2017年 01月 31日 ( 1 )

BONSAI x ENVE カスタマーA氏の場合

BONSAIxENVEを納品させていただきました。

カスタマーA氏のENVEはMシリーズの50。
ENVEのラインナップではMTB用の下りが50%のライドに適したリム。
サイズがいろいろあるなかで使用したのは29er。
本来はチューブレスレディ推奨のリムでMTB用らしいスタイルですが、今回はディスクロードに組んでみました。
そこにリスペクトがある。
e0154650_14515349.jpg
■リム:ENVE M50 Fifty 29er
■ハブ:ChrisKing R45 Disc Pink
■スポーク:DT Competition Silver

□組み方:フロント=クロス リア=左右クロス
□デカール:スペヒャル
e0154650_14515635.jpg
ゴールドのホローテキスト。
いやぁ、貼るのが大変でしたがなんとかできました。
カスタマーにもご満足いただけたようで良かったです。
e0154650_14515867.jpg
この珍しいホィールがセットアップされるのはKUALISのディスクロード。
今回のホィールを装着するにあたってハンドルまわりも癒し系のパーツからソリッド仕様に組み替えて、それだけでもスピード感が上がった印象。
e0154650_1452569.jpg
リムは実測で重量が377g。
これはあらゆるロード用のENVEクリンチャーリムよりも軽い重量になります。
さすがはディスク用といったところ。
ディスク用はリムでブレーキをかけないので、リムブレーキのリムとは基本的な設計が異なります。
ディスクブレーキとリムブレーキが混在している現在では、リムブレーキ用のリムをそのままディスクブレーキのホィールに仕上げたものもありますが、せっかくなのでこういったディスク用のリムを使いたいところ。
ディスクにするなら油圧一択で。
e0154650_1452873.jpg
さて、この超軽量なリムを装備して走りがさらに軽快になったこのKUALIS。
戦闘力を増したこの自転車で、A氏の走りもさらに加速していくことでしょう。
そこにリスペクトがある。
e0154650_14521164.jpg












こころにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■OPEN ~ CLOSE
08:30〜17:00 Cafe(Weekday) 
10:00〜17:00 Cafe(Saturday & Sunday)
13:00〜21:00 Cycle Works
■Wednesday is every closing
■AD 151-0051 4-11-8 Sendagaya Shibuya Tokyo
■WebShop http://bonsaicycleworks.com/


.
[PR]
by bonsai-astn | 2017-01-31 13:00 | BONSAI x ENVE