カテゴリ:BONSAI x ENVE( 77 )

BONSAI x ENVE カスタマーO氏の場合

BONSAIxENVEを納品させていただきました。

カスタマーO氏のホィールは既に受注終了のSaurAppleのハブに3.4のリム。
クリンチャーリムにデカールはツヤありのブラック。
近寄らないと見えないステルス仕様。
元々のデカールもツアありのブラックなわけですが。
ファションサイクリストでいらっしゃるO氏。
カスタムでカールはサイズを変えて同じカラーという酔狂な仕様になりました。
e0154650_143950100.jpg
■リム:ENVE SMART SYSTEM 3.4 WO
■ハブ:ChrisKing R45 Saur Apple
■スポーク:DT Aero Lite

□組み方:フロント=ラジアル リア=右クロス 左クロス
□デカール:1色MTB仕様
□タイヤ:Continental GP4000S
e0154650_14395232.jpg
e0154650_14395510.jpg
さっそくお乗り頂いてます。
はじめてのロングをこなされたあとのO氏にインタビューしてみると、

「ホイールですが、とても素晴らしいですね!」
「踏めばグングン進み、ダンシング時も軽快で、久々に単独で100kmぐらい走りましたがあまり足が疲れませんでした。安定感も抜群ですね!」

なんて、リスペクトを頂戴することができました。
ありがたいですね〜。
元々は無印(?)のカーボンチューブラーホィールを装備されていたO氏。
そこから比べて、きっと重量は重くなっているはずのSMART ENVEですが。
やはり軽さだけでは推し量れない絶対性能にリスペクトがあるようです。
e0154650_14394944.jpg
ホワイトブラックのカラーリングの挿し色にアップルグリーン。
落ち着いた中にも色気のある自転車に仕上がっています。











27日(土曜日)28日(日曜日)はチーム合宿のため自転車店の営業はお休みいただきます
カフェは平常通り営業しますのでよろしくお願いいたします


こころにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■TEL 03-3497-8885
■FAX 03-3497-8886
■OPEN ~ CLOSE
08:30〜17:00 Cafe(Weekday) 
10:00〜17:00 Cafe(Saturday & Sunday)
13:00〜21:00 Cycle Works
■Wednesday is every closing
■AD 151-0051 4-11-8 Sendagaya Shibuya Tokyo
■WebShop http://bonsaicycleworks.com/
[PR]
by bonsai-astn | 2015-06-25 12:00 | BONSAI x ENVE

BONSAI x ENVE カスタマーS氏の場合

BONSAIxENVEを納品させていただきました。

カスタマーS氏は仲良しチーム「CCC」の会長をお勤めでいらっしゃるスーさん。
お選び頂いたENVEは、SMART SYSTEM 4.5のクリンチャー。
ハブはChrisKingのBrown。
デカールのカスタムはセピアとホワイト。
ファッションサイクリストの先頭をひた走るスーさんのセレクトによりスペシャルブラウンなカラーリングのホィールになりました。
こんなホィール見たことない!
e0154650_1723232.jpg
■リム:ENVE SMART SYSTEM 4.5 WO
■ハブ:ChrisKing R45 Brown
■スポーク:DT Aero Lite

□組み方:フロント=ラジアル リア=右クロス 左クロス
□デカール:2色仕様
□タイヤ:パナレーサー TypeL 25C
e0154650_1723483.jpg
e0154650_1723610.jpg
完成後、しばらくしてスーさんの愛車に装着させていただきました。
これはまた珍しいフレームですね。
国産かと思いましたが、すいませんオランダ製ということで。
太めのパイプを使ったスチールフレームになります。
一瞬アルミにも見えてしまいますね。
インテグラルヘッド仕様になっており近代的な仕上がりです。
ひとあしお先にInstagramに投稿させていただいたところ、かなりのLike数を稼がせていただきました。
グレッグ・レモンが乗っていたZチームのカラーリングの自転車にオマージュして作られましたことの自転車のカラーリングは何周かまわってきて、今見ると新しさすら感じさせてくれるから不思議です。
e0154650_17231138.jpg
そんなカラーリングのフレームに。
ブラウンのハブと、ブラウンカラーのデカールをコーディネートされるわけですから。
さすがのセンスをお持ちのスーさん。
リスペクトがあります。
e0154650_17231382.jpg











こころにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■TEL 03-3497-8885
■FAX 03-3497-8886
■OPEN ~ CLOSE
08:30〜17:00 Cafe(Weekday) 
10:00〜17:00 Cafe(Saturday & Sunday)
13:00〜21:00 Cycle Works
■Wednesday is every closing
■AD 151-0051 4-11-8 Sendagaya Shibuya Tokyo
■WebShop http://bonsaicycleworks.com/
[PR]
by bonsai-astn | 2015-06-09 12:00 | BONSAI x ENVE

BONSAI x ENVE カスタマーK氏の場合

BONSAIxENVEを納品させていただきました。

カスタマーK氏のENVEは、SMART SYSTEM 3.4のクリンチャー。
ハブはChrisKingのPewter。
デカールのカスタムはパープルとホワイト。
なかなか選ぶ人が少なかったパープルのデカールはスペシャルなフレームに合わせるためでした。
e0154650_15562312.jpg
■リム:ENVE SMART SYSTEM 3.4 WO
■ハブ:ChrisKing R45 Pewter
■スポーク:DT Aero Lite

□組み方:フロント=ラジアル リア=右クロス 左クロス
□デカール:MTB仕様
□タイヤ:パナレーサー TypeL 23C
e0154650_15365044.jpg
e0154650_15364815.jpg
そして完成しました。
BONSAI x ENVEは自転車に車輪を組み付けるまでが工賃込み。
乗り出しまで作業をさせていただく流儀です。
ブレーキシュー交換、ブレーキの位置調整、ブレーキの引きシロ調整、変速調整、他にも問題あれば直させていただいてます。
e0154650_15364039.jpg
リッチーのスチールフレームですが。
海外のデザイナーによるハンドペイントが施されているとか。
ワンオフのフレームにワンオフのホィールが装着されました。
e0154650_15364369.jpg
e0154650_15363529.jpg











こころにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■TEL 03-3497-8885
■FAX 03-3497-8886
■OPEN ~ CLOSE
08:30〜17:00 Cafe(Weekday) 
10:00〜17:00 Cafe(Saturday & Sunday)
13:00〜21:00 Cycle Works
■Wednesday is every closing
■AD 151-0051 4-11-8 Sendagaya Shibuya Tokyo
■WebShop http://bonsaicycleworks.com/
[PR]
by bonsai-astn | 2015-05-26 12:00 | BONSAI x ENVE

BONSAI x ENVE 盆栽屋の場合

BONSAIxENVEを組みました。

盆栽屋の新たなENVEは、SMART SYSTEM 4.5のクリンチャー。
新発売のこのリムセット。
単純にリムハイトを変えただけではなく、リム幅も増した新設計リム。
ハブはChrisKingのTurquoise。
デカールのカスタムはホワイトに見間違われてしまいますがライトグレー。
e0154650_2133366.jpg
■リム:ENVE SMART SYSTEM 4.5 WO
■ハブ:ChrisKing R45 Turquoise Ceramic
■スポーク:SAPIM CX-RAY

□組み方:フロント=ラジアル リア=右クロス 左ラジアル
□デカール:ライトグレイ&ゴールド
□タイヤ:パナレーサー TypeL 25C
e0154650_2133648.jpg
ファッションサイクリストは中間色なんです。
ライトグレー。
文字の部分は気づかれないくらいのミラーゴールド。
e0154650_213382.jpg
装着するスプロケットはやっぱりコチラ。
SRAMのRED。
このときまでにとっていましたこの超軽量スプロケット。
REDを使うのであればぜひとも投入していただきたいのは他のどのブランドよりも軽く丈夫なスプロケットだったりして。
e0154650_2134561.jpg
ただでさえ超軽量なスプロケットは音なり防止と防塵のゴムを外すことでさらに超超軽量に。
e0154650_2134836.jpg
さっそく装着。
金属フレームとはいえ、Independent FabricationのTi Factory Lightweightというモデルはレーシングスタイルのフレーム。
ディープリムが似合います。
格好が良く見えてしまいます。
ロープロファイルリムの軽さによる反応性の良さと扱いやすさは上りや変化の多いルートが多い日本のレースやツーリング環境では最適のリムだと思いますが。
やはりディープリムと見比べたときに迫力に欠けるのは事実。
ディープリムの前後セットで迫力増したと思いません??
e0154650_2135312.jpg
さっそく走りました。
SMART SYSTEMはディープリム特有のグオングオンというような風切り音は控えめ。
リアルにエアロな性能だからでしょうか。
でも耳を澄ましてください。
静かな森の中。
ゴーッという耳に入る空気音のなかに、SMART ENVE特有のシャーっという風切り音が聴こえてくることでしょう。
スイスイ進む。
ロングライドにもいいでしょう。
e0154650_214298.jpg
6.7と使用感がほぼ変わりません。
4.5がリム幅を太くした影響でしょうか。
4.5は3.4よりも6.7に近い存在でした。
両者のエアロ性能は大差が無いように感じてしまいます。
そして硬い。
硬さによる反応性が上々です。
ヒルクライムレースに限らなければ上りもこなせるホィールです。
万能なら3.4。
平坦4.5か、6.7。
ヒルクライムには、1.25。
超軽量ならチューブラーの45が良いでしょう。
ENVEはリムのラインナップが豊富です。
e0154650_2135888.jpg
しばらく4.5で使い倒したあと。
上りのあるコースでは前輪だけ軽快にしてみました。
前輪を1.25すれば、1.5の出来上がり。
2ペアあると贅沢ですね。
1.25。
1.5。
4.5。
コースによって使い分けたいと思います。
e0154650_21446.jpg











5月12、14日は社員旅行のためカフェ、自転車屋ともに臨時休業とさせていただきます

こころにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■TEL 03-3497-8885
■FAX 03-3497-8886
■OPEN ~ CLOSE
08:30〜17:00 Cafe(Weekday) 
10:00〜17:00 Cafe(Saturday & Sunday)
13:00〜21:00 Cycle Works
■Wednesday is every closing
■AD 151-0051 4-11-8 Sendagaya Shibuya Tokyo
■WebShop http://bonsaicycleworks.com/
[PR]
by bonsai-astn | 2015-05-11 12:00 | BONSAI x ENVE

BONSAI x ENVE カスタマーS氏の場合

BONSAIxENVEを納品させていただきました。

カスタマーS氏のENVEは、SMART SYSTEM 3,7のクリンチャー。
ハブはChrisKingのNavy。
デカールのカスタムはホワイト。
さりげなくカスタマーのコーポレートカラーをチラリ。
スポークはのカラーはシルバーに。
e0154650_16362987.jpg

■リム:ENVE SMART SYSTEM 6.7 WO
■ハブ:ChrisKing R45 Silver
■スポーク:SAPIM CX-RAY

□組み方:フロント=ラジアル リア=右クロス 左ラジアル
□デカール:フロントMTB
□タイヤ:Continental GP4000S 25C
e0154650_16362694.jpg
そして完成しました。
BONSAI x ENVEは自転車に車輪を組み付けるまでが工賃込み。
乗り出しまで作業をさせていただく流儀です。
こうして見るとSMART SYSTEMはやはりエアロリムなだけに。
エアロロードのフレームに良く似合います。
Cerveloに似合って見えるのは、現在のプロコンチネンタルチームで走っているチームと同じ組み合わせだからという理由も気のせいではないでしょう。
e0154650_1636325.jpg
e0154650_16363567.jpg
ホィールを組み付けるついでに?
ハンドルもENVEのエアロにしていただきました。
ブラックカラーで引き締まる印象。
そして全身エアロのこの自転車。
GARMINのEdge1000の扁平なメーターさえもエアロ仕様かと思わせてくれるくらいにエアロ。
このまま飛んでいってしまいそうです。
e0154650_16364153.jpg
もともとエアロの高性能なこの自転車に。
SMART SYSTEMが付きました。
このENVEのホィールの良さは操縦性抜群の安定感と。
空気抜けの良さ。
エアロホィールとはこういうことか!!
と、他のディープリムから移行された方でも実感していただけると思います。
e0154650_16363950.jpg










こころにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■TEL 03-3497-8885
■FAX 03-3497-8886
■OPEN ~ CLOSE
08:30〜17:00 Cafe(Weekday) 
10:00〜17:00 Cafe(Saturday & Sunday)
13:00〜21:00 Cycle Works
■Wednesday is every closing
■AD 151-0051 4-11-8 Sendagaya Shibuya Tokyo
■WebShop http://bonsaicycleworks.com/
[PR]
by bonsai-astn | 2015-04-06 12:00 | BONSAI x ENVE

BONSAI x ENVE カスタマーN氏の場合

BONSAIxENVEを納品させていただきました。

カスタマーN氏のENVEは、SMART SYSTEM 6,7のクリンチャー。
ハブはChrisKingのBlack。
デカールのカスタムはナシ。
スポークはのカラーはブラック。
e0154650_1819284.jpg
■リム:ENVE SMART SYSTEM 6.7 WO
■ハブ:ChrisKing R45 Black Ceramic
■スポーク:SAPIM CX-RAY

□組み方:フロント=ラジアル リア=右クロス 左ラジアル
□デカール:そのまま
□タイヤ:Continental GP4000S 25C
e0154650_1819412.jpg
トライアスリートのN氏。
トライアスリートに人気の6.7を選んでくださいました。
せっかくなので早くお使いになりたいということで。
在庫が代理店にあったハブのカラーで最短時間の納品です。
ただし、組み付けのお時間はしっかりいただきまして2週間程度で納品させていただきました。
e0154650_1819760.jpg
6.7のハイボリュームはエアロフレームにも良く似合います。
性能のほうもトライアスロンのレースでお役に立てるはず。
そこにリスペクトがあります。
e0154650_18191036.jpg








11月29と30日(土日)は野辺山シクロクロスに出店のため臨時休業とさせていただきます
野辺山シクロクロスの会場ではあたたかいコーヒーとマフィン、ブラウニーを販売させていただきますのでよろしくお願いいたします


こころにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■TEL 03-3497-8885
■FAX 03-3497-8886
■OPEN ~ CLOSE
08:30〜17:00 Cafe(Weekday) 
10:00〜17:00 Cafe(Saturday & Sunday)
13:00〜21:00 Cycle Works
■Wednesday is every closing
■AD 151-0051 4-11-8 Sendagaya Shibuya Tokyo
■WebShop http://bonsaicycleworks.com/
[PR]
by bonsai-astn | 2014-11-25 12:00 | BONSAI x ENVE

BONSAI x ENVE カスタマーW氏の場合

BONSAIxENVEを納品させていただきました。

カスタマーW氏のENVEは、SMART SYSTEM 3,4のクリンチャー。
ハブはChrisKingのPewter。
デカールのカスタムはシルバーメタリックのカラーリングでホローテキストを選択。
スポークはのカラーはシルバー。
まとまりのあるカラーリングになりました。
e0154650_16165151.jpg
■リム:ENVE SMART SYSTEM 3.4 WO
■ハブ:ChrisKing R45 Silver
■スポーク:SAPIM CX-RAY

□組み方:フロント=ラジアル リア=右クロス 左ラジアル
□デカール:シルバーメタリック
□タイヤ:Continental GP4000S 23C
e0154650_16165114.jpg
e0154650_1616523.jpg
W氏は普段使いから決戦やイベントまで幅ひろく使う事が出来るホィールをご希望されていましたので、SMART ENVEの3.4のクリンチャーをオススメさせていただきました。
シルバーのスポークも手組のホィールらしくていい雰囲気出てると思います。
合わせる自転車はLOOKの軽量モデルである586。
W氏のフレームはかなりビッグサイズですが軽量に仕上がっています。
納品後にW氏からインプレッションを頂戴しました。
盆栽屋のもじもじトークよりも百倍伝わりやすいと思いますのでどうぞご覧ください。
e0154650_16165491.jpg
BONSAI×ENVE初ライドに行って来ました。
大満足です。

漕ぎ出しは軽く、平地は追い風が吹いてるのかと思うくらい楽にスピードに乗ります。
登りは、これまでより一枚上のギアでも余裕を持って登れ、最後に足を残せる程でした。
下りの安心感もビックリしました。
これまでは減速しないと曲がれなかったコーナーを何の不安を感じることなく、曲がっていけます。
乗り心地も、シャマルより全然上で、車の乗り心地の喩えで路面に絨毯がひいてあるようだと言う例えがありますが、まるでその様でした。
そして、昨日の疲れが残っており、腰が痛かったにも関わらず、ベストタイムが出ました。
あとは、ブレーキングの限度が解ってくれば、言うことなしです。










店頭価格が外税表記になりました

こころにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■TEL 03-3497-8885
■FAX 03-3497-8886
■OPEN ~ CLOSE
08:30〜17:00 Cafe(Weekday) 
10:00〜17:00 Cafe(Saturday & Sunday)
13:00〜21:00 Cycle Works
■Wednesday is every closing
■AD 151-0051 4-11-8 Sendagaya Shibuya Tokyo
■WebShop http://bonsaicycleworks.com/
[PR]
by bonsai-astn | 2014-10-28 12:00 | BONSAI x ENVE

BONSAI x ENVE クリスキングハブ価格改定のお知らせ

さいきんの為替のニュースをながめていて、もしやと思っていたのですが。
ついにこのときが来てしまいました。
ChrisKingの製品に価格改定のお知らせです。
今回は10月1日から10%前後の値上げになるという事でした。
e0154650_131354.jpg
BONSAI x ENVEのオプションとして。
または、BONSAI x CLASSICでは標準仕様のハブとして。
このCHRISKINGのハブを採用させていただいてました。
とくにBONSAI x ENVEに関してはオプション扱いになるにもかかわらず。
ほとんどの方にこのハブを選んでいただいています。
e0154650_1314395.jpg
理由は?
美しさと、その美しさだけに留まらないレーシング機材としての性能を持つ事にあるのではないでしょうか。
そして、このハブを所有して実際に走った者だけが知りうるChrisKing特有のサウンド。
そこにリスペクトがあります。
e0154650_1313651.jpg
e0154650_1314625.jpg
その美しさは儚いようでいて、中身は頑丈なシステム。
ヘッドパーツの製造で培った高いシールド性能。
ハードな使用を経ても、ハブの中身はクリーンに保たれます。
そして、不調をきたしてしまったときにはいつでもメンテナンスが可能な設計になっています。
つまり、長くお使い頂ける設計というわけなんです。
e0154650_13164878.jpg

e0154650_1314745.jpg
一時は入荷困難でご迷惑をおかけしていましたENVEのリムのほうもそれなりに安定供給されています。
かつてはリムの入荷待ちでお待たせする事もありましたが。
さいきんはハブの入荷待ちでお待たせするパターンになりました。
それでもだいたい1か月程度です。
お店には、一番人気のSMART SYSTEM3.4のクリンチャーの在庫がありますので、店頭の在庫ハブと合わせれば10日程度でお渡し可能です。
イチから手組のBONSAI x ENVEですので即納なんていうことは今まで一度も存在しませんが。
オンリーワンを入手する悠久の時間をお楽しみ頂けたらと思います。
e0154650_131489.jpg
この価格改定によりBONSAI x ENVEではオプションのお値段を改訂せざるをえなくなりました。
もしかすると、今後はリムまで値上がってしまう可能性もあります。
9月いっぱいまでのご注文に関しては値上がり前の価格を適用させていただきますのでこの機会にいかがでしょうか。











こころにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■TEL 03-3497-8885
■FAX 03-3497-8886
■OPEN ~ CLOSE
08:30〜17:00 Cafe(Weekday) 
10:00〜17:00 Cafe(Saturday & Sunday)
13:00〜21:00 Cycle Works
■Wednesday is every closing
■AD 151-0051 4-11-8 Sendagaya Shibuya Tokyo
[PR]
by bonsai-astn | 2014-09-26 12:00 | BONSAI x ENVE

BONSAI x ENVE カスタマーS氏の場合

BONSAIxENVEを納品させていただきました。

カスタマーS氏のENVEは、SMART SYSTEM 3,4のクリンチャー。
ハブはChrisKingのSilver。
デカールのカスタムはアイボリーのカラーリングでホローテキストを選択。
スポークはのカラーはシルバー。
ホィール単体で見ると落ち着いた印象に仕上がりました。
e0154650_1632155.jpg
■リム:ENVE SMART SYSTEM 3,4 WO
■ハブ:ChrisKing R45 Silver
■スポーク:SAPIM CX-RAY

□組み方:フロント=ラジアル リア=右クロス 左ラジアル
□デカール:アイボリー
□タイヤ:Continental Attack and Force
e0154650_1632448.jpg
e0154650_1632734.jpg
さて。
このホィールセットを装備するフレームが珍しい。
IRA RYANでしかもパープルのカラーリング。
クロスバイクですのでカンチブレーキ。
ですから、ブレーキングの効きに心配があったのですが、S氏いわくまったく問題ないとのことでした。
ENVEのホィールは印象的なフレームを引き立たせるかのような存在感になっていますね。
リスペクトがあります。
e0154650_1633110.jpg
細身のスチールフレームと見た目の相性も良いENVE。
スマートな印象に仕上がっています。
e0154650_163349.jpg











こころにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■TEL 03-3497-8885
■FAX 03-3497-8886
■OPEN ~ CLOSE
08:30〜17:00 Cafe(Weekday) 
10:00〜17:00 Cafe(Saturday & Sunday)
12:00〜21:00 Cycle Works
■Wednesday is every closing
■AD 151-0051 4-11-8 Sendagaya Shibuya Tokyo
[PR]
by bonsai-astn | 2014-06-17 12:00 | BONSAI x ENVE

BONSAI x ENVE カスタマーK氏の場合

BONSAIxENVEを納品させていただきました。

カスタマーK氏のENVEは、SMART SYSTEM 6,7のチューブラー。
ChrisKingのMangoのハブはセラミックベアリング搭載。
デカールのカスタムは今まで選んだ方誰もいなかったパウダーブルーを選択。
スポークはのカラーはブラック。
シンプルなフレームに印象的な足回りをとおっしゃるK氏。
そのとおりの組み合わせになったと思います。
e0154650_151599.jpg
■リム:ENVE SMART SYSTEM 6,7 TU
■ハブ:ChrisKing R45 CERAMIC Mango
■スポーク:SAPIM CX-RAY

□組み方:フロント=ラジアル リア=右クロス 左ラジアル
□デカール:パウダーブルー
□タイヤ:Continental Sprinter
e0154650_1504964.jpg
Mangoのカラーリングは美しいです。
そして、とても印象的です。
ライド中でもダンシングすればチラ見してくるその美しさはChrisKingのハブにしてヨカッタなと思わせてくれることでしょう。
もちろん、性能も申し分なく。
DTの240よりも軽量な重量。
そして質実剛健な造りはメンテナンスが可能で万が一の壊れてしまったときに修理ができるという構造になっています。
つまり、長く持つことができますね。
e0154650_1504238.jpg
さて。
日頃の通勤から毎日この装備のK氏。
さっそくインプレッションをうかがうと。
6,7は確かに重量があるけれど、上りでそれほどのデメリットを感じる事は無いし。
ヤマまでのアプローチに距離がある場合はこちらの巡航性能の高さが気持ち良くてイイ!
なんで、みんな6,7を使わないの?
e0154650_1503776.jpg
すでに3,4をお持ちのK氏ですが。
6,7を主力車輪にしていただけたようです。
そこにリスペクトがある。
e0154650_1504883.jpg










こころにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■TEL 03-3497-8885
■FAX 03-3497-8886
■OPEN ~ CLOSE
08:30〜17:00 Cafe(Weekday) 
10:00〜17:00 Cafe(Saturday & Sunday)
12:00〜21:00 Cycle Works
■Wednesday is every closing
■AD 151-0051 4-11-8 Sendagaya Shibuya Tokyo
[PR]
by bonsai-astn | 2014-05-23 12:00 | BONSAI x ENVE