カテゴリ:VYNL Bikes( 5 )

VYNL Bikesを納車させていただきました チーム員ラッキーモーの場合

VYNL Bikeを納車させていただきました。

VYNL Bikesの取り扱いのハナシが来たときに。
今更アルミのフレームなんて、、、と思ってたらオーダーしてくれるヒトがまたも身近に。
そのひとりがチーム内東海地区担当で専属キャメラマン且つ元テツーーージのラッキーモー。
盆栽自転車店でのはじめての買い物だった当時デモノで出ていたTIMEのRXRSを踏切でコケたキズもそのままに、でも大事に5年?乗っていたラッキーモー。
チーム内でもなにかとトレンドに敏感で、それらを無視できない流されがちなラッキーモーにとってメインバイクがメタルフレームになるということはずっとアタマのなかにあった検討課題であったに違いありません。
事実、わたしが取り扱いをすると打ち明けるとすぐに敏感なる反応を示したのはほかならぬラッキーモーでしたから。
e0154650_21393310.jpg
わたしもこういう商いをさせていただいてまして、「買う買う!」という威勢の良いリアクションはいただいても、実際は買ってくれないなんてことは良く経験しているわけですが。
彼は買う買う詐欺はしません。
買うと言ったら、絶対に買う男です。
鉄の男なんです。
でも乗るのはアルミの自転車です。
e0154650_2139458.jpg
鉄(アルミ)の男ラッキーモーは堅実という意味でも堅い。
チーム内や、カスタマーのみなさまのなかではハイエンドパーツがあふれるなかで。
ここは流されない。
アルテグラ一択。
もしかすると、もうすぐモデルチェンジが見えて来ているのに。
鉄(アルミ)の男はそんな予測できない未来のことには囚われないのです。
e0154650_21393828.jpg
チーム員の3台のVYNLのなかで唯一のアルミハンドルというのも、この男を堅実たらしめる要因のひとつになっているでしょう。
クランクがパワーメーターなのは理系の証明。
おかげで完装重量は最重の7,5kgをマーク。
でも8kgとかにいかないのはアルミフレームだから?カーボンホィールだから?でしょうか。
e0154650_21394353.jpg
e0154650_21394799.jpg



さて、
参謀クリハラと同じくラッキーモーも日本のホビーレーサー垂涎の的であるTIMEフレームからの乗り換え組なわけですが。
その乗り味はかなり気に入ってもらっている様子。
e0154650_21404665.jpg
自分の自転車に思わず惚れ惚れ。
愛車を撮影する腕にも気合いがはいるというところでしょうか。
腰に力感を感じますが、それは気のせいでしょう。
e0154650_2140495.jpg
■フレーム

VYNL Bikes ROAD
盆栽自転車店スペヒャルカラー

■スペック

メインコンポーネント:シマノ 6800

クランク:ROTOR INPOWER
BB:ChrisKing Thread Fit 30 Black
スプロケット:シマノ 9000

ヘッドパーツ:Chris King
ハンドル:3T Rotundo Pro
バーテープ:Fizik
シートピラー:ENVE
サドル:Fizik Antares Versus Carbon
ペダル:SPEEDPLAY ZERO Stainless

ホイール:BONSAI x ENVE
ハブ:ChrisKing Pewter
リム:ENVE SMART SYSTEM 3.4
スポーク:SAPIM CX-RAY
タイヤ:PanaRacer TypeD








こころにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■OPEN ~ CLOSE
08:30〜17:00 Cafe(Weekday) 
10:00〜17:00 Cafe(Saturday & Sunday)
13:00〜21:00 Cycle Works
■Wednesday is every closing
■AD 151-0051 4-11-8 Sendagaya Shibuya Tokyo
■WebShop http://bonsaicycleworks.com/ 


.
[PR]
by bonsai-astn | 2017-06-12 12:00 | VYNL Bikes

VYNL Bikesを納車させていただきました チーム員クリハラの場合

VYNL Bikesを納車させていただきました。

VYNL Bikesの取り扱いのハナシが来たときに。
アルミのフレームなんて誰か買ってくれるヒト居るかな?なーんて思ったもんですが、こんな身近に居るとはねー。
そのひとりがチーム内参謀のクリハラ。
わたしのお古である改造ZXRSを質実ともにまさに自分のモノにしていたクリハラ。
ここでアルミへの転換があるとは予想していませんでした。
e0154650_2142811.jpg
そんなクリハラはかつてCannondaleのアルミバイクの所有していたくらいでしたから、アルミへのこゝろの親和性があったのかもしれません。
フレームが届いてからもいろいろとご迷惑をおかけしてしまいましたが、Prestigeの前々週には間に合って乗ってもらってたときから、なんか好調なクリハラ。
実際、イイみたいということで。
e0154650_2141924.jpg
コンポーネントは新しいデュラエース。
ハンドルステムにシートピラーはENVEということで全てがBlackでまとまりました。
フレームカラーのFade感も際立つ印象です。
フレームにはいるロゴのカラーリングはクリハラはパープルを選択。
バーテープもカラーを揃えて、確実に量産型のフレームでは見ない完成度に仕上がっています。
e0154650_2142454.jpg
クリハラの装備するBONSAI x ENVEはカスタマー中で唯一のストレートスポークのオーダー。
そのためにハブがスペヒャルになっているわけなんですが、前輪はDT。
後輪は、はじめに用意していたZIPPが3年以上の使用でネを上げてしまいまして、スペヒャルのCampagnoloに交換しています。
リムのチョイスも3.7という一風変わったオーダースタイル。
そういえばクリハラは出会った時は超軽量マニアで5キロ台の自転車に乗ってたよなーなんて、そんな一風変わったセレクトにこんな記憶が思い起こされます。
e0154650_2143122.jpg
シートクランプはなぜかシルバーのモノが付いてきたので後日ThomsonのBlackのモノに交換しました。
オーソドックスな造りのフレームなのでこんなところの交換部品も豊富に選択肢があったりします。
それにしてもサドルバッグがウッス!!
Prestigeなのに薄過ぎやしないか!?というわけなんですが。
そういや参謀はメカトラブルやらパンクすらも少ないよな〜なんて。
クリハラはパケットにも持つ派ですからね。
e0154650_214361.jpg



さて、クリハラにZXRSとVYNLはいまはどちらが一号機なの?
と聞いてみたところ「VYNLですね」という回答。
天下のTIMEよりも、このアメリカーの小規模マイナーブランドであるVYNLにクリハラのなかでは軍配が上がってしまいました。
e0154650_2182364.jpg
その感想は、「VYNLのほうがなんか軽い」そうです。
つまり重量以上の軽快さがあるということなんでしょうか。
あと、硬さの印象も良いみたい。
そこはアルミフレームの美点が活きている印象なのでしょう。
そんな硬さは乗り心地という点でデメリットにもなりがちですが、そのへんも最小減なのがVYNLの良いところ。
なにせ、天下のTIMEのZXRSから乗り換えて気に入ってもらってるわけですから。
アルミフレームもナメられませんぜ、ということなんでしょう。
e0154650_2141654.jpg
コチラの自転車は換装重量で7,2kgほど。
チーム員がオーダーした3台のVYNLのなかではいちばん軽量な1台になりました。
e0154650_2182075.jpg


■フレーム

VYNL Bikes ROAD
盆栽自転車店スペヒャルカラー

■スペック

メインコンポーネント:シマノ R9100

ヘッドパーツ:Chris King
ハンドル:ENVE Compact
バーテープ:SPACAZ
シートピラー:ENVE
サドル:Selle Italia SLR Kit Carbpnio
ペダル:SPEEDPLAY ZERO Stainless

ホイール:BONSAI x ENVE ストレートスポークスペヒャル
ハブ:DT 240S & Campagnolo
リム:ENVE SMART SYSTEM 3.7
スポーク:SAPIM CX-RAY
タイヤ:PanaRacer TypeD







こころにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■OPEN ~ CLOSE
08:30〜17:00 Cafe(Weekday) 
10:00〜17:00 Cafe(Saturday & Sunday)
13:00〜21:00 Cycle Works
■Wednesday is every closing
■AD 151-0051 4-11-8 Sendagaya Shibuya Tokyo
■WebShop http://bonsaicycleworks.com/ 


.
[PR]
by bonsai-astn | 2017-06-05 12:00 | VYNL Bikes

VYNL Bikes を納車させていただきました 盆栽屋の場合

VYNL Bikesを組みました。

せっかく日本国内初で国内唯一の代理店をやらせていただくとなったら。
そこで乗らない盆栽屋は無し。
乗らないでオススメなんてできませんからね。
けれども、いまさらフルアルミフレームなんてどうなの?
なんていうナメた個人的な思い込みもあったものの。
そんな思いは初乗りで華麗に裏切られることになります。
っていうくらい良く走るVYNL Bikes。
なんとなくアルミは硬かったという思い出しかなかったわけですが。
今あらためて乗ってみると、むしろ軟らかい?と感じるくらい。
それくらいにアイエフのチタンが硬かったわけなんですが。
フレームの素材によるキャラクターや造りでまた違ったいろいろな表情を見せてくれるから面白いと思います。
まさに勉強になるなぁと思う1台になりました。
e0154650_16541875.jpg
今回、国内唯一で、さらにVYNL Bikesにとってははじめての輸出相手となった盆栽自転車店向けに特別カラーを作ろうというハナシになりまして。
そこで選んだのがかつての伝説的アルミフレームブランド〝KLEIN〟のこれまた伝説的なカラーであったGator Fade。
アルミの隆盛と没落を体現するかのように、いまでは無くなってしまったKLEINというブランド。
そのブランドとアルミ素材に敬意を示しつつ、オマージュというカタチでよみがえらせてみました。
VYNL Bikesのロゴデザインもなにか90年代を思わせるようなデザインでとても相性が合うなと思ったのです。
e0154650_17265691.jpg
フレームとフォークはVYNL Bikesで塗装。
ステムとメーターマウントはなぜかついでの塗装をしてくれなかったので。
日本国内の塗装屋さんにお願いをして塗ってもらうことでこの自転車はまさに日米合作ということで完成の日の目を見ました。
e0154650_16542869.jpg
いろいろな納期の都合もありまして初乗りはまさにイベント当日でPrestige KUJUの本番になっていましたけれど。
なにも心配ありませんでした。
パーツもほかの自転車とあまり変化ないですし。
ジオメトリーもたまたまアイエフのチタンとほぼ同じ。
ポジションももちろん同じに合わせてますし。
シッティングで軽快に上るアルミニウムならではの反応の良さがあります。
そして、アップダウンを繰り返すPrestige KUJUのルート中であっても、ヘンな挙動や不安な操作感を示すことなく安全に完走させてくれたVYNL Bikes。
ENVEフォークの絶大なる安心感とそれに負ける事ない剛性感のフレーム。
そこにリスペクトがあります。
e0154650_16542313.jpg



シェイクダウンからほぼ2か月。
それまではリムハイトの低いホィールを履かせていたわけですが。
リムハイトの高いSES 4.5に履き替えてみました。
もちろん似合います。
Fadeの塗装は見る側の角度で表情を変えるおもしろいものになりました。
e0154650_16543468.jpg
このeTAPのスッキリ感。
サイズもバッチリ出たのでフォークコラムもあっさりと詰めました。
VYNLはフルオーダーではないのでダウンチューブ上部にシフトアウター用のケーブルストッパーが残りますが。
まぁ、気になる造型ではありません。
e0154650_16543892.jpg
フロントのギア板には、勉強用にQXLのギア板を導入してみましたけど。
これはクセが凄くて面白いです。
けっこう気に入りました。
シクロクロス用もXLで出てくれればいいのになぁ。
e0154650_16544367.jpg
シートピラーはあえての選択で旧型をチョイス。
デッドストックで残してあったものです。
こちらのほうが新型の2ボルトよりも軽量なのです。
サドルはいつものアリアンテ。
コチラもデッドストックしておいたもの。
e0154650_165445100.jpg
VYNL Bikes向けにシートピラーに貼る高さメモのステッカーも製作しました。
こういうものも単なるビニールテープではなく、こうしてちょっと工夫があるとより完成度が高まると言いますか、愛着も増すのではないかと思います。
e0154650_16544847.jpg
最新スペックの無線電動コンポにパワーメーター。
超軽量なのに使用感も問題ないREDのブレーキキャリパー。
XLのリングにジャーマンチタンシャフトに換装したペダル。
ヘッド部分に悪魔改造を施して重量を削るものの手持ちで一番軽いホィールを装備して7,3kg。
走りは軽快そのものです。
個人的に7kg前半の車体がいちばん乗りやすく扱いやすい印象があります。
e0154650_16545133.jpg
■フレーム

VYNL Bikes ROAD
盆栽自転車店スペヒャルカラー

■スペック

メインコンポーネント:SRAM eTAP

ブレーキ:SRAM Red
クランク:ROTOR INPOWER
BB:ChrisKing Thread Fit 30 Turquoise
スプロケット:SRAM Red

ヘッドパーツ:Chris King
ハンドル:3T Rotundo Team Stealth
バーテープ:Fizik
シートピラー:ENVE
サドル:Fizik Aliante
ペダル:SPEEDPLAY ZERO Ti (ジャーマンシャフトヴァージョン)

ホイール:BONSAI x ENVE
ハブ:ChrisKing
リム:ENVE SMART SYSTEM 4.5
スポーク:SAPIM CX-RAY
タイヤ:Michelin Power Endurance




ここで、VYNL Bikes ニュース
なんと!
現在、メーカーに各サイズが在庫されているみたいです。
メーカーには無塗装の状態で保管してあり、ご注文後にカスタマーご希望のカラーに塗装をされて納品されます。
今ならそんなにお時間かからないかもしれません(1-2か月ほど?)。


気になるVYNL Bikesのお値段は、
ロードフレームは268,ooo円から。
シクロクロスフレームは288,ooo円から。
盆栽自転車店のスペヒャル塗装バージョンは9o,ooo円のアップチャージになります。
e0154650_165698.png











6月2日(金)自転車営業は臨時休業とさせていただきます
カフェは16時まで営業いたします
よろしくお願いいたします


こころにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■OPEN ~ CLOSE
08:30〜17:00 Cafe(Weekday) 
10:00〜17:00 Cafe(Saturday & Sunday)
13:00〜21:00 Cycle Works
■Wednesday is every closing
■AD 151-0051 4-11-8 Sendagaya Shibuya Tokyo
■WebShop http://bonsaicycleworks.com/ 


.
[PR]
by bonsai-astn | 2017-06-01 12:00 | VYNL Bikes

VYNL Bikesの真実

VYNL Bikesが本格的に日本上陸。
というわけで去るRapha Prestige KUJUが世にも珍しいVYNL Bikesがはじめて日本列島を走る舞台になりました。
Prestigeに参加したチームメンバー5人のうち3人がVYNL Bikesで走ったのです。
e0154650_18241618.jpg
アルミニウムのフレーム。
ダウンチューブは極太。
フォークはENVE。
直線的なフレーム構成。
非常にシンプル。
無骨なエンドまわり。
それでいてどこかなつかしい。
それもそのはず。
アルミニウムはロードバイクの素材としてスチールからとって変わって一世風靡した時代がありました。
それが90年代。
e0154650_18242565.jpg
なので、VYNL Bikesの日本の代理店をやらせていただくのにあたって、日本だけの限定カラーを用意しようというハナシのなかで、かつてアルミニウムがメインストリームだった時代の象徴的ブランド〝KLEIN〟の伝説のカラーリングだったGator Fadeをオマージュしたのはわたしのなかで自然の成り行きでした。
元々のKLEINのGator FadeはMTBのカラーリングだったわけですから、こうしてロードフレームとして再現してみるとまた違った面白さがあると思ったのです。
e0154650_18321616.jpg
ですから、ここは気合いを入れまして。
ステムにメーターマウントも塗装屋さんにて塗ってもらったのです。
e0154650_18242833.jpg
e0154650_18294095.jpg
e0154650_18294325.jpg
組み上がった自転車は、盆栽屋、参謀クリハラ、ラッキーモーすべての自転車で7kg台をマーク。
それなりに軽量といえそうですが。
最新のカーボンフレームには重量面ではまったく敵いませんし。
最新のスチールフレームに匹敵するくらいの重量。
ってことは金属フレームのなかでは軽量の部類と言えるでしょうか。
個人的に7kgちょっとの仕上がりになる自転車が最もバランスに優れると感じてますのでこれはちょうど良い重量でした。
e0154650_18294586.jpg



気になる乗り味はというと。
アルミニウムというとガチガチのバリバリの乗り味を想像しがちですが。
このVYNL Bikesに関しては非常に適度な剛性感と言えるものでした。
もちろん、アルミニウムなので基本的に硬いわけで少々の突き上げがあるわけですが。
イヤな硬さはほとんど無く、むしろ硬さは良い方向に向いており、とくに上りパートなどの踏み込む場面でスイスイと自転車が進んでくれる印象があります。
その軽快感は重量以上の感覚があります。
これはクイック気味なジオメトリーからも影響されているものだと思います。
e0154650_18243465.jpg
Rapha Prestige KUJUではグラベル区間もありました。
アスファルトの舗装路面も荒れているところがいくつもありました。
最後の下りもかなりガタガタで危険なカ所がいくつもありました。
そんななかでも安全に無事に走行できたのは、このVYNL Bikesがクイックでありながらも自然なハンドリングであること、バランスに優れた自転車であることのなによりの証明になるのだと思うのです。
そして、KOMもいくつか獲得できているという事実からも他の自転車とまったく遜色なく、むしろメリットがあるということが判明してしまいます。
e0154650_19315975.jpg
わたしがロードバイクに乗り始めた時代に一世風靡していたアルミニウムのロードバイク。
あのころから何が一番変わったのかというのを自分なりにいろいろと考えていたのですが、思ったのは信頼性の高いフロントフォーク。
当時はカーボンフォークが発展途上段階でお世辞にもいいものはありませんでした。
良いフォークといえばTIMEくらいなもので。
ENVEはブランドとして存在しませんでしたから。
そんな不遇の時代にあってアルミニウム素材のフレームは本当の実力を発揮できていなかったのかもしれません。
e0154650_19415519.jpg
こうして時代の経過とともにともすると忘れられかけてしまっているかもしれないアルミニウム素材。
大手メーカーでもアルミニウム素材のフレームをラインナップに加えるのはキャノンデールくらい?
他ではアルミニウムはエントリー向けのフレーム素材という印象は拭えません。
そんななかでこのVYNL Bikesをはじめとしたアメリカの小規模ブランドたちの手によってこの時代に甦ったアルミニウム。
ENVEフォークという最高のパートナーを得て完全に過去の乗り味とは違って洗練されたものになりました。
インテグラルではなく、ChrisKingの外付けヘッドパーツ規格を採用しているのも古いようでまったく新しい仕様です。
スチールをはじめとしたチタン、ステンレスという金属フレームが見直されている昨今にアルミニウムという新しい選択肢ができました。
e0154650_18243773.jpg
e0154650_1951910.jpg
Gator Fadeカラーは盆栽自転車店のオリジナルになります。
コチラはウレタン塗装。
VYNL Bikesが基本にしているパウダーコートのほうがカーボン素材では不可能な金属専用の塗装なのでそれはそれでおもしろいと思います。
ロードフレームは268,ooo円から。
ご注文お待ちしてます。













こころにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■OPEN ~ CLOSE
08:30〜17:00 Cafe(Weekday) 
10:00〜17:00 Cafe(Saturday & Sunday)
13:00〜21:00 Cycle Works
■Wednesday is every closing
■AD 151-0051 4-11-8 Sendagaya Shibuya Tokyo
■WebShop http://bonsaicycleworks.com/ サイトリニューアル中


.
[PR]
by bonsai-astn | 2017-05-07 12:00 | VYNL Bikes

VYNL Bikesの取り扱いを開始します

盆栽自転車店のフレーム取り扱いラインナップに新たなブランドが加わりました。
それは、〝VYNL Bikes〟。
アメリカはカリフォルニアから来ました。
新進気鋭のアルミフレームブランドなんです。
このたび日本初上陸。
盆栽自転車店の店頭にある展示フレームが国内唯一のVYNL Bikesのフレームになると思います。
e0154650_19594897.jpg
ちなみに読み方は、ヴァイナルバイクスです。
名前の由来はレコード盤から。
西海岸のロックなフレームというわけなんです。
e0154650_13173256.jpg
ところで、アルミフレームがさいきんリバイバルしているのをご存知ですか?
マスプロメーカーではフレーム販売のあるアルミフレームをラインナップに残しているのは現在では数えるほどしかなくなってしまいましたが、小規模なメーカーやビルダーでその火は確実に燃え続けているのを確認できます。
e0154650_13234471.jpg
それは〝LOW BIKES〟や、お台場シクロクロスのベンベルデンの来日でも記憶に新しい〝STOEMPER〟など。
アルミフレームが一世風靡した時代とはまた違って、新しいキャラクター、センスを添加して魅力を増したアルミフレームがそこには確実に存在しているのです。
e0154650_13234640.jpg
VYNL BikesはENVEのフロントフォークを標準装備。
ヘッドパーツもChrisKingを使用して、性能とドレスアップを満たします。
そもそもかつてのアルミフレームの全盛期はまともに走るカーボンフォークが少なかったので、この完成度の高いENVEのフォークがアルミフレームに装備されたことでまた違った世界を見せてくれるのではないでしょうか。
画像はVYNL BikesのSophieちゃん。
e0154650_19564578.jpg
そんなVYNL Bikesはアメリカ製。
素材はフレームがフルアルミニウム、フォークはENVEのカーボンフォークが付属します。
ロードレーサーとシクロクロスバイクをラインナップ。
シクロクロスはディスククロスになります。
e0154650_1957026.jpg
BBはプレスフィットでもBB30でもないネジ切り!!
安全設計ですね。
e0154650_1392152.jpg
リアエンドがリプレース式です。
非常にオーソドックスなフレームです。
e0154650_1392355.jpg


サイズのラインナップも以下の通りになります。
e0154650_20164612.png
e0154650_20164012.png


標準のカラーは以下のラインナップ。
Andy Bokanevも乗ってるArizona Blue。
e0154650_19595274.jpg

Sophieちゃんが乗ってるMetal Pink。
e0154650_15211529.jpg

Radium 88。
e0154650_15212348.jpg

Lazer Teal。
e0154650_15213652.jpg

Gunmetal Grey。
e0154650_15214338.jpg
ベースカラーはパウダーコートのペイントのため金属にしか塗装ができません。
なのでフレームのみにペイントされてきます。
ヘッドチューブとダウンチューブ部分のVYNLロゴのデカールカラーをお選び頂けます。
ENVEのフォークはENVEから出荷されてきたそのままのブラックのカラーリングです。



そして、
このカラーが盆栽自転車店限定のスペヒャルエクスクルーシヴカラーになります。
かつてアルミ全盛時代に存在した伝説のブランド〝KLEIN〟のGator Fadeというカラーリングをオマージュしてみました。
コチラはフォークまで塗装されてきます。
e0154650_19594897.jpg
フレームセットのお値段は、
標準カラー 268,ooo円
盆栽自転車店限定カラー 328,ooo円(予定)
シクロクロスバイクはさらにプラス2o,ooo円になります。
他にInstagramのオフィシャルアカウントで見かける特別なカラーも実現できる場合があるかもしれません。
その都度お問い合わせください。

VYNL Bikesにご興味がある方はご連絡ください。
まずは5人の酔狂人を募集します。
日本でもまず見た事が無いこの自転車に乗ってみたい、乗ってみようという酔狂なアナタ!
納期はそれなりにお時間いただくと思います(3−4か月)。
12月いっぱいまでにご注文ください。
初回の5人のみなさんには酔狂割引としてChrisKingのヘッドパーツをセットでお付けします。
e0154650_15325851.jpg
ちなみにこのサンプルフレームはちょっと塗装の指示に行き違いがあったので塗装のアップチャージ無しの価格(268,ooo円)で特別販売させていただきます。
ただし、次回の入荷があるまでサンプルとして展示させていただける方に限ります。




















12月5、6日(月、火曜日)は所用のためカフェを臨時休業とさせていただきます
自転車店は通常通り営業いたします


こころにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■OPEN ~ CLOSE
08:30〜17:00 Cafe(Weekday) 
10:00〜17:00 Cafe(Saturday & Sunday)
13:00〜21:00 Cycle Works
■Wednesday is every closing
■AD 151-0051 4-11-8 Sendagaya Shibuya Tokyo
■WebShop http://bonsaicycleworks.com/


.
[PR]
by bonsai-astn | 2016-12-05 12:00 | VYNL Bikes