Chris King 製造終了カラーのお知らせ

Chris Kingの代理店より衝撃的なお知らせが届きました。
製造終了カラーのお知らせです。
しかも、そのラインナップは3色も。
それは、
Pewter
Pink
Gold

の3色。
いきなりズバっと終わらせるところが凄いと思いました。
メーカーの在庫があるまで生産、発注は受け付けるそうなので購入しておきたい方はお早めにご連絡ください。
e0154650_17545011.jpg
この無くなってしまう3色のなかではPewterが盆栽自転車店内においてはダントツの人気だったでしょうか。
ブラックかシルバーのモノトーン系の間で中間色であり。
他のアルマイト系パーツのなかでありそうで無いカラーリング。
グレーとも言いきれない深い色味が特徴でした(もう過去形)。
そうそう、BONSAI x ENVEのホィールにChris Kingハブのオプションを追加してはじめてR45ハブのオーダーをいただいて取り寄せたときも、Pewterの色でした。
なつかしい。
e0154650_17545346.jpg
Pewterはロットで微妙に色が違うところも工業製品としてはアレですが、趣味のモノとしては良いところでした。
オーダーしたハブの前後の色が違うなんてこともありました。
同じPewterなのに色合いが違うというわけです。
もちろん交換してもらいましたけど。
e0154650_17545738.jpg
Pinkは個性的な色でしたから。
Pewterほどではないにせよ、やはり人気の色でした。
コチラもロットによって赤っぽかったり、薄いピンクだったり。
ブレが多少見られましたがそれも「味」かと思わせる色気のあるパーツでした。
e0154650_1755611.jpg
Pinkは、Raphaの伝説的企画だった〝Rapha Continental〟に登場するRaphaバイクにも欠かせないパーツカラーでした。
やはり個性的な色合いなので、黒やグレーなどのモノトーンのフレームへの挿し色として好印象。
色気のあるパーツは遊び心を感じさせてくれて、自転車に華を咲かせてくれるカラーでした。
無くなってしまうなんて惜しいなぁ。
e0154650_17551337.jpg
e0154650_17551155.jpg
最後にGold。
Chris KingのGoldは成り金的なビカビカゴールドじゃなくて、シャンパンチックな上品ゴールドだったのに。
まさに高級感あるパーツの雰囲気が良かったんですけどね。
e0154650_17551849.jpg
新色は来春以降の発表予定なんだそうです。
何色なのかも。
いくつ追加になるかは不明です。
お楽しみにお待ちくださいませ。
終了カラーが欲しい、ストックしておきたいという方はお近くの盆栽自転車店までどうぞ。
今ならまだ間に合うかもしれません。
メーカーの在庫状況によっては間に合わない場合もございます。
あらかじめご了承ください。











こころにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■OPEN ~ CLOSE
08:30〜17:00 Cafe(Weekday) 
10:00〜17:00 Cafe(Saturday & Sunday)
13:00〜21:00 Cycle Works
■Wednesday is every closing
■AD 151-0051 4-11-8 Sendagaya Shibuya Tokyo
■WebShop http://bonsaicycleworks.com/


.
[PR]
by bonsai-astn | 2016-11-18 12:00 | 盆栽新着商品情報
<< 枝を拾う男 盆栽新着情報 11・17 >>