2017年 11月 12日 ( 1 )

富山シクロクロス第1戦朝日町ステージに出る男

シクロクロスをしに富山まで。
かつてはシリーズ戦として存在していた富山シクロクロス。
このたび数年振りに復活ということで行ってみました。
クルマで行くと遠い日本海側の富山ですけれど、すべての交通機関を駆使した遠征が盆栽チーム流ということで新幹線でビューンと行ってきました。
同日には東海シクロクロス、富山から比較的近所でJCX飯山が開催されていたせいで参加者が少ないだろうと読んだ盆栽屋。
チームメートのラッキーモーをはじめ強豪たちはJCXに自ずと出場するということでチームは分かれて活動です。
これはJCX飯山参戦中のラッキーモー。
前日の雨でドロドロになったコースにかなり苦戦をしいられたのではないでしょうか。
キツそう、、、。
e0154650_21292952.jpg
強豪たちが列挙するJCXを避けた富山は残留の線が見えやすいかと思った盆栽屋。
そしたらエントリーリストを見ると2人参加。
これでヤケに緊張したわけなんですが。
スタートラインに並ぶとサイのツノのようにただ独りのC1。
少ないのでC2とCM1のみなさんと混走になりました。
同時スタートです。
e0154650_20423683.jpg
こんなことがあるのも小規模な大会ならではと言えます。
残念なことに勝負することもなく残留切符を得る事はできなかったのですが、普段はいっしょにレースすることができない楽しい面々とレースができるというだけでもお楽しみ要素があったように思います。
C2は40分で終了。
後半はヤマノハの走りを見守って、彼の残留切符獲得を見届けたのでした。
e0154650_20424019.jpg
そして、残りの3周回はサイのツノのようにただ独り。
観客のみなさんもしきりに応援してくださいますし、例えるならマラソンの最後のランナー状態でしょうか。
勝負の結果もわかっているけれど、気が抜けません。
レースは自分との闘いと言われる事もありますが。
今回はまさにそうだったと言えるでしょう。
独りで黙々とラインをトレースして、コースの攻略方法を練って、最後のラップほど調子良く走る事が出来ました。
スタート前に、ある方からは「今日は練習だね」と言われたのですが、まさに練習では出来ないレースのなかでスキルアップを図れたのではないかと思います。
e0154650_20422665.jpg
1.9/24 茨城CX #1城里町ステージ C1,22/25位 リタイア
2.10/9 茨城CX #2小貝川ステージ UCI,65/86位 75%
3.10/15 中国CX #1中央森林公園 C1,25/35 71%
4.10/29 東北CX #1さがえラウンド UCI,59/63 93%
5.11/4 スターライトクロス幕張 UCI,77/87 88%
6.11/12 富山CX #1朝日町ステージ C1,1/1 100% フルラップ
e0154650_20423114.jpg
そういうわけでわたしのキャリアにシクロクロスでのC1カテゴリーでの優勝が加わりました。
とはいえ、未だ残留切符が1枚も無し。
頑張らないといけません。








11月18-19日(土日)はシクロクロスレース参戦のため臨時休業とさせていただきます
カフェは通常通り営業させていただきます

こころろにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■OPEN ~ CLOSE
08:30〜17:00 Cafe(Weekday) 
10:00〜17:00 Cafe(Saturday & Sunday)
13:00〜21:00 Cycle Works
■Wednesday is every closing
■AD 151-0051 4-11-8 Sendagaya Shibuya Tokyo
■WebShop https://bonsaicycleworks.com/


.



[PR]
by bonsai-astn | 2017-11-12 11:00 | TEAM BONSAI レース編