2017年 02月 16日 ( 1 )

展示会に行ってきました シマノ、インターマックス編

展示会に行ってきました。

シマノさんが開催するセミナーです。
デュラエース9100に関してくわしいお勉強ができました。
こういうセミナーは自営業者にとって非常にありがたいところ。
とくにシマノのパーツはハイエンドからローエンドまで広範囲で互換性も複雑になっているのでこうしたセミナーで確認作業をさせてもらえるのはありがたいです。
e0154650_167798.jpg
そして、なんといっても注目は〝FC-9100-P〟がデビュー。
シマノのパワーメーター付きのクランクです。
もうシマノのコンポーネントを使っているヒトは黙っててもコレっていう感じになるんじゃないでしょうか。
互換性とか変速性能とか気にせずインストールできるのが最大の魅力でしょう。
純正はなによりも強い。
外観は「パワーメーター使ってます」感の無い主張のないデザインもある意味では好印象と言えますし、コンポーネントメーカーが作っているからこそ。
e0154650_1671255.jpg
日本に1つだけとかいうサンプルも会場にありました。
パワーメーターと普通のクランクで外観上の違いといったら充電のポートがあるくらいなくらいシンプル。
つまり充電式。
左右独自で計測してバランス表示可能。
ベクトル表示が欲しいヒトはPioneer。
Dura-Aceだけが持っている独自の機能やサービスというのは特になさそうですが、シンプルイズベストといったところ。
税抜143,662円。
受注は開始されています。
7月以降の入荷になるそうです。
e0154650_1671542.jpg
左クランクのコードは間違って切ってしまいそうなくらいコードが危うい位置に。
もうテスト済みなんで大丈夫なんでしょうけれど。
e0154650_1671974.jpg
そして、うれしいカスタムパーツも出ました。
以前、この画像を見た時に海外の電気工作に強いひとの自作かと思ったら純正パーツ。
Di2のステム下のジャンクションをバーエンドに収納してしまうというすっきりアイテムです。
これはいい。
穴開きの対応ハンドルか、ハンドルに穴を空ける作業が必要になりますけどこれはいいですね。
カスタムのご依頼お待ちしてます。
e0154650_17453160.jpg





場所を変えてインターマックスさんへ。
そしたらここにもパワーメーターありましたよ。
SRAMブランドのQuarqを開始です。
価格のほうも聞けば15万円代とか。
悪くないんじゃないでしょうか。
SRAMユーザーにとっては純正仕様でパワーメータークランクを使えることになりました。
BB30とGXPがあります。
e0154650_16211094.jpg
こちらはボタン電池式の電源。
左右にセンサーは付いていませんが、左右の値も表示するQuarq。
e0154650_16211332.jpg
電池キャップのシールでカスタマイズもできるようになったんですね。
これはいいと思います。
e0154650_16211660.jpg
e0154650_16212069.jpg
新発売のsTAPのMediumケージのリアディレイラー。
これで最大ローギア32Tを実現しました。
Shortケージからすると長いプーリーケージに付け替えただけかと思いきや、フレームに付けるボルトのアーム部分の長さが違います。
ちゃんと最適化されてるんですね〜。
かつては品薄状態が続いてましたeTAPも今なら在庫ありますのでそんなにお待たせせずに組み替え可能です。
ご注文お待ちしてます。
e0154650_1621186.jpg














こころにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■OPEN ~ CLOSE
08:30〜17:00 Cafe(Weekday) 
10:00〜17:00 Cafe(Saturday & Sunday)
13:00〜21:00 Cycle Works
■Wednesday is every closing
■AD 151-0051 4-11-8 Sendagaya Shibuya Tokyo
■WebShop http://bonsaicycleworks.com/


.
[PR]
by bonsai-astn | 2017-02-16 12:00 | 展示会に行ってきました