逸品御紹介 ミノウラ HMS-10

新型のスタンドを見つけました。
とはいっても。
実はちょっと前から存在していたようなのでご存知の方も少なくないカモ。
わたしはさいきんその存在を知りました。
これは逸品です。
とある代理店からのオススメ商品一覧のなかからひと際輝いて見えましたから。
e0154650_2182330.jpg
サイクリストに理解のある飲食店にあるサドルをひっかければカンタンに停車ができるスタンド。
サイクリストの方ならば一度ならずともご利用になったことがあるのではないでしょうか。
自転車ショップもお店によってはこういうスタンドを使われているところもあるでしょうから。
そんなお気楽カンタンスタンドに。
1台用があるっていうんですから。
わたしは驚きました。
それは日本のメーカー「ミノウラ」さんのフック式スタンド。
サドルを画像のようにひっかけて後輪を浮かせて使うことができます。
e0154650_0412985.jpg
そうなんです。
このスタンドは簡易的なメンテナンススタンドとしてご活用していただけます。
強いトルクがかかる作業はダメですが。
ホィールを廻して変速の作業や、オイルを塗布したりする作業に使えると思います。
そして、サドルをひっかけるだけなのでカンタンです。
安定度はイマイチなのかもしれませんが。
誰もさわることがなければ平気だと思います。
e0154650_0412699.jpg
そういえば、ライド中にお店のスタンドをお借りしてカンタンな緊急メンテナンスをさせていただいたこともありました。
こんなイメージでご家庭でも、レース会場や出先でも作業が可能になります。
このスタンドはシートピラーの前後に棒を位置させることで自転車を設置します。
棒にはクッション素材が施されていますので自転車をキズつけるこはないでしょう。
ただし、この棒の間隔が6cmちょっとなので、エアロシートピラーの自転車で使えないモノがあるかもしれません。
とくにTTバイクなどで該当するモデルがあるでしょう。
e0154650_21101196.jpg
とはいえ、ハブスタンドのようにクイック形状に左右されることなく。
ステースタンドのようにフレームのステー形状に左右されることもないこのスタンド。
自転車を置くのもワンタッチでカンタンなのが最大のメリットといえます。
実際に自転車を置いてみるとけっこうデカいか。
高さは約110cm。
安定させるための脚の張り出しもなかなかの寸法です。
脚の長さは1本約50cm。
この脚は工具を使う事無く、これまたカンタンに折りたたみがが可能です。
e0154650_21101457.jpg
こんな便利で素敵なこのスタンド「ミノウラ HMS-10」。
お値段も税抜で6,85o円。
作業スタンドとしての可能性を持つスタンドとしては高過ぎる値段ではないはず。
盆栽自転車店でもそこそこ在庫を仕入れましたので販売させていただきますが。
これは通販で購入されたほうがいいかもしれません。
箱がデカいのです。
これはわたしにとって最大の誤算でした。
でも、そんなことでこのスタンドの良さがそれで削がれるのはもったいないことです。
そういうわけで、とりあえず在庫してしまった分はカスタマーのご自宅まで500円で配送サービスさせていただきます。
そういうことで是非ともよろしくお願いいたします。
e0154650_21191512.jpg

オマケ

万が一エアロシートピラーが太くても、棒の位置関係を工夫してやると、このようにスタンドできそうです。
自己責任の範囲でやってみるといいかもしれません。












1月12日(月曜日)は信州クロスに参戦のためカフェのみの営業になります


こころにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■TEL 03-3497-8885
■FAX 03-3497-8886
■OPEN ~ CLOSE
08:30〜17:00 Cafe(Weekday) 
10:00〜17:00 Cafe(Saturday & Sunday)
13:00〜21:00 Cycle Works
■Wednesday is every closing
■AD 151-0051 4-11-8 Sendagaya Shibuya Tokyo
■WebShop http://bonsaicycleworks.com/
[PR]
by bonsai-astn | 2015-01-09 12:00 | 逸品御紹介
<< 集団走行をする男 盆栽新着情報 1・8 >>