ChrisKingテクニカルツアー東京

ChrisKingの創業者であるクリス・キング氏が来日してハブのメンテナンス講習会をやってくれるというので行ってきました。
場所はBluelugさんの上馬店。
他のお店にお邪魔する機会はなかなかなくなってしまった盆栽屋。
時間前には到着していろいろ見学をさせていただきました。
講習会では最前列をキープ。
熱視線で午前中からカロリーを消費してしまいました。
いつも真面目ですいません。
e0154650_19395896.jpg
Photo from yuhei_yamashita

さて、本題のクリス・キング氏からのハードコアーのレッスンは、歴史からはじまり、モノ造りの原点、現在のラインナップの意味合いなど、いろいろ語っていただいて勉強になります。
ハブのメンテナンスも含めて復習というか再確認的なことが多かったわけですが。
やはり、事前に知っていた知識を本人から確認ができたというのは貴重な体験だったと言えるのではないでしょうか。
ジェイ・シシップ氏がポートランドから持ってきてくれたと言うコーヒーも美味しかったです。
e0154650_1940168.jpg
盆栽自転車店はロードレーサーとシクロクロスのお店なので、ChrisKingのハブツールもR45専用のツールしか置いていませんが。
しっかりと壁にかかっています。
ハブの耐久性が良過ぎてあまり出番が無いというのが実情ですが。。。
実際に、今日の講習会のようにクリーニングだけの作業であればユーザーにも作業をオススメしているのは代理店とメーカーの姿勢です。
確かに構造を理解できていればカンタンな作業と言えるかもしれません。
自分じゃ面倒、心配とおっしゃる方は盆栽屋にオマカセくださいませ。
e0154650_1940363.jpg
わたしもChrisKing製品を自転車に使えるだけ使ってしまっているサイクリストのひとりです。
ヘッドセットはもちろん、ハブにBB、スペーサー。
頑丈で堅牢、だから、トラブルが少ない。
もちろん美しく、軽量。
なによりも所有感が気持ちいいというか、気分がいいと言いますか。
それが満たされるのも性能が良い、トラブルが無いって基本を満たしてるからだと思うんですよね。
そこにリスペクトがある。
e0154650_19401623.jpg
講習で印象に残った言葉は。
良い素材を使えば、良い製品を造ることが出来る、ということでしょうか。
クリス・キング氏のオーガニック志向からくる考え方のようですが。
人間も良いモノを食べれば健康的で長生きができるように。
パーツも良い素材を使って、良い製品を生み出す事ができると。
さらに、付け加えてしまうと、良い製品を使う事で良いライド、良い自転車人生を送る事ができるのではないかと思ったんですよね〜。
e0154650_19401852.jpg
そして、6月の最初の週末にはグルメセンチュリーライド足助が開催されます。
日本ではじめてのChrisKingのイベント。
グルメセンチュリーと言うだけに、食事も楽しめるイベントだと聞きます。
即完売でプレミアチケット化したことからもイベントにたいする期待度は高いです。
そこにリスペクトがある。
盆栽屋もナツキも参加しますので金曜日と土曜日はお休みをいただきます。
日曜日は午前中には帰還して午後から自転車店のみ営業する予定ですのでよろしくどうぞ。








6月5日、6日(金土)はグルメセンチュリーライド参加のため臨時休業させていただきます
6月7日(日)は午後からカフェ、自転車店ともに営業させていただきます


こころにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■TEL 03-3497-8885
■FAX 03-3497-8886
■OPEN ~ CLOSE
08:30〜17:00 Cafe(Weekday) 
10:00〜17:00 Cafe(Saturday & Sunday)
13:00〜21:00 Cycle Works
■Wednesday is every closing
■AD 151-0051 4-11-8 Sendagaya Shibuya Tokyo
■WebShop http://bonsaicycleworks.com/
[PR]
by bonsai-astn | 2015-05-31 12:00 | 展示会に行ってきました
<< Seersucker will... 川越ツアーをする男 >>