盆栽新着情報 12・10

良いお知らせではないかもしれませんが。
この年末を前にChris Kingが値上げのお知らせ。
為替の問題と、材料費の高騰に人件費も上がっているとか。
そういうわけで。
総てのパーツ、コンポーネントが10%程度値上がりしてしまいます。
とくに盆栽自転車店で良く出入りがございますR45ハブはシマノで16,ooo円の値上がり。
定価で85,ooo円だったものが、1o1,ooo円に…。
そして。
カンパニョーロ用はもっと…。
セラミックはもっともっと…。
e0154650_21211100.jpg
そういうわけで、高嶺の花がさらに高いところに行ってしまわないうちにご注文はお早めにどうぞ。
値段が上がってしまうのは、新年の2016年1月1日からですが。
今の価格で受注できる期限は2015年12月28日まで。
衝動買いはしてないか?
しかし、タイミングはこうして刻々と迫って来るのです。
e0154650_2121474.jpg
はじめはDTハブ仕様だったBONSAI x ENVEも。
いつの間にやらChris Kingハブが標準仕様になりました。
実際にはChris Kingハブのほうが、その質感と見た目通り価格も高級だったわけですが。
昨今の相次ぐ価格改定で同じような価格になってしまっていました。
なので、モノの良いChris Kingをあらかじめの設定とさせていただいてたのです。
そしたら、また差が出てしまいました。
e0154650_2122225.jpg
Chris Kingの製品はその製品を持つサイクリストを幸せにしてくれるようです。
いわゆる所有欲を満たしてくれるというところでしょうか。
立ちこぎの際にチラチラ見える前輪のハブの輝き。
あれは最高です。
軽いだけ。
黒いだけ。
そういったレーシングパーツは数あれど。
Chris Kingのように美しいとみんなが思うそんな性能ほかのパーツには無いリスペクトではないでしょうか。
e0154650_2122763.jpg
そんな美しいパーツは。
美しい状態が好まれます。
もちろん、当たり前ですが、1本1本すべて時間をかけて組ませていただいてます。
そんなホィールは巣立っていったカスタマーのみなさまの元でも大事にしていただいていることが多いようで。
それは勿体無いから、まったく乗らないというわけではなく。
ちゃんと使って、楽しんで、キレイにされているということで。
使われている姿を見ると仕事をさせていただいた者にとってはとてもうれしくありがたいものです。
リスペクトがあります。
e0154650_2164978.jpg
e0154650_21653100.jpg
e0154650_2165749.jpg
BONSAI x ENVEならリムのデカールカスタムもご覧の通り標準仕様!!
e0154650_217113.jpg
カスタマーS氏はこの夏、ブルベの最高峰であるパリ・ブレスト・パリ1200kmをBONSAI x ENVEの足回りで完走していただきました。
e0154650_217689.jpg
e0154650_217917.jpg
e0154650_2164788.jpg
シクロクロス用のホィール。
ディスクブレーキ対応のホィールも組めます。
e0154650_2171939.jpg
e0154650_2171410.jpg
盆栽人会の定期練習会では未舗装路区間も平気で組み込まれます。
そこでもなんら問題なく走っています。
壊れたことはまだありません。
カーボンリムがヤワだと思われていたのはひとムカシ前のハナシ。
とりあえずENVEに至っては当てはまりません。
様々なフィールドで楽しんでいただいてこその自転車。
家で眺めても気分が上がり。
外で乗っても、もちろん楽しい。
其れが自転車の素晴らしさ。
BONSAI x ENVEはさらにワンランク上の自転車生活のご提案です。
今回はそのホィールの中心であるChris Kingハブがワンランク値段が上がってしまうというお知らせでした。
ご注文はお早めに。
e0154650_217202.jpg
e0154650_2172894.jpg











こころにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■OPEN ~ CLOSE
08:30〜17:00 Cafe(Weekday) 
10:00〜17:00 Cafe(Saturday & Sunday)
13:00〜21:00 Cycle Works
■Wednesday is every closing
■AD 151-0051 4-11-8 Sendagaya Shibuya Tokyo
■WebShop http://bonsaicycleworks.com/
[PR]
by bonsai-astn | 2015-12-10 12:00 | 盆栽新着商品情報
<< 癒される男 CYBER BONSAI MO... >>