逸品御紹介 ENVEのシートポスト

わたくし事ではありますが。
シートポストを換えました。
ENVEの新しいシートポストに換えたのです。
e0154650_17564514.jpg
新型のシートポストはロゴがブラックになってより精悍なルックスになりました。
ロゴの位置も若干ですが上に上がっていてシートが長く出ているように見える錯覚効果も演出しています。
なによりロゴが埋まるリスクが低いと言えますね。
e0154650_17564954.jpg
もとい。
新型と旧型の違いの核心はそんなところではなく。
サドルレールクランプのパーツの変更にあります。
ボルト1本固定のシンプルな造りから。
2本固定式のやや難解な構造になりました。
e0154650_17565192.jpg
とはいえ説明書を見ればカンタン。
内部パーツの前後を入れ変えることで指定の角度に設定できます。
そして前後のボルトの締め具合によって角度の調整が決まるのです。
これは他社製品にはあまり見られない斬新な造りだと思います。
指定のトルク数も旧型よりも低いトルクで固定するようになりました。
この構造のおかげで、乗車中にサドルが前後にズレてしまうことがなくなりました。
e0154650_17565840.jpg
旧型のクランプはどうしてもその構造上ズレてしまうことがありました。
もちろん、通常の乗車時にズレるなんてことは無いわけですが。
シクロクロス中の落車や段差越えで予想以上の負荷がかかってズレてしまう可能性が残っていました。
ロードでしたらほとんど問題ないんですけどね。
今回は新しいシートピラーに交換をして、そういう心配を排除しました。
e0154650_17565577.jpg
重量を量ってみると、同じ長さにカットしたシートポストの重量差で新型が14g重くなっていました。
サドル固定の小物が大型化しているのはわかるのですが。
シートポストの厚みまで変わっているとは。
これはカットしてみないとなかなかわからないと思います。
上の新型のほうが、下の旧型よりも厚く、さらに後ろにくる部分がより肉厚になっているのがおわかりいただけると思います。
e0154650_1759565.jpg
e0154650_1757446.jpg
Independent Fabricationや、SpeedVagenなどのハンドメードのフレームメーカーからも長く採用されてきた旧型のクランプ。
今回の変更によって、とりあえずENVEから販売されているシートポストはマイナーチェンジになりました。
旧型は軽量でシンプル。
新型は確実な固定。
そういう意味で両方にリスペクトがあるのです。
そして、今が両方から選ぶことが出来る唯一の瞬間なのかもしれません。
もしかしたら、もう過ぎてしまったのかも。
とりあえず旧型は在庫限りです。











9月11日〜9月21日のあいだはアメリカCX旅行のため自転車営業お休みとさせていただきます
カフェは通常通り営業しますのでよろしくお願い致します

アメリカCX旅行中のリアルタイム更新は、Instagramが詳しいです
コチラをチェックしてみてね ☞ https://instagram.com/bonsaicycleworks/



こころにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■OPEN ~ CLOSE
08:30〜17:00 Cafe(Weekday) 
10:00〜17:00 Cafe(Saturday & Sunday)
13:00〜21:00 Cycle Works
■Wednesday is every closing
■AD 151-0051 4-11-8 Sendagaya Shibuya Tokyo
■WebShop http://bonsaicycleworks.com/
[PR]
by bonsai-astn | 2015-09-06 12:00 | 逸品御紹介
<< MADison 5 Jerse... 盆栽新着情報 9・5 >>