カテゴリ:展示会に行ってきました( 43 )

展示会に行ってきました LEZYNE2015編

展示会に行ってきました。

目的地はブランドごとに展示会を催されるダイアテックプロダクツさん。
今回はLEZYNEの新商品の発表ということで行ってきましたよ。
そしたら、魅力的なプロダクトを発見することができました。
e0154650_12274795.jpg
人気のCO2ボンベアダプターに新たに流量調節ができるタイプが誕生です。
カラーはブラックとシルバーから選ぶ事が出来ます。
シンプルなデザインで人気のライト。
新登場の小型なモノは補助ライトとしてじゅうぶんな機能と性能があります。
ワンタッチで取り付ける事ができるのも魅力的。
大型のライトも価格が見直されてお求めやすくなります。
e0154650_12274732.jpg
LEZYNEといえば空気入れも非常に良い製品があるわけですが。
今年の目玉は大きな目盛りのついたフロアポンプ。
これはデカい。
ビックリするぐらい拡大された、視力の弱い方にも使いやすいフロアポンプです。
これらの新商品はこれから順次入荷の予定です。
e0154650_1227478.jpg
さて、新商品があれば古い商品もある?
展示会場の隅にありましたお値打ちコーナーで掘り出してきました。
ROTORの130PCDで53T。
今はラインナップから消えてしまったエアロではないタイプです。
旧パッケージというだけでお買い得になっています。
コチラは無茶苦茶な値段で仕入れることができましたのでそのままの無茶なお値段で飯場させていただきます。
およそ定価の1/3です。
限定2枚。
スペアーにどうぞ。
e0154650_12275477.jpg
e0154650_12275445.jpg
さらに、コチラもお安く販売させていただいてますKASKのTRI Vertigo。
ホワイトのMサイズが残り1個だけになりました。
これからのシーズン。
エアロヘルメットが活躍するのは間違いない!
そういうわけでお買い得なセール品もどうぞ。
e0154650_12285790.jpg











こころにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■TEL 03-3497-8885
■FAX 03-3497-8886
■OPEN ~ CLOSE
08:30〜17:00 Cafe(Weekday) 
10:00〜17:00 Cafe(Saturday & Sunday)
12:00〜21:00 Cycle Works
■Wednesday is every closing
■AD 151-0051 4-11-8 Sendagaya Shibuya Tokyo
[PR]
by bonsai-astn | 2014-09-19 12:00 | 展示会に行ってきました

展示会に行ってきました カワシマサイクルサプライ編

展示会に行ってきました。

カワシマサイクルサプライさんと言えば。
盆栽自転車店ではFizikをメインに取り扱わせていただいてます。
数あるラインナップのなかでも一番人気はAliante。
辺境に極まる盆栽自転車店ではやっぱりコレ。
もはやコレだけ!という売れ筋のサドルなんですが。
この15年にわたるAlianteの長い歴史のなかで、遂にモデルチェンジということで見てきました。
e0154650_14581698.jpg
モデルチェンジ。
パッと見た目はまったく変わってしまっています。
けれども、肝心の形状は変化なしだそうで。
座る部分に関係がない先っぽが尖ったのと。
後ろの割れていた部分がラウンド形状になりました。
e0154650_14355095.jpg
以前のモデルはカーボン&ケブラーのベースだったのですが。
カーボンのみのベースに変更。
ベースとクッションであるフォーム材を見直して、より軽量になっています。
ハイエンドのAliante R1 Carbon Braidedで175gを実現しました。
従来のAlianteが苦手としていた軽量性能も獲得したという事になります。
e0154650_14581521.jpg
表面部分の切り替えは貼付け方式になっており、軽くて凹凸も気になりにくい仕様になっています。
これはすでにAlioneのR3などで採用されているパターン。
左右に付属するScuff Guardというプラスチックのパーツも右側はツヤ無しで左側はツヤありという凝り用。
このへんのスタイリッシュ感へのこだわりがFizikらしさと言えるのではないでしょうか。
e0154650_14581528.jpg
e0154650_14355487.jpg
横からの見た目は、ちょっと薄くなってる?
サドルの先端がとがっている影響で、従来品よりはエアロフォルムに見えてきます。
手でクッション性を確認してみると、ちょっと硬くなってるかも?
イタリアから来日していた担当者によると、やわらかさはまったく同じということでした。
これは乗ってみてみないとわからないレベルなのかもしれません。
カラーの違いはグレードの違い。
ハイエンドのR1はカーボンベースのカーボンレール仕様になりますが。
それから下のモデルはすべてベースがグラスファイバーになります。
e0154650_1436314.jpg
さて。
モデルチェンジで間違いなく軽量になって性能が向上したように思えるAlianteですが。
カタログ値だけでは計れないのがサドルとの相性。
従来モデルのほうがヨカッタ。
なんて方が出てきても不思議ではないでしょう。
そんな方に盆栽自転車店では既に旧型のサドルを確保しています。
少量ですが無くなってしまう前に欲しいという方はどうぞご利用くださいませ。
e0154650_15142314.jpg
FULCRUMの来期大注目のホィール。
Racing ZERO NITEも展示してありました。
ツヤ消しのブラック仕様が格好良く、まるでカーボンホィールのようです。
それでいて乗り味は硬めで良いはず。
コチラはご予約お待ちしてます。
e0154650_14355346.jpg











こころにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■TEL 03-3497-8885
■FAX 03-3497-8886
■OPEN ~ CLOSE
08:30〜17:00 Cafe(Weekday) 
10:00〜17:00 Cafe(Saturday & Sunday)
13:00〜21:00 Cycle Works
■Wednesday is every closing
■AD 151-0051 4-11-8 Sendagaya Shibuya Tokyo
[PR]
by bonsai-astn | 2014-09-12 12:00 | 展示会に行ってきました

展示会に行ってきました カンパニョーロ2015編

展示会に行ってきました。
カンパニョーロの新製品のセミナーがありました。
すでにみなさまご承知のとおり。
象徴的な4アームのクランクや。
どこかで見たことがあるようなFメカ。
さらにはBORAまでモデルチェンジ。
あとはみなさんがあまりご覧になられていないと思われるところを挙げると。
トリプルコンポーネントの減少。
ケンタウルは消滅。
アテナ、ベローチェのシフトレバーの形状が変更になりました。
e0154650_1333567.png
上位機種のコンポーネントでのニューモデルの追加は主にドライブトレイン。
クランク、レバー、Rメカ、Fメカになります。
レバーに関しては見た目に大きく変わったところはございませんが。
新しくなった変速機に合わせて中身が変更になっています。
見た目のインパクトよりも性能が良くなっているとはなかなか思えないのですが。
新しいFメカの性能は良さそうです。
こういうのは製品を見るだけではなく、実際組んで乗ってみたいところですね。
e0154650_1333058.jpg
e0154650_1333241.jpg
あたらしいブラケットフードは白いペイントのロゴが良い感じ。
現行品との互換性はないのでお気をつけ下さい。
e0154650_13325839.jpg
さて。
さまざまなモデルチェンジや新商品のなか一番の注目はコチラではないでしょうか。
FULCRUMのレーシングゼロナイト。
リムのブレーキ当たり面まで黒いので、まるでカーボンリムのように見えるこの様子はこれまたどこかで見てきた景色ですが。
回転性能や造りに定評のあるカンパニョーロ方式のハブにこのリムが搭載されたことは良いこと以外には何もないハズ。
軽さと剛性に全天候型のリムで練習からレースまで使いやすいホィールと言えるのではないでしょうか。
カンパニョーロでもシャマルで同じモデルが誕生しています。
価格は同じ。
e0154650_13325149.jpg
マヴィックの場合はスペシャルなブレーキシューを必要としましたが。
コチラはすでに存在しているカーボンリム用のブレーキシューが対応します。
さらに、今まではシマノをお使いの方はスチール製のボディだったのですが、これからは軽量なアルミボディになりました。
e0154650_13325537.jpg
リムのカラーリングはブラックというよりはグレーです。
そして、デカール方式。
BORAのデカールは転写式になって今までのようにステッカーを剥ぐことができなくなってしまったようですが、コチラは剥いでしまうことも可能です。
e0154650_13325399.jpg











こころにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■TEL 03-3497-8885
■FAX 03-3497-8886
■OPEN ~ CLOSE
08:30〜17:00 Cafe(Weekday) 
10:00〜17:00 Cafe(Saturday & Sunday)
12:00〜21:00 Cycle Works
■Wednesday is every closing
■AD 151-0051 4-11-8 Sendagaya Shibuya Tokyo
[PR]
by bonsai-astn | 2014-07-24 12:00 | 展示会に行ってきました

展示会に行ってきました ミズタニ自転車編

展示会に行ってきました。

ミズタニ自転車さんといえば自転車の代理店にあっては珍しく都内にある会社。
盆栽自転車店としてはContinentalにGiro。
しっかりと見てきました。
まずは、Continental。
やや!!
e0154650_14124467.jpg
人気のGP4000Sタイヤのパッケージが変わって名前も「2」が付いていると思いきや、カラータイヤでもブラックチリコンパウンドを使えるようにした組み合わせに進化。
ブラックカラーはそのままだそうです。
ブラクタイヤしか在庫していない盆栽屋。
カラータイヤは取り寄せになりますが、いつでもご注文ください。
e0154650_1412414.jpg
そして、注目はGiroのロードシューズのEMPIRE。
来期からはACCという語尾が付いて、EMPIRE ACCに進化。
このACCとは来期の上位モデルに装着される〝ADVANCED CARBON COMPOSITE SOLES〟の略になります。
これによりソールの剛性がさらに最適化されて進化しています。
e0154650_14115412.jpg
2014年モデルのシューズはつま先部分にカードが付いてソールが削れなくなっています。
そして、ユーザー待望のカカト交換式になりました。
カラーも豊富に4色がラインナップ。
ほとんどがブラックメインですが悩む所ですね。
e0154650_14115748.jpg
e0154650_1412042.jpg
e0154650_1412220.jpg
e0154650_1412527.jpg
EMPIRE ACCも軽量ですが、さらに超軽量なのは、PROLIGHT SLX 2。
アッパーの生地を通気性と撥水性をハイレベルに発揮する素材を使用。
3本ベルクロストラップでラチェット刻みにとらわれないフィット感を実現しています。
カラーリングもビビットなオレンジでプロトン内でのアピールは間違いなく高い。
来期注目のシューズです。
e0154650_152413.jpg
e0154650_1523569.jpg
他にはシンプルなオールホワイト、ブラックホワイトが存在しています。
ジロのシューズはご予約受付中です。
今期のように早めに市場から姿を消してしまう可能性もありますのでお早めのご購入がオススメです。
早めのご予約の方にはスペヒャルプライスご用意していますのでよろしくお願いいたします。
スペヒャル予約の受付は10月30日まで。
早ければ年内(12月)の入荷予定になるそうです。
e0154650_1412863.jpg
GIROはヘルメットもオススメです。
自転車界にシェル型のヘルメットをはじめて持ち込んだGIRO。
今も、個性的で機能的なデザインのラインナップを揃えます。
さいきんの個性的ヘルメットといえば、AIRATTACKですね。
来期は蛍光カラーの限定モノも登場して、より魅力的なラインナップになりました。
もともと限定モノみたいに数が少なかったAIR ATTACK。
コチラもお早めのご購入がオススメです。
e0154650_1412116.jpg
e0154650_14121341.jpg
来期はエアシールドが無いバージョンも入荷します。
通常のサングラスを付けて御使用いただくぶんにはコチラのほうが都合が良かったりします。
カールツァイツのシールドが無いぶん、お値段も少し控えめになっています。
e0154650_14121628.jpg
グローブの取り扱いもはじまりました。
GIROのグローブは隠れた逸品。
ハードコアサイクリストに評判が高いグローブです。
コチラも入荷次第お知らせさせていただきます。
e0154650_14121862.jpg










こころにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■電話番号 03-3497-8885
■FAX 03-3497-8886
■営業時間 
7時〜16時カフェ営業(平日) 
10時〜16時カフェ営業(土日)
12時〜21時自転車店営業
■定休日 水曜日
[PR]
by bonsai-astn | 2013-10-10 12:00 | 展示会に行ってきました

展示会に行ってきました ダイアテックプロダクツ、ユーロスポーツインテグレーション編

展示会に行ってきました。

ダイアテックプロダクツさんの展示会は渋谷にある謎のビルで。
盆栽屋の注目はROTORにあり。
各モデルに小変更が目立ちましたが、旗艦モデルであるROTOR POWERは変更なし。
お値段は上がりましたが…。
とはいえ、パワーメーターのなかでは新型のクランク。
まだまだお買い得感が高いと思います。
一時は受注もできなかったのですが、注文可能になりましたのでご予約お待ちしてます。
e0154650_22351266.jpg
最軽量の3Dプラスクランクはアルミの素材が見直され、さらに軽量高剛性に磨きがかかりました。
クランクのアームの根本もこころなしがゴツくなっている印象です。
もちろん、ご覧のとおりグラフィックも変更になっています。
e0154650_22351290.jpg
グラフィックの変更はチェーンリングにも。
しかも、アウターギアはエアロモデルのみになりました。
エアロではないモデルは在庫限りになりますのでお急ぎくださいませ。
e0154650_22351222.jpg
e0154650_2235106.jpg
シマノの4アームクランクに対応したQ-Ringsも登場。
しかも、4か所のポイントから選択できるようになっています。
通常のQ-Ringサイズから、Q-XLもございます。
基本的にプライスが上がってしまった来期のROTOR。
盆栽自転車店で特価中のクランクはさらにお値打ち感が高まりました。
お早めにどうぞ。
e0154650_22351444.jpg
さて、LOOKの代理店さんであるユーロスポーツインテグレーションさんの展示会では、もちろん、LOOKの新作をじっくり見る事ができました。
注目はやはりブレーキまでも内蔵してしまった695。
e0154650_22352238.jpg
モデル的にはエアロモデルの位置づけです。
市場された仲良しショップの方もうなっていた高めの剛性感が魅力のよう。
そして、肝心要のブレーキですが。
他社の内蔵ブレーキと似たモノかと思いきや。
よくよく見れば非なるモノ。
アウターケーブルも内蔵して、そのへんの空気抵抗まで配慮した完璧さがウリ。
e0154650_22352117.jpg
おかげで組み付けの困難さは特級だと思いますが。
別の意味ではメカニックの腕の魅せ所とも言えます。
さらにLOOKはこのフレームにおけるスッキリ感を大切にしていて、ブレーキの構造は細部にまでこだわった造りになっていました。
このダウンチューブに入っているアウターはシフトアウターではなく、ブレーキアウターなんです。
そのへんも新鮮なフレームです。
e0154650_22352241.jpg
e0154650_22352431.jpg
LOOKの場合はDi2のビルトインバッテリーはシートピラーの下にぶら下げ。
クリップで保持するので、まさか落ちてフレーム内部をゴトゴトするなんていうことは起きにくいでしょう。
e0154650_22352334.jpg










10月5日の土曜日はカフェのみの営業になります
ご迷惑をおかけしますがよろしくお願い致します











こころにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■電話番号 03-3497-8885
■FAX 03-3497-8886
■営業時間 
7時〜16時カフェ営業(平日) 
10時〜16時カフェ営業(土日)
12時〜21時自転車店営業
■定休日 水曜日
[PR]
by bonsai-astn | 2013-10-05 12:00 | 展示会に行ってきました

展示会に行ってきました ダイナソア編

展示会に行ってきました。

ダイナソアさんといえばTIMEの代理店。
盆栽自転車店が行かない見ない理由は無し。
というわけで、じっくり見させていただきました。
ハイエンドのZXRSは3色のカラーリングで展開です。
e0154650_2031375.jpg
e0154650_2031949.jpg
e0154650_20311438.jpg
e0154650_20311832.jpg
昨今の円安により値上がり確実視されていた価格はというと。
お、なかなかの健闘範囲と言えるのではないでしょうか。
VIPカラーはさらにお値段が高いわけですが、他の2色はこのプライスになります。
メカニカル仕様とエレクトリック仕様の値段が同じなのも変わらずです。
e0154650_20312333.jpg
2014年モデルはジオメトリーも小変更。
りあセンターの数値が若干長くなりました。
このあたりはTIMEは比較的短めでしたので、良い変更と言えるかもしれません。
e0154650_20313525.jpg
グラフィックに大きな変更があるのはステム。
非常にシンプルなデザインになりました。
このかんじですとTIMEフレームではなくても装着の違和感が少ないのではないでしょうか。
ステムの底面に小さな穴が開いており。
シマノのDi2用のジャンクションを取り付けられるようになりました。
あのゴムバンドから解放されたというわけです。
e0154650_2031402.jpg
真っ黒のEBENEカラーはブラック塗装とカーボン模様のコントラストで構成されています。
ツヤ消しのマット仕上げで機材感の高いカラーリングですね。
e0154650_20314590.jpg
さらに、2014モデルはチェーンステーの形状にも変更のメスがはいっています。
よりエアロな雰囲気に。
翼断面形状でいかにも空気抵抗少ない形状をしていてフレームの価値とライダーのモチベーションを高めてくれるデザインです。
11日までにご予約していただけると特別価格で販売させていただきます。
来年度には消費税も上がるというなか。
ご決断はお早めがお買い得でございます。
e0154650_20314825.jpg
ロードレーサーのレーシングコンセプトのモデルは2モデルだけ。
ZXRSと、このNXSのみ。
NXSにはこの蛍光カラーが鮮烈なカラーリングがあります。
e0154650_20315165.jpg
自転車界の蛍光カラーの流行は最盛期なのか。
ペダルにも蛍光カラーを発見。
画像はイエローですが、実物は蛍光イエローです。
e0154650_20315461.jpg
Cinelliからはazzurro laserの現代版がデビュー。
電動、メカニカル両対応のフレーム。
美しいカラーリングとなまめかしいフレームワークが特徴です。
e0154650_2032534.jpg
e0154650_2032859.jpg
2014のCinelliはシクロクロスがおもしろい。
ディスククロスも存在します。
さらにはMASHとコラボしたシングルスピードクロスも注目です。
手軽にクロスを始めるならコレかもです。
展示はありませんでしたが、来年も出るのCinelliはバーテープも豊富に新作が出ます。
お楽しみに。
e0154650_20321019.jpg
そして。
コチラは展示のみでしたが、無造作にスタンドされたコチラ。
レモンバイク。
グレッグ・レモン氏の実車だそうです。
TIME製のスペシャルフレームになります。
e0154650_20321498.jpg
e0154650_20321770.jpg










10月5日の土曜日はカフェのみの営業になります
ご迷惑をおかけしますがよろしくお願い致します











こころにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■電話番号 03-3497-8885
■FAX 03-3497-8886
■営業時間 
7時〜16時カフェ営業(平日) 
10時〜16時カフェ営業(土日)
12時〜21時自転車店営業
■定休日 水曜日
[PR]
by bonsai-astn | 2013-10-03 12:00 | 展示会に行ってきました

展示会に行ってきました シマノ編

行ってきました。
シマノさん。
すでにメーカーとしてだけではなく、代理店としても機能しているシマノ。
シマノブランドだけでも膨大なラインナップを誇るのに。
取り扱いの各社からも展示があるのでかなりの物量を見学させていただけるわけですが。
今季はなんといってもアルテグラ。
ついに電動の出番でございます。
ということで的を絞る盆栽屋。
見てきました。
e0154650_16572863.jpg
メインに鎮座していましたアルテグラ。
デュラエースに次ぐ性能ということで11段変速搭載のこの電動コンポーネント。
評判のいいレバー形状は相変わらずの雰囲気を残し。
前後の変速機も小型化。
従来品はデカイデカイと言われ続けていましたが。
これでしたらそれは渋る理由にならないでしょう。
気になる入荷時期は12月上旬なのだそうです。
e0154650_16573045.jpg
e0154650_16573411.jpg
e0154650_16573713.jpg
ブレーキキャリパーはデュラエースとの差が大きそうです。
ブレーキだけでもデュラエースにすると性能向上間違いナシでしょう。
e0154650_16574264.jpg
なにかと話題のシクロクロス用の電動メカ&油圧ディスクも人を集めていました。
油圧にすることによって確実なブレーキング性能に。
重量は増すわけですが、ブレーキングがラクになり泥つまりの心配も少ないという点はメリットのはず。
どちらかというとレースクロスよりもツーリングバイクにいのかもしれません。
e0154650_16574522.jpg
e0154650_16575069.jpg











こころにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■電話番号 03-3497-8885
■FAX 03-3497-8886
■営業時間 
7時〜16時カフェ営業(平日) 
10時〜16時カフェ営業(土日)
12時〜21時自転車店営業
■定休日 水曜日
[PR]
by bonsai-astn | 2013-09-13 12:00 | 展示会に行ってきました

展示会に行ってきました カワシマサイクルサプライ編

やってきました業界の展示会ウィーク。
これから毎週のように展示会が続きます。
まずはFizikを扱われてるカワシマサイクルサプライさんから。
Fizikはサドルのブランドですが。
さいきんではバーテープにサドルバッグやライト、そしてハンドルとステムまでラインナップ。
気がつけば自転車におけるFizikの割合が上がってきています。
そんなFizikは美しいカタログ作りも得意。
今年は通常のカタログのほかに、Fizikを使用しているチームや選手を取材した雑誌のようなものも出ました。
差し上げられるものはありませんが。
お店にあるのでぜひごらんください。
e0154650_1902130.jpg
さて、新商品のほうを見てみると。
好評のグリップ系のバーテープにFizikのロゴ入りが加わりました。
さらには蛍光色のバーテープまで登場。
e0154650_18582339.jpg
e0154650_18591986.jpg
プロトタイプのサドルは斬新なようで、どこか懐かしさも感じさせるデザイン。
それもそのはず。
ロングセラーの伝説のサドルたちを輪切りにして共通の形状を割り出してカタチにしたのだとか。
注目ですね。
e0154650_1858542.jpg
穴空きサドルのないFizikですが。
凹みサドルはあります。
その代表のVERSUSの凹みがより深くなりました。
凹みが深くなったというよりはパッドが厚くなったようです。
e0154650_18582379.jpg
そして、あ!と言わせるトライアスロン用まで。
これはどこかで見たことあるって…。
各社、製品開発にしのぎを削っているようです。
e0154650_18585698.jpg
シューズのほうは、盆栽自転車店でも人気のM5に新色が加わりました。
オールブラックにレッドのポイントは街乗りにもいいのではないでしょうか。
e0154650_18592198.jpg
そして、カンパニョーロからは新しい規格のオーバートルクなるクランクが登場。
簡単に言うとBB30規格になるわけですが、アルミシャフトを使用しているので、従来のSUPER RECORDのチタンクランクよりも軽量なのだとか。
1gでも自転車の重量を軽くしたい方にはオススメです。
e0154650_18582549.jpg
e0154650_18592242.jpg





9月7日(土)、8日(日)はカフェ営業はお休みさせていただきます
自転車店は通常通り12時より営業します
宜しくお願い致します









こころにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■電話番号 03-3497-8885
■FAX 03-3497-8886
■営業時間 
7時〜16時カフェ営業(平日) 
10時〜16時カフェ営業(土日)
12時〜21時自転車店営業
■定休日 水曜日
[PR]
by bonsai-astn | 2013-09-05 12:00 | 展示会に行ってきました

展示会に行ってきました シマノテクニカルセミナー編

展示会に行ってきました。
今宵はサラリーマンの聖地と呼ばれる新橋。
そこから少し道を挟んだ東新橋。
なつかしい街です。
かつて勤めていたメッセンジャー会社の事務所がありました。
リムを酷使してブレーキ当たり面が裂けたのもこの近く。
なつかしです。
あの頃は汐留の街もまだ工事中でした。
そんな街で開催されるシマノのテクニカルセミナー。
全国行脚のセミナーツアーも東京が終点。
そして、東京公演の3回転の最終公演を聴きに行ったというわけです。
もちろん、お目当ての役者は9070電動デュラエースであります。
e0154650_16154351.jpg
e0154650_16153628.jpg
e0154650_16154484.jpg
さて。
そんな9070。
新しいデュラエースの電動メカは
シマノの電動のメリットは、なんといても拡張性にあるのではないかと思います。
バーエンドコントローラーやスプリンタースイッチの追加スイッチに、変速間隔の速度の設定や多段設定などを使うライダーの思うように設定が可能です。
ついに重量でもワイヤー引きのコンポーネントを下回って最強のコンポーネントと言っても差し支えないでしょう。
新しいデュラエースのセットは外装セットから既に出荷がはじまっています。
ご予約、組み替え、絶賛承り中です。









3月30日(土)はJCRC参戦のため自転車営業は夕方より
3月31日(日)はツール・デ・フランドル観戦のため19時半までの営業とさせていただきます



こころにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■電話番号 03-3497-8885
■FAX 03-3497-8886
■営業時間 
7時〜16時カフェ営業(平日) 
10時〜16時カフェ営業(土日)
12時〜21時自転車店営業
■定休日 水曜日
[PR]
by bonsai-astn | 2013-03-29 12:00 | 展示会に行ってきました

展示会に行ってきました ダイアテックプロダクツ編

展示会に行ってきました。
今回の用件は何だ?と申しますと、ズバリ〝ROTOR POWER〟。
本社のほうからROTORの方が来日。
この新商品のためのセミナーを受講しに行ったというわけです。
そこにリスペクトがある。
e0154650_1810343.jpg
盆栽自転車店でもなにかと人気のブランドに成長したROTOR。
ペダリングの効率を追求する楕円のチェーンリングが有名ですが。
そのペダリング効率の追求の次元を高めるために、このたびパワー計測機能の付いたクランクセットを開発、販売することになりました。
e0154650_1810426.jpg
今までのパワーメーターにあったワットを表示するという出力の管理にとどまらず。
ペダリングの効率を高めるための機能がこのクランクには搭載されています。
それは、左右のペダリングの出力差が表示されたり、ぎくしゃくしたペダリングに起こりやすいネガティブパワーの測定もできてしまうのです。
それらはGARMINなどのサイクルコンピューターで自転車上で確認できますし。
PCにソフトウェアをダウンロードすれば、さらに大きな画面で細かく詳細なデータをリアルタイムに確認することができます。
e0154650_1810434.jpg
もちろん、パワーメーターのクランクとしての性能も一級品。
圧倒的な軽さに、左右のクランク内部にセンサーを内蔵、電池交換のしやすさ、カンタンなキャリブレーション(較正)、値段設定(日本国内はいまのところ予定価格ですが)、2年の保証(国内販売品のみ)など、パワーメーターとしては後発なだけに他のメーカーにない魅力的な要件に富んでいるのも特徴です。
e0154650_1810536.jpg
電池は左右のクランクに搭載されます。
樹脂製のキャップですが、ネジはしっかりと立っており作業性は良好でした。
e0154650_1810597.jpg
e0154650_1810674.jpg
電波法の審査を通るまでのしばらくのあいだまでは販売がおあずけ状態のROTOR POWERですが、販売が待ち遠しいのは言うまでもありません。
レースに向けてのトレーニングにあると便利なパワーメーター。
そのなかでも、ROTOR POWERは今後も眼が離せないプロダクトであることは間違いないでしょう。
もちろん、盆栽自転車店では取り扱いの予定です。







こころにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■電話番号 03-3497-8885
■FAX 03-3497-8886
■営業時間 
7時〜16時カフェ営業(平日) 
10時〜16時カフェ営業(土日)
12時〜21時自転車店営業
■定休日 水曜日
[PR]
by bonsai-astn | 2013-03-07 12:00 | 展示会に行ってきました