあります。
さらに薄手の長袖はメンズのSサイズとレディスのXSサイズがあります。
夏場に日焼けが気になるという方はコチラの長袖タイプもオススメです。
在庫は相変わらず少量ですのでお早めにどうぞ。
e0154650_1403719.jpg
e0154650_1403835.jpg
e0154650_1403720.jpg











こころにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■TEL 03-3497-8885
■FAX 03-3497-8886
■OPEN ~ CLOSE
08:30〜17:00 Cafe(Weekday) 
10:00〜17:00 Cafe(Saturday & Sunday)
12:00〜21:00 Cycle Works
■Wednesday is every closing
■AD 151-0051 4-11-8 Sendagaya Shibuya Tokyo
[PR]
by bonsai-astn | 2014-05-31 12:00 | 盆栽新着商品情報

Seersucker will cool the men of summer?

シアサッカーは夏の男達を涼しくしたのか?

どうだろう。
過去2年間のリリースでそれなりのフィードバックを得た。
それによると。
夏の暑さをやわらげたのは間違いなかったわけだが。
熱い男たちの気持ちまで冷ますことはできなかった。
シアサッカー。
自転車に燃える男達のためのジャージだ。
そこにリスペクトがある。
e0154650_20574316.jpg
今年もシアサッカーを作ることにした。
そして、着ることもした。
去年並みの猛暑か。
思っていたよりも涼しい夏か。
そんなことまではわからないけれど。
予定通りに暑い夏はやってくるわけだし。
なによりも熱い男達のためにこのジャージを作ることにした。
リスペクトしかない。
e0154650_2113877.jpg
e0154650_2113726.jpg
e0154650_2111232.jpg
RED BLUE WHITEのトリコロール。
e0154650_19522718.jpg
e0154650_2114669.jpg
ORANGE SKYBLUE WHITEのオレンジ。
e0154650_19522697.jpg
e0154650_211469.jpg
各色S、M、Lサイズを在庫しています。

お値段 17,8oo円(税込)

Seersucker BONSAI Jerseyは男のためのジャージですので女性用サイズはございません。
サマー用の生地は素材が薄過ぎて透けてしまう場合があるので女性用のサイズが存在しないのです。
ご了承くださいませ。
e0154650_20582496.jpg












こころにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■TEL 03-3497-8885
■FAX 03-3497-8886
■OPEN ~ CLOSE
08:30〜17:00 Cafe(Weekday) 
10:00〜17:00 Cafe(Saturday & Sunday)
12:00〜21:00 Cycle Works
■Wednesday is every closing
■AD 151-0051 4-11-8 Sendagaya Shibuya Tokyo
[PR]
by bonsai-astn | 2014-05-29 12:00 | 盆栽オリジナル商品

盆栽新着情報 5・26

MASHのDNDグローブを取り寄せました。
コチラはGIROのグローブの別注品で通常はロングフィンガー用のグローブなわけですが。
こうして夏でも使える指切りタイプも登場です。
シクロクロスのレース用グローブとしてこのグローブを愛用していた盆栽屋。
自分で改造して指切り仕様を作るかなと思案していたところでしたので丁度良いタイミングです。
まさにリスペクトがあります。
e0154650_19241397.jpg
e0154650_19241297.jpg
デザインはブラックで引き締まった感じ。
基本的に春秋用のグローブの指先が無くなったタイプですので涼しいとかそういった雰囲気はなく、頑丈めな造りです。
さらには単に指切りにしたモデルのために、ほかの指切り専用モデルにあるような、グローブを外すときに便利な造作がありません。
けれどもパッドはほぼ無い状態でハンドルの握りが良くてオススメ。
そして、なによりデザイン性。
気に入ったらアリです。
Mサイズを少量在庫してます。
お早めに。
e0154650_19241363.jpg
e0154650_19241445.jpg
春の日差しが明る過ぎる今日この頃。
日焼けも焼きすぎるとカラダに悪いということで、Defeetのアームカバーはいかがでしょう?
コチラは夏場に使っていただけるように特殊な生地でできています。
その名も「アイス」。
さわってビックリのヒンヤリ感。
冷感生地なんです。
e0154650_1924276.jpg
e0154650_19242158.jpg
3年前あたりにデビューしたこのモデル。
人気だったのですが、生産の難しさを理由に今季は非常に少ない数になったそうです。
今のご時世に珍しくちょっとだけお値打ち価格で販売させていただいてます。
数には限りがございますのでお早めにどうぞ。
e0154650_19242173.jpg











こころにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■TEL 03-3497-8885
■FAX 03-3497-8886
■OPEN ~ CLOSE
08:30〜17:00 Cafe(Weekday) 
10:00〜17:00 Cafe(Saturday & Sunday)
12:00〜21:00 Cycle Works
■Wednesday is every closing
■AD 151-0051 4-11-8 Sendagaya Shibuya Tokyo
[PR]
by bonsai-astn | 2014-05-26 12:00 | 盆栽新着商品情報

盆栽新着情報 5・25

The Athleticのアイテムがポートランドより入荷しました。
e0154650_162369.jpg
今回の目玉は、元選手でもあるJulie Krasniak女史によるアーティスティックなコレクション。
その名もJulie.K Collectionのアイテム。
キャップにソックス。
さらにはノートまで。
コチラのノートもポートランドの〝SCOUT BOOKS〟製。
ライド中に?メモ帳として良いかもしれません。
Julie.K Collectionの独特の味わいはプレゼントにも良さそうです。
単なるウェアー小物の枠から飛び出たアートピースのような味わいがあります。
e0154650_1614580.jpg
e0154650_162953.jpg
e0154650_162128.jpg
e0154650_1621463.jpg
e0154650_1621698.jpg
かわいい、飛んだ印象のビドンをお探しの方はコチラの、SUPERSWAP Bidonをどうぞ。
去る4月20日にポートランド開催されたフリーマーケットのようなイベントの記念につくられた限定のビドン。
このビドンを自転車に携帯させただけで楽しい雰囲気になること間違いナシ。
オススメです。
e0154650_1621941.jpg
さらに、いつも人気で完売になってしまうコチラの定番ソックスも入荷しています。
蛍光イエローのキューブソックスと。
ブラックカーペット。
Mサイズのみです。
e0154650_1622157.jpg
e0154650_1622335.jpg
さらに、今回の超絶限定品はコチラ。
Let's Race Bike Socks。
女性もレースをやってみよう!的な(?)プロジェクトにThe Athleticがスポンサーとして参加しているので誕生したソックス。
instagramを見ているとやっぱり女性ばかりが履いているわけですが。
そんなの関係ねー。
ということで、男性も履いてしまいましょう。
そういうわけでMサイズとLサイズしか仕入れてません。
e0154650_1635730.jpg










こころにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■TEL 03-3497-8885
■FAX 03-3497-8886
■OPEN ~ CLOSE
08:30〜17:00 Cafe(Weekday) 
10:00〜17:00 Cafe(Saturday & Sunday)
12:00〜21:00 Cycle Works
■Wednesday is every closing
■AD 151-0051 4-11-8 Sendagaya Shibuya Tokyo
[PR]
by bonsai-astn | 2014-05-25 12:00 | 盆栽新着商品情報

奥武蔵グリーンラインを越えて行田までハンバーガーを食べに行くとヒトはどうなってしまうのか

リベンジ最終回。
これが不可能だったらしばらく店には行けないことになる。
荒川から埼玉の平坦内陸ルートは灼熱地獄に閉ざされてハンバーガーは蜃気楼の向こうに見えるということになる。
だから焦って支度した。
そして、最後の締めくくりはやはり。
いちばん遠回りをして食べに行くという向き。
そこにリスペクトがある。
e0154650_1955724.jpg
e0154650_19551224.jpg
遠回りをわざわざするわけだから。
キライな道じゃない。
むしろ好き。
グリーンラインのコンプリートはやはり気持ちがよかったし。
ゴルフ場を抜けるルート。
階段だけがあるように見える歩道橋。
そこにリスペクトがある。
e0154650_19551452.jpg
e0154650_19551713.jpg
さて。
途中で何気ない落車もあったけれど。
そういや機材のトラブルもあったし。
まあ、ダイジョウブ。
なんてことない。
そんなぼくらをいつもどおり迎えてくれたハードコアー。
いつの間にやら店の名前が変わってるんだけど。
気にしない。
そこにリスペクトがあるから。
e0154650_19551925.jpg
e0154650_19552517.jpg
そして。
帰り道にぼくは思った。
ほとんどは一番元気があったぼくが先頭を引いたわけなんだけど。
他はクリハラ、オガさんというチームメートが引いてくれた。
5人の列車に3人の盆栽人と2人の仲良しカスタマー。
そういえば、列車の先頭は一日じゅうずっと盆栽人だった。
2人はホストチームとしての役目をしっかりと果たしてくれたよ。
実に誇らしいことだと思う。
後ろに控えてくれた仲良しカスタマーにも感謝をしたい。
しかし、あくまで自分の練習会である、自分達のためのイベントであるというプライドを貫き通した盆栽人会の面々にはリスペクトの言葉を惜しまない。
そこにリスペクトがある。
e0154650_19552252.jpg



☆盆栽人ニュース☆

JCRC唯一のヒルクライムレースである川場ヒルクライム大会に盆栽人会のダブルエースの一角であるヨシムラ氏がAクラスへの昇格をかけて参戦しました。
結果は残念賞ということで昇格ナシ。
一戦必勝って難しいですね〜。
次いってみよう!
e0154650_20183554.jpg













こころにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■TEL 03-3497-8885
■FAX 03-3497-8886
■OPEN ~ CLOSE
08:30〜17:00 Cafe(Weekday) 
10:00〜17:00 Cafe(Saturday & Sunday)
12:00〜21:00 Cycle Works
■Wednesday is every closing
■AD 151-0051 4-11-8 Sendagaya Shibuya Tokyo
[PR]
by bonsai-astn | 2014-05-25 06:30 | TEAM BONSAI活動記録

BONSAI x ENVE カスタマーK氏の場合

BONSAIxENVEを納品させていただきました。

カスタマーK氏のENVEは、SMART SYSTEM 6,7のチューブラー。
ChrisKingのMangoのハブはセラミックベアリング搭載。
デカールのカスタムは今まで選んだ方誰もいなかったパウダーブルーを選択。
スポークはのカラーはブラック。
シンプルなフレームに印象的な足回りをとおっしゃるK氏。
そのとおりの組み合わせになったと思います。
e0154650_151599.jpg
■リム:ENVE SMART SYSTEM 6,7 TU
■ハブ:ChrisKing R45 CERAMIC Mango
■スポーク:SAPIM CX-RAY

□組み方:フロント=ラジアル リア=右クロス 左ラジアル
□デカール:パウダーブルー
□タイヤ:Continental Sprinter
e0154650_1504964.jpg
Mangoのカラーリングは美しいです。
そして、とても印象的です。
ライド中でもダンシングすればチラ見してくるその美しさはChrisKingのハブにしてヨカッタなと思わせてくれることでしょう。
もちろん、性能も申し分なく。
DTの240よりも軽量な重量。
そして質実剛健な造りはメンテナンスが可能で万が一の壊れてしまったときに修理ができるという構造になっています。
つまり、長く持つことができますね。
e0154650_1504238.jpg
さて。
日頃の通勤から毎日この装備のK氏。
さっそくインプレッションをうかがうと。
6,7は確かに重量があるけれど、上りでそれほどのデメリットを感じる事は無いし。
ヤマまでのアプローチに距離がある場合はこちらの巡航性能の高さが気持ち良くてイイ!
なんで、みんな6,7を使わないの?
e0154650_1503776.jpg
すでに3,4をお持ちのK氏ですが。
6,7を主力車輪にしていただけたようです。
そこにリスペクトがある。
e0154650_1504883.jpg










こころにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■TEL 03-3497-8885
■FAX 03-3497-8886
■OPEN ~ CLOSE
08:30〜17:00 Cafe(Weekday) 
10:00〜17:00 Cafe(Saturday & Sunday)
12:00〜21:00 Cycle Works
■Wednesday is every closing
■AD 151-0051 4-11-8 Sendagaya Shibuya Tokyo
[PR]
by bonsai-astn | 2014-05-23 12:00 | BONSAI x ENVE

チュウブラータイヤのパンクどうしよう

自転車に乗っていて。
避けることができないのがタイヤのパンク。
万全の準備とテクニックを駆使しても運まかせの要素が高く。
誰でもパンクするときはパンクしますし。
運良く、いままでパンクしたことないなんていう方もいらっしゃることでしょう。
e0154650_20414487.jpg
クリンチャータイヤの場合はチューブ交換をして空気圧さえじゅうぶんに上げることができれば、元の状態に戻す事ができます。
けれども、チューブラータイヤの場合は基本的には貼り直し。
スペアで用意した修理用のタイヤを仮接着で装着して帰らなければいけません。
仮接着ですから不安です。
そろそろと低速で走って帰らなければいけません。
チューブラータイヤの扱いに慣れている方であればなんてことないのかもしれませんが。
たまに使うとなると大事件に。
そういうわけで、とりあえずタイヤを貼り換えなくとも修理を試みることができるグッズが世の中には存在しています。
e0154650_20372695.jpg
まずはTUFOのシーラント。
2種類あるシーラントのなかでコチラのエクストリームはパンクした場合に注入するタイプ。
パンクして、もしも穴が小さければこのシーラントで塞ぐ事が可能です。
タイヤを貼り換えとなると時間もかかってしまうので、ひとまずシーラントを入れて空気を入れて様子を見てみる価値はあると思います。
じゅうぶんに携帯できるサイズですしね。
e0154650_20374618.jpg
さらに、シーラントとボンベが一体になっているスピード修理が可能なのがコチラ。
HUTCHINSONのFAST'Air。
コチラもタイヤに開いた穴が小さければタイヤの修理が可能になります。
タイヤを貼り換えないで済ませることができるので、これまた便利なアイテムと言えます。
穴のサイズが大きいとシーラントがブクブクに漏れて溢れてしまうので使う事ができません。
その場合はタイヤを貼り換えての修理になります。
e0154650_20373082.jpg
テープ派の方はタイヤを貼り換える際はこのテープを使えばとりあえず安心。
とはいえ仮接着なので本格的な接着力は期待できません。
テープを貼り換える作業ともなると、リムにびっしりテープが残ってしまった場合は大変な作業時間になってしまいますが。
人を待たせていなければやってみてもいいかも。
そんな感じです。
携帯される場合はさらに小さく巻き直して、小さなハサミをサドルバッグに入れておくと良いでしょう。
e0154650_20412755.jpg
空気入れならボンベ?
一気にラクに入れることができますが。
タイヤを貼り換えた仮接着状態のチューブラーの場合は空気の入れ過ぎでタイヤが横を向いてしまうかも。
徐々に空気を入れることができるハンドポンプのほうが良い場合もあったりします。
そして、スペア用のチューブラータイヤはアランデルのサドルバッグのTUBIに決まり。
じゅうぶんな大きさで見た目はシンプル。
タイヤを入れた隙間には上記のいろいろを入れる事が出来ます。
e0154650_203754100.jpg
ほとんどの方が常用のタイヤはクリンチャータイヤであると思いますが。
チューブラーばっかりという方も確実に居るはず。
チュブラータイヤの接着方法にセメントとテープが存在するように。
修理の方法もひとつだけではありません。
自分なりのやり方というのが存在するのも事実。
いろいろやって試す事ができると良いですね。









こころにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■TEL 03-3497-8885
■FAX 03-3497-8886
■OPEN ~ CLOSE
08:30〜17:00 Cafe(Weekday) 
10:00〜17:00 Cafe(Saturday & Sunday)
12:00〜21:00 Cycle Works
■Wednesday is every closing
■AD 151-0051 4-11-8 Sendagaya Shibuya Tokyo
[PR]
by bonsai-astn | 2014-05-19 12:00 | 逸品御紹介

作戦のある男

感心したことに。
さいきんは集まりが良い。
リスペクトがある。
今日は外敵に仲良しチームのCCCからY池氏も来てくださったし。
やはり2−3人ではチーム練習とは言いにくい。
これくらいの面子が出てくると走りにも厚みが出て来て。
いろいろな展開を妄想してしまうんだけど。
今日のライドは実によくある練習会のパターンで。
上りになればヨーイドンのもがき合い。
よくある練習会の場合は頂上でみんなを待って合流するんだろうけれど。
当チームの練習会はそのまま下って平坦も休まず漕ぎ続けるわけだから。
結局、その脚はもたない。
今日もそういうことになっていた。
e0154650_16213825.jpg
e0154650_16212759.jpg
e0154650_16212481.jpg
走りにも計画性を。
レースに出れば余裕の無い状況ばかりかもしれないけれど。
ある程度はこういうことをしたいとか、ああいう走りをしてみたいというようなプランがあったほうがいいと思う。
走り慣れた定番のコースであればそういったこともやりやすいのではないかと思うんだけど。









こころにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■TEL 03-3497-8885
■FAX 03-3497-8886
■OPEN ~ CLOSE
08:30〜17:00 Cafe(Weekday) 
10:00〜17:00 Cafe(Saturday & Sunday)
12:00〜21:00 Cycle Works
■Wednesday is every closing
■AD 151-0051 4-11-8 Sendagaya Shibuya Tokyo
[PR]
by bonsai-astn | 2014-05-19 08:00 | TEAM BONSAI活動記録

BONSAI x ENVE 盆栽チーム員 K氏の場合

BONSAIxENVEを納品させていただきました。

盆栽チーム員K氏のENVEは、SMART SYSTEM3,4のクリンチャー。
ChrisKingのPewterのハブはセラミックベアリング搭載。
デカールのカスタムはMTBロゴを選択。
スポークはのカラーはブラック。
フレームの要素には無い蛍光オレンジのカラーリングをホィールにブチ込むことでスピード感出てると思います。
e0154650_15541747.jpg
■リム:ENVE SMART SYSTEM 3,4 WO
■ハブ:ChrisKing R45 CERAMIC Pewter
■スポーク:SAPIM CX-RAY BLACK

□組み方:フロント=ラジアル リア=左右クロス
□デカール:MTBデカール 肉抜きロゴ蛍光オレンジ
□タイヤ:Continental Force & 4000S25C WO
e0154650_15542027.jpg
e0154650_15542314.jpg
さて。
今回、ホィールを納品させていただいたわけですが。
わたしとの男同士の約束で、JCRCのBクラスに昇格するまではまだ注文しないということでした。
けれども、昨今のモノの値上がり等々がございまして、そうなる前にモノだけは抑えておきましょうということになりまして。
リムを値上がりする前におさえ。
ハブを値上がりする前におさえ。
ついでに、スポークも仕入れて。
そうこうしている間に。
アラ、組めるじゃないですか、ということで組み付けさせていただきまして。
デカールもオマカセで貼り変えて…。
というリズムでのんびりとキモト選手の昇格を待っていたのですがこのリズムがシンクロすることはありませんでした。
e0154650_15542626.jpg
完成したホィールはこのまま作業場に納品できないままぶら下がっているのかなと思っていましたら、今度の伊豆のライドで使いたいとはキモト。
そういうわけで昇格を前に禁断の初乗りということになってしまいました。
伊豆の環境でもウナリを上げて走ったENVE。
もちろんですが、良かったそうです。
でも、せっかくなので温存しておこう、昇格するまでは。
衝動買いはしてないか?
はやく昇格してホィールをモノにしてくれ。
そこにリスペクトがあります。
チーム員ではないお客様はご自由にお求めください。
e0154650_15542974.jpg
e0154650_15543166.jpg











こころにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■TEL 03-3497-8885
■FAX 03-3497-8886
■OPEN ~ CLOSE
08:30〜17:00 Cafe(Weekday) 
10:00〜17:00 Cafe(Saturday & Sunday)
12:00〜21:00 Cycle Works
■Wednesday is every closing
■AD 151-0051 4-11-8 Sendagaya Shibuya Tokyo
[PR]
by bonsai-astn | 2014-05-17 12:00 | BONSAI x ENVE

盆栽新着情報 5・16

世界から珍しいモノがキテます。
とくにキャップとソックスは珍しいモノの留まるところを知りません。
そういうわけで、キャップ。
限定のチネリです。
MONSTER TRACKとのコラボレーションキャップはかなりのクレイジーな雰囲気。
チェーンが脳味噌のシワのようにも見えてしまいます。
e0154650_1625932.jpg
e0154650_1625111.jpg
2014 Fijate Urban Cycling fest in Puerto Ricoキャップは落ち着いたグレーのカラーリングですが、柄とスカイブルーが印象的な一枚。
まさに限定らしいキャップと言えるでしょう。
ツバの裏にはプエルトリコの国旗もデザインされています。
e0154650_16251592.jpg
e0154650_16251761.jpg
e0154650_16252233.jpg
そして、出ました。
いつ、出るのか。
来るのかと思わせて。
イマ、キタ!!
そういうわけでGIRO X Cinelliのグローブです。
すでにMASHなどが別注しているDNDというグローブ。
使い心地の良さには定評があり、そして、このデザイン。
グリップ部分もCinelliマークのプリントで非常に凝った造りになっています。
e0154650_16252521.jpg
e0154650_16252754.jpg
e0154650_16253055.jpg











こころにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■TEL 03-3497-8885
■FAX 03-3497-8886
■OPEN ~ CLOSE
08:30〜17:00 Cafe(Weekday) 
10:00〜17:00 Cafe(Saturday & Sunday)
12:00〜21:00 Cycle Works
■Wednesday is every closing
■AD 151-0051 4-11-8 Sendagaya Shibuya Tokyo
[PR]
by bonsai-astn | 2014-05-16 12:00 | 盆栽新着商品情報