カテゴリ:いつもありがとう( 43 )

今こそ愛車のメンテナンスを!

愛車のワイヤーやブレーキシューの消耗具合はいかがでしょうか?
気持ちよく自転車に乗っていただくために自転車の点検がオススメです。
納期も即日作業から1週間程度まで作業によって変わりますのでお気軽にご相談ください。

盆栽自転車店はカスタマーの愛車に必要なメンテナンスに応じて様々なコースをご用意させていただきました。
ご利用お待ちしております。
e0154650_20142922.jpg
e0154650_20142653.jpg


盆栽自転車店のオーバーホールコースの工賃はコチラ。

基本オーバーホール 30,000円 納期 1週間程度

ワイヤー類、チェーン、ブレーキシュー交換。
パーツはすべてフレームから外して、洗浄注油を行う基本的なオーバーホールです。

引き続きご依頼いただいた場合、2回目以降から工賃25,000円になります。
初回よりも手直し箇所が少ないからです。


ワイヤーだけ交換しちゃうコース 6,000円 納期 即日〜1週間

ワイヤーのアウター&インナーを全交換。
ついでにバーテープも交換します。
ワイヤー内蔵ハンドルの場合は程度により工賃が追加になります。


ホィールのオーバーホールしちゃうコース 7,000円 納期 即日〜1週間

前後ハブのグリスアップ、タイヤを外してホィールふれとり。
決戦用ホィールのメンテナンスや日頃お使いの練習ホィールの回復に。


スーパーオーバーホール 100,000円(Campagnoloのみ) 納期 2週間程度

コンポーネントをスモールパーツのレベルまで分解し清掃組み立て消耗部品のすべてを交換する消耗部品代込みのまさにスーパーなオーバーホールです。








こころにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■電話番号 03-3497-8885
■FAX 03-3497-8886
■営業時間 
7時〜16時カフェ営業(平日) 
10時〜16時カフェ営業(土日)
12時〜21時自転車店営業
■定休日 水曜日
[PR]
by bonsai-astn | 2014-10-04 13:00 | いつもありがとう

Web Shopができました

盆栽自転車店もついにWebShopができました。
なかなかお店に来る事が出来ないというカスタマーのみなさま。
通信販売のご用命はコチラからでもどうぞ。
決済はとりあえず現状はPaypalのみですが。
いずれはクレジットカードもお使いいただけるようにしていく予定です。
お値段のほうは、Webサイトの都合上で店頭表示とは違う外税表示になっていますので、一瞬だけ「安いか?」と思わせておいて店頭価格と同じです。
日本の国内発送に関しましては郵便のエクスパックにて、500円(外税)にてお届けします。
スマホでもご覧いただけます。
e0154650_1795996.png
今のところ商品が少ないのですが。
次第に増やしていければと思っています。
よろしくどうぞ。








こころにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■TEL 03-3497-8885
■FAX 03-3497-8886
■OPEN ~ CLOSE
08:30〜17:00 Cafe(Weekday) 
10:00〜17:00 Cafe(Saturday & Sunday)
12:00〜21:00 Cycle Works
■Wednesday is every closing
■AD 151-0051 4-11-8 Sendagaya Shibuya Tokyo
■WebShop http://bonsaicycleworks.com/
[PR]
by bonsai-astn | 2014-09-30 12:00 | いつもありがとう

夏休みを頂戴してます

みなさまこんにちは。
毎度、盆栽自転車店をご愛顧いただきましてありがとうございます。
季節は夏で。
小中学生は夏休み。
そこでふと思ったのです。
わたしも生意気にも夏休みを頂こうと思いました。
開業以来3年目にして夏休みを過ごさせていただこうという精神状態になりました。
これもひとえにお店をご利用してくださいますみなさまのおかげでございます。
ありがとうございます。
e0154650_114723.jpg
夏休みとはいえ。
自営業者は24時間勤務ですから。
完全にシャットダウンの引きこもりではございません。
今回は旅をしてこようと思います。
自転車に乗って冒険に出ようという試みでございます。
わたしの個人的な地元でございます九州に帰省をしまして。
ソチラのハードコアーでいらっしゃいますe_climber氏によるフォースの導きで。
あのRapha Gentlemen's Raceが開催された小国のコースをなめるように走ろうというのです。
そこにリスペクトがある。
e0154650_1141446.jpg
この私個人的には精一杯の弾けた試みに。
関西の仲良しカスタマーでいらっしゃいますIMAI軍団も参戦していただけることになりました。
さらにリスペクト。
ありがとうございます。
未舗装路や荒れた舗装路を含んだ小国のコースではございますが。
Gentlemen's Race史上最高と謳われた美貌のルート。
堪能させていただければ、オノレの価値観の変化に気付くことができるのではないかと少し期待をしているのです。
e0154650_1141819.jpg
いわく、ネクストレベルズ。
8月になればいろいろとネクストレベルズの出会いが待ち受けていることだと期待しているのです。
せっかくですので未来のハナシをもう少し。
e0154650_1142234.jpg
8月になれば。
ネクストメイの置き形見であるフレームも来るでしょう。
我がチームの新しいシクロクロスのジャージもお披露目できるかもしれません。
近年の盆栽自転車店には欠かせないキーワードであるシャークも新たな表情を見せてくれることでしょう。
そして。
9月のRapha Women's Prestigeに向けてナツキさんが指揮する女性チーム〝ASTN NATSUKI BANK〟が始動します。
さらに盆栽自転車店的に革命的なプロジェクトが同時進行しているのです。
乞うご期待ということでお楽しみに。
e0154650_1142066.jpg
海外とのコラボレーションもネクストレベルズに向けて眼をはなせない展開になると思います。
The AthleticとTenSpeedHero。
彼らは魅力的なアイテムたちでファッションサイクリストたちの物欲中枢を刺激し続けることでしょう。
もちろん。
上記の2つのハードコアーに限らず盆栽屋アンテナに引っかかるものを世界の何処からでも取り寄せてきます。
それらはウェアーや小物に自転車機材のすべて。
自転車の世界を構築するためのネクストレベルズなモノすべてです。
e0154650_1141666.jpg
e0154650_1141140.jpg
e0154650_12164311.jpg
e0154650_12255938.jpg
e0154650_1226038.jpg
e0154650_1225591.jpg
8月になればオキナワの申し込み時期。
オキナワをテェーマに走っているレース班はこのオキナワのレースに出動予定であることは間違いありませんが。
レース以外の活動でもどんどん走っていきます。
このあいだのMedeleineちゃんとのコラボレーションライドを代表されるように。
盆栽人会は日本じゅう、世界じゅうのサイクリストたちと交流を深めていこうと思っています。
毎週日曜日の盆栽ライドへの御参戦はお知り合いの方であればいつでもどうぞ。
チーム員も随時募集中です。
e0154650_1522511.jpg
ネクストレベルズ。
そこにリスペクトがある。
それではみなさまも良い夏を。






8月2日(土曜日)から6日(水曜日)まで夏休みをいただきます
みなさまも素敵な夏をお過ごしください






こころにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■TEL 03-3497-8885
■FAX 03-3497-8886
■OPEN ~ CLOSE
08:30〜17:00 Cafe(Weekday) 
10:00〜17:00 Cafe(Saturday & Sunday)
12:00〜21:00 Cycle Works
■Wednesday is every closing
■AD 151-0051 4-11-8 Sendagaya Shibuya Tokyo
[PR]
by bonsai-astn | 2014-08-01 12:00 | いつもありがとう

ブレーキシューは大丈夫ですか?

先日。
ライド中に雨が降ってきて。
まぁ、それなりに降られたあとに無事に帰宅したわけですが。
自転車が汚れてしまったのと、チェーンの油分が切れてしまったので整備しました。
するとどうでしょう。
ブレーキシューがザラザラになっているではありませんか。
これではリムを削ってしまいます。
ENVEのカーボンリムは頑丈な印象ですが、それでもこのままではマズイ。
カーボンリム用のブレーキシューはそれなりに高価ではありますが。
カーボンリムのほうがさらに高価ですので、それを守るためにもブレーキシューが減りきってしまう前に交換がオススメです。
e0154650_21171557.jpg
e0154650_21172068.jpg
盆栽自転車店ではさまざまな種類のブレーキシューを取り扱っています。
とくにオススメはSwiss Stop。
新しいブラックプリンスは、じんわりとした効き心地ですが、握ればしっかりとした制動力があるので安全性も高いです。
SMART ENVEのような幅広いリム用に薄くなったタイプのブレーキシューも出ています。
e0154650_2117239.jpg
e0154650_21183054.jpg
e0154650_21172631.jpg
梅雨時期にゲリラ豪雨の季節。
雨が降っているときに外には出なくとも。
途中で降られてしまうことはおおいにあるでしょう。
その際にはブレーキシューまわりのお掃除が欠かせません。
リムの寿命を長持ちさせるためにも必要な作業です。
もちろん、消耗を感じたら交換しましょう。
消耗限界はメーカーによって様々ですが、基本的においしいところ(1/3~4)くらい減ってしまったら交換が良いと思っています。







こころにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■TEL 03-3497-8885
■FAX 03-3497-8886
■OPEN ~ CLOSE
08:30〜17:00 Cafe(Weekday) 
10:00〜17:00 Cafe(Saturday & Sunday)
12:00〜21:00 Cycle Works
■Wednesday is every closing
■AD 151-0051 4-11-8 Sendagaya Shibuya Tokyo
[PR]
by bonsai-astn | 2014-06-14 12:00 | いつもありがとう

シーズンオフです

これからはロードシーズンですが。
シクロクロスはすっかりシーズンオフ。
そういうわけでIFのシクロクロッサーを洗車しました。
シクロクロッサーの場合は「汚れ」もまた飾りになるのでしばらくのあいだは展示をしていたわけですが。
そろそろ心機一転というわけで洗車をしたのです。
年明けからの連戦をくり返したこのシクロクロッサーですが。
無事に目立ったキズもなく、キレイなままです。
e0154650_1953731.jpg
このシクロクロッサーはレース用です。
ですのでボトルケージはありませんし。
付ける穴さえ用意してありません。
さらにホィールもチューブラーのリムでして。
これでは普段乗りというか近所までの練習くらいにしか使えないというわけだったのです。
シクロクロスのチューブラータイヤはリュックに入れるようなサイズのタイヤになりますからね。
あとは強力に貼付けてあるので外でパンクしたら、その場で剥がして仮付けするというようなものではありません。
ですから、シーズンオフの今となると家にずっと居るという感じ。
ずっと展示されているお飾り自転車になってしまうのです。
e0154650_1971040.jpg
それは不味いというわけで。
やってきたのがコチラ。
盆栽自転車店には珍しい完組ホィールの箱ですが。
もちろん、中身も入った状態。
e0154650_1954383.jpg
中身はと申しますと、コチラです。
フルクラムのMTB用のディスク対応ホィール。
RED POWER 29 XL。
奇しくも、ホィールまでXLになってしまいました。
コチラは、4o,ooo円強の定価でフルクラムでは最低に位置するホィール。
ディスクブレーキ対応のホィールをワンペアー組むよりもお値段的に半分〜3分の1になるのです。
e0154650_1955017.jpg
そういうわけで、箱から出して製品チェック。
振れ取りとハブのなじみをとったら。
デカールをはぎ取ります。
けっこう剥ぐのが簡単なデカールで好感がもてました。
一気に真っ黒になったリムは精悍な印象です。
ディスクローターを付ければガッツリ重い最低グレードな完組ホィールの完成。
けれども、このホィールの用途を考慮すれば気にならない重量です。
e0154650_1955884.jpg
e0154650_195542.jpg
タイヤはフツーのロード用25Cでイケてしまいました。
リムが太いのでこれ以上細いタイヤは心配ですし、シクロクロッサーに組み込む前提ですと、もっと太いタイヤでもいいかもしれません。
今では28Cや30Cのグラベルライド用のロードタイヤも存在していますしね。
そうは言っても、タイヤサイズが変わると個人的にスペアーチューブをサドルバッグから入れ替える作業が面倒に思えたので、ロードと同じサイズにしました。
仕上げにハンドル部分にBARFLYのマウントを取り付ければ完成。
わたしはノーメーターでクロスのレースを走っています。
e0154650_196155.jpg
ホィールはデカールを剥いだだけですが。
真っ黒に引き締まって見えてなかなか気に入っています。
さっそくまたがってみると、シクロクロスな癒し系の腰高感があるものの。
路面抵抗はまったくのロード味。
これは面白そうです。
主に癒しランにて参上させる予定でーす。
e0154650_18404047.jpg











こころにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■TEL 03-3497-8885
■FAX 03-3497-8886
■OPEN ~ CLOSE
08:30〜17:00 Cafe(Weekday) 
10:00〜17:00 Cafe(Saturday & Sunday)
12:00〜21:00 Cycle Works
■Wednesday is every closing
■AD 151-0051 4-11-8 Sendagaya Shibuya Tokyo
[PR]
by bonsai-astn | 2014-03-16 12:00 | いつもありがとう

野辺山シクロクロスに行ってきました

野辺山シクロクロスに行ってきました。
盆栽自転車店としては今回は出店がひとつのテーマだったわけですが。
出走は盆栽屋のクロスが仕上がっていないということでDNS。
とはいえ、あらゆる場面で「出走らないの?」とツッコミを頂戴してしまいましたので、ちょっと申し訳ない気持ちにもなりましたが。
自転車が無ければ走れない。
そういうわけで、いつもはレースでキンチョウしてあまり利用できていなかった飲食ブースを満喫させていただくことに。
e0154650_13172561.jpg
そうです。
普段のロードレースや自転車のイベントでは飲食を現場で済ますことができないことがフツーなのですが。
野辺山シクロクロスは違います。
関西シクロクロスの常連である大阪のタベルナ・エスキーナさんでは、売り切れ必至のタイカレーとホットバタードラムカウというホットドリンクを。
名古屋のEarly Birds Breakfastさんではクラムチャウダーと魚介のココナッツミルク煮込みのスープを。
さらには小淵沢産の焼き芋をデザートに食べれば満腹満足。
アウトドアで食べる食事はピクニック気分で最高に気持ちがいい。
そんな野辺山シクロクロスグルメを満喫したあとはレーサーたちの応援をしましょう。
e0154650_13172839.jpg
e0154650_13173460.jpg
さいわいなことに野辺山シクロクロスでは知り合い多数。
非常に応援しがいのある環境が仕上がっていました。
ここで出走しないウップンをレーサーにぶつけてやろうという趣向。
つまり、応援でレーサーの背中を押してあげようというわけです。
思えば、レースを観戦だけに来たというのは一昨年のジャパンカップ以来でしょうか。
自分が出場できるレベルのレースとしてははじめての経験です。
e0154650_1317308.jpg
e0154650_13174270.jpg
気分は競馬場に居るおじさんで。
レーサーにがんばってほしい!
悔いのない走りをしてほしい!
という視点からノドをからしてしまうまで声をふりしぼってしまいました。
そんなわたしの応援の声が音声に記録されている動画はコチラ
そしたら、どうでしょう。
けっこうキツいこともお構いなしに追い立てて叫んでしまっていたのですが。
走り終えたレーサーたちからは歓迎と感謝の声が。
e0154650_13174089.jpg
e0154650_13174717.jpg
そこで気付きました。
応援は情熱です。
パッションなのです。
レースでいまにも倒れそうなレーサーたちに温かい声をかけてあげたいところですが。
それはゴール後にかけてあげましょう。
レース中はキズに塩をすり込むかのような勢いでハッパをかけてあげたほうが良いようです。
これから、観戦に行かれるレーサーの奥様やガールフレンドのみなさまはぜひ参考にしてみてください。
e0154650_131749100.jpg
e0154650_13175268.jpg
e0154650_13175410.jpg
さて、会場でも販売させていただきました盆栽カフェのおマメ。
ドリップ用のこのおマメ。
あと3袋ございます。
盆栽のマフィンと完璧なペアリングを魅せるこのおマメ。
お早めにどうぞ。








こころにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■電話番号 03-3497-8885
■FAX 03-3497-8886
■営業時間 
7時〜16時カフェ営業(平日) 
10時〜16時カフェ営業(土日)
12時〜21時自転車店営業
■定休日 水曜日
[PR]
by bonsai-astn | 2013-11-18 12:00 | いつもありがとう

11Sのみちはどこに続くのか

ロードレーサーはリア11段変速時代に突入!!
って、なんだかシラジラしい表現。
だって、カンパニョーロは数年前から実現していたし。
シマノも11段の9000デュラエースの出荷がはじまったのは2013年のはじめ。
残されていたのは最後のコンポーネントSRAM。
この夏に11段変速のモデルをデビューさせました。
フルモデルチェンジというよりは、マイナーチェンジに近いこの変更を見て確信をした盆栽屋。
手持ちの10S状態のSRAMを11Sに進化させようと思ったのです。
e0154650_18362515.jpg
SRAMのレバーは左右セットで購入できるのはもちろんのこと。
左右どちらかでも購入が可能です。
今回の場合は後ろの変速の右だけが必要なので右のみを導入です。
そして、塗装していた部分を移植してレバーを11Sに。
e0154650_18362763.jpg
そして、スプロケットもREDを購入。
シマノコンパチを謳うSRAMパーツなので、この部分はシマノを使えてしまうのですが、REDのスプロケットは鉄の塊から削り出した頑丈で軽量な他にはない造りなのでリスペクトがあります。
重量も超軽量です。
歯数は11-26。
e0154650_18364274.jpg
さらに、静粛性を高めるためのゴムを抜けば6gを軽量化できました。
e0154650_18364750.jpg
11Sのスプロケットということは、ホィール側のフリーボディも交換しなければいけません。
シマノ以外のホィールメーカーはボディ交換で11Sに変装ができるわけですが。
ChrisKingの場合はボディ交換だけでは済みません。
シャフトごとの交換が必要です。
それによってベアリングの打ちかえなどの作業が必要になり、さながらオーバーホールの様相を呈するわけですが。
e0154650_18363729.jpg
ここは、ChrisKingの美しいパーツにうっとりしながら恍惚の作業ができました。
工芸品のような美しい内部パーツに。
中身も非常にクリーンな状態が保たれています。
これは、高い防塵性の証だと思うのです。
e0154650_18363357.jpg
そして、ChrisKingの場合はホィールのセンターがズレてしまうので、ホィール自体のセンター出し調整が必要です。
これはDTハブを採用しているホィールにも同じ作業が必要です。
e0154650_18365239.jpg
ホィールの準備が整ったら。
今度はチェーンです。
コチラもSRAMを使いましょう。
値段はシマノの倍、カンパニョーロのレコードチェーンよりも高額ですが。
SRAMへのリスペクトということで採用。
すでにクランクはSRAMを使っていないのですけどね。
e0154650_18365627.jpg
高い高いとばかり思っていたSRAMのチェーン。
見た目は凹凸の少ないデザインでスッキリして美しいです。
こういったパーツは組んでいて癒されます。
e0154650_18370100.jpg
リアを11Sにしたことにより、リアディレーラーを交換しなければいけないのかはよく聞かれる事ですが。
フロントディレーラーのほうがその点においてはシビアです。
なぜならチェーンが細くなってしまうのでプレートの幅もそれに合ったものである必要があるからです。
しかし、今回はリアはもちろんのこと、フロントも問題なく使えてしまいました。
e0154650_183768.jpg
e0154650_1837388.jpg
最後のリムの削れたデカールを直して完成。
石が当たってここまでリムのデカールが削れてました。
デカールがリムを守ってくれたと感じるのはオオゲサかもしれませんが。
デカールが無ければ、すくなくとも浅い傷は避けられなかったはず。
BONSAI x ENVEはデカール保証付きです。
e0154650_1837987.jpg
完成後の外観。
見た目は何が変わったの?
見分けがつかないindependent BONSAI。
近寄ってギアの数を数えてくださればわかるはず。
ギアが一枚増えました。
確実に。
e0154650_1837125.jpg
e0154650_21284079.jpg
そして。
11Sのみちはどこに続くのか。
それは少し先のおハナシ。

※今回のカスタムはメーカーの推奨を越えています。そういうカスタムであるということをあらかじめご理解いただけるとさいわいです。

つづく












こころにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■電話番号 03-3497-8885
■FAX 03-3497-8886
■営業時間 
7時〜16時カフェ営業(平日) 
10時〜16時カフェ営業(土日)
12時〜21時自転車店営業
■定休日 水曜日
[PR]
by bonsai-astn | 2013-09-14 12:00 | いつもありがとう

盆栽ファッションウィーク開催

6月8日の土曜日から、16日の日曜日まで。
盆栽ファッションウィークを開催します。
ファッションウィークでは盆栽自転車店の店頭でもすでにおなじみのPsycho BunnyのFAIR FAX社と盆栽自転車店のコラボレーションで同社の取り扱いのアパレルアイテムを自転車屋で販売させていただきます。
e0154650_1820693.jpg
半袖のシャツからネクタイにニットタイ。
さらにはボウタイにベルト、ソックスにタイバーなどの装飾品も揃います。
とくにネクタイ関係は様々な柄が揃っていますのでご覧ください。
アイリッシュポプリンを使ったハードコアーなツヤ消しのネクタイはオススメです。
e0154650_1820954.jpg
e0154650_18201318.jpg
e0154650_18201687.jpg
ファッションウィークに合わせて。
ファッションサイクリストための参考書〝Rouleir Magazine〟のバッグナンバーが入荷しました。
ナンバーによっては本国のサイトでも完売御礼になっているものもございます。
e0154650_18202015.jpg
e0154650_18202311.jpg
e0154650_18202545.jpg
e0154650_18202793.jpg









6月9日(日)は仲良しチームCCCとの合同練習のためカフェのみの営業になります
ご迷惑をおかけしますがよろしくお願いいたします



こころにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■電話番号 03-3497-8885
■FAX 03-3497-8886
■営業時間 
7時〜16時カフェ営業(平日) 
10時〜16時カフェ営業(土日)
12時〜21時自転車店営業
■定休日 水曜日
[PR]
by bonsai-astn | 2013-06-07 12:00 | いつもありがとう

After Story 〝Rapha Continental TOHOKU〟をライドしてきました

Rapha Continental TOHOKU
昨年の今の時期。
東北を走ったRaphaが企画するContinental Ride。
このときの製作スタッフだった北山氏と、ワタナベ氏の発案で、撮影からちょうど一年経った東北を走るという集まりに参加してきました。




e0154650_14495455.jpg
走るのはいまだ津波の爪痕が深い宮城県の牡鹿半島から三陸海岸の南側を含むルート。
早朝の静かな海。
おだやかに吹く風。
季節外れのひんやりと冷たい空気。
海岸沿いを走るプロトン。
前半からの待った無しのアップダウンの繰り返しに苦しみつつも。
海沿いの美しい景観と津波にさらわれた街の景色のコントラストに気持ちは複雑になる。
自然の持つ美しさと怖さなのか。
e0154650_14495594.jpg
e0154650_14495531.jpg



e0154650_14495695.jpg
現実は残酷。
ちょっと自然が恋しくなって…。
なんて軽い気持ちを、やはり軽いと思わせるのにじゅうぶんな景色。
残された建物。
ヒトの居ない街。
自分にはなにができる?
走り続けるしかない。
ペダルにチカラが入る。
サイの角のようにただ独り歩め。
e0154650_14495668.jpg
e0154650_14495776.jpg
e0154650_14581423.jpg
翌日は刀匠の法華三郎さんのところにお邪魔。
日本人の精神性を物語る〝刀〟のお勉強。
女将さん手作りの驚くほどクオリティの高いお菓子のもてなしを受けながら聞く匠のお話。
リスペクトがある。
e0154650_14585471.jpg
e0154650_14495775.jpg
ちょうど、法華さんの家をあとにするころ。
お庭にあった立派な鯉のぼりが風になびかれて泳ぎ出したのを見た。
来たときは風がなくて、まったくしぼんでいたのに。
泳ぎ出した。
泳いでいる。
わたしは走る事が出来る。
風が吹いている。
やはり走り続けるしかない。
そこにリスペクトがある。








こころにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■電話番号 03-3497-8885
■FAX 03-3497-8886
■営業時間 
7時〜16時カフェ営業(平日) 
10時〜16時カフェ営業(土日)
12時〜21時自転車店営業
■定休日 水曜日
[PR]
by bonsai-astn | 2013-05-27 12:00 | いつもありがとう

とあるXLのハナシ

ある日の盆栽自転車店。
季節は変わっても、御気分は相変わらず。
だって。
XLはいつになっても店頭には並ぶ事がありません。
無言。
じれったい。
e0154650_13255726.jpg
さて。
そんな時間のながれを見つめていたら。
ナツキがXLを作ってくれました。
ワンパクくんのためのXLサイズ
そうです。
仕入れなくても作る事が出来ます。
e0154650_1326191.jpg
盆栽自転車店の店内。
探してみれば。
すでにXLが侵入してきていることに気がつきます。
コチラのXLはLEZYNEのライト。
まさにXL級の明るさ。
なんです。
e0154650_1326442.jpg
SMLサイズしか在庫していないオリジナルのジャージも。
ふらりといらした海外のカスタマー向けにXLサイズを用意していたりします。
日本の方でもサイズ的によろしかったらどうぞ。
e0154650_1326724.jpg
そして、コチラ。
XLではございませんが。
Lサイズです。
ネオンカラーがトレンドですね。
盆栽自転車店では、この機会にセールにしちゃいます。
別に型落ちでもなんでもない現行モデルですがセールです。
在庫1点かぎり、早い者勝ちです。
電話でのお取り置きはご遠慮ください。
e0154650_13261453.jpg
GIRO AEON ヘルメット Lサイズ
3o,45o円 ☞ LサイズだけどXL記念価格 21,45o円








こころにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■電話番号 03-3497-8885
■FAX 03-3497-8886
■営業時間 
7時〜16時カフェ営業(平日) 
10時〜16時カフェ営業(土日)
12時〜21時自転車店営業
■定休日 水曜日
[PR]
by bonsai-astn | 2013-03-15 12:00 | いつもありがとう