カテゴリ:逸品御紹介( 63 )

逸品御紹介 GIRO EMPIRE シリーズ

盆栽自転車店の店頭。
Empireのシューズがサイズ揃っています。
現在在庫が豊富にあります。
e0154650_16185521.jpg
リフレクターコーティングのシューズで世界に衝撃を与えたEmpire ACC。
リフレクター感を必要としない昼間での使用でも、マットグレーで非常に雰囲気のあるシューズです。
e0154650_1619042.jpg
超軽量でしなやかなアッパーが特徴のEmpire SLX。
レース用にはもちろん、軽くてしなやかなシューズはどんなシーンでも快適なシューズになると思います。
このたび大幅な値下げがあったので非常にお求めやすくなりました。
e0154650_16185718.jpg
そして、これからのクロスシーズンに最適なEmpire VR90。
MTBペダル専用品になります。
e0154650_1619221.jpg
e0154650_16251371.jpg
先日のニセコのレースでもEmpireシューズの良さを実感しました。
とにかく軽いのが実感のひとつではありますが。
さらに抜群の剛性感としなやかさにより快適性も高いと思います。
それは日々のライドでもかならず実感できる事でしょう。
e0154650_1625580.jpg
デビュー当時はキワモノ感のあったクツヒモシューズですが。
今となっては完全に自転車シーンに定着しています。
追従するメーカーも多数出てきました。
けれども、このGIROのEmpireの魅力は色あせる事がありません。
数多くのカラーバリエーションや、限定モデルなどでサイクリストのハートを賑わせてくれるシューズ。
いまだかつてありました?こんなホットなシューズ。
今は在庫豊富ですが、無くなるタイミングのほうが時期的に多いです。
欲しいカラーはお早めにキープがオススメです。
e0154650_16255793.jpg
盆栽自転車店ではシューズの交換用のカカトも在庫しています。
各サイズ大きさが違いますので合ったモノをお選びくださいませ。
e0154650_16264884.jpg













こころにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■TEL 03-3497-8885
■FAX 03-3497-8886
■OPEN ~ CLOSE
08:30〜17:00 Cafe(Weekday) 
10:00〜17:00 Cafe(Saturday & Sunday)
13:00〜21:00 Cycle Works
■Wednesday is every closing
■AD 151-0051 4-11-8 Sendagaya Shibuya Tokyo
■WebShop http://bonsaicycleworks.com/


.
[PR]
by bonsai-astn | 2016-07-16 12:00 | 逸品御紹介

逸品御紹介 ASSOS Neo Pro レーサーパンツ

どーん。
e0154650_200640.jpg
アソスのレーサーパンツ。
進化したS7グレードはすでにお使いの方もいらっしゃると思います。
盆栽自転車店にて販売させていただいたカスタマーのみなさんからも好評の声をよくいただいてます。
今回はエントリーモデルであるNeo Proの御紹介。
エントリーモデルとはいってもじゅうぶん過ぎるくらいの出来の良さ。
しかもシンプルな見た目で個人的にはコレをいちばん愛用しています。
e0154650_200923.jpg
やはり、オールブラックのスタイルです。
余計なグラフィックはいっさい介入を許さない。
背中のデザインはちょっとハデですが、ジャージを着てしまえば隠れるというもの。
自慢のパッドも新設計。
オシリに馴染むこの感じは不思議な感じもしますが実に自然な履きゴコチになります。
e0154650_2001589.jpg

e0154650_20020100.jpg
裾バンドもお肌にやさしいストップ具合で調子良いです。
e0154650_2001716.jpg

e0154650_2002333.jpg
当店のオリジナルジャージに合わせるには最高のデザインと品質になっています。
オススメですよ〜。
e0154650_20473748.jpg
コチラはWeb Shopでも販売しています。

☞ http://bonsaicycleworks.com/











こころにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■TEL 03-3497-8885
■FAX 03-3497-8886
■OPEN ~ CLOSE
08:30〜17:00 Cafe(Weekday) 
10:00〜17:00 Cafe(Saturday & Sunday)
13:00〜21:00 Cycle Works
■Wednesday is every closing
■AD 151-0051 4-11-8 Sendagaya Shibuya Tokyo
■WebShop http://bonsaicycleworks.com/


.
[PR]
by bonsai-astn | 2016-06-14 12:00 | 逸品御紹介

逸品御紹介 SRAM eTAP

SRAMのeTAP。
いよいよ予約開始のお知らせです。
電波法や代理店の変更など紆余曲折あったなか。
先日の水曜日に催されたインターマックスさんのeTAP説明会を経て。
7月から順次デリバリーになります。
e0154650_16354999.jpg





e0154650_16564496.jpg
さて、あらためてこのeTAPのメリットをご紹介すると。
なんといっても〝無線式の電動変速システム〟なので。
シフトケーブルはおろか、Di2やEPSのような電気配線も存在しませんし、ジャンクションユニットみたいなものもありません。
なので見た目にもスッキリ組み上がりますし、電動専用のフレームでなければ組み付けができないというような制約もありません。
e0154650_1636093.jpg
別売りの〝Blip〟というシフトスイッチを追加すれば片側2個までのマルチなシフトポジションが構築可能です。
変速方法はDi2やEPSとは違い、電動コンポーネントならではの方式を採ります。
左右のシフトレバーを片側押すとリアの変速、左右のシフトレバーを同時押しでフロントの変速になるのです。
はじめて聞いたときは「ナンじゃそりゃ?」と思ったものですが、スポーツカーのパドル操作と思えば自然に受け入れられるというわけです。
e0154650_16354675.jpg
さて。
SRAM eTAPは新しいムーヴメントを起こすことになるでしょう。
それはスーパークリーンなフレーム。
シフトアジャスターや電線の穴も無い、ブレーキラインしか存在しない自転車。
つまり、eTAP専用のフレームということになるわけですが。
Independent Fabricationのようなカスタムフレームであればそういうことが可能です。
SRAM eTAPはフレームの形まで変えてしまうという存在なのです。
そこにリスペクトがある。
e0154650_1636350.jpg
e0154650_16355618.jpg
盆栽自転車店ではeTAPのご予約受け付け中です。
よろしくお願いいたします。









こころにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■OPEN ~ CLOSE
08:30〜17:00 Cafe(Weekday) 
10:00〜17:00 Cafe(Saturday & Sunday)
13:00〜21:00 Cycle Works
■Wednesday is every closing
■AD 151-0051 4-11-8 Sendagaya Shibuya Tokyo
■WebShop http://bonsaicycleworks.com/


.
[PR]
by bonsai-astn | 2016-05-27 12:00 | 逸品御紹介

逸品御紹介 MICHELIN POWERシリーズ

ミシュランのクリンチャータイヤを久々に仕入れました。
まずはテストで前後分だけ個人的に購入したのです。
久々に手にするミシュランのタイヤ。
この2転3転していたパッケージも。
もしかすると、タイヤの作りと微妙にリンクしているのか。
この縦長の箱デザインに落ち着いています。
e0154650_17365522.jpg
ミシュランと言えばクリンチャータイヤのリーディングカンパニー。
AXIAL PROから、PRO2、PRO3まで。
愛用していた時期もありました。
そのなかで自分の決戦用のタイヤがチューブラーになったり、ほかにもイイタイヤが出てきたりして、PRO4の頃には使わなくなっていました。
店頭でもささやかに在庫していたのですがカスタマーからの反応はまったくと言っていいほどありませんでしたね。
そこでPOWERの投入。
フランス本国でジャーナリストを呼んでの発表会をするのですから、ミシュランの肝いりタイヤということでしょうか。
そんななかで、さいきんは自分の走り方もいろいろと変わってきて。
なかなかパンクも多かったのでタイヤを変えてみるのもいいなぁという自分の隙間にはいってきたこのPOWER。
まずは百聞は一見にしかずというわけです。
e0154650_17365967.jpg
選んだのは一番軽量モデルであるCOMPETITION。
かつては最軽量モデルというと軽いだけという印象が拭えないタイヤが大多数だったわけですが、さいきんではパナレーサーのTypeLのように軽量だけど程よく丈夫で使えるタイヤも出てきました。
そして、このPOWER COMPETITIONは乗ってみてどうかというと、軽い!
なにが軽いって、走行感が軽いのです。
スィーっと進むというか流れるような快走感を味わう事ができるはず。
もちろん、だからといってコーナリングに臆するようなグリップ感ではありません。
e0154650_1737292.jpg
先日の熊本は小国でのライドにも使用しました。
前日が雨の日だったので濡れた路面が多数ありましたが滑ることはありませんでした。
上り下りも快適に。
なによりしなやかなタイヤは疲労感も抑えてくれると思います。
普段のライドでもグラベルにはいってもいまのところ平気です。
キズすら入っていません。
COMPETITIONでもすでにけっこう丈夫なタイヤなのかもしれません。
耐久性の面で心配なひとはENDURANCEを使うと良いでしょう。
e0154650_1737584.jpg
のんびりライド中にヒマを見つけてチームメートにも乗ってもらいました。
ホィールごとの交換なので、微妙なジャッジになるのですが、クリハラもヤマノハも乗り心地が良いと言ってくれました。
この違いはちょっとの走行でもわかるということでしょうか。
このタイヤは新しいディスクロードに向けて開発されたモデルですが、ディスクロード専用にしておくのはもったいないと思います。
それくらい個人的には気に入りました。
さっそく交換されたカスタマーの方からも高評価を得ています。
今までのクリンチャータイヤのなかでは目立つくらいに値が張るタイヤになっていますが、この性能がこのタイヤにしかないということであれば使わないテはありません。
そこにリスペクトがあります。
盆栽自転車店ではCOMPETITIONとENDURANCEのブラック、700x25Cを在庫しています。
e0154650_1737954.jpg
タイヤミシュラン採点 5☆満点

転がりの軽さ ☆☆☆☆☆

グリップ感 ☆☆☆☆

耐久性 ☆☆☆☆

取り付けやすさ ☆☆☆









こころにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■OPEN ~ CLOSE
08:30〜17:00 Cafe(Weekday) 
10:00〜17:00 Cafe(Saturday & Sunday)
13:00〜21:00 Cycle Works
■Wednesday is every closing
■AD 151-0051 4-11-8 Sendagaya Shibuya Tokyo
■WebShop http://bonsaicycleworks.com/


.
[PR]
by bonsai-astn | 2016-05-17 12:00 | 逸品御紹介

逸品御紹介 Silca Impero Ultimate Frame Pomp

Silcaのフレームポンプ。
Impero Ultimate Frame Pompが入荷しました。
携帯の空気入れに新しい選択肢。
それはムカシ懐かしのアイデアなのですが。
温故知新とはよく言われたものでして。
このフレームポンプはまさにそういう存在であると思います。
e0154650_232322100.jpg
現代でフレームポンプを装着していたりすると、レースというよりはツーリング的な印象を持たれてしまうかもしれません。
けれど、こういったフレームポンプはかつてロードレースの黎明期にサポートが許されない時代では自転車に装備しなければならない必需品でした。
トラブルや、空気を足したりするのに重宝したと思います。
e0154650_0502551.jpg
そんな悠久のときを越えて復活したこのSilcaのフレームポンプは現代的なスチールフレームに似合います。
まさにネオクラシック。
かつてのロードレースが命がけの冒険旅行だった時代を彷彿とさせるスタイルが甦るのです。
誰しもロードレーサーは玄関を出ればすぐに冒険旅行。
その際にこのポンプはきっと役に立ってくれることでしょう。
e0154650_0502897.jpg
この新しいSilcaのポンプが復活するまでフレームポンプというジャンルは完全に消えていたわけではありませんでしたが。
所謂、「イイモノ」が存在していなかったのは事実。
そこで登場したこのImpero Ultimate Frame Pompは揺るぎない「イイモノ」。
ヘビーデューティーな造りからもご判断いただけるとおり。
まさに逸品と言えるのです。
そこにリスペクトがある。
e0154650_1336815.jpg
e0154650_14324685.jpg
e0154650_23232776.jpg
サイズは5サイズあります。
入荷しているのはM、L、XLサイズです。
e0154650_23232514.jpg
e0154650_23234832.jpg
長いストロークなので空気をポンピングするのがラクなのはもちろんのこと。
1回の空気量が多いのでポンピングする回数も少なく済むのです。
ライドメンバーがこんなポンプを持っていたら借りたくなるくらい。
自分が持っていたら貸したくなるくらい。
e0154650_23234059.jpg
本体にバネが利いているので、それが突っ張ることでフレームに固定可能です。
そのままでも大丈夫。
ですが、万が一の脱落防止のためにストラップを付けるのをオススメします。
このポンプにはストラップは付属してきません、、、。
なんか良いヤツ探しておきますが。
e0154650_23234438.jpg





酔狂な方には。
カスタムというのはいかがでしょうか?
至極のフレームにカラーを合わせたフレームポンプ。
さすが、SPEEDVAGENはやってますね、カスタム。
酔狂な方にオススメですよ。
盆栽屋も塗装の道に出そうかと思っています。
酔狂最前線。
e0154650_14324577.jpg
e0154650_23235867.jpg
e0154650_23235243.jpg
e0154650_23235463.jpg









こころにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■OPEN ~ CLOSE
08:30〜17:00 Cafe(Weekday) 
10:00〜17:00 Cafe(Saturday & Sunday)
13:00〜21:00 Cycle Works
■Wednesday is every closing
■AD 151-0051 4-11-8 Sendagaya Shibuya Tokyo
■WebShop http://bonsaicycleworks.com/
[PR]
by bonsai-astn | 2016-02-23 12:00 | 逸品御紹介

冬にこの逸品

秋です。
秋雨の影響で。
雨が降るたびに気温に変化があります。
日によっては寒くなるいっぽうという具合ではない場合もありますが。
確実に冬に近づいているのは間違いナシ。
そういうわけで早めの冬支度がオススメです。
e0154650_1472826.jpg
盆栽自転車店のオリジナルアイテムにも冬のライドでまさに活躍をしてくれるアイテム揃っています。
ウェアーはフリースジャケット。
防風生地ではないのでしなやか。
やわらかな着心地が特徴です。
ウィンドブレーカー的なウェアーとの併用で最強になります。
今ならMADison5と、MADison4でフリースジャケットの在庫がございます。
e0154650_1472642.jpg
風が冷たくなったときはコレ。
いわゆるネックウォーマーです。
首を暖かくしていればカラダじゅうがポッカポカ。
e0154650_14503612.jpg
今シーズンは盆栽自転車店のオリジナルで製作しました。
シンプルな無地のメリノウール100%。
洗濯可能な生地なのでスポーツ使用として最適ですね。
メリノウールの保温性能と即乾、吸湿性能があいまって冬のライドでは手放せない、首放せないアイテムと言えます。
スリムな外観はスマートサイクリストの必需品。
この薄さでしっかり暖かい。
e0154650_1473654.jpg
e0154650_1473892.jpg
カラーはブラックとホットピンク。
ギドラのタグがゴールドに光ります。
限定生産のため数量限られます。
e0154650_1474081.jpg
e0154650_147124.jpg
e0154650_1475711.jpg
完璧な装備で冬のライドを楽しみましょう。
コーディネートのご相談は盆栽自転車店までどうぞ。

Photo by Peak Experience








こころにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■OPEN ~ CLOSE
08:30〜17:00 Cafe(Weekday) 
10:00〜17:00 Cafe(Saturday & Sunday)
13:00〜21:00 Cycle Works
■Wednesday is every closing
■AD 151-0051 4-11-8 Sendagaya Shibuya Tokyo
■WebShop http://bonsaicycleworks.com/
[PR]
by bonsai-astn | 2015-11-19 12:00 | 逸品御紹介

逸品御紹介 フロントシングルギアのCX

今シーズンからの機材変更にCXバイクのフロントのチェーンリングを1枚にしたことも大きな変更点でした。
フロント変速のわずらわしさから解放された。
そう言ってしまえは月並みな感想なわけですが。
シクロクロスのレースに出ていて。
「フロントギアが2枚ある必要はないのではないか」
と感じているヒトは少なくないはず。
e0154650_17155414.jpg
はじめはキワモノ的存在だったシングル機材も。
MTBのノウハウを多分に汲み入れ成熟してきています。
おかげで、チェーン落ちなどのトラブルを心配することなく集中してレースに臨むことができるようになりました。
ただし、それは完璧なセッティングを施された自転車のみ。
中途半端にシングル機材を組み込むとフロントのチェーン落ちリスクは低下するどころか、高まることになるでしょう。
e0154650_17173815.jpg
ポイント①
まずはキモのフロントチェーンリング。
Narrow Wideのチェーンリングを使用しましょう。
フロントチェーンリングの歯先形状に工夫してあるチェーンリングです。
細い部分と太い部分が交互にあり、それがチェーンの穴に見事にハマります。
下の画像がわかりやすいと思います。
e0154650_17174056.jpg
これでガッチリとチェーンがチェーンリングにハマるのでシングル化に移行できるというわけです。
これでフロント変速の操作から解放されて。
フロントディレイラー、ワイヤー類、レバーからはメカ部分を抜き取ればなかなかの軽量化が可能になります。
自転車もスッキリとした外観になるでしょう。

「でもこれだけでは足りない」
e0154650_17175831.jpg
そこでポイント②
ダブル用のリアディレーラーはシングル使用には張力が弱い場合が少なくなく。
そのままではなにかの拍子にチェーン落ちをすることになるでしょう。
リアディレーラーによっては組み替えでバネ張力を調整することもできますが。
そうしたところで、このシングル専用のリアディレーラーの前では歴然とした性能差に沈黙するしかないでしょう。
それくらいこのSRAMのリアメカは強力な張力を発揮します。
もはやチェーンの張りが強過ぎて、それが抵抗になってやしないかと思える程に強い。
このリアディレーラーはプーリーもNarrow Wideになっているのもポイント。
そこまでの専用設計を施されたなかなか凝った造りなんです。
e0154650_17225239.jpg
下の画像は先々週の関西クロスを走ったSpeedVagen Family Racing所属の濱選手のフロントチェーンリングまわり。
これだけ泥や草が堆積してしまったチェーンリングでも、チェーンが外れないのは張力が高いリアディレーラーによるところが大きいと思われます。
フロントチェーンリングにリアディレーラー。

「でもこれだけでは足りない」

e0154650_17175398.jpg
そこでポイント③
フロントシングル機材にはなぜかクランクまで専用品が存在しています。
なかにはラベル違いなだけと思われている方も少なくないのですが。
ちゃんと設計が違います。
チェーンリングを留めるアームの位置がフロントシングルで使用するのにちょうど良い位置に位置しているのです。
ダブル用のクランクと比較すると、アウター位置とインナー位置のちょうど真ん中あたり。
これでチェーンがスプロケットのどの位置に変速しても無理のないチェーンラインを実現することができるということなんですね。
ダブル用のクランクのままNarrow Wideのチェーンリングを使用すると、おそらくチェーンとチェーンリングの偏摩耗を招いてチェーン切れのリスクを高めるのではないかと思います。
e0154650_1718525.jpg
シングル専用のクランクはSRAMとROTORがあります。
個人的には新しく登場してきたROTORのクランクほうが質感と機能に優れるのでオススメです。
フロントのチェーンリングを固定する5ピンのネジ受けが5アームにネジ切ってあるので固定にはオスネジが5本あればオッケー。
オス、メス、ワッシャーが必要なSRAMよりもこの点に優れます。
レース当日に試走してみてチェーンリング交換を気軽に行うという点でも小さくないハンデになるのではないでしょうか。
e0154650_1718773.jpg
シクロクロスのトルクフルな走りにマッチした楕円リングもありますし。
真円のギアもあります。
歯数は38Tから設定されています。
e0154650_13103822.jpg

e0154650_17174750.jpg
Narrow Wideのチェーンリング。
専用のリアディレーラー。
専用のクランク。

「これで完璧なセッティング」

この3種の神器を組み込んでいるカスタマーや仲間のみなさんからはトラブルの声を聞きません。
③は最低無くでもまぁまぁ機能しているようですが。
①と②は先ず必須ではないかと。
でも、レース会場で見ていると、①だけのヒトって少なくないですよね。

さて、ここからは応用編。

SRAMの1xのディレイラーに交換した場合。
このディレーラーはミディアムケージになります。
というわけで、32Tのローギアまで対応するというわけなんです。
今年のCross Vegasを走ったJ-POWの自転車にもかなりのビッグギアが搭載されていました。
e0154650_1721824.jpg
もちろん、J-POWの場合はフロントのチェーンリングも42Tとか、44Tと巨大なモノが装備されているわけですが。
このワイドレシオ化の恩恵を享受しないテはないのではないかと思います。
プロのセッティングが別世界のモノではなく。
身近に活用できるのではないかという好例ですね。
e0154650_18104354.jpg
フロントのシングル化。
オススメですよ。
無駄なものは省くという哲学はスポーツ自転車の理想に沿うものですね。
組み替えのご相談は盆栽自転車店までどうぞ。










こころにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■OPEN ~ CLOSE
08:30〜17:00 Cafe(Weekday) 
10:00〜17:00 Cafe(Saturday & Sunday)
13:00〜21:00 Cycle Works
■Wednesday is every closing
■AD 151-0051 4-11-8 Sendagaya Shibuya Tokyo
■WebShop http://bonsaicycleworks.com/
[PR]
by bonsai-astn | 2015-11-17 12:00 | 逸品御紹介

逸品御紹介 Chris King Tuquoiseカラー復活

2年前の限定カラーで大人気だった〝Turquoise〟が復活です。
通常カラーとして、フツーに何気なくいつものようにお選び頂けるようになりました。
あのとき焦って購入したのはナンだったのか?
神様(メーカー)はいつも気まぐれなものです。
この復活を機に〝Green〟が無くなります。
Green好きの方はおはやめにどうぞ。
e0154650_13544249.jpg
e0154650_13544451.jpg
Turquoiseは限定で復活する前は標準色としてラインナップされていたカラー。
標準色のラインナップから外れたあとも、YETI社向けにほそぼそと生産を続けられていたのですが数年のあいだラインナップに戻ることはありませんでした。
限定で復活したと同時にかつてのTurquoiseのような青緑感はなくなり。
明るい青に。
これはこれで合わせやすいカラーになっているかと。
e0154650_1462878.jpg
そして、この新生Turquoise。
すでに入荷しています。
Chris Kingの工場見学の際にも見せてもらいましたけど。
こうして動くとなれば早いです。
e0154650_13544089.jpg
e0154650_13543789.jpg
e0154650_13543478.jpg
e0154650_13543243.jpg
BONSAI x ENVEにBONSAI x Classicsに新しいカラーの選択肢が増えました。
よろしくどうぞ。











こころにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■OPEN ~ CLOSE
08:30〜17:00 Cafe(Weekday) 
10:00〜17:00 Cafe(Saturday & Sunday)
13:00〜21:00 Cycle Works
■Wednesday is every closing
■AD 151-0051 4-11-8 Sendagaya Shibuya Tokyo
■WebShop http://bonsaicycleworks.com/
[PR]
by bonsai-astn | 2015-10-04 12:00 | 逸品御紹介

FairFaxのウールソックス

FairFaxのオリジナルライン〝On The Road〟のウール混紡ソックスが入荷してきました。
様々な天候下で足元を快適に保ちます。
とくに春と秋に活躍してくれるはず。
e0154650_18245135.jpg
ここまでシンプルなデザインは逆に新鮮と言えるでしょう。
普段着からフォーマル。
スポーツのシーンも自転車にランニングと。
用途は様々です。
e0154650_18245464.jpg
e0154650_18245618.jpg
e0154650_1824583.jpg
e0154650_182506.jpg
日本製でサイズ 25cmー27cmメンズのみ

web Shopからもご購入可能です ☞ http://bonsaicycleworks.com/fairfax-on-the-road-socks










こころにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■OPEN ~ CLOSE
08:30〜17:00 Cafe(Weekday) 
10:00〜17:00 Cafe(Saturday & Sunday)
13:00〜21:00 Cycle Works
■Wednesday is every closing
■AD 151-0051 4-11-8 Sendagaya Shibuya Tokyo
■WebShop http://bonsaicycleworks.com/
[PR]
by bonsai-astn | 2015-09-28 12:00 | 逸品御紹介

逸品御紹介 ENVEのシートポスト

わたくし事ではありますが。
シートポストを換えました。
ENVEの新しいシートポストに換えたのです。
e0154650_17564514.jpg
新型のシートポストはロゴがブラックになってより精悍なルックスになりました。
ロゴの位置も若干ですが上に上がっていてシートが長く出ているように見える錯覚効果も演出しています。
なによりロゴが埋まるリスクが低いと言えますね。
e0154650_17564954.jpg
もとい。
新型と旧型の違いの核心はそんなところではなく。
サドルレールクランプのパーツの変更にあります。
ボルト1本固定のシンプルな造りから。
2本固定式のやや難解な構造になりました。
e0154650_17565192.jpg
とはいえ説明書を見ればカンタン。
内部パーツの前後を入れ変えることで指定の角度に設定できます。
そして前後のボルトの締め具合によって角度の調整が決まるのです。
これは他社製品にはあまり見られない斬新な造りだと思います。
指定のトルク数も旧型よりも低いトルクで固定するようになりました。
この構造のおかげで、乗車中にサドルが前後にズレてしまうことがなくなりました。
e0154650_17565840.jpg
旧型のクランプはどうしてもその構造上ズレてしまうことがありました。
もちろん、通常の乗車時にズレるなんてことは無いわけですが。
シクロクロス中の落車や段差越えで予想以上の負荷がかかってズレてしまう可能性が残っていました。
ロードでしたらほとんど問題ないんですけどね。
今回は新しいシートピラーに交換をして、そういう心配を排除しました。
e0154650_17565577.jpg
重量を量ってみると、同じ長さにカットしたシートポストの重量差で新型が14g重くなっていました。
サドル固定の小物が大型化しているのはわかるのですが。
シートポストの厚みまで変わっているとは。
これはカットしてみないとなかなかわからないと思います。
上の新型のほうが、下の旧型よりも厚く、さらに後ろにくる部分がより肉厚になっているのがおわかりいただけると思います。
e0154650_1759565.jpg
e0154650_1757446.jpg
Independent Fabricationや、SpeedVagenなどのハンドメードのフレームメーカーからも長く採用されてきた旧型のクランプ。
今回の変更によって、とりあえずENVEから販売されているシートポストはマイナーチェンジになりました。
旧型は軽量でシンプル。
新型は確実な固定。
そういう意味で両方にリスペクトがあるのです。
そして、今が両方から選ぶことが出来る唯一の瞬間なのかもしれません。
もしかしたら、もう過ぎてしまったのかも。
とりあえず旧型は在庫限りです。











9月11日〜9月21日のあいだはアメリカCX旅行のため自転車営業お休みとさせていただきます
カフェは通常通り営業しますのでよろしくお願い致します

アメリカCX旅行中のリアルタイム更新は、Instagramが詳しいです
コチラをチェックしてみてね ☞ https://instagram.com/bonsaicycleworks/



こころにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■OPEN ~ CLOSE
08:30〜17:00 Cafe(Weekday) 
10:00〜17:00 Cafe(Saturday & Sunday)
13:00〜21:00 Cycle Works
■Wednesday is every closing
■AD 151-0051 4-11-8 Sendagaya Shibuya Tokyo
■WebShop http://bonsaicycleworks.com/
[PR]
by bonsai-astn | 2015-09-06 12:00 | 逸品御紹介