カテゴリ:Indyfab( 38 )

もしも…Independent Fabricationに乗るなら、カスタマーO氏の場合

もしも…。
IF。
Independent Fabrication。
自分の自転車にするのであるならば。
さて。
どうしようか。
カスタマーO氏のアイエフはロード。
スチールのクラウンジュエル。
自転車人生ではじめてのスチール。
そこにリスペクトがある。
e0154650_21461584.png
そういうわけで、O氏のアイエフ計画が盆栽自転車店のテーブル上にあがったとき。
まずは色の相談になりました。
すでに10年来のお付き合いをさせていただいてますカスタマーO氏。
わたしのご提案としましては、ここでグリーンはどうでしょう?という感じでO氏としては意表を突かれたのではないかと思います。
O氏はいままでモノトーンな自転車にしかお乗りではなかったからです。
e0154650_21461965.jpg
とはいえ、アイエフのコーポレートカラー的にはまさしくグリーン。
自転車業界ではとにかく不人気色のグリーンですが、アイエフという自転車をリスペクトしていただいて、それを存分に楽しもうというならこの色以外には無いでしょう。
O氏としてもいままでのカーボンから、スチールにお乗り換えになるということで素材的に画期的な変化になります。
だからこそ、スチールの細身のフレームだからこそ映える色ということでこのグリーンを提案させていただきました。
ダウンチューブロゴはデカロゴ仕様でシンプルななかにも個性を。
フレームの色が強烈なだけにほかをシンプルにまとめましょうということで、ChrisKngのカラーもSilverに。
e0154650_21472808.jpg
3か月弱でフレームが届きました。
じゃーん。
おお、いい色です。
なんで今まで誰もオーダーする方が居なかったのでしょう?
それくらいにいい色をしています。
e0154650_21293088.jpg
組みつけの際はご覧になられたいということで、ご本人の前で組み付け作業をさせていただきました。
終始順調だった組み付け作業だったのですが、1か所だけフレーム都合で苦戦するカ所があって焦りましたね〜。
まぁそういうこともあります。
さいきんはあまりご希望いただいてませんでしたが、組み付け作業に関してなんら隠すことはしてませんので自転車をオーダーの際にご希望とあればお申し付けください。
e0154650_21455762.jpg
出来上がった自転車はまさに異彩を放っています。
とってもクリーンでプレーンな印象。
スチールの真っすぐなフレームと、eTAP仕様のスッキリ感が効いているのでしょうか。
最小減のロゴの配置とバランス。
これ以上もこれ以下も無い完成度で出来上がりました。
適切なステム長に、コラムスペーサーの少なさも以前までのお乗り頂いてました自転車とは変わっているところです。
これがまさにオーダーフレーム。
e0154650_21460180.jpg
■フレーム

Independent Fabrication Crown Jewel

■スペック

レバー:SRAM Red eTAP
Fメカ : SRAM Red eTAP
Rメカ:SRAM Red eTAP
クランク:ROTOR InPower
ブレーキ : SRAM Red
BB : Chris King

ヘッドパーツ:Chris King
ハンドル:3T ErgoSam Stealth
バーテープ:Fizik
シートピラー:ENVE
サドル:Fizik Ariante
ペダル : Speedplay ZERO

ホイール:BONSAI x ENVE
リム : ENVE SMART SYSTEM 3.4
ハブ : ChrisKing R45
スポーク : SAPIM CX-RAY
タイヤ:Hutchinson Fusion5 TubelessReady
e0154650_21460549.jpg
さっそくお乗り頂いてます。

今回はSES 3.4がチューブレスレディに対応しているということで、O氏にはチューブレスにも初体験していただいたのですが、しなやかで上々とのこと。
なにより安定感と路面をしっかりと追従するかのような前に進む感覚がクセになるということです。
せっかくこの自転車に乗って外に出たいのに、この秋の長雨に阻まれてしまい悲しい思いをされているそうで。
それくらいに楽しい自転車ということなんですね!
まさにリスペクトがあります。
e0154650_21460897.jpg











11月12日(日)はシクロクロスレース参戦のため臨時休業とさせていただきます
カフェは通常通り営業させていただきます


こころろにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■OPEN ~ CLOSE
08:30〜17:00 Cafe(Weekday) 
10:00〜17:00 Cafe(Saturday & Sunday)
13:00〜21:00 Cycle Works
■Wednesday is every closing
■AD 151-0051 4-11-8 Sendagaya Shibuya Tokyo
■WebShop https://bonsaicycleworks.com/


.


[PR]
by bonsai-astn | 2017-11-07 12:00 | Indyfab

もしも…Independent Fabricationに乗るなら、カスタマーY氏の場合

もしも…。
IF。
Independent Fabrication。
自分の自転車にするのであるならば。
さて。
どうしようか。
カスタマーY氏のアイエフはロード。
スチールのクラウンジュエル。
Y氏は女性。
女性にもサイズが合うロードレーサー。
そこにリスペクトがある。
e0154650_20253965.jpg
そういうわけで来ました。
ペイントデザインはY氏のお知り合いの方がご担当。
カラーは標準のカラーパレットには無い超メタリックのキャンディカラーを使って贅沢な仕上がりに。
とてもアメリカンな風合いで良いです。
同系色で統一された感じがフレームのなかでグラデーションしています。
e0154650_20255736.jpg
ホィールはリムがまだ届いていないので、この自転車用のホィールは完成していないのですが、すでにこの仮の姿でも完成度は高いですねぇ〜。
e0154650_20255318.jpg
e0154650_20254850.jpg
e0154650_20254421.jpg
■フレーム

Independent Fabrication Crown Jewel

■スペック

レバー:SRAM Red
Fメカ : SRAM Red
Rメカ:SRAM Red
クランク:SRAM Red
ブレーキ : SRAM Red
BB : Chris King

ヘッドパーツ:Chris King
ハンドル:3T ErgoNova Stealth
バーテープ:LizardSkins
シートピラー:ENVE
サドル:Fizik Alione Versus
ペダル : LOOK

ホイール:BONSAI x ENVE
リム : ENVE SMART SYSTEM 3.4
ハブ : ChrisKing R45
スポーク : DT AEROLITE
タイヤ:Continental 4000S
e0154650_20253076.jpg
さっそくお乗り頂いてます。
まるでアイスクリームのような甘いカラーリング。
これはフルオーダーにしか出来ないカラーですね!
そんなY氏からはこんなご感想が!!

最初からすーっとカラダに馴染むところが驚きです!
優しい乗り味で、乗り心地良く、特に坂道がとてもラクに思えました。
夏は全然走れてなかったのに、
無条件でこんなにも楽しく走れる
IFの凄さを感じました!!
それでいてこの塗装だし♡
最もお気に入りのバイクとなりました(^^)
e0154650_20253514.jpg
無条件で楽しく乗れちゃう!走れちゃう!!
リスペクトがあります。








10月15日(日)はシクロクロスレースに参戦のため自転車営業は臨時休業とさせていただきます
カフェは通常通り営業いたします


こころろにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■OPEN ~ CLOSE
08:30〜17:00 Cafe(Weekday) 
10:00〜17:00 Cafe(Saturday & Sunday)
13:00〜21:00 Cycle Works
■Wednesday is every closing
■AD 151-0051 4-11-8 Sendagaya Shibuya Tokyo
■WebShop https://bonsaicycleworks.com/


.

[PR]
by bonsai-astn | 2017-10-12 12:00 | Indyfab

もしも…Independent Fabricationに乗るなら、カスタマーS氏の場合

もしも…。
IF。
Independent Fabrication。
自分の自転車にするのであるならば。
さて。
どうしようか。
カスタマーS氏のアイエフはロード。
スチールのクラウンジュエル。
デザインは盆栽屋にオマカセのサプライズミー。
そこにリスペクトがある。
e0154650_14160035.jpg
カスタマーS氏のアイエフ。
S氏のご希望は、シルバーの自転車が好き、ガイコツのロゴを入れたい、フォークの裏は色を変えたいということでそのご希望に沿ったうえで盆栽屋がオマカセでやらせていただきました。
ChrisKingのパーツの色から、ロゴのグラデーションに、ステムとポンプの塗装まで。
かなりの完成度に仕上がったのではないかと思います。
e0154650_14153813.jpg
e0154650_14155197.jpg
e0154650_14155474.jpg
S氏は遠方にお住まいの方なので直接ご覧いただくまでは店頭にしばらく飾らせてもらっていたのですが、そのあいだもなかなか評判が良くいろんな方に「イイネ!」と言っていただける自転車に仕上がりました。
とくに女性サイクリストの方に数多くイイネ!と言っていただいたのはうれしかったですね〜。
e0154650_14154111.jpg
e0154650_14155749.jpg
■フレーム

Independent Fabrication Crown Jewel

■スペック

レバー:SRAM Force
Fメカ : SRAM Force
Rメカ:SRAM Force
クランク:SRAM Force
ブレーキ : シマノ 9000
BB : Chris King

ヘッドパーツ:Chris King
ハンドル:3T Ergosum Pro
バーテープ:Fizik
シートピラー:Thomson
サドル:Fizik Aliante
ペダル : シマノ

ホイール:MAVIC
タイヤ:Continental 4000S
e0154650_14160200.jpg
さて、納車の際は簡単なライドもやらせていただきましてフォームチェックとポジションチェック。
人車一体の自転車ですので、これが一番大事です。
オーダーフレームはなにかと見た目の要素に囚われがちですが、一番重要なのは「乗って良い!」というのが一番だと思います。
そういった点でもS氏にはご満足いただけましてほんとうにヨカッタなぁと思うわけです。











10月9日(月)はシクロクロスレース参戦のため自転車営業は臨時休業とさせていただきます
カフェは通常通り営業させていただきますのでよろしくお願いいたします


こころにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■OPEN ~ CLOSE
08:30〜17:00 Cafe(Weekday) 
10:00〜17:00 Cafe(Saturday & Sunday)
13:00〜21:00 Cycle Works
■Wednesday is every closing
■AD 151-0051 4-11-8 Sendagaya Shibuya Tokyo
■WebShop https://bonsaicycleworks.com/


.
[PR]
by bonsai-astn | 2017-10-02 12:00 | Indyfab

もしも…Independent Fabricationに乗るなら、カスタマーU氏の場合

もしも…。
IF。
Independent Fabrication。
自分の自転車にするのであるならば。
さて。
どうしようか。
カスタマーU氏のアイエフはロード。
スチールのクラウンジュエル。
デザインもご自身で思いのままに検討されて無事に指定通りに出来上がりました。
そこにリスペクトがある。
e0154650_18200628.jpg
e0154650_18201294.jpg
むらさき色のフレームなんて、大手メーカーの自転車ではなかなか見ません。
まさに、オーダーフレームじゃないと出てこないというか実現できないカラーと言えるかもしれません。
U氏が細部までこだわったデザインはアイエフのこれまでのカスタマーたちが採用してきたクラシックなデザインとも言えるデザインパターンは安定のまとまり感を演出します。
ライン入りやフォークの裏側が色違いなどは安心感さえあります。
ENVEステムもアイエフにて塗装されたモノです。
e0154650_18202024.jpg
今回は、ダウンチューブのIndependent Fabricationのロゴも塗装仕上げです。
既存のデカールでは実現しないカラーをご希望の場合はこうして塗装で実現させることも可能なのです。
アイエフではオーナーの想いのままのカスタムが可能です。
デカール仕上よりも塗装仕上の場合はコストが増大してしまうわけですが、それでもデカールには無いカラーをご希望の場合には、塗装で実現させることでご希望通りに完成度を上げるというのはまさにカスタムフレームを創造する過程での愉しみと言えるかもしれません。
e0154650_18201622.jpg
■フレーム

Independent Fabrication Crown Jewel

■スペック

レバー:SRAM Force
Fメカ : SRAM Force
Rメカ:SRAM RED BARNER
クランク:ROTOR 3D30
ブレーキ : SRAM RED
BB : Chris King

ヘッドパーツ:Chris King
ハンドル:3T Ergosum Pro
バーテープ:Lizard Skin
シートピラー:ENVE
サドル:Selle Italia SLR
ペダル : SPEEDPLAY ZERO Stainless

ホイール:BONSAI x ENVE
ハブ:ChrisKing R45 Pink
リム:ENVE SMART SYSTEM 4.5
スポーク:DT AERO-LITE
タイヤ:パナレーサー


さっそくお乗り頂いてます。
e0154650_18195311.jpg
e0154650_18200002.jpg









9月30日(土)、10月1日(日)はグランフォンド八ヶ岳出店のためカフェは臨時休業とさせていただきます
グランフォンド八ヶ岳にご参加のみなさまは盆栽自転車店のカフェをぜひともご利用ください
自転車営業は通常通り北参道の店舗にて営業させていただきます


こころにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■OPEN ~ CLOSE
08:30〜17:00 Cafe(Weekday) 
10:00〜17:00 Cafe(Saturday & Sunday)
13:00〜21:00 Cycle Works
■Wednesday is every closing
■AD 151-0051 4-11-8 Sendagaya Shibuya Tokyo
■WebShop https://bonsaicycleworks.com/


.
[PR]
by bonsai-astn | 2017-09-28 12:00 | Indyfab

いまこそ、Independent Fabrication

ハロー、Independent Fabrication。
Independent Fabricationはアメリカはニューハンプシャーにあるハンドメイドフレーム専門のメーカー。
ハンドメイドバイクのムーブメントが大きくなって来る初期の頃から業界を牽引してきた比較的老舗のメーカーです。
ファクトリーとして稼働しているので従業員も多く、個人で経営しているような小規模のビルダーにくらべると納期なども(比較的)しっかりしており信頼が持てます。
モデルラインナップには、ロード、シクロクロス、MTBと多岐にわたり。
そのすべてがフルオーダーフレーム。
ストックフレーム(作り置き)は基本的にいっさいありません。
さらに、素材も自転車フレームをつくる主要な素材としてはアルミ以外のすべてから選ぶ事ができる稀なメーカーになります。
塗装も外注ではなく、自社の同じ建物内にある塗装ブースで専門のペインターが1本1本丁寧に仕上げています。
このたび盆栽自転車店にてダイレクトオーダーがはじまりましたので価格もあらたに設定させていただきました。
主要なモデルラインナップを御紹介しましょう。
e0154650_18043986.jpg
まずはもっともベーシックなSteel Crown Jewel
盆栽自転車店でも多くの方にオーダーしていただいてますモデル。
スチールのフレームに、カーボン製(ENVE)のフォークか、オリジナルのスチールフォークをお選び頂けます。
もちろん、このフレームからフルオーダーが可能です。
価格は298,000円〜。
すべてのモデルに共通することですが、塗装の仕様やカスタムの程度によって追加料金が発生します。
このモデルの場合、IFフレームの特徴でもあるシルバー製ヘッドバッヂは追加料金になります。
e0154650_18035492.jpg
そして、スチールフレームのシクロクロスSteel Planet-X
盆栽屋もレースクロスとして愛用するこの1本。
こちらもお値段はロードと同じになりますが。
このお値段はカンチブレーキ仕様のお値段であり、カンチブレーキ用のENVEフォークが販売されていない現在ですと、あまり現実味の無い価格になります。
もちろん、スチールフォークでよければこのお値段がベースになります。
個人的にオススメしてますディスクブレーキ仕様になるとスペシャルなフォークやドロップアウトなどの追加料金(60,000円程度)が必要になります。
e0154650_16215992.jpg
スチール以外の素材もおまかせください。
Independent Fabricationには自転車フレームとしては新素材のステンレスのフレームを造ることができます。
それがステンレス製のロードレーサーSSR
スチールとは違ってサビに強いステンレスなので、チタンと同様に生地を出した仕上が可能です。
比較的酔狂なフレームですが盆栽自転車店では多くのカスタマーのみなさまのオーダーをいただきました。
スチールよりはパイプの径が太いものの、直線的なフレームチュービングでチタンよりも見た目がスッキリ、そしてスチールよりも軽量に仕上がるのもポイント。
このフレームは、506,000円〜からオーダーしていただくことが可能です。
シルバー製のヘッドバッヂは標準装備しています。
e0154650_18054759.jpg
わたしのSSRは長距離クルージングバイクとして設計してもらいました。
おかげでフロントセンターが驚く程長く、安定感に優れ、長距離巡航性能が高いです。
しなやかな乗り味がありつつも、スチールほど軟らか過ぎないのもポイントです。
乗り味、価格、プレミア感、素材が劣化しにくいなど、そういうバランスを見て個人的に最もオススメなのがコチラのステンレスです。
e0154650_18052430.jpg
さて、このあたりから酔狂領域に突入します。
ハンドメードフレームの究極のカスタムモデルを目指したアイエフの回答がTi Factory Lightweight
塗装のデザインはシマシマ模様というかブロック状の塗り分けという決まった2色パターンのデザインしか許されないのですが、そのおかげでこの塗り分け料金はタダ!
しかも、オーバーサイズヘッドチューブ、オーバーサイズボトムブラケット、カーボンシートチューブ、チタン製のシートマスト、このフレームのためだけに製作された肉抜きされモデル名の刻印まで刻まれたリアのドロップアウトなどほんとうにスペヒャルな仕様になっています。
通常これだけのカスタム要素をフレームに盛り込むととんでもない追加料金になってしまうのですが、このフレームは全部込みのお値段なのでかえってお買い得とさえ言えるのです。
コチラのフレームは、648,000円〜。
e0154650_18061582.jpg
わたしもこのフレームを持ってますがとても良く走るレーシングフレームと言えます。
アルミかと思う程の太いダウンチューブ。
かなりの剛性感があります。
はじめ堅過ぎて慣れるまでに時間がかかりました、まさにじゃじゃ馬!
チタン製のシートマストに、これまたスペヒャルなアルミ削り出しのシートクランプ。
このモデルだけ唯一のISP仕様なのもこのフレームをとても個性的な存在にしています。
単なる自転車のフレームを越えた工芸品のような趣きもある作品のような所有感があると思います。
e0154650_18325467.jpg
e0154650_18060919.jpg
はじめに「素材も自転車フレームをつくる主要な素材としてはアルミ以外のすべてから選ぶ事ができる」と書いた通り、アイエフにはカーボンフレームもあります。
それが、Corvid
フルオーダーのカーボンフレームなんて他のメーカー、ブランドではあまり聞きません。
アメリカでもArgonaut Cyclesくらい?日本だと知られてる工房が2つくらい?でしょうか。
そのなかでもここまで洗練された雰囲気の手作りのカーボンフレームってそうそうないかと。
そんな、Corvidは、718,000円〜。
e0154650_18062306.jpg
このフレームに使用されるカーボンパイプとカーボンラグはなんとENVE製。
そこにリスペクトがある。
特注のカーボンラグはなんと1°から角度調整が可能だそうで。
フルオーダーに対応したフルカーボンラグ仕様のフルカーボンフレームという極めて酔狂な存在なのです。
e0154650_18353063.jpg
e0154650_18062761.jpg
最後に御紹介しますのがアイエフのモデルラインナップのなかでも最上位のフラッグシップに位置するモデルXSです。
名前はXSですが価格はそんなことなくて、779,000円〜。
まさにフラッグシップにふさわしい仕様です。
カーボンパイプにスペヒャルな王冠デザインのカットが施されたチタンラグ。
パイプでは、チェーンステーとヘッドチューブがチタンになります。
e0154650_18094017.png
XSはその見た目からしてラグジュアリー。
高級車のなかでもマッスルでストイックなスーパーカーではなく、Bentleyのような装飾的な高級車の雰囲気があります。
乗り味もまさにラグジュアリーなんだとか(聞いたハナシ)。
e0154650_18291455.png
Independent Fabricationのフレームには、Steel製のフレーム以外はすべて生涯補償が付いてきます。
そして、すべてのフレームの塗装の塗り替えや修理を承ることが可能です。
これがハンドメードの魅力のひとつです。
塗装のデザインを考えたり、今まで考えた事もないフレームのジオメトリーのことを思いめぐらすのは、ときに大変な作業ですが、別の意味ではカスタムフレームを購入する愉しみとも言えます。
デザイン、ジオメトリー、素材、コンポーネント専用のフレーム。
このなかでなにかひとつの要素でも現状の自転車に不満や問題があって、それを改善できる可能性がアイエフにあれば、そのオーダーしていただいた自転車はきっと有意義なモノになるでしょう。
自分だけの自転車、自分のためだけの自転車が欲しい、そんな自転車を創造できるのがIndependent Fabricationの魅力です。
e0154650_18290837.jpg
※上記価格はすべて2017年9月22日現在の価格です。為替の急激な上昇によっては予告無く価格を変更することがございます。
※フルオーダーフレームは詳細なミーティングのうえでフレームの詳細を決定していく商品になります。メールや電話でのお問い合わせにはあまり向いていません。直接店頭までご来店していただきましてお問い合わせしていただきますようよろしくお願いいたします。











9月30日(土)、10月1日(日)はグランフォンド八ヶ岳出店のためカフェは臨時休業とさせていただきます
グランフォンド八ヶ岳にご参加のみなさまは盆栽自転車店のカフェをぜひともご利用ください
自転車営業は通常通り北参道の店舗にて営業させていただきます


こころにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■OPEN ~ CLOSE
08:30〜17:00 Cafe(Weekday) 
10:00〜17:00 Cafe(Saturday & Sunday)
13:00〜21:00 Cycle Works
■Wednesday is every closing
■AD 151-0051 4-11-8 Sendagaya Shibuya Tokyo
■WebShop https://bonsaicycleworks.com/


.
[PR]
by bonsai-astn | 2017-09-25 12:00 | Indyfab

もしも…Independent Fabricationに乗るなら、盆栽屋の場合

もしも…。
IF。
Independent Fabrication。
自分の自転車にするのであるならば。
さて。
どうしようか。
盆栽屋の新しいアイエフはシクロクロス。
じつにアイエフ4本目。
そこにリスペクトがある。
e0154650_16244981.png
そういうわけで、はじまりました。
Independent Fabricationと盆栽自転車店は新しいフェーズに突入したのです。
直接取引ができるようになりました。
そこで直ぐにわたしはフレームをオーダー。
ちょうど今までレースで使っていたピンクのアイエフは5シーズン。
消耗も少なからず見えて来たところで新しい機材をオーダーする必要がありました。
e0154650_16232739.jpg
夢の2台体制か?
まったくのコピーではツマラナイので新機軸としてスルーアクスルを導入しました。
そして、フロントはシングル仕様に。
素晴らしくクリーンなフレームに。
これでディスブレーキ仕様のシクロクロスフレームとして一気に先端の装備になったのではないでしょうか。
フレームをオーダーする際にコンポーネントが決まっていると、それ専用のフレームの造りになるので、より専用性の高いフレームを作ることが出来ます。
e0154650_16221423.jpg
カラーは見本に無いスペヒャル。
Key Lime Crystallanceというカラー。
アイエフがいつだったかの展示会で発表していたカラーです。
とてもメタリック粒子感のある蛍光イエロー&ライムグリーンという具合。
アップチャージになりますが、とても満足感のある良い色です。
きっとシクロクロスの冬景色のなかで、かなり映えるのではないかと思います。
e0154650_16215094.jpg
昨年1月末にサインして、フレームが来たのは8月の末。
途中でいろいろとトラブルもあったのですが、ちょっと時間かかりました。
通常のロードフレームであれば3か月もあればフレームが完成してきますが、今回はシクロクロスというフレームで、スルーアクスル仕様だったりしたので余計に納期がかかってしまったのかもしれません。
e0154650_16221150.jpg
特徴的なエンド部分。
スルーアクスルなので穴が個性的。
そしてキレイに塗装されています。
左側には補強のパイプが入り、Rメカが付くエンドはアルミ製のリプレースになりました。
e0154650_17011207.jpg
レバーは諸事情によりREDに。
非常にマニアックなハナシですが、通常では左レバーのブレーキのみの設定はありません。
e0154650_16220671.jpg
今回はENVEステムもアイエフで塗装してもらいました。
ENVEのロゴはわたしのほうでデカールを貼りました。
塗装&デカールという組み合わせも盆栽自転車店。
もちろん、コストに潤沢な余裕がある場合はロゴも塗装にするとより一層完成度が増すでしょう。
e0154650_16220353.jpg
ChrisKingのR45であればシャフトを交換するだけでスルアクスル仕様になります。
ハブのクリーニングついでにこの作業も完了。
e0154650_16223408.jpg
■フレーム

Independent Fabrication Planet X Disc custom

■スペック

レバー:SRAM RED
Rメカ:SRAM RIVAL 1
クランク:ROTOR 3D30 PLUS
ブレーキ : SRAM RED
BB : Chris King

ヘッドパーツ:Chris King
ハンドル:DEDA Shallow
バーテープ:Cinelli
シートピラー:ENVE
サドル:Fizi;k Aliante
ペダル : TIME ATAC

ホイール:BONSAI x ENVE
ハブ:ChrisKing R45 Pink
リム:ENVE SMART SYSTEM 3.4 の4を前後使用
スポーク:DT AERO-LITE
タイヤ:FMB
e0154650_16215557.jpg
シーズンはいよいよ今週末から開幕。
自転車は完璧過ぎるくらいに仕上がりました。
e0154650_16215992.jpg








9月24日(日)はシクロクロスレース 茨城CX第一戦に参戦のため自転車営業はお休みとさせていただきます
カフェは通常通り営業します

こころにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■OPEN ~ CLOSE
08:30〜17:00 Cafe(Weekday) 
10:00〜17:00 Cafe(Saturday & Sunday)
13:00〜21:00 Cycle Works
■Wednesday is every closing
■AD 151-0051 4-11-8 Sendagaya Shibuya Tokyo
■WebShop https://bonsaicycleworks.com/


.



[PR]
by bonsai-astn | 2017-09-23 12:00 | Indyfab

もしも…Independent Fabricationに乗るなら、カスタマーO氏の場合

もしも…。
IF。
Independent Fabrication。
自分の自転車にするのであるならば。
さて。
どうしようか。
カスタマーO氏のアイエフはステンレス。
ホリゾンタル。
そこにリスペクトがある。
e0154650_18164653.jpg
フレームが完成してからパーツを御判断していただいた影響で組み付けまでのお時間に余裕がありました。
なのでステムは塗装に。
フレームポンプも塗装へと旅立たせることが出来ています。
おかげで完成度がうなぎ上りに向上したと思います。
e0154650_18112878.jpg
派手さは無くともこのまとまり感。
そこにリスペクトがあります。
O氏のオーダーはホリゾンタルのクラッシーなフレーム。
トップチューブに配されるフレームポンプに。
ハンドルもENVEのエアロ。
これまた水平なステムがホリゾンタルフレームであることをより印象づけてくれるのです。
e0154650_18113924.jpg
コンポーネントはSRAMのRED22。
eTapのデザインをそのまま引き継ぐ主張のすくないデザインで自転車の引き立て役にひと役かってくれています。
e0154650_18113224.jpg
リアのステーは塗装無し。
ステンレスフレームだからこそ可能な仕上げ。
自転車フレーム素材の金属感をアゲてくれる名演出。
ホィールはBONSAIxENVEを採用。
デカールはオマカセのご依頼で盆栽屋が仕上げさせていただきました。
そこにリスペクトがあります。
e0154650_18113426.jpg
さっそくお乗り頂いてます。
もともとはカンパニョーロをお使いだったカスタマーO氏。
このタイミングでSRAMにシフトチェンジしていただいたわけですが、お気に入りのご様子。
ギアがスパスパ変わる変速が好印象のようです。
もちろん、自転車全体の乗り味も、降りたあとの眺めも最高。
これがまさにオーダーフレームの贅沢と言えるでしょう。
e0154650_18114310.jpg
■フレーム

Independent Fabrication SSR

■スペック

レバー:SRAM RED
Fメカ:SRAM RED
Rメカ:SRAM RED
クランク:ROTOR 3D30
ブレーキ:Sram RED

ヘッドパーツ:Chris King
ハンドル:ENVE AERO
バーテープ:Fizik Classic 2.5mm
シートピラー:ENVE
サドル:Fizi;k Aliante R1
ペダル:SPEEDPLAY ZERO Stainless

ホイール:BONSAI x ENVE
ハブ:ChrisKing R45 Pink
リム:ENVE SMART SYSTEM 4.5
スポーク:SAPIM CX-RAY
タイヤ:Continental GP4000S









こころにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■TEL 03-3497-8885
■FAX 03-3497-8886
■OPEN ~ CLOSE
08:30〜17:00 Cafe(Weekday) 
10:00〜17:00 Cafe(Saturday & Sunday)
13:00〜21:00 Cycle Works
■Wednesday is every closing
■AD 151-0051 4-11-8 Sendagaya Shibuya Tokyo
■WebShop http://bonsaicycleworks.com/


.
[PR]
by bonsai-astn | 2016-11-15 12:00 | Indyfab

バイクエイジング Bonsai Cyclocross Machine編

いよいよ来シーズンのレースも今月末に迫ってきました。
シクロクロスマッスィーン。
準備に余念が無いと言い切りたいところではありますが。
ニセコ後のまったり気分に浸っているのでかなり苦戦するのではないかと自分で予想しています。
そんなパイロットには不安要素が残りますが。
来シーズンに向けて機材はさらに進化を遂げました。
e0154650_15165037.jpg
C-1に昇格するまでシクロクロスにおけるカーボンリムは我慢していた盆栽屋。
でも、昨シーズンに昇格した事により1ペア。
来シーズンは押さえ込むフタが外れて2ペア目を投入します。
1ペア目と同じリムのほうがCXのDisc専用ということで軽量に出来ているのですが、24ホールのハブを出来心で用意してしまった影響もありSESの4.5のリアをリアのみ前後で使う仕様で組み上げました。
スポーク数はCX専用品よりも少なく24本。
リムは重いけれど、スポークのぶん軽いということでほぼ同じ重量に仕上がりました。
e0154650_15102890.jpg
リムハイトが高い分、オフロードでの性能が心配ですが、今シーズンはコチラをメインで使ってみたいと思います。
タイヤも新しいFMBのチューブラーを装備。
タイヤのパターンはオールラウンドを採用です。
昨シーズンはマッド仕様のタイヤでほぼ1シーズン走りましたが、今シーズンからレースによっての使い分けが可能になりました。
そして、遂に11段変速を搭載。
これによって装備していたForce1のリアディレイラーのキャパシティーを最大活用するべく11-32というワイドレシオのスプロケットも装備しました。
上りから下りが激しい信州クロスもオッケーなギアレシオになっています。
e0154650_15165130.jpg
来シーズンはC-1に昇格して2年目のシーズン。
目標としてカテゴリーに残留するのはもちろん。
J-CXにおけるランキングの上昇階段にも上っていきたいところです。
昨シーズンを終えた時点でランキングは80位でした。
今シーズンはシーズン終わりには50位以内、30位くらいが目標になるでしょうか。
20位以内で最終戦のお台場で走れるようになるとかなり良いですが、現状では高望みと言えるでしょう。
まずはできる範囲でコツコツと積み上げるのが良いと思います。
e0154650_15103327.jpg
思えば、愛機であるIndependent Fabricationのシクロクロスマッスィーンは2013/2014シーズンから投入。
ここで4年に跨がる仕様変更エイジングを振り返ってみましょう。


2013/2014シーズン 2戦目でC-3からC-2に昇格
導入した新機軸
■スチールフレーム
■ディスクブレーキ(リコール中なので機械式)
■チューブラータイヤ
e0154650_1755121.jpg
2014/2015シーズン シーズン通してC-2
導入した新機軸
■フロントギアのシングル化、主に38T
■油圧ディスク(リコールから戻ってくる)
■ヘッドパーツのカラー変更
■ステムの塗装
e0154650_1755774.jpg
2015/2016シーズン 国内1戦目でC-1に昇格
導入した新機軸
■ENVEのカーボンホィール(C1に昇格したため)
■FMBのチューブラータイヤ
■ENVEのシートピラーを2ボルトに
■フロントギアは主に40Tもしくは42T
e0154650_17551345.jpg
そして、来シーズンになります2016/2017シーズン
導入した新機軸
■11SpeedのForceのグループセット
■ENVEのカーボンホィールを追加で1セット
■FMBのチューブラータイヤ(コーティング付き)
■ペダルを最新版に交換
e0154650_15102669.jpg
e0154650_15103177.jpg















こころにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■TEL 03-3497-8885
■FAX 03-3497-8886
■OPEN ~ CLOSE
08:30〜17:00 Cafe(Weekday) 
10:00〜17:00 Cafe(Saturday & Sunday)
13:00〜21:00 Cycle Works
■Wednesday is every closing
■AD 151-0051 4-11-8 Sendagaya Shibuya Tokyo
■WebShop http://bonsaicycleworks.com/


.
[PR]
by bonsai-astn | 2016-09-16 12:00 | Indyfab

もしも…Independent Fabricationに乗るなら、カスタマーM氏の場合

もしも…。
IF。
Independent Fabrication。
自分の自転車にするのであるならば。
さて。
どうしようか。
カスタマーM氏のアイエフはスチール。
シクロクロスマッスィーン。
そこにリスペクトがある。
e0154650_18312632.jpg
M氏のシクロクロスマッスィーンはグラベルロードとしての活躍も期待できるようにボトルケージを2カ所マウントできるようになっています。
こうしたオーナーに合わせたフレームに仕上げるのもカスタムバイクならでは。
もちろん、塗装も非常に凝ったモノになっています。
e0154650_18313153.jpg
このフォークまわりの塗装は圧巻です。
ご覧ください。
この美しさ。
重なり合ったデザインですがまったく段差もありません。
この塗装のクオリティの高さもIndependent Fabricationのウリのひとつ。
e0154650_18313354.jpg
鮮やかなカラーリングはシクロクロスシーズンの冬の景色のなかでとっても映えることでしょう。
野辺山の泥でドロドロに自転車が汚れようともプライスレス!
そこに楽しみがあります。
シクロクロスはイベント盛りだくさん。
東京近郊のレースも多いし、レースじゃなくてもイベントあります。
シーズン以外はオールロードなグラベルロードとして。
一家に一台いかがでしょうか?
e0154650_18313528.jpg
e0154650_18313896.jpg
■フレーム

Independent Fabrication

Planet X

■スペック

レバー:SRAM Force
Fメカ:SRAM Force
Rメカ:SRAM Force
クランク:SRAM Force
ブレーキ:Paul Canti

ヘッドパーツ:Chris King Saur Apple
ハンドル:3T Ergo Sum Pro
バーテープ:Fizik Tacky
シートピラー:Thomson
サドル:Fizi;k Antares
ペダル:CrankBrothers

ホイール:BONSAI x Classics
ハブ:ChrisKing R45 Black
リム:Ambrossio Exel Light
スポーク:DT Champion
タイヤ:Challenge












こころにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■OPEN ~ CLOSE
08:30〜17:00 Cafe(Weekday) 
10:00〜17:00 Cafe(Saturday & Sunday)
13:00〜21:00 Cycle Works
■Wednesday is every closing
■AD 151-0051 4-11-8 Sendagaya Shibuya Tokyo
■WebShop http://bonsaicycleworks.com/


.
[PR]
by bonsai-astn | 2016-04-21 12:00 | Indyfab

もしも…Independent Fabricationに乗るなら、カスタマーラッキーユー氏の場合

もしも…。
IF。
Independent Fabrication。
自分の自転車にするのであるならば。
さて。
どうしようか。
カスタマーラッキーユー氏のアイエフはスチール。
オーソドックス。
そこにリスペクトがある。
e0154650_18122076.jpg
ホィールはBONSAI x ENVE。
そういえば、ラッキーユー氏のこの車輪。
納品から1年が経過したでしょうか。
いろいろあってこの車輪になかなか乗る機会が無かったラッキーユー氏。
あ、もちろん車輪に問題があったわけではありません。
こうしてオーソドックスなスチールフレームにしていただいたことでメカトラブルも発生しにくくなることでしょう。
良いモノとは、よく使うことができるモノ。
そこにリスペクトがある。
e0154650_18122471.jpg
このフレームは納期も短く。
かなりすんなり来てくれました。
(さいきんのアイエフはお待たせしません)
ともすれば、このホィールを味わうための1台。
そういう意味では長かったけれど。
もう自転車は揃った、完成したのであとは乗るしかありません。
e0154650_18122776.jpg
スチールフレームの細いボディにもビッグデータのロゴが栄えます。
そして、さっそくお乗り頂いてます。
うれしいインプレッションをいただきました。
原文のまま、これからのアイエフオーダーストーリーをはじめたいという方にもご参考にどうぞ。
e0154650_18122927.jpg
「IF初走行ですが…
最高でした。
走り出して直ぐに分かったのが体に伝わる振動の優しさ。
グリグリ振り回すと、思うがままのコントロール性。
ダンシング時に今まで感じる事がなかった、もうひと伸びがありました。
e0154650_18123155.jpg
シャローベンド(ハンドル)も初めて使いましたが、手の収まりの良さも嬉しかったですね。
上半身が楽でした。
総じて走り易いと一言で表現もどうかと思いますが、すごく走り易かったです。
e0154650_18123574.jpg
ホィールと相まって、ハチミツのような甘さと優しさ、スポーツカーのしなやかさ、戦闘機の機敏性。
オーバーですがオーバーに例えると、そんな感じでした。
まだまだこれからわかる事の方が多いと思います。
一先ず本日のインプレッションです。」
e0154650_18123914.jpg
いやぁ〜よかったですね。
本当によかった。
2015年の困難辛苦をカレから直接伺っているわたしはわかりますよ。
いっしょに走った時も「え!?」っていうトラブルありましたからね。
今回からは盆栽屋が総てにおいて監修させていただきましたので扱い方を間違えない限りもう大丈夫でしょう。
パッと見でカッコ良いだけではない、ちゃんと組まれた自転車。
パーツの性能を引き出す組み付けが信条です。
つまり、機能する自転車ということです。
機能美を持ったモノは黙っていても結局カッコ良いというわけで。
そこにリスペクトがある。
e0154650_18153284.jpg
さて、上の画像たちはラッキーユー氏が今回の自転車をオーダーするにあたって参考に集めてくださった画像のようです。
こうしてひとつの究極を創るために想いをめぐらせるのは楽しいものです。
サイクリストのイマジネーションを刺激するのは、やはりフルオーダーに限るでしょう。
盆栽自転車店で取り扱いのあるIndependent FabricationはさいきんWebサイトをリニューアルしました。
Blogの項目には今までのカスタムバイクがズラリと掲載されており閲覧が可能です。
未来のマイバイクの創造にお役立てください。
☞ http://ifbikes.com/blog/









1月24日はレース参戦のため自転車営業はお休みとさせていただきます
カフェは通常通り営業いたします


こころにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■OPEN ~ CLOSE
08:30〜17:00 Cafe(Weekday) 
10:00〜17:00 Cafe(Saturday & Sunday)
13:00〜21:00 Cycle Works
■Wednesday is every closing
■AD 151-0051 4-11-8 Sendagaya Shibuya Tokyo
■WebShop http://bonsaicycleworks.com/
[PR]
by bonsai-astn | 2016-01-21 12:00 | Indyfab