2017年 06月 30日 ( 1 )

BONSAI x ENVE カスタマーS氏の場合

BONSAIxENVEを納品させていただきました。

酔狂人でいらっしゃるカスタマーS氏のENVEは酔狂の習いによって変則的。
フロントは4.5の4。
リアーには7.8の8。
つまり、SMAERT SYSTEM 4.8のクリンチャー。
普段は7.8とかオススメしてませんが、トライアスリートでいらっしゃるS氏。
超巡航仕様ということではアリか、むしろ善しというわけでオーダーしていただきました。
そこにリスペクトがある。
e0154650_20433269.jpg
■リム:ENVE SES4.8 クリンチャー
■ハブ:GOKISO クライマーハブ GOLD
■スポーク:SAPIM CX-RAY Black

□組み方:フロント=ラジアル リア=右クロス 左ラジアル
□デカール:ゴールドキュベカ
e0154650_20435017.jpg
みなさんはご存知でしたか?
GOKISOのハブにもカラーが存在することを。
それはカスタムカラー。
つまりカスタム料金(3万円也)をチャージすれば、まさに色々できてしまうのです。
今回、S氏はゴールドを選択されました。
e0154650_20434798.jpg
さらにリムのデカールは、現在のDemention Dataの前身であるMTN-Qubeka時代にあったデカール模様を採用。
右側のシマシマが強いアクセントになっています。


まさにはじめて見るハブ。
GOKISOというだけでも珍しいのに。
ゴールドなんて。
e0154650_20433470.jpg
そして、この酔狂極まるホィールセットを合わせる自転車がコチラ。
一体なんだコレは!?
はじめて見ました。
トライアスロン特有ともいえるフレームの中にメンテナンスパーツ入れや補給食入れがあったりする興味深い造りをしています。
DIMOND Bikeなるフレームらしいですよ。
世の中いろいろ知らないことがありますね。
こういう未知の世界に触れさせていただくことができると新しい勉強をさせてもらえます。
e0154650_20434319.jpg
ということで、一瞬見慣れないフレームに気を取られてしまいましたが。
このフレームとホィール、そして機材たちが実に違和感なく調和していることにご注目ください。
これがまさにBONSAI x ENVEの、BONSAI x ENVEたる存在感。
ホィールだけでもダメ。
フレームだけでもダメ。
自転車として異次元の成立を果たしているこの完成度にこそリスペクトがあると思うのです。
e0154650_20524961.jpg


さて、カスタマーS氏からさっそくの御使用報告をいただきました。
6月のトライアスロンのレースに間に合わせるというのもこのホィールの使命的側面ではあったのですが、受注製造のGOKISOさんがそのタイミングに合わせて早めに造ってくれたのが功を奏してます。
予定よりも2日ほど発送してくれまして、しっかり間に合いました。
レース本番でいきなり使用になっても構わないというS氏でしたが、事前にお試し走行できるスケジュールの余裕が生まれました。
そういうところがまさにGOKISOさんの対応のキメ細やかさでありがたいところです。
e0154650_1615787.jpg
カスタマーS氏の感動のお声はコチラ ☞

無事に、6.11、セントレア70.3 IRONMANのレースに参加し無事に完走することができました
バイクラップは、90.1kmのコースで2時間43分、平均速度は33.1kmg/hrでした
目標が3時間、平均速度30km/hrでしたので大幅に目標を上回ることができました

ホイールの影響はとてつもなく大きかったと思います!
90kmの間、疲労をほとんど感じず、あっという間に終わってしまったという感じでした
正直、もっと走っていたかったぐらいです
180kmもいけるかもと思っています

90km走行中、登り以外の平坦や下りは流し程度のペダリングしかしておりません
心拍も150以上にはならないようにリラックスしておりました
それでも巡行速度は35-38km/hrを簡単に維持し、少し力を込めると40km/hrオーバーとなりました
これはこれまで使っていたロードバイク・ホイールでは得られなかった感覚です
e0154650_1615844.jpg
S氏にとって今レースは革命的な機材変更だったと思うのですが、それが当たって目標よりも大幅な成績をマーク。
トライアスロンのバイクパートやロードのTT競技のような空気抵抗が大きなレースはENVEのようなホンモノのエアロリムが活きますね〜。
そして、この成果はもちろんS氏の日頃からの鍛錬の成果と言えますが、機材変更も相乗効果としお役に立てたのではないかと思います。
そんな革命的な機材変更のなかにあってのホィールを担当させていただいた者として嬉しく思います。
そこにリスペクトがあります。


過去のBONSAI x ENVEの納品事例をご覧になりたい方は 
☞ http://boncycle.exblog.jp/i16/

ENVEをご検討されている方に知っておいていただきたいBONSAI x ENVEの真実 
☞ http://boncycle.exblog.jp/25806507/











こころにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■OPEN ~ CLOSE
08:30〜17:00 Cafe(Weekday) 
10:00〜17:00 Cafe(Saturday & Sunday)
13:00〜21:00 Cycle Works
■Wednesday is every closing
■AD 151-0051 4-11-8 Sendagaya Shibuya Tokyo
■WebShop http://bonsaicycleworks.com/ 


.
[PR]
by bonsai-astn | 2017-06-30 12:00 | BONSAI x ENVE