持込のフレームの組付作業をさせていただきました

持込フレームの作業をさせていただきました。
わたしのようにアイエフかTIMEしか組み付けていないような人間ですと。
こうした機会でご依頼いただける取り扱い外のフレームが新たな勉強の機会になりますし。
新たな刺激にもなるわけです。
そういうわけで今回のお仕事もなかなか刺激的なモノでございました。
ご依頼のカスタマーイマイ氏としては2年弱(?)のプロジェクト。
そういった計画のなかの一員としてお仕事をさせていただいて光栄でした。
まさにリスペクトがある。
e0154650_20405412.jpg
さて、SPEEDVAGENとは。
ということなのですが。
読みは「スピードヴァーゲン」。
アメリカはポートランドで、サッシャ・ホワイト氏により興されたブランドであります。
サッシャ氏はもともとフルオーダーのVanillaを手がけてきたわけですが。
数々の賞を受賞し、アメリカのビルダー界の中でも存在感が高まり、多くのバックオーダーを抱えて5年ぶんのオーダーが残っていて、現在はVanillaのオーダーはできないとは良く言われるところ。
e0154650_1829782.jpg
そういうなかで、誕生したのがSPEEDVAGEN。
コチラはセミオーダーが可能な、いわゆる吊るしのフレーム。
ジオメトリーや選べるカラーもあらかじめ決まっており。
多くのサイクリストに門戸を拡げたカタチになっています。
e0154650_1829574.jpg
とはいえ、単純に量産化されたというわけではなく。
フレームのパイプから特注。
凝ったデザインで細かい塗装はサイクリストみんなの注目の的であり。
マスプロメーカーにも影響を与えトレンドまで牽引しています。
スチールフレームですが、懐古主義的なところはいっさいなく。
ジオメトリーの味付けもレーシーなんだそうで。
SPEEDVAGENのお取り扱いは盆栽自転車店ではございませんので、納期や価格などのくわしいお問い合わせは、八ヶ岳バイシクルスタジオまでお願いいたします。
e0154650_18291078.jpg
そんな、SPEEDVAGENをオーダーされたイマイ氏。
関西にお住まいの方ですが。
かなり早い段階から盆栽自転車店をご利用していただいてました。
そして、数多くのカスタマーを御紹介していただきました。
東京に軍団で遠征に来てくださったこともありました。
Rapha Gentlemen's Race Kyotoでは前日入りしたわたしに大阪を観光するライドを展開してくださいました。
そして、夏ではRapha Japanの矢野さんにもお世話になって八ヶ岳で合同合宿をさせていただいたこともありました。
2014の夏は九州のサイクリストのみなさんにもお世話になって熊本の小国をいっしょに走る事ができました。
e0154650_20404363.jpg

e0154650_20405920.jpg
八ヶ岳での合宿の終わり際。
イマイ氏は八ヶ岳バイシクルスタジオでオーダーされてました。
SPEEDVAGENのフレームを。
カラーはサプライズミー。
オーダーするときは何色が出てくるのかがわからない。
まさに酔狂なカラーパターン。
イチフル氏の白いSPEEDVAGENを見てオーダーすることを決断されたというイマイ氏ですが。
ご自身の自転車はサプライズミーという選択でした。
e0154650_20403815.jpg
e0154650_20442083.jpg
e0154650_2041230.jpg
そんな、イマイ氏の酔狂オーダーは続きます。
盆栽自転車店で組み付けをすることは決めていただいていたので。
コンポーネントやその他パーツの発注をしていくわけですが。
コンポーネントがコーラスで、ホィールがBONSAI x ENVEという以外はすべてが盆栽屋にオマカセ仕様というオーダーでした。
ヘッドパーツ、サドル、ハブのカラーリングに。
リムとサドルのカスタムの内容。
納車当日のその日まで、オーナーであるご本人にもまったくマル秘でした。
e0154650_20404752.jpg
e0154650_20405083.jpg
沈黙の時間は長く。
2014年の終盤にフレームがやってきまして組付。
サドルはペイント。
リムのデカールははじめて使わせていただく色。
そういうスペヒャルな仕様ではありましたが。
いつもの通りの仕事をさせていただきました。
いっしょに走らせていただくたびに、なぜだかメカトラが少なくなかったイマイ軍団のみなさま。
そのたびに緊急メンテナンスはさせていただいていたのですが。
いつかはきっちりと初めから組ませていただきたいと思っていました。
ですから今回組付をさせていただいたことをありがたく思います。
そして、このSPEEDVAGENはそういう意味で非常に組みやすい、つまりパーツの性能を引き出しやすいフレームでして。
ハイパフォーマンスな状態を発揮できる期間は長く。
いつも安心してお乗り頂けると思います。
e0154650_20405196.jpg
そして、ついに先日、無事に納車をさせていただきました。
サプライズミー。
この日のために大阪からの弾丸ドライブで納車に来てくださったイマイ氏。
新車のシェイクダウンがてら、近辺を癒しライドもさせていただきました。
店に戻ったら少し出た馴染みを調整させていただいたので完璧な仕上がりになったと思います。
日本では珍しいSPEEDVAGENというフレームで。
さらに珍しいサプライズミーというカラーの今回の自転車。
イマイ氏のライドの世界をさらに拡げてくれることでしょう。
e0154650_20404162.jpg
e0154650_20405714.jpg












1月25日(日曜日)は湘南クロスに参戦のためカフェのみの営業になります


こころにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■TEL 03-3497-8885
■FAX 03-3497-8886
■OPEN ~ CLOSE
08:30〜17:00 Cafe(Weekday) 
10:00〜17:00 Cafe(Saturday & Sunday)
13:00〜21:00 Cycle Works
■Wednesday is every closing
■AD 151-0051 4-11-8 Sendagaya Shibuya Tokyo
■WebShop http://bonsaicycleworks.com/
[PR]
by bonsai-astn | 2015-01-20 12:00 | 盆栽屋仕事録
<< 盆栽新着情報 1・23 TIME ZXRS VIP 2... >>