カテゴリ:TEAM BONSAI 活動記録( 275 )

しぶき亭のしぶきを体感しに行く男

本日はグルメライド。
八戸遠征を経て。
グルメ熱にさらなるアブラが投下された気分がある。
やはりここはハードコアー御用達のお店に。
なんだかんだで三浦半島は遠いし。
城ヶ島には行った事すら無かったけれど。
行ってみるとなかなか善いところでした。
さすがにリスペクトがあります。
e0154650_20261621.jpg
e0154650_20261715.jpg
e0154650_20261731.jpg
この大きなマグロカツが定食で1,000円なりー。
まさに産地で食べれば美味いものは安くて最高に美味いというのを体現した一品。
ハードコアーのオススメ品でございます。
まさにリスペクトがありました。







こころにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■OPEN ~ CLOSE
08:30〜17:00 Cafe(Weekday) 
10:00〜17:00 Cafe(Saturday & Sunday)
13:00〜21:00 Cycle Works
■Wednesday is every closing
■AD 151-0051 4-11-8 Sendagaya Shibuya Tokyo
■WebShop http://bonsaicycleworks.com/ 


.
[PR]
by bonsai-astn | 2017-07-23 08:00 | TEAM BONSAI 活動記録

巴健至シェフと行く八戸グルメツアーに行く男

夏休みに八戸に行ってきました。
行くぜ、東北。




走り続けるにはエネルギーが必要。
エネルギーの根幹は食べものだったりするわけだけど。
グルマンレーサーは食べものにうるさい。
だって、美味しいものを摂ったほうがカラダに良いに決まっている。
ていねいに料理されたクリアーな味をたべれば美味しいだけではない「何か」に会えるはず。
医食同源。
オキナワで美味しいものを食べると「ぬちぐすい」と言うように。
命のクスリを求めてわたしたちは日々食事をしているわけ。
だから美味しいものを求めてぼくらはグルメツアーに出ることにした。
ブランジェリーパリの空の下の巴健至シェフの強烈な導きを頼って。
そこにリスペクトがある。
e0154650_18575622.jpg
9時間をドライブを経て十和田湖に。
ここにはブナの原生林の森があって、森林浴で健康に。
空気から健康になるイメージ。
水は澄み切っている。
空気が美味い。
自然が近いというか、自然のなかに居る!
e0154650_18563059.jpg
e0154650_1856624.jpg
e0154650_18561097.jpg
全国有数の透明度の高い湖で育った「ヒメマス」定食。
淡水魚にもかかわらず臭みが無くクリアーな味。
巴シェフの導きによって、普段は付いてこないヒメマスのフライをお試しにどうぞというサーヴィス。
食べている途中、もしかしたらこの定食はカンタンには食べられるものではないのではないかという疑念を抱く。
まさにハードコアーの壁がそこに確実にある。
十和田湖にタダ行くだけではダメだ!
e0154650_18533798.jpg
e0154650_18561247.jpg
帰って来て夜は八戸の居酒屋さんで地魚と地酒で一杯。
というか数杯。
お酒も美味しい八戸です。
e0154650_18591370.jpg




翌日。
天気予報が大的中の雨のなかをスタート。
雨の日にグルメライドはエチケット的に御法度なんだけれど、巴シェフがサポートカーを出してくださったおかげで入店前にタオルで拭くことでカヴァー。
e0154650_18562427.jpg
来ましたよ。
来ましたよ。
千草のらーめん。
これ、水と鶏だけでとったスープなんだそうで。
いやー、鶏だけなのになんという美味さ。
ラーメンがカラダに悪い料理とか言ってる衆じはどこよ?だれよ?ってこれをたべてごらんなさいよ、まったくカラダが喜びますから。
旨い。
e0154650_18531889.jpg
ラッキーモーはノーマルでは食べ足りないということで裏メニューを巴シェフのおかげでオーダー。
震えながらの完食だったけれど。
美味いのは間違い無い。
e0154650_18531627.jpg


またしても豪雨のなかを走って帰り道は種差海岸に寄ってウニをおやつに。
ランチのあとにちょうど良い小セットがあるじゃありませんか。
はじめて食べるいちご煮はうにとあわびのお吸い物ということで豪華。
ウニ丼のウニの量が少なくありませんか?と思ったけれど。
巴シェフいわく、八戸のウニは昆布をたくさん食べて育ったから味が濃いのでこれくらいが良いのだとか。
e0154650_1853228.jpg
間違い無い美味さです。
どんどん健康になります。
e0154650_18532674.jpg
そして、夜は焼き肉。
今回のために黒毛和牛を2週間前に締めてドライエイジング。
内臓類は最新の割き立てという超贅沢な仕様に。
おのずと焼きも真剣に。
1枚1枚をみつめるスタイル。
コレですよ、コレ。
もちろん、味のほうは今まで食べた事が無いような美味さ。
いやー、焼き肉も他で食べられなくなってしまうとは!!
e0154650_18573923.jpg


楽しかった八戸。
あっという間だったなぁ〜。
巴シェフと、オーナーのユミさんのおかげで八戸初心者には絶対に経験できない旅ができました。
美味い食べ物とは、つまりこういうことなんだよ、と教えてもらったような気がします。
チーム員のみんなもグルメ観が変わったんじゃないかな。
まさにリスペクトがあります。
e0154650_1854085.jpg











こころにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■OPEN ~ CLOSE
08:30〜17:00 Cafe(Weekday) 
10:00〜17:00 Cafe(Saturday & Sunday)
13:00〜21:00 Cycle Works
■Wednesday is every closing
■AD 151-0051 4-11-8 Sendagaya Shibuya Tokyo
■WebShop http://bonsaicycleworks.com/ 


.
[PR]
by bonsai-astn | 2017-07-16 09:00 | TEAM BONSAI 活動記録

湿度のなかを泳ぐ男

いよいよ梅雨です。
湿度が高くムシムシ。
サングラスも下り坂でも曇ってしまう。
ああ。
e0154650_14113534.jpg
でも走るとやっぱりスッキリするもので。
いいですね。
モヤモヤでも。
ムシムシでも。









こころにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■OPEN ~ CLOSE
08:30〜17:00 Cafe(Weekday) 
10:00〜17:00 Cafe(Saturday & Sunday)
13:00〜21:00 Cycle Works
■Wednesday is every closing
■AD 151-0051 4-11-8 Sendagaya Shibuya Tokyo
■WebShop http://bonsaicycleworks.com/ 


.
[PR]
by bonsai-astn | 2017-07-02 08:00 | TEAM BONSAI 活動記録

雨が降る前に走り終える男

午後からの雨予報に怯えてショートカット。
雨が降っても走れるかなーという季節ですが。
今日は寒いので無理はしないということで。
そこにリスペクトがあります。
e0154650_13504725.jpg










6月24-28日(土-水曜日)はツアーオブフクオカのため臨時休業とさせていただきます

こころにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■OPEN ~ CLOSE
08:30〜17:00 Cafe(Weekday) 
10:00〜17:00 Cafe(Saturday & Sunday)
13:00〜21:00 Cycle Works
■Wednesday is every closing
■AD 151-0051 4-11-8 Sendagaya Shibuya Tokyo
■WebShop http://bonsaicycleworks.com/ 


.
[PR]
by bonsai-astn | 2017-06-18 08:00 | TEAM BONSAI 活動記録

夏のうなぎを喰らう男

朝からアンラッキー画像が流れる。
クリハラのクリートバネが折れる。
そこまで消耗を放置したと言ってしまえばそれまでなのだけど。
シューズ交換を今日に控えているというときに寸前でチカラ尽きるバネ。
これはシューズの嫉妬に他ならぬ。
サイクリングホラー。
e0154650_183127.jpg
そんなサイクリングホラーに遭ったクリハラは集合場所に時間とおりに間に合わなかったので、コチラはゆっくり先行することに。
といってもどれくらい離れているかわからない。
ちょうど大きな橋を渡っているときにコチラが遠回りしているあいだに追い抜かれて、今度がコッチが追う展開になるからおもしろい。
e0154650_1811421.jpg
さて、今日はグルメライド。
コースの変更をしたら天候不順の日にばかり当たってしまい、ほぼ1年くらい来れてなかったうなぎ屋さん。
いろいろ都合が良くて通わせてもらってるけれど。
やっぱりいいな。
リスペクトがある。
e0154650_1811659.jpg









こころにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■OPEN ~ CLOSE
08:30〜17:00 Cafe(Weekday) 
10:00〜17:00 Cafe(Saturday & Sunday)
13:00〜21:00 Cycle Works
■Wednesday is every closing
■AD 151-0051 4-11-8 Sendagaya Shibuya Tokyo
■WebShop http://bonsaicycleworks.com/ 


.
[PR]
by bonsai-astn | 2017-06-04 08:30 | TEAM BONSAI 活動記録

新しい階に上がる男

今日は参謀とLSDデー。
参謀とふたりになったということは。
予定の消化よりも新規を開拓する必要があり。
気にしていたところに行くことになった。
アイエフ後注文のカスタマーS氏。
なぜか先約を追い抜いて完成してしまって予定の納期よりも時空を超えて早まった。
そういうわけで納車ライドのルートを参謀と確認。
みんなが走る裏の裏。
遠回りのようで実は近い?
急がば回れ。
そこにリスペクトがある。
e0154650_17254897.jpg

e0154650_17255271.jpg









6月2日(金)自転車営業は臨時休業とさせていただきます
カフェは16時まで営業いたします
よろしくお願いいたします


こころにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■OPEN ~ CLOSE
08:30〜17:00 Cafe(Weekday) 
10:00〜17:00 Cafe(Saturday & Sunday)
13:00〜21:00 Cycle Works
■Wednesday is every closing
■AD 151-0051 4-11-8 Sendagaya Shibuya Tokyo
■WebShop http://bonsaicycleworks.com/ 


.
[PR]
by bonsai-astn | 2017-05-28 07:00 | TEAM BONSAI 活動記録

Tylerを見送る男

今日はいつもの日曜日で。
グルメライドで。
走り慣れたルートで。
そういうなかに特別な自称が唯一。
タイラーがアメリカに帰国する寸前。
聞けば、あさってには機上のひとになるというから驚きだ。
こんな忙しいタイミングで来てくれたとは。
我々はチームメートで自転車仲間。
先日のRapha Prestige Kujuにもいっしょに出た。
そして、走った。
走りきった。
それが彼に良い思い出としてあの日が記憶されているのならありがたい。
e0154650_18412069.jpg
e0154650_18412494.jpg
タイラーはいつだったかジャージを買いに来てくれたのが知り合ったキッカケだったと思う。
そして、いつからか自転車の整備もさせてもらえるようになり。
英語の先生にもなってくれて。
気付いたら練習会にも来てくれるようになっていた。
はじめて来るような人をまるで拒むかのような迷路のような我々の道の組み合わせ。
けれども、彼は我々チームのことを理解しようとしてくれた。
e0154650_18412657.jpg
e0154650_18441468.jpg
帰り道。
なんだか感傷的になる自分が居た。
いよいよ目的地の盆栽自転車店に着くぞという時点でいろいろ思い出されたし、思い返した。
普段の。
いつもと何も変わらない。
ちょっとだけ暑い日。
タイラーはアメリカに帰る。
そんななかでいつものグルメライドをタイラーといっしょに走れてよかったと思う。
わたしはどんなレースやイベントよりも普段のライドが大事だと思っているし。
こうした積み重ねでチームは研磨されていくものだと信じているから。
別に一生会えなくなってしまったわけではないから感傷的になるのはもうヤメる。
またいっしょに走る機会もあるだろうし。
それを作るのもまた自分自身なり。
これからもお互い自転車大好きで楽しめるといいな。
きっとそうなるだろうけど。
そこにリスペクトがある。










こころにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■OPEN ~ CLOSE
08:30〜17:00 Cafe(Weekday) 
10:00〜17:00 Cafe(Saturday & Sunday)
13:00〜21:00 Cycle Works
■Wednesday is every closing
■AD 151-0051 4-11-8 Sendagaya Shibuya Tokyo
■WebShop http://bonsaicycleworks.com/ 


.
[PR]
by bonsai-astn | 2017-05-21 08:30 | TEAM BONSAI 活動記録

火中の栗を拾わぬ男

毎月、生真面目に出している月の走行予定。
予定を出しているだけに変更できないのが微妙だったけれど。
ちょっと今日はのっぴきならぬ理由で変更。
そしたらヤマノハがルートを間違えてそれっきり居なくなってしまった。
せっかくチーム員が揃ったのに。
居なくなるなんて、もったいないなぁ。
それでも良い練習ができてよかったと満足してたら、最後の最後でヤマノハ合流。
このタイミングで合流できるなんてある意味すごいと感心した1日でした。
e0154650_14563146.jpg










こころにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■OPEN ~ CLOSE
08:30〜17:00 Cafe(Weekday) 
10:00〜17:00 Cafe(Saturday & Sunday)
13:00〜21:00 Cycle Works
■Wednesday is every closing
■AD 151-0051 4-11-8 Sendagaya Shibuya Tokyo
■WebShop http://bonsaicycleworks.com/ サイトリニューアル中


.
[PR]
by bonsai-astn | 2017-05-07 07:00 | TEAM BONSAI 活動記録

Rapha Prestige Kujuを走る男

寝ても覚めてもPrestige。
前日入りの興奮。
段取りと都合の噛み合わせの悪さで。
行き違い、すれ違い、スピードは超過。
ホークス延長線の12回裏までしっかりローカル観戦して寝床についたけれど。
眼が冴えて眠れない。
あぁ、これは晩ご飯のツマミで大量に摂取した馬刺のせいだ。
きっとそうだ。
あとでネットで調べてみるか、と思って後日調べてみたら「馬刺 寝付き」で有力なエントリーは見つからなかった。
e0154650_1543176.jpg
わたしは準備をした。
それはかつてないほど壮大なモノだ。
機材は3人が盆栽自転車店が日本で唯一取り扱うVYNL Bikesで揃えてくれた。
しかも、盆栽自転車店スペヒャルカラー。
リスペクトがある。
もちろん、彼らの意志だよ。
一応、念を押しときますとね。
フレームに合わせてENVEのステムとメーターマウントを塗装屋さんで特別に塗ってもらって前々日に受け取ってクリハラは当日朝にステム交換。
ラッキーモーは前日に装備、ヨシダにいたってはイベントがシェイクダウンということに。
そして、今回、オーストラリアのサイクルアパレルブランドの〝MAAP〟が特別にチームキットを製作してくれたおかげで我々はかつてないほどのハイパフォーマンスなカスタムウェアーで走る事ができるようになった。
さらに、チーム員のヘルメットはすべてわたしがカスタムを施したし。
靴下からグローブまで揃えて。
自転車もENVEのホィール。
タイヤは丈夫で信頼性抜群のパナレーサーのDタイプで揃えて。
クリハラ参謀が京都のときに製作したRadar XLを装備しているのも見逃さなかった。
あとは外見じゃなくて中身の気持ちを揃えることくらい?
えぇっと、それはもう聞かなくても揃っているよね。
そこにリスペクトがある。
e0154650_1510557.jpg
わたしは準備を続けた。
1週間前に発表されたルートマップを穴が開くほど見続けた。
それは135kmで3000mの獲得標高。
ほとんどがアップダウンで形成されたルート。
途中に謎のカーブや遠回りなんかも見つけたのだけど、これはきっとコースディレクターの丹野氏による意図がなにかあるのだろうと思って当日を楽しみにすることをした。
e0154650_151143100.jpg
前回の京都のときにはあまりそういう事前情報をくまなく調べるということはしなかったものの。
今回はチェックポイントの距離も暗記していたし、どのへんにあるのかも目星をつけておいたし、山の数はどれくらいとかとにかくわかる範囲で推察と考察を重ねて本番に臨んだ。
それは昨年開催されたPrestige Kamikatsuで多くのチームが完走できずにリタイヤになったことで警戒心が強くなったせい。
とにかく何があるかわからない。
なにせ走った事がほとんどないルート。
わかることは出来る限り調べて本番に臨むべきでは。
それくらい完走できるか心配だった。
e0154650_15101342.jpg
はて?
そこまでしたところになにがあるんでしょう。
Rapha Prestigeはレースではない。
純粋な走行イベントである。
だから賞金とか表彰も無い。
順位もつけないし、残らない。
各々のチームが用意されたルートを各々のチームの志向と趣向で制限時間内で走り楽しむ。
わたしはそう理解している。
そして、Prestigeの和訳は、威信、名声、信望らしいから。
わたしたちはそれを得る、少しでも近づくために走った。
e0154650_1510951.jpg
結果的に最終スタートで一番目にゴールしたわけだけど。
それには関心が無い。
くどいようだが、レースではない。
ライドの途中でどれだけ頑張れたのか。
どんなフィールドだったか。
上りもあれば、下りもある。
似ている道はあっても。
同じ道は通らない。
折り返しすらもちろん無い。
e0154650_15102058.jpg
ジェットコースターのような下り。
限界になりそうなくらいにキツかった上り。
ミドリの匂い、温泉の硫黄。
最高の天気。
風の強弱。
恐怖にも感じたプロペラの音。
溢れ出した小川の水でカーボンリムを冷ます。
走るにはスピードだけではないなにか。
上手さ?小手先のテクニック?
コースを知る事、感じる事。
五感を研ぎすませて。
ときには六感も動員させる。
我々にしか見えなかった世界や景色があったと思うし。
その見えた世界と景色は各々のチームで違ったはず。
そこにリスペクトがある。
e0154650_1510040.jpg
無事に目標の完走を達成できてうれしかった。
誰もケガしなかったことも良かった。
今回のPrestigeを走らせてもらってチームの完成度が京都の頃に比べると段違いに良くなっていると自分で言っちゃいたいし、これからもそれ以上を目指していきたい。
そういう意味では我々はPrestigeを獲得することができたのかもしれない。
そのPrestigeがなにかは我らのこゝろにそっと閉まっておくとしよう。
サイの角のようにただ独り歩め。


e0154650_1522731.jpg
翌日。
主に高校時代と東京に来てから仲良くしてくれてた友人の披露宴にお呼ばれされてたので盆栽屋はそっちに。
残りのメンツは盆栽屋がテキトーに引いた山岳コースでリカバリーライドに。
ウッカリ、インフラが微妙な整備状態だったみたいで道が寸断されておりかなりアドベンチャーだったみたい。
さらに飛行機の時間もあったのでけっこう焦ったみたい。
みんなには悪い事しちゃったなぁ〜。
でもおかげで自分が走らずしてルートを詮索することができた。
e0154650_1522549.jpg
披露宴のあと、時間があったのでRaphaのPop Up Fukuokaにもお邪魔してきた。
Pop Up Fukuokaはもうあと2週間くらいでなくなってしまうけれど。
その後も福岡の自転車シーンがいい感じで盛り上がってくれることを願わずにはいられない盆栽屋。
6月にもちょっとお邪魔すると思います。
ヨロシク〜







こころにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■OPEN ~ CLOSE
08:30〜17:00 Cafe(Weekday) 
10:00〜17:00 Cafe(Saturday & Sunday)
13:00〜21:00 Cycle Works
■Wednesday is every closing
■AD 151-0051 4-11-8 Sendagaya Shibuya Tokyo
■WebShop http://bonsaicycleworks.com/ サイトリニューアル中


.
[PR]
by bonsai-astn | 2017-04-22 06:58 | TEAM BONSAI 活動記録

オレはRapha Prestige KUJU に行く

オレはRapha Prestige KUJUに行く。
久住に走りに行く。
Rapha Prestige。
かつてはGentlemen's Raceと言われていたものだ。
それは美しい。
チーム5人でチカラを合わせてアドベンチャーな初めて走るルートを走りきる。
e0154650_22304182.jpg
考えてみてほしい。
そんな自転車のイベントが他にあるだろうか?
あまり知らない。
例えばロードレースであってもチーム力を発揮できているチームがあるだろうか?
ホビーレーサーは全員がエース。
そんなホビーレースレベルでは皆無ではないだろうか?
あったとしても、チームで出場するエンデュランスがせいぜいってところじゃないだろうか。
そういうなかでPrestigeは特異な存在である。
まさにチーム力が試されようというイベントである。
だから美しい。
そしてリスペクトがある。
e0154650_22314130.jpg
わたしはかつてRapha Prestigeが、Rapha Gentlemen's Raceという名前だったころに2回出させてもらったことがある。
1回目の野辺山と。
2回目の京都
そのうちチームで出場できたのは京都だけ。
1回目には適わなかった自分のチームでの出場ができたのだ。
だから自分でも相当な気合いを入れていたと思う。
それはそれはもう大変なものだった。
振り返ればそんな気合いが空回りすることも多分にあったと思うし。
チーム員のみんなのなかでもいろいろと紆余曲折があったはず。
それは、とにかく、Rapha Gentlemen's Raceという巨大な存在にチームが呑み込まれてしまった瞬間だったのかもしれない。

「浮ついてはいないか?」

楽しかったけれど。
う〜ん。
楽しいだけでは終わらせてくれなかったGentlemen's Race。
それはチームの完成度があまりにもわたしの理想と違っていたから。
あとから気付いたことなんだけど、このイベントはチームを成長させてくれるイベントである。
当時からそう思っていられれば少しは気がラクになったのかもしれないけれど。
あのころはそういう思考になることができなかった。
e0154650_22294264.jpg
そして、それ以降はというと?
Prestigeはお休み期間にはいった。
実は、本当は、Prestigeに出たかったけれど、出たくて出たくてたまらなかったけれど敢えて申し込む事はしなかった。
わたしはチームが成長したときに、機が熟したときにまた出させてもらおうと思っていた。
あのあいだに、Gentlemen's RaceはPrestigeと名前を変えて。
招待制から応募制に変わり。
「レース」から「イベント」にという具合にスタイル的にも変身していった。
開催場所も
八ヶ岳。
小国にニセコ。
上勝。
そして、那須。
e0154650_22301104.jpg
そのあいだ。
女性のPrestigeを中心にナツキに出場してもらっていた。
男性も出場可能だった上勝には、当時テツーージを名乗っていたラッキーモーをチームから派遣したものの、完走できず。
わたしが1回目に出たときのように、そのときだけの急造チームがめずらしくないPrestigeだけれど。
やはり、普段から活動してるチームがいいんだろうなと思いを深めてくれることになった。
それを横目に。
我々はGentlemen's Raceにおおいに触発された冒険的ライドを繰り返すようになる。
それは各地で。
北海道や沖縄ではレース後に走り。
いろいろな土地に行くことでその土地のハードコアーたちとの出会い、チームの交流、そうして自分の距離感覚というか、距離への障壁がどんどんと無くなっていく感覚を得る。
e0154650_22311284.jpg
そして、今になってあの京都を振り返ってみると。
チームは成長したのだろうか。
思えばたしかにクリハラは京都でのあの日、あのイベントを境に変化した。
京都では、パンク修理に苦戦して大きな遅れをとってしまったり、下りでボトルを落としたり、最速だったトレックチームに付いて走れば真っ先にちぎれたり。
それが今はどうだ。
レースに出るようにもなったし、練習では持ち前の地理能力の高さに加えて走力が上がったことによりレースをやっているチーム員にも負けないようになった。
そんなGentlemen's Raceをキッカケにして自転車力を底上げしたチーム員を見て、リスペクトしない盆栽屋は無し。
そうだ!
このイベントは、そういうチームを成長させてくれるイベントなんだ!!
e0154650_22325069.jpg
ある日の午後。
上勝のムービーを静かに見ていた。
そしたらいっしょに見る男がサイのツノのようにもう独り。
アメリカから留学で日本に来ているタイラー。
Prestigeに行きたい?と聞いたら、いいね!ということになった。
昨年からお店にちょくちょく来てくれていたなかで今年の5月にはアメリカに帰ってしまうというので日本の思い出作りとしては丁度いい。
それから、タイラーはチーム練習に来てくれるようになり、我がチームの穴を完全に埋めてくれそうである。
e0154650_19111715.jpg
さて。
ともかく。
我々は久住に向かう。
もしかするとまた浮ついているのかもしれない。
まぁいいだろう、大目に見ておくれ。
申し込みも前のめりでやりきって。
スタートは最後をお願いした。
目標は完走。
久々のPrestigeだから骨の髄まで楽しませてもらおうと思う。
美しいイベントがそこにあることを信じている。
そこにリスペクトがある。






4月21〜23日は自転車営業はRapha Prestige Kuju参加のためお休みさせていただきます
カフェは通常通り営業します


こころにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■OPEN ~ CLOSE
08:30〜17:00 Cafe(Weekday) 
10:00〜17:00 Cafe(Saturday & Sunday)
13:00〜21:00 Cycle Works
■Wednesday is every closing
■AD 151-0051 4-11-8 Sendagaya Shibuya Tokyo
■WebShop http://bonsaicycleworks.com/ サイトリニューアル中


.
[PR]
by bonsai-astn | 2017-04-21 12:00 | TEAM BONSAI 活動記録