グルメを求めて奔る男

ちょいと横須賀まで中華を食べにね。
奔って行きますよ。
中華街も素通り。
海を目指したかと思えば海岸線の埋め立て地をひた奔って。
丘の上に登ってみては散策。
横須賀は隧道の街。
大小様々なトンネルがあっておもしろい。
そうこうしてたら時間がだいぶ遅れて開店アタック失敗。
もう少し早く出る必要がありますねぇ〜。
あとはルートの引き直し。
e0154650_18583327.jpg

e0154650_18583695.jpg

e0154650_18583534.jpg
e0154650_19131758.jpg
そして、帰り。
2匹のシャークがキバを剥いた。
クリハラとテツーージ。
カスタマーT氏は食後のすぐの坂から遅れをとっていたにもかかわらず、続く坂でそのペースに合わせることなくちぎっていく。
チーム員のオガシャチョーはチームメートであるにもかかわらず朝比奈峠で置いて行き、下りで後方待ちを期待したのだけど、その素振りすら見せる事が無かった。
彼らはまったく後ろを振り返る事をしない。
オガさんは宮古島前だからもうちょっといっしょに奔ったほうが良かったんじゃないかな?
そんなぼくの心配はお構い無しだけど、何も言わなかった。
そこにリスペクトがある。
優しいことと品行方正なことに方々から定評のある盆栽人。
けれども、奔るとなると優し過ぎるところが眼についていたのも事実。
これからは積極性も積んでいただこうではないか。
そんな積極性を絵に描いたような参謀とニューリーダーは2人してちょっとしたタイミングで前に。
おお、なんてこった。
ぼくとスエゾウ氏の2人で前を追いかける事に。
そしたらすぐの地点でスエゾウ氏が道を間違えて置き去りに。
残りは3人で快走。
ちょっと早めだったけれど仕方ない。
ニューリーダーはもしかするとニューハンターになっているのかもしれない。
30%の激坂ポイントもダンスィングが素晴らしかった。
もっとルートをアタマに入れられれば完璧だろう。
クリハラも安定感と今日はいつもより鋭い眼が光っていた。
リスペクトがある。











こころにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■TEL 03-3497-8885
■FAX 03-3497-8886
■OPEN ~ CLOSE
08:30〜17:00 Cafe(Weekday) 
10:00〜17:00 Cafe(Saturday & Sunday)
13:00〜21:00 Cycle Works
■Wednesday is every closing
■AD 151-0051 4-11-8 Sendagaya Shibuya Tokyo
■WebShop http://bonsaicycleworks.com/
[PR]
by bonsai-astn | 2015-05-24 12:00 | 盆栽イベント情報
<< BONSAI x ENVE カ... 癒される男 >>