展示会に行ってきました カワシマサイクル、シマノ、ゼータトレーディング編

展示会に行ってきました。

まずはカワシマサイクルさん。
FULCRUMの取り扱いのある代理店さんは現在カワシマサイクルさんだけなんですが。
フルモデルチェンジの勢いでリムが変わってます。
25mmサイズの太いタイヤに合わせたモデルが目白押し状態。
e0154650_1336844.jpg
とくにこのRacing Zero Niteなんて良いですね。
リムは太くなってもお値段は下降するという。
お買い得なモデルになっていると思います。
カーボンリムのモデルもリムが太くなっています。
e0154650_13361097.jpg
Fizikのサドルバッグもこんなにラインナップが増えている。
e0154650_13361522.jpg
Fizikといえばサドル。
そんなFizikがサドル選びの指標に用いているのが独自のスパインコンセプト。
来シーズンからさらに細かく選ぶ事ができるようになりました。
専用のアプリケーションも開発されているとかでIT化が進んでます。
そして、サドルにはノーマルとワイドの2系統が登場。
我らがAlianteにも今までのノーマルモデルに加えてワイドモデルも登場。
気になる方は試してみるのも良いのではないでしょうか。
e0154650_13361970.jpg
Campagnoloの中級コンポーネントPotenzaも展示されていました。
コチラはすでに発売中なので御使用中の方もいらっしゃるのではないでしょうか。
カンパニョーロのなかではリーズナブルな11Sコンポーネントという位置づけですが。
このモデルだけリアディレイラーにミディアムケージが存在して最大32Tのギアまで使用可能です。
e0154650_13372884.jpg
通常のカンパニョーロのディレイらーですと29Tまでの設定がPotenzaは32Tまで。
その際はPotenzaのスプロケットしか32T設定が無いので重量は重いわけですが軽いギアは誰もが求めるところ。
ワイドレシオ化は最近の潮流でもありますからおもしろい存在になっていると思います。
e0154650_13363671.jpg


会場を変えてお次はシマノさん。
新しいコンポーネントであるデュラエース9100に最大の注目が集まります。
お店によっては完成車に付いてる状態で展示されてたりもするのではないでしょうか。
個人的に実物をはじめて見ましたけど、Webの画像で見るのとは違っていろいろ気付かされることもあるものです。
e0154650_13373910.jpg
新設計のブラケットフード。
9000と違って軟らかそう?
お触り厳禁でしたので決まり事に従順な盆栽屋。
手が伸びませんでした。
e0154650_13374350.jpg
ブレーキキャリパーのクイックリリースは内側にまわって収まる雰囲気に。
まが玉みたいなアレです。
デザイン的におさまりが良く見えるようになりましたね。
e0154650_13374895.jpg
9000のときは長いアームが特徴だったFDも、その長いスタイルをやめて違う形状に。
実車に組まれているのを見ると、何じゃこりゃ?って具合にワイヤーが入ってますけど。
これは組み直しでワイヤーを使い回すなんてことは夢にも出来なさそうです。
それにしても良く考えたなぁというか、思いついたなというような造り。
自転車屋さん的にはFDにワイヤーアジャスター機能が付いたことが歓迎すべきところでしょうか。
e0154650_13375382.jpg
そして、RD。
他社に先だってミディアムケージのみという設定。
かつてロードのRDといえばショート。
長いケージはマウンテンっぽい感じがありましたけれど。
デュラエースが短いケージをヤメて長いケージに。
これはスプロケットのワイドレシオ化に貢献するためなんですが、11-23みたいな小さなスプロケットも廃止になっています。
e0154650_13375679.jpg
RDも独特のワイヤー取り回し。
付いているフレームの影響もありますが、ワイヤーアウターの短さたるや。
電動か?と思う人も居るかも。
そんな短さです。
e0154650_13375881.jpg
9000から9100へ。
11Sという点は変わらず、見た目はブラックに。
シマノの追求するストレスフリーのレベルをさらに上げて煮詰めた11Sコンポーネントと言えるでしょう。
ポイントとしてはディスクロードやシクロクロスにも使える、その設定が出来たはじめてのデュラエースということになりますが、ディスクということよりも、リアスプロケットの巨大化。ワイドレシオ化が先ずすんなり受け入れられて行くのではないかと思います。




最後にゼータトレーディングさん。
コチラは変わり種のパーツを多く扱っていらっしゃるわけですが。
FMBの特価品を発見。
さっそくキープしてきました。
月末には入荷してくる予定です。
お楽しみにどうぞ。
e0154650_133873.jpg









こころにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■TEL 03-3497-8885
■FAX 03-3497-8886
■OPEN ~ CLOSE
08:30〜17:00 Cafe(Weekday) 
10:00〜17:00 Cafe(Saturday & Sunday)
13:00〜21:00 Cycle Works
■Wednesday is every closing
■AD 151-0051 4-11-8 Sendagaya Shibuya Tokyo
■WebShop http://bonsaicycleworks.com/


.
[PR]
by bonsai-astn | 2016-09-15 12:00 | 展示会に行ってきました
<< バイクエイジング Bonsai... カスタマーバイク紹介 SPEE... >>