カテゴリ:BONSAI x ENVE( 87 )

BONSAI x ENVE カスタマーN氏の場合

BONSAIxENVEを納品させていただきました。

カスタマーN氏のENVEはSMAERT SYSTEM 2.2のクリンチャー。
リムハイトが低く軽量で扱いやすい、最もベーシックな性能を持ったリムであるSES2.2。
いまやチューブレスレディのタイヤにも対応して、あらゆるタイヤから選ぶ事ができるのも魅力的。
関西方面のお住まいのN氏から通信販売ということでオーダーいただきました。
そこにリスペクトがある。
e0154650_20551058.jpg
■リム:ENVE SES2.2 クリンチャー
■ハブ:ChrisKing R45 Pewter
■スポーク:SAPIM CX-RAY Black

□組み方:フロント=ラジアル リア=左右クロス
□デカール:ミラーシルバー&ネイビー
e0154650_20551169.jpg
デカール部分は盆栽屋のオマカセ仕様のご依頼をいただきました。
ありがとうございます。
合わせる自転車を見てピンときたのはミラーシルバー。
ロゴの部分はネイビーにさせていただきました。
ミラーシルバーは一見派手なデカールなように見えて、実はおとなしめ。
ミラーですので鏡のように景色を吸収してしまいあまり目立たないという効果があります。
e0154650_20551011.jpg
そして、合わせる自転車はコチラ。
IFのTi Factory Lightweightだ!!
チタンの無塗装のカラーリングにポリッシュとそのままでコントラストをつけた「通」なデザイン。
e0154650_20552087.jpg
さっそくお乗りいただけました。

まだわずかしか乗れてないのですが、道路の突き上げがソフトになり、良く進み、上る様になったと思います。
ホイールのマークを含めたシルバーのグラデーションが綺麗なため
か、あちこちでお褒めの言葉を頂くようになりました。これから乗り込んで楽しませて頂きます。

BONSAIxENVEで楽しいライドをしていただけてうれしいです!
ありがとうございます!
e0154650_20552123.jpg









11月18-19日(土日)はシクロクロスレース参戦のため臨時休業とさせていただきます
カフェは通常通り営業させていただきます

こころろにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■OPEN ~ CLOSE
08:30〜17:00 Cafe(Weekday) 
10:00〜17:00 Cafe(Saturday & Sunday)
13:00〜21:00 Cycle Works
■Wednesday is every closing
■AD 151-0051 4-11-8 Sendagaya Shibuya Tokyo
■WebShop https://bonsaicycleworks.com/


.



[PR]
by bonsai-astn | 2017-11-13 12:00 | BONSAI x ENVE

BONSAI x ENVE カスタマーO氏の場合

BONSAIxENVEを納品させていただきました。

カスタマーO氏のENVEはSMAERT SYSTEM 3.4のクリンチャー。
このたびモデルチェンジをした新しい3.4のリム。
もー品薄過ぎてヤヴァイ感じのなかようやく入荷してきました。
そこにリスペクトがある。
e0154650_21291242.jpg
■リム:ENVE SES3.4 クリンチャー
■ハブ:ChrisKing R45 Silver
■スポーク:SAPIM CX-RAY Silver

□組み方:フロント=ラジアル リア=左右クロス
□デカール:メタリックグリーン
e0154650_21292309.jpg
基本的にすべて盆栽屋にオマカセしていただきました今回のホィール。
デカールもフレームに合わせたまさに唯一無二のスペヒャル仕様になっています。
それは珍しいメタリックグリーン。
自転車のカラーリングではなにかと敬遠されがちなグリーン。
あっても蛍光グリーンとか、なわけですがフォレストなメタリックグリーン。
市販のモノではまず無いというカラーリング。
まさにカスタムの酔狂領域を体現したこのデカール、そして、ホィール。
どんなカラーリングでも呑み込んでしまうのがこのENVEというホィールのロゴの秀逸さだと思うのです。
そこにリスペクトがある。
e0154650_21291970.jpg
そんなメタリックグリーンはこの自転車に合わせるために造られたのです。
e0154650_21293088.jpg
つづく









11月12日(日)はシクロクロスレース参戦のため臨時休業とさせていただきます
カフェは通常通り営業させていただきます。


こころろにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■OPEN ~ CLOSE
08:30〜17:00 Cafe(Weekday) 
10:00〜17:00 Cafe(Saturday & Sunday)
13:00〜21:00 Cycle Works
■Wednesday is every closing
■AD 151-0051 4-11-8 Sendagaya Shibuya Tokyo
■WebShop https://bonsaicycleworks.com/


.
[PR]
by bonsai-astn | 2017-11-06 12:00 | BONSAI x ENVE

明日のホィールを考える会から昨日のホィールのご提案

いよいよ出ました。
ENVEの新しいMシリーズ。
MシリーズというだけあってMTB向けのこのシリーズ。
ロード乗りには無関係かと思いきや、そうではありません。
e0154650_13461655.jpg
というのも、
モデルチェンジ前のM50はディスクブレーキのシクロクロスバイクはもちろんのこと、同じくディスクブレーキのロードバイクにも使える可能性を持っていたからです。
とくに、28本のスポーク数なのでグラベルロードやオールロード的なロードバイクに最適なリム。
しかも、通常のロード向けにラインナップされていたリムよりも軽量だったのが旧型のM50の特徴でした。
e0154650_13463396.jpg
新しいM525はリム重量はM50に比べて軽量になっているものの。
リム幅がかなり広がってしまいました。
外側寸法で33.5mmですので、シクロクロスには使う事が出来ても、ディスクブレーキのロードバイクには装着することすら出来ない場合もあるでしょう。
e0154650_14002347.jpg
M50のスペックを確認すると、コチラ。
これだったらロードディスクにも装着できるでしょう。
e0154650_14105845.jpg
自転車に使いたいタイヤ幅でリムを選ぶと良いと思いますが、

通常のロード用リム << M50 << M525 

ディスクロード << グラベルロード、シクロクロス << シクロクロス、MTB

というふうに整理できます。
e0154650_13462920.jpg
そういうわけで、M50は知る人ぞ知るマニアックな使い方ができるリムだったわけですが、今回のモデルチェンジで消えてしまいました。

ラインナップから消えてしまったリムですが、盆栽自転車店にはこの酔狂なリムを奇跡的にワンペア在庫しています。

しかも、廃盤モデルなので特別価格で販売できます。
e0154650_14052249.jpg
そういうわけで、先着1名様に限りこのリムでBONSAI x ENVEのオーダーをお受けすることが可能です。
リムのお値段をほぼ10%引きしたお値段でお受けできます。
ご注文お待ちしてます。
e0154650_13462008.jpg
廃盤のリムですが、酔狂過ぎる存在ゆえにまだまだ価値のあるこのリム。
残りは1ペア限り。
お早めにどうぞ。

※リムの単体販売はしてませんのであらかじめご了承ください

完売御礼 ありがとうございました







10月29日(日)はシクロクロスレース参戦のため自転車営業はお休みとさせていただきます
カフェは通常通り営業致しますのでよろしくお願い致します


こころろにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■OPEN ~ CLOSE
08:30〜17:00 Cafe(Weekday) 
10:00〜17:00 Cafe(Saturday & Sunday)
13:00〜21:00 Cycle Works
■Wednesday is every closing
■AD 151-0051 4-11-8 Sendagaya Shibuya Tokyo
■WebShop https://bonsaicycleworks.com/


.

[PR]
by bonsai-astn | 2017-10-21 12:00 | BONSAI x ENVE

BONSAI x ENVE カスタマーI氏の場合

BONSAIxENVEを納品させていただきました。

カスタマーI氏のENVEは4.5ARという、ディスクブレーキ仕様のリム。
ディスクブレーキ用のホィールってまだまだリムはリムブレーキモデルの使い回しということが少なくないわけですが、さすがにENVEは違います。
しかも、この4.5ARはスペヒャルな仕様なのです。
そこにリスペクトがある。
e0154650_18405690.jpg
■リム:ENVE SES4.5AR
■ハブ:ChrisKing R45 Disc Red
■スポーク:SAPIM CX-RAY Black

□組み方:フロント=左右クロス リア=左右クロス
□デカール:コッカトー

e0154650_18431569.jpg
4.5AR Discはオールロード仕様のコンセプト。
走る道を選ばないようにセッティングするタイヤも28Cのチューブレスレディのみという思い切った仕様です。
おかげで外周部は軽めに仕上がり、太いタイヤと太い背の高いリムのコンビネーションで究極のエアロ性能を誇ります。
まさにディスクロードはこういう走り方に向いてるなぁという仕様になっています。

e0154650_18405247.jpg
デカールはフレームと同じ色を。
まさにフルカスタマイズなBONSAI x ENVEホィールです。

このホィールを装備しますのはCieloのロードレーサーディスク。
同じ色のデカール、そしてリム幅いっぱいのデカールの大きさもまさにディスクブレーキ仕様。
スチールフレームなのに、なにか新しい、そしてある意味では戦闘的なスタイリングすら感じさせる自転車に仕上がりました。
e0154650_18410376.jpg
この自転車のさらなる詳細は続報にて。









こころにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■OPEN ~ CLOSE
08:30〜17:00 Cafe(Weekday) 
10:00〜17:00 Cafe(Saturday & Sunday)
13:00〜21:00 Cycle Works
■Wednesday is every closing
■AD 151-0051 4-11-8 Sendagaya Shibuya Tokyo
■WebShop http://bonsaicycleworks.com/ 


.

[PR]
by bonsai-astn | 2017-09-07 12:00 | BONSAI x ENVE

BONSAI x ENVE カスタマーI氏の場合

BONSAIxENVEを納品させていただきました。

カスタマーI氏のENVEはSMAERT SYSTEM 3.4のクリンチャー。
このたびモデルチェンジをした新しい3.4のリムがようやく入荷してきたのです。
まだまだ品薄状態が続いてますこの新作ですが、そろそろ安定供給してきそうです。
そこにリスペクトがある。
e0154650_17115325.jpg
■リム:ENVE SES3.4 クリンチャー
■ハブ:ChrisKing R45 Matte Slate
■スポーク:SAPIM CX-RAY Black

□組み方:フロント=ラジアル リア=左右クロス
□デカール:ホワイト&レッド

新しい3.4は、旧型に比べさらにワイドに進化しました。
チューブレスレディに対応するようになったのも、タイヤの選択肢が増えて良いのではないでしょうか。
e0154650_17151541.jpg
e0154650_17154283.jpg
I氏のChrisKingハブは新色のマットスレート。
この新色のマットカラーはブラックアルマイトのパーツで構成されます。
このちいさな変化だけでも非常にレーシーな雰囲気があり、引き締まって見えます。
e0154650_17115824.jpg
デカールも新しい3.4になりましてリムの高さが変わったぶんだけサイズが変わっています。
もちろん、盆栽自転車店では新しいサイズで製作していますので、BONSAIxENVEのオーナーのみなさまはいつでもカスタム可能です。
e0154650_17115783.jpg


さて、このホィールを装備するのはTIMEのSCYLON。
もしかしたら探してる方もいらっしゃるかもしれない2017年モデルです。
このスーパークリーンな外観。
カラーリングの整っているのも相まって非常にスッキリしたルックスです。
しかも新車でピッカピカ〜。
e0154650_1712294.jpg
この自転車のさらなる詳細は続報にて。







こころにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■OPEN ~ CLOSE
08:30〜17:00 Cafe(Weekday) 
10:00〜17:00 Cafe(Saturday & Sunday)
13:00〜21:00 Cycle Works
■Wednesday is every closing
■AD 151-0051 4-11-8 Sendagaya Shibuya Tokyo
■WebShop http://bonsaicycleworks.com/ 


.
[PR]
by bonsai-astn | 2017-08-19 12:00 | BONSAI x ENVE

BONSAI x ENVE カスタマーS氏の場合

BONSAIxENVEを納品させていただきました。

酔狂人でいらっしゃるカスタマーS氏のENVEは酔狂の習いによって変則的。
フロントは4.5の4。
リアーには7.8の8。
つまり、SMAERT SYSTEM 4.8のクリンチャー。
普段は7.8とかオススメしてませんが、トライアスリートでいらっしゃるS氏。
超巡航仕様ということではアリか、むしろ善しというわけでオーダーしていただきました。
そこにリスペクトがある。
e0154650_20433269.jpg
■リム:ENVE SES4.8 クリンチャー
■ハブ:GOKISO クライマーハブ GOLD
■スポーク:SAPIM CX-RAY Black

□組み方:フロント=ラジアル リア=右クロス 左ラジアル
□デカール:ゴールドキュベカ
e0154650_20435017.jpg
みなさんはご存知でしたか?
GOKISOのハブにもカラーが存在することを。
それはカスタムカラー。
つまりカスタム料金(3万円也)をチャージすれば、まさに色々できてしまうのです。
今回、S氏はゴールドを選択されました。
e0154650_20434798.jpg
さらにリムのデカールは、現在のDemention Dataの前身であるMTN-Qubeka時代にあったデカール模様を採用。
右側のシマシマが強いアクセントになっています。


まさにはじめて見るハブ。
GOKISOというだけでも珍しいのに。
ゴールドなんて。
e0154650_20433470.jpg
そして、この酔狂極まるホィールセットを合わせる自転車がコチラ。
一体なんだコレは!?
はじめて見ました。
トライアスロン特有ともいえるフレームの中にメンテナンスパーツ入れや補給食入れがあったりする興味深い造りをしています。
DIMOND Bikeなるフレームらしいですよ。
世の中いろいろ知らないことがありますね。
こういう未知の世界に触れさせていただくことができると新しい勉強をさせてもらえます。
e0154650_20434319.jpg
ということで、一瞬見慣れないフレームに気を取られてしまいましたが。
このフレームとホィール、そして機材たちが実に違和感なく調和していることにご注目ください。
これがまさにBONSAI x ENVEの、BONSAI x ENVEたる存在感。
ホィールだけでもダメ。
フレームだけでもダメ。
自転車として異次元の成立を果たしているこの完成度にこそリスペクトがあると思うのです。
e0154650_20524961.jpg


さて、カスタマーS氏からさっそくの御使用報告をいただきました。
6月のトライアスロンのレースに間に合わせるというのもこのホィールの使命的側面ではあったのですが、受注製造のGOKISOさんがそのタイミングに合わせて早めに造ってくれたのが功を奏してます。
予定よりも2日ほど発送してくれまして、しっかり間に合いました。
レース本番でいきなり使用になっても構わないというS氏でしたが、事前にお試し走行できるスケジュールの余裕が生まれました。
そういうところがまさにGOKISOさんの対応のキメ細やかさでありがたいところです。
e0154650_1615787.jpg
カスタマーS氏の感動のお声はコチラ ☞

無事に、6.11、セントレア70.3 IRONMANのレースに参加し無事に完走することができました
バイクラップは、90.1kmのコースで2時間43分、平均速度は33.1kmg/hrでした
目標が3時間、平均速度30km/hrでしたので大幅に目標を上回ることができました

ホイールの影響はとてつもなく大きかったと思います!
90kmの間、疲労をほとんど感じず、あっという間に終わってしまったという感じでした
正直、もっと走っていたかったぐらいです
180kmもいけるかもと思っています

90km走行中、登り以外の平坦や下りは流し程度のペダリングしかしておりません
心拍も150以上にはならないようにリラックスしておりました
それでも巡行速度は35-38km/hrを簡単に維持し、少し力を込めると40km/hrオーバーとなりました
これはこれまで使っていたロードバイク・ホイールでは得られなかった感覚です
e0154650_1615844.jpg
S氏にとって今レースは革命的な機材変更だったと思うのですが、それが当たって目標よりも大幅な成績をマーク。
トライアスロンのバイクパートやロードのTT競技のような空気抵抗が大きなレースはENVEのようなホンモノのエアロリムが活きますね〜。
そして、この成果はもちろんS氏の日頃からの鍛錬の成果と言えますが、機材変更も相乗効果としお役に立てたのではないかと思います。
そんな革命的な機材変更のなかにあってのホィールを担当させていただいた者として嬉しく思います。
そこにリスペクトがあります。


過去のBONSAI x ENVEの納品事例をご覧になりたい方は 
☞ http://boncycle.exblog.jp/i16/

ENVEをご検討されている方に知っておいていただきたいBONSAI x ENVEの真実 
☞ http://boncycle.exblog.jp/25806507/











こころにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■OPEN ~ CLOSE
08:30〜17:00 Cafe(Weekday) 
10:00〜17:00 Cafe(Saturday & Sunday)
13:00〜21:00 Cycle Works
■Wednesday is every closing
■AD 151-0051 4-11-8 Sendagaya Shibuya Tokyo
■WebShop http://bonsaicycleworks.com/ 


.
[PR]
by bonsai-astn | 2017-06-30 12:00 | BONSAI x ENVE

BONSAI x ENVE の不都合な真実

ここ2年くらいでしょうか。
BONSAI x ENVEのお問い合わせでお値段を聞かれてお答えすると「高い!」というリアクションを受ける事がほんとうに多くなりました。
そうですね、ENVEはロードバイクのリムのなかでも「高い!」ほうだと思います。
クリンチャーリムはリム単体で122,ooo円します。
これが前後セットで、それなりのハブと合わせて、意外にナメちゃいけないスポークを組み合わせた日にゃ「高い!!」なんて言われちゃいます。
でも、そこで敢えてもう一度問うてみたいのは。
ENVEは「高い!」だけのリムブランドなのでしょうか。
e0154650_17571261.jpg
かく言うわたしはENVEのホィールセットを6ペア持ってます。
私用で6ペアです。
勉強用にいろいろな種類を購入していたらこういう数になっていました。
恥ずかしながら在庫調整という側面も無きにしもあらずです。
おかげさまですべての手持ちホィールがすべてENVEという状態です。
実際、ENVE以外は欲しい、乗りたいという気すら起きない今日この頃。
これは自分のことを冷静に客観視せずとも完全無欠のENVE教の狂信者と言えるかもしれません。
ですからこれからのことは狂信者の発狂の記事になっていること間違いナシなので、ちょっとでも違和感をお感じの方は以下をご覧になられないほうが良いかもしれません。
e0154650_1757964.jpg
まずENVEはほんとうに「高い!」だけなのでしょうか。
ハイエンドのカーボンホィールが完組ホィールしか無かった時代に、一石を投じるカタチで手組ホィール用のリムとして誕生したENVE。
アメリカンハンドメイドビルダーの勃興とそれらとの親交のおかげで、今ではすっかりカスタムメードのおもしろさを生み出す重要なブランドのひとつになったENVE。
完組ホィールは専用設計のおかげで完成度は高いというのが魅力のひとつではありますが、完組では搭載できないようなハイスペックなハブやリムで究極のホィールを組み合わせてしまおうという世界が手組ホィールにはあると思います。
そういった究極のホィール作りにリムとして使っても遜色ないのがENVEのリムであると思います。
e0154650_18442540.jpg
とくにリム幅が広いSMART SYSTEMの誕生がキーポイントになりました。
それは単純にリム幅を拡げて流行りの太いタイヤに合わせようとかいう意図ではありません。
リムの剛性アップと空力の最適化が大きな進化になりました。
実際にわたしは当時所有していたSES6.7で風の強い日に外で乗ってその空力の良さを体感することになりました。
6.7といえばフロントが60mm、リアが70mmという超ディープリムなのですが風の強い日でもほとんど恐怖を感じる事がありませんでしたからSMART SYSTEMのエアロ性能の高さに感心させられたのです。
これはつまり。
エアロ性能によって〝空力〟だけではなく、〝安全性〟まで得てしまったというのですから。
e0154650_1811893.jpg
そんなENVE。
SMART SYSTEMのクリンチャーとChrisKingのハブの組み合わせでメーカーから完組ホィール状態で販売されているお値段はジャスト4oo,ooo円。
それは一見すると「高い!」わけですが、先述の空力特性のような性能を持ち合わせていない旧態然としたシンプルな三角形断面形状のリムでもおなじような価格帯の完組ホィールがありますし、もっと高級なホィールにもそういったモノは存在しています。
語弊を恐れずにENVE信者の意見を書かせていただくと、
「ENVEは本物の空力性能を持っている」
と思うんですよね〜。
e0154650_17571463.jpg
まぁ、性能は体感してみないとなかなか伝わりにくいものですからこのへんにして。
ENVEは「高い!」だけあって保証制度もちゃんと存在します。
ENVEのホィール、リム、コンポーネント、ハブ、アクセサリーは全て5年の保証。
5年を過ぎてもクラッシュプログラムは生涯保証。
で、そのクラッシュプログラムはなんぞやと言いますと、いかなる理由でも「壊れた」「壊した」モノを定価の50%のお値段で販売させていただきますという制度なんです。
過去にも事故や落車でリムを破損された方が当店で販売させていただいたなかでも数名いらっしゃいますが、みなさんクラッシュプログラムを利用していただいてリムをリフレッシュしていただきました。
e0154650_18342522.jpg
先述のとおり、ENVEのクリンチャーリムはどのリムハイトでも122,ooo円。
もしも、壊しちゃったとしたら2本目は、61,ooo円。
てことは、1本あたりのお値段は、91,5oo円になる??
これが「高い!」か、「安い!」かは個人のインプレッションにオマカセするとして。。。
ちなみに完組価格が大差ないBORA ULTRAのスペアパーツリムの価格は14万円超でしたから。
この比較からするとそうでもないかなと思ったりするんですけどね。
ま、これもENVE信者の直情的な感想ですのでおきになさらず。
e0154650_181136.jpg
さて。
ここから本題です。
そこで盆栽自転車店で扱ってる〝BONSAI x ENVE〟のさらなる「高い!」だけではないメリットはなによ?ということなんですが。
価格はメーカーの出してる完組4oo,ooo円とさほど変わりません(ChrisKingハブの場合)。

実は少〜し安いんですけどあまり大きな文字では書かないことにします。。。

メーカーの完組は、まさに完組ホィールなのでせっかくのChrisKingハブのカラーリングはいろいろから選べませんし、スポークの種類やカラーリングも選ぶ事が出来ません。
逆を言うと、BONSAI x ENVEはそれらをすべて選ぶ事が出来ます。
ハブをDTにもできますし(DTの場合は完組のほうがお値段安くできますので価格のみを優先される場合であればそちらをオススメします)。
メーカーの仕様には無いGOKISOハブなんてことも選択することが可能です。
e0154650_1811589.jpg
これは手組ホィールのメリットなのです。
カスタムメードのホィール。
自由を謳歌するかのようなBONSAI x ENVEも制限付きの自由ですけれど。
それでも完組よりは自由。
それらをひとつひとつ店内でひとつひとつ丁寧に組ませていただいてます。
なんだか和菓子屋のオススメ文句のようですが、実際のところ丁寧にやらないと良いホィールは組めません。
そのために即日お渡しとかは基本的にしていませんし、カスタムメードなので不可能なんです。
ほぼ在庫ないです!
完全受注生産に付。
このへんもご容赦願えるとありがたいです。
e0154650_1803979.jpg
そして。
極めつけのカスタムデカール。
ENVEのリムって、あらためてデカールカスタム栄えするなぁと思うんです。
そんなホィールは、まさにカスタムメードの自転車と抜群の相性になってしまうのは皆様ご存知のところ。
もう金属フレームっていったらみんなENVEになっちゃって、言ってみればカブリまくりなんですけど、それが気にならないのはナゼ???
あ、それはわたしがENVE信者だから〜?
カンタンでしたね。
でも。
この気分に共感していただける方も少なくないと思うのです。
それは、カスタムという行為に個々の思いが載せてあるからそこんところはカブリませんから!ってこと?でしょうか。
あ、デカールのみの販売やお持ち込みのホィールのデカールカスタムはいっさい承ってませんのであらかじめご了承ください。
e0154650_18342713.jpg
そして、そして。
BONSAI x ENVEは、ホィールを自転車に取り付けるまでの工賃がホィール価格すべて込み込み価格にさせていただいてます。
つまり、ブレーキシュー交換に調整。
合わせて変速調整をして。
その前にタイヤの取り付けとスプロケットの取り付け工賃も。
これらすべてが込み込み。
「安い!!」
いや〜「安い!!」なぁ。
すでに値引き済みだったんですねぇ。
身を削り過ぎて鰹節のようになってしまいそうです。
さらに書くと、購入後1年の振れ取り保証。
デカールは生涯保証(部分補修のみ)。
通信販売の場合は取り付けができませんので発送の送料をサービスさせていただいてます。
いやぁ。
これはお買い得なホィールセットですね。
こんなにお買い得だったとは!
本物の空力性能と充実の保証制度が基本的に付いてきてのコレ!!
カーボンリムのなかでも傑出した剛性と耐久性に高い精度。
なんといってもカッコいいし。
コスパに優れるとはまさにコレ!
え?他でもやってる?あもしも同じようなサービスを他でもやっているということでしたら不勉強でしたすいません。
ともかく、間違い無く日本中探しても世界中見渡しても盆栽自転車店でしか購入できないようなホィールセットになっていると思います。
e0154650_1803825.jpg
そういうわけで、ENVEは「高い!」だけではないリム、そして、BONSAI x ENVEはさらにお買い得になっています。
ロードからシクロクロス。
さらにはディスクブレーキ対応のホィールまで。
ENVEのリムのラインナップはかなり充実しています。
これからもなにとぞ盆栽自転車店謹製ホィール〝BONSAI x ENVE〟の真実をお見知りおきいただきまして。
これからもよろしくお願いいたします。
みなさまからのご注文をお待ちしてます。












ENVEの優れた点はコチラのCyclowiredさんの記事にくわしい記述がございます。
数年前に書かれた記述ですが基本的に変わってませんのでぜひご覧ください。
http://www.cyclowired.jp/microsite/node/99836







6月2日(金)自転車営業は臨時休業とさせていただきます
カフェは16時まで営業いたします
よろしくお願いいたします


こころにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■OPEN ~ CLOSE
08:30〜17:00 Cafe(Weekday) 
10:00〜17:00 Cafe(Saturday & Sunday)
13:00〜21:00 Cycle Works
■Wednesday is every closing
■AD 151-0051 4-11-8 Sendagaya Shibuya Tokyo
■WebShop http://bonsaicycleworks.com/ 


.
[PR]
by bonsai-astn | 2017-05-29 12:00 | BONSAI x ENVE

BONSAI x ENVE さらに酔狂極まる新作のおしらせ

どんだけリムの種類増えるの!?ってくらいにバリエーションがありますENVEのリム。
ここにきてSES 3.4がフルモデルチェンジ。
盆栽自転車店オリジナルカスタムホィール〝BONSAI x ENVE〟のなかでも最も人気なのはSES 3.4。
リムハイトと重量のバランスが良く、どんなシーンでも使いやすいのが人気の秘密。
今回のフルモデルチェンジでリム幅が太くなっただけかと思いきや。
リムハイトのサイズも変更されているんです。
e0154650_16485271.jpg
e0154650_16485523.jpg
ホィールになった際の見た目はそんなに変わったようには見えないものの。
フロントが38mm、リアが42mmのリムハイトになりました。
つまり、リムハイト的にはフロントが3mm高くなって、リアは3mm低くなりました。
リム幅は前後とも同じサイズでかなり太めの27.5mm。
25Cのタイヤにベストマッチ。
フレームによっては相性によるサイズ確認の必要ありますが、空力性能と耐久性に剛性までもが向上していると思われます。
さらにクリンチャーモデルはチューブレスレディにも対応しておりタイヤのバリエーションも選択肢豊富になりました。
価格は据え置き。
入荷はもうすぐすれば来るのかな?という感じです。
ご予約お待ちしてます。
e0154650_16503537.jpg



さて、
BONSAI x ENVEはカスタムホィールですのでサイズが合えばどんなハブだって使用可能です。
とくにオススメはコチラの三種類。
色気と性能の高さでオススメのChrisKing。
今年からマットブラック、マットスレートのカラーが仲間入り。
そして、限定のマットエメラルドも今のうちならオーダー可能です(6月12日まで)。

e0154650_1649136.jpg

質実剛健にいくなら。
DT240Sもオススメです。
代理店の価格も下がったのでChrisKingよりも35,ooo円程度のコストダウンになります。

e0154650_1649526.jpg
ここ最近はGOKISOハブのオーダーも増えてます。
至高のリムと究極のハブで銀河系最高のホィールを造り上げることも可能です。
GOKISOハブにもアップチャージによるカラーオーダーが可能ですので、究極のカスタムをお楽しみいただくことも可能です。

e0154650_1649771.jpg


そういえば、酔狂という意味ではこのハブもありました。
超軽量にするにはコチラ。
カーボンボディの革命的ハブです。
中身はDT。
盆栽自転車店でもまだ誰も手にしたことが無いハブ。
まさに酔狂の極みです。
e0154650_17511690.jpg








25,26日(木、金曜日)はカフェは臨時休業とさせていただきます
自転車営業は通常通りです


こころにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■OPEN ~ CLOSE
08:30〜17:00 Cafe(Weekday) 
10:00〜17:00 Cafe(Saturday & Sunday)
13:00〜21:00 Cycle Works
■Wednesday is every closing
■AD 151-0051 4-11-8 Sendagaya Shibuya Tokyo
■WebShop http://bonsaicycleworks.com/ 


.
[PR]
by bonsai-astn | 2017-05-25 12:00 | BONSAI x ENVE

BONSAI x ENVE カスタマーS氏の場合

BONSAIxENVEを納品させていただきました。

カスタマーS氏のENVEはSMAERT SYSTEM 3.4のクリンチャー。
3.4クリンチャーのリムがお買い得期間のときにタイミング良くオーダーしていただきました。
合わせて自転車のコンポーネントをSRAMのeTAPに組み替え。
そこにリスペクトがある。
e0154650_17343884.jpg
■リム:ENVE SES3.4 クリンチャー
■ハブ:ChrisKing R45 Red
■スポーク:SAPIM CX-RAY Black

□組み方:フロント=ラジアル リア=左右クロス
□デカール:フレームに合ったオレンジレッド

3.4のリムにもザラザラのブレーキトラックが付くようになりました。
このザラザラは使用後すぐに無くなってしまうというものではなく、かなり長持ち。
そういうことはリムも減りにくいということなんですね。
やっぱりENVE。
e0154650_17343462.jpg
さて、自転車のほうもeTAPに組み替えさせていただきまして納車して数日後にカスタマーS氏にご感想を聞いてみるとうれしいご感想が!!

自転車乗り心地最高です ‼︎
乗るのがとても楽しくなりました。
ホイールがこんなにも違うものなのかと日々実感しております。
ホイールとetap満足いくお買い物でした♬

e0154650_17342689.jpg
トライアスロンで御使用のS氏。
アシストバーにシフトスイッチを搭載することもできるのが電動コンポーネントのメリットでもあります。
ENVEも3.4のリムハイトでも既に空力はサイコー。
そうやっておひとりおひとりにカスタマイズできるパーツにホィール。
カスタマイズといえば盆栽自転車店にオマカセください。









こころにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■OPEN ~ CLOSE
08:30〜17:00 Cafe(Weekday) 
10:00〜17:00 Cafe(Saturday & Sunday)
13:00〜21:00 Cycle Works
■Wednesday is every closing
■AD 151-0051 4-11-8 Sendagaya Shibuya Tokyo
■WebShop http://bonsaicycleworks.com/ 


.
[PR]
by bonsai-astn | 2017-05-23 12:00 | BONSAI x ENVE

BONSAI x ENVE カスタマーU氏の場合

BONSAIxENVEを納品させていただきました。

カスタマーU氏のENVEはSMAERT SYSTEM 3.4のクリンチャー。
合わせて自転車のコンポーネントをシマノの最新モデル9100に組み替え。
そこにリスペクトがある。
e0154650_18384761.jpg
■リム:ENVE SES3.4 クリンチャー
■ハブ:ChrisKing R45 Red
■スポーク:SAPIM CX-RAY Black

□組み方:フロント=ラジアル リア=左右クロス
□デカール:ミックス

e0154650_18384934.jpg
e0154650_18385053.jpg
e0154650_18385394.jpg
U氏のご希望でオマカセのミックスでカール採用。
カラーリングは外してないので一風変わったなかにもまとまりが感じられると思いますがいかがでしょうか。
フレームはキャノンデールのSUPER SIX。
e0154650_18385624.jpg
e0154650_1839081.jpg
e0154650_18385884.jpg
e0154650_1839374.jpg
既に納車させていただいて数ヶ月が経過してガシガシお乗り頂いてますU氏。
シマノのデュラエースは2世代変わり。
ホィールのほうも黎明期直後のカーボンホィールから、硬質で本当の意味での空力に優れたENVEに。
ですから走りの感覚がかなり向上されたようです。
飛び級の性能を獲得してしまったと言っても過言ではないでしょう。










こころにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■OPEN ~ CLOSE
08:30〜17:00 Cafe(Weekday) 
10:00〜17:00 Cafe(Saturday & Sunday)
13:00〜21:00 Cycle Works
■Wednesday is every closing
■AD 151-0051 4-11-8 Sendagaya Shibuya Tokyo
■WebShop https://bonsaicycleworks.com/products 


.
[PR]
by bonsai-astn | 2017-05-16 12:00 | BONSAI x ENVE