2017年 11月 26日 ( 1 )

Rapha Super Cross Nobeyama に参戦する男

今年も野辺山シクロクロスに行ってきました。
もはや日本最大のシクロクロスレースイベントと言っても過言ではなく。
観戦だけという観客の方も珍しくなく、またそういったみなさんのためにブース出店が多いのも特徴のひとつです。
盆栽自転車店もカフェ出店させていただきまして多くのみなさんにご利用いただき無事に完売御礼させていただきました。
ありがとうございます。
e0154650_15355178.jpg
八ヶ岳の大自然が美しく、ときに過酷な野辺山シクロクロス。
今年は両日ともに晴天で、名物の「泥」によるダメージもほどほどに。
けれど、まとわりつく粘土質の泥が自転車に影響してRDを壊していた方もしばしば見受けられました。
e0154650_15353484.png
2日にわたるこのレースイベント。
個人的にあまり得意ではないこのレース。
なので、1日目はピットクルーとしてサポートにまわりました。
癒し仲間のモト氏にも協力していただいて、SVxMAAPのFionaとGarryにはそれなりのサポートができたのではないかと思います。
e0154650_15360401.jpg
マキノのようにピット交換や機材不調に悩まされることがなかった今回の野辺山でしたけど、選手の緊張感を同時に味わえるのもピットクルーの仕事の魅力のひとつ。
間近で応援と観戦もできますし、なによりも選手のために何ができるかどうか考えて行動することでレースに貢献できたと思えるとうれしい気持ちになれます。
e0154650_15354362.jpg
さて、2日目は自分のレース。
前日に普段用のサングラスをなくし、当日にズボンを破き、もってきたスペア車輪はパンクしているという。
なにか気の流れが悪い、自分の不注意が全てなんだけれど、不吉な予感満載ななかでスタートした100人超のレース。
しばらくは数珠つなぎのようにレーサーの行列になるかと思ったらもう実力差がクッキリ。
あっという間に置いて行かれてキツイ、キツ過ぎる状況に。
苦手と言うのは簡単で、苦手とわかっているならなにか改善するための準備や努力をしなさいよ、ということになるけれど。
それが自分で理解できる範囲で不足なものだから走りも自然とついていきません。
e0154650_15353565.png
もっと自信をつけて来年に臨みたい。
コーステープの中の住人としてレースに参戦できているだけでも誇らしいことなのかもしれませんが。
やはりやるならもっとがんばりたいと思います。
例年そう思ってこれなのでまったく実現性に乏しいわけですが。
今年もやはりそう思いました。
もっとがんばりたいなぁ、、、。
e0154650_15360939.jpg
1.9/24 茨城CX #1城里町ステージ C1,22/25位 リタイア
2.10/9 茨城CX #2小貝川ステージ UCI,65/86位 75%
3.10/15 中国CX #1中央森林公園 C1,25/35 71%
4.10/29 東北CX #1さがえラウンド UCI,59/63 93%
5.11/4 スターライトクロス幕張 UCI,77/87 88%
6.11/12 富山CX #1朝日町ステージ C1,1/1 100% フルラップ
7.11/26 Rapha Super Cross Nobeyama Day2 UCI,94/105 89%
e0154650_15355970.jpg
2日目はGarryが表彰台をゲット。
月曜日の夜にはオーストラリアに帰国して、2週間後にはオーストラリアナショナルチームのメンバーとしてベルギーに行くそうです。
日本でも野辺山の2週間後には全日本選手権が開催されて、シーズンも一区切り。
中盤を過ぎました。
でも、クロスシーズンはまだまだ続きます。










12月3日(日)はシクロクロスレース参加のため自転車店は臨時休業とさせていただきます
カフェは通常通り営業いたします


こころろにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■OPEN ~ CLOSE
08:30〜17:00 Cafe(Weekday) 
10:00〜17:00 Cafe(Saturday & Sunday)
13:00〜21:00 Cycle Works
■Wednesday is every closing
■AD 151-0051 4-11-8 Sendagaya Shibuya Tokyo
■WebShop https://bonsaicycleworks.com/


.

[PR]
by bonsai-astn | 2017-11-26 14:45 | TEAM BONSAI レース編