逸品御紹介 GIROのSYNTHEにしてみよう

GIROのニューヘルメット。
〝SYNTHE〟。
ぼちぼち入荷しています。
ほとんど予約をいただいた商品のみの入荷ですが。
1つだけ販売できる品物もあります。
よろしかったらどうぞ。
e0154650_23232020.jpg
GIROのSYNTHEのなにが特徴なのかとと申しますと。
エアロヘルメットと軽量ヘルメットの両立にあります。
コンパクトな外観は間違いなくエアロフォルムに貢献し。
良く言われがちなキノコ形状をも抑制。
そして、GIROの最軽量ヘルメットであるAEONよりも涼しいというクーリング性能も誇ります。
つまり、春夏秋冬あらゆるシーンで。
コレさえあればオウケーという万能ヘルメットのなのです。
e0154650_23275628.jpg
そんなSYNTHEはプロのレースシーンでも大活躍なのはご存知のとおり。
ロードレースではジロディイタリアから投入されてましたね。
供給先のチームではほとんどのレースでこのSYNTHEが使われていましたね。
真夏のツールドフランスでも。
ヴェルタでも。
平坦レースや天候が悪い日はエアアタックが使われていましたね。
エアロ性能ではエアアタックのほうが良いということだと思われます。
e0154650_23232750.jpg
シクロクロスでも。
今シーズンはSYNTHE。
冬の競技で速度域はロードよりも遅いはずのシクロクロスですが。
SYNTHEの涼しさとエアロ性能を活かしたいということでしょうか。
コンパクトなフォルムは担ぎの際にもヘルメットがジャマになりにくいはず。
e0154650_23275776.jpg
先日開催されました野辺山シクロクロスに参戦していたティム・ジョンソンが装着していたのも記憶に新しいところ。
そういえば感想聞くのを忘れてました。
2月にはまた来日してくれるそうなのでそのときにでも聞いてみたいところです。
e0154650_2331306.jpg
SYNTHEはサングラスホルダーを備えていることも特徴のひとつです。
汗が眼に入って痛いとか。
サングラスが汚れて見辛いとか。
そんなときにサングラスをはずしてヘルメットに挿しておくことができます。
グリップを高めるシールもついてますので安定感も高いはず。
大事なサングラスですからね。
e0154650_23232824.jpg
後部のダイヤルも細かく、最高のフィット感を追求できます。
ヘルメット内部のライナーはシェルから若干浮いた感じで、そのあいだに空気をとりこんでヘルメット内部を涼しい状態に保ちます。
e0154650_23232227.jpg
盆栽自転車店では現在ブルー&マットブラックのMサイズを1個だけ販売可能状態です。
この先進のヘルメットを探している方はぜひどうぞ。
ストラップもシンプルな構造。
着脱もストレスなしです。
e0154650_23232467.jpg
e0154650_2337424.jpg
GIROのSYNTHEはカラーも豊富です。
他のカラーも随時入荷予定。
早めの入手にはご予約が確実です。
お早めにどうぞ。










こころにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■TEL 03-3497-8885
■FAX 03-3497-8886
■OPEN ~ CLOSE
08:30〜17:00 Cafe(Weekday) 
10:00〜17:00 Cafe(Saturday & Sunday)
13:00〜21:00 Cycle Works
■Wednesday is every closing
■AD 151-0051 4-11-8 Sendagaya Shibuya Tokyo
■WebShop http://bonsaicycleworks.com/
[PR]
by bonsai-astn | 2014-12-05 12:00 | 逸品御紹介
<< すべてのトラブルを背負った男 盆栽新着情報 12・4 >>