カテゴリ:いつもありがとう( 41 )

作業場のカウンタースツールが新しくなりました

盆栽自転車店の作業場にある大きなテーブルのイスが3脚あたらしくなりました。
自転車オーダーや作業中にしか座る機会が無いというようなコチラのイス。
もはや常連用のイスと言っていいのかもしれません。
そういえば、自転車屋の作業場でイスが向かい合わせに置いてあるというのも珍しいのかもしれません。
e0154650_19432126.jpg
新しくなったイスはスチール製の脚で、座面はウッド。
インダストリアルな作業場の雰囲気に合い過ぎなくらいに合っていると思います。
元々あったイスも良かったのですが、テーブルに比べてちょっとイスの高さが高いのが気になっていたところでした。
盆栽自転車店の顧客筋のみなさまにその件を聞いてみると、みなさん別に気にされてなかったそうで。
まぁ、低くなりましたのでぜひ座ってお試しください。
e0154650_19432447.jpg
今回も高知のUDATSU IRON WORKSさんにお願いしました。
作業場の棚、カフェのテーブル、傘かけに続いて4作目。
いやぁ〜まるでコレクションみたいに増えてうれしいですね。
今週末はRapha Prestige Kujuで不在にしてますので、顧客筋のみなさまにおかれましては来週の月曜日から座ってみてください。







4月21〜23日は自転車営業はRapha Prestige Kuju参加のためお休みさせていただきます
カフェは通常通り営業します


こころにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■OPEN ~ CLOSE
08:30〜17:00 Cafe(Weekday) 
10:00〜17:00 Cafe(Saturday & Sunday)
13:00〜21:00 Cycle Works
■Wednesday is every closing
■AD 151-0051 4-11-8 Sendagaya Shibuya Tokyo
■WebShop http://bonsaicycleworks.com/ サイトリニューアル中


.
[PR]
by bonsai-astn | 2017-04-20 12:00 | いつもありがとう

ショップサイトリニューアルのお知らせ

いつも盆栽自転車店のご利用ありがとうございます。
通信販売のWebShopのサイトがリニューアルすることになりました。
新しくなったショップは4月中旬ころにオープン予定です。
お楽しみにお待ちください。
e0154650_1401425.png
MADison4 Jerseyご予約の方は入荷次第発送いたしますのでお楽しみにお待ちください。









こころにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■OPEN ~ CLOSE
08:30〜17:00 Cafe(Weekday) 
10:00〜17:00 Cafe(Saturday & Sunday)
13:00〜21:00 Cycle Works
■Wednesday is every closing
■AD 151-0051 4-11-8 Sendagaya Shibuya Tokyo
■WebShop http://bonsaicycleworks.com/ サイトリニューアル中


.
[PR]
by bonsai-astn | 2017-03-26 12:00 | いつもありがとう

MAAP Field Trip

旅をしている。
ヒトによっては旅ということがそのヒトのなかで重要な要素を占めることもあるらしい。
そこでわたしはどうかと言えば。
ひきこもり。
ローカル各駅停車。
旅が人生の一部と思った事もないけれど。
自転車に乗っていることが即ち旅に繋がっているものだ。
そうだ。
旅をしている。
自転車に乗っている。
そこにリスペクトがある。
e0154650_118351.jpg
e0154650_1182149.jpg
おはよう!

旅の玄関口を開ければ異空間への導きのはじまり。
成田空港から9時間の空の旅を経てポートランドでトランジット。
ユタ州ソルトレークシティ行きの飛行機に乗り換えたときにはすでに自分は異国の人。
アメリカの深部に分け入っているような感覚。
これは冒険だ。
呼ばれて飛び出たとはいえ冒険。
単独登頂。
酸素はあるよ。
そして、クルマに乗り換えてMoabという目的の街まで4時間超のドライブ。
すでに異空間の絶景ははじまっており自分のローカル空間では見ないものばかりで車窓は飽きることがない。
e0154650_11817100.jpg
シアトル、ニューヨーク、オレンジカウンティにコロラド。
オーストラリアはシドニーとメルボルン。
イタリアとスウェーデン、ドバイ。
そして、日本。
文字通り世界じゅうから集まったサイクリストたちと会う。
そして、走る。
共通言語は英語になるけれど。
走る際は車輪を交えることこそが共通言語。
これはナツキに言われて気がついたんだけど。
はじめて会って誰も一度もいっしょに走った事がない10名以上の集団でキレイにダブルペースライン。
これが共通言語。
リスペクトがある。
e0154650_1181237.jpg
ローテーションも、なんら男女差なく先頭交代する。
それは40km超の高速ローテーションであっても変わる事は無い。
目的は撮影なんだけれど。
けっこう気にせず自然に走っている場面が多かった。
そして、アメリカの大自然のなか。
レッドロックの絶景のなか。
黙々と走るだけでは勿体ない。
走りながら思った。
自転車で走るのがいちばん景色を眺めるのにはいいのではないか。
それは眺めるだけにあらず。
自然と一体になる感覚。
大地を捉えて。
スピードがあるがクルマとは違う。
人力だけれど徒歩とも違う。
風を感じながら自然と一体になれる感覚を再確認できる。
自転車特有の感覚。
e0154650_118864.jpg
e0154650_11162244.jpg
e0154650_1175996.jpg
そして、世界のトビラはまた開かれた。
世界じゅうから集まったサイクリストたちと走って。
行くべき場所。
走ってみるべき場所がまた増えた。
旅が人生の一部と思った事もないけれど。
自転車に乗っていることが即ち旅に繋がっているものだ。
そうだ。
旅をしている。
自転車に乗っている。
そこにリスペクトがある。
e0154650_117472.jpg
e0154650_1175410.jpg











3月14日(火)はカフェが臨時休業
自転車営業のみとさせていただきます


こころにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■OPEN ~ CLOSE
08:30〜17:00 Cafe(Weekday) 
10:00〜17:00 Cafe(Saturday & Sunday)
13:00〜21:00 Cycle Works
■Wednesday is every closing
■AD 151-0051 4-11-8 Sendagaya Shibuya Tokyo
■WebShop http://bonsaicycleworks.com/


.
[PR]
by bonsai-astn | 2017-03-13 12:00 | いつもありがとう

海外出張のため11日までお休みのお知らせ

3月5日(日曜日)から3月11日(土曜日)まで出張のため自転車営業はお休みとさせていただきます。
目的地はアメリカ。
ソルトレークシティです。
2度目の海外出張もご縁があってアメリカになりました。
しかも今回は単独の出張。
成田からサイのツノのようにただ独り。
しかも、人生初のトランジットも予定されており。
当地では会ったこともない海外のサイクリストたちと空港で落ち合って目的地に向かうという指令じみた内容で不安しかないわけですが、とりあえず「行けばわかるさ」のイノキイズムで行ってみようと思います。
e0154650_2323974.jpg
さて、なんでまたアメリカ?ということなんですが。
今回はMAAPというアパレルブランドのお誘いがあってアメリカに行くことになりました。
MAAPは2014年にオーストラリアでスタートしたサイクルアパレルブランド。
MAAPはまだ起業して2年そこそこなわけですが、ファッションサイクリスト界隈に与えているインパクトはなかなかのものでして名前だけなら聞いたことある方も少なくないと思います。
e0154650_2317115.jpg
MAAPと言えば様々なブランドとのコラボレーションに積極的。
サイクリングケースをアメリカの革小物メーカーであるBellroyとコラボして販売してたり。
エンブロケーションに関してはかなりマニアックだと思われるMadalckemyとコラボしてオリジナルを製作していたりします。
とくに有名なのは、ポートランドのフレームとコラボしているSPEEDVAGEN x MAAPではないでしょうか。
e0154650_23173185.jpg
略してSV x MAAPは、去年開催されたRapha Super Cross NOBEYAMAにも参戦していたのでシクロクロスファンにとっては記憶に新しいところ。
とくに2日目のエリートレースで、Garry Millburn選手がこのあとに全日本選手権で優勝する沢田時選手を破って優勝したシーンは、Lee Basford氏の写真も相まって強烈なインパクトになったのではないかと思います。
e0154650_2317146.jpg
e0154650_23173471.jpg
日本でMAAPの代理店をされてるDanny氏もいっしょに同行してくれるのかなと思っていたら、Danny氏は用事で行けないとわかり、盆栽屋独りでアメリカに突入することになって不安しか無い旅への前兆になってしまったのです。
世界中から10名程度集るサイクリストのなかに英語もおぼつかないアジア人は盆栽屋だけでサイのツノのようにただ独り。
これは不安しかないわけなのですが、ちょっとマテ、自転車という共通語があるじゃないですか。
そして、今まで培って来たサイクリング能力が無言の言語力として活かされることをノンキに期待して海を渡ろうと思います。
e0154650_23174317.jpg
そういうわけで盆栽自転車店でもMAAPのお取り扱いを開始しています。
まだまだアンダーウェアしか無い地味な在庫状況ですが。
これから独自の展開をしていく予定です。
ぜひお楽しみにしててください。
e0154650_2317282.jpg
現地では地元のサイクリストの案内?で3日間のロードライディングをする予定です。
道中では主にInstagramにて更新していきますのでソチラをご覧ください。
あと、いっしょに居るであろう方達もフォローしておくと盆栽屋が少しは写っているかも?しれません。

https://www.instagram.com/maap.cc/?hl=ja ☜ MAAPオフィシャル

https://www.instagram.com/olliecuz/?hl=ja
☜ MAAPの共同経営者のひとりであるOliver氏のアカウント

https://www.instagram.com/jakeszy/?hl=ja ☜ ポートランド在住のMAAPライダー。彼は多分来るはず。

https://www.instagram.com/montytheheron/?hl=ja ☜ ドバイのMAAPサイクリスト。

https://www.instagram.com/ianhunterelliott/?hl=ja ☜ MAAPの中のヒト??


それでは、また来週お会いしましょう。
お土産話と刺激的なファッションサイクリストたちとの思い出をたくさん持って帰れるようにがんばってきます。

















3月5日(日曜日)〜3月11日(土曜日)までの期間は盆栽屋単独海外出張のため自転車営業はお休みとさせていただきます
カフェは通常通り営業させていただきます


こころにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■OPEN ~ CLOSE
08:30〜17:00 Cafe(Weekday) 
10:00〜17:00 Cafe(Saturday & Sunday)
13:00〜21:00 Cycle Works
■Wednesday is every closing
■AD 151-0051 4-11-8 Sendagaya Shibuya Tokyo
■WebShop

.
[PR]
by bonsai-astn | 2017-03-04 12:00 | いつもありがとう

盆栽自転車店はおかげさまで5周年

今年の9月でおかげさまで盆栽自転車店は5周年。
そういうわけで今シーズンは特別扱い。
いろいろと企画していく予定ですのでお楽しみください。
その第1弾はテーマカラー。
e0154650_13565727.jpg
すでに発売されているNAVY CAPにもあるように今シーズンはNEVYをテーマカラーにしてオリジナルを展開していきます。
キャップにジャージ。
他にも、「あ!」というような企画をご用意してますのでお楽しみくださいませ。
e0154650_13565998.jpg
ちなみにキャップは残り数量が50に近づいてきました。
お早めにどうぞ。
e0154650_1357486.jpg


NAVYシリーズの第2弾はジャージ。
初代MADison Jerseyの色違いを出します。
その名も、MADison1.2 Jersey。
ネイビーです。
色が変わると印象変わります。
e0154650_148178.jpg
長袖もあります。
SサイズとMサイズがとりあえず在庫してます。
かなり数量少ないです。
在庫がなくなり次第プレオーダーの受注を開始します。
女性用のサイズ、男性のXSやXLサイズはプレオーダーをご利用ください。
e0154650_14192736.jpg
e0154650_1357839.jpg



このタイミングに合わせてアイスグレー&ネイビーのMADison3 Jerseyを復刻します。
今日から9月20日までご予約をお受けしますので店頭もしくは、Web Shopのほうからご注文をお願いします。
☞ http://bonsaicycleworks.com/madison3-jersey
e0154650_14202318.jpg
e0154650_14202611.jpg












こころにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■TEL 03-3497-8885
■FAX 03-3497-8886
■OPEN ~ CLOSE
08:30〜17:00 Cafe(Weekday) 
10:00〜17:00 Cafe(Saturday & Sunday)
13:00〜21:00 Cycle Works
■Wednesday is every closing
■AD 151-0051 4-11-8 Sendagaya Shibuya Tokyo
■WebShop http://bonsaicycleworks.com/


.
[PR]
by bonsai-astn | 2016-09-02 12:00 | いつもありがとう

SPEEDVAGENが気になるヒトに

SPEEDVAGENの取り扱いはありますか?
盆栽自転車店内でたまに聞かれます。
残念なことに取り扱いはありません。
国内ですと八ヶ岳バイシクルスタジオに問い合わせてください。
とはいえ、知り合い界隈で乗っている方が少なくなく。
実際に、SPEEDVAGENをフレーム持込ということで3台の自転車を組み付けさせていただいたことはあります。
昨年の夏にはポートランドにある工房にお邪魔させていただいたこともありました。
そういうわけではなにかとご縁のあるブランドと言えます。
e0154650_17481127.jpg
そんなSPEEDVAGENがこの春。
というか今月、日本と台湾でFITTING TOURを開催するというではありませんか。
盆栽自転車店から至近のRapha Cycle Clubで催されるようですから。
気になっている方や、実車を見てみたいという方。
さらにはビルダー本人と会えるチャンスなわけですので直接ハナシを聞くのに絶好の機会といえるでしょう。
そこにリスペクトがある。
e0154650_17321833.jpg
ここで簡単におさらい。
SPEEDVAGENってナニ?
それは。
アメリカはPORTLANDで、サッシャ・ホワイト氏がはじめたフレームブランド。
このサッシャ氏。
元々は『VANILLA BICYCLES』というカスタムフレームを造っている個人ビルダーでした。
そのVANILLAはこれまた知るヒトぞ知るフレームでございまして。
サッシャ氏の持つ特有のアーティスティックなセンスが投影されたVANILLAは数々のバイシクルショーで賞を獲得。
評判を呼んで一躍話題のフレームになるのですが、ひとりで造ることができる量は知れたもの。
5年待ちという伝説を残したままオーダーブックは閉じたとされています。
そこで、もっと多くのサイクリストに向けて誕生したのがSPEEDVAGEN。
e0154650_17321664.jpg
フルカスタムではなく、パターンオーダーに近いスタイル。
ブランドの誕生当時は注文できる時期が決まっていて、秋はロードで、春になればクロスを受け付けるというように注文をまとめてゲストビルダーが一気に造るというカタチだったと記憶しています。
いまではいつでもオーダーできるんですかね?
かつてはポートランドか日本の八ヶ岳バイシクルスタジオでしか注文ができないといわれていた頃もありましたが、いまでは世界中のオーダーを受け付けていると思います。
e0154650_17321317.jpg
VANILLAに比べると量産的なSPEEDVAGENですが。
しっかりとVANILLAらしい哲学は継承されており、独特なフレームの形状に仕様はほかのアメリカ的なフレームビルディングとは一線を画するところです。
SPEEDVAGENはスチールしか素材の選択肢がありませんが。
パイプメーカーに特注してつくらせたスペシャルパイプでつくられたフレームはスチールとは思えないほどの軽さ。
オプション仕様のカーボンシートチューブやカーボンシートマストを組み込めばさらに軽量化ができるでしょう。
それはレースで使える実に現代的なスチールフレームなのです。
e0154650_1833897.jpg
スチールフレームには珍しいISP仕様。
エンド部分や溶接されたフレームの小物もすべてオリジナルのパーツ。
フレームにおけるすべての材料が特注品というのも存在として珍しいのです。
そんなフレームはスチールにしては破格のプライスなわけですが。
破格のプライスにはこのように意味があるんですね。
e0154650_18341383.jpg
そして、SPEEDVAGENを語るうえで外すことができないのが塗装です。
ご覧の通り、非常に凝った塗装です。
そして、どれも洒落てます。
ときに実験的と思える仕様もあったりします。
その塗装はフレームだけに留まらず、周辺のパーツまでも、ChrisKingのアルマイトさえ剥がして塗ってしまうという大胆さを見せるのです。
そんなSPEEDVAGENの塗装のある意味でのモチベーションや行動力には個人的におおいに影響を受けました。
デザインもほかでは見ないヒップさがあると思うのですがいかがでしょうか。
SPEEDVAGENの塗装によるキャラクターの立ち具合を見てしまうと、やはり塗装、そもそものグラフィックデザインって大事だなぁと思わされるのです。
e0154650_18194384.jpg
パターンオーダーですので、限られたカラーと仕様から選ぶことが出来るのですが。
酔狂な方は、開けてビックリ〝Surprise Me〟がオススメです。
それが最高のオマカセです。
サッシャ・ホワイトの毎年の答えがここにあると言っても過言ではない?
このへんもSPEEDVAGENの持つ新しさだと個人的に認識しているのですがいかがでしょうか。
e0154650_1839336.jpg
e0154650_18385960.jpg
e0154650_18385771.jpg
e0154650_18391034.jpg
かつては謎のヴェールに包まれていたこのアメリカのブランドも。
日に日に身近になっているのではないでしょうか。
日本シクロクロスシーンでは矢野選手と濱選手のSPEEDVAGEN Family Racingによってトップ戦線でレースを繰り広げています。
もちろん、このチームは本場のポートランドでも活動しています。
3年前?の野辺山シクロクロスではそのファミリーが大挙として来日したことも記憶に新しいところです。
e0154650_1923537.jpg
e0154650_1910295.jpg
e0154650_18304885.jpg
e0154650_19122774.jpg
さて。
そんな至高のフレームであるSPEEDVAGEN。
かつてはアメリカのポートランドか日本の八ヶ岳でしかオーダーできなかったフレームが向こうからやってくるというのです。
何度も書いちゃいますけどこれはまたとないチャンスです。
ここで衝動買いに走ってしまう方に僭越ではありますが盆栽屋から3つのアドヴァイスをさせていただきたいと思います。

一、この機会だからサッシャ氏から直接フィッティングを受けてオーダーしよう

二、カーボンシートマストのオプションは必須

三、カラーは、Surprise Meを選択

e0154650_19122755.jpg


衝動買いはしてないか?













こころにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■OPEN ~ CLOSE
08:30〜17:00 Cafe(Weekday) 
10:00〜17:00 Cafe(Saturday & Sunday)
13:00〜21:00 Cycle Works
■Wednesday is every closing
■AD 151-0051 4-11-8 Sendagaya Shibuya Tokyo
■WebShop http://bonsaicycleworks.com/


.
[PR]
by bonsai-astn | 2016-03-03 12:00 | いつもありがとう

2015年 あけましておめでとうございます

2014年最後のライドは年越し蕎麦を食べにグルメライドでした。
チーム員2人にカスタマー1人と4人で快速ライド。
途中のパンクは2回あって災難だったわけですが。
ほかはみんなの協力もあってノートラブル。
そんなフツーのようで決してフツーではないパーティーがとても幸せに思える2014年を締めくくるライドでした。
さて、2015年はどんな1年になるのか?どうしていくのか?
e0154650_23142163.jpg
今年も世界じゅうにアンテナを張り巡らせてサイクリストのみなさまの度肝を抜き、物欲中枢に突き刺さる世界最先端の最エッジアイテムを見つけて来ようと思っています。
もちろん、盆栽自転車店オリジナルアイテムもお見逃し無く。
2月には限定のジャージを準備しています。
秋に発売させていただいきまして完売御礼になってますオリジナルキャップも春には再入荷の予定です。
全サイクリストに新しい刺激をご提供できるように驀進していきます!
e0154650_23141536.jpg
ナツキさんの盆栽サイクルカフェもいつものメニューにたまに繰り出される限定のきまぐれメニューを駆使して邁進していきます。
サイクリストからサイクリストではない方も。
みなさまのご利用をお待ちしてます。
e0154650_0304718.jpg
盆栽人会のチーム活動は引き続きシクロクロス。
ロードシーズンがはじまればJCRC戦線が開幕。
飛行機で行くような遠征レースも視点を変えて今までとは違う地域に遠征をしていこうと思っています。
そして、秋から全開でシクロクロスに打ち込むことも今年の目標です。
つまり、1年じゅうレースしまくりというわけです。
e0154650_23141787.jpg
e0154650_23143157.jpg
e0154650_23141968.jpg
2015年は映像作家の北山氏が製作してくださいました盆栽自転車店のCMが最初のサプライズ。
ゼヒご覧ください。



カスタマーのみなさまに2015年を良い年にしていただくべく。
2015年もみなさまの自転車生活を全力でサポートさせていただきます。
本年もよろしくお願い致します。









こころにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■TEL 03-3497-8885
■FAX 03-3497-8886
■OPEN ~ CLOSE
08:30〜17:00 Cafe(Weekday) 
10:00〜17:00 Cafe(Saturday & Sunday)
13:00〜21:00 Cycle Works
■Wednesday is every closing
■AD 151-0051 4-11-8 Sendagaya Shibuya Tokyo
■WebShop http://bonsaicycleworks.com/
[PR]
by bonsai-astn | 2015-01-04 12:00 | いつもありがとう

こんなオーバーホールも承ります

ミーのアイエフ。
壱号機はご存知ステンレス製のロードレーサーSSR。
参号機であるTi Factory Light Weightの配備に伴いドッグで整備されることになりました。
俗に言うオーバーホールです。
e0154650_13295597.jpg
私事で恐縮ではありますが。
自分の自転車をオーバーホールするなんて久々、もしかしたら初めての事なのかもしれません。
今まで自転車の業界人として、もとい趣味人として興味関心のあるものには率先して向き合ってきました。
全部をバラすということはもちろんありましたが、それが即ち「組み替え」を意味していた事は否めないのです。
それに日常的にメンテナンスをしていれば一気全交換のオーバーホールの機会はなかなかありません。
そんなタイミングでしたが今回はオーバーホールというわけなのであります。
e0154650_13295286.jpg
なぜなら、ミーのSSR。
キズだらけになってしまいました。
日常的にグラベルにも入っていきましたし。
九州の小国では落車もしてしまいました。
レース機材である参号機を待つがために旗艦であるこの壱号機の出動が8月の末までは絶え間なく続きました。
本来、優雅に海沿いを流すような、、、。
そんなクルージングバイクの設定でオーダーした壱号機。
乗ればしなやかで、見ればキレイ。
コーポレートカラーを身に纏ってまさに威力を放つ存在が旗艦に間違いない存在だったわけですが。
e0154650_1330432.jpg
長期に渡る酷使とトレーニングに使うはずではなかったのにトレーニングしてしまったがためにキズが出来ました。
旗艦に一寸の隙が生じてしまったのです。
キズはモノに機材には付き物ではございますが、キズの箇所も増えてきましたので塗装の補修に出す事にしました。
アイエフの場合はビルダー系のフレームでありますから。
そこのファクトリーで直々に補修も可能ですし。
塗り替えも出来てしまいます。
とはいえ、ちょっとした小キズだらけでした。
さすがにアメリカまで送り返すほどではないのです。
今回は盆栽自転車店が提携させていただいてます塗装屋さんにお願いしました。
e0154650_13304482.jpg
いくつかあったキズの部分。
気になるところだけ補修していただきました。
直していただいた部分は、ここにキズがあったの?というくらいに直していただいてます。
こころなしか、全体的にもクリアーがかかっているような、、?
かなり美しくなって。
リフレッシュをして戻ってきたのです。
納期はだいたい1か月ちょっと。
e0154650_1330437.jpg
フレームを預けているあいだにパーツもリフレッシュしました。
オーバーホールで新品にする部分といえば、チェーンにバーテープ、ワイヤー類にブレーキシューなど。
さらに今回はBBとサドルは新品にしました。
他の部分はキレイに磨いて汚れを落としました。
e0154650_13463270.jpg
e0154650_1330299.jpg
e0154650_13303271.jpg
早速、組みました。
元々、大事にキレイに乗っていたSSRですが。
タッチアップペイントによるフレームのリフレッシュに。
サドルとバーテープが新品になって全体的に輝きを取り戻しました。
旗艦の威風は堂々たるものです。
これはやってヨカッタ!!
自己満足ですが、満足度が高いですコレ。
このサービスは通常のオーバーホールよりはお時間がかかってしまいます。
2台所有の方だったり、しばらく乗らなくても良いという方向きになります。
酔狂なオーダーになります。
リフレッシュ度は非常に高いのでオーバーホールの際にフレームのタッチペイントもご希望の際はお申し付けください。
お問い合わせは店頭でお願いします。
e0154650_21163478.jpg









12月20日(土)、21日(日)はシクロクロスのレース参戦のため、自転車営業はお休みです カフェのみの営業になります


こころにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■TEL 03-3497-8885
■FAX 03-3497-8886
■OPEN ~ CLOSE
08:30〜17:00 Cafe(Weekday) 
10:00〜17:00 Cafe(Saturday & Sunday)
13:00〜21:00 Cycle Works
■Wednesday is every closing
■AD 151-0051 4-11-8 Sendagaya Shibuya Tokyo
■WebShop http://bonsaicycleworks.com/
[PR]
by bonsai-astn | 2014-12-16 12:00 | いつもありがとう

今こそ愛車のメンテナンスを!

愛車のワイヤーやブレーキシューの消耗具合はいかがでしょうか?
気持ちよく自転車に乗っていただくために自転車の点検がオススメです。
納期も即日作業から1週間程度まで作業によって変わりますのでお気軽にご相談ください。

盆栽自転車店はカスタマーの愛車に必要なメンテナンスに応じて様々なコースをご用意させていただきました。
ご利用お待ちしております。
e0154650_20142922.jpg
e0154650_20142653.jpg


盆栽自転車店のオーバーホールコースの工賃はコチラ。

基本オーバーホール 30,000円 納期 1週間程度

ワイヤー類、チェーン、ブレーキシュー交換。
パーツはすべてフレームから外して、洗浄注油を行う基本的なオーバーホールです。

引き続きご依頼いただいた場合、2回目以降から工賃25,000円になります。
初回よりも手直し箇所が少ないからです。


ワイヤーだけ交換しちゃうコース 6,000円 納期 即日〜1週間

ワイヤーのアウター&インナーを全交換。
ついでにバーテープも交換します。
ワイヤー内蔵ハンドルの場合は程度により工賃が追加になります。


ホィールのオーバーホールしちゃうコース 7,000円 納期 即日〜1週間

前後ハブのグリスアップ、タイヤを外してホィールふれとり。
決戦用ホィールのメンテナンスや日頃お使いの練習ホィールの回復に。


スーパーオーバーホール 100,000円(Campagnoloのみ) 納期 2週間程度

コンポーネントをスモールパーツのレベルまで分解し清掃組み立て消耗部品のすべてを交換する消耗部品代込みのまさにスーパーなオーバーホールです。








こころにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■電話番号 03-3497-8885
■FAX 03-3497-8886
■営業時間 
7時〜16時カフェ営業(平日) 
10時〜16時カフェ営業(土日)
12時〜21時自転車店営業
■定休日 水曜日
[PR]
by bonsai-astn | 2014-10-04 13:00 | いつもありがとう

Web Shopができました

盆栽自転車店もついにWebShopができました。
なかなかお店に来る事が出来ないというカスタマーのみなさま。
通信販売のご用命はコチラからでもどうぞ。
決済はとりあえず現状はPaypalのみですが。
いずれはクレジットカードもお使いいただけるようにしていく予定です。
お値段のほうは、Webサイトの都合上で店頭表示とは違う外税表示になっていますので、一瞬だけ「安いか?」と思わせておいて店頭価格と同じです。
日本の国内発送に関しましては郵便のエクスパックにて、500円(外税)にてお届けします。
スマホでもご覧いただけます。
e0154650_1795996.png
今のところ商品が少ないのですが。
次第に増やしていければと思っています。
よろしくどうぞ。








こころにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■TEL 03-3497-8885
■FAX 03-3497-8886
■OPEN ~ CLOSE
08:30〜17:00 Cafe(Weekday) 
10:00〜17:00 Cafe(Saturday & Sunday)
12:00〜21:00 Cycle Works
■Wednesday is every closing
■AD 151-0051 4-11-8 Sendagaya Shibuya Tokyo
■WebShop http://bonsaicycleworks.com/
[PR]
by bonsai-astn | 2014-09-30 12:00 | いつもありがとう