#bonsaienve で旅に出よう

盆栽自転車店謹製手組ホィール。
〝BONSAI x ENVE〟
さいきんよく気にしていただいてるのか毎日のように問い合わせがあります。
そんな気にしていただいてる方に向けてスペヒャルオファー。
画像の在庫のChris Kingのハブカラーであれば、16年1月に値上がりする前の価格で販売させていただきます。
カラーは、Pink、15年の限定Sour Apple、15年限りで廃盤になったGreen、画像には写ってませんが人気色のPewterの4色のよりどりみどり。
各1ペア限り、総てシマノボディー限定のオファーです。
2万円弱お安くなるご提案です。
ご注文の期限は2016年3月6日までとさせていただきます。
e0154650_2314137.jpg
BONSAI x ENVEの世界にようこそ。
BONSAI x ENVEはカスタムがベーシック。
カスタムしない場合は値引き。
ホィールを1本1本店頭にて盆栽屋が組み付けさせていただくのはもちろん。
自転車に取り付けるまでが工賃込み価格になっています。
e0154650_23244997.jpg
つまり。
ブレーキシューの交換からセッティング。
さらには変速調整までが工賃込み。
お買い得なホィールセットになっています。
しかも、今だけのさらにお得なスペヒャルオファー付き。
これで背中を押せたかな?
e0154650_231472.jpg
数値化されたスペックだけで比較検討されることが少なくないホィールの世界。
しかし、数値化されているのは、重量、リムハイト、リム幅、スポーク数、値段、、、。
それくらいではないでしょうか。
ホィールに必要な剛性や空力という要素は、いまだに数字では提示されていません。
手組ホィールであるENVE。
スペックだけを紙の上で比べるだけだと見劣りしてしまうのは正直なところだと思います。
けれども。
すでに納品させていただいたBONSAI x ENVEたち。
そこにはスペックの物差しだけでは計ることが出来ないBONSAI x ENVEのある暮らしがあると思うのです。
そこにリスペクトがある。
e0154650_2314554.jpg
e0154650_23245163.jpg
e0154650_23245313.jpg
良いホィールってなんだろう?
軽い。
空力がいい。
BONSAI x ENVEが目指すところ。
スタイル。
個性。
もしかしたら、愛着。
どこにでも行ける勇気。
走り続けることができる楽しさ。
e0154650_23245680.jpg
e0154650_23245715.jpg
e0154650_23541042.jpg
e0154650_23555187.jpg
e0154650_23555661.jpg
e0154650_23555746.jpg
シクロクロス用のENVEも出来ますよ。
e0154650_23245432.jpg
新しいデカールもいちはやくカスタムラインナップに加えています。
e0154650_23244373.jpg
今回のスペヒャルオファーは早い者勝ち。
注文が無くても2016年3月6日までとさせていただきます。
お早めにどうぞ。
ご注文とお問い合わせは店頭で直接お願いします。










こころにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■OPEN ~ CLOSE
08:30〜17:00 Cafe(Weekday) 
10:00〜17:00 Cafe(Saturday & Sunday)
13:00〜21:00 Cycle Works
■Wednesday is every closing
■AD 151-0051 4-11-8 Sendagaya Shibuya Tokyo
■WebShop http://bonsaicycleworks.com/


.
[PR]
by bonsai-astn | 2016-02-26 12:00 | BONSAI x ENVE
<< マラソンを避ける男 盆栽新着情報 2・25 >>