カテゴリ:TEAM BONSAI 活動記録( 278 )

火中の栗を拾わぬ男

毎月、生真面目に出している月の走行予定。
予定を出しているだけに変更できないのが微妙だったけれど。
ちょっと今日はのっぴきならぬ理由で変更。
そしたらヤマノハがルートを間違えてそれっきり居なくなってしまった。
せっかくチーム員が揃ったのに。
居なくなるなんて、もったいないなぁ。
それでも良い練習ができてよかったと満足してたら、最後の最後でヤマノハ合流。
このタイミングで合流できるなんてある意味すごいと感心した1日でした。
e0154650_14563146.jpg










こころにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■OPEN ~ CLOSE
08:30〜17:00 Cafe(Weekday) 
10:00〜17:00 Cafe(Saturday & Sunday)
13:00〜21:00 Cycle Works
■Wednesday is every closing
■AD 151-0051 4-11-8 Sendagaya Shibuya Tokyo
■WebShop http://bonsaicycleworks.com/ サイトリニューアル中


.
[PR]
by bonsai-astn | 2017-05-07 07:00 | TEAM BONSAI 活動記録

Rapha Prestige Kujuを走る男

寝ても覚めてもPrestige。
前日入りの興奮。
段取りと都合の噛み合わせの悪さで。
行き違い、すれ違い、スピードは超過。
ホークス延長線の12回裏までしっかりローカル観戦して寝床についたけれど。
眼が冴えて眠れない。
あぁ、これは晩ご飯のツマミで大量に摂取した馬刺のせいだ。
きっとそうだ。
あとでネットで調べてみるか、と思って後日調べてみたら「馬刺 寝付き」で有力なエントリーは見つからなかった。
e0154650_1543176.jpg
わたしは準備をした。
それはかつてないほど壮大なモノだ。
機材は3人が盆栽自転車店が日本で唯一取り扱うVYNL Bikesで揃えてくれた。
しかも、盆栽自転車店スペヒャルカラー。
リスペクトがある。
もちろん、彼らの意志だよ。
一応、念を押しときますとね。
フレームに合わせてENVEのステムとメーターマウントを塗装屋さんで特別に塗ってもらって前々日に受け取ってクリハラは当日朝にステム交換。
ラッキーモーは前日に装備、ヨシダにいたってはイベントがシェイクダウンということに。
そして、今回、オーストラリアのサイクルアパレルブランドの〝MAAP〟が特別にチームキットを製作してくれたおかげで我々はかつてないほどのハイパフォーマンスなカスタムウェアーで走る事ができるようになった。
さらに、チーム員のヘルメットはすべてわたしがカスタムを施したし。
靴下からグローブまで揃えて。
自転車もENVEのホィール。
タイヤは丈夫で信頼性抜群のパナレーサーのDタイプで揃えて。
クリハラ参謀が京都のときに製作したRadar XLを装備しているのも見逃さなかった。
あとは外見じゃなくて中身の気持ちを揃えることくらい?
えぇっと、それはもう聞かなくても揃っているよね。
そこにリスペクトがある。
e0154650_1510557.jpg
わたしは準備を続けた。
1週間前に発表されたルートマップを穴が開くほど見続けた。
それは135kmで3000mの獲得標高。
ほとんどがアップダウンで形成されたルート。
途中に謎のカーブや遠回りなんかも見つけたのだけど、これはきっとコースディレクターの丹野氏による意図がなにかあるのだろうと思って当日を楽しみにすることをした。
e0154650_151143100.jpg
前回の京都のときにはあまりそういう事前情報をくまなく調べるということはしなかったものの。
今回はチェックポイントの距離も暗記していたし、どのへんにあるのかも目星をつけておいたし、山の数はどれくらいとかとにかくわかる範囲で推察と考察を重ねて本番に臨んだ。
それは昨年開催されたPrestige Kamikatsuで多くのチームが完走できずにリタイヤになったことで警戒心が強くなったせい。
とにかく何があるかわからない。
なにせ走った事がほとんどないルート。
わかることは出来る限り調べて本番に臨むべきでは。
それくらい完走できるか心配だった。
e0154650_15101342.jpg
はて?
そこまでしたところになにがあるんでしょう。
Rapha Prestigeはレースではない。
純粋な走行イベントである。
だから賞金とか表彰も無い。
順位もつけないし、残らない。
各々のチームが用意されたルートを各々のチームの志向と趣向で制限時間内で走り楽しむ。
わたしはそう理解している。
そして、Prestigeの和訳は、威信、名声、信望らしいから。
わたしたちはそれを得る、少しでも近づくために走った。
e0154650_1510951.jpg
結果的に最終スタートで一番目にゴールしたわけだけど。
それには関心が無い。
くどいようだが、レースではない。
ライドの途中でどれだけ頑張れたのか。
どんなフィールドだったか。
上りもあれば、下りもある。
似ている道はあっても。
同じ道は通らない。
折り返しすらもちろん無い。
e0154650_15102058.jpg
ジェットコースターのような下り。
限界になりそうなくらいにキツかった上り。
ミドリの匂い、温泉の硫黄。
最高の天気。
風の強弱。
恐怖にも感じたプロペラの音。
溢れ出した小川の水でカーボンリムを冷ます。
走るにはスピードだけではないなにか。
上手さ?小手先のテクニック?
コースを知る事、感じる事。
五感を研ぎすませて。
ときには六感も動員させる。
我々にしか見えなかった世界や景色があったと思うし。
その見えた世界と景色は各々のチームで違ったはず。
そこにリスペクトがある。
e0154650_1510040.jpg
無事に目標の完走を達成できてうれしかった。
誰もケガしなかったことも良かった。
今回のPrestigeを走らせてもらってチームの完成度が京都の頃に比べると段違いに良くなっていると自分で言っちゃいたいし、これからもそれ以上を目指していきたい。
そういう意味では我々はPrestigeを獲得することができたのかもしれない。
そのPrestigeがなにかは我らのこゝろにそっと閉まっておくとしよう。
サイの角のようにただ独り歩め。


e0154650_1522731.jpg
翌日。
主に高校時代と東京に来てから仲良くしてくれてた友人の披露宴にお呼ばれされてたので盆栽屋はそっちに。
残りのメンツは盆栽屋がテキトーに引いた山岳コースでリカバリーライドに。
ウッカリ、インフラが微妙な整備状態だったみたいで道が寸断されておりかなりアドベンチャーだったみたい。
さらに飛行機の時間もあったのでけっこう焦ったみたい。
みんなには悪い事しちゃったなぁ〜。
でもおかげで自分が走らずしてルートを詮索することができた。
e0154650_1522549.jpg
披露宴のあと、時間があったのでRaphaのPop Up Fukuokaにもお邪魔してきた。
Pop Up Fukuokaはもうあと2週間くらいでなくなってしまうけれど。
その後も福岡の自転車シーンがいい感じで盛り上がってくれることを願わずにはいられない盆栽屋。
6月にもちょっとお邪魔すると思います。
ヨロシク〜







こころにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■OPEN ~ CLOSE
08:30〜17:00 Cafe(Weekday) 
10:00〜17:00 Cafe(Saturday & Sunday)
13:00〜21:00 Cycle Works
■Wednesday is every closing
■AD 151-0051 4-11-8 Sendagaya Shibuya Tokyo
■WebShop http://bonsaicycleworks.com/ サイトリニューアル中


.
[PR]
by bonsai-astn | 2017-04-22 06:58 | TEAM BONSAI 活動記録

オレはRapha Prestige KUJU に行く

オレはRapha Prestige KUJUに行く。
久住に走りに行く。
Rapha Prestige。
かつてはGentlemen's Raceと言われていたものだ。
それは美しい。
チーム5人でチカラを合わせてアドベンチャーな初めて走るルートを走りきる。
e0154650_22304182.jpg
考えてみてほしい。
そんな自転車のイベントが他にあるだろうか?
あまり知らない。
例えばロードレースであってもチーム力を発揮できているチームがあるだろうか?
ホビーレーサーは全員がエース。
そんなホビーレースレベルでは皆無ではないだろうか?
あったとしても、チームで出場するエンデュランスがせいぜいってところじゃないだろうか。
そういうなかでPrestigeは特異な存在である。
まさにチーム力が試されようというイベントである。
だから美しい。
そしてリスペクトがある。
e0154650_22314130.jpg
わたしはかつてRapha Prestigeが、Rapha Gentlemen's Raceという名前だったころに2回出させてもらったことがある。
1回目の野辺山と。
2回目の京都
そのうちチームで出場できたのは京都だけ。
1回目には適わなかった自分のチームでの出場ができたのだ。
だから自分でも相当な気合いを入れていたと思う。
それはそれはもう大変なものだった。
振り返ればそんな気合いが空回りすることも多分にあったと思うし。
チーム員のみんなのなかでもいろいろと紆余曲折があったはず。
それは、とにかく、Rapha Gentlemen's Raceという巨大な存在にチームが呑み込まれてしまった瞬間だったのかもしれない。

「浮ついてはいないか?」

楽しかったけれど。
う〜ん。
楽しいだけでは終わらせてくれなかったGentlemen's Race。
それはチームの完成度があまりにもわたしの理想と違っていたから。
あとから気付いたことなんだけど、このイベントはチームを成長させてくれるイベントである。
当時からそう思っていられれば少しは気がラクになったのかもしれないけれど。
あのころはそういう思考になることができなかった。
e0154650_22294264.jpg
そして、それ以降はというと?
Prestigeはお休み期間にはいった。
実は、本当は、Prestigeに出たかったけれど、出たくて出たくてたまらなかったけれど敢えて申し込む事はしなかった。
わたしはチームが成長したときに、機が熟したときにまた出させてもらおうと思っていた。
あのあいだに、Gentlemen's RaceはPrestigeと名前を変えて。
招待制から応募制に変わり。
「レース」から「イベント」にという具合にスタイル的にも変身していった。
開催場所も
八ヶ岳。
小国にニセコ。
上勝。
そして、那須。
e0154650_22301104.jpg
そのあいだ。
女性のPrestigeを中心にナツキに出場してもらっていた。
男性も出場可能だった上勝には、当時テツーージを名乗っていたラッキーモーをチームから派遣したものの、完走できず。
わたしが1回目に出たときのように、そのときだけの急造チームがめずらしくないPrestigeだけれど。
やはり、普段から活動してるチームがいいんだろうなと思いを深めてくれることになった。
それを横目に。
我々はGentlemen's Raceにおおいに触発された冒険的ライドを繰り返すようになる。
それは各地で。
北海道や沖縄ではレース後に走り。
いろいろな土地に行くことでその土地のハードコアーたちとの出会い、チームの交流、そうして自分の距離感覚というか、距離への障壁がどんどんと無くなっていく感覚を得る。
e0154650_22311284.jpg
そして、今になってあの京都を振り返ってみると。
チームは成長したのだろうか。
思えばたしかにクリハラは京都でのあの日、あのイベントを境に変化した。
京都では、パンク修理に苦戦して大きな遅れをとってしまったり、下りでボトルを落としたり、最速だったトレックチームに付いて走れば真っ先にちぎれたり。
それが今はどうだ。
レースに出るようにもなったし、練習では持ち前の地理能力の高さに加えて走力が上がったことによりレースをやっているチーム員にも負けないようになった。
そんなGentlemen's Raceをキッカケにして自転車力を底上げしたチーム員を見て、リスペクトしない盆栽屋は無し。
そうだ!
このイベントは、そういうチームを成長させてくれるイベントなんだ!!
e0154650_22325069.jpg
ある日の午後。
上勝のムービーを静かに見ていた。
そしたらいっしょに見る男がサイのツノのようにもう独り。
アメリカから留学で日本に来ているタイラー。
Prestigeに行きたい?と聞いたら、いいね!ということになった。
昨年からお店にちょくちょく来てくれていたなかで今年の5月にはアメリカに帰ってしまうというので日本の思い出作りとしては丁度いい。
それから、タイラーはチーム練習に来てくれるようになり、我がチームの穴を完全に埋めてくれそうである。
e0154650_19111715.jpg
さて。
ともかく。
我々は久住に向かう。
もしかするとまた浮ついているのかもしれない。
まぁいいだろう、大目に見ておくれ。
申し込みも前のめりでやりきって。
スタートは最後をお願いした。
目標は完走。
久々のPrestigeだから骨の髄まで楽しませてもらおうと思う。
美しいイベントがそこにあることを信じている。
そこにリスペクトがある。






4月21〜23日は自転車営業はRapha Prestige Kuju参加のためお休みさせていただきます
カフェは通常通り営業します


こころにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■OPEN ~ CLOSE
08:30〜17:00 Cafe(Weekday) 
10:00〜17:00 Cafe(Saturday & Sunday)
13:00〜21:00 Cycle Works
■Wednesday is every closing
■AD 151-0051 4-11-8 Sendagaya Shibuya Tokyo
■WebShop http://bonsaicycleworks.com/ サイトリニューアル中


.
[PR]
by bonsai-astn | 2017-04-21 12:00 | TEAM BONSAI 活動記録

アシストの証明をする男

やっとこさチームで揃って練習ができた。
Prestigeは今週の土曜日。
なんだ1回だけか、って言っても我がチームは普段から?いっしょに?よく?走ってる?から問題無い(そう思いたい)。
実際、出だしは良かった。
はじめの上りまではかなり快調。
さすがは普段から?いっしょに?走ってるだけはある。
まるで購入したてのパソコンみたくサクサク進む。
そして、上りに入ると脚色が見えてきた。
e0154650_17431120.jpg
2回目の長くて急な登りでヤマノハが遅れ出す。
今日はPrestigeライド。
だから置き去りにしない。
一番遅いヤマノハのテンポ、スピードで脚を合わせて上って行く。
いくつかの上りをこなして、さて残りは平坦だけですよ、という感じで楽勝ムードになるかと思いきや。
今度は絶望的に遅れ出す。
これがPrestige。
e0154650_1743891.jpg
平坦は上りよりもスピードが出ているせいか、全体的にぎくしゃくとした動き。
そんななかで遅れるヤマノハを待つわたし。
前に出て引くこともあれば。
後ろから背中を押す事もあったし。
さらに、全身がツッタと嘆くヤマノハに持っていたヒデキのラムネも差し出した。
そういうことをこなしてわたしはアシストとして走れることも証明した。
e0154650_17431391.jpg
かつて2000年のジロ・デ・イタリア。
序盤から遅れたパンター二は総合成績で上位につけていたガルゼッリのためにアシストとして走る事になる。
すでにツールもジロも制していた偉大なるカンピオニッシモパンターニは、この後輩選手のために終盤のステージでアシストをやってのけシモーニとカーサグランデを脱落させガルゼッリのジロ制覇につなげるのだった。
そこでパンターニは、「わたしは偉大なるアシストもできることを証明した」と言い残したのだ。
そう、わたしも気分はパンターニ。
完全に浮ついているが悪くない。
e0154650_1743145.jpg
Prestigeでも盆栽屋のアシスト出動となるか。
そんなPrestige KUJUは今週の土曜日だ。







4月21〜23日は自転車営業はRapha Prestige Kuju参加のためお休みさせていただきます
カフェは通常通り営業します


こころにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■OPEN ~ CLOSE
08:30〜17:00 Cafe(Weekday) 
10:00〜17:00 Cafe(Saturday & Sunday)
13:00〜21:00 Cycle Works
■Wednesday is every closing
■AD 151-0051 4-11-8 Sendagaya Shibuya Tokyo
■WebShop http://bonsaicycleworks.com/ サイトリニューアル中


.
[PR]
by bonsai-astn | 2017-04-16 08:00 | TEAM BONSAI 活動記録

冒険に出かける男 #rpkuju

4月といえば?
花粉症も落ち着いてきた今日このごろ。
22日にはRapha Prestige Kujuが控えている。
久々のPrestige。
前回は京都以来だから本当に久々。
じつに3〜4年振り?
メンツは1人変わって4人は変わらずで。
まさに気心知れた仲間と言える。
そこにリスペクトがある。
e0154650_14174219.jpg
チーム員はというと自称忙しい病にでもかかってしまったのか集まりが悪い。
お恥ずかしいことに最近は一度も出場メンツが揃った状態で走れていない。
だからといって何か問題あるのかといったら。
おそらく無いわけなんだけど。
なにせもう4〜5年は自転車上の苦楽を共にしてきたのだから大丈夫。
っとまぁ、このわたしですらそう思えてしまうくらいには油断しているのでそれが一番不味いのでは?と思ってみたり。
そんな自信と、そのせいで生まれる隙やら油断が交錯する。
e0154650_14174149.jpg
今日はそんな5人のうちの3人が集合したけれど。
相変わらず全員揃わないので気分転換にショートコースで知らない道を開拓することにした。
こうして来ない人間に気持ちを後ろに引かれてしまうのは良くないが。
知らなかった道が知る道となってひろがっていくのは良いことだと思う事にしよう。
サイの角のようにただ独り歩め。









こころにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■OPEN ~ CLOSE
08:30〜17:00 Cafe(Weekday) 
10:00〜17:00 Cafe(Saturday & Sunday)
13:00〜21:00 Cycle Works
■Wednesday is every closing
■AD 151-0051 4-11-8 Sendagaya Shibuya Tokyo
■WebShop http://bonsaicycleworks.com/ サイトリニューアル中


.
[PR]
by bonsai-astn | 2017-04-02 08:00 | TEAM BONSAI 活動記録

GARMINが吹き飛ぶ男

昨日ミラノサンレモが開催されて。
これからはじまる怒濤のクラシックシーズン。
なんといっても石畳。
わたしもちょいとガタガタ道をビューンと走ろうかと思いましたらば。
メーターが爆発。
ガタガタの振動に堪えられず飛んでいってしまいました。
ちゃんと回収できたのはヨカッタんですけど。
電源が入らないし。
もちろんツメが割れてるしで完全に臨終のメーター。
帰ってみてパソコンに繋げてみるとバッテリーが0%なんですね。
落下の衝撃で一気にバッテリーが無くなったとか。
世にも奇妙な事件なんですけど。
もうツメも無いんで。
これは本体交換かツメの修理か悩みましたけど。
新たに820にするタイミングかと思いましてね。
オーダーしました。
在庫もありました。
月曜日が祭日ですから。
ちょっと遅くはなるんですけど。
木曜日には届くと思います。
これでわたしのeTAPのギヤポジションも見れるようになりますしね。
Prestigeに向けて地図の無いメーターなんて考えられませんしね。
いいんですよ。
まぁ、それにしてもガタガタ道を走り過ぎなのかもしれません。
アスファルトだって細かな微振動きますから。
見るからにガタガタの道は、それはもうガタガタですね。
メーターにも良くない環境でしょうし。
ガーミンのメーターのツメの部分が改良される日は来るのでしょうか。
e0154650_1939715.jpg

e0154650_19391048.jpg
帰りに参謀のクリちゃんが新しいシューズを予約してくれました。
あ。
そうそう。
なかなか入荷してこないSLXのヴァイオレットなんですけど。
来月には来るとか。
来ないとか。
ご予約いただいてるカスタマーのみなさまはお待たせしてます。
在庫分もどれだけ来るか不明ですけど。
入荷したらいつものお約束。
お早めにどうぞ。








こころにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■OPEN ~ CLOSE
08:30〜17:00 Cafe(Weekday) 
10:00〜17:00 Cafe(Saturday & Sunday)
13:00〜21:00 Cycle Works
■Wednesday is every closing
■AD 151-0051 4-11-8 Sendagaya Shibuya Tokyo
■WebShop http://bonsaicycleworks.com/


.
[PR]
by bonsai-astn | 2017-03-19 08:00 | TEAM BONSAI 活動記録

日本食に吸い寄せられる男

時差の影響で早起き。
これはいい。
なんならずっとこのままだったらいいのに。
早起きは三文の徳と言うし。
そこにリスペクトがある。
e0154650_2193756.jpg
チーム員には帰国後にすっかりMAAP化したことを報告。
そして、いずれはチミたちも。
話に続きがあるのはいつものこと。
そのためにはもうちょっと気を引き締めて行きたいと思う。
クリートのネジの緩みは気の緩み。
花粉症が復活して苦しみつつも。
そう思った。
勝ってもないが兜の緒を締めよ。
そこにリスペクトがある。








3月14日(火)はカフェが臨時休業
自転車営業のみとさせていただきます


こころにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■OPEN ~ CLOSE
08:30〜17:00 Cafe(Weekday) 
10:00〜17:00 Cafe(Saturday & Sunday)
13:00〜21:00 Cycle Works
■Wednesday is every closing
■AD 151-0051 4-11-8 Sendagaya Shibuya Tokyo
■WebShop http://bonsaicycleworks.com/


.
[PR]
by bonsai-astn | 2017-03-12 08:30 | TEAM BONSAI 活動記録

メカトラが起きるものの、今日でヨカッタねと言う男

我らは4月に大分の久住で開催されるPrestige KUJUに申し込んだ。
シクロクロスシーズンを終えた今。
次なるチーム的目標のひとつはPrestige KUJUになるだろう。
とはいえ、そのイベントはレースではない。
チーム全員でトラブル無く、またはトラブルを乗り越え。
Prestige特有の冒険的で野心的なルートを堪能したうえでキッチリと完走して仕上げてやろうという目論見と気合い。
そこにリスペクトがある。
e0154650_19253443.png
そのためにチームは何ヲするのか。
イベントまでの数ヶ月間の活動日はそれについて深く追求していきたいところ。
そんななかで今日の練習。
前半でPrestige参加予定のタイラーのペダルが崩壊。
TIMEペダルなので修理とか屋外で出来るレベルじゃないのでリタイヤ。
これはイベント当日じゃなくてヨカッタね〜ということに。
そして、盆栽屋も後半にパンク。
さいきんお気に入りのPOWER Enduranceをアメリカ出張用に交換したてでいきなりカット。
けっこう頑丈だと思ってこれでPrestigeも走っちゃおうと思ってたけれど、Prestigeレベルのグラベルは何があるかわからないから、ミシュランだとALL Seasonなのか、信頼の性能のパナDか。
これも今わかってヨカッタね〜ということに。
e0154650_19195590.jpg
さて。
パンクついでに盆栽屋携帯のサドルバッグの中身をおさらいしてみましょう。
左上から時計まわりに、
①LEZYNE チェーン切り付き携帯工具
②バルブコア外し工具
③ミッシングリンク
④ZEFAL タイヤレバー2本
⑤ENVE 中継ぎ式バルブエクステンダー
⑥かぶせ式バルブエクステンダー
⑦LEZYNE イージーパッチ
⑧80mmバルブ長チューブ
⑨42mmバルブ長チューブ(バルブコアが外せるもの)
⑩SPEEDPLAY クリートバネ
⑪PARK TOOL TB-2 タイヤブート
これらをArundelのDUALサドルバッグに全て詰め込んで携帯しています。
e0154650_19195463.jpg
いや〜11種類も持って走ってるんですね〜。
Prestigeに出る!からといって装備品を増やすことはしなくて良さそうです。
あと、チューブ1本を追加するくらいでしょうか。
その1本はジャージのポケットの底に突っ込んでおきましょう。

携帯のポイントとして、チューブは購入時からさらに空気を抜いてキレイに折り畳んでビニールやラップに包んで携帯するようにしましょう。
チューブが全部ダメになってもイージーパッチで直すことができる穴であればイージパッチの数だけチューブh復活できます。
タイヤが裂けてもタイヤブートで塞ぐ事ができるサイズであれば裏から貼ってまた走れます。
そのためにボンベは卒業して何回でもエアを入れることができるハンドポンプを携帯しています。
あまりサイクリストが寄り付かないようなグラベルや荒れた道を走るようになって携帯装備も変わってきました。
以前は最低限のモノしか持たないコンパクト主義だったのですが、今はチューブ2本は絶対に持ちますし、イージーパッチにタイヤブートも1枚だけというようなことはありません。
余計に持っても重くなくかさばらないものは持って、仲間のアクシデントにも備えられるようにしておくのです。













3月5日(日曜日)〜3月11日(土曜日)までの期間は盆栽屋単独海外出張のため自転車営業はお休みとさせていただきます
カフェは通常通り営業させていただきます


こころにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■OPEN ~ CLOSE
08:30〜17:00 Cafe(Weekday) 
10:00〜17:00 Cafe(Saturday & Sunday)
13:00〜21:00 Cycle Works
■Wednesday is every closing
■AD 151-0051 4-11-8 Sendagaya Shibuya Tokyo
■WebShop http://bonsaicycleworks.com/

.
[PR]
by bonsai-astn | 2017-02-26 08:00 | TEAM BONSAI 活動記録

強風に吹かれる男

今日は西風が強かった。
走り慣れたルートを東に向かえば。
帰りは自ずと向かい風になる。
ラッキーモーと中盤につば競り合いをしていたら。
モーはふと見ると居ない。
得意のルートミスか。
休憩場所にもしばらく来ないのでどうしたものかと思ったが。
どうやらパンクしていたらしい。
e0154650_2045859.jpg
そうだな。
やおらリムを段差に打ち付けた場面があった。
あそこは何度も通っているのにミスしてしまったか。
わたしは先に行くことにした。
敢えて待たず。
この向かい風区間を待たずにサイの角のようにただ独り走ることにした。
前半はカスタマーY氏もふくめていっしょに走った。
いまは別々でもいいだろう。
こうして別々に風をかきわけるように走って鍛えるということも必要。
サイの角のようにただ独り。
そうしてまた集団になったときにチカラを発揮すればいいのだから。
そこにリスペクトがある。









こころにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■OPEN ~ CLOSE
08:30〜17:00 Cafe(Weekday) 
10:00〜17:00 Cafe(Saturday & Sunday)
13:00〜21:00 Cycle Works
■Wednesday is every closing
■AD 151-0051 4-11-8 Sendagaya Shibuya Tokyo
■WebShop http://bonsaicycleworks.com/

.
[PR]
by bonsai-astn | 2017-02-19 08:00 | TEAM BONSAI 活動記録

シクロクロス東京を手伝う男

怒濤の週末が終了。
J-Powの自転車のレースバイクのパッキングを済ませました。
そうです。
週末といえばお台場でシクロクロスのレースが開催されていました。
例年はレースに参戦していた盆栽屋。
今年は昨年とおなじくJeremy Powers選手のメカニックをRapha Japanさんに依頼されたので土日ともにメカニックに専念させてもらったのです。
e0154650_16293236.jpg
チームからはナツキ、ヤマノハ、そして先日の高知シクロクロスにて国内最高カテゴリーのC1に昇格を決めたテツーージ改めラッキーモーが参戦しました。
お台場特有の砂地獄に自転車のテクニックよりもランニング能力とあきらめない根性みたいなものが試されたレースだったのではないでしょうか。
e0154650_1631731.jpg
ナツキは初レースにしては上々の順位。
ヤマノハは今シーズン最後のレースをラッキーモーに追いつくためにも勝ちしか無い状況でした。
けれども、お台場は厳しい。
来シーズンには早くに昇格を決めて同じ土俵で闘えるように頑張って欲しいところです。
e0154650_16325716.jpg
C1昇格後の初レースだったラッキーモー。
お台場でのランニングを想定してか、日曜日のチーム練習にも来ないでランニングに打ち込んでいた成果が試されるところでした。
そんなラッキーモーのC1初レースは真ん中くらいのリザルト。
最後尾スタートの不利な状況のなかで最終的な順位を上げる事ができたわけですからモーの前途は明るいのではないでしょうか。
そんなラッキーモーは月末の茨城CXでシーズンを締めくくるそうです。
e0154650_16354635.jpg
お台場のレースではたくさんのサイクリスト達の参戦があるのも特徴のひとつ。
北海道からおこしのジェイ氏。
試走しようと思ったら前輪のタイヤにトラブルを抱えていまして空気が抜けていってしまいます。
そんな前輪を時間のないなかでチョイ焦りながらの作業だったわけですがなんとか直すことができてレースではC3で2位。
すばらしいお土産を自分のチカラでつくってくれたのでした。
リスペクトがあります。
e0154650_16374598.jpg
あと、面白かったのはC2カテゴリーでのTeam Blue Lugの走り。
3人が同じような位置で競り合っていたのはもちろんのこと。
揃えたジャージが揃って走っているのは壮観でした。
さらにC1に出走されてたコッシーさん。
このお台場のレースでは相当狙っているらしくレース前から表彰台狙いを公言されてました。
結果はそうならなかったけれど、そうやってレースというゲームを楽しんでいる感じが伝わってきてとても感動したのです。
わたしももっと楽しみタイ!
楽しみタカバイ!そう、思うんです。
e0154650_16443656.jpg
e0154650_16443847.jpg
そんなみんなが発散する良質なヴァイブスを浴びに浴びて観戦だけでも楽しめたシクロクロス東京でした。
わたしも来シーズンはもっと頑張りたいなー。
来シーズンは好評でしたグリーンのチームキットに別れを告げてしまいます。
チームキットも変われば、わたしの自転車も変わる予定ですのでご期待くださいませ。
ついに2台体制に突入です。
e0154650_16445174.jpg


日曜日は本番のエリートレース。
ここで走る招待選手のJ-powと、Raphaのヒロさんのメカニックとして準備と待機をするだけでしたから午前中はリラックス。
e0154650_16532079.jpg
今シーズンはSPEEDVAGEN FAMILY RACINGとして覚醒のシーズンを過ごしたヒロさん。
下関でのJ-CXで優勝。
前橋CXも第ニ戦で2位。
いまやポディウムハンターとして獅子奮迅の活躍を見せてくれました。
同じ自転車業界人でありアマチュア選手としてとっても刺激になりました。
e0154650_16531748.jpg
J-Powの走りはというと、今シーズンの不振を感じさせないような走り。
ディフェンディングチャンピオンだったのが2位でしたから悔しさが残ったかもしれません。
自転車のほうもなにもトラブルがなくて良かったです。
e0154650_16532377.jpg
e0154650_16532582.jpg

肝心のサポートのほうはというと、もうちょっとコチラのほうで工夫や積極的に動けたら良かったなと思う事が何度かありました。
昨年はJ-Powの奥さんがやってくれてたことが今年は来てなかったのでそういった面でも気付けなかったなと反省が残りました。
来年も依頼をいただけるようでしたらそのへんをがんばりたいです。






こころにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■OPEN ~ CLOSE
08:30〜17:00 Cafe(Weekday) 
10:00〜17:00 Cafe(Saturday & Sunday)
13:00〜21:00 Cycle Works
■Wednesday is every closing
■AD 151-0051 4-11-8 Sendagaya Shibuya Tokyo
■WebShop http://bonsaicycleworks.com/


.
[PR]
by bonsai-astn | 2017-02-12 12:00 | TEAM BONSAI 活動記録