カテゴリ:展示会に行ってきました( 47 )

展示会に行ってきました カワシマサイクル、シマノ、ゼータトレーディング編

展示会に行ってきました。

まずはカワシマサイクルさん。
FULCRUMの取り扱いのある代理店さんは現在カワシマサイクルさんだけなんですが。
フルモデルチェンジの勢いでリムが変わってます。
25mmサイズの太いタイヤに合わせたモデルが目白押し状態。
e0154650_1336844.jpg
とくにこのRacing Zero Niteなんて良いですね。
リムは太くなってもお値段は下降するという。
お買い得なモデルになっていると思います。
カーボンリムのモデルもリムが太くなっています。
e0154650_13361097.jpg
Fizikのサドルバッグもこんなにラインナップが増えている。
e0154650_13361522.jpg
Fizikといえばサドル。
そんなFizikがサドル選びの指標に用いているのが独自のスパインコンセプト。
来シーズンからさらに細かく選ぶ事ができるようになりました。
専用のアプリケーションも開発されているとかでIT化が進んでます。
そして、サドルにはノーマルとワイドの2系統が登場。
我らがAlianteにも今までのノーマルモデルに加えてワイドモデルも登場。
気になる方は試してみるのも良いのではないでしょうか。
e0154650_13361970.jpg
Campagnoloの中級コンポーネントPotenzaも展示されていました。
コチラはすでに発売中なので御使用中の方もいらっしゃるのではないでしょうか。
カンパニョーロのなかではリーズナブルな11Sコンポーネントという位置づけですが。
このモデルだけリアディレイラーにミディアムケージが存在して最大32Tのギアまで使用可能です。
e0154650_13372884.jpg
通常のカンパニョーロのディレイらーですと29Tまでの設定がPotenzaは32Tまで。
その際はPotenzaのスプロケットしか32T設定が無いので重量は重いわけですが軽いギアは誰もが求めるところ。
ワイドレシオ化は最近の潮流でもありますからおもしろい存在になっていると思います。
e0154650_13363671.jpg


会場を変えてお次はシマノさん。
新しいコンポーネントであるデュラエース9100に最大の注目が集まります。
お店によっては完成車に付いてる状態で展示されてたりもするのではないでしょうか。
個人的に実物をはじめて見ましたけど、Webの画像で見るのとは違っていろいろ気付かされることもあるものです。
e0154650_13373910.jpg
新設計のブラケットフード。
9000と違って軟らかそう?
お触り厳禁でしたので決まり事に従順な盆栽屋。
手が伸びませんでした。
e0154650_13374350.jpg
ブレーキキャリパーのクイックリリースは内側にまわって収まる雰囲気に。
まが玉みたいなアレです。
デザイン的におさまりが良く見えるようになりましたね。
e0154650_13374895.jpg
9000のときは長いアームが特徴だったFDも、その長いスタイルをやめて違う形状に。
実車に組まれているのを見ると、何じゃこりゃ?って具合にワイヤーが入ってますけど。
これは組み直しでワイヤーを使い回すなんてことは夢にも出来なさそうです。
それにしても良く考えたなぁというか、思いついたなというような造り。
自転車屋さん的にはFDにワイヤーアジャスター機能が付いたことが歓迎すべきところでしょうか。
e0154650_13375382.jpg
そして、RD。
他社に先だってミディアムケージのみという設定。
かつてロードのRDといえばショート。
長いケージはマウンテンっぽい感じがありましたけれど。
デュラエースが短いケージをヤメて長いケージに。
これはスプロケットのワイドレシオ化に貢献するためなんですが、11-23みたいな小さなスプロケットも廃止になっています。
e0154650_13375679.jpg
RDも独特のワイヤー取り回し。
付いているフレームの影響もありますが、ワイヤーアウターの短さたるや。
電動か?と思う人も居るかも。
そんな短さです。
e0154650_13375881.jpg
9000から9100へ。
11Sという点は変わらず、見た目はブラックに。
シマノの追求するストレスフリーのレベルをさらに上げて煮詰めた11Sコンポーネントと言えるでしょう。
ポイントとしてはディスクロードやシクロクロスにも使える、その設定が出来たはじめてのデュラエースということになりますが、ディスクということよりも、リアスプロケットの巨大化。ワイドレシオ化が先ずすんなり受け入れられて行くのではないかと思います。




最後にゼータトレーディングさん。
コチラは変わり種のパーツを多く扱っていらっしゃるわけですが。
FMBの特価品を発見。
さっそくキープしてきました。
月末には入荷してくる予定です。
お楽しみにどうぞ。
e0154650_133873.jpg









こころにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■TEL 03-3497-8885
■FAX 03-3497-8886
■OPEN ~ CLOSE
08:30〜17:00 Cafe(Weekday) 
10:00〜17:00 Cafe(Saturday & Sunday)
13:00〜21:00 Cycle Works
■Wednesday is every closing
■AD 151-0051 4-11-8 Sendagaya Shibuya Tokyo
■WebShop http://bonsaicycleworks.com/


.
[PR]
by bonsai-astn | 2016-09-15 12:00 | 展示会に行ってきました

展示会に行ってきました ポディウム編

展示会に行ってきました。

ポディウムさんの展示会です。
数あるブランドのなかから、今回はTIMEとLightweightの2品。
そういえば、どちらもOEMには頼らないメイドイン本国のオリジナル製品で、ゆえに製品の独創性も強いブランドだなぁと思ったわけです。
とくにフレームメーカーに関しては、考えてみると自社で設計製造してるメーカーの少ない事に気付かされます。
かつてはペダルメーカーだったTIME。
いまやフレームからハンドル、ステムも揃えるメーカーになりました。
e0154650_17295954.jpg
そんなTIMEもフレームの製造販売をはじめて10年ほど経つでしょうか。
かつてはトップチームに供給していた時代もあって、その性能も折り紙付きの保証済み。
日本のアマチュアレーサーにもとても人気が高いフレームブランドのひとつです。
e0154650_17301632.jpg
今年はSKYLONというハイエンドモデルが、SCYLONというネーミングを変更してデビュー。
前年には無かったディスクロードもSCYLONで登場します。
今年の特徴はフレームの選べる選択肢がひろがったこと。
トランスリンク(ISP)にするのか、ノーマルポスト(といっても専用ピラー)にするのか。
TIMEが自信をもってラインナップしているAKTIVフォークにするのか、ノーマルフォークにするのか。
同じフレームに4パターンの選択肢があります。
e0154650_1730231.jpg
さらに色鮮やかなカスタムカラーもチョイスに加えることができますし。
e0154650_1730959.jpg
プロチーム供給カラーであるAUBER93のカラーリングも選択できます。
e0154650_1753861.jpg
そして、フレンチトリコロールカラーも今年もやるとか。
さらにディスクブレーキ対応フレームも。
e0154650_1730658.jpg
外見もキレイなら、内部もキレイに仕上がるTIMEのRTM製法。
製品の出来のばらつきを抑えて、安定して良いモノを生み出して行く製法のひとつ。
こんな造りのカーボンフレームをリリースしているのはTIMEだけ。
そこにリスペクトがあります。
e0154650_17301124.jpg
e0154650_17301380.jpg
会場には過去のチャンピオンバイク達が展示されていました。
これは珍しい。
Quick Step時代のボーネンとベッティーニが全盛期だったころ。
やはりこのインパクトが強いせいか、このフレームも相当な人気でしたね。
昨年はVXRSも復刻されましたし。
なんなら、この白いアルカンシェルバージョンでまた復刻しないかな?
しないだろうな。
e0154650_17303234.jpg
e0154650_17303436.jpg
e0154650_17303888.jpg
来期モデルの初回オーダー期限は9月30日までになります。
初回オーダーをしていただきましたカスタマーの方にはお買い得な提案をさせていただきます。
さらに!!
8月5日までにいち早くオーダーしていただいた方にはさらなる特典をご用意させていただきます。
いつかはTIMEと良く言われるTIME。
入手の機会は限られますのでこの機会をお逃しないようにお願いいたします。













こころにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■TEL 03-3497-8885
■FAX 03-3497-8886
■OPEN ~ CLOSE
08:30〜17:00 Cafe(Weekday) 
10:00〜17:00 Cafe(Saturday & Sunday)
13:00〜21:00 Cycle Works
■Wednesday is every closing
■AD 151-0051 4-11-8 Sendagaya Shibuya Tokyo
■WebShop http://bonsaicycleworks.com/


.
[PR]
by bonsai-astn | 2016-07-25 12:00 | 展示会に行ってきました

展示会に行ってきました インターマックス編

展示会に行ってきました。

インターマックスさんと言えば今のマックスで熱いのはなんといってもeTap。
SRAMの無線式コンポーネント。
展示会場にも実際に触って動かす事ができるパーツに。
組み付けられた自転車が数台ありました。
e0154650_20543133.jpg
どうやら世界的に品薄状態らしく。。。入荷は、、、。
くわしい納期はお問い合わせください。
とにかく早めのご予約が良いとだけ書いておきましょう。
予約していただく場合は盆栽自転車店でよろしくお願いいたします。
e0154650_20482161.jpg
今回は充電中のバッテリーを発見。
実際に見たらちっさいなー。
手のひらにスッポリな雰囲気です。
ここまで待たされると欲しくなってしまうのがモノ好きのサガ。
個人的にもオーダーしてますのではやく来ないかなーと思うわけです。
e0154650_20482534.jpg
タイムリーなことにツールの昨日のステージでザッカリン選手が優勝しました。
ジロの危険な落車から脅威の復活を果たしたその身体能力に注目ですが。
パーツにも注目してください。
カチューシャなのでもちろんeTapを装備。
ブレーキワイヤーしか見当たらぬすっきりした自転車ですね。
e0154650_20543593.jpg
レースでもフツーに走っているeTap。
本格的な入荷が待たれるホットなコンポーネントに間違いありません。
e0154650_20543874.jpg











こころにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■TEL 03-3497-8885
■FAX 03-3497-8886
■OPEN ~ CLOSE
08:30〜17:00 Cafe(Weekday) 
10:00〜17:00 Cafe(Saturday & Sunday)
13:00〜21:00 Cycle Works
■Wednesday is every closing
■AD 151-0051 4-11-8 Sendagaya Shibuya Tokyo
■WebShop http://bonsaicycleworks.com/


.
[PR]
by bonsai-astn | 2016-07-21 12:00 | 展示会に行ってきました

展示会に行ってきました ダイアテックプロダクツ編

展示会にいってきました。
ダイアテックプロダクツさんに急に呼び出されて出かけた理由はROTORの新しいパワーメーターである2INPOWERが出るから。
というか出たから。
さいきんは毎年のように新しいパワーメーター型クランクを発表してきたRPTOR。
これで極まったか。
昨年から発売のInpowerの発展版。
左右のパワーバランスやペダリング効率がより詳しくわかるようになります。
左右のバランスを診るという点では競技者だけでなく、より多くのサイクリストに使っていただけるパワーメーターになります。
e0154650_1729361.jpg
e0154650_17293915.jpg
最新版はREDが挿し色にはいってまして。
あ、これはSRAMのREDにピッタリじゃないの。
なんて思ってしまうのです。
e0154650_17294795.jpg
実物の質感も上々。
良いモノ間があります。
クランクアームはこのモデルのために用意されたやや太めの3Dクランクを思わせる見た目ですが切削の感じが違っています。
もちろん、ROTORやロゴの入り方も新デザイン。
REDの挿し色も抑えられているのでどんな自転車にも似合うと言っていいのではないでしょうか。
e0154650_17294475.jpg
今回は充電式になります。
クランクの構造もそうですが。
電池の方式もパワーメーターを出すたびに変わっているROTOR。
今回は右クランクの中央部分の、なんと!ゴムのフタをめくるだけ。
そしてそのに充電のケーブルをフィットさせるだけ、マグネットでカチャッと付くんです。
そんなカンタンな作業になります。
これで250時間のロングライフを実現するそうです。
e0154650_17294927.jpg
バリエーションは、ROAD用でノーマルアームの110PCDのみ。
クランク長は165、170、172.5、175mmの長さが揃います。
豊富なバリエーションはINPOWERに譲りますが。
このサイズに合って、より高いレベルの計測をしたいという方にオススメです。
e0154650_17295222.jpg
価格は20マンエンを下回る価格で。
18マンエン台?
明日も展示会があるのでオブラートにさせていただきます。
はやくも在庫が日本にあるそうなので出荷もできるとか、できないとかで。
欲しい方は直ぐに連絡くださいね。

Cyclowiredさんの特集記事はご覧になりましたか?
詳しく知りたい方はコチラもご覧ください。 ☞ http://www.cyclowired.jp/microsite/node/200443











7月9、10、11日(土日月)はニセコクラシック参戦のため自転車営業はお休みとさせていただきます
カフェは通常通り営業させていただきます


こころにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■TEL 03-3497-8885
■FAX 03-3497-8886
■OPEN ~ CLOSE
08:30〜17:00 Cafe(Weekday) 
10:00〜17:00 Cafe(Saturday & Sunday)
13:00〜21:00 Cycle Works
■Wednesday is every closing
■AD 151-0051 4-11-8 Sendagaya Shibuya Tokyo
■WebShop http://bonsaicycleworks.com/


.
[PR]
by bonsai-astn | 2016-07-05 13:00 | 展示会に行ってきました

展示会に行ってきました ダイアテックプロダクツ編

展示会に行ってきました。
それは季節外れの展示会。
GIROの国内取り扱い代理店が変わったというわけで。
ここで行かない盆栽屋は無し。
ちょうど4月頃からしばらくのあいだ入荷が無かったりバックオーダー品が入荷しなかったりしてご迷惑をおかけしてました。
2か月くらいの移行期間を経てここに復活です。
e0154650_21381832.jpg
代理店の移行によりいろいろと変更点が出ていますが、気になるお値段もそのひとつ。
基本的に価格は下がっているのですが、よく見ると微増しているものもあったりします。
そんななかで今回の移行によって目玉商品出ました。
それがコチラ。
Empire SLX。
いつものEmpireでもじゅうぶんに軽いのに。
さらに超軽量なコチラ。
しかも単に軽いだけではなくアッパーも優しくしなやかでホールド感のレベルが上がっているのが特徴。
盆栽屋もお気に入りですでにホワイトとオレンジの2足体制を配備完了しているのですが。
e0154650_21381327.jpg
それがこの機会にかなりお買い得になりました。
以前は5マン円ちょうどという高度を誇っていたこのシューズ。
それが、今回2割とちょっとの値下がりを果たしてたいへんお買い得です。
このシューズには軽量バージョンと通常バージョンのちょっと軽量という2通りのインソールが付属します。
とっても使えるシューズバッグと換えのクツヒモまで付属。
あぁ、なんてお買い得なんでしょう。
リスペクトがあります。
この機会に盆栽自転車店で在庫開始しましたのでよろしくお願いします。
このシューズ、今が買いだと思いますよ。
e0154650_21381916.jpg
カラーカスタムに良いシューレースも早く入荷してくるといいですね。








こころにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■OPEN ~ CLOSE
08:30〜17:00 Cafe(Weekday) 
10:00〜17:00 Cafe(Saturday & Sunday)
13:00〜21:00 Cycle Works
■Wednesday is every closing
■AD 151-0051 4-11-8 Sendagaya Shibuya Tokyo
■WebShop http://bonsaicycleworks.com/


.
[PR]
by bonsai-astn | 2016-05-13 12:00 | 展示会に行ってきました

展示会に行ってきました 日直商会編

展示会に行ってきました。

自分のなかのルールを犯してまで自転車で向かった展示会は練習帰りの途中。
着替えることなくレーサーの格好のままで、どうしても見てみたかったポンプがそこにありました。
これぞ展示会。
それはSILCA。
イタリアで創業されたハードコアーなポンプメーカーです。
まぁ、ハードコアーも長年経てばいろいろありまして。
アメリカ資本に買収されてしまって数年。
日本では多数あった代理店さんたちは手を引いて。
今や日本の代理店さんは日直商会さんだけになりました。
その理由は長年イタリアで製造されていた丈夫なポンプ。
スーパーピスタの消耗部品を仕入れるため。
アメリカにブランドが渡ってもその消耗品を造り続けるメーカーもメーカーですが。
消耗品を仕入れ続ける問屋さんも問屋さんです。
まるで現代の市場合理主義に逆流しているこの古き良き感覚。
そこにリスペクトがある。
そこで、コレ。
e0154650_22103183.jpg
アメリカに身売りされてフロアポンプが完全に作り替えられてかつてのスーパーピスタがヘビーデューティーなネオクラシックな超ハイスペックポンプに生まれかわったのは記憶にあたらしいところですが。
かつてラインナップされていたフレームポンプも刷新されました。
かつてのImperoというフレームポンプ。
メッキのシルバーだったデザイン。
e0154650_2214585.jpg
新しいデザインはソリッドなブラックが印象的。
懐古主義的なフレームポンプでしたが、この雰囲気だったら最新のカーボンフレームにも似合いそう。
フレーム側にポンプペグが無くても装着できます。
ポンプ自体に突っ張り機能があるのでそのままでも取り付け可能ですが、ストラップを追加したほうがいいかもしれません。
コチラは盆栽自転車店に入荷予定です。
ご購入の際はサイズがございますのでご相談くださいませ。
e0154650_22163191.jpg

e0154650_2214363.jpg

e0154650_2214464.jpg
ポケットポンプもありますよ。
e0154650_22102963.jpg
1番人気のヘルメットに限定カラーのお知らせです。
KASKのProtone。
3大ツールカラーとチームカラーです。
チームカラーはSKYブルー。
GIROはピンク。
TOURはイエロー。
VUELTAはレッド。
e0154650_19245920.jpg
ご予約をいただいて6月の入荷予定なります。
ご希望の方は2016年2月27日までのご予約をお願いします。
e0154650_1925367.jpg
e0154650_22104050.jpg
e0154650_22103639.jpg
e0154650_22104278.jpg













こころにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■OPEN ~ CLOSE
08:30〜17:00 Cafe(Weekday) 
10:00〜17:00 Cafe(Saturday & Sunday)
13:00〜21:00 Cycle Works
■Wednesday is every closing
■AD 151-0051 4-11-8 Sendagaya Shibuya Tokyo
■WebShop http://bonsaicycleworks.com/
[PR]
by bonsai-astn | 2016-02-18 12:00 | 展示会に行ってきました

展示会に行ってきました ミズタニ自転車編

展示会に行ってきました。

東京都内に会社がある業界的には珍しいミズタニ自転車さん。
取り扱い品目で盆栽屋が眼を見張るのはやはりGIRO。
30周年目の今年はリフレクター素材のシューズというインパクトが大きいプロダクツを投入してきました。
e0154650_16155375.jpg



光らなくてもマットグレー。
この質感。
これはこれでいい感じです。
光るとお目立ち効果はもちろんのこと。
安全性にも役立ちますね。
昼間走行しかしない方でもトンネル等の暗いセクションは少なくないですし。
e0154650_16155553.jpg
最高峰モデルであるEmpire SLXには新色登場。
カラーリングはブラックメインのトロピカルな挿し色になります。
このシューズはイイ!
履いて使ったらおわかりいただけると思いますが。
¥5o,oooのプライスもプライスレスにさせる性能があります。
盆栽屋個人としましてはもう1足買い足しました。
e0154650_16155716.jpg
今季よりレディースモデルも登場です。
女性に案内する前に男性陣に欲しいと言われてしまう素敵なカラーリング。
36-42までのサイズを揃えますが、女性専用のラスト(足型)で展開しますので細身で小さめらしいです。
これは後日確認できるように致します。
e0154650_1616546.jpg
ロードの限定カラーとして超絶な人気を誇ったブルーxブラックカラーがMTBモデルで復活。
シクロクロスに良いですね。
これは人気が出そうです。
ご予約お待ちしてます。
e0154650_16161450.jpg
GIROのヘルメットの一部に新しい機構が導入されています。
〝MIPS〟と言うその機構はヘルメットと頭部を内部で滑らせて衝撃を緩和する仕組み。
ハイエンドのSYNTHEでも一部のカラーでこの機構が導入されています。
GIROのシューズやヘルメットは今月31日までのご予約していただいた方にはお買い得な価格で販売させえていただきます。
よろしくご検討くださいませ。
e0154650_16161922.jpg



e0154650_16162168.jpg
Continentalではこんなタイヤが。
シーズンオフのシクロクロスバイクにいいかもしれません。
e0154650_16162895.jpg











こころにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■OPEN ~ CLOSE
08:30〜17:00 Cafe(Weekday) 
10:00〜17:00 Cafe(Saturday & Sunday)
13:00〜21:00 Cycle Works
■Wednesday is every closing
■AD 151-0051 4-11-8 Sendagaya Shibuya Tokyo
■WebShop http://bonsaicycleworks.com/
[PR]
by bonsai-astn | 2015-10-15 12:00 | 展示会に行ってきました

展示会に行ってきました Podium編

展示会に行ってきました。

Podiumさんといえば。
17ものそうそうたるブランドを取り扱われてますが。
やはり盆栽屋視点としてはTIMEでしょうか。
e0154650_13373623.jpg
SKYLONには新しいデザインスキームが加わっていました。
とくに変更点はないようです。
完成度の高さをうかがわせますね。
小変更としては、ボトルケージが2個付属するようになりました。
e0154650_13374042.jpg
そして、IZONとFluidityにはDiscモデルが登場。
リアマウントは取ってつけたような無骨さがありましたが。
フロントまわりは完成度が高い造型。
ブレーキのラインは内臓になります。
ツーリングバイクの新しいカタチとしてはおもしろいでしょう。
e0154650_13374264.jpg
PodiumさんではLightweightの取り扱いもあります。
盆栽自転車店でも取り扱ってますのでぜひどうぞ。
ENVEとは方向性の違った究極のホィールとしておもしろい存在だと思います。
代理店が変わって保証もしっかりしてますので買い時なのかなと思います。
e0154650_13373392.jpg
Cinelliからはかなり個性的な柄のテープが登場。
パッケージも協調していて完成度高いです。
e0154650_13373813.jpg
e0154650_13373176.jpg
そして、画像を撮り忘れてしまいましたが。
このCinelliのスチールレーサーはおもしろい。
インテグラルヘッドセットでオーバーサイズのフォーク。
太めのスチールでレースシーンでもじゅうぶん過ぎる程の剛性を発揮しそうです。
カラーも5色でこれはイイ!と思いました。
e0154650_13362742.jpg
e0154650_13362492.jpg
e0154650_13362513.jpg










こころにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■OPEN ~ CLOSE
08:30〜17:00 Cafe(Weekday) 
10:00〜17:00 Cafe(Saturday & Sunday)
13:00〜21:00 Cycle Works
■Wednesday is every closing
■AD 151-0051 4-11-8 Sendagaya Shibuya Tokyo
■WebShop http://bonsaicycleworks.com/
[PR]
by bonsai-astn | 2015-10-03 12:00 | 展示会に行ってきました

展示会に行ってきました INTERBIKE2015

展示会に行ってきました。
今回は海外版。
ラスベガスで開催されましたINTERBIKE2015からお届け。
e0154650_19593152.jpg
まずは、ROTOR。
油圧式のコンポーネントを開発したということで気になっていたので見に行きました。
展示の完成車も触られる状態でしたのでレバーをクリック。
どうやらSRAMと同じ変速方式をとるようですが。
とにかくレバーが巨大。
そしてシフトケーブルはとっても細くて心配なくらい。
これにはさらなるブラッシュアップを期待したいところですが。
e0154650_19592936.jpg
e0154650_19594080.jpg
そんなROTORに比べて、完成度の高さをアピールしたのがSRAMの電動コンポーネントのE-Tap。
優先だったものが無線になるだけ。
そんな単純なことなんですけれど。
まるで世界が変わったような奥深さがそこにあります。
実際にブースは大盛況で来季の話題を一身に受けているということが見て取れました。

展示の方法もおもしろく。
変速機を水槽に沈めた状態で操作できる展示や。
レバーをコントローラーに見立ててインベーダーゲームができたり。
製品完成度の高さを楽しみながら実感できるのは良いですね。
レバーのクリック感も上々。
クリックのカッチリとした感覚はシマノよりもカンパのEPSに近いでしょう。
e0154650_19594969.jpg
e0154650_19595114.jpg
引き続きファッションサイクリストを魅了するGIROからはパープルエディションのEMPIRE VR90が展示されていました。
これは250足限定で販売されるGRINDUROというグラベルオンリーのレースイベントの限定。
日本に入荷するかは問い合わせ中ですが。
できれば入って欲しいですね。
コーディネートの難易度は高そうですが美しいシューズです。
e0154650_200376.jpg
e0154650_200530.jpg
VR90は新色も良い色です。
これは以前にロード用の限定カラーだったものとまったく同じ。
MTBシューズとして復活です。
ご予約承ります。
e0154650_2001583.jpg
ロード用のほうはリフレクター機能を前面に押し出したシューズを発表。
夜間走行の安心感はもちろん。
ファッションアイテムとしても新鮮です。
e0154650_2002322.jpg
光らなくても良い色してます。
グレーのツヤ消しな雰囲気ですね。
e0154650_2002075.jpg
シューズの換えヒモも販売決定。
これでカラー遊びがより楽しくなりました。
e0154650_2002617.jpg
今季に人気かつ好評だったZEROⅡグローブにも新色が登場。
今季のホワイトとブラックに加えてカラーのモデルも追加されます。
e0154650_2003153.jpg
まだ日本に入ってきていないサプリメントのskratch。
新発売のグミが異様な美味しさでした。
e0154650_2003652.jpg
e0154650_2003873.jpg









こころにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■OPEN ~ CLOSE
08:30〜17:00 Cafe(Weekday) 
10:00〜17:00 Cafe(Saturday & Sunday)
13:00〜21:00 Cycle Works
■Wednesday is every closing
■AD 151-0051 4-11-8 Sendagaya Shibuya Tokyo
■WebShop http://bonsaicycleworks.com/
[PR]
by bonsai-astn | 2015-09-26 12:00 | 展示会に行ってきました

ChrisKingテクニカルツアー東京

ChrisKingの創業者であるクリス・キング氏が来日してハブのメンテナンス講習会をやってくれるというので行ってきました。
場所はBluelugさんの上馬店。
他のお店にお邪魔する機会はなかなかなくなってしまった盆栽屋。
時間前には到着していろいろ見学をさせていただきました。
講習会では最前列をキープ。
熱視線で午前中からカロリーを消費してしまいました。
いつも真面目ですいません。
e0154650_19395896.jpg
Photo from yuhei_yamashita

さて、本題のクリス・キング氏からのハードコアーのレッスンは、歴史からはじまり、モノ造りの原点、現在のラインナップの意味合いなど、いろいろ語っていただいて勉強になります。
ハブのメンテナンスも含めて復習というか再確認的なことが多かったわけですが。
やはり、事前に知っていた知識を本人から確認ができたというのは貴重な体験だったと言えるのではないでしょうか。
ジェイ・シシップ氏がポートランドから持ってきてくれたと言うコーヒーも美味しかったです。
e0154650_1940168.jpg
盆栽自転車店はロードレーサーとシクロクロスのお店なので、ChrisKingのハブツールもR45専用のツールしか置いていませんが。
しっかりと壁にかかっています。
ハブの耐久性が良過ぎてあまり出番が無いというのが実情ですが。。。
実際に、今日の講習会のようにクリーニングだけの作業であればユーザーにも作業をオススメしているのは代理店とメーカーの姿勢です。
確かに構造を理解できていればカンタンな作業と言えるかもしれません。
自分じゃ面倒、心配とおっしゃる方は盆栽屋にオマカセくださいませ。
e0154650_1940363.jpg
わたしもChrisKing製品を自転車に使えるだけ使ってしまっているサイクリストのひとりです。
ヘッドセットはもちろん、ハブにBB、スペーサー。
頑丈で堅牢、だから、トラブルが少ない。
もちろん美しく、軽量。
なによりも所有感が気持ちいいというか、気分がいいと言いますか。
それが満たされるのも性能が良い、トラブルが無いって基本を満たしてるからだと思うんですよね。
そこにリスペクトがある。
e0154650_19401623.jpg
講習で印象に残った言葉は。
良い素材を使えば、良い製品を造ることが出来る、ということでしょうか。
クリス・キング氏のオーガニック志向からくる考え方のようですが。
人間も良いモノを食べれば健康的で長生きができるように。
パーツも良い素材を使って、良い製品を生み出す事ができると。
さらに、付け加えてしまうと、良い製品を使う事で良いライド、良い自転車人生を送る事ができるのではないかと思ったんですよね〜。
e0154650_19401852.jpg
そして、6月の最初の週末にはグルメセンチュリーライド足助が開催されます。
日本ではじめてのChrisKingのイベント。
グルメセンチュリーと言うだけに、食事も楽しめるイベントだと聞きます。
即完売でプレミアチケット化したことからもイベントにたいする期待度は高いです。
そこにリスペクトがある。
盆栽屋もナツキも参加しますので金曜日と土曜日はお休みをいただきます。
日曜日は午前中には帰還して午後から自転車店のみ営業する予定ですのでよろしくどうぞ。








6月5日、6日(金土)はグルメセンチュリーライド参加のため臨時休業させていただきます
6月7日(日)は午後からカフェ、自転車店ともに営業させていただきます


こころにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■TEL 03-3497-8885
■FAX 03-3497-8886
■OPEN ~ CLOSE
08:30〜17:00 Cafe(Weekday) 
10:00〜17:00 Cafe(Saturday & Sunday)
13:00〜21:00 Cycle Works
■Wednesday is every closing
■AD 151-0051 4-11-8 Sendagaya Shibuya Tokyo
■WebShop http://bonsaicycleworks.com/
[PR]
by bonsai-astn | 2015-05-31 12:00 | 展示会に行ってきました