<   2013年 01月 ( 25 )   > この月の画像一覧

KASKヘルメットをはじめました

このたび、イタリアのヘルメットメーカーKASKの取り扱いを開始したことをお知らせします。
今シーズンの最大注目のヘルメットといえばエアロシェルモデル。
TTヘルメットのようなやり過ぎ感はなく(耳がふさがってしまう)。
空気抵抗軽減に確実なメリットがあり。
冬はあたたかいという副産物的な効果も…。
昨年のレースシーンでは、こういったエアロなロードヘルメットを被っている場面を数多く見る事ができました。
ヨーロッパは湿度が低いとはいえ、真夏でも被っている選手も居たほどですから、よっぽどエアロ効果は大きいということなのでしょう。
e0154650_18494455.jpg
そんななか、待ちに待った新商品が盆栽自転車店に到着しました。
TRI VERTIGO。
KASKではハイエンドに位置するVERTIGOのエアロシェルモデルです。
e0154650_18494672.jpg
TRI VERTIGOは前面の通気口が完全にふさがっているわけではないので、気候があたたかくなってきてもアタマが熱くなりすぎないのではないかと思います。
実際に先日被って走ってみたのですが、キャップも何もしないでヘルメットのみの状態ですと、さすがに通気でアタマが寒かった。
完全な冬用というよりは、シーズンを通して使う事ができるエアロヘルメットという位置づけになるでしょう。
e0154650_18494976.jpg
e0154650_1850088.jpg
もちろん、通常のモデルであるVERTIGOも在庫しています。
オールブラックのデザインがシンプル。
Lサイズでも、俗に言うキノコアタマになりにくいのがKASKヘルメットのメリットでもあります。
e0154650_1850316.jpg
e0154650_1850651.jpg
KASKのヘルメットの特徴として、造りがしっかりしているということが挙げられます。
ストラップ部分も皮革製で、肌ざわりも優しい。
ダイアルロック部分も回しやすく使いやすいです。
アタマに被ったときの護られている感じも安心感につながりますね。
そして、あればうれしいヘルメット袋。
しっかりとデザインされているあたりはイタリアンを主張。
コチラも付属してきます。
e0154650_1850815.jpg








こころにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■電話番号 03-3497-8885
■FAX 03-3497-8886
■営業時間 
7時〜16時カフェ営業(平日) 
10時〜16時カフェ営業(土日)
12時〜21時自転車店営業
■定休日 水曜日
[PR]
by bonsai-astn | 2013-01-31 12:00 | 逸品御紹介

アメリカーノJersey

カフェ・アメリカーノ。
エスプレッソを熱いお湯で薄めたスッキリ味が特徴。
アメリカーノ。
別の意味では。
エスプレッソを薄めて飲むアメリカ人を侮蔑する意味もあったという。
e0154650_13423737.jpg
侮蔑という意味では、2ooo年のツール・ド・フランス。
クールシュベルの頂上ゴールを迎える第15ステージ。
アームストロングをひきちぎってステージ優勝を遂げたパンターニのインタビューを忘れる事が出来ない。
パンターニは確かに言った。
アームストロングのことを「アメリカーノ」と。
モン・ヴァントゥーで勝ちを譲られたことを引きずっていたのだ。
偉大なるカンピオーネはもう居ない。
e0154650_13561027.jpg
そして、偉大だった7連覇も。
つい先日に白状されてしまった。
といっても、あの記憶は消えないし。
パンターニは還ってこないのである。
e0154650_13423956.jpg
ヨーロッパの伝統のなか。
近年のロードレースシーンで影響が大になったアメリカ。
強豪選手の存在にとどまらず。
バイクブランドの台頭であったり、フィッティングやトレーニングの考え方まで。
アームストロングの一件もあったけれど。
アメリカーノ?
もしかして、薄まってしまったのか?
しかし、まだまだ影響は多大なるものがある。
そこにリスペクトがある。
そして、今シーズンはアメリカでシクロクロスの世界選手権が開催される。
e0154650_13424622.jpg
盆栽自転車店オリジナル。
ASTRONAUTICSがおくる新春の限定モデルはアメリカがテーマ。
アメリカにたいする紆余曲折のリスペクト。
そういったいろいろのリスペクトを込めてアメリカーノJerseyを製作させていただきました。
e0154650_13424281.jpg
e0154650_13425074.jpg
e0154650_13425446.jpg
e0154650_13425735.jpg
モノトーンのジャージ。
小物はカラフルに原色系と合わせることをオススメします。
e0154650_1343047.jpg
e0154650_1343318.jpg
e0154650_1343640.jpg
e0154650_1343990.jpg
襟裏にスター&ストライプの柄と本来のカラーリングがチラリ。
現在、薄手の長袖が入荷して在庫しています。
これから製作する半袖は2月10日までご予約を承ってます。
この機会に通常は在庫をしていない特注サイズ(レディースなど)もオーダー可能です。
通信販売も可能ですのでお問い合わせくださいませ。
限定モデルですので製作は2月10日までの1回限りとさせていただきます。
ご予約お待ちしております。

長袖 - 18,8oo円
半袖 - 15,ooo円
e0154650_13431362.jpg
e0154650_13431713.jpg









こころにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■電話番号 03-3497-8885
■FAX 03-3497-8886
■営業時間 
7時〜16時カフェ営業(平日) 
10時〜16時カフェ営業(土日)
12時〜21時自転車店営業
■定休日 水曜日
[PR]
by bonsai-astn | 2013-01-29 12:00 | 盆栽オリジナル商品

盆栽新着情報 1・28

続々と春モノが入荷している盆栽自転車店。
今シーズンもPSYCHO BUNNYのソックスが入荷してきました。
自転車でも使えるスポーツソックス。
履きゴコチの良さから数足持ちのリスペクトをされる方も少なくありません。
取り扱いのお店も非常にすくない現在、お土産にもプレゼントにも喜ばれる逸品でございます。
e0154650_19345411.jpg
e0154650_19344431.jpg
e0154650_19345448.jpg
トリコロールはアメリカンな雰囲気。
e0154650_19345595.jpg
e0154650_19345673.jpg
グリーン&ブルーは珍しい組み合わせ。
あなたのコーディネート力で、ぜひ履きこなしてください。
e0154650_19345672.jpg
すべて、一足1,58o円。
メンズフリーサイズです。







こころにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■電話番号 03-3497-8885
■FAX 03-3497-8886
■営業時間 
7時〜16時カフェ営業(平日) 
10時〜16時カフェ営業(土日)
12時〜21時自転車店営業
■定休日 水曜日

※28日の月曜日はカフェも12時オープンとさせていただきますので、ご注意ください
[PR]
by bonsai-astn | 2013-01-28 12:00 | 盆栽新着商品情報

お楽しむ男

本日は「盆栽お楽しみライド」に付。
チーム円満のために、こうしたファンライドを企画してみました。
今回はグルメライド。
湘南の漁師料理の〝あさまる〟さんまで癒しの走り。
本日はカスタマーK氏にもゲスト参加していただきました。
e0154650_17442081.jpg
しかし、油断は禁物。
開店後8分過ぎに着いただけで、行列の餌食に。
ま、仕方ありません。
ところで、久々に行ったあさまるさん。
サイクリストのため?に自転車スタンドを設置してくださっています。
ママチャリでお越しのマダムたちも多いですからね。
スタンドはありがたいです。
リスペクトがあります。
e0154650_1744975.jpg
ボリュームいっぱいの定食は、走ったカラダにもお腹いっぱい。
お腹いっぱいですが、食べたら直ぐに走りましょう。
そんな盆栽チームにカルチャーショックを隠せないカスタマーK氏。
いろいろ新鮮な部分があったそうで、いろいろ喜んでいただきました。
ありがたいですね。
この平凡なる非凡が定着しているのも盆栽人のみなさんの協力のおかげです。
e0154650_17441858.jpg
e0154650_1744199.jpg
e0154650_17442018.jpg
さて。
そんなリスペクトと本心は常にウラハラ。
ハラハラのドキドキ。
坂があれば、いつも胸突き八丁。
つまりドキドキでございます。
今日の盆栽人会のバイクバランスとしては、TIME2台に、IFが2台という互角の勝負を展開します。
まさに盆栽自転車店販売フレームの2強。
店舗型クラブチームの正しいカタチを形成しております。
帰りは行きの消極が嘘のように積極性を取り戻した盆栽人のみなさん。
中原街道のアップダウンにはもがき苦しみ、246にシフトチェンジしても、その苦しみは止まない。
カーボンvs金属の覇権争いは最後まで続きますが、ステンレスの錆びない男が最後のひと刺し。
重量ありますが、走りはカーボンにも負けませんね。
それを証明できたお楽しみライドでした。
次回のハンバーガーに続く。
e0154650_17441928.jpg








こころにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■電話番号 03-3497-8885
■FAX 03-3497-8886
■営業時間 
7時〜16時カフェ営業(平日) 
10時〜16時カフェ営業(土日)
12時〜21時自転車店営業
■定休日 水曜日

※28日の月曜日はカフェも12時オープンとさせていただきますので、ご注意ください
[PR]
by bonsai-astn | 2013-01-27 09:00 | TEAM BONSAI 活動記録

もしも…Independent Fabricationに乗るなら、盆栽屋の場合

もしも…。
IF。
Independent Fabrication。
自分の自転車にするのであるならば。
さて。
どうしようか。
盆栽屋が選んだのはステンレス。
デザインの希望は妥協ナシで。
ジオメトリーに関しては完全にオマカセ。
そこにリスペクトがある。
e0154650_13104076.jpg
オーダーさせていただいたのは。
盆栽自転車店が開店して間もない2011年10月12日。
Independent Fabricationの取り扱いを開始させていただくということで。
まずは自分の自転車をオーダーさせていただこうと八ヶ岳バイシクルスタジオに向かいました。
取り扱いに際してのお勉強です。
そして、矢野さんに直接オーダーさせていただこうと思ったのです。

2011年10月12日の記事 ☞ IF もしもわたしが〜するなら
e0154650_2329636.jpg
オーダーさせていただくバイクの方向性。
ズバリ。
エレガントライド用。
三浦半島などの海沿いの平坦を巡航している感じがイメージ。
高速ツーリング用という希望を出させていただきました。
レース用のクイックな雰囲気よりは。
どっしりとした味わい深い乗り味をリクエスト。
細かい数値は、わたしの希望に沿ってIFがデザインしてくれるのです。
e0154650_17581774.jpg
肝心の塗装。
コチラはけっこう細かく指示を出させていただきました。
IFの豊富なカラーヴァリエーションからわたしが選んだのは「Baby Blue Pearl」。
基本色を選べば、あとはIFの王冠ロゴの色を選んでデザインは終了ということになりますが。
カスタムオーダーのフレームですので、エクストラチャージを支払えばデザインをいろいろ変える事ができます。
e0154650_1310456.jpg
わたしの場合。
ダウンチューブのデカールはステンレスの生地を透けさせてもらい、ひとつのボックスだけHot Pinkに(¥6o,ooo)。
バックステーは塗装しないで生地のままの3/4塗装に(¥25,ooo)。
フロントフォークはフレームと同じカラーリングに塗装してもらう(¥18,ooo)。
というわけで塗装だけで、¥1oo,ooo以上のチャージになりました。
ダウンチューブのデザインは、かつて前例がなかったらしく要相談ということだったのですが、しっかりとデザインとおりにやってくれました。
ちなみにシートチューブの王冠ロゴは、八ヶ岳に来るまで考えてなかったので勢いでオマカセにしたら、ダウンチューブと同じ透かしの王冠マークにしてれました。
e0154650_13104291.jpg
八ヶ岳バイシクルスタジオでオーダーの一日を過ごし。
ほぼ2か月後にフレームジオメトリーのデザインと塗装の見積もりが上がってきました。
そこでサインオフして、アメリカにて製作が始まります。
これから製作に基本で8週間。
この納期はいろいろな事情によって前後しますが、わたしの場合は2か月ちょうどでやってきました。
オーダーからほぼ4か月。
届く前に、IFのつぶやきでチラ見してしまっていたのですが。
ドキドキの対面です。
届いたフレームは綺麗すぎて。
乗るのが勿体無いと思えるほど。
そのせいで自分のモノであるという現実感が、やや薄かったという印象すらありました。
納品の日にもブログを更新しています。

2012年2月16日の記事 ☞ Independent Day
e0154650_0224141.jpg
フレームが来たら、組み付け。
単純明快な流れでありますが。
今回の場合はここが長かった。
まずはメインコンポに選んだSRAMが日本の代理店を失効しており入手困難な状況。
さらにROTORやENVEなどの品薄パーツの影響でパーツが結集するタイミングはいつになるのやら。
とはいえ、乗る自転車が無くて早急に組まなければいけない状況でもないうえに、このSSRは展示のフレームとして非常に適任だったのでパーツの入荷をノンビリ待つことにしました。
おかげで、置きモノ化していたハンドルを使う決心が固まりましたし。
クランクをROTORに変更できましたし。
組み方に関しても新しいアイデアを練る時間がじゅうぶんあったので結果的には、この待つという時間も悪くなかったのではないかと思います。
新発売のバーテープを使うことができましたしね。
それにしても、フレームが来た日からパーツが揃って組むまでに。
実に11か月を要してしまったのですが。
e0154650_13104216.jpg
e0154650_13104164.jpg
■フレーム
Independent Fabrication SSR

■スペック
レバー:SRAM Red
Fメカ:SRAM Red
Rメカ:SRAM Red
ブレーキ:SRAM Red
スプロケット:SRAM Red 11-26
チェーン:SRAM 1091R

クランク:ROTOR 3D PLUS
BB:ROTOR BSA30

ヘッド:Chris King Stainless
ハンドル:Cinelli RAM2 Mike Giant
バーテープ:Fizik
シートピラー:ENVE
サドル:Fizi;k Aliante Kium
ペダル:Speedplay Zero Stainress

ホイール
リム:ENVE SMART SYSTEM 6,7 Clincher
ハブ:Chris King R45
スポーク:SAPIM CX-RAY
タイヤ:Michelin PRO4 Service Course
クイックリリース:Dixna Carbon Ti

ボトルケージ:King Cage IRIS

■重量 7,75kg
e0154650_141919.jpg
アメリカンフレームにはパーツもアメリカン。
意図しなかったものの、結果的にそうなりました。
ハンドルステムはイタリアのCinelliですが、コラボしているアーティストはアメリカンです。
フレーム、ヘッドパーツ、ハンドルセットは現在のハイエンドパーツにくらべて重量級でしたが、他のパーツがほとんど超軽量で構成されたため7kg台を実現。
ホィールをFulcrumのRacing Light WOの状態にすると全体重量は7,5kgまで落ちました。
エレガントライド用なので美観のため、メーターセンサーは付けません。
e0154650_17581779.jpg
さて、どんなに塗装が美しいフレームでも走らなければ自転車フレームとは言えません。
果たして。
Independent Fabricationの性能はどれほどのものか?
それは八ヶ岳バイシクルスタジオの矢野氏の走り、あとは盆栽チーム員でIFオーナーあるヤマノハ氏やカイコ氏を見ていて性能への心配はしていなかったのですが。
それでもフレームセットの重さ(約2kg)に大丈夫かなと思ってもいたのも正直なところです。
しかし、最初のひと乗りでそんな不安はすぐになくなります。
まずは、バイクコントロールがとても素直で乗りやすい。
あとはハンドルから手を離したときもバイクの安定感がすばらしいです。
このへんはオーダーとおり。
エレガントライド用という希望通りのジオメトリーが出ているということでしょう。
e0154650_1447952.jpg
このフレームは打てば響く非常に高いレーシング性能も魅せてくれるフレームでした。
ステンレスのフレームをはじめて所有し、はじめて乗ることになったわけですが。
アルミやチタンよりも乗り心地が良くて路面のショックの拾い加減は、乗り心地に優れるカーボンフレームのよう。
そして、踏み込んだときのしなりはスチールのフレームより硬質ですが、たしかなしなやかさがあってペダリングを、グンと推進力に変換してくれます。
伸びのあるストレート。
ホィールの素性とも相まって巡航時は最高の乗り味を発揮してくれるのです。
e0154650_13104363.jpg
オーナーの数、自転車の数だけある自転車誕生のストーリー。
フルオーダーのカスタムバイクの場合はそれが自然と濃いものになると思います。
市場ではカーボンフレームが席巻しており、金属フレームはオールドスクールな過去のモノであるという見方がもしかするとあるのかもしれません。
ヴィンテージバイクの世界のように懐古的な金属フレームの楽しみ方も一興ではありますが。
Independent Fabricationをはじめ多くのビルダー系フレームは金属フレームがメインですが、そういったヴィンテージバイクとは趣味を異とすることも可能です。
実際、わたしがオーダーしたステンレスは自転車フレーム用の素材としてはカーボンよりも新しい新素材になります。
盆栽屋のSSRのように近代的な最新パーツのセットで組み上げてもなんら違和感を感じさせません。
走りでも安定感に溢れる乗り味は軽量すぎるカーボンバイクが失ってしまった価値を持っていると言えるでしょう。
e0154650_141498.jpg
既存のバイク、吊るしのフレームでは自分の欲しいモノが無い。
それはデザインだったり、サイズであったり、乗り味や雰囲気であったり…etc。
そう思ったらフルオーダーのカスタムバイクの出番です。
紛れもなく世界で1台の自分専用という自転車を手に入れることができます。
フルオーダーバイク。
リスペクトありますよ。
盆栽自転車店ではIndependent Fabricationをオーダーすることができます。







こころにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■電話番号 03-3497-8885
■FAX 03-3497-8886
■営業時間 
7時〜16時カフェ営業(平日) 
10時〜16時カフェ営業(土日)
12時〜21時自転車店営業
■定休日 水曜日
[PR]
by bonsai-astn | 2013-01-26 12:00 | Indyfab

辛口な男

今日も好転に恵まれた癒しラン。
目指すパン屋さんは駒場東大前のルルソールさん。
直線距離だと近過ぎますので遠回りに苦労しましたが、なんとなくの走りでぐるぐるしながら1時間程度のサイクリングで到着。
e0154650_16105533.jpg
e0154650_1611144.jpg
e0154650_1611437.jpg
e0154650_1611717.jpg
時速21,5km/hで巡航。
これぞ癒しの走り。
まさに癒しラン!
と、思ったのですが参加者の方にうかがうと今日のコースは辛口だったとか。
とういうわけで、来週はド平坦を目指します。

本日の癒しポイント 56








こころにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■電話番号 03-3497-8885
■FAX 03-3497-8886
■営業時間 
7時〜16時カフェ営業(平日) 
10時〜16時カフェ営業(土日)
12時〜21時自転車店営業
■定休日 水曜日
[PR]
by bonsai-astn | 2013-01-26 09:30 | 盆栽イベント情報

盆栽ファッションチェック 1月25日

本日のデータ

今日は荒川を走行。
サイクリングロードに入る前から南西の風が強く、暖か。
定番のWIND JACKETを着ていると汗ばむので、すぐに脱いでフリース巡航モードへ。
メーターの温度計で最高12℃。
この装備だと暑いくらいでした。
e0154650_13351482.jpg


ヘルメット:GIRO AEON BONSAIカスタム 
キャップ:Chinelli
サングラス:OAKLEY RADAR XL

ネックウォーマー:PSYCHO BUNNY

アウター:ASTN MADison2 フリースジャケット 
インナー1:Campagnolo 夏用インナー
インナー2:Campagnolo 冬用インナー
グローブ:Defeet ウールグローブ 
携行品:Rapha Wind Jacket(背中のポケット) ☞ コチラで買ってね

レーサーパンツ:ASSOS冬用レーサーパンツ ☞ 全国のアソス取り扱い店でお求めください
レッグカバー:Defeet レッグカバー

ソックス:Defeet WBソックス
シューズ:GIRO TRANS
シューズカバー:Defeet シューズカバー

※ ☞の無いモノは全て盆栽自転車店にてお買い求めいただけるモノ、またはお買い求めいただけたモノになります。







こころにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■電話番号 03-3497-8885
■FAX 03-3497-8886
■営業時間 
7時〜16時カフェ営業(平日) 
10時〜16時カフェ営業(土日)
12時〜21時自転車店営業
■定休日 水曜日
[PR]
by bonsai-astn | 2013-01-25 13:00 | 盆栽ファッションチェック

カンパニョーロのアンダーウェアともお別れのとき 〜再び〜

先日。
一方的に連絡せさせていただきましたカンパニョーロのアンダーウェアー終了のお知らせ
メッシュインナーの半袖とノースリーブが最後の入荷のタイミングとなりました。
実は、あのときから代理店に残った最終的な在庫は10着もなかったのですね。
早いものです。
まさに早い者勝ちという状況になっています。
e0154650_14581876.jpg
そして。
わたしは電話しました。
暗号で会話。
「ヤマ」
「カワ」
代理店内の内通者に連絡して倉庫に眠っていたホントにホントの最終在庫を発掘してもらいました。
リスペクトがあります。
コチラは1着づつしかありませんが、色は黒があったり、メッシュではないアンダーだったり、いろいろございます。
e0154650_1523820.jpg
e0154650_14582319.jpg
e0154650_14582085.jpg
カンパニョーロといえば定価8,ooo円はくだらない超高級なアンダウェアーもあったわけですが。
そこは最終特価で値下がりしています。
春や夏が来る前にこの季節もののセール。
季節の逆転感、もしかすると超先取り感は否めませんが。
なくなってしまうんだもの。
仕方ありません。
お求めはお早めにどうぞ。







こころにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■電話番号 03-3497-8885
■FAX 03-3497-8886
■営業時間 
7時〜16時カフェ営業(平日) 
10時〜16時カフェ営業(土日)
12時〜21時自転車店営業
■定休日 水曜日
[PR]
by bonsai-astn | 2013-01-25 12:00 | 盆栽新着商品情報

盆栽新着情報 1・24

もうすぐ2月。
寒さも深まる季節ですが。
ファッションサイクリストが集う盆栽自転車店では早くも春夏のアパレルを展開しています。
そんななか。
Cinelliの新作サイクルキャップが入荷してきました。
カレイドキャップはさいきんのCinelliが多用しているグラフィックに見られる3Dのカラーリング。
e0154650_18564761.jpg
定番のBicycle Film Festivalのキャップは開催都市がMILANOということで、イタリアンなブルーがシンプル。
これはオススメです。
e0154650_18565049.jpg
そして、極めつけはRHCキャップ。
蛍光グリーンにデカデカとCinelliのロゴ。
さらには要所にイタリア国旗と要素が満載です。
e0154650_18565474.jpg
後ろだけ真っ赤な切り替え。
さらにツバの裏はブルーのドットが。。。
これだけ要素が満載ですがまとまっているデザイン。
リスペクトがあります。
e0154650_18565770.jpg
e0154650_1857052.jpg
今なら、RouleurのTシャツあります。
コッピとアンクティル。
どちらも自転車界の英雄です。
Sサイズのみ。
日本感覚のSサイズと同じくらいです。
4,8oo円。
e0154650_1857380.jpg
そして、盆栽チームメンバーPedal Strikeカイコ氏のNY土産。
NYのショップ、NYC VELOのTシャツです。
こちらもグレーのボディー。
アメリカでIndependent Fabricationを最も多く納車した経歴があるそうで、IFとも仲良し。
というわけで王冠と自社のロゴを合わせたデザインなんです。
コチラはMサイズのみ。
アメリカンサイズなのでやや大きめです。
3,ooo円。
e0154650_185756.jpg








こころにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■電話番号 03-3497-8885
■FAX 03-3497-8886
■営業時間 
7時〜16時カフェ営業(平日) 
10時〜16時カフェ営業(土日)
12時〜21時自転車店営業
■定休日 水曜日
[PR]
by bonsai-astn | 2013-01-24 12:00 | 盆栽新着商品情報

盆栽新着情報 1・22

出た。
9000が出れば。
BERNERも9000。
というわけで1個だけ入荷しました。
デュラエース9000用のプーリーケージ。
高性能化へこだわる方へ。
オススメです。
42,ooo円。
e0154650_1465251.jpg
SPEEDPLAYのグリーン。
限定のカラーリングですが、さいきんでも入荷してきたとか。
すかさず盆栽自転車店にも入荷してます。
ステンレスシャフト仕様。
クリートもグリーンのまさに限定。
スペヒャル仕様でございます。
e0154650_1465552.jpg
ハッチンソンのチューブが入荷しています。
なんだ?
妙に箱が長いな、と思ったら。
それもそのはず。
e0154650_1465897.jpg
なんとバルブ長が80mmの超ロングバルブ。
びよーん。
これで60mmを越えるハイトのリムでもバルブエクステンダーをかますことなく御使用いただけます。
e0154650_147294.jpg
ROTOR人気です。
ヤマのようにあった楕円のチェーンリングも品薄感が出てきました。
そんななか。
基本の3Dクランクセットが入荷しています。
クランク長170mmのPCD110のコンパクトサイズ。
シャープな外観と剛性感の高さが魅力のクランクです。
もちろん、楕円のリングともデザイン的にベストマッチです。
e0154650_147627.jpg
そして、レッドの限定クランク。
コチラは、クランク長170mm、PCD130のノーマル。
長いあいだ盆栽自転車店のショーケースのなかで輝いていた赤い彗星。
旅に出させるために特価販売させていただきます。
お値段はお問い合わせください。
e0154650_147929.jpg










こころにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■電話番号 03-3497-8885
■FAX 03-3497-8886
■営業時間 
7時〜16時カフェ営業(平日) 
10時〜16時カフェ営業(土日)
12時〜21時自転車店営業
■定休日 水曜日
[PR]
by bonsai-astn | 2013-01-22 12:00 | 盆栽新着商品情報