カテゴリ:展示会に行ってきました( 47 )

展示会に行ってきました JPスポーツ、カワシマサイクル編

展示会に行ってきました。

5週連続の展示会ウィークの第二週目。
わたしは恵比寿に。
ハンバーガーで腹ごしらえをしたあとに向かったのはJPスポーツグループさんの展示会。

盆栽自転車店的にはSPEEDPLAYやプレクサスを取り寄せていますが。
フレームではRIDLEYが有名ですね。

というわけでメインスタンドにはRIDLEYの限定車がどーんと鎮座。
e0154650_15554351.jpg
さて、個人的に注目だったSPEEDPLAYは変更ナシとのこと。
完成度が高いということでしょうか。
かつてはキワモノ扱いだったペダルも近年ではかなりのサイクリストに愛用されています。
SPEEDPLAY専用のシューズも増えてきました。
スモールパーツも豊富に揃いますし、調整用の小物もいろいろあります。
メンテナンス性の高さにカラーの豊富さも魅力です。
盆栽自転車店イチオシのペダルです。
e0154650_1558319.jpg

e0154650_155858.jpg


さて、地下に潜ったは日比谷線。
次の展示会場を目指します。
浅草橋のあたり。

目指すは、カワシマサイクルサプライさん。

Fizikやカンパニョーロ、DTをはじめ多種多様なブランドの取り扱いがある老舗の代理店さんです。

まずは、Fizik。
バーテープのラインナップがさらに増えます。
厚手のクッション性の高いモデルにハイグリップなタイプなど、ワンブランドで全てのタイプを擁してしまうのではというラインナップになっています。
もちろん、カラーも豊富に揃います。
e0154650_1641081.jpg
e0154650_1642742.jpg
サドルは、人気のKURVEにホワイトカラーが登場。
これは待ち望んでいた方もいらっしゃるのでは?
e0154650_1641139.jpg
定番モデルのアリオネには発展型のモデルが3種類も誕生。
いずれも軽量で乗り心地も追求されたFizikらしさが貫かれています。
e0154650_1642872.jpg
e0154650_164128.jpg
盆栽自転車店で人気のFizikシューズは待望のMTBモデルが誕生。
メッシュが部分的に配されて涼しげ。
ベルクロやバックルのデザインはロードモデルと共通なので信頼性は高いです。
e0154650_1651467.jpg
そして、コチラはエントリーモデルのロード用シューズR5。
ご覧のとおり、2013年からのFizikはデザインがガラッと変わりスポーティーな雰囲気になります。
今のクラシックな雰囲気がお好みの方は、現行モデルを今のうちに買っておいたほうがいいかもよ、とここにコッソリ書いておきます。
e0154650_1645878.jpg
シマノの11段化にともないまして、Campagnoloからも新型のシマノ用のボディが登場します。
お値段などは未定でしたが、冬には入荷の予定だそうです。
はじめのうちは少量の入荷になるようですので御入り用の方はお早めのご予約をオススメいたします。
e0154650_1654470.jpg
そして、DTハブからは、ついにストレートスポーク用のハブが誕生。
やっぱり完組ホィールはストレートスポークじゃなきゃ、という方には間違いなしのハブ。
BONSAI x ENVEのオプションにも早速採用です。
e0154650_1654874.jpg
DTハブからもシマノの11スピード対応のハブボディが登場しました。
パーツの取り寄せ可能ですのでオーダーお待ちしています。
e0154650_166519.jpg








こころにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■電話番号 03-3497-8885
■FAX 03-3497-8886
■営業時間 9時〜21時 9時〜16時カフェ営業 12時〜21時自転車店営業
■定休日 水曜日
[PR]
by bonsai-astn | 2012-09-20 15:48 | 展示会に行ってきました

展示会に行ってきました シマノ、ゼータトレーディング、フタバ商店編

展示会に行ってきました。

5週連続の展示会ウィークの幕開けを飾るのはシマノ社の展示会。
数少ないメーカー直の展示会といえます。

シマノといえば新作の9000系デュラエースに注目。
発表当時はこの先進的デザインのクランクに眼を奪われた方も少なくないはず。
e0154650_1595355.jpg

e0154650_15103138.jpg
機械式のレバーは大胆に形状が変更されて。
まるでDi2のレバーのようになりました。
非常に握りやすくなっています。
e0154650_15103396.jpg
機械式も進化していますが。
やはり、本命は電動のDi2でしょうか。
レバーは一見、モデルチェンジを感じることができませんが。
11段変速に進化しているのはもちろんのこと、一気の多段シフトも可能になりました。
ジャンクションの差し込み口が増えて、拡張性が広がったのも特徴です。
アシストバーを追加した際に、その先に変速スイッチを付けられたり。
スプリンタースイッチとサテライトスイッチを同時に取り付けたりすることが可能になりました。
ハンドルまわりを変速スイッチだらけにすることが可能になったわけです。
e0154650_15164911.jpg
e0154650_15165259.jpg
e0154650_15165531.jpg
フレーム内蔵用のバッテリーも登場。
マジックペンくらいのサイズで、思いのほか細い見た目。
専用の充電器が必要なようです。
e0154650_15165847.jpg

さて、お次はゼータトレーディングさん。

珍しいモノを取扱っている代理店さんといえば、ゼータさんと言われるくらい、おもしろいアイテムが揃います。

盆栽自転車店としては、サドルバッグやボトルケージのアランデルが非常に人気ですが、チェーンキャッチャーの雄、K-Edgeが新作を出していました。
従来型は直付けのFメカと同じネジで固定していたのですが、新作は取り付け位置をズラして固定。
これにより緩みが出たり、動いてしまうことが少なくなっていると思います。
これはなかなかよさそうです。
e0154650_1517746.jpg
ウィギンスが使っているO,SYMETRICの取り扱いもコチラ。
ROTORのQ-Ringsよりも過激な楕円はフレームやコンポーネントなどの使用環境を選びます。
ご相談ください。
e0154650_15171137.jpg


本日の最後は、フタバ商店さん。

FSAやSwissStopでお世話になってます。
案内にあったBMCの発表会のような雰囲気。
盆栽自転車店的にBMCの取り扱いはないのですが、せっかくなので注目のモデルを画像だけでも紹介しておきましょう。
e0154650_16472566.jpg
e0154650_16473018.jpg
携帯用のチェーンルブ。
容器はいいけど、中身はどうなんでしょうか。
e0154650_16472930.jpg


来週に続く〜







こころにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■電話番号 03-3497-8885
■FAX 03-3497-8886
■営業時間 9時〜21時 9時〜16時カフェ営業 12時〜21時自転車店営業
■定休日 水曜日

9月16日(日)は夏期休業とさせていただきます

[PR]
by bonsai-astn | 2012-09-13 13:00 | 展示会に行ってきました

展示会に行ってきました ダイアテックプロダクツ編

展示会に行ってきました。

ダイアテックプロダクツジャパンさんはROTORやLEZYNEで盆栽自転車店も日頃からお世話になっている代理店さん。

まずは、ROTOR。
楕円のチェーンリングで有名なカスタムコンポーネントブランド。
オリジナルのチェーンリングはあらゆるクランクに対応できるように様々なモデルがありますが。
やはりオリジナルのクランクと合わせることで存在感と迫力が出てきます。
新作はエアロモデルのFLOW。
空気抵抗低減を狙ったフォルムはもちろんのこと。
クランクアームの部分に10か所のチェーンリング取り付け位置があり、さらなる細かい調整に対応できるようになりました。
e0154650_196503.jpg
ROTORでは、あらゆるフレームに自社のクランクを取り付け出来るように、BBセットが異様に充実。
そのなかでもBB30のクランクを通常のねじ切りフレームに取り付けることができるBBセットを発見。
コレはわたしのIFに組み込みたいと思いました。
IFは楕円で行く事にしました。
e0154650_1965165.jpg
KASKのヘルメットから出ました。
ついに出た。
バンビーノ。
TEAM SKYが使ってTTヘルメットの世界標準となりつつある大注目のTTヘルメット。
タイムトライアルレーサーのみなさんは大注目のモデルなのではないでしょうか?
e0154650_1965259.jpg
さらに、被りやすさで評判が高いVERTIGOにエアロモデル登場。
冬場から春先までのレース、トレーニングに良さそうです。
コレは買いか!?
取り扱いを鋭意検討中です。
e0154650_197285.jpg

e0154650_197138.jpg
シンプルなフォルムがカスタム心を刺激しますね。
もちろん、そうでない向きにもどうぞ。








こころにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■電話番号 03-3497-8885
■FAX 03-3497-8886
■営業時間 
7時〜16時カフェ営業(平日) 
10時〜16時カフェ営業(土日)
12時〜21時自転車店営業
■定休日 水曜日
[PR]
by bonsai-astn | 2012-08-23 12:00 | 展示会に行ってきました

展示会に行ってきました ダイナソア編

展示会に行ってきました。

ダイナソアさんといえばTIMEにCinelliにCampagnolo。
さらには、CARRERAにORBEAにSan Marcoと有名ブランドを多数揃える

とはいえ。
TIMEにぞっこんの盆栽屋としてはTIMEコーナーに直行。
例年、一番奥にあることが多いTIMEコーナー。
今年も一番奥にありました。
e0154650_20513612.jpg
新モデルはVRS Fruidity。
TIME自慢の振動吸収繊維のバイブレーザーを通常モデルの2倍に増やして、より上質な乗り心地を追求しています。
主にロングディスタンス系か。
快適巡航クルーザー的な。
e0154650_2051362.jpg
シートチューブが丸パイプ。
ヘッドチューブ寸法が長めですので、ハンドルポジションが高くしたい方向きのフレームです。
e0154650_20513552.jpg
NXR instinctもDi2モデルをオーダーできるようになりました。
アルテグラDi2バージョンもオーダー可能です。
e0154650_20513915.jpg
TIMEのフレームはオススメです。
選んで損なし。
一度乗ったらやめられない。
他に行っても戻るのよ。
そういうわたしもそのひとり。
乗り続けるひとが多いことがTIMEフレームの良さを証明していると思います。



e0154650_21275642.jpg
いまや、ファッションサイクリストブランドとして欠かす事ができないCinelli。
歴史あるブランドだけに復刻もしてきます。
LAZER。
価格や納期は未定とのこと。
雰囲気はありますが、形状はオリジナルとまったく違うホリゾンタルになっているので、ナンならロードモデルがあってもよかったのではと思ってみたり。
e0154650_21302392.jpg
そんなCinelliはハンドルも復刻してきました。
クラシックなパーツを探していた方には朗報。
もうコレしか無い?
ハンドルだけでは無くすテムもありますのでバッチリコーディネートできます。
e0154650_2130231.jpg
Cinelliはバーテープもイカしています。
マルチカラーがブラックテープの穴から見えるカレイドカラー。
なんというバーテープでしょうか。
e0154650_2133971.jpg
さらにはマイクジャイアント氏のモデルにレッドカラーが加わりました。
意外とどんな自転車にも合う柄だと思いますよ。
e0154650_21331224.jpg
さらにステム一体型のRAM3が登場。
RAM2は無くなってしまうのかと思いきや継続です。
RAM3は従来のVRCではなくアナトミックでもない最近多いシャロードロップ形状です。
e0154650_2138857.jpg
ハンドルに一体型になったサイクルコンピューターマウントも特徴ですが。
まるでかつてCinelliにあったスピナッチバーを彷彿とさせます。
アシストバーとしても使えない事はなさそうな形状ではあります。
e0154650_2138851.jpg




チューブレスならHutchinson。
フュージョン3の性能は他を圧倒していると思います。
チューブレス対応のホィールにはコレを装着しないでナニを選ぶ?というくらいにオススメです。
e0154650_21463834.jpg
新色のアイボリーが追加されました。




ニューモデルだったエラクルに廉価版のエラクルTSが追加されました。
e0154650_21544741.jpg
シマノDi2内蔵でもワイヤーコンポでも組む事ができるフレームです。
e0154650_2154487.jpg
CARRERAのフレームでは価格破壊が進んでいました。
e0154650_215448100.jpg
ニトロSL フレームセットの定価が136,500円
ニトロになると、定価105,000円です。
試乗ができましたが、非常に良く走ってくれます。
値段以上の性能です。
レースや日常の使用からガンガン使う方にオススメのブランドです。

そして、2012年のCARRERAはほぼすべてのフレームにALL BLACKのカラーが追加されています。
他のブランドでも見られるフレームのステルス化が進んでします。
e0154650_21571941.jpg
e0154650_21572095.jpg
e0154650_21572054.jpg


モデルによっては早期割引が可能ですのでご相談ください。
ご予約お待ちしております。
[PR]
by bonsai-astn | 2011-10-17 12:00 | 展示会に行ってきました

展示会に行ってきました ユーロスポーツインテグレーション編

展示会に行ってきました。

ユーロスポーツインテグレーションさんといえばLOOK。
カーボンフレームといえばLOOK。
ビンディングペダルといえばLOOK。
先進の機能と安定感がある性能がウリのメーカーです。

昨年に発売された695は大人気により夏前にはオーダーストップという状況。
2011年モデルとの変更点はオプションだった電動仕様が標準になり、ワイヤーコンポでも電動コンポでもどちらでも対応するフレームになりました。
他にもフロントメカ台座やトップチューブのワイヤーが通る部分を見直しており、さらに熟成が深まっています。
e0154650_21353498.jpg
コフィディス チームレプリカ。
e0154650_2135347.jpg
渋い印象のブラックシルバー。
e0154650_21353652.jpg
マットが今の気分のマットブラック。
e0154650_21353555.jpg
スペシャルカラーのモンドリアン。
スペシャルカラーは他にもあり、各国の国旗がデザインされたナショナルフラッグコレクションが登場しました。
ものすごい数のカラーバリエーションになりました。


5年目を迎える586もさらに熟成を深めています。
SLモデルは明るいアシッドカラーの新色が登場。
e0154650_21443290.jpg
スペシャルオーダーにより電動コンポ専用モデルを選択できるようになりました。
e0154650_21443318.jpg
リスクのある軽量パーツを組み込まずとも、軽量自転車をくみ上げる事ができるその軽さはヒルクライムに最適な性能です。

他にもエントリーモデルの566は軽量で優れた振動吸収性を誇る乗り味で人気です。
エントリーも出るとしては高価ですが、選んで間違いない自転車選びをしていただけると思います。

LOOKフレームを早期(10月31日まで)にご予約してくださった方はスペシャルな価格をご用意しております。
お問い合わせください。
[PR]
by bonsai-astn | 2011-10-08 21:00 | 展示会に行ってきました

展示会に行ってきました ダイアテックプロダクツジャパン編

展示会に行ってきました。

LEZYNEやKASK。
さらにはABUSにGOREが盆栽屋的オススメといったところでしょうか。
e0154650_2113611.jpg
LEZYNEのフロアポンプ。
スマートなデザインによる外観と機能性の高さはすでに評判が高いところ。
e0154650_2113649.jpg
携帯工具もスタイリッシュでバリエーションに富んでいます。
精度も高く携帯用とはいえしっかりした造りが特徴です。
e0154650_2113973.jpg
携帯ポンプもスタイリッシュで機能性が高いものが揃います。
LEZYNEは近日中に厳選されたアイテムが店頭に並ぶ予定です。
ご期待ください。
e0154650_21285171.jpg
カギのABUSにもいいものがありました。
鎖のカギに注目です。
鎖のカギはカットされる心配がないです。
しかし、従来品はゴツくて重いものばかりでした。
新作はコンパクトで軽量です。
バッグの中でも場所をとらないですし、サイクルジャージのポケットにもすっぽり入るくらい軽く小さな鎖のカギ。
これは今まで無かったと思います。
e0154650_21285121.jpg
定番の画像。
ありがとうございます。
ドイツからいらしていたブランド担当者の方が撮ってくださいました。
リスペクトがあります。

ABUSのオススメの鍵たちも年末には入荷予定です。
ご期待ください。
[PR]
by bonsai-astn | 2011-10-04 21:00 | 展示会に行ってきました

展示会に行ってきました PRインターナショナル編

展示会に行ってきました。

PRインターナショナルさんといえば、盆栽自転車店の取り扱いブランドでは、Tiptop、Schwalbe、Giroがあります。
すぐに眼についたのは、見慣れない輪行バッグ。
カラーもポップでいいじゃないですか。
ロードバイクの場合はハンドルを一度外さなくてはいけないのですが。
飛行機輪行の際に役立ちそうです。
オキナワの前にあったらコレにしていたのに…。
来年アタマの入荷予定です。
e0154650_19531192.jpg

e0154650_19531183.jpg
この輪行バッグには持ち運びに便利なローラーが付いています。
ローラーにはタフなスケートボードに使われている車輪が付いて、見た目通りのストリート感あふれる雰囲気に。
在庫を置く予定はありませんが、ご興味あればお取り寄せ可能ですのでお声をおかけください。

さて、今回の展示会の本命です。
盆栽屋のヘルメットはGiroにさせていただこうと思います。
Giroといえば自転車用ヘルメットではじめて今のような穴の開いたヘルメットを登場させたメーカー。
先日ベテランサイクリストの方にそのお話を伺いました。
Giroは自転車のヘルメットに風穴を開けたのと同時に。
まさに自転車業界に風穴を開けたというわけです。
ハードコアです。
そういった意味ではニューモデルのAEONは大きく風穴が明きました。
空気の流れに合うように設計されています。
非常に涼しそうです。
しかも軽い。
e0154650_19531231.jpg
日本人アタマをしているわたしには今までのGiroのヘルメットが合わなかったのですが、このAEONは大丈夫でした。
Lサイズでした。
スッポリとフィット感がきます。
キノコな雰囲気にもなりにくいと思います。
e0154650_19531230.jpg
カラーは9色もあります。
被視認性の高そうなネオンイエローのモデルもあれば。
落ち着いたマットシルバーのカラーリングまで。
ホント、いろいろあります。
e0154650_19531331.jpg
盆栽自転車店ではGiroのヘルメットをご予約してくださる方にお買い得な価格をご用意させていただきました。
詳細は後日このブログにてご連絡させていただきます。
e0154650_19533038.jpg
う〜ん。
このヘルメットはステッカーカスタムチューンもしやすそうです。
既存のカラーで気に入るのが無ければカスタムするのもおおいにアリだと思います。
カッティングシートなので飽きれば剥がすことができますので。
わたしの場合、ヘルメットはいつも買ってすぐに色を変えて使っています。
AEONも例外なくそうなってしまうことでしょう。

盆栽自転車店ではヘルメットのステッカーカスタムチューンも可能です。
ヘルメットや仕様によって出来たり出来なかったり値段がいろいろだったりしますのでご興味をお持ちの方はぜひご相談ください。
[PR]
by bonsai-astn | 2011-09-29 09:00 | 展示会に行ってきました