2月の仕事録

あっという間に過ぎていきました。
2月。
それもそのはず28日しかありませんから。
盆栽自転車店ではカスタマーの皆様からのご依頼が多く。
店内に自転車が多いと驚かれる自転車屋ですが。
おかげさまで作業月間になり自転車屋らしさを発揮できた気がしてます。

そういうわけで、2月の仕事を画像に記録したぶんだけでも振り返ってみましょう。
e0154650_14423975.jpg
スタートはスカイロン。
TIME愛好者のなかでは議論の的であるSKYLON。
カスタマーE氏のSKYLONはネガティブイメージ派の印象を変えてくれたと思います。
百聞は一見にしかず。
実物は違うということでしょうか。
E氏のインプレッションも含めて後日レポートさせていただきましょう。
e0154650_14424233.jpg
SKYLONが文句無しの1号機になったため。
今までの1号機はパーツを外されてしまったのですが。
2号機からのパーツ供給で復活しました。
こういった組み替え案件も随時承ってます。
e0154650_14424848.jpg
チーム員オガ氏のRXRS。
7900Di2で組んであったのを9000にアップグレードしていただきました。
こちらのRXRSは名機の誉れ高いBlack Labelカラー。
TIMEとしてははじめての電動専用のフレームは、TIMEらしい細かい配慮が行き届いた設計になっています。
e0154650_14425451.jpg
e0154650_14425226.jpg
カスタマーI氏のFメカ交換。
長期使用によりFDの羽根が曲がっていたのです。
アテナ以降のグレードは本体ごとの交換になってしまうのですが。
モデルチェンジしてなくてヨカッタという具合です。
その他、点検とブレーキシュー交換もやらせていただきました。
e0154650_14425899.jpg
中盤にはパティシエT氏がライドに参加してくださいました。
氏の自転車をInstagramで紹介したところ、世界中のサイクリストから悲鳴にも似た絶叫が届いたのも記憶にあたらしいところ。
こだわりといいますか、氏の個性が積み込まれたまさにカスタムバイク。
キャリアのある走りでチーム員に機材以外でもインパクトを与えてくださいました。
e0154650_1443219.jpg
ご近所のT社長の持込フレーム組み付けを作業させていただきました。
ニューヨークのビルダーでRosko。
スチールのシクロクロスかと思いきや、しっかりカスタマイズされたフレームにパーツ選びでいろいろと勉強をさせていただきました。
そこで思ったのは、こういったハンドメイド系のフレームにはこのオーバーサイズのプレスフィット30が最適なのではないかということです。
ChrisKingであれば回転性能ヨシ、メンテ性能ヨシ、アダプターであらゆるクランクに対応デキというわけなんですね。
コチラの自転車。
シマノ、カンパ、スラムという3大コンポーネントメーカーがまたく見えない自転車としても貴重な存在です。
e0154650_1443590.jpg
これまた貴重なCOLNAGOのEPQがカスタマーY氏により持ち込まれましてオーバーホールの作業をさせていただきました。
EPSの後継で、1年だけカタログに載っていたモデル。
大事にお乗りになっているのがすぐにわかるくらいにキレイな状態のEPQ。
オーバーホールですのでY氏がお掃除できない部分も総て掃除させていただきました。
FDをコーラスのアルミの羽根に交換。
ハンドル、ステム、シートピラーをENVEに交換。
ブラケットフードを2015スペックにしてスペヒャル感を磨いた印象になっています。
e0154650_14431117.jpg
e0154650_1443133.jpg
以前にブログでも御紹介させていただきましたカスタマーT氏のアイエフ。
T氏にとっての初めてのロードレーサーということでしたが、すでにサイクリングに御活用していただいているようです。
ビンディングも問題ナシの様子。
サドルが決まれば完成ですね。
e0154650_14431526.jpg
チーム員キモトのシクロクロス。
TIMEのクロスは激レアですが、実際に存在したモデル。
その軽量さは信州クロスでの昇格に役立ったのは疑いの無い事実です。
あとは1戦を残すのみでしたが、2シーズン貼ったままだったタイヤが剥がれましてドックイン。
1シーズンごと、もしくはシーズンが長くなるようだったら中盤でのタイヤ貼り替えを促していなかったのがメインメカニックを任されているわたしとして不注意でした。
e0154650_14431851.jpg
Roskoが完成したので、T社長のロードを作業場にお預かりしました。
ワイヤー、チェーン交換の軽いオーバーホールみたいな作業です。
instagramにあげさせていただいたところ多くのLike数を稼がせていただきましたコチラのIndependent Fabricationのフレーム。
新車かという意見も飛んで来たのですが。
4年ほど経過しているフレームです。
大事にお乗り頂いているのと、訳あって塗り直しが途中ではいっているので非常にキレイだと思います。
大事にされているキレイな自転車を見るといい気持ちになりますね。リスペクトがあります。
e0154650_1443204.jpg
随時、作業受け付けてますので営業中はいつでもどうぞ。
基本的にお待たせしませんが。
通常のオーバーホールで7〜10日ほどお預かりさせていただきます。








3月8日は茨城クロスに参加させていただきますので自転車営業はお休みです
カフェは通常通り営業いたします


こころにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■TEL 03-3497-8885
■FAX 03-3497-8886
■OPEN ~ CLOSE
08:30〜17:00 Cafe(Weekday) 
10:00〜17:00 Cafe(Saturday & Sunday)
13:00〜21:00 Cycle Works
■Wednesday is every closing
■AD 151-0051 4-11-8 Sendagaya Shibuya Tokyo
■WebShop http://bonsaicycleworks.com/
[PR]
by bonsai-astn | 2015-03-03 12:00 | 盆栽屋仕事録
<< 展示会に行ってきました オーク... 日本の食べものを紹介したい男 >>