盆栽新着情報 1・30

LEZYNEから携帯ポンプの新しいカタチ。
デジタルゲージを備えた携帯ポンプの登場です。
e0154650_16461113.jpg
小さな液晶ですが、クリアーで見やすいのが特徴。
大きさもコンパクトで使いやすくなっていると思います。
なにより高圧もちゃんと入れられるのがLEZYNEポンプの特徴です。
ゲージがデジタルであってもポンプの基本がしっかりしていなければいけません。
e0154650_1646829.jpg
Knogからはかわいいライトが入荷しました。
小さなマメライトのような風貌ですが、しっかり明るく光ります。
被視認性も高いです。
そして、USB充電機能。
小さいけれどできるライトです。
e0154650_1646410.jpg
e0154650_1646747.jpg


ロードシーズンが今年も開幕。
南半球では季節が逆なのでそちらでレースやってますね。
ENVEの機材を今年も使用するプロチームはDimention Data。
ENVEのファクトリーで組まれたホィールとハンドルステムを装備しています。
e0154650_16573814.jpg
プロチームのスポンサードは広告として捉えるのはもちろんのこと。
ENVeの場合は製品開発の現場として確実に活かされています。
そして、トッププロの過酷な現場で使われる事により元々優れた性能を持っていた製品であることが明らかになっています。
それは石畳のクラシックレースを走っても割れる事が無いリム。
そこにリスペクトがある。
e0154650_16574177.jpg
プロ用はロゴがホワイトのカラー。
これって以前までの市販品のカラーなんですが。
さいきんの市販品はすべてブラックxブラックになりました。
これに関しては歓迎の方も少なくなかったと思いますが、ブラックxホワイトを探している方もいらっしゃるのではないでしょうか?
e0154650_16463851.jpg
盆栽自転車店の倉庫を探してみたところ。
かつてのブラックxホワイトのロゴのステムとピラーを1点ずつ発見しましたので在庫限りでの御紹介をさせていただきます。
e0154650_16462517.jpg
ステムは11omm。
箱無しです。
もちろん、未使用新品です。
箱が無いので特別サービスでENVEのヘッドキャップをお付けしましょう。
フルカーボンステムで最も細身の形状と言えるのではないでしょうか。
ですから細身のメタルフレームとのマッチングも最高なENVeなのです。
e0154650_1646227.jpg
そして、シートピラーは径が27.2mmで25mmセットバックのモノが1点。
旧型のクランプなのでシンプル構造。
実は旧型であるコチラのほうが軽量なんです。
e0154650_16462960.jpg
いずれも1点限りの品物になります。
値段はどちらも34,ooo円です。
お早めにどうぞ。









こころにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■OPEN ~ CLOSE
08:30〜17:00 Cafe(Weekday) 
10:00〜17:00 Cafe(Saturday & Sunday)
13:00〜21:00 Cycle Works
■Wednesday is every closing
■AD 151-0051 4-11-8 Sendagaya Shibuya Tokyo
■WebShop http://bonsaicycleworks.com/


.
[PR]
by bonsai-astn | 2017-01-30 12:00 | 盆栽新着商品情報
<< BONSAI x ENVE カ... 盆栽屋残留遊戯 高知クロス第1... >>