カテゴリ:盆栽屋仕事録( 29 )

黙ってSRAMに組み替える男

さて。
盆栽自転車店に入荷したSRAM。
これはFORCE。
カスタマーの自転車に?
と、思いきや、ナツキさんの自転車の組み替えです。
e0154650_21145031.jpg
ナツキの自転車。
ナツキの希望のとおりにRORTORのギアで組んでペダリングの調子はかなり良いらしいものの。
変速の調子の悪さが目立つ。
そもそも、CampagnoloとROTORの相性は良くないのだけれど。
ナツキの自転車は特に悪かった。
というわけで、RORORの使いやすいSRAMに変更。
11Sから10Sへギアーが一枚減ってしまうにもかかわらず、Campagnolo真円に戻すことよりも、ROTORの楕円を優先したのは、ROTORはナツキが希望して組み付けたパーツだったというリスペクトにある。
e0154650_21142079.jpg
組み付け前の下準備は相変わらず。
Forceのリアディレーラーはシマノのアルテグラとミックスしても違和感のない仕上げ(?)。
e0154650_21144931.jpg

e0154650_21142133.jpg

e0154650_21135674.jpg
変速のレバー操作が変わりましたが、慣れれば結果的には使いやすいということになるでしょう。
手の小さなひとにはSRAMのように同じレバーで変速できるというのはメリットがあると思います。
そして、リーチー調整も全てのグレードで可能ですし。
フロントの変速はレバーを内側に入れるだけでシフトアップもシフトダウンもできてしまうというカンタンさ。
e0154650_21142681.jpg
総てのコンポーネントを混ぜ込んだ珍しい組み合わせのレーサーに仕上がりました。
ネオプリマートというクラシック系のフレームにSRAMという新機軸な雰囲気にリスペクトがあります。

■スペック
レバー:SRAM Force
Fメカ:Shimano Ultegra 6600
Rメカ:SRAM Force
ブレーキ:Campagnolo Chorus
クランク:Campagnolo 165
リング:ROTOR for Campy 50-36
チェーン:Shimano Ultegra 6700
スプロケット:Shimano Ultegra 6600 Jr.13-25
BB:Campagnolo Super Record
ヘッド:Campagnolo Record
ハンドルステム:3T PRO
シートポスト:ENVE Straight
サドル:Selle SMP Ladys
ペダル:TIME ICLIC
ハブ:Campagnolo Chorus
リム:MAVIC Classics Pro
タイヤ:Continental Granprix 4season

SRAMとROTORの仕様感は、ぜひナツキさんにも聞いてみてください。







こころにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■電話番号 03-3497-8885
■FAX 03-3497-8886
■営業時間 
7時〜16時カフェ営業(平日) 
10時〜16時カフェ営業(土日)
12時〜21時自転車店営業
■定休日 水曜日

年内は30日(日曜日)まで営業
年明けは4日から(金曜日)から営業いたします

[PR]
by bonsai-astn | 2012-12-23 16:00 | 盆栽屋仕事録

電動アルテグラにの組み替え作業をやらせていただきました

電動アルテグラの組み替え作業をやらせていただきました。
電動コンポーネントにすると、変速が電動になってラクになるのはもちろんのこと。
シフトワイヤーが無くなることによるハンドリングの軽さ。
自転車の見た目のスッキリ感。
レバー形状による持ちやすさなど。
組み替えることにより多くのメリットを実感していただけると思います。

今回、組み替え作業をさせていただきましたO氏の自転車はCerveloのR3。
しばらく乗られた車体ということで、オーバーホール込み込みでの作業をやらせていただきました。
e0154650_226617.jpg
コードは一部内蔵。
というか、既存のフロントワイヤーが通る部分にコードが入ったので通させていただきました。
これによりスッキリ感が出るのと、コードの長さにも余裕ができました。
e0154650_2264176.jpg

e0154650_226513.jpg
土曜日の初乗りを終えて。
日曜日も盆栽自転車店にお越しくださったO氏。
はじめは変速レバーの位置関係に慣れなかったそうですが、すぐに電動シフトを使いこなされたようで。
やっぱりイイですね。
と、リスペクト。

アルテグラの電動メカは導入しやすいお値段と、使ってわかる電動の極上の操作性がウリ。
一時期は品薄でしたが、現在は在庫があるようですのでお待たせする事も少なくなりました。
Campanoloばかりを販売していて、シマノは売っていないのでは?と、ときに言われてしまう盆栽自転車店でも、非常にオススメのコンポーネントです。









こころにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■電話番号 03-3497-8885
■FAX 03-3497-8886
■営業時間 9時〜21時 9時〜16時カフェ営業 12時〜21時自転車店営業
■定休日 水曜日

9月16日(日)は夏期休業とさせていただきます

[PR]
by bonsai-astn | 2012-09-09 15:00 | 盆栽屋仕事録

勝てるカスタムとは?

ある日の盆栽自転車店。
仲良しチーム〝CCC〟に所属の某氏のご質問。
「ヨシダさん、勝てるカスタムってなんですか?」
一瞬、面食らいつつも。
氏の自転車を眺めると決戦ホィールは黄色が目印のホィールブランド。
コチラのホィール。
純正は耐候性を意識したのか回転の重いベアリングが圧入されています。
なので、振れとり台に置いて手で回してみてもすぐに回転をやめてしまう。
これでは走っていても抵抗になっているのは間違いナシ。
数秒を争うレースの世界では、この少しの抵抗が大きな差になっているかもしれません。
というわけで、勝てるカスタムとしてホィールのベアリング交換をオススメさせていただきます。
盆栽自転車店では黄色が目印のホィールブランドの取り扱いはございませんが。
ベアリング交換は可能です。
e0154650_17544216.jpg
もちろん、工具も揃っています。
ベアリングの着脱をこの工具で確実に。
CampagnoloやFULCRUMのCULT化もこの工具で作業しています。
e0154650_17544284.jpg
アナタのホィール。
後輪が浮いた状態で、クランクを逆回転させると後輪も後ろに回ってませんか?
スタンドに置いた自転車のクランクをぐいぐい回して後輪を高速回転させて、クランクから手を離すと、クランクもホィールといっしょに回ってしまいませんか?
ベアリングを換えて、ハブボディの組み付けを見直せば変わりますよ。
e0154650_17544468.jpg
CERAMIC SPEEDのCOATEDは超高価ですがすさまじい回転を誇ります。
サイズが合って、ご予算に余裕があればオススメの逸品。
セラミックベアリングは取り寄せになります。
ステンレスの回転の良いベアリングは在庫しています。
これに換えるだけでも全然違うホィールの回転になり、伸びのあるホィールにカスタムできます。

ステンレスのベアリング 黄色が目印のブランドの場合は5個で6,000円、作業工賃は6,000円になります。








こころにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■電話番号 03-3497-8885
■FAX 03-3497-8886
■営業時間 
7時〜16時カフェ営業(平日) 
10時〜16時カフェ営業(土日)
12時〜21時自転車店営業
■定休日 水曜日
[PR]
by bonsai-astn | 2012-08-20 12:00 | 盆栽屋仕事録

アルテグラ組み替え

アルテグラDi2の組み替えを承りました。

こちらのAMANDAはスチールフレーム。
重量面では現在主流のカーボンフレームに劣るものの。
走りの素養に其の可能性を見いだされたオーナーS氏により、このたびアルテグラの電動に組み替えさせていただくことになりました。
アルテグラの電動は変速速度で少しデュラエースDi2に劣るものの、電動のストレスフリーと信頼性に付け加え、絶対的なコストパフォーマンスの良さでオススメのコンポーネントです。
e0154650_20153828.jpg
元々、ボトルケージがBB寄りに付いている影響でバッテリーを収める位置がメイン三角内に無いので、ダウンチューブ裏側に配置。
ROTORのチェーンリングとKMCのチェーンというシマノ純正外の組み合わせですが、フロント変速はしっかりしてくれました。
シマノの電動メカの優れた点のひとつに挙げられると思います。
e0154650_20153575.jpg
シフトワイヤーの無くなる電動はフロント部分がスッキリ。
レバーも軽量でリーチアジャストも可能です。
電動レバーのほうが握りやすいと好評です。
バーテープはCinelliのコットンを使用。
ロゴマークを左右を揃うように巻いてみました。
e0154650_20154036.jpg
新しいパーツに組み替えられた自転車にS氏のお嬢さんたちも興奮気味。
にぎやかな納車になりました。
e0154650_20153474.jpg

e0154650_2015364.jpg







こころにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■電話番号 03-3497-8885
■FAX 03-3497-8886
■営業時間 
7時〜16時カフェ営業(平日) 
10時〜16時カフェ営業(土日)
12時〜21時自転車店営業
■定休日 水曜日

※6月7日(木)は臨時休業とさせていただきます
[PR]
by bonsai-astn | 2012-06-04 12:00 | 盆栽屋仕事録

 E-POSTに代わる〝イィーポスト〟

盆栽自転車店の作業場に持ち込まれたスペヒャルな自転車。
おお、これは〝RED BONSAI 595〟ではないか。
そうなんです。
盆栽人会きっての若手有望株のK氏に貸し出し中のフレーム。
もしかすると、わたしが所有していた頃よりも時間も長く、頻度も多く乗っていただいてまして。
寝かせるにはもったいないフレームでしたので、よく乗っていただいてまさにリスペクトがあります。
e0154650_20151758.jpg
自転車はオンナというだけに。
RED BONSAI 595はなかなか良いオンナでありまして
今でも自転車趣味の男たちの目を惹いてやまないそうです。
e0154650_20151891.jpg
しかし、問題点がひとつ。
わたしとK氏の股下長が違うために、E-POST下に入ったスペーサー。
最大量を越えているわけではありませんが。
サドルも後ろに付いているだけに。
パワーがかかると後ろにたわむ感じが気になります。
e0154650_20151882.jpg
そんなときにはこのピラーです。
RSP。
レギュラーシートポストです。
e0154650_20151848.jpg
E-POSTだと普通は付属のスペーサー単位でしか、サドルの高さ調整ができませんが。
このピラーであれば、コンマ単位の高さ調整が可能になります。
デザインの一体感は失うものの。
シリアスレーサーにはコッチのほうがいい?
そんな方には、まさにイィーポスト。
リスペクトがあります。






こころにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■電話番号 03-3497-8885
■FAX 03-3497-8886
■営業時間 9時〜21時 9時〜16時カフェ営業 12時〜21時自転車店営業
■定休日 水曜日
[PR]
by bonsai-astn | 2012-05-12 20:00 | 盆栽屋仕事録

アルテグラDi2

人気のアルテグラDi2の組み替えを承りました。
Campagnoloの電子式コンポーネントが今年の春に発売を控えていますが。
このアルテグラDi2がもっともお値打ちな電動コンポには間違いないと思います。
気になる性能のほうも電動コンポーネントの基本はデュラエースと同じなので非常に優秀です。
e0154650_21402773.jpg
カスタマーF氏の自転車。
画像の仕様で7,5kg。
装備を105のシルバーからアルテグラに変えた事により。
ブラックの引き締まった印象になってフレームとホィールのグラフィックがより引き立つ印象になりました。
e0154650_21402777.jpg
シマノの電動の特徴としてレバー形状の良さが挙げられます。
コンパクトで握りやすく、重量も機械式に比べて非常に軽く仕上がっています。
組み替えの翌日にさっそく5時間程度のライドを楽しまれたカスタマーF氏もハンドルまわりの軽さに驚きを画せない様子でした。
e0154650_21402825.jpg
アルテグラDi2はコードが細いので既存のアウター受けにもコードが通ります。
なんとなく収まりが良い感じに。

盆栽自転車店ではアルテグラDi2のご予約も承っています。
品薄状態でお待たせすることになるコンポーネントですが。
組み替えた後の操作感は待った価値があると思っていただける性能だと思います。




こころにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■電話番号 03-3497-8885
■FAX 03-3497-8886
■営業時間 9時〜21時 9時〜16時カフェ営業 12時〜21時自転車店営業
■定休日 水曜日
[PR]
by bonsai-astn | 2012-01-09 20:00 | 盆栽屋仕事録

Jawboneカスタムの一例

先日、Jawboneのカスタムを引き受けました。
カッティングシートでのカスタムはまだやらせていただいたことがなかったのですが。
カスタマーと相談をして貼ってみるとこの仕上がり。
塗装にも劣らないと思います。
デザインはカスタマーS氏のオリジナル。
アゴの位置を下げてみた新鮮な雰囲気になりました。
e0154650_21514161.jpg

e0154650_21514335.jpg

e0154650_21514253.jpg



アゴの部分のデザインにカッティングシートのカスタム、作業代金はこの場合で3,000円程度です。




こころにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■電話番号 03-3497-8885
■FAX 03-3497-8886
■営業時間 9時〜21時 9時〜16時カフェ営業 12時〜21時自転車店営業
■定休日 水曜日
[PR]
by bonsai-astn | 2011-12-11 21:00 | 盆栽屋仕事録

盆栽屋カスタム例

カスタムのお仕事をやらせていただきました。
Fizikのプラスチック部分をピンクに。
シートで仕上げたほうが塗装よりも剥げにくいと思います。
元に戻すのも簡単ですし。
e0154650_18261394.jpg
Fizikのアリアンテガンマの2012カラー。
裏革調のカラーが渋い印象のサドルにピンクの差し色が遊び心を追加。
e0154650_18261393.jpg
e0154650_18261410.jpg
こんなカスタムも可能です。
こちらのカスタムですと、工賃は3,000円程度です。

ぜひご相談ください。




こころにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■電話番号 03-3497-8885
■FAX 03-3497-8886
■営業時間 9時〜21時 9時〜16時カフェ営業 12時〜21時自転車店営業
■定休日 水曜日
[PR]
by bonsai-astn | 2011-11-08 15:00 | 盆栽屋仕事録

こんなカスタムできます

Fizikのアリアンテガンマ。
カスタマーの方は、なぜにアリアンテにはゴールドカラーがないのかとおっしゃっていました。
e0154650_15404668.jpg
たしかに。
このホワイトブラックもヨイですが。
モノトーンですね。
e0154650_15404661.jpg
というわけでコチラのプラスチック部分を外して。
カッティングシートでコーティングさせていただくことにしました。
e0154650_15404554.jpg
以前までのモデルと形状が変わって、カンタンになったのかと思いきや。
なかなか苦戦してしまいました。
それでも以前のモデルよりはカンタンになっていると思います。
e0154650_15404719.jpg
ホワイトブラックとゴールドの相性も抜群ですね。
カスタマーの方もご満足のご様子でした。
e0154650_15404737.jpg

e0154650_15404560.jpg
こんなカスタムも可能です。
こちらのカスタムですと、工賃は3,000円程度です。

ぜひご相談ください。
[PR]
by bonsai-astn | 2011-11-04 15:00 | 盆栽屋仕事録