カテゴリ:BONSAI x ENVE( 84 )

BONSAI x ENVE カスタマーM氏の場合

SMART時代に舵をきったBONSAI x ENVE。

M氏のENVEはSMART6,7のクリンチャー。
普段乗りからこのホィールを使っていただくご予定ということで、そういうことでしたら使い勝手の良いクリンチャーがオススメ。

SMART ENVE6,7のセットは前輪が60mm、後輪が70mmのセット。
最先端の空力設計により、VELONEWSでの空力評価でBESTを獲得した最強のリムセットになります。
e0154650_13443111.jpg
今回も静かなるうちに組み上がったBONSAI x SMART ENVE。
デカールやハブのカスタムのカラーリングはM氏より〝オマカセ〟のリスペクトを頂戴したので責任をもってセレクトさせていただきました。
フレームとの相性を見て、わたしが迷わずに選んだのが、ゴールド。
BONSAI x ENVE用にゴールド系のシートを三色も在庫しているというチカラの入れようだったわけですが、今までゴールドを選択された方はいらっしゃいませんでした。
今回、初めてのBONSAI x ENVE ゴールド仕様になります。
e0154650_13443428.jpg
リムのデカールはSMART ENVEの基本仕様に。
このパターンですと、SYSTEMの文字まで再現することが可能です。
e0154650_13443938.jpg
ハブはDT240S。
コチラもカッティングシートによりゴールドにカスタムさせていただきました。
e0154650_13444267.jpg
自転車に装着。
ディープリムはやはり迫力がありますね。
トータルコーディネート感が抜群に立ってしまいました。
e0154650_13444943.jpg
納車後、さっそく近郊のアップダウンをこなされたM氏からお電話が。
フロント60mmのハイトにもかかわらず、やはり横風でハンドルが持っていかれる感覚は少ないとのこと。
以前はBORA2にお乗りだったM氏。
前々回にSMART ENVE3,4を納品させていただいたY氏同様にやはり、BORAよりも上りも軽いし、ぐんぐん進むとのことでした。

今回も頂戴したBORA超えのリスペクト。
見た目の高級感とトータルコーディネート感に加え、走行性能も上級の仕上がり。
であるにもかかわらず、BORA2よりも価格は低いという…。
そこにもリスペクトがあります。








こころにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■電話番号 03-3497-8885
■FAX 03-3497-8886
■営業時間 
7時〜16時カフェ営業(平日) 
10時〜16時カフェ営業(土日)
12時〜21時自転車店営業
■定休日 水曜日


※7月15日(日)はレース参戦のため臨時休業とさせていただきます。

[PR]
by bonsai-astn | 2012-07-10 12:00 | BONSAI x ENVE

BONSAI x ENVE カスタマーN氏の場合

SMART時代に舵をきったBONSAI x ENVE。

N氏のENVEはSMART6,7のチューブラー。
世界各地のトライアスロンの試合に出場されているというハードコアトライアスリートのN氏。
大会によっては、ディスクホィールの使用が禁止されているらしく、DHポジションでも横風が気になりにくい最新設計のSMART ENVEに白羽の矢を立てていただいたというわけです。

SMART ENVE6,7のセットは前輪が60mm、後輪が70mmのセット。
最先端の空力設計により、VELONEWSでの空力評価でBESTを獲得した最強のリムセットになります。
e0154650_18261440.jpg

e0154650_18264873.jpg
今回も静かに組み上がったBONSAI x ENVE。
デカールはアクアブルーの枠のみという軽量ロゴ。
ハブはDTの180で最軽量と高精度、高強度を実現。
スポークは空力を重視してSAPIMのCX-RAYをチョイス。
組み方も後輪の左側をラジアルにして空力性能の高効率化を図りました。
さらに、チューブラーの場合は重量バランスをとる必要があったので、バランスをとる作業を追加させていただいて高速の下りでも安定感のあるホィールに仕上がっています。
こうしたオーナーに合わせたチョイスができるのも手組のホィールならでは。
e0154650_18264989.jpg

e0154650_18264933.jpg

e0154650_18261594.jpg
今回の納品は発送になりました。
ホィールが届き次第、N氏はBONSAI x ENVEを3台(!)の自転車に装着した画像を送ってくださいました。
ありがとうございます。
e0154650_1827913.jpg
e0154650_1827910.jpg

e0154650_1827104.jpg
そして、この週末にしっかりとBONSAI x ENVEを乗り込んでくださったN氏。
60mmという高いリムハイトにもかかわらず強風下でもハンドルが安定する空力特性の高さ、高速で下っても安心感のある下りを実現するバランスの高さ、アイアンマンなどの海外トライアスロンの試合での使用を想定したときの使いやすさなどのリスペクトを頂戴しました。

まさにリスペクトがあるホィールです。








こころにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■電話番号 03-3497-8885
■FAX 03-3497-8886
■営業時間 
7時〜16時カフェ営業(平日) 
10時〜16時カフェ営業(土日)
12時〜21時自転車店営業
■定休日 水曜日
[PR]
by bonsai-astn | 2012-07-01 12:00 | BONSAI x ENVE

BONSAI x ENVE カスタマーY氏の場合

SMART時代に舵をきったBONSAI x ENVE。
初受注をくださったのは、盆栽人会員のY氏。
盆栽人初のBONSAI x ENVEということにもなりました。
Y氏のENVEはSMART3,4。
試乗の結果、印象が良かったクリンチャーになりました。

SMART ENVE3,4のセットは前輪が35mm、後輪が45mmのセット。
最先端の空力設計により、高さの低いリムハイトでありながら他社製の50~60mmのリムに匹敵する空力性能を誇るとはメーカーの宣伝文句。
e0154650_17144499.jpg
ハブはDTハブの最高峰。
Carbon Ceramicの180。
カーボンボディにセラミックベアリングを搭載。
フリーボディ部分の肉抜きにも240Sとは違う世界を描きます。
e0154650_1715447.jpg
デカールは超特色のヘアラインシルバーにオフホワイト。
ヘアラインシルバーはまさにアルミのような金属色で。
ヒカリの具合によって表情を変えるカラーリングです。
e0154650_17145277.jpg

e0154650_17145132.jpg

e0154650_17151134.jpg
重量は前後で1,400gを少し超える程度。
クリンチャーホィールとしては健闘の重量でしょうか。
リムの強度や剛性に優れるので、数値には見えない走りの軽さがあるのがENVEのクリンチャーリム。
e0154650_17151768.jpg
さて、Campagnolo BORA2から履き替えたY氏。
インプレッションをうかがうと。
BORA2よりも反応性に優れ、とくに下りの安定感があるので、下りのコーナーリングのライントレースがいつもより余裕があったとのこと。
これはBORAよりもスポーク数が多いのと、スポークテンションを高くすることが可能だったからなのかもしれません。
というわけでBORA超えのリスペクトを頂戴いたしました。
ありがとうございます。
180ハブにSMARTクリンチャーということで、一番高級な選択になってしまったY氏のENVEですが。
それでもBORA2より値段は安価であるという事実。
そこにもリスペクトがあります。







こころにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■電話番号 03-3497-8885
■FAX 03-3497-8886
■営業時間 
7時〜16時カフェ営業(平日) 
10時〜16時カフェ営業(土日)
12時〜21時自転車店営業
■定休日 水曜日
[PR]
by bonsai-astn | 2012-06-28 12:00 | BONSAI x ENVE

BONSAI x ENVE SMART時代に突入

軽量で高剛性、さらに高精度なリムが評判のENVEが満を持して登場させた新型のエアロリム。
〝SMART ENVE SYSTEM〟。
前輪はリム幅が広くなっており変化しやすい横風の中でもコントロール性を保つように、後輪は前輪よりもリム幅が細く、リムハイトは高くなって理想的な空力を追求されています。
こういったリムの幅広リムを販売しているメーカーは少なくないのですが。
ENVEの場合は前後のリムハイトとリム幅が違う設計になっており、その点が他のメーカーとの違いになります。
e0154650_22372428.jpg
いきなりの3,4と6,7の入荷。
SMART ENVEにもチューブラーとクリンチャーのラインナップがございます。
リムハイトでは値段は変わりませんが。
クリンチャーとチューブラーでは値段は変わります。
使用用途に応じた選択が可能です。
ご相談ください。
e0154650_22324951.jpg
ブラックのリムにブラックのロゴのダークラベルなスタイルがなにかとありがたがられるSMART ENVEですが。
BONSAI x ENVEでは、もちろんカスタマーの個性に合わせたカラーのカスタムが可能です。
純正の ブラックのままは5,000円の値引きになります。
e0154650_2237273.jpg
実際にプロトンのなかを走っているプロ選手たちもSMARTロゴをチームカラー、もしくは個人のカラーリングに変更するのがマナーのようです。
BONSAI x ENVEでカラーリングカスタムもお楽しみください。
e0154650_22374543.jpg

e0154650_22373665.jpg

e0154650_22374619.jpg

BONSAI x SMART ENVE 価格

チューブラー前後セット 286,650円

クリンチャー前後セット 290,850円



基本価格はDT240Sハブの仕様になります。

各パターンでChrisKingハブ、ChrisKingCeramicハブ、DT180Carbon Ceramicハブのオプションが選択可能です。

納期はご相談ください。







こころにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■電話番号 03-3497-8885
■FAX 03-3497-8886
■営業時間 
7時〜16時カフェ営業(平日) 
10時〜16時カフェ営業(土日)
12時〜21時自転車店営業
■定休日 水曜日
[PR]
by bonsai-astn | 2012-06-26 12:00 | BONSAI x ENVE

BONSAI x ENVE カスタマーM氏の場合

BONSAI x ENVEの納品させていただきました。

カスタマーM氏のENVEはフロント45mm、リアは45mmのクリンチャー。

そして、ハブはChrisKingです。
美しいアルマイトカラーが最大の特徴ですが。
DTの240ハブよりも少しだけ軽量で。
ラチェットのノッチ数が細かいので、こぎ出し時のロスの無さが特徴です。
ツールドフランス優勝候補筆頭に挙げられるTeamSKYのウィギンス選手も契約外使用で使うハブ。
美しいだけではなく、実は非常に戦闘的なハブなのです。
e0154650_1913819.jpg
豊富なカラーバリエーションのなかからM氏が選ばれたカラーは〝PEWTER〟。
シルバーよりも暗く、灰色とも言えないPEWTER。
落ち着いたカラーリングで上品な雰囲気があります。
e0154650_1913859.jpg

e0154650_1913947.jpg
静かに組み上がったBONSAI x ENVE。
今回のデカール仕様は2色使い。
枠がツヤありホワイトで中身はサイの肌色(グレー)です。
e0154650_1913975.jpg

e0154650_19131072.jpg

e0154650_19131099.jpg
今回はBONSAI x ENVE初の遠方への発送になりましたが。
M氏のもとに無事に到着してホッしました。
さっそく自転車に組み付けて画像を撮って送ってくださいました。
自転車との見た目の相性がバッチリに決まっていますね。
e0154650_19143480.jpg
BONSAI x ENVEは遠方への発送も可能です。
デカールのカラーもサンプルを送りますのでそのなかからお選びいただく事ができます。
カスタマーの個性や趣向に合わせたカスタムホィールを組ませていただきます。
お気軽にお問い合わせくださいませ。







こころにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■電話番号 03-3497-8885
■FAX 03-3497-8886
■営業時間 9時〜21時 9時〜16時カフェ営業 12時〜21時自転車店営業
■定休日 水曜日
[PR]
by bonsai-astn | 2012-06-16 12:00 | BONSAI x ENVE

BONSAI x ENVE カスタマーK氏の場合

BONSAI x ENVEの納品をさせていただきました。

カスタマーK氏のENVEはフロント45mm、リアは45mmのクリンチャー。

前後で揃えるのであれば空力と重量のバランスに優れる45mm。
扱いやすいディープリムホィールなので横風の恐怖やハンドリングの違和感なども感じにくい設定。

さらにクリンチャーなので、パンク修理などを考えたときの荷物の少なさや修理の手間などにもメリットがあります。
e0154650_137153.jpg

e0154650_1371414.jpg

e0154650_1371589.jpg

e0154650_1371563.jpg
ハブのカスタムはホワイトにシルバーのロゴ。
e0154650_1371647.jpg
搭載される自転車はTonicという珍しいフレーム。
アメリカのハンドメイドのフレームです。
アウトラインのみのデカールでカラーリングもフレームと相性抜群に仕上がりました。
シンプルでオトナな雰囲気のある自転車です。
リスペクトがあります。







こころにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■電話番号 03-3497-8885
■FAX 03-3497-8886
■営業時間 9時〜21時 9時〜16時カフェ営業 12時〜21時自転車店営業
■定休日 水曜日
[PR]
by bonsai-astn | 2012-05-25 12:00 | BONSAI x ENVE

BONSAI x ENVE オプション追加

発売以来ご好評をいただいております盆栽屋手造りホィール。
〝BONSAI x ENVE〟
このたび新たにハブのアップグレードオプションを追加させていただきます。

ハブのオプションにChiris Kingのハブを追加!!
ロードレーシング用のR45ハブがオススメです。
豊富なカラーにホール数の選択。
もちろん、2012年モデルから追加になったカンパニョーロのボディも選択可能です。
e0154650_21574539.jpg
すでに盆栽自転車店の店頭にはPINKのハブがありますが。
ヘッドセットよりも面積が大きいせいか、異常に綺麗に見えてしまいます。
異常に綺麗なんです。
しかも、綺麗なだけではなくレーシング性能も高いのがこのハブの魅力。
前後セットでDT240Sよりも軽量で、リアハブのノッチ数が細かいのでホィールのこぎ出し時のロスが少ないのです。
e0154650_223293.jpg
カラーもこんなに豊富。
そして、なにより美しい。
美しいホィールをお持ちになりたい方は是非ともオススメ。
レーシーなフレームよりもハンドメイド系のクロモリやチタンのフレームに似合いますね。
そんなオプション仕様。
通常のBONSAI x ENVE価格から、プラス20,000円のアップチャージになります。
もちろん、ハブ単体の販売やアルミリムの手組ホィールも受注できますのでご相談くださいませ。
e0154650_21574290.jpg
Chris King R45ハブ 単体価格

フロント 21,000円

リア SHIMANO or SRAM 46,200円

リア Campagnolo 49,350円






こころにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■電話番号 03-3497-8885
■FAX 03-3497-8886
■営業時間 9時〜21時 9時〜16時カフェ営業 12時〜21時自転車店営業
■定休日 水曜日
[PR]
by bonsai-astn | 2012-04-30 21:00 | BONSAI x ENVE

BONSAI x ENVE カスタマーS氏の場合

BONSAI x ENVEの納品をさせていただきました。

カスタマーS氏のENVEはフロント65mm、リアは65mmのクリンチャー。

ハブはカンパニョーロハブを用い、SAPIMのCX-RAYストレートスポーク仕様。

これは酔狂なオーダーです。

ハブのためだけに完組ホィールを用意して。
ホィールとしては使うこともなくすぐにバラして、ハブだけを取り出して使用するのです。
かつてはスモールパーツの販売でハブボディだけが入手できた期間もありましたが、それが無くなってしまった現在はこうして入手するしかありません。
盆栽自転車店ならではのスペヒャルカスタムチューン。
カンパニョーロハブの抜けるような回転性能が欲しい方、完組ホィールはストレートスポークじゃないと、という方向けのまさに酔狂度合い極まるオプションです。

この酔狂なオプションは通常仕様から34,300円のアップチャージで可能です。
e0154650_14342976.jpg
さて、今回の前輪のハブは盆栽屋が個人的にストックしていたハブボディ。
FULCRUMのR3で使われていたものになります。
この手持ちのハブボディはシルバーでしたので。
このホィールの組み付け作業は塗装から始まりました。
わたしは塗装のプロではないので、ムラになったらどうしようかと怖れていたのですがキレイに仕上がりました。
もちろん、丈夫なウレタン塗装です。
e0154650_14343396.jpg
ニュートロンウルトラを分解して取り出したRハブはコチラ。
フリー側はハイフランジになっています。
e0154650_14343780.jpg
S氏はシマノユーザーでいらっしゃるので、シマノボディに交換させていただきました。
アルミ製のフリーボディーからスチール製のフリーボディーになるので少し重量がプラスされてしまいます。
e0154650_14344139.jpg
前輪はスポーク数16本。
DTハブの20本よりも本数を少なくすることができます。
これはリムとハブの穴数の都合によるものですが。
ストレートスポークのほうが通常のスポークよりも強度で勝っているのでこの少ない本数が可能になります。
デカールはこのままでもじゅうぶんに格好良いのですが。
BONSAI x ENVEはホィールを組むだけでは完成しません。
e0154650_14344661.jpg
そうです。
カスタマーとのトークセッションによって決定されたデカールにカスタムです。
今回は蛍光レッドにツヤ消しのホワイトの枠という、これまた酔狂なカラーリング。
e0154650_14345324.jpg
回してみると。
蛍光の3本ラインが。
こんなホィールは見たことありません。
e0154650_1435228.jpg
タイヤを装着すると、さらにホィールの厚みが出て迫力が増します。
タイヤはミシュランのPRO4SCをセレクトしていただきました。
e0154650_1435678.jpg
バルブエクステンダーとリムの音鳴りの防止シートもデカールと同色でまとまるのがBONSAI x ENVE流。
e0154650_14351086.jpg
ホィールだけでお渡しだったのですが。
翌日にさっそくBONSAI x ENVEを付けて乗ってきてくださいました。
マットなモノトーンのカラーリングにバッチリ合います。
リスペクトがあります。





こころにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■電話番号 03-3497-8885
■FAX 03-3497-8886
■営業時間 9時〜21時 9時〜16時カフェ営業 12時〜21時自転車店営業
■定休日 水曜日
[PR]
by bonsai-astn | 2012-04-17 21:00 | BONSAI x ENVE

BONSAI x ENVE カスタマーK氏の場合

BONSAI x ENVEの納品をさせていただきました。

カスタマーK氏のENVEはフロント45mm、リアは65mmのクリンチャー。

フロントのリムハイトは低くして軽さと操縦性を重視。
リアはリムハイトを高くして高い空力性能を確保。

完組ホィールの場合はリム高の揃ったアイテムしか選ぶことができませんが。
前後ともリムの高さを変えることができるのはオーダーメードならでは。
e0154650_21125813.jpg

e0154650_211258100.jpg
デカールのほうは超シンプルの羽根なしロゴ。
さらにアウトラインのみのロゴになるので。
BONSAI x ENVEのデカールヴァリエーションのなかでは最も軽量に仕上がります。
ノーマルのデカールに比べて前後合わせて16gの軽量化になりました。
e0154650_21125757.jpg

e0154650_21125795.jpg
もちろん、ハブのほうもリムのカラーリングに合わせてカスタム済。
この統一感が出せるのもオーダーメードならでは。
e0154650_21125891.jpg

e0154650_21125938.jpg
このホィールを装備するのはTIMEのNXRでグリーンカラー。
シンプルですが存在感のあるホィールが加わることで。
フレームのグリーンのラインが引き立つ印象になりました。

この自転車に赤色が入ることは避けたかったとおっしゃるカスタマーK氏。
さいきんは、赤がデザイン要素にはいったホィールばかり。
なかなか避けて通ることはできません。
でも、カスタムホィール〝BONSAI x ENVE〟であれば無限のアレンジが可能です。
そこにリスペクトがある。








こころにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■電話番号 03-3497-8885
■FAX 03-3497-8886
■営業時間 9時〜21時 9時〜16時カフェ営業 12時〜21時自転車店営業
■定休日 水曜日
[PR]
by bonsai-astn | 2012-04-09 21:00 | BONSAI x ENVE

BONSAI x ENVE カスタマーN氏の場合

BONSAI x ENVEの納品をさせていただきました。

カスタマーN氏のENVEは乗りやすさと扱いやすさを重視した45mmのクリンチャー。
超軽量を狙う場合はチューブラーですが。
クリンチャーはリム構造がしっかりしている影響で、踏みごたえがあり重量感を感じさせない走りが魅力です。
e0154650_2028535.jpg
e0154650_2028965.jpg
今回はスカイブルーのカラーをアウトラインのみのデザインでチューン。
デカールで5gの軽量化を果たした後輪は779g。
前輪は646gでした。
e0154650_2028837.jpg

e0154650_20281279.jpg
ブルーメタリックまぶしい新車のPARLEEにブルーのBONSAI x ENVEをセット。
そういえば、ブルーのホィールはオーダーでないと売っていないのかもしれません。

デカールのカラーリングであるスカイブルーでフレームの濃いブルーと対比ができています。
ホィールのほうが薄く明るいブルーになることで足回りが軽い印象になりました。
e0154650_20282129.jpg
躍動するBONSAI x ENVE。
シンプルなアウトラインロゴですが。
回転時にもしっかりと主張します。
e0154650_20281723.jpg

e0154650_20282439.jpg
オトナな雰囲気の自転車に仕上がりました。
軽量&高剛性と抜群のスタイリングを手に入れた自転車。
自転車に乗っているときも。
自転車から降りたときにも。
オーナーの最高の相棒になってくれるはずです。






こころにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■電話番号 03-3497-8885
■FAX 03-3497-8886
■営業時間 9時〜21時 9時〜16時カフェ営業 12時〜21時自転車店営業
■定休日 水曜日
[PR]
by bonsai-astn | 2012-04-07 23:00 | BONSAI x ENVE