カテゴリ:BONSAI x ENVE( 75 )

BONSAI x ENVE カスタマーM氏の場合

BONSAIxENVEを納品させていただきました。

カスタマーM氏のENVEはSMART ENVE 6,7のクリンチャー。
ChrisKingのブラックのハブはセラミックベアリング搭載。
デカールのカスタムはナシ。
ブラックを全面出した仕様になりました。
e0154650_19452440.jpg
■リム:ENVE SMART SYSTEM 6,7 WO
■ハブ:ChrisKing R45 CERAMIC Black
■スポーク:SAPIM CX-RAY Black

□組み方:フロント=ラジアル リア=右クロス 左ラジアル
□デカール:そのまま
□タイヤ:Continental GP4000S 23C
e0154650_19452776.jpg
M氏の自転車はCinelliのBest Of。
蛍光カラーが流行るずいぶん前から蛍光カラーのフレームでしたね。
そういった意味では先端をはしっていたのではないでしょうか。
そして、今日足回りにBONSAI x ENVeが追加されて迫力が増しました。
e0154650_19465332.jpg
6,7の魅力は迫力のある見た目。
そして、超ディープリムらしいダイレクトな走行感覚。
けれども、それでいて操作性を犠牲にしていないのがSMART ENVEの持つエアロ技術の摩訶不思議なところです。
e0154650_19465612.jpg
e0154650_19465867.jpg
以前、装備されていたホィールとは異次元の走りに加え、ブラックで引き締まった見た目。
ブラックカラーがお好みとおっしゃるオーナーのM氏にもたいへん気に入っていただけました。









こころにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■電話番号 03-3497-8885
■FAX 03-3497-8886
■営業時間 
7時〜16時カフェ営業(平日) 
10時〜16時カフェ営業(土日)
12時〜21時自転車店営業
■定休日 水曜日
[PR]
by bonsai-astn | 2013-11-11 12:00 | BONSAI x ENVE

BONSAI x ENVE カスタマーH氏の場合

BONSAIxENVEを納品させていただきました。

カスタマーH氏のENVEはClassic。
1,45のリム。
軽さとエアロぼベストバランス。
そしてチューブラー。
ハブは持込のパワータップです。
盆栽自転車店ではパワータップの取り扱いがございませんので相談次第ではこういった後仕様も可能です。
e0154650_1539652.jpg
e0154650_15391317.jpg
■リム:ENVE Classic 1,45 TU
■ハブ:フロント=DT 240S リア=PowerTap G3
■スポーク:SAPIM CX-RAY Black

□組み方:フロント=ラジアル リア=左右クロス
□デカール:グロスブラック
□タイヤ:Continental Attack TU
e0154650_15391282.jpg
りむのデカールはブラック一色。
クールに決まりましたね。



11月9、10、11日はツール・ド・オキナワ参戦のため自転車営業はお休みとさせていただきます
カフェは通常とおりの営業です
ご迷惑をおかけしますがよろしくお願いいたします







こころにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■電話番号 03-3497-8885
■FAX 03-3497-8886
■営業時間 
7時〜16時カフェ営業(平日) 
10時〜16時カフェ営業(土日)
12時〜21時自転車店営業
■定休日 水曜日
[PR]
by bonsai-astn | 2013-11-07 12:00 | BONSAI x ENVE

BONSAI x ENVE 盆栽屋の場合

BONSAIxENVEを組みました。

盆栽屋のENVEはClassic 1,25 WO。
ENVEのラインナップで一番軽量のリムである25mmハイトのリムのクリンチャーバージョン。
2014年モデルとして加わりました。
ローハイトリムをリスペクトしている盆栽屋。
Cyclowiredさんのインプレッションで乗らせていただいて以来気になっていた1,25。
チューブラーは軽量だけど、チョット、、と二の足を踏んでいたところにクリンチャーモデルの発表。
出るのがわかったら直ぐにオーダーというわけで、やっと入荷してきました。
e0154650_1835952.jpg
チューブラーで最軽量であるモデルのクリンチャーバージョンということでリム重量の軽さに期待がかかりますが、メーカーが発表しているスペックからして、398gという、もはやカーボンである意味は何なんだろうと思わせてくれる重量。
もしかすると、チューブラーでのあの軽快さが全く損なわれているのではないかと思うほど心配になってしまいます。
ちなみにローハイトのカーボンホィールのなかではメジャーな存在であるCampagnoloのハイペロンはリムだけで360gちょっと。
e0154650_18351753.jpg
ENVEのほうがCampagnoloよりも重くなってしまうわけですが、専用のニップルがCampagnoloよりもENVeのほうが軽量である点と、前輪のスポークが2本少ないのでそのぶんで重量面では互角の勝負になるのかなと思ったわけです。
実際はENVEが前後で20gくらいの負けでしたが。
それでもENVEのクリンチャーリムのなかでは最軽量であり、剛性レベルもハイペロンよりも上のハズ。
その期待を持てなければ、このモデルのホィール組作業は進行しないわけです。
e0154650_18352122.jpg
ハブはChrisKingで軽さと高級感を追求。
セラミックベアリングを選ぶ事で回転性能にも言い訳が無くなりました。
デカールのカスタムはMTBロゴで。
デカール的には小さくなってしまうのですが、線が太くなるので存在感が増しました。
e0154650_18351438.jpg
e0154650_18352737.jpg
■リム:ENVE Classic 1,25 WO
■ハブ:ChrisKing R45 CERAMIC Black
■スポーク:SAPIM CX-RAY

□組み方:フロント=ラジアル リア=左右クロス
□デカール:MTBロゴ=マットホワイト
□タイヤ:Continental GRANPRIX 25C
e0154650_2062029.jpg
そういうわけで。
さっそく使っています。
常用です。
さいきんのカーボンリムは頑丈ですので、決戦用の虎の子にしておくのはもったいない。
とくにENVEのリムは硬くて丈夫なので普段使いもオススメです。
クリンチャーのリムの場合、チューブラーよりも荷物が少なく済みますね。
この1,25のクリンチャーは冬場の強風でも、野辺山の山岳コースでも、オールラウンドに安定した走りを実現してくれることでしょう。
e0154650_21373325.jpg
それではインプレッション。
比較対象は以前まで常用していたハイペロンのクリンチャーになるわけですが。
非常にキャラクターの似たホィール同士。
リムの剛性感は、やはりENVEのほうが高く感じられるので、心配していたよりもずっと軽く走ってくれます。
正直なところ、剛性感以外は微妙な誤差しか感じられないのですが。
ENVEのほうが若干ながら空気抜けが良い気がします。
しかし、値段はハイペロンのクリンチャーのほうがENVEよりも相当にお高いので、ENVEのほうがコストパフォーマンスが高いと言えるでしょう。

ローハイトで軽快に走り、見た目もオトナなホィールをお探しの方にはオススメですよ。
e0154650_15523330.jpg














こころにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■電話番号 03-3497-8885
■FAX 03-3497-8886
■営業時間 
7時〜16時カフェ営業(平日) 
10時〜16時カフェ営業(土日)
12時〜21時自転車店営業
■定休日 水曜日
[PR]
by bonsai-astn | 2013-10-27 12:00 | BONSAI x ENVE

BONSAI x ENVE カスタマーS氏の場合

BONSAIxENVEを納品させていただきました。

カスタマーS氏のENVEはSMART ENVE 3,4。
そしてクリンチャー。
ChrisKingのシルバーのハブはセラミックベアリング搭載。
デカールのカスタムは密かな人気のプラチナシルバー。
アルミのへアライン調のシルバーがカーボンリムのなかにあって金属質を主張するミスマッチにリスペクトがあります。
e0154650_1637160.jpg
e0154650_1637249.jpg
e0154650_16371565.jpg
■リム:ENVE SMART SYSTEM 3,4 WO
■ハブ:ChrisKing R45 CERAMIC Silver
■スポーク:DT AERO-LITE Black

□組み方:フロント=ラジアル リア=左右クロス
□デカール:枠アリロゴ=マットホワイトxプラチナシルバー 文字=ブラック
□タイヤ:Continental GP4000S 23C
e0154650_16371257.jpg
e0154650_16371743.jpg
ChrisKingハブの独特のサウンドに驚き、悦びを噛み締められていたS氏。
走行中に脚を止めれば聞こえてくるそのサウンドは他のハブには無い独特のサウンド。
こういったところもChrisKingと走る悦びなのかもしれません。







こころにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■電話番号 03-3497-8885
■FAX 03-3497-8886
■営業時間 
7時〜16時カフェ営業(平日) 
10時〜16時カフェ営業(土日)
12時〜21時自転車店営業
■定休日 水曜日
[PR]
by bonsai-astn | 2013-10-22 12:00 | BONSAI x ENVE

BONSAI x ENVE カスタマーA氏の場合

BONSAIxENVEを納品させていただきました。

カスタマーA氏のENVEはSMART ENVE 3,4。
そしてクリンチャー。
ChrisKingのピンクのハブに。
スポークはシルバーでキラキラ。
デカールも個性的な色をセレクトしていただいて、カスタムらしいホィールに仕上がりになりました。
e0154650_16285342.jpg
e0154650_16285634.jpg
e0154650_16285831.jpg
■リム:ENVE SMART SYSTEM 3,4 WO
■ハブ:ChrisKing R45 CERAMIC Pink
■スポーク:SAPIM CX-RAY Silver

□組み方:フロント=ラジアル リア=右クロス左ラジアル
□デカール:枠取りロゴ=カーミンxクローズブラウン 文字=アイボリー
□タイヤ:Continental GRANPRIX 25C
e0154650_1629131.jpg
e0154650_1629462.jpg
e0154650_1629748.jpg
レーシーなカラーリングのBMCのフレーム。
このホィールの存在でさらに引き締まったか。
個性的な雰囲気が高まりましたね。
良いと思います。



10月20日の日曜日はJCRC群馬に参戦のため自転車営業はお休みです
カフェのみの営業になります
ご迷惑をおかけしますがよろしくお願い致します









こころにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■電話番号 03-3497-8885
■FAX 03-3497-8886
■営業時間 
7時〜16時カフェ営業(平日) 
10時〜16時カフェ営業(土日)
12時〜21時自転車店営業
■定休日 水曜日
[PR]
by bonsai-astn | 2013-10-15 12:00 | BONSAI x ENVE

BONSAI x ENVE カスタマーH氏の場合

BONSAIxENVEを納品させていただきました。

カスタマーH氏のENVEはSMART ENVE 3,4。
そしてクリンチャー。
一番人気のリムとして盆栽自転車店でもお希望される方が多いこのセット。
クリンチャーの利便性と、フロント35mmとリア45mmのリムの走行性能の高さが走りやすさと性能のベストバランス。
さらにChrisKingのハブセットで美しく軽量に。
そこにリスペクトがあります。
e0154650_16194980.jpg
e0154650_16193962.jpg
e0154650_16194068.jpg
■リム:ENVE SMART SYSTEM 3,4 WO
■ハブ:ChrisKing R45 CERAMIC Silver
■スポーク:SAPIM CX-RAY Black

□組み方:フロント=ラジアル リア=右クロス左ラジアル
□デカール:ノーマルロゴ=シルバーメタリック 文字=ホワイト
□タイヤ:Continental GP4000S 23C
e0154650_16195114.jpg
e0154650_16194166.jpg
カスタムデカールの影響か。
フレームとの相性も好相性。
非常におさまりよく仕上がりました。








こころにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■電話番号 03-3497-8885
■FAX 03-3497-8886
■営業時間 
7時〜16時カフェ営業(平日) 
10時〜16時カフェ営業(土日)
12時〜21時自転車店営業
■定休日 水曜日
[PR]
by bonsai-astn | 2013-10-12 12:00 | BONSAI x ENVE

BONSAI x ENVE カスタマーI氏の場合

BONSAI×ENVEを納品させていただきました。

カスタマーI氏のENVEはSMART ENVE。
リム高のある6,7のクリンチャーです。
6,7はフロントが60mmとリアが70mmのセットになります。
わたしもこのペアを持っていますがこれほどの背の高いリムにあって横風を体感することが少なく、非常に空力に優れていることを実感できます。
真っすぐ進むぶんにも空力の良さか、剛性の良さか。
スイスイ進む感じがちょっと不思議なリムなのです。
e0154650_15581831.jpg
そんな6,7のリムはDTのハブセットで組み付け。
デカールはカスタム無しのそのままでというオーダー。
もちろん、デカールのカスタム無しも可能です。
e0154650_1558648.jpg
e0154650_1558887.jpg
■リム:ENVE SMART SYSTEM 6,7 WO
■ハブ:DT 240S
■スポーク:SAPIM CX-RAY Black

□組み方:フロント=ラジアル リア=右クロス左ラジアル
□デカール:ソノママ
□タイヤ:PanaRacer RaceA EVO2 23C
e0154650_155874.jpg
e0154650_15582076.jpg
I氏の御使用の用途としてはトライアスロンのレース。
この空力に優れた6,7のことですから走行中も安定し、そして大幅なタイム更新を臨めることでしょう。








こころにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■電話番号 03-3497-8885
■FAX 03-3497-8886
■営業時間 
7時〜16時カフェ営業(平日) 
10時〜16時カフェ営業(土日)
12時〜21時自転車店営業
■定休日 水曜日
[PR]
by bonsai-astn | 2013-10-08 12:00 | BONSAI x ENVE

BONSAI x ENVE 盆栽チーム員 Y氏の場合

BONSAI x ENVEを納品させていただきました。

盆栽チームのいまや推しも推されぬエースに成長したY氏。
昇格祝いにホィールを注文してくださいました。
エースが選んだホィールは。
ENVE。
SMART SYSTEM。
3,4。
そこにリスペクトがある。
e0154650_19221139.jpg
標準仕様のデカールを見たY氏。
素直に小さいと驚くカレにわたしは奥の手を出しました。
MTB仕様のデカール。
これはリム形状が丸いSMART SYSTEMにはグッドサイズ。
一気にデカールの存在感が出ましたね。
e0154650_19221151.jpg
e0154650_19223273.jpg
こだわりのエース。
デカールの色をカレのフレームの色に合わせてみたつもりでしたが。
アイエフのアーミーグリーンは黄色が強く、なかなか合うシートが見つかりません。
そういうわけで、いろいろな色を試すべく修正を重ねました。
エース自らでカールを剥いでくれています。
e0154650_19234538.jpg
e0154650_19221273.jpg
選んだシートは明るめのグリーン。
明るめのシートを使うことによりリムの軽快感が高まって。
高揚感もグッと高まりました。
中心にはChris Kingのマンゴーカラーのハブを据え。
クイックリリースはENVE。
もはや完璧ではないかという完成度です。
カレのアイエフにもバッチリの相性。
このホィールで今年こそはオキナワ210kmの完走を果たしてくれることでしょう。
e0154650_19221046.jpg
e0154650_19265814.jpg










こころにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■電話番号 03-3497-8885
■FAX 03-3497-8886
■営業時間 
7時〜16時カフェ営業(平日) 
10時〜16時カフェ営業(土日)
12時〜21時自転車店営業
■定休日 水曜日
[PR]
by bonsai-astn | 2013-08-22 12:00 | BONSAI x ENVE

BONSAI x ENVE カスタマーM氏の場合

BONSAI x ENVEを納品させていただきました。

M氏のENVEはチューブラー。
リムは1.25。
ENVEのリムのラインナップ上で一番軽量なリムになります。
乗鞍に向けてのヒルクライム仕様ということでご注文を承りました。
ハブはChrisKingのグリーン。
スポークはSAPIMのCX-RAYです。
そして、リムのデカールカスタムはしなくて良いというはじめてのオーダー。
その場合は、5,ooo円マイナスになります。
e0154650_16235477.jpg
重量を計測するのに夢中で、うっかり組み上がり画像を撮り忘れてしまいました。
ENVEの存在を超軽量のリムブランドとして一躍有名に押し上げたこのリムの重量も年々重くなり284g。
超軽量とは言えなくなった重量ではありますが、そのぶん製品の安全性と安定感が増しました。
軽さと剛性のバランスが高次元で実現しているとも言えます。
実際、さっそくお乗りになったM氏にご感想を伺うと、「しっかりしたホィールに乗っている感じがする」とのリスペクト。
さらに並走したエアロホィールの方よりも下りはスイスイとスピードが出たとか。
エアロ効果もけっして悪いどころか、良いみたいです。
e0154650_16234153.jpg
前輪は489g。
後輪は626g。
重くなったとはいえ、じゅうぶんに軽量なレベル。
e0154650_16234273.jpg
e0154650_16235496.jpg
e0154650_1783452.jpg
このホィールセットに乗った印象は盆栽屋もCyclowiredさんの元でインプレ記事として公開されてますので、ぜひご覧ください。

☞ http://www.cyclowired.jp/?q=node/99837









こころにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■電話番号 03-3497-8885
■FAX 03-3497-8886
■営業時間 
7時〜16時カフェ営業(平日) 
10時〜16時カフェ営業(土日)
12時〜21時自転車店営業
■定休日 水曜日
[PR]
by bonsai-astn | 2013-08-19 12:00 | BONSAI x ENVE

BONSAI x ENVE カスタマーT氏の場合

BONSAI x ENVEを納品させていただきました。

T氏のENVE。
リムはSMART ENVE6,7。
フロントが60mmにリアが70mmのセットです。
クリンチャーのリムを選択していただきました。
注文からの長い沈黙(未入荷状態)を破ってついに出来上がったホィールがコチラ。
e0154650_19474238.jpg
ここまでのディープリムになるとエアロフレームとの見た目の相性も良いですね。
画伯力が増します。
この6,7のセットはリムの重量はあるものの、横風などの空気抵抗の食らい方が、「え?これ、ディープリム?」というくらいに感じられない。
つまり、横風の影響を怖れることなく奔る事ができるので安全性が高いのです。
もちろん、剛性の高いENVEのリムでここまでディープになると剛性も最高レベル。
重くても軽快に走ります。
e0154650_19474721.jpg
e0154650_19475029.jpg
T氏のENVEはご希望によりオリジナル感のあるデカールになっています。
ホワイトの部分にちいさく入る「SMART SYSTEM」の文字。
この部分が上下でレッドとブルーのコンビになっているのです。
これはフレームに合わせたカラーリングになっています。
e0154650_19475351.jpg
見た目がクラシックにも見えるChrisKingのハブ。
しかし、ブラックカラーを選択していただいたことで最新鋭バリバリのフレームのなかにあっても、なんらミスマッチ感がありません。
このブラックカラーのChrisKingハブはTeamSKYのウィギンス選手も契約外使用していたのも記憶に新しいところです。
そこにリスペクトがある。
パワー系レーサーに見えるT氏の脚質にこの6,7のセットはピッタリなはず。
すぐに乗りこなしてくれることでしょう。
e0154650_19475614.jpg











こころにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■電話番号 03-3497-8885
■FAX 03-3497-8886
■営業時間 
7時〜16時カフェ営業(平日) 
10時〜16時カフェ営業(土日)
12時〜21時自転車店営業
■定休日 水曜日
[PR]
by bonsai-astn | 2013-07-23 12:00 | BONSAI x ENVE